検索 - みる会図書館

全データから 213822件ヒットしました。

オニババ化する女たち~女性の身体性を取り戻す~ (光文社新書)


オ ニ バ バ 化 す る 女 た ち 女 性 の 身 体 性 を 取 り 戻 す 三 砂 ち づ る 光 文 社 新 書

オニババ化する女たち~女性の身体性を取り戻す~ (光文社新書)


が 積 極 的 に 取 り 組 ん で き た と こ ろ に 、 女 性 が も と も と 持 っ て い た 身 体 性 を 生 か す よ う な お 産 の 経 験 が 出 て き て い る と 思 い ま す 。 お 産 と 女 性 の 変 化 今 、 そ う い っ た 助 産 所 で は 、 本 当 に 手 付 か ず の 自 然 な お 産 が 奇 跡 の よ う に 残 っ て い ま す 。 ま っ た く 医 療 介 入 を し な い で 、 女 性 が 自 分 の か ら だ に 向 き 合 っ て 赤 ち ゃ ん を 産 ん で 、 自 分 の か ら だ を し つ か り 感 じ て 、 と い う こ と が で き て い る の で す 。 そ し て そ れ が で き る よ う に 妊 娠 性 体 期 か ら 関 わ り ま す 。 す そ う い う 場 所 で お 産 を し た 女 性 の 手 記 を 読 む と 、 あ ふ れ る よ う な 言 葉 が 躍 り 、 長 い 長 い 文 戻 取 章 が 書 か れ て い ま す 。 今 、 お 産 を す る よ う な 年 代 の 女 性 が 、 文 章 で 自 分 を 表 現 す る こ と が 特 つ に 得 意 だ と 思 え ま せ ん 。 ほ と ん ど の 人 は 、 文 章 を 書 け と い っ て も そ う 巧 み に 書 け な い で し ょ 産 出 そ れ が 、 助 産 院 で の 産 婦 さ ん た ち の 手 記 を 読 む と 、 あ ふ れ る よ う に 文 章 が 出 て き て い る の 章 で す 。 そ し て 書 い て あ る こ と に い く つ か の 共 通 点 が あ り ま す 。 第 「 宇 宙 と の 一 体 感 を 感 じ た 」 「 自 分 の 境 界 線 が な い よ う だ っ た 」 「 大 き な 力 が 働 い て い て そ れ 101

相対性コム デ ギャルソン論 なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか


性 差 を 突 き つ け る / 突 き 破 る し て き た 。 つ ま り い つ の 時 代 に も 衣 服 に お け る 性 差 は 存 在 し た が 、 そ の 差 が 特 に 開 い た 時 代 が 近 代 な の で あ る 。 衣 服 と は 差 異 を 作 り 出 す シ ス テ ム で あ る 。 そ し て こ れ ま で 見 て き た よ う に 、 現 代 の 制 度 化 さ れ た フ ァ ッ シ ョ ン 産 業 も 、 衣 服 が 差 別 化 す る 「 性 」 の 枠 組 み を 基 盤 と し て 成 立 し て い る 。 衣 服 は 自 己 と 他 者 を 、 男 性 と 女 性 を 差 別 化 す る 。 身 体 表 面 を 覆 う 徹 底 的 な 薄 さ に お い て 、 衣 服 は 私 た ち の ア イ デ ン テ ィ テ ィ の 形 成 に 深 く 関 わ っ て い る 。 と は い え 、 私 た ち は い っ か ら 服 を 着 る よ う に な っ た の だ ろ う 。 こ の 世 に 生 を 享 け て 初 め て 、 誰 か の 手 に よ り 私 た ち は 服 を 着 せ ら れ る 。 そ う 、 誰 も 最 初 に 自 分 で 服 を 着 た こ と は な い 。 失 わ れ た 母 の 皮 膚 を 取 り 戻 す か の よ う に 、 布 を 与 え ら れ る の だ 。 そ し て い ま だ 記 憶 の な い 誕 生 の と き か ら 、 私 た ち の 身 体 は 「 性 」 に 分 か た れ る 。 性 的 身 体 を 衣 服 が な ぞ る と き に は 、 す で に 差 異 化 は 遂 行 さ れ て い る 。 こ う し て 「 女 性 ら し さ 」 や 「 男 性 ら し さ 」 は 、 あ ま り に も 自 然 に 私 た ち の 身 体 に 刷 り 込 ま れ て い く 。 な ら ば 、 私 た ち の 身 体 を 覆 う 布 の ラ イ ン を 切 り 込 み な が ら 逸 れ て い き 、 と き に は 性 を 饒 舌 に 語 ら せ 、 と き に は 沈 黙 さ せ よ う 。 そ れ は 男 性 服 / 女 性 服 を 作 り つ つ 、 作 ら な い こ と で あ る 。 ほ っ れ 、 つ ぎ は ぎ 、 で こ ば こ 、 組 み 替 え ー ー ー コ ム デ ギ ャ ル ソ ン の フ ァ ッ シ ョ ン で 繰 り 返 さ れ る こ れ ら の 諸 特 徴 は 、 差 別 化 が 完 了 さ れ る こ と へ の 飽 く な き 抵 抗 の 跡 な の だ 。 性 差 の 未 然 に お い て 抵 抗 す る 衣 服 コ ム 一 、 ア ギ ャ ル ソ ン の フ ァ ッ シ ョ ン を ま と う と き 、 私 た ち は 自 ら の 身 体 の 未 熟 さ が も つ 新 た な 可 能 性 に 気 づ く の で あ る 。 167

