検索 - みる会図書館

検索対象: 華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)から 260件ヒットしました。

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)


く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ コ バ ル ト 文 庫 ◆ く 星 〉 を め ぐ り 、 運 命 は 回 る く ア ル ー ナ グ ワ ル ー ン の 刻 印 〉 シ リ ー ス イ ラ ス ト / 桃 栗 み か ん か た は ね ク イ ン テ ィ ー サ の 隻 翼 フ イ ゼ ル ワ ル ド の 王 女 ・ ヴ ュ テ ィ ー ラ は あ る 事 情 か ら 王 国 を 去 り く 連 獣 〉 ク イ ン テ ィ ー サ と く 機 械 の 街 〉 を 目 指 す が ・ ・ ・ ま 工 ズ モ ー ゼ の 左 手 く 機 械 の 街 〉 テ ・ ク ラ ッ ド を 目 指 す ヴ ュ テ ィ ー ラ は 、 あ る 国 の 妙 な 儀 式 に 参 加 す る こ と に ! 響 野 夏 菜 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 受 け て い た 意 外 な 運 命 と は ! ? し た ヴ ュ テ ィ ー ラ を 待 ち テ ・ ク ラ ッ ド に 到 着 星 は 踊 る

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)


ひ び き の ・ か な 1972 年 11 月 20 日 、 埼 玉 県 生 ま れ 。 蠍 座 、 O 型 。 法 政 大 学 文 学 部 を 卒 業 し 、 専 業 作 家 に 。 使 え る 時 間 が 増 え た は す な の に 、 〆 切 り 前 は 徹 夜 の 綱 渡 り で あ る 。 何 で だ ろ う 。 趣 味 は ド ラ イ プ だ が 、 ハ ン ド ル を 握 る と 性 格 が 変 わ る と 陰 で 囁 か れ て い る 。 コ バ ル ト 文 庫 に 『 誘 い の 刻 』 「 太 陽 の 工 セ ラ 』 「 祭 り の 灯 嵐 が 姫 《 幽 幻 篇 》 《 風 雷 篇 》 」 「 忘 我 の 焔 」 「 睡 蓮 の 記 憶 今 日 命 の 螺 旋 ′ 縲 ね の 鉢 植 」 「 女 神 の 輪 郭 ( 前 編 ) ( 後 編 ) 講 「 影 隴 の 庭 』 「 聖 女 の 卵 鸞 夢 眩 の 鏡 」 「 華 烙 の 群 れ 』 『 蘭 の 血 脈 《 天 青 篇 》 《 地 猩 篇 》 《 紫 浄 篇 》 』 『 羽 硝 子 の 森 月 虹 の ラ ー ナ ′ こ の 雪 に 願 え る な ら ば 』 「 闇 燈 籠 心 中 桜 の 章 ・ 吹 雪 の 章 」 「 朧 月 鬼 夜 抄 ク イ ン テ ィ ー ザ の 隻 翼 」 「 エ ズ モ ー ゼ の 左 手 」 「 星 は 踊 る 」 が あ る 。 湾 岸 バ ト ル ・ ア ク シ ョ ン 華 は 藤 夜 叉 —The Diamond will tide her over a crisis— COBALT-SERIES 1998 年 3 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 響 小 株 式 会 社 〒 101 ー 8050 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 集 英 社 島 民 雄 野 夏 菜 示 し て あ り ま す 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 OKANA HIBIKINO 1998 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 Printed in Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 落 丁 ・ 乱 丁 の 本 は ご 面 倒 で も 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り く だ さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え い た し ま す 。 工 S B N 4 - 0 8 -61 4 4 5 7-9 C 01 9 5

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)


