検索 - みる会図書館

検索対象: ・・・ひとりでいいの

・・・ひとりでいいのから 319件ヒットしました。

・・・ひとりでいいの


・ ・ ・ ひ と り で い い の 内 館 牧 子 角 川 文 庫 8927

・・・ひとりでいいの


本 書 は 文 庫 版 の た め に 書 下 し さ れ た も の で す 。

・・・ひとりでいいの


角 川 源 義 角 川 文 庫 発 刊 に 際 し て 第 二 次 世 界 大 戦 の 敗 北 は 、 軍 事 力 の 敗 北 で あ っ た 以 上 に 、 私 た ち の 若 い 文 化 力 の 敗 退 で あ っ た 。 私 た ち の 文 化 が 戦 争 に 対 し て 如 何 に 無 力 で あ り 、 単 な る あ だ 花 に 過 ぎ な か っ た か を 、 私 た ち は 身 を 以 て 体 験 し 痛 感 し た い 西 洋 近 代 文 化 の 摂 取 に と っ て 、 明 治 以 後 八 十 年 の 歳 月 は 決 し て 短 か す ぎ た と は 言 え な い 。 に も か か わ ら ず 、 近 代 文 化 の 伝 統 を 確 立 し 、 自 由 な 批 判 と 柔 軟 な 良 識 に 富 む 文 化 層 と し て 自 ら を 形 成 す る こ と に 私 た ち は 失 敗 し て 来 た 。 そ し て こ れ は 、 各 層 へ の 文 化 の 普 及 滲 透 を 任 務 と す る 出 版 人 の 責 任 で も あ っ た 。 一 九 四 五 年 以 来 、 私 た ち は 再 び 振 出 し に 戻 り 、 第 一 歩 か ら 踏 み 出 す こ と を 余 儀 な く さ れ た 。 こ れ は 大 き な 不 幸 で は あ る が 、 反 面 、 こ れ ま で の 混 沌 ・ 未 熟 ・ 歪 曲 の 中 に あ っ た 我 が 国 の 文 化 に 秩 序 と 確 た る 基 礎 を 齎 ら す た め に は 絶 好 の 機 会 で も あ る 。 角 川 書 店 は 、 こ の よ う な 祖 国 の 文 化 的 危 機 に あ た り 、 微 力 を も 顧 み ず 再 建 の 礎 石 た る べ き 抱 負 と 決 意 と を も っ て 出 発 し た が 、 こ こ に 創 立 以 来 の 念 願 を 果 す べ く 角 川 文 庫 を 発 刊 す る 。 こ れ ま で 刊 行 さ れ た あ ら ゆ る 全 集 叢 書 文 庫 類 の 長 所 と 短 所 と を 検 討 し 、 古 今 東 西 の 不 朽 の 典 籍 を 、 良 心 的 編 集 の も と に 、 廉 価 に 、 そ し て 書 架 に ふ さ わ し い 美 本 と し て 、 多 く の ひ と び と に 提 供 し よ う と す る 。 (-) か し 私 た ち は 徒 ら に 百 科 全 書 的 な 知 識 の ジ レ ッ タ ン ト を 作 る こ と を 目 的 と せ ず 、 あ く ま で 祖 国 の 文 化 に 秩 序 と 再 建 へ の 道 を 示 し 、 こ の 文 庫 を 角 川 書 店 の 栄 あ る 事 業 と し て 、 今 後 永 久 に 継 続 発 展 せ し め 、 学 芸 と 教 養 と の 殿 堂 と し て 大 成 せ ん こ と を 期 し た い 。 多 く の 読 書 子 の 愛 情 あ る 忠 言 と 支 持 と に よ っ て 、 こ の 希 望 と 抱 負 と を 完 遂 せ し め ら れ ん こ と を 願 一 九 四 九 年 五 月 三 日

