検索 - みる会図書館

検索対象: 全寮制男子校物語!【初恋篇】

全寮制男子校物語!【初恋篇】から 236件ヒットしました。

全寮制男子校物語!【初恋篇】


く 好 評 発 売 中 〉 コ バ ル ト 文 庫 ク ッ キ ン ク ☆ ボ ー イ / 天 才 シ ェ フ は 16 歳 道 を 歩 み 出 す が ・ ・ ・ ! ? 閉 ざ し た は す の 料 理 の た 義 姉 息 吹 の た め に リ ー シ ェ フ を 始 め て い 再 建 を 目 指 し て テ リ バ 気 丈 に 父 の レ ス ト ラ ン 戻 っ た 昴 。 兄 と 別 れ 、 す 一 工 る 父 の 悲 報 を 受 け 、 家 に イ ラ ス ト / 雨 宮 カ ズ ユ キ 小 沼 ま り 子

全寮制男子校物語!【初恋篇】


恋 愛 少 年 恋 愛 少 年 く 好 評 発 売 中 〉 天 才 レ ー サ ー の SF ボ ー イ ズ ロ マ ン ! ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ コ バ ル ト 文 庫 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ イ ラ ス ト / 極 楽 院 櫻 子 く 恋 愛 少 年 〉 シ リ ー ズ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 星 の 彼 方 の ラ ヴ マ シ ン 幸 福 な 生 活 を 一 夜 に し て 失 っ た 少 年 ュ イ ン 。 辺 境 の 星 ・ ギ ャ ガ で リ ュ ウ ガ に 拾 わ れ 、 愛 と 屈 辱 の 日 々 を 送 る こ と に な り ! 美 少 女 レ ー サ ー イ サ と し て 恋 人 リ ュ ウ ガ と と も に ヴ ォ ー ク 星 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ を 訪 れ た ユ イ ン 。 マ シ ン ジ ャ ド を 奪 わ れ た 彼 ら の 運 命 は ・ ・ ・ 。 . / ー / 電 ◆ 愛 と 死 の ラ ヴ メ カ ニ ズ ム ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

全寮制男子校物語!【初恋篇】


「 ち え 。 よ く 一 『 一 口 う ぜ 」 言 い 返 し な が ら レ キ は ま ん ざ ら で も な い 顔 を し て い る 。 く つ じ よ く 菱 田 は レ キ を 見 抜 く 。 レ キ が こ の 身 も 心 も 大 き な 男 に そ う さ れ る こ と を 、 屈 辱 で は な く 心 地 よ い と 感 じ る よ 、 フ に な っ た の は 、 わ り と 最 近 の こ と だ 。 ケ ン カ は 強 い く せ に 、 手 先 は 無 器 用 。 手 先 は 無 器 用 な く せ に 、 ピ ア ノ を 弾 く 。 そ う し て 創 り 出 さ れ る ピ ア ノ の 音 は キ セ キ を 起 こ す 。 専 科 の 教 師 が レ キ を 天 才 と 呼 ぶ の を 何 度 か 耳 に し た こ と が あ る 。 実 際 、 菱 田 に は よ く わ か ら な い が 、 有 名 な コ ン ク ー ル で 優 勝 し た 経 歴 も 幾 度 か あ る ら し い 。 消 菱 田 は 初 め て レ キ の ピ ア ノ を 聴 い た と き の こ と を 思 い 出 し た 。 ひ と 誰 も い な い 放 課 後 の 音 楽 室 で 、 レ キ は た っ た 独 り で い た 。 彼 は 独 り で な け れ ば 遊 べ な い 。 ク ラ シ ッ ク 音 楽 な ど 興 味 も な か っ た 菱 田 が 、 生 ま れ て 初 め て ピ ア ノ の 音 に 泣 か さ れ た 。 校 後 藤 暦 は ア ン バ ラ ン ス を 絵 に 描 い た よ う な 少 年 だ っ た 。 男 理 解 さ れ る こ と に も 慣 れ て い な か っ た 。 菱 田 以 外 に レ キ を 見 抜 く こ と が で き る 人 間 は 今 で も 制 か い む 寮 皆 無 に 等 し い と 言 っ て い し 「 ど う し た ? ふ う と た め 息 を つ い た レ キ に 菱 田 が 気 づ い て 訊 く 。 レ キ が 肩 を す く め て 言 っ た 。 ご ロ

全寮制男子校物語!【初恋篇】


「 、 ツ ハ ア 、 校 内 賭 博 ! 流 行 っ た よ な あ ! 」 ど う や ら イ ロ イ ロ や っ て い た の は レ キ だ け で は な い ら し い 。 理 久 は な じ み の な い 単 語 の 連 発 に 目 を み は っ て し ま 、 フ 。 レ キ も そ う と う だ っ た よ う だ が 、 ど う や ら 他 の メ ン バ ー た ち も 一 年 の 頃 に は か な り ゃ ん ち ゃ だ っ た と 思 わ れ た 。 ひ し だ 「 元 締 め 、 途 中 で 変 わ っ た ろ ? 最 初 レ キ で 、 後 か ら 菱 田 に な っ た ん だ っ け ? 「 そ ー そ 、 レ キ に や ら せ っ と 、 キ レ て ば っ か で 勝 負 っ か ね え か ら よ 」 「 け ど あ ん 頃 は 菱 田 も イ ツ ち ゃ っ て た よ な ー 。 よ く あ の 菱 田 を 手 な づ け た よ な 。 て え か 、 レ キ が 手 な づ け ら れ た の か 」 「 う っ せ え な あ 。 て め え ら だ っ て さ ん ざ ん フ ト コ ロ あ っ た か く し て た じ ゃ ね え か 。 オ レ ば っ か じ ゃ ね え っ て の 」 「 な に 言 っ て ん だ よ 、 お ま え と ナ カ ジ ョ ー は 別 格 だ っ た っ ち ゅ ー の 」 「 そ ー そ ー 、 天 才 ど う し 、 よ く ま あ ツ ル ん で く れ た ぜ 」 校 「 そ ー い や ナ カ ジ ョ ー が 美 術 部 で 描 い て た エ ロ 絵 、 あ り や よ か っ た ぜ 。 春 画 っ て の ? 男 「 え 。 中 条 っ て 美 術 部 だ っ た ん す か ? 」 寮 そ れ も 理 久 に は 初 耳 だ 。 中 条 が 絵 を 描 い て い る と こ ろ な ど 想 像 も っ か な い 。 「 あ あ 。 専 科 じ ゃ ね え け ど 、 あ い っ 専 科 の や つ ら よ り 上 手 い ぜ え 。 あ い つ に 描 か せ る と 、 レ キ ま で 色 つ べ え の な ん の っ て 」

