検索 - みる会図書館

検索対象: 新潮【第百十四巻第一号】

新潮【第百十四巻第一号】から 307件ヒットしました。

新潮【第百十四巻第一号】


遠 藤 周 作 フ ェ ア 新 人 間 の 弱 さ 、 哀 し み を 文 学 に 昇 華 さ せ た 作 家 月 光 の ド ミ ナ オ ' 十 一 の 色 硝 子 大 変 だ ア ビ エ ロ の 歌 フ ァ ー ス ト レ デ ィ 私 の 愛 し た 小 説 書 店 で 入 手 困 難 の 名 作 が 、 あ な た の ご 注 文 で 真 新 し い 一 冊 と し て 甦 り ま す ! 2800 円 深 々 と 心 に 刻 ま れ る 生 の 断 片 を 描 い た ⅱ 話 。 3800 円 男 性 の 女 性 化 、 女 性 上 位 の 世 相 を 描 く 諷 刺 小 説 。 5000 円 青 舂 の 気 負 い と 挫 折 、 美 し さ と 哀 し み を 描 く 。 ( 上 ・ 下 ) 第 ( 上 )3000 円 ( 下 ) 2900 円 議 員 の 家 系 の 百 合 子 と 医 師 を め ざ す 愛 子 の 戦 後 。 3300 円 文 学 と 宗 教 に つ い て 熱 く 語 っ た 長 編 工 ッ セ イ 。 ■ 造 本 ・ 体 載 四 六 変 型 判 ( 天 地 191 ミ リ >< 左 右 133 ミ リ ) 三 方 断 ち 切 り 表 紙 / 本 文 9.5 ボ 43 字 X18 行 オ ン デ マ ン ド 用 に 大 き な 文 字 を 使 い 、 ゆ っ た り と 読 み や す い 行 間 で 本 文 を 組 み ま し た 。 書 体 は 通 常 の 本 と 同 じ 大 日 本 印 刷 の 秀 英 明 朝 体 を 使 用 。 異 体 字 や 旧 字 、 ル ピ な ど も 正 確 に 表 現 さ れ ま す 。 軽 い 造 本 な の で 、 片 手 で も 読 め ま す 。 ー 表 示 の 価 格 に は 消 費 税 が 含 ま れ て お り ま せ ん 。 新 潮 社 ご 注 文 方 法 ・ イ ン タ ー ネ ッ ト で の ご 注 文 ( お 支 払 方 法 : ク レ ジ ッ ト カ ー ド ま た は 代 引 き ) LJRL : http: ″ www.rakuten.co.jp/shosai/ ・ お 電 話 で の ご 注 文 ( お 支 払 方 法 : 代 引 き の み ) 03-3266-5130 ( 営 業 時 間 : 平 日 1 0 時 ~ 12 時 1 3 時 ~ 17 時 ) ・ オ ン デ マ ン ド ブ ッ ク ス は 書 店 で の 取 扱 は こ ざ い ま せ ん 。 受 注 製 本 の た め 上 記 い ず れ か の 方 法 に て お 申 込 く だ さ い 。 ・ ご 注 文 い た だ い た 本 は 印 刷 ・ 製 本 の 上 、 1 0 日 ほ ど で 宅 急 便 に て お 届 け い た し ま す 。 な お 、 発 送 人 は 【 大 日 本 印 刷 「 ウ ェ ブ の 書 斎 」 事 務 局 】 に な り ま す 。 ・ く 代 引 き 〉 の 場 合 、 代 金 の ほ か “ 代 引 き 手 数 料 ″ と し て 400 円 ( 税 込 ) か か り ま す の で こ 注 意 く だ さ い 。 2 れ

新潮【第百十四巻第一号】


た 。 一 文 字 一 文 字 か ら 、 あ る い は 行 間 か ら 、 は っ き り と 彼 女 自 身 の 姿 が 立 ち 上 っ て く る 。 目 で 追 う 文 字 は 、 そ の ま ま 私 の 頭 の 中 で 、 彼 女 の 甘 い 声 と な っ て 響 い た 。 彼 女 の 息 吹 が 耳 元 に か か る よ う に 思 え た 。 こ ん な に も 彼 女 の 存 在 を 生 々 し く 感 じ た こ と は 、 こ れ ま で に な い 。 生 身 の 彼 女 に 触 れ た 、 と い う 感 覚 。 短 い 文 章 の な か に 、 彼 女 の 魂 が 、 は っ き り と 躍 動 し て い る 。 そ し て 、 お こ が ま し い 言 い 方 を 許 し て も ら え る な ら ば 、 彼 女 は や は り 、 私 が 思 っ た と お り の 彼 女 で あ っ た 。 鋭 い 批 判 精 神 、 皮 肉 屋 さ ん の 一 面 、 温 か な 心 、 豊 か な 知 性 、 未 来 を 切 り 拓 こ う と い う 前 向 き な 姿 勢 、 混 乱 す る 社 会 の な か に あ っ て 、 決 し て 自 分 を 見 失 わ ず に い る 意 志 の 強 さ と 自 立 し た 精 神 : : : 。 短 い 文 章 の な か に 、 彼 女 の 人 と な り の す べ て が 詰 ま っ て い る 。 見 事 な ほ ど に 。 書 か れ た の は 、 敗 戦 の 混 乱 が 続 く 昭 和 二 十 一 年 の 秋 。 ち ょ う ど 今 か ら 七 十 年 前 の こ と だ 。 戦 争 に 負 け て 人 々 の 心 は す さ み 、 時 代 の 大 き な 転 換 期 を 迎 え て 社 会 は 混 乱 し き っ て い た 。 初 め に 紹 介 さ れ る 三 つ の エ ピ ソ ー ド は 、 い ず れ も 車 中 で 彼 女 が 実 際 に 見 聞 き し た 光 景 で あ ろ う 。 実 は こ う い っ た と こ ろ に も 、 原 節 子 の 原 節 子 ら し さ が 現 れ て い る 。 と い う の も 、 彼 女 は ト ッ プ 女 優 で あ り な が ら 、 絶 対 に 自 動 車 は 使 わ ず 、 電 車 と 徒 歩 で 撮 影 所 通 い す る こ と を 自 分 に 課 し た 人 だ っ た か ら だ 。 運 転 手 つ き の 自 家 用 車 で 、 あ る い は 進 駐 軍 の 将 校 に 送 り 迎 え さ せ る 女 優 た ち を 横 目 に 、 彼 女 は 戦 後 の 混 乱 期 も 、 こ う し た 姿 勢 を 頑 な な ま で に 貫 く 。 圧 死 者 が 出 そ う な 満 員 電 車 に 揺 ら れ 、 横 浜 の 自 宅 と 世 田 谷 郊 外 の 東 宝 撮 影 所 を 往 復 し た 。 電 車 に の れ ば 、 周 囲 か ら な め る よ う に 見 ら れ 、 聞 え よ が し に 刀 囃 さ れ る こ と も あ っ た ろ う 。 そ れ で も 、 彼 女 は 平 然 と 文 庫 本 を 広 げ て 読 み ふ け り 、 無 遠 慮 な 視 線 や 声 を 無 視 し 続 け た 。 彼 女 は ま た 、 付 き 人 を 持 た ぬ 女 優 で も あ っ た 。 通 常 、 女 優 は 付 き 人 に 自 分 の 荷 物 を 持 た せ 、 お 茶 を 人 れ さ せ 、 身 の 回 り の 世 話 を さ せ る 。 ま る で 権 勢 を 誇 示 す る か の よ う に 。 そ ん な 映 画 界 の 風 潮 を 原 節 子 は 嫌 悪 し 、 自 分 の こ と は 自 分 で し た 。 だ か ら 電 車 で の 行 き 帰 り も 、 常 に ひ と り 。 な る べ く 市 井 の 人 と 同 じ よ う な 生 活 を し た い 、 し な け れ ば い け な い と 考 え て い た か ら だ 。 そ ん な 彼 女 だ か ら こ そ 、 「 手 帖 抄 」 に あ る よ う な 何 気 な い 光 景 を 目 に し 、 そ れ を 自 分 の 頭 と 心 で 咀 嚼 す る 、 と い う 習 慣 を 持 っ こ と も で き た の だ ろ う 。 そ れ に し て も 、 彼 女 が 書 く エ ピ ソ ー ド は 、 な ん と 目 に 鮮 や か に 浮 か ん で く る こ と か 。 満 員 電 車 の 中 、 赤 ん 坊 が 泣 き 出 し 、 男 た ち は 母 親 に 怒 声 を 浴 び せ る 。 殺 伐 と し た 車 内 の 空 気 。 そ こ へ 男 た ち を 一 喝 す る 、 迫 力 あ る ひ と 声 が 響 く 。 原 節 子 は 、 そ れ を こ う 表 現 し て い る 。 「 三 軍 を 叱 咤 す る 烈 々 た る 気 魄 に 充 ち て ゐ た 」 と 。 途 端 に 男 た ち は 押 し 黙 る 。 赤 ん 坊 を 抱 え た 母 親 に は 居 丈 高 に 出 て 、 自 分 よ り も 強 そ う な 男 の 前 に は 、 シ ュ ン と な る 。 弱 い も の に は 強 く 、 強 い も の に は 弱 い 。 そ ん な 情 け な い 男 た ち の 習 性 を 、 彼 女 は さ ら り と 皮 肉 と ュ ー モ ア を 込 め て 書 く 。 あ る い は 、 座 席 の 布 を ナ イ フ で 切 り 取 り 、 自 分 の 靴 を 磨 く 青 年 と 、 そ れ を 笑 っ て み て い る 若 い 女 性 の 姿 。 青 年 も 娘 も 、 悪 人 や 不 良 と い っ た 風 情 で は な く 、 ど こ に で も い そ う な 若 者 た ち な

