検索 - みる会図書館

全データから 210680件ヒットしました。

エデン 明日への翼


CONTENTS 工 デ ン 《 明 日 へ の 翼 》 ・ ・ あ と が き ・ 301

エデン 明日への翼


工 ア 、 ン 《 明 日 へ の 翼 》 花 衣 沙 久 羅 COBALT-SERIES 集 英 社

クィンティーザの隻翼―アル‐ナグクルーンの刻印 (コバルト文庫)


177 ク , , テ , ー ザ の 隻 翼

エデン 明日への翼


ADAM&EVE& 明 日 へ の ~

日本会議の正体


副 島 廣 之 『 私 の 歩 ん だ 昭 和 史 』 明 治 神 宮 崇 敬 会 、 一 九 八 九 谷 口 雅 春 『 限 り な く 日 本 を 愛 す 「 改 訂 版 〕 』 日 本 教 文 社 、 一 九 六 五 谷 口 雅 春 『 占 領 憲 法 下 の 日 本 』 日 本 教 文 社 、 一 九 六 九 谷 口 雅 春 『 生 命 の 實 相 』 ( 全 四 〇 巻 ) 、 日 本 教 文 社 、 一 九 六 三 谷 口 雅 春 『 続 占 領 憲 法 下 の 日 本 』 日 本 教 文 社 、 一 九 七 〇 中 西 輝 政 監 修 、 英 国 教 育 調 査 団 編 『 サ ッ チ ャ ー 改 革 に 学 ぶ 教 育 正 常 化 へ の 道 ー 丨 ー 英 国 教 育 調 査 報 告 』 研 究 所 、 二 〇 〇 五 中 西 輝 政 、 日 本 会 議 編 著 『 日 本 人 と し て 知 っ て お き た い 皇 室 の こ と 』 研 究 所 、 二 〇 〇 八 中 西 輝 政 、 椛 島 有 三 『 日 本 再 興 ヘ ー 皇 室 を 守 り 、 尖 閣 ・ 沖 縄 を 防 衛 し 、 中 国 の 脅 威 に 如 何 に 立 ち 向 か う か 』 明 成 社 、 二 〇 一 二 日 本 会 議 新 憲 法 研 究 会 編 『 新 憲 法 の す す め ー ー ー 日 本 再 生 の た め に 』 明 成 社 、 二 〇 〇 一 堀 幸 雄 『 増 補 戦 後 の 右 翼 勢 力 』 勁 草 書 房 、 一 九 九 三 堀 幸 雄 『 最 新 右 翼 辞 典 』 柏 書 房 、 一 一 〇 〇 六 松 浦 芳 子 『 自 決 よ り 四 十 年 今 よ み が え る 三 島 由 紀 夫 』 高 木 書 房 、 二 〇 一 〇 村 上 重 良 『 国 家 神 道 』 岩 波 新 書 、 一 九 七 〇 ケ ネ ス ・ ル オ フ 『 国 民 の 天 皇 ー ー ・ 戦 後 日 本 の 民 主 主 義 と 天 皇 制 』 高 橋 紘 監 修 、 木 村 剛 久 ・ 福 島 睦 男 訳 、 共 同 通 信 社 、 二 〇 〇 三 山 平 重 樹 『 果 て な き 夢 ド キ ュ メ ン ト 新 右 翼 』 二 十 一 世 紀 書 院 、 一 九 八 九 ~ 54

