検索 - みる会図書館

全データから 10000件見つかりました。
1. オニババ化する女たち~女性の身体性を取り戻す~ (光文社新書)

オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す 三砂ちづる 光文社新書

2. オニババ化する女たち~女性の身体性を取り戻す~ (光文社新書)

三砂ちづる ( みさごちづる ) 1958 年山口県生まれ。 ' 81 年京都薬科大学卒業。 ' 99 年、 ロンドン大学 PhD ( 疫学 ) 。ロンドン大学衛生熱帯医 学院研究員および JICA ( 国際協力事業団、現・国際 協力機構 ) 疫学専門家として約 15 年、海外で疫学研 究、国際協力活動に携わる。 2001 年 1 月より国立公衆 衛生院 ( 現・国立保健医療科学院 ) 疫学部に勤務、 2004 年 3 月まで応用疫学室長を務める。 2004 年 4 月よ り、津田塾大学国際関係学科教授。専門はリプロダク テイプへルス ( 女性の保健 ) を中心とする疫学。著書 に『昔の女性はできていた』 ( 宝島社 ) 、訳書に『パワ ・オプ・タッチ』 ( メディカ出版 ) など。 オニババ化する女たち女性の身体性を取り戻す しよせいしんたしせい か おんな 発行者 装幀 印刷所 製本所 発行所 電話 メール 2004 年 9 月 20 日初版 1 刷発行 2 5 年 3 月 25 日 12 刷発行 三砂ちづる ーー加藤寛一 アラン・チャン ・一 - 堀内印刷 関川製本 ー株式会社光文社 東京都文京区音羽 1 振替 00160 ー 3 -115347 編集部 03 ( 5395 ) 8289 販売部 03 ( 5395 ) 8114 業務部 03 ( 5395 ) 8125 [email protected] 囮本書の全部または一部を無断で複写複製 ( コピー ) することは、著作 権法上での例外を除き、禁しられています。本書からの複写を希望さ れる場合は、日本複写権センター ( 03-3401-2382 ) にご連絡ください。 落丁本・乱丁本は業務部へご連絡くだされば、お取替えいたします。 OChizuru Misago 2 圓 4 Printed ⅲ Japan ISBN 4-334-03266-4

3. オニババ化する女たち~女性の身体性を取り戻す~ (光文社新書)

」より ▽ Q> ( ドメスティック・パイオレンス ) ー殴らずにはいられない男たち ▽僕はガンと共に生きるために医者になったー肺癌医師のホームページ ーどうして普通にできないんだろう ▽人格障害かもしれない ▽生体肝移植を受けてー癌告知から八四〇日の闘い 大平健 ▽食の精神病理 ▽亠ノ、ノ・ハ . 走 . り・ーー古武術の動きを実践する ▽子供の「脳」は肌にある ▽千住博の美術の授業絵を描く悦び ▽ナンバの身体論ー身体が喜ぶ動きを探求する 小西行郎 ▽早期教育と脳 三砂ちづる 多くの女性は今、あまり意識していないと思いますが、女として生まれて きたのですから、女としての性を生きたい、という、からだの意思があり ます。その意思を無視していると、あちこちに弊害が出てくるのではない でしようか。女性のからだの持っエネルギーを過小評価しないほうがよい と思います。女性は子どもを産み、次の世代を継いでいく力を持った存在 で、生物としてはそれを目的に生まれてきているわけですから、その力を 使わずにいると、多くのエネルギーが行き場を失ってしまうことでしよう。 また、たとえ性経験や出産経験が豊富にあっても、それが本当にからだに 向き合うような経験になっていないと、そのようなエネルギーは本当に満 たされたとは言えないのです。 女性のからだについて、思春期、月経、性、出産という、もっとも本質的 なことについて、再考してみたいと思います。 三砂ちづる ( みさごちづる ) 一九五八年山口県生まれ。一九八一年京都薬科大学卒業。一九九九年、ロン ドン大学 ( 疫学 ) 。ロンドン大学衛生熱帯医学院研究員および ( 国際協力事業団、現・国際協力機構 ) 疫学専門家として約一五年、海外で 疫学研究、国際協力活動に携わる。二〇〇一年一月より国立公衆衛生院 ( 現・ 国立保健医療科学院 ) 疫学部に勤務、二〇〇四年三月まで応用疫学室長を 務める。二〇〇四年四月より、津田塾大学国際関係学科教授。専門はリプ ロダクテイプへルス ( 女性の保健 ) を中心とする疫学。著書に『昔の女性はで きていた』 ( 宝島社 ) 、訳書に『パワー・オプ・タッチ』 ( メディカ出版 ) など。 税 - o 十 7 0 4 2 円 0 5 5 \ 2 9 体 2 4 5 本 O Z 9 2 2 価 0 オニババ化する女たち三砂ちづる ヾヾヒ オニノ イする女たち 女性の身体性を取り戻す 9 7 8 4 5 5 4 0 5 2 6 6 1 豊田正義 磯部潮 是永美恵子 矢野龍彦金田伸夫織田淳太郎 山口創 千住博 矢野龍彦金田伸夫長谷川智古谷一郎 稲月明 光文社新書 光文社新書 カバー印刷萩原印刷