新潮【第百十四巻第一号】


は 薄 い が ロ 角 が 広 く 、 目 鼻 は 薄 く 小 振 り だ っ た 。 体 も 細 身 だ だ と か 強 盗 だ と か の 被 害 は な か っ た し 、 そ も そ も 私 の 部 屋 に っ た が 顔 も 細 面 で 、 そ れ で も 頬 の あ た り に は ほ ん の 少 し ゆ と 限 ら ず こ こ の 住 民 の 部 屋 に 金 目 の も の が な さ そ う な の は 、 古 り が あ っ て 、 指 で 押 せ ば 弾 力 を も っ て 柔 ら か く 沈 み 、 指 先 を び て 冴 え な い 建 物 の 外 見 で 想 像 が つ い た 。 跳 ね 返 し そ う だ っ た 。 ス ト レ ー ト の 長 い 髪 の 毛 は 真 っ 黒 か 、 前 の 道 は 八 年 前 か ら さ し て 変 化 は な い が 、 向 か い は 何 年 か 暗 い 茶 色 で 、 横 向 き の 顔 の 上 か ら 肩 の 下 へ と 流 れ 落 ち て い 前 に 古 い 家 が 取 り 壊 さ れ て 、 元 は 一 軒 分 だ っ た 土 地 に 新 し い 一 軒 家 が 三 軒 建 っ た 。 取 り 壊 し が 地 震 や 地 震 に よ る 被 害 と 関 八 年 も の 間 自 宅 に 女 性 が 立 ち 人 ら な か っ た の だ か ら 、 私 が 係 あ っ た の か は 知 ら な い が 、 二 〇 一 一 年 の 地 震 の 時 、 元 の 古 ふ だ ん こ ん な ふ う に 女 の 人 の 顔 を 間 近 で じ っ く り 見 る こ と な い 家 は 道 沿 い の プ ロ ッ ク 塀 が 崩 れ そ う に 歪 み 、 取 り 壊 し は そ ど 、 あ る は ず が な か っ た 。 薄 く 化 粧 を し て い る ら し い 肌 は き れ か ら あ ま り 間 も な い 時 期 だ っ た よ う に 思 う 。 新 し い 三 軒 は れ い だ っ た が 、 こ め か み や 口 元 の あ た り に は し み と も し わ と ど れ も 建 売 り だ っ た 。 い ず れ も 若 い 夫 婦 が 住 ん で い る ら し も っ か な い 、 な ん と な く 疲 れ て く す ん だ よ う な 感 じ が わ ず か 、 子 ど も も 全 部 で 四 人 い て 、 ど の 子 が ど の 家 の 子 か ま で は に 見 て と れ た 。 そ れ は 勝 手 に 人 の 寝 顔 を 観 察 し て い た 罪 悪 感 は っ き り 知 ら な い が 、 休 み の 日 な ど は 前 の 道 で み ん な 集 っ て を 少 し 軽 減 さ せ 、 こ の 状 況 に ざ わ っ き つ つ あ っ た 私 の 気 持 ち 遊 ん で い た り し た 。 今 は ど の 家 も 明 か り が 消 え て い た 。 を 少 し 落 ち 着 か せ た 。 煙 草 を 消 し て 部 屋 に 戻 り 、 ま た 腰 を 下 ろ し て 焼 酎 を 飲 み な 私 は テ ー プ ル の 上 の 灰 皿 を 引 き 寄 せ 、 煙 草 に 火 を つ け た が ら 女 の 顔 を 見 た 。 女 は 起 き そ う に な か っ た 。 朝 ま で 何 も 掛 が 、 女 が 居 酒 屋 で 煙 草 を 吸 っ て い な か っ た の を 思 い 出 し て 、 け ず に 寝 た ら 風 邪 を ひ く か も し れ な い 。 し か し 女 が そ の 上 に 窓 を 開 け て べ ラ ン ダ に 出 た 。 寝 て い る 掛 け 布 団 、 水 を こ ぼ し た の で 少 し 濡 れ て い る そ の 布 酔 っ て い た せ い か 部 屋 で は 暖 房 を つ け て い な く て も 寒 く な 団 以 外 、 こ の 部 屋 に 余 分 な 布 団 な ど な か っ た 。 体 の 下 の 布 団 か っ た が 、 十 一 月 に 人 っ て さ す が に 深 夜 の 外 気 は 冷 た か っ を 掛 け て や ろ う と す る な ら ば 、 女 の 体 を 起 こ す か 、 ご ろ り と た 。 私 の 部 屋 は 一 階 に あ っ て 、 狭 い べ ラ ン ダ か ら は 前 の 道 が 押 し 転 が す か し て 、 布 団 を 引 き 抜 か ね ば な ら ず 、 そ ん な こ と 見 え た 。 道 路 か ら い く ら か 高 さ は あ る も の の 、 の ぼ っ て こ よ を し て 急 に 目 を 覚 ま さ れ て 変 に 誤 解 を さ れ た ら 困 る 。 部 屋 の 壁 に は カ レ ン ダ ー と 時 計 ぐ ら い し か 架 け て お ら ず 、 う と 思 え ば 簡 単 に の ぼ っ て こ ら れ る べ ラ ン ダ は 、 防 犯 上 は 不 用 心 で 、 だ か ら だ ろ う 全 部 で 四 室 あ る 二 階 建 て の ア 。 ハ ー ト は 家 具 も 少 な い の で 白 い 壁 の 見 え る 面 積 は 広 い 。 壁 際 に 置 か れ 私 含 め て み な 独 身 の 男 性 が 住 ん で い た 。 八 年 住 ん で い る 私 が て い る の は 三 段 重 ね た 衣 装 ケ ー ス と 低 い 小 さ な 書 棚 、 。 ハ ソ コ い ち ば ん 古 株 の は ず だ が 、 特 に こ れ ま で こ の ア 。 ハ ー ト で 空 巣 ン と 小 物 を 乗 せ た 壁 際 の ロ ー テ ー プ ル 、 あ と は べ ッ ド と 、 食