オニババ化する女たち~女性の身体性を取り戻す~ (光文社新書)


三 砂 ち づ る ( み さ ご ち づ る ) 1958 年 山 口 県 生 ま れ 。 ' 81 年 京 都 薬 科 大 学 卒 業 。 ' 99 年 、 ロ ン ド ン 大 学 PhD ( 疫 学 ) 。 ロ ン ド ン 大 学 衛 生 熱 帯 医 学 院 研 究 員 お よ び JICA ( 国 際 協 力 事 業 団 、 現 ・ 国 際 協 力 機 構 ) 疫 学 専 門 家 と し て 約 15 年 、 海 外 で 疫 学 研 究 、 国 際 協 力 活 動 に 携 わ る 。 2001 年 1 月 よ り 国 立 公 衆 衛 生 院 ( 現 ・ 国 立 保 健 医 療 科 学 院 ) 疫 学 部 に 勤 務 、 2004 年 3 月 ま で 応 用 疫 学 室 長 を 務 め る 。 2004 年 4 月 よ り 、 津 田 塾 大 学 国 際 関 係 学 科 教 授 。 専 門 は リ プ ロ ダ ク テ イ プ へ ル ス ( 女 性 の 保 健 ) を 中 心 と す る 疫 学 。 著 書 に 『 昔 の 女 性 は で き て い た 』 ( 宝 島 社 ) 、 訳 書 に 『 パ ワ ・ オ プ ・ タ ッ チ 』 ( メ デ ィ カ 出 版 ) な ど 。 オ ニ バ バ 化 す る 女 た ち 女 性 の 身 体 性 を 取 り 戻 す じ よ せ い し ん た し 池 い と も ど お ん な 発 行 者 装 幀 印 刷 所 製 本 所 発 行 所 電 話 メ ー ル 2 4 年 9 月 20 日 初 版 1 刷 発 行 2005 年 3 月 25 日 12 刷 発 行 三 砂 ち づ る ー ー 加 藤 寛 一 ア ラ ン ・ チ ャ ン ー ー 堀 内 印 刷 関 川 製 本 ー 株 式 会 社 光 文 社 東 京 都 文 京 区 音 羽 1 振 替 00160-3-115347 編 集 部 03 ( 5395 ) 8289 販 売 部 03 ( 5395 ) 8114 業 務 部 03 ( 5395 ) 8125 [email protected] 囮 本 書 の 全 部 ま た は 一 部 を 無 断 で 複 写 複 製 ( コ ピ ー ) す る こ と は 、 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 、 禁 じ ら れ て い ま す 。 本 書 か ら の 複 写 を 希 望 さ れ る 場 合 は 、 日 本 複 写 権 セ ン タ ー ( 03-3401-2382 ) に ご 連 絡 く だ さ い 。 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は 業 務 部 へ ご 連 絡 く だ さ れ ば 、 お 取 替 え い た し ま す 。 ◎ Chizuru Misago 2004 Printed ⅲ Japan ISBN 4-334-03266-4

