検索 - みる会図書館

検索対象: クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳から 272件ヒットしました。

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


天 才 シ ェ フ は 16 物

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


COBALT-SERIES ク ッ キ ン ク 、 ☆ ポ ー イ ! 天 才 シ ェ フ は 16 歳 月 、 沼 ま り 子 集 英 社 6 0

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


269 ク ッ キ ン グ ☆ ポ ー イ ! 天 才 シ ェ フ は 16 歳 ど 、 今 は た だ 、 息 吹 の 心 の 穴 が 少 し ず つ 埋 ま っ て い く の を 見 守 っ て 行 こ う と 決 意 を 新 た に す る 。 当 分 の 間 は 弟 に 徹 し て : だ け ど 、 考 え る と 、 俺 っ て つ く づ く : 「 情 け ね ー い 」 無 意 味 に 大 き な ト ン ポ 返 り を 打 っ た 昴 の 気 持 ち を 知 る の は 、 満 開 の 桜 の 花 だ け だ っ た 。 て つ 【 完 】

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


ー 早 ー 早 ニ 早 四 章 五 章 天 才 シ ェ フ は 16 暮 目 次 俺 は 、 た ぶ ん 、 料 理 系 ・ き み だ け の メ 二 ュ ー 俺 ら の 往 処 は ト レ ー ラ 出 張 シ ェ フ ・ ・ 家 出 少 年 ー ハ ウ ス ・ ・ あ と が き ・ ・ ・ 8 ・ ・ ・ 31 ・ ・ 78 ・ ・ ・ 131 ・ ・ ・ 192 ・ ・ ・ 270

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


191 ク ッ キ ン グ ☆ ポ ー イ ! 天 才 シ ェ フ は 16 歳 ト バ ー ナ ー ド 。 時 折 、 塀 に 手 を か け て 立 ち 上 が り 、 ヌ ポ ー っ と 顔 を 出 し て は 、 道 行 く 人 々 を 驚 か せ て い る 。 名 前 の 由 来 は 、 お じ い ち ゃ ん が 大 フ ァ ン の モ ナ コ 王 女 に ま で な っ た ハ リ ウ ッ ド 女 優 に ち な ん だ の だ そ う な 。 お じ い ち ゃ ん の 旅 行 中 、 息 吹 と 哲 朗 が そ の イ ン グ リ ッ ト の 世 話 を 引 き 受 け て い て 、 昴 も 一 昨 日 か ら そ れ に 加 わ っ て い る 。 イ ン グ リ ッ ト に お や す み を 言 っ て キ ッ チ ン に 戻 っ た ら 、 雛 は テ ー プ ル に 手 を 重 ね 、 そ の 上 に 頭 を 乗 せ て 眠 っ て し ま っ て い た 。 そ の や わ ら か に 閉 じ た ま ぶ た の 裏 で 、 薄 茶 色 の 瞳 が あ ん な に 強 く 寂 し げ な 光 を 宿 し て い た と は 思 え な い よ う な 、 あ ど け な い 寝 顔 を 見 せ て : お と と

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


272 ぎ よ う ぎ に 行 儀 悪 く 座 っ て 、 今 回 の ク シ ャ ミ だ け じ ゃ な く 、 こ こ 数 年 、 何 百 回 と そ ん な 負 担 を か け て い た の で す よ ね 。 後 悔 し き り で す ( ち ゃ ん と 修 理 し て 下 さ る 方 を 見 つ け て 、 元 通 り に し て も ら お う と 思 い ま す ) 。 新 し い 椅 子 の 方 は 、 ″ 自 分 に と っ て い ち ば ん 座 り や す い 形 が 作 れ る 椅 子 〃 と い う キ ャ ッ チ フ ご こ ち た が レ ー ズ に 違 わ ず 、 座 り 心 地 は な か な か で す 。 よ う つ い 背 も た れ の カ ー プ は 腰 椎 に フ ィ ッ ト す る し 、 ひ じ 掛 け の 高 さ も 幅 も 調 節 で き る し 、 実 の と こ ろ 、 機 能 性 は 今 ま で の よ り も 数 段 上 。 で も 、 壊 れ た 椅 子 へ の 愛 着 は 増 す ば か り で す 。 お じ い ち ゃ ん が 黙 々 と 仕 事 を す る 姿 を 目 に し て 、 あ あ い う 人 が 本 物 の 職 人 っ て 言 う ん だ ろ う な あ ・ : 、 す ご い 職 人 さ ん が 手 掛 け る も の は 芸 術 な ん だ な あ ・ : な ど と 感 じ た の を 思 い 出 し ま し か っ こ う 本 当 に 職 人 さ ん は 恰 好 い し 痺 れ ま す い と い う わ け で ( か な り 強 引 な 運 び で す が : ・ ) 、 今 回 の 物 語 の 主 人 公 は 、 料 理 の 職 人 、 シ ェ フ み た か す ば る の 三 鷹 昂 と い う 少 年 で す 。 十 六 歳 な が ら 、 既 に 一 〇 年 以 上 の 厳 し い 修 業 を 積 ん だ 天 才 シ ェ フ で す が 、 ま だ ま だ ヒ ョ ッ 子 ば う ず の や ん ち ゃ 坊 主 。 こ 。

