検索 - みる会図書館

全データから 211635件ヒットしました。

エデン 《少年たちの創世記》


《 少 年 に ち の 創 世 記 》

エデン 《少年たちの創世記》


CONTENTS 工 デ ン 《 少 年 た ち の 創 世 記 》 ・ ・ あ と が き ・ ・ ・ ・ 228

エデン 《少年たちの創世記》


工 ア 、 ン 《 少 年 た ち の 創 世 記 》 花 衣 沙 久 羅 ( OBA [ T -5 に 5 集 英 社 5 0

エデン 明日への翼


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 工 テ ン 一 く 好 評 発 売 中 〉 物 コ バ ル ト 文 庫 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 光 の 少 年 た ち か 闇 を 斬 る 本 格 バ ト ル ! イ ラ ス ト / 和 深 ゆ あ な ま 工 ア ノ 特 別 な 力 を 持 っ た 少 年 た ち が 集 う 「 新 宿 ノ ヾ ビ ロ ン 」 。 光 の 力 を 武 器 に 少 年 少 女 が 都 会 の 闇 に 立 ち 向 か う ! 組 織 の リ ー ダ ー ・ リ ュ ウ ト と 闇 の 敵 ・ カ ナ ン 。 禁 断 の 恋 に 落 ち た ニ 人 は 逃 避 行 を 決 意 す る が ・ ・ ・ ! ? 花 衣 沙 久 羅 《 少 年 た ち の 創 世 紀 》 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

現代日本の文学 23 林 芙美子 平林たい子 集


440 思 想 犯 の 取 締 り に あ た っ た 。 第 二 次 大 戦 後 廃 止 さ れ た 。 三 九 三 「 喪 章 を 売 る 」 大 正 十 五 年 春 執 筆 、 「 大 阪 朝 日 新 聞 」 の 懸 賞 短 編 小 説 に 応 募 し て 当 選 し た 作 品 。 の ち に 「 嘲 る 」 と 改 題 。 経 済 的 に ま っ た く 無 能 力 な ア ナ ー キ ス ト の 青 年 と 同 棲 を し て い る 攵 性 の 「 地 獄 」 を 描 い た も の 。 三 九 六 「 女 人 芸 術 」 女 流 文 芸 雑 誌 。 昭 和 三 年 七 月 創 刊 。 同 七 年 五 月 終 刊 。 長 谷 川 時 雨 が 夫 三 上 於 兎 吉 の 援 助 の も と に 主 宰 。 こ こ か ら 林 芙 美 子 や 円 地 文 子 が 作 家 と し て 出 た 。 三 究 「 新 青 年 」 大 正 九 年 一 月 、 博 文 館 よ り 創 刊 さ れ た 探 偵 小 説 中 心 の 娯 楽 文 芸 雑 誌 。 森 下 雨 村 が 編 集 長 。 海 外 探 偵 小 説 や す ぐ れ た 創 作 を 掲 載 し て 、 わ が 国 推 理 小 説 の 発 展 に 貢 献 し 、 江 戸 川 乱 歩 、 横 溝 引 史 ら の 作 家 を 世 に 出 し た 。 四 兄 「 譚 海 」 大 正 九 年 一 月 、 博 文 館 よ り 創 刊 さ れ た 雑 誌 「 少 年 少 女 譚 海 』 。 講 談 物 の 英 雄 豪 傑 、 歴 史 上 の 人 物 伝 記 を 子 供 向 き に 書 き な お し た も の が 多 い 。 紅 野 敏 郎 柳 正 吉 た ん か い