相対性コム デ ギャルソン論 なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか


COMME des GARGONS 、 あ る い は 衣 服 と い う 表 面 に お い て い か に 多 様 な 性 を 上 演 し う る か ク シ ュ ア ル や ト ラ ン ス セ ク シ ュ ア ル で あ る こ と の 表 明 と し て の 化 粧 も あ る だ ろ う し 、 「 ノ ン ポ 総 じ て 「 男 性 が 化 粧 す る こ と に よ る リ 」 な 耽 美 趣 味 と し て 化 粧 し て い た 可 能 性 も あ り 得 る イ ン パ ク ト 」 に よ っ て 、 反 感 や ス キ ャ ン ダ ル を も 含 ん だ 社 会 的 認 知 を 得 た こ と は 間 違 い な い で あ ろ 一 つ 。 フ ァ ッ シ ョ ン デ ザ イ ン の 分 野 で も 、 ジ ェ ン ダ ー の 境 界 に 揺 さ ぶ り を か け る よ う な 表 現 は 、 コ ム デ ギ ャ ル ソ ン 以 前 か ら 連 綿 と し て 存 在 し て い る 。 も は や 服 飾 史 上 の 常 套 句 と 化 し た 例 と し て は 、 コ コ ・ シ ャ ネ ル に よ る 「 ギ ャ ル ソ ン ヌ 」 ス タ イ ル や 、 イ ヴ ・ サ ン ロ ー ラ ン に よ る 女 性 向 け パ ン ツ ・ ス タ イ ル な ど が あ る 。 こ れ ら は 女 性 の 服 装 に 男 性 的 な 要 素 を 持 ち 込 む こ と で 、 身 体 や 装 い 、 身 の こ な し を め ぐ る 既 存 の 規 範 か ら 彼 女 た ち を 解 放 し た 例 と し て 語 ら れ る こ と が 多 寸 尓 性 を 孕 ん だ 身 体 規 律 を 新 た に し か し ま た 、 こ の よ う な 「 解 放 」 が ジ ェ ン ダ ー に 基 づ く 夛 文 不 生 産 し ( た と え ば 、 シ ャ ネ ル の 細 く 直 線 的 な デ ザ イ ン が 要 請 す る ス リ ム な 身 体 ) 、 あ る い は ま た 導 入 さ れ た 「 マ ス キ ュ ラ ニ テ ィ 」 の 上 に 従 来 的 な 女 性 性 の 記 号 を 上 書 き し た ( た と え ば 、 柔 ら か な ジ ャ ー ジ イ 生 地 の パ ン ツ ・ ス ー ツ が 引 き 立 た せ る 身 体 の 曲 線 美 ) こ と も 事 実 で あ ろ う 。 革 新 や 解 放 の 象 徴 と し て の 「 少 年 性 」 や 「 男 性 性 」 は 、 生 の ま ま の も の で は 決 し て な く 、 フ ァ ッ シ ョ ン に 投 入 さ れ た 途 端 に 、 「 女 性 性 の 記 号 」 と 共 犯 関 係 を 結 び 始 め る 。 「 異 性 装 」 は し ば し ば 、 ロ マ ン テ ィ ッ ク な 神 話 化 を 伴 っ て き た 。 西 欧 的 近 代 以 降 の 「 男 装 」 の 系

SAPIO (サピオ) 2016年 10月号 [雑誌]