新潮【第百十四巻第一号】


「 紳 士 は 「 善 」 を 知 っ て ゐ る と 云 へ よ う 。 け れ ど も 「 善 」 を 行 へ な い た ぐ ひ で あ ら う 」 と 記 し て 「 紳 士 」 の 言 動 に 釘 を 刺 す 。 何 か を 知 る こ と と そ れ を 行 う こ と の 違 い に 執 着 す る 。 「 紳 士 が ど の よ う な 表 情 を し て い る の か を 明 ら か に し な い ま ま 「 い か に も 罵 倒 的 に 」 と い う ト 書 き 風 の 言 葉 を 挿 人 す る こ と で 、 「 紳 士 」 づ ら し た 男 を 強 く 非 難 し て い る 。 こ の 第 一 二 シ ー ン に は 、 女 優 ・ 原 節 子 が そ れ ま で 見 せ た こ と の な い 怒 り が 表 れ て い る 。 こ こ ま で の シ ー ン が す べ て 「 わ た し 」 の 体 験 を も と に し た 目 撃 談 で あ る の に 対 し て 、 第 四 シ ー ン で は 、 あ る 会 社 が 募 集 し た 「 ミ ス ・ ニ ッ ポ ン 」 に 関 す る 感 想 が 綴 ら れ て い る 。 「 商 業 政 策 」 の コ ン テ ス ト と し て 「 ミ ス ・ ニ ッ ポ ン 」 が 実 施 さ れ て い る こ と に 憤 っ た 「 わ た し 」 は 、 「 人 間 と し て 申 分 の な い 人 を 撰 ぶ と い ふ こ と は 金 儲 け に な ら な い こ と な の 」 だ ろ う と 嫌 味 を い い 、 朝 日 新 聞 社 が 開 催 し て い る 「 健 康 児 」 表 彰 の よ う な 企 画 を も っ と 実 施 す べ き だ と 訴 え る 。 そ し て 、 ま た し て も シ ー ン の 最 後 に 「 容 貌 容 姿 の 美 し さ を 主 条 件 と す る zo ・ 1 を 撰 ぶ と い ふ こ と は 、 文 化 の 水 準 を 高 め る い と な み と は 云 へ な い 。 企 画 者 も そ れ を よ く 知 っ て ゐ る に ち が ひ な い が 」 と い う 皮 肉 め い た コ メ ン ト を 人 れ る 。 当 時 の 原 節 子 は 、 「 幾 ら 讃 め す ぎ て も 讃 め た り な い 。 か う い ふ 女 が 吾 々 の 種 族 の あ ひ だ か ら 生 れ て 来 た こ と が 、 す で に 吾 々 に と っ て 不 思 議 で あ る 。 奇 蹟 の 感 を 与 へ る 。 / 彼 女 の 美 し さ は 、 世 の 常 の も の で は な い 。 そ れ は 、 女 の 上 に つ ね に 美 を 索 め な が ら 彷 徨 を つ づ け る 男 の 胸 に 、 永 遠 の 憧 憬 を 喚 び お こ す の だ 」 ( 「 原 節 子 設 計 」 、 『 近 代 映 画 』 一 九 四 六 年 一 二 月 号 ) と 絶 賛 さ れ る 存 在 だ っ た 。 多 く の フ ァ ン に と っ て 彼 女 の 最 大 の 魅 力 は 類 い 稀 な る 「 容 貌 容 姿 の 美 し さ 」 に あ っ た 。 だ が 、 こ こ で は 自 ら が 「 容 貌 容 姿 の 美 し さ 」 を 競 わ せ る 「 商 業 政 策 」 を 批 判 し 、 「 文 化 の 水 準 ー を 高 め る こ と の 必 要 性 を 謳 っ て い る 。 そ れ は 「 容 貌 容 姿 の 美 し さ 」 で 評 価 さ れ て き た 自 分 自 身 の 存 在 意 義 を 問 い 直 す こ と に も つ な が る は ず で あ る 。 彼 女 は な ぜ 「 ミ ス ・ ニ ッ ポ ン 」 を 引 き 合 い に 「 文 化 の 水 準 」 を 語 ろ う と し た の か ? 答 え は 続 く 第 五 シ ー ン を 読 む こ と で 明 ら か に な る 。 そ こ に は 他 の 文 章 で は 見 る こ と の で き な い 原 節 子 が い る 。 何 物 に も 臆 す る こ と な く 、 か く あ る べ き 日 本 を 堂 々 と 語 る 姿 が あ る 。 ェ ッ セ イ の 後 半 に お け る 原 節 子 は 、 「 民 族 」 と し て の 日 本 人 、 お よ び 日 本 人 が 築 い た 「 国 」 と し て の 日 本 を 問 題 に し て い る 。 わ ざ わ ざ 「 敗 戦 前 の 日 本 人 は 、 日 本 人 自 身 を お め で た い ほ ど 高 く 評 価 し て ゐ た 。 日 本 と い ふ 国 は 世 界 無 比 の 国 で あ り 、 日 本 人 は 世 界 で 最 も 優 秀 な 民 族 で あ る と 考 へ 、 自 惚 れ て ゐ た 」 と 語 る の は 、 こ こ で 問 題 化 し て い る こ と が 「 民 族 」 と し て の 誇 り や 矜 持 に 関 わ る こ と を 示 す た め で あ る 。 彼 女 が 求 め て い る の は 、 経 済 復 興 、 社 会 の 構 造 改 革 、 自 由 と 民 主 主 義 の 浸 透 と い っ た の 占 領 政 策 に 連 な る 「 日 本 再 建 」 で は な く 、 「 文 化 の 水 準 」 に お い て 日 本 人 が 日 本 人 で あ る こ と に 自 信 を も っ こ と に 他 な ら な い の で あ る 。 こ の 「 手 帖 抄 」 が 発 表 さ れ た の は 、 日 本 国 憲 法 が 公 布 さ れ 、 国 民 主 権 、 基 本 的 人 権 の 尊 重 、 平 和 主 義 が 掲 げ ら れ た 直 後 で あ る 。 女 性 に 関 し て い え ば 「 参 政 権 賦 与 に よ る 日 本 婦 人 の 解 放 」 を 明 記 す る マ ッ カ ー サ ー 指 令 に よ っ て 女 性 の 政 治 的 ・ 社 会 的 権 利 が 認 め ら れ る よ う に な っ た 時 期 で も あ る 。 だ か ら こ そ 「 手 帖 23 イ