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号


: と い う も の で 、 ひ た す ら 左 翼 に 都 合 よ く パ 1 ル が 「 計 画 社 会 へ の 過 渡 期 」 と だ け 言 っ た か の よ う に 捏 九 条 を 擁 護 し た : ・ 造 し て い た の だ 。 西 部 が 中 島 の 本 だ け を 読 ん で 、 判 決 書 を 読 パ ー ル 判 決 を ね じ 曲 げ て お り 、 そ れ を 左 翼 が 大 喜 び し た の は ん だ ふ り を し て い る 証 し で あ る 。 あ ま り に も 当 然 だ っ た の だ 。 実 際 に は 、 パ ー ル は 未 来 に 希 望 を 託 し な が ら も 、 懐 疑 的 な と こ ろ が 西 部 は 、 中 島 が 左 翼 も 反 左 翼 も 批 判 し て い た か の 目 も 向 け て い る 。 判 決 書 の こ の く だ り を 西 部 が 本 当 に 読 ん で よ う に す り か え て い る 。 卑 怯 き わ ま り な い 手 口 で あ る 。 い た な ら ば 、 『 平 和 の 宣 言 』 の パ ー ル を 薄 っ ぺ ら な 理 想 主 義 中 島 は 西 部 の 詐 術 に 乗 っ て ヌ ケ ヌ ケ と 「 私 は こ の 『 パ ー ル 者 と し て あ ん な に 罵 倒 で き な か っ た は ず で あ る 。 判 事 』 を 先 生 が お っ し や る 『 左 翼 』 と 『 反 左 翼 』 、 両 方 の 陣 そ も そ も 西 部 が 「 国 際 法 な ん か 重 視 す る ほ う が お か し い 」 営 か ら 批 判 さ れ る こ と を 覚 悟 し な が ら 書 き ま し た 」 「 と こ ろ と い う 屁 理 屈 を 言 い 張 っ た こ と 自 体 、 そ う し て 卓 袱 台 を ひ っ が ふ た を 開 け て み る と 、 左 翼 の 陣 営 か ら は 厳 し い 批 判 は な さ く り 返 し て し ま え ば 、 判 決 書 な ん か 読 ま な く て も 批 判 が で き れ す 、 逆 に 反 左 翼 か ら は 強 く 批 判 さ れ る こ と に な り ま し た 。 る と い う 安 直 な 発 想 か ら で あ る こ と は 、 も う 丸 見 え な の だ こ れ は 二 十 一 世 紀 の 日 本 と い う 状 況 に お い て 非 常 に 面 白 い 現 カ 象 だ と 感 じ ま し た 」 と 言 っ て い る 。 さ ら に 看 過 で き な い 点 が あ る 。 西 部 は 中 島 を 守 る た め 、 平 左 翼 に 受 け る よ う に 書 き 、 左 翼 に 全 面 的 に 歓 迎 さ れ た 自 分 然 と 事 実 を 曲 げ て い る の だ 。 の 本 の 受 容 の さ れ か た を 捏 造 し 、 両 翼 の 中 間 で 書 い た か の よ 《 中 島 君 は 、 東 京 裁 判 の 判 決 が 法 律 論 と し て 問 題 が あ る 、 そ う に ス ラ イ ド し て い る 。 た っ た 一 冊 の 本 で こ そ こ そ と 転 向 し れ ど こ ろ か 棄 却 さ る べ き だ 、 と す ら 認 め て い ま す 。 だ か ら 、 て い る の だ 。 こ ん な 卑 怯 な 詐 術 ま で 弄 し て 中 島 を 守 る 西 部 が 左 翼 は 、 中 島 は 級 戦 犯 と い う 存 在 を 否 定 し て い る 、 こ れ は 「 真 正 保 守 、 だ と い う の な ら 、 「 あ な た は 何 も 悪 く な い の よ 」 許 せ な い 、 マ ス コ ミ か ら 抹 殺 す べ き だ 、 と な る べ き は ず な の と 甘 や か し て 反 社 会 的 な 子 供 を 育 て て し ま う 今 ど き の 親 も 、 に 、 正 反 対 の 対 応 を し て い る 》 (;æ) み ん な 「 真 正 保 守 」 で あ る 。 中 島 は 「 東 京 裁 判 判 決 は 棄 却 さ る べ き だ 」 な ん て 言 っ て い そ し て つ い に 西 部 は 、 「 級 戦 犯 無 罪 ー を 「 日 本 無 罪 . と な い 。 そ も そ も 中 島 の 『 パ 1 ル 判 事 』 の 基 調 は 、 パ 1 ル は 東 一 一 一 一 口 う の は 「 論 理 の 飛 躍 」 だ と 言 ) 、 パ 1 ル 判 決 は 日 本 無 罪 論 京 裁 判 を 一 部 認 め て い た 、 特 に 「 通 例 の 戦 争 犯 罪 」 に つ い て で は な い と 断 言 し て し ま う 。 は そ の 意 義 を 積 極 的 に 認 め て い た 、 パ ー ル は 日 本 の 戦 争 を 道 『 バ ー ル 真 論 』 で 詳 述 し た が 、 「 級 戦 犯 」 の 行 為 は 「 国 家 義 的 に 非 難 し て い た 、 日 本 と 西 洋 は 同 じ 穴 の 狢 だ と 批 判 し の 行 為 で あ る 」 と ノ ヾ 1 ル は 明 言 し て い る 。 「 級 戦 犯 は 憲 た 、 パ ー ル 判 決 書 は 「 日 本 無 罪 論 」 で は な い 、 パ ー ル は 憲 法 法 に 基 づ き 、 国 民 の 意 志 を 付 託 さ れ て 国 家 の 行 為 を 遂 行 し た ヾ 、 0 0 6