E n i 0 y 5 5 e e i n 9 & R e 0 d i n 9 佐 藤 泰 志 ほ ど 死 後 、 評 価 が 高 て は 分 ら な い 地 方 の は じ め の 新 宿 が ま さ に そ う だ っ 『 放 浪 記 』 で 描 い た よ う に 。 ま り 、 多 く の 読 者 を 得 て い る 作 厳 し い 現 実 を 日 常 感 た 。 サ プ カ ル チ ャ 1 は こ こ か ら 家 出 し た 娘 を 探 し に 新 宿 に 出 家 は 珍 し い 。 近 年 、 そ の 作 品 は 覚 で と ら え て ゆ く 。 生 ま れ た 。 て き た 父 親 の 話 が 泣 か せ る 人 情 R く ス ン 次 々 に 文 庫 化 さ れ て い る 。 長 い を 一 。 そ こ に こ の 映 画 の 良 フ ー テ ン 、 家 出 少 女 、 挫 折 し 話 に な っ て い る 。 男 や も め の 父 す ッ さ が あ る フ 不 況 、 地 方 都 市 の 袞 退 、 職 業 の た 政 治 亠 、 落 ち こ ば れ の 学 生 、 親 は 、 盛 岡 の 市 役 所 を 辞 め 、 新 一 0 丕 女 定 な ど を 描 き 出 し 、 八 〇 年 、 戻 一 義 男 は 、 キ ャ パ ク テ キ ャ や や く ざ と い 0 た 管 理 社 宿 で 娘 を 探 す 。 「 僕 」 を は じ め 新 ′ 7 代 に す で に 現 代 を 先 取 り し て い ◎ ラ で 働 い て い る 女 の 会 の 外 側 に は み 出 し て し ま っ た 宿 人 た ち が そ れ を 助 け る 。 父 親 た こ と に 驚 く 。 は 物 、 子 ( 蒼 井 優 ) と 知 り 者 た ち が 、 新 宿 の 裏 通 り で は な は 次 第 に 新 宿 に 溶 け こ み 、 お で ん の 屋 台 を 始 め 、 な ん と 若 い 女 新 合 う 。 感 情 の 起 伏 の ん と か 生 き る こ と が 出 来 た 。 督 故 郷 の 函 館 を 舞 台 に し た 作 品 は 、 す で に 一 一 作 、 映 画 化 さ れ て 激 し い 、 風 変 り な 女 著 者 は 一 九 五 〇 年 生 ま れ 。 七 性 と 結 婚 す る 。 再 会 し た 娘 は そ 弘 著 い る 出 テ の 子 だ が 、 一 一 人 は 次 〇 年 代 の 新 宿 を 若 者 と し て 生 き ん な 父 親 を 祝 福 す る 。 熊 切 和 嘉 監 督 の 「 海 炭 市 叙 下 音 、 虻 第 に 惹 か れ 合 っ て ゆ た 。 『 新 宿 物 語 間 』 は 、 そ の 体 験 新 宿 の 町 は 、 落 ち こ ば れ た 者 山 高 景 」 (2 年 ) と 呉 美 保 監 督 の 「 そ 持 9 く 。 い っ た ん は 、 人 か ら 生 ま れ た 熱 い 青 春 小 説 。 あ た ち が 助 け 合 っ て 生 き る 共 同 体 こ の み に て 光 輝 く 」 (ä 年 )。 山 生 を あ き ら め か け て の 頃 の 新 宿 に つ い て は さ ま ざ ま に な っ て い る 。 現 代 風 に い え ば を 下 敦 弘 監 督 の 本 作 は 、 佐 藤 泰 、 エ い た 義 男 が 、 彼 女 を に 語 ら れ て い る が 、 自 ら の 体 験 セ 1 フ テ ィ ネ ッ ト だ ろ う か 。 風 し 志 原 作 の 函 館 も の の 三 作 知 る こ と で 、 な ん と を 踏 ま え 、 こ れ ほ ど 裏 通 り の 俗 営 業 の 店 を い く つ も 持 っ 女 性 と ヾ 目 に な る 。 か も つ 一 度 、 生 き る 隅 々 ま で 生 き 生 き と 描 き 出 し た は 、 こ ん な こ と を い 、 つ 。 「 こ れ ま 前 一 一 作 同 様 、 観 光 地 百 本 は 兀 気 を 取 り 戻 し て ゆ 小 説 は な か っ た の で は な い か 。 で 多 く の 女 の 子 や 男 の 子 の 面 倒 と し て の 函 館 で は な く 、 七 つ の 短 篇 か ら 成 る 連 作 。 