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


昴 は 雛 に い て 、 「 こ い つ が 立 ち 入 り 過 ぎ 」 と 、 哲 朗 の 後 頭 部 を ペ シ ッ と 叩 い て 見 せ た 。 姪 っ 子 が 外 部 の 人 間 と 話 す こ と を 嫌 う と い う の も お か し な 話 で 、 今 ま で の 一 連 の 流 れ か ら 、 芳 賀 氏 は や は り 、 雛 に 何 ら か の 苦 痛 を 与 え て い て 、 そ れ を 外 に 漏 ら さ れ る と 困 る か ら じ ゃ な い じ や す い か な ど と 邪 推 も し て し ま う 。 だ か ら 、 昴 も 内 心 で は 、 そ の 事 情 を 聞 い て 雛 か ら 黙 っ て い ら れ な い よ う な 応 え が 返 っ て 来 た な ら 、 す ぐ に で も 何 と か し た い と 思 っ た け れ ど 、 今 、 彼 女 は や っ と 少 し だ け 心 を 開 い て く れ た に 過 ぎ な い の だ 。 そ の 事 情 に 踏 み 込 む に は 時 期 と い う も の が あ る 。 と 言 う わ け で 、 こ の 場 は 、 歳 「 で も 、 何 か あ っ た ら 、 い つ で も 言 っ て 来 て よ 」 フ と 、 付 け 加 え る だ け に と ど め た 。 工 シ 才 天 雛 が そ の 目 に 一 瞬 、 涙 を 戻 し て 言 葉 を 詰 ま ら せ た の は 、 昴 の 掛 け た 言 葉 を 余 計 な お 節 介 と し う れ イ て で は な く 、 む し ろ 、 嬉 し く 受 け 止 め て く れ た こ と を 物 語 っ て い る 。 ポ 「 そ , つ よ 。 こ れ か ら は 、 、 し つ で も 遊 び に 来 て ね 」 グ 息 吹 が 言 葉 ど お り の 歓 迎 の 笑 み を 向 け る と 、 ン キ 「 ・ : あ り が と う ご ざ い ま す 」 雛 は 深 く 頷 き 、 そ う し て 上 げ た 顔 に は 得 も 言 わ れ ぬ 穏 や か な 表 情 を 浮 か べ て い た 。 そ れ か ら 三 人 は 、 雛 を 送 り 届 け に ト レ ー ラ ー ハ ウ ス を 出 た 。 175 せ つ か い

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


こ ぬ ま ・ ま り こ 11 月 13 日 生 ま れ 。 蠍 座 。 A 型 。 東 京 都 在 住 。 明 の 星 女 子 短 期 大 学 フ ラ ン ス 語 科 卒 。 イ ギ リ ス 留 学 後 、 銀 行 、 証 券 会 社 動 務 。 「 一 人 暮 ら し ア バ ー ト 発 Wa 。 プ ラ ン ド 」 で 、 2000 年 度 ノ ベ ル 大 賞 入 選 受 賞 。 コ バ ル ト 文 庫 に r*Rude GirlJ 「 青 山 電 脳 倶 楽 部 」 シ リ ー ズ が あ る 。 ピ ア ス と 太 陽 グ ッ ズ を 集 め て い る 。 散 歩 & 旅 行 好 き 。 最 近 、 写 真 を 習 い 始 め た 。 主 な 被 写 体 は 興 味 深 い 人 々 。 天 才 シ ェ フ は 1 6 歳 ク ッ キ ン グ ☆ ポ ー イ ! COBALT-SERIES 2003 年 6 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 小 沼 ま り 子 谷 山 尚 義 株 式 集 英 社 会 社 〒 101 ー 8050 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 ◎ MARIKO KONUMA 2003 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 凸 版 印 刷 株 式 会 社 Printed in Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 乱 丁 ・ 落 丁 ( 本 の べ ー ジ 順 序 の 間 違 い や 抜 け 落 ち ) の 場 合 は お 取 り 替 え 致 し ま す 。 購 入 さ れ た 書 店 名 を 明 記 し て 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り 下 さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え 致 し ま す 。 但 し 、 古 書 店 で 購 入 し た も の に つ い て は お 取 り 替 え 出 来 ま せ ん 。 I S B N 4 -0 8-6 0 0 2 8 0-9 C 01 9 3