わの会の眼Ⅱ 心を射抜く作品たち


高 木 義 夫 《 早 春 》 個 性 的 美 人 の 肖 像 画 こ れ を 入 手 し て か ら 既 に 四 〇 年 強 が 経 過 し て い る 。 か ひ が 酷 く 、 安 価 で 取 得 出 来 た と 記 憶 す る 。 当 時 、 絵 画 の 修 復 依 頼 な ぞ 初 め て の 体 験 で あ っ た が 、 受 託 可 能 な 画 商 を 探 し 出 し 持 ち 込 ん だ 思 い 出 が あ る 。 そ の 際 、 社 交 辞 令 で あ ろ う か 「 い い 絵 で す ね 」 と 賞 賛 さ れ た こ と を 世 辞 と は 承 知 し て い た か 、 嬉 し か っ た 記 憶 が あ る 。 実 は 、 共 箱 に は 「 少 女 」 と 記 し た 題 書 き が あ っ た が 、 作 者 の 字 体 に は 見 え ず 、 題 は 画 面 に 記 載 の あ る 《 早 春 》 と し た 。 こ れ は 創 作 年 の 時 期 が 一 九 五 五 年 早 春 と も 取 れ る 。 意 志 が 強 そ う で 個 性 的 な 大 人 の 女 性 肖 像 に 思 え て 「 少 女 」 と い う 題 に 納 得 し か ね た 面 も あ る 。 創 作 年 代 か ら す 則 面 を 象 徴 し た 絵 に 思 え て な ら な い れ ば 、 戦 後 女 性 の 強 い イ こ の 作 家 の 他 の 多 く の 美 人 画 か ら す る と 、 多 少 異 色 の 作 品 と 思 う が 、 個 人 的 に は 魅 力 的 な 美 人 画 だ と 気 に 入 っ て い る 。 薄 井 良 昭 ( 東 京 都 墨 田 区 ) 296

現代日本の文学 24 高見 順 集


昭 和 3 年 秋 、 日 比 谷 公 園 に て 。 後 列 左 か ら 2 人 目 よ り 順 、 新 田 潤 、 石 田 愛 子 た ち と 昭 和 8 年 9 月 、 新 田 潤 、 渋 川 驍 ら と 創 刊 し た 同 人 堆 社 「 感 傷 」 を 発 表 後 、 「 故 じ 、 0 旧 忘 れ 得 べ き 」 を 連 載 昭 和 11 年 3 月 、 武 田 麟 太 郎 主 宰 の 文 芸 雑 誌 「 人 民 文 庫 」 創 刊 号 。 順 も 参 加 庫 民 昭 和 10 年 ( 28 歳 ) 、 コ ロ ム ビ ア レ コ ー ド に 勤 務 の 頃 。 前 列 中 央 は 高 浜 虚 子 、 そ の う し ろ が 順 。 下 旧 友 新 田 潤 ら と 創 刊 し た 同 人 雑 誌 「 日 暦 」 10 号 記 念 会 ( 昭 和 10 年 4 月 ) で 。 左 よ り 順 、 大 谷 藤 子 、 矢 田 津 世 子 、 円 地 文 子 ら と 。 く 撮 影 者 土 門 拳 > 人 民 社 刊 初 版 本 ( 昭 ・ 11 ・ 10 ) 忘 見 を 第 民 人

現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ー


て は 、 そ れ を 貞 治 二 ( 一 三 六 三 ) 年 と す る 旧 来 の 定 説 に た い し て 、 戦 後 に そ れ を 貞 治 三 ( 一 三 六 四 ) 年 と す る 新 説 が 提 示 さ れ て い る ( 表 章 氏 「 世 阿 弥 生 誕 は 貞 治 三 年 か ー 。 「 世 子 十 二 の 年 」 考 ー ー 」 『 文 学 』 昭 和 三 八 年 一 〇 月 ) 。 こ の 問 題 は 微 妙 で い ま だ 決 着 が つ い て い な い が 、 こ こ で は 貞 治 三 年 を 世 阿 弥 の 生 誕 年 と し て 記 述 し て ゆ く 。 義 満 時 代 前 期 の 世 何 弥 ー ー 少 年 時 代 か ら 青 年 時 代 ま で こ こ で 対 象 と す る の は 、 少 年 世 阿 弥 が 父 観 阿 弥 と と も に 義 満 の 後 援 を う け る き っ か け と な っ た 永 和 元 ( 一 い ま ぐ ま の 三 七 五 ) 年 の 今 熊 野 猿 楽 の あ っ た こ ろ か ら 至 徳 元 ( 一 三 八 四 ) 年 の 観 阿 弥 逝 去 ま で の お よ そ 一 〇 年 間 で 、 世 阿 弥 の 年 齢 で い う と 、 一 二 歳 こ ろ か ら 二 一 歳 ま で で あ る 。 こ の 時 期 の 世 阿 弥 の 事 績 は だ い た い 父 親 の 観 阿 弥 の 事 績 と 重 な っ て い る 。 世 阿 弥 の 父 観 阿 弥 は 大 和 猿 楽 の と 三 三 三 ) 年 の 生 ま れ で 、 成 長 後 に 一 座 ( 観 世 座 ) を 創 設 し 、 世 阿 弥 が 生 ま れ 生 山 田 座 の 大 夫 の 三 男 、 元 弘 三 ( 一 た 貞 治 三 ( 一 三 六 四 ) 年 こ ろ か ら は 、 京 都 に 進 出 し て い た 。 そ の 観 阿 弥 に 従 っ て 、 少 年 世 阿 弥 は 応 安 ( 一 三 六 り ゆ 、 つ げ ん 八 5 七 四 ) の 末 年 こ ろ に 醍 醐 寺 で の 能 ( 七 日 間 と 伝 え る ) に 出 演 し た が 、 そ の 芸 は 醍 醐 寺 の 隆 源 僧 正 に よ っ て ◎ 「 異 能 を 尽 く す 」 と 評 さ れ て い る ( 『 隆 源 僧 正 日 記 』 ) 。 そ う し た 観 阿 弥 の 活 動 が 評 判 と な っ て 実 現 し た の が 、 第 よ く 知 ら れ て い る 永 和 元 ( 一 三 七 五 ) 年 の 将 軍 義 満 臨 席 の 今 熊 野 猿 楽 で あ る 。 そ の 今 熊 野 猿 楽 に つ い て は 、 『 申 楽 談 儀 』 の 第 一 七 条 と 第 二 一 条 に つ ぎ の よ う に 記 さ れ て い る 。 5