を 見 て き た け ど 、 新 宿 の 街 に 集 平 生 活 者 の 生 き る わ が 町 と し て 一 一 本 買 っ て 帰 る の が 日 課 に な っ と い っ て も 山 下 敦 弘 監 督 は 、 「 僕 」 は 山 梨 県 か ら 出 て 来 て 東 ま っ て く る 子 た ち っ て 結 局 は 弱 の 函 館 を 描 い て い る 。 決 し て 明 て い る 。 ど こ か わ び し い そ の 姿 を 決 し て 大 仰 に は 描 か な 京 の 大 学 に 入 っ た が 、 す ぐ に ド い 者 ば か り な の 。 み ん な で 助 け る い 話 で は な い が 、 地 に 足 が 着 訓 練 校 に は さ ま ざ ま な 経 歴 の 。 失 業 者 た ち が 通 う 職 業 訓 練 ロ ッ プ ア ウ ト 。 い つ の ま に か 新 合 っ て 生 き る 以 外 に な い の 」 。 い た 落 着 き が あ る 。 男 た ち が い る 。 誰 も が そ れ ま で 校 、 安 ア パ ー ト 、 弁 当 と 缶 ヒ 1 宿 が 「 私 の 大 学 」 に な っ て ゆ く 。 「 僕 」 は 北 海 道 を ヒ ッ チ ハ イ ク オ ダ ギ リ ジ ョ 1 演 じ る 主 人 公 の 仕 事 に 挫 折 し た 。 大 工 に な ろ ル 、 自 転 車 、 ソ フ ト ボ 1 ル 大 会 。 ま さ に 「 書 を 捨 て よ 街 へ 出 よ う 」 す る 。 福 生 の 米 軍 基 地 で ベ ト ナ の 義 男 は も っ 若 く は な い 。 來 う と し て い る が 意 欲 的 と い う 訳 視 線 は あ く ま で も 小 さ な 世 界 に の 時 代 。 新 宿 の 、 自 由 で 野 放 図 ム 戦 争 で 死 ん だ 米 兵 の 死 体 を 清 で 家 庭 を 持 っ て い た が 、 妻 と 離 で は な い 。 他 に 道 が な い か ら 選 向 け ら れ る 。 キ ャ パ ク ラ の 女 の な 熱 気 に 、 血 が 騒 い だ と し か い め る 仕 事 を し た こ と も あ る 。 あ い よ 、 つ か な い 。 婚 、 会 社 を 辞 め て 故 郷 の 函 館 に ん だ 。 「 大 工 は 馬 鹿 で は 出 来 な い 子 が 昼 間 は 小 さ な 遊 園 地 で 働 い の 時 代 な ら で は の 豊 か な 青 春 が 戻 っ て き た 。 こ れ か ら ど 、 つ し た が 、 利 ロ は や ら な い 」 と 自 嘲 す て い る の も 、 こ の 映 画 の 世 界 に 「 僕 」 は 自 分 の 手 づ く り の 詩 集 羨 し く な る 。 -- ら い い の か 。 中 途 半 端 な 状 態 に る 。 卞 も い れ ば 大 学 中 退 者 も 合 っ て い る 。 を 新 宿 の 通 り で 売 る 。 街 頭 詩 人 。 光 文 社 1700 円 + 税 あ る 。 い る 。 い い 年 齢 の 男 は 「 俺 な ん 雑 踏 に 身 を 置 く こ と で フ 1 テ ン と り あ え ず 職 業 訓 練 校 に 通 い 、 か 、 も つ ど こ も 雇 っ て く れ な い 」 盛 り 場 の 魅 力 は 、 裏 通 り の ざ や 家 出 少 女 た ち と 親 し く な る 。 大 工 の 技 術 を 身 に つ け よ う と し と あ き ら め て い る 。 わ め き に あ る 。 い か が わ し い 場 テ キ ャ や ト ル コ 風 呂 の 経 営 者 と て い る 。 海 辺 の 安 ア パ 1 ト に 暮 山 下 敦 弘 監 督 は 、 格 差 社 会 の 所 と 思 わ れ る と こ ろ に 、 は み 出 も 顔 見 知 り に な る 。 新 宿 は 懐 の し 、 毎 日 、 自 転 車 で 学 校 に 通 う 。 隅 に い る 彼 ら を 丁 寧 に 描 い て ゆ し 者 た ち が 集 ま っ て き て 活 気 を 深 い 町 で 、 や さ ぐ れ も の た ち を 帰 り に 弁 当 と 小 さ な 缶 ビ 1 ル を く 。 啝 只 の 表 通 り だ け を 見 て い 作 り 出 し て ゆ く 。 一 九 七 〇 年 代 受 け 入 れ る 。 か っ て 林 芙 美 子 が 0 務 五 ロ 一 三