4. オニババ化する女たち~女性の身体性を取り戻す~ (光文社新書)

日本の昔話には、よくオニババや山姥が出てきます。たとえば、山にひとりで住む山姥が、 ときおり道に迷った小僧さんを夜中に襲う話があります。私の子どもたちが小さかったころ、 夜寝る前に、昔話をよく読んであげていましたが、「ざらんざらん、べろんべろんと小僧さ んの尻をなめた」などという表現が、子ども向けの絵本に出てきて、ぎよっとしたのを覚え ています。 あれは、社会のなかで適切な役割を与えられない独身の更年期女性が、山に籠もるしかな くなり、オニババとなり、ときおり「エネルギー」の行き場を求めて、若い男を襲うしかな という話だった、と私はとらえています。 この「エネルギー」は、性と生殖に関わるエネルギーでしよう。女性のからだには、次の 世代を準備する仕組みがあります。ですから、それを抑えつけて使わないようにしていると、 はじめにオニババ化とは何か やまんば

5. オニババ化する女たち~女性の身体性を取り戻す~ (光文社新書)

オニヾヾヒ イする女たち 女性の身体性を取り戻す 三砂ちづる 光文社新書

6. オニババ化する女たち~女性の身体性を取り戻す~ (光文社新書)

思うのです。 更年期の女性が、特別な神事やまつりごとをつかさどったり、今までとは違う役割を担っ たりする。精神的高揚を伴うような生き生きとした活動に積極的に参加してもらうことで、 年齢として女性ホルモンの分泌が下がっていくころに、なんらかのかたちで女性ホルモンを 活性化させる、そんな仕組みがあったのではないかと思います。 先ほど少し述べました、民俗学者の赤松啓介氏の調査によると、日本にも、後家や中年女 性が若い男子の性の実地教育にたずさわるケースが少なからずあったようです。更年期女性 のエネルギーを適切に使おうとしたのでしよう。さもないと、中年女性は「オニババ」と化 す、と思われていたのではないでしようか。 「はじめに」でも述べましたが、日本の昔話には、よくオニババや山姥が出てきて、ときお り道に迷った小僧さんを夜中に襲う話があります。あれは、更年期を迎えた女性が、社会の 中で新しい役割を与えられず、山に籠もるしかなくなり、ときおりエネルギーの行き場をも とめて若い男を襲う、という話だったととらえています。 今の日本では、山に籠もるなどということはまったく現実的ではありません。後家さんが 若い男の子の性の実地教育をするという仕組みももちろんありません。更年期女性のエネル

7. オニババ化する女たち~女性の身体性を取り戻す~ (光文社新書)