・・・ひとりでいいの


の お と 偉 大 な る の ほ ほ ん の 大 家 、 大 槻 ケ ン ヂ が 指 南 つ か の ほ ほ ん 雑 コ 心 帳 大 槻 ケ ン ヂ ま つ る 「 の ほ ほ ん の ス ス メ 」 。 風 の 吹 く ま ま 気 の 向 く ま ま 、 今 日 も 世 の 中 の ほ ほ ん だ ! 会 社 乗 っ 取 り を 企 む 非 情 な 一 匹 狼 。 私 利 私 欲 を む 蘇 え る 金 狼 全 二 冊 大 藪 春 彦 さ ば り 、 甘 い 汁 に 群 が る 重 役 た ち に 容 赦 な い 怒 り が 爆 発 。 悪 に は 悪 を 、 邪 魔 者 は 殺 せ ー 少 女 の 頃 か ら 「 ア ン ネ の 日 記 」 に 大 き な 影 響 を 受 洋 子 け て き た 著 者 が 、 そ の ゆ か り の 人 と 土 地 を た ず ね セ ア ン ネ ・ フ ラ ン ク の 記 憶 て 書 き 下 ろ し た 魂 を ゆ さ ぶ る ノ ン フ ィ ク シ ョ ン 。 劇 し い 演 技 で 、 純 粋 す ぎ る 愛 で 人 々 を 魅 了 し た 女 ス 欲 望 と い う 名 の 女 優 長 田 渚 左 優 の 生 涯 を 克 明 に 、 敬 愛 を こ め て 綴 っ た 慟 哭 の ノ ー 太 地 喜 和 子 ー べ ン フ ィ ク シ ョ ン 。 庫 日 本 に 暮 ら す 韓 国 人 ホ ス テ ス の 姿 を 通 し て 発 見 し お そ ん ふ あ 文 ス カ ー ト の 風 呉 誰 ロ 花 た 、 日 本 と 韓 国 の 文 化 、 伝 統 の 素 顔 。 新 世 代 韓 国 日 本 永 住 を め ざ す 韓 国 の 女 た ち 人 女 性 に よ る 衝 撃 の ベ ス ト セ ラ ー を 文 庫 化 ー 角 ク 絶 滅 し た は ず の プ レ シ オ ザ ウ ル ス の 子 を 発 見 し た 遠 い 海 か ら 来 た OOO 景 山 民 夫 洋 助 。 奇 跡 の 恐 竜 ク ー と 少 年 と の き ら め く 至 福 の 日 々 が は じ ま っ た が : : : 。 直 木 賞 受 賞 作 。 ね む 癌 を 患 う 老 ヤ ク ザ が 、 死 期 迫 る な か 危 険 な 駆 け 引 き を 試 み た 。 裏 切 り と 策 謀 の 裏 社 会 を 舞 台 に 、 新 香 納 諒 一 夜 の 海 に 瞑 れ く さ び た な る ロ マ ン の 楔 を 打 ち こ む 、 香 り 高 き 冒 険 小 説 。