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


一 一 月 、 「 玉 墳 伝 」 お よ び 「 北 京 人 」 ( 同 誌 ) 。 三 月 、 「 南 方 関 係 文 献 す る 。 「 人 間 以 外 の 女 」 ( 婦 人 画 報 ) 。 十 一 月 、 「 謝 冰 瑩 事 件 」 ( 中 国 文 学 皿 ) 。 短 編 集 『 才 子 佳 人 』 ( 東 方 書 局 ) 。 解 題 」 ( 同 誌 ) 。 九 月 、 翻 訳 ・ 沈 従 文 『 湖 南 の 兵 士 』 ( 小 学 館 ) 。 昭 和 十 八 年 ( 一 九 四 三 ) 三 十 一 歳 昭 和 ニ 十 三 年 ( 一 九 四 八 ) 三 十 六 歳 三 月 、 「 中 国 文 学 」 で 終 刊 。 い ま の ま ま で の 雑 誌 継 続 は 軍 国 主 義 二 月 、 「 谷 崎 潤 一 郎 論 」 ( 現 代 作 家 ) 。 三 月 、 「 作 家 の 狼 疾 」 ( 中 国 文 体 制 へ の 妥 協 し か 意 味 し な い か ら 、 む し ろ 積 極 的 に 廃 刊 す る こ と で 学 ) 。 「 減 亡 に つ い て 」 ( 花 ) 。 短 編 集 『 蝮 の す え 』 ( 思 索 社 ) 。 四 月 、 抵 抗 の 意 志 表 示 を し よ う と し た も の 。 泰 滾 は 「 閃 鑠 」 を 終 刊 号 に 発 「 サ イ ロ の ほ と り に て 」 ( 人 間 美 学 ) 。 「 聖 女 侠 女 」 ( 発 表 誌 未 詳 ) 。 五 表 。 四 月 、 東 洋 思 想 叢 書 の 一 冊 と し て 『 司 馬 遷 』 ( 日 本 評 論 社 ) 。 七 月 、 北 海 道 大 学 助 教 授 を 辞 職 。 「 中 国 文 学 」 が 燗 号 で 廃 刊 と な る 。 月 、 「 中 国 と 日 本 文 芸 」 ( 文 芸 ) 。 十 月 、 「 中 国 作 家 諸 氏 に 」 ( 新 潮 ) 。 「 黒 旗 」 ( 芸 術 ) 。 「 非 革 命 者 」 ( 文 芸 ) 。 「 危 険 な 物 質 」 ( 個 性 ) 。 「 無 感 昭 和 十 九 年 ( 一 九 四 四 ) 三 十 二 歳 覚 な ボ タ ン 」 ( 文 芸 時 代 ) 。 六 月 、 平 田 次 三 郎 の 紹 介 で 「 近 代 文 学 」 二 月 、 山 本 健 占 の 紹 介 で 「 批 評 」 同 人 と な り 、 河 上 徹 太 郎 、 中 村 光 同 人 と な り 、 荒 正 人 、 平 野 謙 、 本 多 秋 五 、 埴 谷 雄 高 ら を 知 る 。 ま た 夫 、 吉 田 健 一 を 知 る 。 六 月 、 ヒ 海 に 渡 り 、 中 日 文 化 協 会 に 就 職 。 同 「 批 評 」 同 人 と し て 、 福 田 恆 存 、 大 岡 昇 平 ら を 知 る 。 八 月 、 「 作 家 を 協 会 に い た 石 上 玄 一 郎 、 ま た 国 際 文 化 協 会 に い た 堀 田 衛 を 知 る 。 救 う も の 」 ( 女 性 線 ) 。 九 月 、 「 闇 に 立 つ 人 」 ( 玄 想 ) 。 十 月 、 「 女 賊 の 九 月 、 「 周 作 人 と 日 本 文 芸 」 ( 『 周 作 人 先 生 の 事 』 ) 。 哲 学 」 ( 八 雲 ) 。 「 も の 食 う 女 」 ( 玄 想 ) 。 「 ″ あ っ は “ と ″ ぶ ふ い し 昭 和 ニ 十 一 年 ( 一 九 四 六 ) 三 十 四 歳 ( 近 代 文 学 ) 。 十 一 月 、 「 賭 の 姿 勢 」 ( 世 界 文 学 ) 。 旧 著 『 司 馬 遷 』 を 四 月 、 引 揚 げ 船 で 帰 国 。 六 月 、 「 中 国 の 作 家 た ち 」 ( 人 間 ) 。 七 月 、 改 題 し た 『 史 記 の 世 界 』 ( 菁 柿 堂 ) 。 十 二 月 、 「 夢 の 裏 切 」 ( 改 造 ) 。 旧 稿 に 加 筆 し た 「 才 子 佳 人 」 ( 人 間 ) 。 八 月 、 「 中 国 文 学 の 命 運 」 ( 文 「 『 愛 』 の か た ち 」 ( 序 曲 ) 。 「 月 光 都 市 」 ( 人 間 美 学 ) 。 短 編 集 『 「 愛 」 明 ) 。 な お 「 中 国 文 学 」 ( 復 刊 号 ) は 、 泰 淳 の 帰 国 よ り 一 歩 早 い の か た ち 』 ( 八 雲 書 店 ) 。 ま 、 ね ル 」 ・ ノ 三 十 七 歳 同 年 三 月 に 、 岡 崎 俊 夫 、 実 藤 恵 秀 、 千 田 九 一 の 三 人 に よ っ て 刊 行 さ 昭 和 ニ 十 四 年 ( 一 九 四 九 ) れ 、 泰 淳 の 「 老 舎 の 近 作 に つ い て 」 が 号 に 掲 載 さ れ た 。 こ の 年 、 一 月 、 「 詩 を め ぐ る 風 景 」 ( 近 代 文 学 ) 。 「 復 讐 」 ( 個 性 ) 。 短 編 集 『 月 泰 淳 は 「 才 女 」 ( 随 筆 中 国 2 ) 、 「 秋 の 銅 像 」 ( 文 化 人 の 科 学 3 ) の 一 一 光 都 市 』 ( 日 井 書 房 ) 。 三 月 、 「 悪 ら し き も の 」 ( 文 芸 ) 。 四 月 、 「 空 間 編 の 小 説 を 書 い て い る が 、 発 表 月 は い ず れ も 不 明 。 の 犯 罪 」 ( 別 冊 小 説 新 潮 ) 。 「 勧 善 懲 悪 に つ い て 」 ( 表 現 ) 。 五 月 、 「 誰 昭 和 ニ 十 ニ 年 ( 一 九 四 七 ) 三 十 五 歳 が 」 ( 新 潮 ) 。 「 女 帝 遺 書 」 ( 新 小 説 ) 。 「 廃 園 の 女 」 ( 別 冊 文 藝 春 秋 ) 。 一 月 、 「 杜 甫 の 酒 」 ( 現 代 俳 句 ) 。 「 淫 女 と 豪 傑 」 ( 象 徴 ) 。 「 人 間 臭 と 八 月 、 「 約 東 の 身 体 」 ( 中 央 公 論 ) 。 「 冷 い 火 陷 」 ( 女 性 線 ) 。 九 月 、 人 間 ば な れ 」 ( 群 像 ) 。 三 月 、 「 賈 宝 玉 と ビ エ ー ル 」 ( リ ア ル ) 。 四 月 、 「 夜 の 虹 」 ( 人 間 ) 。 「 恐 怖 症 」 ( 近 代 文 学 ) 。 十 月 、 「 日 蝕 と 桜 の こ 「 審 判 」 ( 批 評 ) 。 六 月 、 「 秘 密 」 ( 象 徴 ) 。 八 月 、 「 蝮 の す え 」 ( 進 路 ↓ ろ 」 ( 群 像 ) 。 「 海 肌 の 匂 い 」 ( 展 望 ) 。 「 未 来 の 淫 女 」 ( 別 冊 文 藝 春 十 月 ) 。 九 月 、 「 渺 茫 た る ユ 氏 」 ( 中 国 文 学 四 ) 。 十 月 、 北 海 道 大 学 法 文 秋 ) 。 十 一 月 、 「 血 と 米 の 物 語 」 ( 風 雪 ) 。 「 不 明 な 事 件 」 ( 文 学 界 ) 。 三 十 八 歳 学 部 助 教 授 と な り 、 「 中 国 文 学 に お け る 伝 統 と 革 新 の 問 題 」 を 講 義 昭 和 ニ 十 五 年 ( 一 九 五 〇 ) い そ の か み