新潮【第百十四巻第一号】


い だ ろ う か 。 筆 者 が 文 芸 の 月 評 を 担 当 し た の は 一 九 九 三 — 一 一 ッ チ ン 」 で 一 気 に 広 ま り 始 め た 「 平 成 ロ 語 体 」 の 源 流 が 、 谷 〇 〇 三 年 で あ り 、 谷 川 の 沈 黙 し て い た 期 間 と ほ ぼ 重 な り 、 こ 川 俊 太 郎 の 『 夜 中 に 台 所 で ぼ く は き み に 話 し か け た か っ た 』 の 詩 人 を 取 材 す る 機 会 は な い ま ま だ っ た 。 月 評 の 経 験 を ま と に あ っ た こ と に 、 今 頃 よ う や く 思 い 当 た っ た の が 情 け な い 。 め た 『 現 代 日 本 の 小 説 』 ( 〇 七 年 、 ち く ま プ リ マ ー 新 書 ) の プ ロ 九 〇 年 代 半 ば か ら 世 紀 末 に か け 、 文 壇 で も さ ま ざ ま な 出 来 ロ ー グ に は 、 こ ん な こ と を 書 い た 。 事 が 起 こ り 、 個 々 の 作 家 ら の 創 造 力 に 任 せ た 小 説 の 誕 生 を 阻 〈 日 本 近 代 文 学 は 終 わ っ た 、 文 学 史 も 完 結 し た ー ー 作 家 、 批 ん で い た 。 出 版 界 は 九 六 年 に 総 売 り 上 げ の ピ ー ク に 達 す る 評 家 、 編 集 者 か ら 、 何 度 、 聞 か さ れ た こ と だ ろ う 。 ベ ス ト セ と 、 そ の 後 は 漸 減 が 現 在 ま で 止 ま っ て い な い 。 小 説 か ら ラ ー 小 説 は 出 て も 、 五 十 年 、 百 年 と 版 を 重 ね て い き そ う な 作 純 文 学 へ 旋 回 し 、 九 〇 年 に 『 文 学 部 唯 野 教 授 』 プ ー ム を 起 こ 品 が め つ き り 少 な く な っ た 、 時 代 の 流 れ を 見 定 め る 批 評 も ほ し た 筒 井 康 隆 は 九 一 一 一 年 九 月 、 高 校 の 国 語 教 科 書 に 掲 載 さ れ た と ん ど 出 て こ な い ー ー ・ ・ そ ん な 現 状 へ の 嘆 き で あ る 。 過 去 の 名 作 品 に 差 別 的 な 表 現 が あ る と 抗 議 を 受 け る と 、 自 由 に 小 説 が 作 も 次 々 に 絶 版 、 忘 却 が 始 ま っ て い る 〉 〈 政 治 と 文 学 が 熱 く 書 け な い 「 言 葉 狩 り 」 だ と し て 、 無 期 限 の 「 断 筆 宣 言 」 を 行 共 存 し て い た 季 節 も 忘 却 の 彼 方 と な っ た 。 新 人 賞 に 応 募 す る い 、 九 八 年 『 敵 』 ま で 長 編 を 発 表 し な か っ た 。 私 小 説 の 書 き 若 い 世 代 の 社 会 へ の 関 心 事 を 挙 げ れ ば 、 広 が る 所 得 格 差 、 高 手 は 底 を 打 っ た と 考 え ら れ て い た 頃 、 柳 美 里 が 『 石 に 泳 ぐ 齢 化 と 少 子 化 、 地 球 環 境 、 ク ロ ー ン 人 間 を も 可 能 に す る 科 学 魚 』 で 九 四 年 に デ ビ ュ ー す る が 、 書 い た モ デ ル の 女 性 か ら 名 技 術 、 そ れ よ り ま ず は 今 日 の 気 分 、 今 日 と 同 じ く ら い の 明 誉 毀 損 裁 判 な ど の 裁 判 を 起 こ さ れ 、 二 〇 〇 一 一 年 に 最 高 裁 で 出 日 、 来 年 の 、 そ こ そ こ に 充 実 し た 生 活 の 維 持 な の だ ろ う 。 そ 版 差 し 止 め が 確 定 し た 。 大 江 健 三 郎 は ノ ー ベ ル 賞 を 受 賞 し た れ で も 小 説 に 書 く べ き 何 か は あ る と い う の か 。 文 学 的 感 受 性 翌 九 五 年 に 『 燃 え あ が る 緑 の 木 』 三 部 作 を 完 結 さ せ た 後 、 九 の 表 現 と い う な ら 、 プ ロ グ で 気 の 済 む ま で 発 信 で き る し 、 人 九 年 の 『 宙 返 り 』 ま で 小 説 を 発 表 し な か っ た 。 日 本 人 作 家 の 気 サ イ ト の ア ク セ ス 数 は 、 す で に 文 芸 誌 の 販 売 部 数 と 比 較 に ノ ー ベ ル 賞 受 賞 は 同 世 代 の 作 家 ら に 徴 妙 な 失 望 感 を 広 げ 、 大 な ら な い ほ ど 大 き い 。 し か し 、 な お も 。 ハ ソ コ ン に 打 ち 込 ま れ 庭 み な 子 、 河 野 多 惠 子 ら は 明 ら か に 消 沈 し た 。 そ し て 村 上 春 る 横 書 き の 文 章 か ら 、 「 平 成 ロ 語 体 」 の 小 説 が 今 日 も 生 ま れ 、 樹 は 、 八 〇 年 代 半 ば に は 日 本 を 離 れ 、 ギ リ シ ャ や イ タ リ ア を 続 々 と 賞 に 選 ば れ 、 書 店 の 店 頭 に 新 刊 は 並 ぶ 〉 移 動 し な が ら 『 ノ ル ウ ェ イ の 森 』 を 完 成 さ せ る 。 九 〇 年 代 前 現 代 詩 に つ い て 『 現 代 日 本 の 小 説 』 で は ひ と 言 も 言 及 し て 半 に は 、 ア メ リ カ で 『 ね じ ま き 鳥 ク ロ ニ ク ル 』 の 創 作 に 集 中 い な い 。 そ の こ と に 異 議 も 寄 せ ら れ な か っ た 。 そ れ く ら い 詩 し て い た が 、 一 九 九 五 年 、 阪 神 大 震 災 と オ ウ ム サ リ ン 事 件 を と 小 説 は ま っ た く 別 の 道 を 歩 い て い た 。 昭 和 末 の 一 九 八 七 機 に も う 一 度 、 東 京 に 拠 点 を 戻 す 。 年 、 俵 万 智 の 『 サ ラ ダ 記 念 日 』 や 、 同 年 の 吉 本 ば な な 著 「 キ 詩 壇 同 様 、 文 壇 で も 世 代 交 代 が 一 気 に 進 ん だ 時 期 だ っ た 。 刀 8