日本共産党研究ー絶対に誤りを認めない政党


国 会 で 、 先 の 不 破 の 質 問 以 外 と し て は 1982 年 と 四 年 の 参 院 法 務 委 員 会 で 、 当 時 の 公 安 調 査 庁 長 官 が 共 産 党 を 破 防 法 の 調 査 対 象 団 体 と 明 言 し た こ と が あ る 程 度 だ 。 し か も 、 か な り 遠 慮 し た 形 で の 答 弁 だ っ た 。 例 え ば 、 年 4 月 1 日 の 参 院 法 務 委 員 会 で 行 わ れ た 社 会 党 の 寺 田 熊 雄 と 公 安 調 査 庁 長 官 の 鎌 田 好 夫 の 質 疑 は 以 下 の よ う な や り 取 り だ っ た 。 寺 田 「 破 壊 活 動 を 行 う 団 体 と い う の は 、 ち ょ っ と あ な た 方 と し て は 言 い に く い だ ろ う け れ ど も 、 大 体 幾 つ ぐ ら い を 対 象 に し て お ら れ る ん で す 」 鎌 田 「 現 在 は い わ ゆ る 左 翼 系 統 と い た し ま し て 7 団 体 、 右 翼 系 統 と い た し ま し て 8 団 体 程 度 を 調 査 の 対 象 と し て 推 進 し て お り ま す 」 寺 田 「 左 翼 7 団 体 、 右 翼 8 団 体 で す か 」 鎌 田 「 は い 、 さ よ う で ご ざ い ま す 」 寺 田 「 そ の 個 々 の 名 称 、 団 体 名 は 言 っ て い た だ け ま す か 」 こ し カ か か と 思 い ま す け れ ど も 、 2 、 3 由 ・ し 上 げ ま す 鎌 田 「 現 在 、 公 的 に 申 し 上 げ る こ と よ ゝ と 、 左 翼 関 係 と し ま し て は 日 本 共 産 党 、 在 日 本 朝 鮮 人 総 連 合 会 等 で ご ざ い ま す 。 右 翼 団 体 と い た し ま し て は 護 国 団 、 大 日 本 愛 国 党 等 8 団 体 で ご ざ い ま す 」 251 第 八 章 な ぜ 彼 ら は 監 視 対 象 な の か

クィンティーザの隻翼―アル‐ナグクルーンの刻印 (コバルト文庫)


COBALT-SERIES ア ノ い ナ グ ク ル ー ン の 刻 印 か た は ね ン テ ィ ー ザ の 隻 翼 響 野 夏 菜 0 ・ . 、 ー ト 1 へ を 集 英 社