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


周 囲 に 集 ま っ た 大 学 生 の ギ ャ ラ リ ー た ち か ら 、 や ん や の 喝 采 が 起 こ る 。 一 ア イ 、 ・ ハ ー ス デ ー バ 「 あ り が と う ご ざ い ま し た 。 デ リ バ リ ー ・ シ ェ フ ・ 三 鷹 で す 。 ホ ー ム 。 ハ い つ ば う う け た ま わ ー テ ィ な ど な ど 、 シ ェ フ の 出 張 を 承 っ て ま す ! ご 必 要 の 際 に は ど う ぞ ご 一 報 下 さ い ! 」 昴 は 声 を 張 り 上 げ て 、 ビ ラ を 配 り 始 め た 。 せ つ か く 集 め た ギ ャ ラ リ ー た ち が 散 っ て し ま わ な い う ち に 素 早 く 差 し 出 し て い く 。 は け ん た い こ ば ん う ち は シ ョ ー ネ ン 天 才 シ ェ フ を 派 遣 し ま す か ら ね 。 あ の 超 難 関 、 「 は い は 、 、 味 は 太 鼓 判 ー よ こ は ま 横 浜 の 新 人 シ ェ フ コ ン ク ー ル で 、 な ん と ! 優 勝 の 保 証 付 い 」 哲 朗 も ピ ー ナ ツ ツ を も ぐ も ぐ さ せ な が ら 、 ビ ラ を ひ ょ い ひ ょ い と 手 渡 し 始 め た 。 こ う し て ビ フ ラ 巻 き を す る 時 は よ れ よ れ マ ン ト を 脱 い で 、 長 髪 に は バ ン ダ ナ を 巻 き 、 彼 の オ リ ジ ナ ル シ ャ お ツ 姿 に な る 。 天 「 天 才 シ ェ フ と か 言 う な よ ! 」 イ 昴 は ギ ャ ラ リ ー に は 笑 顔 で ビ ラ を 配 り な が ら 、 哲 朗 に 後 ろ 蹴 り を 入 れ た 。 彼 も 頭 に バ ン ダ も ど ポ ナ 、 哲 朗 の オ リ ジ ナ ル e シ ャ ツ を 着 て い る 。 仕 事 だ か ら 、 哲 朗 と ペ ア ル ッ ク 擬 き も 仕 方 な い 。 グ こ の 数 時 間 、 二 人 は 場 所 を 転 々 と し な が ら 、 こ ん な ス タ イ ル で ビ ラ 配 り を 繰 り 返 し 、 ト レ ー ン ッ ラ ー ハ ウ ス を 出 た 昼 過 ぎ に 自 転 車 に 積 ん だ ビ ラ 入 り 段 ボ ー ル 箱 の 中 は 、 あ と も う 一 カ 所 く ら い か ら ク で 空 に な る は ず だ っ た 。 今 日 は 哲 朗 の 高 校 の 創 立 記 念 日 で 、 昴 は こ ん な ふ う に 昼 か ら す っ と 彼 と 行 動 を 共 に し て い か っ さ い

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


「 雛 さ ん 。 こ っ ち 、 こ っ ち 」 息 吹 が 手 招 き す る と 、 雛 は 嬉 し い 驚 き の 表 情 を 浮 か べ て 足 を 速 め 、 三 人 の 前 で 立 ち 止 ま っ た 。 階 段 の 壁 の 陰 に 入 っ て : 「 待 っ て て 下 さ っ た ん で す か ? 」 「 そ う な の 。 お 話 、 聞 い ち ゃ っ て : ・ 。 ご め ん な さ い 」 い い ん で す 。 そ れ よ り 、 わ た し : ・ 」 か ぶ 雛 が っ と 詰 ま ら せ た 言 葉 に 、 お ば さ ん の 声 が 被 さ っ た 。 「 雛 ち ゃ ん ? 」 フ と 、 彼 女 を 追 っ て 来 た の だ ろ う 、 足 音 も 聞 か せ る 。 工 シ 「 : ・ わ た し 、 帰 り た い ん で す 」 才 と っ さ 天 雛 の 戸 惑 っ た 表 情 を 目 に し て 、 昴 は 咄 嗟 に 彼 女 の 腕 を 取 り 、 イ 「 よ し 、 行 こ う ! 」 ポ と 、 階 段 を そ っ と 駆 け 下 り 始 め た 。 息 吹 と 哲 朗 も 付 い て 来 る 。 ☆ グ こ う し て 三 人 は 、 一 日 の う ち に 二 度 も 雛 を 連 れ 去 る こ と に な っ た の だ っ た 。 ン キ ク い っ た ん あ か 昴 は 息 吹 と 哲 朗 と 共 に 雛 を 連 れ 、 一 旦 、 灯 り を 点 け 放 し た ま ま の ト レ ー ラ ー っ ) 0 う れ っ ハ ウ ス に 戻 っ