「 お う 。 辻 は ? 」 「 ヨ ー ス ケ は 、 地 下 で 車 人 れ て ま す 」 マ ン シ ョ ン の 車 庫 に 車 を 戻 す ま で が 、 ド ラ イ ・ ハ ー の 仕 事 だ っ た 。 「 そ う か 。 あ が っ て 、 茶 で も 飲 ん で い け 」 時 刻 は 四 時 を 少 し 回 っ て い る 。 ち ょ う ど 二 時 間 。 予 定 通 り だ 。 「 す い ま せ ん 、 失 礼 し ま す 」 か ば ん か か と 康 平 が 踵 の つ ぶ れ た ナ イ キ を 脱 い だ 。 春 香 の 鞄 を 持 っ た ま ま 、 リ ビ ン グ へ 人 っ て ゆ く 。 「 た だ い ま 」 ド ア を 閉 め た 春 香 は 、 龍 二 と 目 を 合 わ せ た 。 と た ん に 、 龍 二 は 苦 笑 す る 。 「 な ん だ 、 機 嫌 悪 そ う だ な 」 子 供 に す る よ う に 、 春 香 の 頭 に 手 を 置 い た 。 「 な ん か あ っ た だ ろ 」 康 平 は 気 づ か な い こ と で も 、 こ の は と こ に は お 見 通 し だ っ た 。 学 校 で の こ と を 話 す つ も り は な か っ た か ら 、 う ん ざ り し て し ま う 。 春 香 は 、 龍 二 の 重 い 手 を ど け た 。 「 あ た し が 何 も 言 わ な い 時 は 、 知 ら ん ぶ り し て て 。 カ ン の い い 男 な ん て 、 嫌 わ れ る わ よ 」 は る か

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)


176 春 香 は た だ の 人 形 で は な い 。 そ こ に 、 望 み を つ な ぐ し か な い 。 「 俺 た ち は 、 ベ ス ト を 尽 く す し か ね え 」 つ ぶ や 龍 二 は 自 分 に 言 い 聞 か せ る よ う に 呟 い た 。 文 字 通 り 、 一 刻 を 争 わ な け れ ば な ら な い 。 通 勤 ラ ッ シ ュ に 混 み だ し た 町 を 、 ガ ラ ス 越 し に に ら み つ け た 。 ど こ に い よ う と 、 き っ と 見 つ け 出 す 。 。 ハ チ ン と 倒 し た ウ イ ン カ ー の 音 が 響 き は じ め る 。 対 向 車 と の 間 合 い を は か り な が ら 、 栄 が 大 き く う な ず い た 。 「 あ あ 」 無 線 機 が 、 か す か な 雑 音 を 吐 き 出 し て い る 。 拾 う 音 は 皆 、 意 味 を な さ な い 言 葉 た ち ば か り だ 。 彼 ら の 欲 し い 情 報 で は な い 。 携 帯 電 話 と ほ ぼ 同 じ 大 き さ の 携 帯 型 無 線 機 を テ ー プ ル の 上 に 放 り 出 し た ま ま 、 龍 二 た ち は 燻 る よ う な 気 持 ち を 殺 し て い た 。 通 り に 面 し た は め 込 み 式 の ガ 一 フ ス 窓 の 向 こ う を 、 制 服 の 少 女 た ち が 急 ぐ 。 彼 女 た ち の さ し た 色 と り ど り の 傘 が 、 下 ろ し き っ た 白 い カ ー テ ン 越 し に 消 え て ゆ く 。 く す ぶ

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)


一 緒 に 、 地 下 の 車 庫 か ら 出 し て き た の だ ろ う 。 「 あ あ 。 い く ぞ 」 自 分 も マ ル ポ ロ を く わ え た 龍 二 は 、 栄 に 火 を つ け さ せ る 。 ジ ッ ポ ー が 鳴 る の を 、 康 平 が ど こ ま な ざ か 尊 敬 の 眼 差 し で 見 て い た 。 絵 に な る 。 「 行 け 、 春 香 」 う な が さ れ 、 春 香 は ふ た り に 手 を 振 っ た 。 「 じ ゃ あ ね 」 「 ど う ぞ 」 康 平 が 春 香 に 最 敬 礼 す る 。 目 を 合 わ せ 、 春 香 は 微 笑 み を 見 せ た 。 「 よ ろ し く 」 こ れ か ら の 数 時 間 、 春 香 は 彼 ら に 命 を 預 け る こ と に な る 。 何 事 も な け れ ば い い が 、 毎 度 、 そ う 上 手 く い く と は 限 ら な い 。 「 も ち ろ ん で す 」 か た い 表 情 の ま ま 、 康 平 が う な ず い た 。 春 香 が 乗 り 込 む と 、 彼 は ド ア を 閉 め た 。 い つ も の よ う に 隣 に は 座 ら ず 、 助 手 席 へ 回 る 。 「 波 平 出 し と け よ 」 無 線 の こ と だ 。 龍 二 の 指 示 で 、 ト ラ ン ク が 開 い た 。 ア ン テ ナ が 、 屋 根 の 上 に 乗 る 。 ナ ミ へ