ゼロからスタート English (イングリッシュ) 2015年 01月号 [雑誌]


世 界 を 激 変 さ せ た 11 人 works have been published in more than 80 languages, influence,/maybeyou didn't realIyknowWilly/—WiIIiam Shakespeare /—the father, / the inventor, / the founder, / and the creator ofthe EngIish language,/ until now. / そ う そ う 、 実 は で す ね ・ ・ ・ ロ invent 動 ~ を 発 明 す る ウ ィ リ ー が 生 き て い る 間 に 出 版 さ れ た 本 は 一 冊 も あ り ま せ ん ロ inventor 発 明 家 が 、 亡 く な っ て 数 年 後 、 友 人 た ち が 彼 の 作 品 を ま と め た も の を ロ founder 住 創 始 者 出 版 し ま し た 。 現 在 、 そ れ ら の 作 品 を 見 て み る と 、 彼 が 約 3000 ロ creator 創 作 者 : ク リ エ ー タ ー 語 を 発 明 し 、 そ し て そ れ ら が 英 語 に 取 り 入 れ ら れ た こ と が わ か り ま す 。 実 際 に 、 多 く の 人 が 彼 は 英 語 に 最 も 大 き な 影 響 を 与 え た 人 物 だ と 考 え て い ま す 。 ウ ィ リ ー の 作 品 は 80 カ 国 語 以 上 で 翻 訳 さ れ 、 世 界 に 影 響 を 与 え 続 け て い ま す 。 そ の 影 響 力 に か か わ ら す 、 あ な た は ウ ィ リ ー の こ と を 知 ら な か っ た で し よ う ね 。 英 語 の 父 で あ り 、 発 明 者 で あ り 、 創 始 者 で あ り 、 創 作 者 。 そ う 、 ! : 第 羲 第 , ウ ィ リ ア ム ・ シ ェ イ ク ス ピ ア 、 そ の 人 な の で す 。 WiIliam Shakespeare ウ ィ リ ア ム ・ シ ェ イ ク ス ビ ア イ ン グ ラ ン ド の 劇 作 家 、 詩 人 。 1564 年 生 ま れ 。 イ ギ リ ス ル ネ サ ン ス 文 化 の 最 盛 期 に 裕 福 な 家 庭 で 少 年 期 を 過 ご し た が 、 の ち に 父 親 が 没 落 。 そ の 生 涯 は 謎 に 包 ま れ た 部 分 も 多 い 。 し か し 、 四 大 悲 劇 の 「 ハ ム レ ッ ト 」 、 「 マ ク ベ ス 」 、 「 オ セ ロ 」 、 「 リ ア 王 」 を は じ め 、 「 ロ ミ オ と ジ ュ リ エ ッ ト 」 、 「 ヴ ェ ニ ス の 商 人 」 、 「 夏 の 夜 の 夢 」 、 「 ジ ュ リ ア ス ・ シ ー ザ ー 」 な ど と い っ た 作 品 の 数 々 は 言 う ま で も な く 、 世 界 中 の 人 々 に 愛 さ れ 、 読 ま れ 、 繰 り 返 し 上 演 さ れ 続 け て い る 。 日 本 語 で は 「 沙 翁 」 と 表 記 さ れ る こ と も あ る 。 本 特 集 の 参 考 資 料 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 9 コ マ 目 Mahatma Gandhi: The Life and Legacy Of the Father Of lndia, CharIes River Editors Mahatma Gandhi, Dennis DaIton,COIumbia UniversityPress 10 コ マ 目 The Bible http://www.biography.com/people/jesus-christ-9354382 The HistoricaIJesus,AncientEvidenceforthe LifeofChrist byGaryR. Habermas, COIIege Press PubIishing Company,lnc. http://www.distinguishedwomen.com/biographies/hiratsuka.html lnthe Beginning,WomanWastheSun:TheAut0biographyofaJapaneseFeminist, CoIumbia University Press JournaI 0fJapaneseStudiesVol. 31 ′ Summe 「 200 Hiratsuka Raich and EarIy Japanese Feminism, HirokoTomida / WiIIy continues to influence the world. / Despite his ◎ iStockDhOtO.com/stocksnappe「 11 コ マ 目 059