新潮【第百十四巻第一号】


さ し は 絵 本 『 こ れ は の み の び こ 』 ( 和 田 誠 ・ 絵 ) を 谷 川 の 才 能 が あ っ て 、 仕 事 ぶ り が き れ い で 、 ロ あ た り の い い 感 じ 「 平 仮 名 仕 事 」 の 中 で も 重 要 な 作 品 だ と し な が ら 、 〈 一 行 ず つ が 、 じ つ に よ く 似 て ゐ る の だ 。 こ こ に は 、 明 確 で し か も 快 い 文 章 を 貼 り 合 せ て 行 き 、 そ れ が 十 五 行 繋 が っ た と き 、 全 体 が 言 葉 の 流 れ が あ る 。 詩 の 原 型 で あ る 甘 美 な も の を こ と も な げ た だ の 一 個 の 文 章 に お さ ま っ て し ま う と い う 魔 術 が 、 各 要 素 に 差 出 す 男 が ゐ る 。 さ ら に は 、 こ れ で も う ち ょ っ と 世 界 に 奥 間 の 結 び つ き が ゆ る く 、 ま た 各 要 素 の 取 り 外 し が き き 、 継 ぎ 行 が あ っ た ら ど ん な に す ば ら し い だ ら う と 思 は せ る と こ ろ 目 の 見 え る 日 本 語 の 膠 着 性 や 添 着 性 を 種 と も 仕 掛 け と も し て も 、 白 秋 そ っ く り だ と 言 っ て 置 か う か 〉 ( 『 快 楽 と し て の 読 書 い る 〉 。 〈 こ う し て 谷 川 の 、 平 仮 名 に よ る 仕 事 の 数 々 は 、 例 外 日 本 篇 』 ち く ま 文 庫 に 収 録 ) な く 読 者 を 日 本 語 の 成 り 立 っ て い る 大 も と の と こ ろ へ 連 れ て そ し て 、 い っ た ん 丸 谷 才 一 の よ う に 声 の 響 く 贔 屓 筋 が 名 乗 行 く 〉 。 そ の 上 、 〈 彼 は 「 詩 人 は 思 想 を 薔 薇 の 花 の よ う に 感 じ り を 上 げ る と 、 連 鎖 を 呼 ぶ 。 丸 谷 才 一 と 山 崎 正 和 の 一 一 〇 〇 一 一 さ せ な け れ ば な ら な い 」 ( ・ ・ エ リ オ ッ ト ) こ と を よ く 知 年 の 対 談 『 日 本 語 の 幻 世 紀 の た め に 』 で は 、 谷 川 が 主 に 執 筆 っ て い る 〉 ( 「 国 文 学 」 一 九 八 〇 年 十 月 号 ) 。 谷 川 の 日 本 語 に 関 す し て 大 岡 信 が 監 修 役 を 果 た し 、 安 野 光 雅 が 挿 絵 を 描 き 、 松 居 る 見 識 は 、 言 語 学 者 ロ ー マ ン ・ ヤ コ プ ソ ン と 比 肩 す る と 井 上 直 が 編 集 し て 福 音 館 書 店 か ら 出 版 し た 、 小 学 一 年 生 向 け の テ は 述 べ て い る 。 キ ス ト 『 に ほ ん ご 』 ( 一 九 七 九 年 ) に た つ ぶ り 言 及 し て い る 。 私 小 説 嫌 い の 丸 谷 才 一 の 場 合 は 、 お そ ら く 谷 川 の 詩 に 漂 「 丸 谷 さ ん に 教 え て い た だ く ま で こ の 教 科 書 の こ と を 知 ら な う 、 日 本 的 な 湿 り 気 の な い 抒 情 や ユ ー モ ア を 好 ん で い た だ ろ く て 、 ほ ん と う に 恥 ず か し い か ぎ り 」 と 山 崎 は ロ を 開 き 、 う が 、 そ の 氏 が 九 一 年 、 「 週 刊 朝 日 」 の 書 評 で 詩 集 『 女 に 』 「 こ と ば と か ら だ 」 の 項 に つ い て 、 文 章 自 体 が 詩 に な っ て い ( マ ガ ジ ン ハ ウ ス ) を 採 り 上 げ て 、 こ れ は 佐 野 洋 子 と の 〈 恋 の る 、 演 劇 の 技 法 に 即 し て 体 で 言 葉 を 感 じ る 訓 練 に な っ て い 共 同 体 の 作 品 だ 〉 と 讃 え 、 〈 特 筆 に 価 す る の は 、 こ の 恋 愛 詩 る 、 そ も そ も 「 に ほ ん ご 」 と い う 表 題 が 、 日 本 語 以 外 に も た 集 が 年 輩 の 男 女 の 恋 を 歌 ふ こ と で あ る 。 そ れ は 、 恋 は 青 春 の く さ ん の 言 葉 が あ っ て 、 日 本 語 は そ の 中 の 一 つ に す ぎ な い 、 俊 も の と い ふ 世 界 文 学 史 の 常 識 に 平 然 と し て 刃 向 ひ 、 現 代 日 本 し か し こ れ は 私 た ち の 言 葉 だ と い う 理 念 が 貫 か れ て い る 。 谷 の 現 実 を 取 上 げ る 〉 と 褒 め て い た の は 驚 き だ っ た 。 丸 谷 は こ 「 感 動 し ま し た 」 と 述 べ て い る 。 の 九 年 前 の 詩 集 『 日 々 の 地 図 』 ( 集 英 社 ) に 対 し て は 、 「 も う も う 一 人 だ け 紹 介 し て お く 。 詩 人 と し て 出 発 し た 池 澤 夏 樹 一 人 の 白 秋 」 と 題 し て 、 さ ら に 高 い 評 価 を あ た え て い た 。 は 、 近 作 の 詩 歌 を め ぐ る エ ッ セ ー 『 詩 の な ぐ さ め 』 に お い 受 〈 「 新 宿 哀 歌 」 と い ふ 詩 の 書 き 出 し だ が 、 こ ん な と こ ろ を 読 て 、 現 在 の 日 本 社 会 に お け る 谷 川 の 存 在 を 実 に 的 確 に 言 い 当 熱 む と 、 谷 川 俊 太 郎 は 戦 後 日 本 の 北 原 白 秋 な の だ と 改 め て 気 が て て い る 。 〈 世 間 に は 自 分 で 言 葉 に で き な い 人 の 方 が 圧 倒 的 つ く 。 白 秋 の 『 東 京 景 物 詩 』 の せ い で は な く 、 あ ふ れ る ほ ど に 多 い の だ か ら 誰 か が 代 表 を 勤 め な け れ ば な ら な い 。 右 代