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)


132 五 代 目 の 女 族 総 長 と な っ た 彼 女 を 守 る た め に 親 衛 隊 長 の 看 板 を も ら っ て 、 紫 の 特 攻 服 を ま と 守 り き れ な く て 。 あ の 日 、 埠 頭 で あ が っ た 大 き な 抗 争 で 湾 が 燃 え た 。 倉 庫 か ら 幾 つ も の 煙 が 昇 り 、 港 は サ イ レ ン 灯 に 赤 く 染 ま っ た 。 そ の な か で 春 香 た ち は 追 い 詰 め ら れ て 、 体 を は っ て 逃 が さ な け れ ば な ら な い 総 長 に 、 春 香 は か ば わ れ た 。 彼 女 を 突 き 飛 ば し て 、 和 音 が う け た 鉄 。 ハ イ プ 。 急 発 進 し た バ イ ク の 後 部 に 特 攻 服 を 引 っ か け ら れ て 、 ・ : 引 き ず ら れ た : 〈 ハ ル カ 危 な い ! 〉 耳 を ふ さ い で 春 香 は 震 え た 。 和 音 の 声 も 、 自 分 を 突 き 飛 ば し た 手 の ひ ら も 覚 え て い る 。 く ず お ぞ ま し い 音 が 和 音 を ぼ ろ 屑 に 変 え た 。 あ の 、 引 き 裂 く よ う な プ レ ー キ も 消 え な い た か し き か ず ね き よ う ね ん 高 敷 和 音 、 享 年 十 七 歳 。 細 い 煙 の 、 線 香 の に お い を 嗅 ぎ な が ら 、 春 香 は 葬 儀 に は 参 列 で き な か っ た 。 出 来 る は ず が な か っ た 。 ( 総 長 に か ば わ れ て 、 生 き 残 っ た 親 衛 隊 長 ? ) た て お 話 に な ら な い ! 大 将 を 取 ら れ て 、 な ぜ 楯 だ け が 残 る ? な ぜ レ デ ィ ス ふ る ト ッ プ ク

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)


た け す そ 膝 ま で の 長 い 丈 の 裾 に 向 か っ て 、 綴 ら れ た 文 字 。 ハ ナ イ ノ チ 『 華 の 命 は 短 く て 一 夜 限 り の 夢 に 舞 う 』 ふ と う 『 女 一 代 狂 い 咲 き 埠 頭 の 風 に 身 を 任 せ 』 ジ ョ ー ト ー ク 上 等 句 と 呼 ば れ る 文 章 だ 。 個 人 に よ っ て 違 い 、 チ ー ム に よ っ て も 違 う も の 。 文 字 を 、 指 で な ぞ る 。 夜 風 を 切 っ て 駆 け た 、 頬 を な ぶ る あ の 冷 た さ が よ み が え る 。 ひ だ り そ で 左 袖 の 肩 に 人 っ た 白 地 の 刺 繍 に 触 れ て 、 春 香 は 指 を 止 め た 。 「 ご だ い : : : め 」 『 五 代 目 親 衛 隊 長 』 「 ふ じ 、 や し や 」 九 藤 春 香 。 春 香 は 紫 の 特 攻 服 の 上 に 突 っ に し た 。 叉 ( こ れ が : : : あ た し 。 半 年 前 ま で の ー ー し 藤 東 京 湾 で は な い 湾 が 、 彼 女 の 町 だ っ た 。 疾 走 っ て 、 疾 走 っ て 、 疾 走 っ て 、 た だ 二 つ 年 上 の 女 は 華 性 に く つ つ い て い た 。 か ず ね ( 和 音 さ ん 、 あ な た の 側 に い た く て ) る 。 つ づ

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)