の娘たちの得た自由を喜んでいるように見えないし、娘たちも母親になんとなくすっきりし ないものを感じているようで、この世代間は、なんとなくぎくしやくしています。女性の身 体性に根ざした知恵を大切なものとして伝承できなくなると、「お互いをあるがままに受け 入れられない」ことになるのではないか、とこの世代間の葛藤を見て感じるようになりまし 現代をのびのびと生きているように見える、二十代、三十代の女性たちにも、この女性の からだへの軽視がしつかりと根づいています。「別にしたくなければ結婚しなくていいよ」 「仕事があれば子どもがいなくてもいいよ」という上の世代からのメッセージは、若い女性 に一見自由な選択を与えているようですが、そこに、「女としてのからだを大切にしない」 という大きな落とし穴があることに、あまり気づかれていません。 このままほうっておけば、女性の性と生殖に関わるエネルギーは行き場を失い、日本は何 ハバ化」するのではないか、と思われるふしがあります。それは女性と 年かあとに「総オラ ともに生きていく男性にとっても、けっして幸せなことではないでしよう。 この本は、性や思春期、月経、出産という、女性のからだにとって重要だと思われること について、少し違った視点から取り上げたものです。オニババ化とは何か、女性はどのよう

8. オニババ化する女たち~女性の身体性を取り戻す~ (光文社新書)

ができるような近代産業社会というのが、どんなふうに存在するのか、というのが、私たち はまだわかっていないのです。 ヨーロッパの国などが少子化対策として先進的にやっていることを、ただ学べば済むこと なのか、という疑問も湧いてきます。近代産業社会というのは、どうしても西洋がモデルで、 西洋式のものを世界に広めていく、ということが根底にあるわけですから、それを見直して いくときには、ここでこそやはり、土着の文化、それぞれの土地の人間のありように関わる ような、日本においてこそ成り立っ生活を立てていく仕組み、というのを考えることが大切 になってくると思います。 なぜオニ / ヾバになるのか どうして女性性を軽視したらいけないのか、どういうトラブルが起こるのか、ということ をひと言でいうと、繰り返しになりますが、やはり、世の中がオニババばっかりになってし まう、ということではないでしようか。 女性というのは、自分のからだを使って、セックスしたり出産したりということをしてい ないと、自分の中の、女性としてのエネルギーの行き場がなくなる、と私はとらえています。 152

9. オニババ化する女たち~女性の身体性を取り戻す~ (光文社新書)

はじめにオニババ化とは何か 第 1 章身体の知恵はどこへいってしまったのか 性と生殖への軽視 自分のからだに対する漠然とした不安 子どもを産むのは恐怖である ? 女としての生活を楽しめなかった戦後世代 憧れの「病院出産」 娘の生き方に嫉妬する世代 からだの持つ「子育ての力」 心に届かない近代医療の「知識」 病院がないと幸せになれないのか 産む人と産まない人とのギャップが広がっただけ ポリネシアの驚くべき避妊法 インディオは更年期を楽しみにしている

10. オニババ化する女たち~女性の身体性を取り戻す~ (光文社新書)

インド医学、アーユルヴェーダなどではクンダリーニが上がるという言い方もするそうです。 性欲としてその人が感じているかどうか、意識しているかどうかは別として、やつばり人間 として、女として生まれてきたら、女としての性を生きたい、というからだの意思がありま すから、それを抑えつけて宙ぶらりんな状態にしていると、その弊害があちこちに出てくる ものです。 からだが実際に具合が悪くなってしまったり、たいへんイライラしてしまって、人をまっ かたく受け入れられない人間になってしまったり、ものすごく嫉妬深くなったり、自分ができ 。自分のからだを使って、性経 ないことをしている人を見るととても許せなくなったり : 験や出産経験を通じて穏やかになっていく女性とは正反対の方向に行ってしまうわけで、そ ニういう人たちを昔はオニババと呼んだのでしよう。 オ せ 昔話で、山里に行って包丁研いで、というお話って、本当にびつくりするほど多いですよ 、な は ね。昔の人はオニババを大量生産しないための知恵というのもおそらくはわかっていて、あ 性 女 る程度強制的に結婚させたり、性体験の実地教育なども進んでやっていたのではないかと思 4 います。 第 話はちょっとそれますが、雪女のお話のような、「キレイな人を泊めて仲良くなったのに