新潮【第百十四巻第一号】


の だ ろ う 。 だ か ら こ そ 、 原 節 子 は そ こ に モ ラ ル の 崩 壊 の 、 根 の 深 さ を 感 じ た の か も し れ な い 。 満 員 電 車 で 座 席 に 腰 か け た 娘 さ ん が 、 赤 ん 坊 を 抱 い て 立 っ て い る 目 前 の 母 親 に 向 か っ て 親 切 心 か ら 、 赤 ん 坊 を 抱 っ こ さ せ て く れ と 申 し 出 る 。 す る と 、 隣 に 腰 か け て い た 「 紳 士 」 が 、 「 な ぜ 君 は 席 を 譲 ら な い の だ 」 と 娘 さ ん に 対 し て 激 怒 す る 。 自 分 は 座 席 に 腰 か け て 席 を 譲 る 気 は さ ら さ ら な く 、 説 教 を す る 紳 士 の 滑 稽 さ 。 原 節 子 の 風 刺 は 絶 妙 だ 。 「 紳 士 は 『 善 』 を 知 っ て ゐ る と 云 へ よ う 。 け れ ど も 『 善 』 を 行 へ な い た ぐ ひ で あ ら 原 節 子 は 映 画 の な か で 、 忍 従 に 堪 え 、 嫋 々 と し た 女 性 を 演 じ る こ と も 多 か っ た 。 そ う し た 役 柄 の イ メ ー ジ か ら 、 彼 女 自 身 が そ の よ う な 女 性 で あ っ た と 、 誤 解 さ れ て い る 向 き が あ る 。 だ が 、 実 際 の 彼 女 は 、 ず っ と 激 し い 気 性 の 持 ち 主 だ っ た 。 自 我 が 強 く 、 理 不 尽 な こ と に は 徹 底 し て 抗 い 、 「 生 意 気 」 だ と 評 さ れ て も 意 に 介 さ な か っ た 。 そ し て 、 男 に は 常 に 厳 し い 。 こ の エ ッ セ イ に は 、 そ う し た 彼 女 の 素 顔 も 見 え 隠 れ し て い 原 節 子 は 、 「 美 人 女 優 」 と 言 わ れ 続 け 、 今 も そ う 評 さ れ て い る 。 実 際 、 女 優 た ち の な か で も 彼 女 の 美 貌 は 際 立 っ て い た 。 と こ ろ が 、 そ れ を 彼 女 は 少 し も 誇 り と は し て い な い 。 む し ろ 、 恨 ん で い た よ う に さ え 思 え る 。 も と も と 、 彼 女 は 好 き で 女 優 に な っ た わ け で は な か っ た 。 教 師 に な る 夢 を 諦 め 、 家 計 を 助 け る た め 女 優 に な る よ う 、 周 り に 決 め ら れ て し ま っ た の だ 。 そ れ も 、 す べ て は 彼 女 が 美 し く 生 ま れ つ い て し ま っ た か ら だ っ た 。 映 画 界 に 人 り 、 世 間 を 知 っ て 、 男 た ち が 女 の 顔 や 身 体 つ き を 、 平 気 で 評 す る こ と に 、 女 が 外 見 だ け で 価 値 を 決 め ら れ る こ る 。 と に 、 原 節 子 は 疑 問 を 感 じ 、 嫌 悪 感 を 募 ら せ て い っ た 。 映 画 女 優 に と っ て 、 女 に と っ て 、 最 も 重 要 視 さ れ る こ と は 容 姿 な の か 。 そ れ は 本 人 の 努 力 や 、 人 間 性 と は ま る で 関 係 が な い 。 な ぜ 、 内 面 を 見 て も ら え な い の か 。 演 技 力 が 求 め ら れ な い の な ら 、 な ん と 女 優 と は 、 つ ま ら な い 職 業 な の か 、 と 。 自 分 の 美 に 対 す る 葛 藤 は 、 相 当 に 深 か っ た の だ ろ う 。 早 く 失 っ て し ま い た い と 思 っ て い た の か 。 他 の 女 優 た ち が 、 少 し で も 若 く 美 し く 見 せ た い と 、 化 粧 や 肌 の 手 人 れ に 費 や す さ ま を 冷 や や か に 見 下 し 、 わ ざ と 水 仕 事 や 海 水 浴 を し て 自 分 の 美 を ぞ ん ざ い に 扱 っ て み せ た 。 そ ん な 彼 女 で あ れ ば 、 戦 後 、 盛 ん に お こ な わ れ る よ う に な っ た 「 ミ ス コ ン テ ス ト 」 に 嫌 悪 感 を 示 す の も 、 当 然 の こ と で あ ろ う 。 ェ ッ セ イ で は 、 健 康 児 の 表 彰 の ほ う が 、 ま だ 価 値 が あ る と し て 、 ミ ス コ ン を 「 文 化 の 水 準 を 高 め る い と な み と は 云 へ な い 」 と 切 り 捨 て て い る 。 戦 時 下 、 日 本 映 画 界 は 軍 部 に 迎 合 し 、 戦 意 高 揚 映 画 を 次 々 と つ く っ た 。 そ こ で は 女 優 は ほ ん の 添 え 物 に 過 ぎ ず 、 主 人 公 に は な り 得 な か っ た 。 敗 戦 の 日 を 迎 え 、 日 本 映 画 界 の 幹 部 や 監 督 た ち は 、 戦 犯 に な 魂 る の で は な い か と 怯 え た 。 と こ ろ が 、 予 想 に 反 し て 進 駐 軍 は 日 の 本 映 画 界 を 解 体 せ ず 、 民 主 主 義 の 啓 蒙 に 利 用 し よ う と 考 え 、 至 子 急 、 民 主 主 義 映 画 を 作 れ と 厳 命 し た 。 そ の 結 果 、 の 指 導 原 下 、 昭 和 二 十 年 秋 か ら 次 々 と 民 主 主 義 映 画 が 作 ら れ 、 公 開 さ れ す て い っ た 。 躍 戦 前 、 日 本 を 戦 争 へ と 駆 り 立 て た の は 男 た ち だ っ た 。 だ か ら こ そ 、 は 民 主 主 義 を 啓 蒙 す る の は 、 そ ん な 過 去 を 持 つ 日

新潮【第百十四巻第一号】


の 物 語 に 疑 問 を 挟 む 者 を ま っ た く 許 せ な く な る 。 共 同 性 も ア イ デ ン テ ィ テ イ も 、 物 語 を 介 し て 作 ら れ る 。 ど ち ら も 言 語 で 作 ら れ た フ ィ ク シ ョ ン な の だ 。 け れ ど 、 私 た ち は そ の フ ィ ク シ ョ ン な し で は 、 生 き ら れ な い 。 少 な く と も 、 社 会 的 な 生 活 は 送 れ な く な る 。 私 た ち は 言 語 で 作 ら れ た フ ィ ク シ ョ ン に よ っ て 心 を 形 成 す る と 同 時 に 、 そ の フ ィ ク シ ョ ン に 縛 ら れ な が ら 生 き て い る 。 だ か ら 、 文 学 が 存 在 す る 。 私 の 考 え で は 、 文 学 と は 、 言 葉 に な ら な い こ と を 言 葉 だ け で 表 現 す る メ デ ィ ア で あ る 。 ま た 、 使 い す ぎ て 定 型 化 し 空 虚 に な っ た 言 語 を 更 新 し 、 新 た な 意 味 を 発 生 さ せ る 、 真 剣 な 遊 戯 で も あ る 。 先 ほ ど 述 べ た 、 苦 し か っ た り つ ら か っ た り し て 意 識 化 で き な い 自 分 の 感 情 や 経 験 を 、 な ん と か 言 葉 に し て 自 分 個 人 の 物 語 と す る の は 、 言 葉 に な ら な い こ と を 一 一 一 口 葉 だ け で 表 現 す る と い う 文 学 の 役 割 だ 。 自 分 が よ う や く 実 感 の 持 て る 言 葉 で 自 分 の 何 か を 表 現 で き た と き 、 そ れ は す べ て 文 学 で あ る 。 自 分 個 人 の 経 験 だ け で は な い 。 そ う し て 絞 り 出 さ れ た 他 人 の 言 葉 を 聞 き 、 そ れ を 文 字 の 物 語 に 変 え て い く の も 、 文 学 だ 。 自 分 と 他 人 の 、 言 語 化 で き な い 記 憶 や 感 情 を 言 葉 で 物 語 化 し 、 お 互 い に そ の 物 語 を 受 け 止 め 合 っ た と き 、 初 め て 共 同 性 が 生 ま れ る 。 け れ ど 、 そ れ が 語 り 続 け ら れ て い く う ち に 形 式 化 し 、 細 部 も 耳 当 た り の よ い よ う に 変 容 し 、 巷 に あ ふ れ る 既 成 の 物 語 と 似 て く る と き 、 そ の 物 語 は 個 人 の 物 語 で あ る こ と を や め 、 公 の 物 語 と し て 排 他 性 を 発 揮 し 始 め る 。 形 式 的 に 規 則 を 強 要 し て 取 り 締 ま る 警 察 み た い に な っ て い く 。 そ れ を 解 体 す る の が 、 ま た 文 学 で あ る 。 個 人 の 物 語 を 作 っ て お き な が ら 、 そ れ が 固 定 化 し よ う と す る と 、 自 ら 壊 そ う と す る 。 物 語 が 公 の も の と な っ て 、 権 力 を 持 ち 始 め る の を 、 阻 止 す る 。 文 学 は 物 語 に 共 同 性 を 与 え る 力 で あ り な が ら 、 そ の 共 同 性 を 批 判 す る 存 在 で も あ る 。 つ ま り 文 学 と は 、 永 続 す る 共 同 性 で は な く 、 一 瞬 の 共 同 性 だ け を 生 き る 言 語 な の だ 。 だ か ら 常 に 更 新 さ れ う る 言 語 で 書 か れ て い る 。 読 ま れ る 瞬 間 ご と に 、 そ の 現 在 を 生 き る 一 一 一 口 葉 と な る 。 738