幻影の時空樹 プラパ・ゼータ6⃣


ハ ン の 胸 の 前 で 、 底 知 れ ぬ 影 と し て 暗 く 光 を 吸 い こ む 。 闇 の 宝 珠 は フ ァ ラ ・ 闇 に 潤 う 漆 黒 の 宝 珠 の 暗 さ が 、 透 明 な 光 の 翼 を 通 り 抜 け る 。 通 り 抜 け る 闇 と と も に 、 闇 の 宝 珠 そ の も の が 小 さ く ほ ど け る 。 く っ せ つ 透 明 な 光 の 翼 、 漆 黒 の 闇 は 幾 重 に も 重 な る 羽 に 屈 折 さ れ て 深 み を 増 す 。 プ リ ズ ム と な っ た 翼 が 闇 の 宝 珠 を 純 然 た る も の に 濾 過 す る 。 濾 過 さ れ た 闇 の 色 は 、 魔 獣 の 形 を と る 。 果 て し な い 暗 闇 の 凝 っ た 体 を も つ 一 頭 の 飛 竜 が 、 暗 黒 竜 に 向 か っ て 飛 ぶ 。 暗 黒 竜 と 。 ひ と つ に な る : く ら 流 れ こ ん だ 絶 大 な る 力 が 、 暗 黒 竜 を さ ら に 冥 い も の へ と 導 い た 。 お か 周 囲 か ら す べ て の 光 を 奪 う ほ ど の 影 に 冒 さ れ 、 ぎ ゅ っ と 身 構 え た 聖 光 竜 の 前 で 、 暗 黒 竜 は 『 魔 影 竜 』 へ と 変 化 す る 。 空 圧 倒 的 な 力 を も っ 闇 を 体 か ら 発 し な が ら 、 魔 影 竜 が 翼 を 広 げ る 。 の 全 身 に 満 ち た 絶 大 な る 力 に し 、 咽 を 反 ら せ た 魔 影 竜 が 咆 哮 し た 。 影 光 と 影 が 生 命 も つ も の を 模 し た 。 ・ ハ ン は 、 光 も 影 も け ぬ も の 。 ど ち ら も 受 け 入 れ 、 流 す も の 。 透 明 な 翼 も っ フ ァ ラ し よ う ち ょ う 光 も 影 も 、 透 明 を 象 徴 す る 乙 女 に 触 れ る こ と は で き な い 。 う る お し つ こ く こ ま じ ゅ う

現代日本の文学 41 中村 真一郎 福永 武彦 集


ゆ く へ 行 方 も 知 ら ず 望 み の 旗 天 を 翔 る 無 限 の 白 風 に ひ ら め き 風 に な び き 光 を あ つ め 夢 み て は か な た 夜 の 彼 方 に 旗 は し ぼ み 風 の 羽 音 の 絶 え る 時 に 花 よ り 淡 い 息 吹 を た づ ね 天 使 の 歌 に 声 を 合 せ 明 け ゆ く 朝 の 想 ひ に み ち 鳥 は 生 れ 空 に あ ふ れ し る べ の 鳥 は い の ち を 驕 り し ぶ き に 打 た れ 疲 れ て も 星 に 宿 ら ず 波 に 宿 り 携 海 の 鳥 は 海 に 死 ぬ 集 詩 タ ベ 翼 は 濡 れ て た だ よ ひ ほ の ほ 武 く れ な ゐ の 喪 は 烙 を う か ・ ヘ 福 天 と 水 と の あ は ひ の 澪 は 藍 に 塗 ら れ 血 に 塗 ら れ か な し い ひ び き 波 に よ せ あ る し ろ み を 傾 く 船 の 指 し て む か ふ 海 の き は み に 昼 は し づ み 翼 も あ ら く 月 は 飛 び : ご ム っ こ の 身 如 何 な る 業 に 憑 か れ ム し ょ 劫 初 の 海 を 駆 け て 行 く は だ へ か 潮 は に が く 膚 を 噛 み 海 は 燃 え て 空 を 焦 し 波 は 砕 け 船 に 砕 け 星 は 流 れ 天 に 流 れ 日 は 日 を 重 ね 夢 は 古 び 幾 と せ は 逝 く 海 に