・・・ひとりでいいの


現 代 人 の 心 を つ か み 、 示 唆 と 勇 気 を 与 え る 「 相 田 い ち す に 本 道 相 田 み つ を み つ を . の 生 涯 を 、 未 発 表 の 書 と 共 に 綴 っ た 唯 一 新 版 、 し ち す に 一 ッ 事 の 自 伝 。 美 し い ろ う け つ を 満 載 、 超 豪 華 版 の 初 文 庫 。 工 場 閉 鎖 に 抗 議 し て い た 組 合 員 の 姿 が 消 え た 。 疑 冫 良 問 を 持 っ た 平 凡 な が 、 仕 事 と 恋 に 揺 れ な が ら 人 形 た ち の 椅 子 赤 も 、 会 社 と い う 組 織 に 挑 む 痛 快 ミ ス テ リ ー 亜 ・ 本 匁 、 彦 、 姉 小 路 祐 横 溝 正 史 が 生 ん だ 日 本 を 代 表 す る 名 探 偵 《 金 田 一 五 十 嵐 : 霞 流 一 - 斎 藤 一 澪 、 此 木 田 よ し き 耕 助 》 が 、 歴 代 の 横 溝 賞 作 家 に よ っ て よ み が え 服 部 ま ゆ み 、 羽 場 博 行 セ 金 田 一 耕 助 の 新 た な 挑 戦 る ! 入 門 書 と し て も 役 立 つ べ ス ト ア ン ソ ロ ジ ー 藤 村 耕 同 じ 列 車 に 偶 然 乗 り あ わ せ た 四 人 の 女 性 。 突 然 の 阿 刀 田 ~ 局 列 車 事 故 で 、 頭 や 体 を ぶ つ け あ っ た 彼 女 た ち は 、 空 想 列 車 9 国 べ そ れ ぞ れ の 空 想 を そ れ ぞ れ に 取 り 込 ん で し ま っ た 。 庫 都 会 の 薄 闇 に い ざ な わ れ 、 さ ま ざ ま な 男 と 女 が 織 阿 刀 田 ~ 局 り な す 嘘 、 夢 、 罪 。 心 の 迷 宮 に 見 え 隠 れ す る 、 ひ 蚊 消 え た 男 そ や か な 殺 意 を 鮮 や か に 描 い た ミ ス テ リ ー 小 説 集 。 角 突 然 左 胸 が 痛 み 出 し た 。 一 体 ど う し た の だ ろ う ? も と ち ゃ ん の 痛 い 話 新 井 素 子 不 安 を 胸 に か か え 、 産 婦 人 科 の 門 を く ぐ っ た も と ち ゃ ん を 待 ち う け る の は お も し ろ ェ ッ セ イ 。 ″ 海 の あ る 奈 良 〃 と 称 さ れ る 古 都 ・ 小 浜 で 、 作 家 有 海 の あ る 奈 良 に 死 す 有 栖 川 有 栖 栖 の 友 人 が 死 体 で 発 見 さ れ た 。 有 栖 は 火 村 と と も に 調 査 を 開 始 す る が : ・ 名 コ ン ビ の 大 活 躍 。

・・・ひとりでいいの


245 真 一 が 顔 を 上 げ た 。 津 村 は 真 正 面 か ら 真 一 を 見 据 え た 。 そ し て 言 い 切 っ た 。 「 僕 は 誰 に も 借 り を 作 り た く な い 。 お 返 し の つ も り で お 話 し し ま す 。 あ な た の 信 頼 す る 春 日 さ ん は 伊 藤 常 務 、 木 山 総 務 部 長 と つ な が っ て い る 。 今 回 の 癒 着 事 件 は 、 ど う も 裏 で 春 日 さ ん が 糸 を 引 い て い る よ う な 気 が し ま す 」 真 一 は 取 り 合 わ な か っ た 。 「 春 日 は 私 を 裏 切 る よ う な 男 で は あ り ま せ ん 」 「 あ な た は 情 が 濃 す ぎ る 。 人 を 疑 う こ と も 覚 え な い と 世 の 中 渡 っ て い け ま せ ん 」 「 そ れ な ら 渡 れ な く て 結 構 と 思 っ て お り ま す 」 そ れ を 聞 く と 、 津 村 は ふ っ と 笑 っ た 。 「 あ な た と は 違 う 出 会 い 方 を し た か っ た 。 一 生 つ き あ え た の に と 、 残 念 で す 」 真 一 も 黙 っ て う な ず い た 。 真 っ 暗 な 倉 庫 街 を オ レ ン ジ 色 の 街 灯 が 無 機 的 に 照 ら し て い る 。 9 目 の 前 の 東 京 湾 は 闇 夜 の 中 に 溶 け て い た 。 津 村 と 真 一 は 、 こ れ か ら ど ん な こ と が 起 こ る の つ か 予 測 も っ か ず 、 並 ん で 暗 い 水 面 を 見 つ め て い た 。 翌 日 、 真 一 は 春 日 か ら 北 斗 商 事 に 関 わ る 仕 事 か ら 降 り る よ う 言 い 渡 さ れ た 。 津 村 の 長 野 ひ 行 き を 止 め た こ と を 、 春 日 は 先 刻 承 知 で あ っ た 。 「 北 川 、 な ぜ 俺 が お 前 を 降 ろ す か 、 わ か る か 」 「 わ か り ま せ ん 。 私 は こ の 仕 事 に 賭 け た い と 思 っ て お り ま す ー ゅ ち ゃ く