新潮【第百十四巻第一号】


息 子 と は 会 っ て い な い 。 柳 さ ん を 取 材 に 訪 れ た フ リ ー ラ イ タ ー の 木 下 青 年 は 、 z 0 現 実 と 虚 構 の な ど へ の 寄 付 が 趣 味 の 頭 で つ か ち で 、 当 初 杉 田 俊 介 は 柳 さ ん に 慇 懃 無 礼 な 態 度 も 取 っ て い た 隙 間 を 押 し 開 く が 、 雑 誌 の 廃 刊 や 同 棲 中 の 彼 女 に 愛 想 を つ か さ れ た こ と で 、 自 ら が 住 居 を 失 い 、 柳 さ 『 野 良 ピ ト た ち の 燃 え 上 が る 肖 像 』 ー 木 村 友 祐 ん に 助 け を 求 め て 、 野 宿 者 コ ミ ュ ニ テ ィ に 仲 間 人 り す る 。 こ れ だ 。 こ の 時 代 の 文 学 は こ れ だ 。 真 夜 る な ど 、 地 べ た か ら 、 小 さ く 弱 い も の の 側 や が て 河 川 敷 は あ た か も コ ル タ サ ル 「 南 中 に 読 み は じ め 、 群 衆 の 気 配 と 炎 の 熱 が 、 か ら 現 実 の 矛 盾 を 見 つ め て き た 人 で あ る 。 部 高 速 道 路 」 の よ う に 、 あ ら ゆ る 被 排 除 者 夢 の 中 へ ま で も 押 し 寄 せ て き た 。 周 縁 や 最 だ が そ れ だ け で は な い 。 た ち が 寄 り 集 ま っ て 、 半 ば 非 現 実 的 な メ ル 底 辺 の 現 実 が 文 学 を 切 迫 さ せ 、 小 説 が 未 来 弧 間 川 ( 多 摩 川 ) 河 川 敷 の 野 宿 者 コ ミ ュ テ ィ ン グ ス ポ ッ ト に な っ て い く 。 国 家 か ら を 更 新 す る 。 文 学 に は ま だ こ ん な こ と が 可 ニ テ ィ 。 周 囲 に は タ ワ ー ビ ル が 乱 立 し 、 大 の 独 立 を 宣 言 し 、 機 動 隊 と 衝 突 す る コ ミ ュ 能 だ っ た の か 。 た と え ば 星 野 智 幸 氏 は 、 日 型 シ ョ ッ ピ ン グ モ ー ル や 日 本 初 の ゲ ー テ ッ ニ テ ィ な ど も 出 て く る 。 一 一 年 後 の 東 京 世 界 本 の 文 学 は な ぜ 政 治 的 主 題 を 否 認 し 回 避 し ド タ ウ ン も 完 成 し て い る 。 世 の 貧 困 や 社 会 ス ポ ー ツ 祭 典 ( 作 品 の 現 在 時 は 二 〇 一 八 年 ) た が る の か 、 と い う 「 そ の 理 由 を 追 究 す る 的 排 除 は 日 毎 に 悪 化 し 、 河 川 敷 へ 様 々 な タ に 向 け た 再 開 発 と 美 化 運 動 、 テ ロ リ ス ト 対 こ と も 含 め て よ り 意 識 的 に 政 治 を 書 く 」 タ イ プ の 人 々 が 流 入 す る 。 若 者 、 被 害 者 策 の 警 備 強 化 、 景 気 が 悪 い 発 言 を 犯 罪 と し イ プ の 小 説 を 「 新 し い 政 治 小 説 」 と 名 づ け の 女 性 、 高 齢 の 父 親 を 介 護 す る 男 性 、 母 娘 て 取 り 締 ま る 「 不 景 気 煽 動 罪 」 の 準 備 な た が ( 『 星 野 智 幸 コ レ ク シ ョ ン — squa 「 』 「 あ の 二 人 連 れ 、 外 国 人 労 働 者 、 難 民 : : : 。 近 ど 、 圧 倒 的 な 暴 力 の 予 兆 が 高 ま り 、 煮 詰 め と が き 」 ) 、 木 村 氏 の 決 定 的 な 飛 躍 作 と し て 隣 住 民 と の ト ラ ブ ル も 増 え 、 野 宿 者 排 除 と ら れ て い く 。 コ ミ ュ ニ テ ィ 内 部 に も 分 断 や の 本 作 も ま た 「 新 し い 政 治 小 説 」 と 言 え 浄 化 運 動 が 展 開 さ れ て い く 。 監 視 カ メ ラ が 亀 裂 が 生 じ 、 日 本 人 を 特 権 視 す る 一 部 の 若 置 か れ 、 自 警 団 が 暴 力 を 振 る い 、 猫 が 虐 待 者 た ち は 、 外 国 人 を 目 の 敵 に し 、 ロ ヒ ン ギ ャ ( ミ ャ ン マ ー の 中 で も ご く ご く 少 数 派 の イ ス 巻 末 の 取 材 協 力 者 や 参 考 文 献 の リ ス ト を さ れ 、 ド ロ ー ン が 飛 び 、 鉄 条 網 が 敷 か れ 、 見 て も 、 木 村 氏 が 野 宿 者 の 現 場 に 足 を 運 ん 食 糧 不 足 が 深 刻 に な る 。 ラ ム 教 徒 の こ と ) の リ ハ ド に 対 す る 偏 見 や で 想 像 力 を 練 り 上 げ て き た こ と が わ か る 。 現 在 六 三 歳 の 柳 さ ん は 、 野 宿 者 歴 二 〇 年 差 別 を 振 り ま い て い く 。 木 村 氏 は 元 々 、 近 隣 の 野 良 猫 た ち を 見 守 る 以 上 。 深 夜 に 空 き 缶 集 め を し な が ら 、 オ ス 木 下 は 自 発 的 に 見 回 り や 声 か け を は じ 活 動 を ラ イ フ ス タ イ ル に 組 み 込 ん だ り 、 東 猫 の ム ス ビ と 共 に 暮 ら し て い る 。 青 森 の 三 め 、 次 第 に 信 頼 を 得 て 、 取 り ま と め 役 を 任 京 へ テ ロ ト ピ ア や 路 上 文 学 賞 に コ ミ ッ ト す 戸 出 身 で 、 二 〇 代 で 離 婚 し 、 そ れ 以 来 妻 や さ れ る ま で に な る 。 し か し 、 そ の 時 、 つ い