ひ ら が な 男 性 の 名 前 で 好 き な の は 、 最 近 は 漢 字 二 文 字 の 平 仮 名 で 四 文 字 で す ( カ ズ ヒ ロ と か ョ ウ ス ケ と か ) 。 昔 は 漢 一 ひ ら 三 ( サ ト ル 、 リ ョ ウ ) が よ か っ た ん だ け ど な ー あ あ そ う い や 、 さ い ご が 「 ト 」 か 「 ヒ ト 」 で 終 わ る の も グ ー で す 。 マ サ ト や タ カ ヒ ト ね 。 く だ ま た 下 ら な い こ と に ペ ー ジ を 費 や し て し ま っ た わ 。 ま と め に 人 る 前 に タ イ ト ル の こ と を 。 ・ : 」 は 、 文 中 に も 少 し 出 て き ま す が 、 直 訳 す る と 「 ダ イ ヤ モ 英 文 の 「 THE DIAMOND ・ ン ド が あ れ ば 、 彼 女 は 危 機 を 乗 り 越 え ら れ る 」 と い う 意 味 で す 。 春 香 の お 守 り の ピ ア ス と ネ ッ ク レ ス を さ し て ま す 。 そ れ か ら 小 さ な 英 語 の タ イ ト ル は 、 新 旧 取 り 混 ぜ た 矢 沢 永 吉 の 曲 の も じ り で す 。 わ か る ひ と に は わ か る な 、 ( で も わ か る や つ は 、 年 齢 も ・ ハ レ る ぞ ) 。 今 回 矢 沢 ば か り 聴 い て い ま し た 。 あ の ス ピ ー ド 感 が 、 話 の イ ノ チ だ と 思 っ た の で 。 う れ イ ラ ス ト は 雑 誌 掲 載 時 と は ち が い 、 石 堂 ま ゆ さ ま に お 願 い し ま し た 。 コ ン ビ 復 活 嬉 し い っ ス 。 ま た 長 く な る か も し れ ま せ ん が 、 よ ろ し く お 願 い い た し ま す 。 今 回 は こ の 辺 で 。 ま た 次 作 で お 会 い し ま し よ う 。 五 月 刊 だ ぜ 。 響 野 夏 菜

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)


ガ シ ャ ン ー リ ビ ン グ か ら 何 か の 割 れ る 音 が 聞 こ え 、 自 室 に い た 春 香 は 首 を す く め た 。 『 馬 鹿 野 郎 、 だ め だ ッ つ っ た ら 、 駄 目 な ん だ よ ! 』 い ら だ だ れ り ゅ う じ さ か え 苛 立 っ た 誰 か の 声 が 聞 こ え て く る 。 あ れ は 龍 二 で も 栄 で も な く 、 他 の 幹 部 の も の だ 。 は る か て ん じ よ う 言 い 争 う 声 を ド ア 越 し に 、 春 香 は べ ッ ド に も た れ て 天 井 を 見 上 げ た 。 ち ら り と 目 に 人 っ た カ レ ン ダ ー に 、 た め 息 を つ く 。 「 火 曜 日 、 か 」 〈 あ の 週 末 〉 か ら 、 三 日 が 過 ぎ て い た 。 時 刻 は 、 午 後 一 二 時 を 回 ろ う と し て い る 。 普 段 の 春 香 が 、 午 後 四 時 前 に こ の 部 屋 に 人 る こ と は な い 。 だ が 今 週 は 別 だ っ た 。 来 週 の 月 曜 2 DOB(T 0K BACK 振 り 向 く な ー

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)


黒 い ワ イ 。 ハ ー が 規 則 的 に 、 雨 を フ ロ ン ト ガ ラ ス か ら 撥 ね 飛 ば す 。 「 く そ っ 、 見 に く い 」 め が ね よ う す け ぼ や い た 洋 介 が 、 ダ ッ シ ュ ポ ー ド に 手 を 伸 ば し 眼 鏡 ケ ー ス を 取 り 出 し た 。 片 手 で 器 用 に 開 け 、 ツ ー ポ イ ン ト フ レ ー ム の そ れ を 掛 け る 。 ケ ー ス を 助 手 席 に 放 り 投 げ て お い て 、 彼 は ま た ハ ン ド ル を 握 っ た 。 明 け き ら な い 空 は 、 ど ん あ い ま い よ り と 曇 っ て い る 。 正 面 か ら 降 り か か る 雨 が 、 ア ス フ ァ ル ト の 中 央 線 を 曖 昧 に す る 。 水 た ま り に 乗 っ た 左 の タ イ ヤ が 、 噴 水 の よ う な し ぶ き を 上 げ た 。 ハ ン ド ル が 取 ら れ 、 小 刻 み に 修 正 し た の が 、 後 部 座 席 の 春 香 に も わ か る 。 「 先 導 の ・ ハ イ ク 、 か わ い そ う ね 」 く - も F SH ル ー 船 海 神 ・ 雨 ー