・・・ひとりでいいの


・ ・ ひ と り で い い の う ち だ て ま き 内 館 牧 子 平 成 五 年 三 月 二 十 五 日 初 版 発 行 平 成 十 一 一 年 十 一 月 三 十 日 二 十 八 版 発 行 発 行 者 ー ー 角 川 歴 彦 発 行 所 ー ー 株 式 会 社 角 川 書 店 東 京 都 千 代 田 区 富 士 見 二 ー 十 三 ー 一 一 一 0 2 編 集 部 ( 〇 一 一 l) 三 二 三 八 八 四 五 一 8 電 話 営 業 部 ( 〇 一 一 l) 三 二 三 八 八 八 一 七 七 〒 一 〇 二 ー 当 、 、 予 文 振 替 〇 〇 一 三 〇 ー 九 ー 一 九 五 二 〇 八 角 印 刷 所 ・ ー ー 旭 印 刷 製 本 所 ー ー ー コ オ ト ブ ッ ク ラ イ ン 装 幀 者 ー ー 杉 浦 康 平 本 書 の 無 断 複 写 ・ 複 製 ・ 転 載 を 禁 じ ま す 。 落 丁 ・ 乱 丁 本 は ご 面 倒 で も 小 社 営 業 部 受 注 セ ン タ ー 読 者 係 に お 送 り く だ さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え い た し ま す 。 定 価 は カ バ ー に 明 記 し て あ り ま す 。 う 7 ー 3

・・・ひとりでいいの


職 と い う 形 の ク ビ に な っ た 。 津 村 は 不 正 は な か っ た も の の 、 社 内 の 秩 序 と 風 紀 を 著 し く 乱 し た と い う こ と で 、 小 さ な 関 連 企 業 の 倉 庫 会 社 へ 管 理 課 長 と し て 出 向 さ せ ら れ る こ と に な っ こ 0 と が し か し 、 ま ど か た ち に は 、 何 の 咎 め も な か っ た 。 社 長 派 に し て み れ ば 、 ま ど か た ち の 行 動 は 派 閥 争 い に 勝 っ た め の 。 フ ラ ス に な っ た こ と に な る 。 純 粋 な 正 義 感 か ら 出 た 行 為 が 、 結 局 は 派 閥 争 い に 取 り 込 ま れ 利 用 さ れ た こ と に ま ど か た ち は 気 づ い て い な か っ た 。 今 回 の 人 事 異 動 は ご く ひ っ そ り と 行 わ れ た の で 、 ま ど か は 津 村 が 出 向 す る 当 日 ま で 、 そ の こ と を 知 ら な か っ た 。 「 ま ど か さ ん ! 」 ラ ン チ タ イ ム を 終 え て 戻 っ て き た ま ど か に 、 ル ミ 子 が 泣 き そ う な 顔 で 走 り 寄 っ て き た 。 「 津 村 さ ん 、 横 浜 の 倉 庫 会 社 に 飛 ば さ れ た っ て 」 驚 い て オ フ ィ ス に か け こ み 、 津 村 の 机 を 見 る と 、 そ こ は す で に き れ い に 片 づ け ら れ 、 デ ス ク プ レ ー ト も 消 え て い た 。 「 ウ ソ : 信 じ ら れ ず に い る ま ど か を 、 OQ た ち が 取 り 囲 ん だ 。 朱 美 が あ お る よ う に 言 っ た 。 「 津 村 さ ん の こ と 、 何 で 追 わ な い の ? 今 か ら 横 浜 、 行 き な さ い よ ! 」 「 近 づ か な い っ て 約 束 し た の 」