新潮【第百十四巻第一号】


が 妹 だ っ た と き 』 『 ア カ シ ア ・ か ら た ち ・ 麦 畑 』 な ど の 作 品 き た 。 / 夜 に な っ て 子 ど も み た い に お う お う 泣 き な が ら 男 が を 読 ん で 、 「 文 章 が も っ て い る 一 種 の 肉 感 み た い な も の が 、 玄 関 か ら 飛 び こ ん で 来 た 。 / 「 先 生 死 ん じ ゃ っ た ア 、 先 生 死 ん じ ゃ っ た よ オ 」 と 男 は 叫 ん だ 。 〉 乗 り 移 っ た よ う な 感 じ な ん で す よ ね 、 自 分 に 。 だ か ら あ そ こ で 、 自 分 の な か に あ っ た そ う い う も の が ほ ど け て き た よ う な 知 子 夫 人 と は 徹 三 の 死 の 翌 月 に 離 婚 が 成 立 し 、 九 〇 年 六 月 、 晴 れ て 佐 野 洋 子 と 人 籍 す る 。 佐 野 へ の 思 い に 触 発 さ れ て 感 じ が す る 」 。 岩 波 書 店 の 編 集 者 、 山 田 馨 が 谷 川 に イ ン タ ビ ュ ー し た 単 行 本 『 ぼ く は こ う や っ て 詩 を 書 い て き た 』 ( 二 〇 書 い た 恋 愛 詩 「 女 に 」 の 三 十 六 編 も 、 佐 野 の 絵 と 共 著 の 体 裁 で 詩 集 『 女 に 』 と し て 九 一 年 初 め に は マ ガ ジ ン ハ ウ ス か ら 出 一 〇 年 、 ナ ナ ロ ク 社 ) の 中 で そ う 振 り 返 っ て い る 。 し か し 、 出 来 上 が っ た 『 は だ か 』 を 読 ん だ 佐 野 は 「 私 は も う 書 く 必 要 が 版 さ れ る ( 初 出 は 八 五 、 八 七 年 、 毎 日 新 聞 の 女 性 向 け 特 集 面 「 は な い ち も ん め 」 ) 。 こ の 時 、 佐 野 の 注 文 に 応 じ て 初 出 作 品 を あ な く な っ た 」 と 、 作 品 を 評 価 し な が ら も 谷 川 を 非 難 し た と い ち こ ち 変 更 し た こ と を 、 谷 川 は 今 で も よ く 覚 え て い る 。 他 人 佐 野 と の つ き あ い が 深 ま る に つ れ て 、 『 メ ラ ン コ リ ー の 川 に 言 わ れ て 作 品 を 手 直 し し た こ と な ど な か っ た だ ろ う 。 折 し 下 り 』 ( 八 八 年 ) の よ う な 決 し て 明 る い ば か り で は な い 作 品 群 も バ ブ ル 景 気 に 日 本 は 浮 か れ て い た 。 「 老 い ら く の 恋 」 な ど も 生 み 出 さ れ 、 冒 頭 の 「 五 月 の ト カ ゲ 」 に は 共 同 生 活 へ の 違 と 週 刊 誌 で 囃 さ れ な が ら 、 文 化 人 力 ッ プ ル の 誕 生 を 世 間 も 祝 和 感 も ち ょ ろ り と 尻 尾 を 出 し て い る 。 〈 き み が 白 い 居 間 へ 招 福 し た 。 先 に 挙 げ た 丸 谷 才 一 の よ う な 讃 辞 も 功 を 奏 し て 『 女 き よ せ る ま こ と し や か な 映 像 の 中 で 、 真 実 の 乞 食 は 悪 臭 を 失 に 』 は た ち ま ち 十 万 部 に 迫 る 。 結 婚 後 は 夫 妻 で 公 的 な 席 に 出 る 機 会 も 増 え た 。 「 鳩 よ ! 」 い 、 喜 び も 怒 り も 決 ま り 文 句 の 菓 子 型 で 打 ち 抜 か れ る 〉 。 こ の 〈 き み 〉 は 必 ず し も 佐 野 を 指 し て は い な い だ ろ う が 。 九 一 年 三 月 号 は 「 特 集 ・ 知 と 感 性 の 詩 人 谷 川 俊 太 郎 」 。 「 表 佐 野 が 阿 佐 谷 の 谷 川 邸 へ 引 っ 越 し て き た 翌 八 九 年 九 月 に 紙 随 想 」 は な ん と 大 江 健 三 郎 で 、 前 年 の 大 岡 信 と の 「 フ ラ ン ク フ ル ト 連 詩 」 の 映 像 へ の 感 想 を 短 く 寄 せ て い る 。 大 学 の 卒 父 、 徹 三 が 亡 く な る 。 そ れ か ら 三 か 月 を 経 た 同 年 十 二 月 。 太 「 現 代 詩 手 帖 」 新 年 号 に 〈 私 の 父 は 九 十 四 歳 四 ヶ 月 で 死 ん 業 論 文 に 谷 川 を 選 ん だ と い う 中 島 み ゆ き の 文 章 も あ る 。 糸 井 駿 だ 。 〉 と 始 ま る 、 喪 主 挨 拶 を も 含 む 葬 儀 前 後 の 実 録 そ の も の 重 里 に よ る 「 安 売 り 王 ・ 谷 川 俊 太 郎 さ ん 」 と 題 さ れ た 寄 稿 を 谷 の 散 文 と 韻 文 混 淆 の 長 編 詩 「 父 の 死 」 が 発 表 さ れ 、 そ の 作 風 紹 介 し よ う 。 糸 井 は 谷 川 が 公 開 対 談 に 際 し て 、 糸 井 を 題 材 に か サ ラ サ ラ ッ と 鉛 筆 で 詩 を 書 い た エ ピ ソ ー ド を 紹 介 し 、 〈 ず い 受 の 変 化 に 誰 も が 驚 い た 。 熱 〈 人 が 集 ま っ て き た 。 / 次 々 に 弔 電 が 来 た 。 / 続 々 花 篭 が 来 ぶ ん 安 売 り を す る 人 だ な あ と 思 っ て 、 い っ ぺ ん に 好 き に な っ 情 て し ま い ま し た 〉 と 書 い て い る 。 〈 タ イ プ ラ イ タ ー 会 社 や 、 た 。 / 別 居 し て い る 私 の 妻 が 来 た 。 私 は 二 階 で 女 と 喧 嘩 し ガ ラ ス び ん の 会 社 の コ ピ ー を 書 い た こ と も あ り ま す 。 こ れ た 。 / だ ん だ ん 忙 し く な っ て 何 が な ん だ か 分 か ら な く な っ て