相対性コム デ ギャルソン論 なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか


論 考 小 澤 京 子 わ れ る 。 前 述 の ゴ ル チ ェ の 例 と 同 様 に 、 こ こ で も 女 性 的 身 体 の 強 調 が 一 種 の 攻 撃 性 を 帯 び る こ と と な る 。 ヴ ァ ル 、 不 ラ ブ ル で は な く 、 ア グ レ ッ シ ヴ な セ ク シ ー さ と で も = = 日 つ べ き だ ろ - つ か 。 同 じ く び れ た ウ エ ス ト と 膨 ら ん だ ヒ ッ プ で あ っ て も 、 た と え ば ヴ ィ ク ト リ ア 時 代 の コ ル セ ッ ト や バ ッ ス ル が 形 成 し た 女 性 身 体 と で は 、 発 せ ら れ る メ タ ・ メ ッ セ ー ジ が 正 反 対 な の で あ る 。 ギ ャ ル 系 も ま た 、 た と え ば 身 体 の 露 出 度 の 高 さ や 、 装 飾 性 の 過 剰 さ ( メ イ ク や 髪 型 や ネ イ ル ・ デ コ レ ー シ ョ ン な ど を 「 盛 る 」 こ と ) を 競 い 合 う 傾 向 に お い て は 、 ア グ レ ッ シ ヴ に 「 女 、 で あ ろ う と す る フ ァ ッ シ ョ ン ・ ト ラ イ ブ と 言 っ て よ い 。 彼 女 た ち は ま た 、 痩 身 の 規 範 化 が も た ら し う る 摂 食 障 害 の 危 険 性 に 対 し て 、 社 会 的 認 知 が 広 ま っ た 現 在 に お い て す ら 、 悲 劇 的 な ま で に 身 体 コ ン ト ロ ー ル を 行 な う こ と を 志 向 す る ト ラ イ ブ で も あ る 。 ギ ャ ル 雑 誌 に 登 場 す る 読 者 モ デ ル た ち は 、 体 重 -*b.o 台 が 売 り で あ り 、 医 学 的 に 見 れ ば 標 準 体 重 以 下 の 数 値 か ら 「 根 性 で 」 短 期 間 で 大 量 減 量 し た エ ピ ソ ー ド が し ば し ば 美 談 と し て 取 り 上 げ ら れ る 。 美 容 整 形 に 抵 抗 が な い ( む し ろ 、 あ か ら さ ま に 整 形 す る こ と を 厭 わ な い ) の も ま た 、 彼 女 た ち の 特 徴 で あ ろ う 。 彼 女 た ち に 顕 著 な 特 徴 は 、 イ ン テ リ が ヤ ン キ ー に 象 徴 さ れ る 「 野 蛮 さ 」 に 抱 き が ち な 幻 想 と は 異 な り 、 『 小 悪 魔 ア ゲ ハ 』 【 図 ー 】 の 看 板 モ デ ル で あ っ た 上 ノ 宮 絵 理 沙 が 端 的 に 体 現 し て い る よ う な 、 晩 年 の マ イ ケ ル ・ ジ ャ ク ソ ン に 近 い フ リ ー ク ス 的 な 身 体 、 あ る い は そ の よ う な 怪 物 性 に 帰 結 し か ね な い 身 体 コ ン ト ロ ー ル へ の 強 迫 観 念 で あ る よ う に 思 わ れ る 。 生 物 学 的 に も ジ ェ ン ダ ー と し て も 「 女 性 」 で あ る こ と を 順 接 的 に 再 演 す る 戦 略 と し て は 、 「 少

新潮【第百十四巻第一号】


遠 藤 周 作 フ ェ ア 新 人 間 の 弱 さ 、 哀 し み を 文 学 に 昇 華 さ せ た 作 家 月 光 の ド ミ ナ オ ' 十 一 の 色 硝 子 大 変 だ ア ビ エ ロ の 歌 フ ァ ー ス ト レ デ ィ 私 の 愛 し た 小 説 書 店 で 入 手 困 難 の 名 作 が 、 あ な た の ご 注 文 で 真 新 し い 一 冊 と し て 甦 り ま す ! 2800 円 深 々 と 心 に 刻 ま れ る 生 の 断 片 を 描 い た ⅱ 話 。 3800 円 男 性 の 女 性 化 、 女 性 上 位 の 世 相 を 描 く 諷 刺 小 説 。 5000 円 青 舂 の 気 負 い と 挫 折 、 美 し さ と 哀 し み を 描 く 。 ( 上 ・ 下 ) 第 ( 上 )3000 円 ( 下 ) 2900 円 議 員 の 家 系 の 百 合 子 と 医 師 を め ざ す 愛 子 の 戦 後 。 3300 円 文 学 と 宗 教 に つ い て 熱 く 語 っ た 長 編 工 ッ セ イ 。 ■ 造 本 ・ 体 載 四 六 変 型 判 ( 天 地 191 ミ リ >< 左 右 133 ミ リ ) 三 方 断 ち 切 り 表 紙 / 本 文 9.5 ボ 43 字 X18 行 オ ン デ マ ン ド 用 に 大 き な 文 字 を 使 い 、 ゆ っ た り と 読 み や す い 行 間 で 本 文 を 組 み ま し た 。 書 体 は 通 常 の 本 と 同 じ 大 日 本 印 刷 の 秀 英 明 朝 体 を 使 用 。 異 体 字 や 旧 字 、 ル ピ な ど も 正 確 に 表 現 さ れ ま す 。 軽 い 造 本 な の で 、 片 手 で も 読 め ま す 。 ー 表 示 の 価 格 に は 消 費 税 が 含 ま れ て お り ま せ ん 。 新 潮 社 ご 注 文 方 法 ・ イ ン タ ー ネ ッ ト で の ご 注 文 ( お 支 払 方 法 : ク レ ジ ッ ト カ ー ド ま た は 代 引 き ) LJRL : http: ″ www.rakuten.co.jp/shosai/ ・ お 電 話 で の ご 注 文 ( お 支 払 方 法 : 代 引 き の み ) 03-3266-5130 ( 営 業 時 間 : 平 日 1 0 時 ~ 12 時 1 3 時 ~ 17 時 ) ・ オ ン デ マ ン ド ブ ッ ク ス は 書 店 で の 取 扱 は こ ざ い ま せ ん 。 受 注 製 本 の た め 上 記 い ず れ か の 方 法 に て お 申 込 く だ さ い 。 ・ ご 注 文 い た だ い た 本 は 印 刷 ・ 製 本 の 上 、 1 0 日 ほ ど で 宅 急 便 に て お 届 け い た し ま す 。 な お 、 発 送 人 は 【 大 日 本 印 刷 「 ウ ェ ブ の 書 斎 」 事 務 局 】 に な り ま す 。 ・ く 代 引 き 〉 の 場 合 、 代 金 の ほ か “ 代 引 き 手 数 料 ″ と し て 400 円 ( 税 込 ) か か り ま す の で こ 注 意 く だ さ い 。 2 れ