現代日本の文学 24 高見 順 集


新 ネ 島 代 書 に 人 心 帝 国 料 国 「 い を 受 諸 学 第 ト ら 店 は 「 つ 文 藝 春 秋 新 社 刊 「 敗 戦 日 記 」 ( 昭 和 二 十 四 年 四 月 刊 ) の 初 版 本 る さ 發 渙 詔 大 の 結 終 爭 戦 北 鎌 倉 の 自 宅 応 接 室 に あ る ホ ー ー で ( 昭 和 三 十 四 年 二 月 ) ア ン ド レ ・ シ ャ ン ソ ン 夫 妻 と 歌 舞 伎 座 に て 。 左 よ り 順 、 桑 原 武 夫 、 夫 妻 、 品 子 夫 人 ( 昭 和 十 二 年 九 月 ) い た 。 む し ろ 昔 読 ん だ 時 よ り も 立 わ っ て 来 る こ と に 驚 派 に 見 え る の で あ っ た 」 ( 「 作 家 論 」 ) と 言 い 、 多 少 ふ ざ け な が ら で は あ る が 、 「 天 オ 」 と い う 言 葉 を 持 ち だ し た り ま で し て 賞 讃 し て い る 昭 和 十 五 年 の 春 、 「 文 学 界 」 か ら 同 人 に な る よ う に 勧 誘 さ れ た が 、 高 見 は こ れ を 辞 退 し 、 「 日 暦 」 以 来 の 仲 間 や 丹 羽 文 雄 、 石 川 達 三 、 北 原 武 夫 ら と 七 月 「 新 風 」 を 創 刊 し た 。 し か し 軍 部 の 圧 力 が 発 売 元 の 中 央 公 論 社 に 加 え ら れ 、 「 新 風 」 は 創 刊 号 一 冊 だ け で 廃 刊 さ れ た 。 こ の 頃 か ら 「 遠 く へ 旅 立 と う 」 と い う 想 い に か ら れ て い ら ん い た 高 見 順 は 、 翌 年 一 月 、 三 雲 祥 之 助 と 蘭 印 へ 出 か け て っ た 。 彪 大 な 「 高 見 順 日 記 」 が 書 き は じ め ら れ た の は 、 そ の 旅 に 出 発 し た 一 月 二 十 六 日 か ら で 、 途 中 と ぎ 以 後 死 れ た り 、 紛 失 し た 部 分 な ど も な い で は な い が 、 の 直 前 の 昭 和 四 十 年 七 月 十 三 日 ま で 書 き 続 け ら れ た 。 そ の う ち 昭 和 一 十 六 年 五 月 六 日 ま で の 約 九 千 枚 分 が 高 見 順 日 記 」 全 八 巻 九 冊 に 収 め ら れ た ほ か 、 晩 年 の 部 分 お お や け も 没 後 、 「 新 潮 」 「 世 界 」 両 誌 に 連 載 さ れ て 公 に な っ て い る 。 伊 藤 整 は こ の 日 記 の こ と を 、 「 一 人 の 文 士 が そ の 心 と 生 活 を 語 り な が ら 、 あ る 時 代 の 万 人 の 心 と 生 活 を 語 っ た 、 と い 、 つ よ 、 つ な お も む き が あ る 」 と 言 っ た こ と が あ る が 、 や が て 戦 局 が け わ し く な り 、 し だ い に 執 筆 お の 不 能 の 状 態 に 追 い こ ま れ る と 、 日 記 の 中 に 「 己 れ を 吐 455