・・・ひとりでいいの


301 と ま ど か は 、 毎 日 の よ う に 横 浜 の 津 村 を 訪 ね た 。 津 村 の 人 生 に お け る 通 行 人 で も い い 、 思 っ た 。 辛 く て 死 に た く な っ た ら 、 ま た 押 入 れ の 洋 服 を ぶ ち ま け る 。 そ う し て 、 夏 ま で は こ の 先 ど う な る ん だ ろ : と 思 っ て 日 々 を つ ぶ し て い け ば い い 。 生 き て い よ う 、 冬 ま で は : う な ど と 考 え て 絶 望 す る よ り は 、 会 い た い か ら 会 う と い う 方 が ず っ と い い 。 「 飲 み ま し よ 。 今 日 も 『 カ モ メ 屋 』 で し よ 」 倉 庫 会 社 の 汚 れ た オ フ ィ ス で 、 津 村 は 迷 惑 そ う な 顔 を し た 。 「 毎 日 来 る わ よ 、 私 。 あ な た を 励 ま そ う と か 、 取 り 入 っ て 結 婚 し て も ら お う と か 、 全 然 そ ん な 気 は な い の 。 あ な た が も う 少 し 元 気 に な る ま で 一 緒 に 飲 む 。 そ れ だ け 」 「 今 さ ら 僕 に 何 を 望 ん だ っ て ム ダ だ よ 。 ま と わ り つ か な い で く れ 」 9 「 勘 違 い し な い で 」 き ぜ ん ま ど か は 毅 然 と 言 っ た 。 と 「 恋 人 や 婚 約 者 に し て な ん て 、 セ コ い こ と 言 い ま せ ん か ら 。 あ な た の 母 親 と し て ま と わ り つ く の 」 津 村 は 苦 笑 し た 。 「 悪 い け ど 、 僕 は 今 の 暮 し が 性 に 合 っ て る っ て わ か っ た ん だ 」

・・・ひとりでいいの


205 か で 、 自 分 を ご ま か す の は や め た わ ー ル ミ 子 は 、 感 動 し た 面 持 ち で ま ど か を 見 た 。 「 ま ど か さ ん も 寿 子 さ ん も ス テ キ 。 ひ と り に な る こ と 、 恐 が っ て な い も ん 。 私 な ん か : ル ミ 子 は 真 一 の こ と を 思 っ て い た 。 ま ど か の よ う に 強 く な れ た ら 。 た と え 突 き 放 さ れ て も 思 い つ づ け る こ と が で き た ら : 「 ル ミ ち ゃ ん 」 ま ど か が ポ ツ ン と 一 一 = ロ っ た 。 「 私 と 津 村 さ ん 、 う ま く い く よ ね ? は っ き り 言 っ て 。 必 ず う ま く い く っ て 、 言 っ て 」 ル ミ 子 は 懸 命 に う な ず い た 。 「 う ま く し く 絶 対 に : : : 」 9 ま ど か の 不 安 を 自 分 に 重 ね 合 わ せ 、 ル ミ 子 は 何 度 も う な ず い た 。 で 夜 の 倉 庫 街 は 不 気 味 に 静 ま り 返 り 、 寒 風 が 吹 き 抜 け て い っ た 。 運 河 の 向 こ う 岸 に は 、 窓 ひ あ か 灯 り だ け が 暖 色 の 、 黒 い ビ ル の シ ル エ ッ ト が 浮 か ん で い る 。 津 村 と 真 一 は そ れ ら の 遠 い 灯 を か す か に 映 す 水 面 を 見 つ め な が ら 、 並 ん で 立 っ て い た 。 「 も う い ち ど 総 会 屋 と 接 触 し ろ ー と 津 村 は 今 日 、 木 山 総 務 部 長 に 言 わ れ た 。 「 反 対 派 と 癒