小説新潮 2017年1月号


遠 藤 周 作 フ ェ ア 人 間 の 弱 さ 、 哀 し み を 文 学 に 昇 華 さ せ た 作 家 月 光 の ド ミ ナ 2800 円 ( 十 一 の 色 硝 子 深 々 と 心 に 刻 ま れ る 生 の 断 片 を 描 い た ⅱ 話 。 大 変 だ 3300 円 男 性 の 女 性 化 、 女 性 上 位 の 世 相 を 描 く 諷 刺 小 説 。 《 工 ロ の 歌 5000 円 青 舂 の 気 負 い と 挫 折 、 美 し さ と 哀 し み を 描 く 。 フ ァ ー ス ト レ デ ィ ( 上 ・ 下 ) ( 上 ) 3000 円 ( 下 ) 2900 円 議 員 の 家 系 の 百 合 子 と 医 師 を め ざ す 愛 子 の 戦 後 。 私 の 愛 し た 小 説 3300 円 文 学 と 宗 教 に つ い て 熱 く 語 っ た 長 編 工 ッ セ イ 。 四 六 変 型 判 ( 天 地 191 ミ リ x 左 右 133 ミ リ ) ■ 造 本 ・ 体 載 三 方 断 ち 切 り 表 紙 / 本 文 9.5 ポ 43 字 X18 行 オ ン デ マ ン ド 用 に 大 き な 文 字 を 使 い 、 ゆ っ た り と 読 み や す い 行 間 で 本 文 を 組 み ま し た 。 書 体 は 通 常 の 本 と 同 じ 大 日 本 印 刷 の 秀 英 明 朝 体 を 使 用 。 異 体 字 や 旧 字 、 ル ビ な ど も 正 確 に 表 現 さ れ ま す 。 軽 い 造 本 な の で 、 片 手 で も 読 め ま す 。 書 店 で 入 手 困 難 の 名 作 が 、 あ な た の ご 注 文 で 真 新 し い 一 冊 と し て 甦 り ま す ! ■ 表 示 の 価 格 に は 消 費 税 が 含 ま れ て お り ま せ ん 。 新 潮 社 ・ イ ン タ ー ネ ッ ト で の ご 注 文 ( お 支 払 方 法 : ク レ ジ ッ ト カ ー ド ま た は 代 引 き ) URL : http: ″ www.rakuten.00.jp/shosai/ ・ お 電 話 で の ご 注 文 ( お 支 払 方 法 : 代 引 き の み ) 03-3266-5130 ( 営 業 時 間 : 平 日 10 時 ~ 12 時 1 3 時 ~ 17 時 ) ・ オ ン デ マ ン ド ブ ッ ク ス は 書 店 で の 取 扱 は ご ざ い ま せ ん 。 受 注 製 本 の た め 上 記 い ず れ か の 方 法 に て お 申 込 く だ さ い 。 ・ こ 注 文 い た だ い た 本 は 印 刷 ・ 製 本 の 上 、 1 0 日 ほ ど で 宅 急 便 に て お 届 け い た し ま す 。 な お 、 発 送 人 は 【 大 日 本 印 刷 「 ウ ェ ブ の 書 斎 」 事 務 局 】 に な り ま す 。 ・ く 代 引 き 〉 の 場 合 、 代 金 の ほ か 物 代 引 き 手 数 料 ″ と し て 400 円 ( 税 込 ) か か り ま す の で こ 注 意 く だ さ い 。 ご 注 文 方 法 237