全寮制男子校物語!【初恋篇】


い ろ ど 彫 り の 深 い 西 洋 人 系 の 面 立 ち を し て い る 和 士 の 印 象 は た だ で さ え 鋭 い 。 濃 い 黒 髪 に 彩 ら れ た 端 正 な 顔 は 、 薄 い 色 の 上 着 の 上 で な お い っ そ う 鋭 さ を 増 し 、 細 い シ ル バ ー フ レ ー ム の 眼 鏡 か ら 一 暼 さ れ れ ば そ れ だ け で 、 た い て い の 生 徒 は 身 動 き で き な く な っ て し ま う の だ っ た 。 だ て た だ し 、 実 は こ の 眼 鏡 は 伊 達 で あ る 。 そ の 事 実 を 知 っ て い る 者 は ほ と ん ど い な い 。 京 夜 だ け よ 日 ; つ 」 っ つ 」 ゞ 。 ~ ー ロ ガ ネ / ネ / , 刀 そ の 京 夜 は プ ラ ウ ン の タ ー タ ン ・ プ レ ザ ー を 着 け て い た が 、 サ ロ ン に 入 る と そ れ を 脱 い で 、 和 士 に 預 け た 。 プ レ ザ ー の 下 に は オ ー プ ン ・ カ ラ ー の 白 い シ ャ ツ 、 そ の 上 に 薄 い オ リ ー プ 色 の あ こ が ニ ッ ト ベ ス ト を 品 良 く 重 ね て い る 。 京 夜 の セ ン ス の 良 さ は 全 校 生 徒 の 憧 れ の 的 で も あ っ た 。 ふ た り が サ ロ ン に 入 っ て く る と 、 下 級 生 の ひ と り が す ぐ さ ま 、 温 め た 専 用 の カ ッ プ に 紅 茶 を 注 い で 運 ん で く る 。 京 夜 は 和 士 の 手 か ら 紅 茶 の カ ッ プ を 受 け 取 る と 、 そ れ を そ っ と 譜 面 台 の 上 に 置 い た 。 楽 譜 は な し 。 譜 面 台 は 後 ろ へ 倒 さ れ た ま ま だ 。 数 え た こ と は な か っ た が 、 三 歳 の 頃 か ら 人 々 の 注 目 を 集 め て き た 才 能 は 、 こ れ ま で に 弾 い た す べ て の ピ ア ノ 曲 を そ の 頭 脳 に イ ン ブ ッ ト さ せ て い た 。 「 京 夜 」 ピ ア ノ の そ ば に 立 っ て い た 和 士 が 体 を 傾 け 、 何 ご と か を 京 夜 の 耳 元 に さ さ や く 。 京 夜 が 軽 く か す う な す き 、 微 か に 口 元 を ほ こ ろ ば せ た 。 い ち べ っ

全寮制男子校物語!【初恋篇】


190 や つ ば り 天 才 と 言 わ れ る 人 の こ と は よ く わ か ら な い と 、 異 星 人 を 見 る 目 を 向 け て し ま う 理 久 で あ る 。 「 そ れ に し て も こ の 部 屋 、 ポ ス タ ー だ ら け っ す ね 。 こ っ ち は 菱 田 先 輩 の 趣 味 っ す か ? 」 理 久 の 目 を み は ら せ た の は 本 の 多 さ だ け で は な か っ た 。 所 せ ま し と 貼 ら れ た ポ ス タ ー は 壁 の す き 間 を 埋 め 、 さ ら に 天 井 ま で も 一 一 枚 の 大 判 ポ ス タ ー で い つ ば い に さ れ て い る 。 た い て い は レ ス ラ ー や ボ ク サ ー な ど の た く ま し い 体 が 写 さ れ た も の で 、 素 晴 ら し い 筋 肉 が て か て か と 光 っ て い る ポ ス タ ー ば か り だ 。 「 う に や 。 そ れ も オ レ の 趣 味 。 菱 田 ん ち か ら も ら っ た の も あ る け ど な 」 「 菱 田 先 輩 の う ち っ て ? 「 あ あ リ ク 知 ん ね え ん だ っ け 。 こ い つ ん ち 、 ボ ク シ ン グ ジ ム 」 「 え つ 、 そ う だ っ た ん す か ? 道 理 で 強 い は す っ す ね 」 ム テ キ 「 ウ ン 。 菱 田 、 無 敵 」 レ キ が 本 当 に 、 フ れ し そ う に 一 一 一 一 口 う 。 こ 、 フ い う ポ ス タ ー に 囲 ま れ て い る と 、 レ キ の 好 き な タ イ プ き た も わ か る と い う も の だ 。 菱 田 の 鍛 え ら れ た 体 格 は レ キ の 好 み な ん だ ろ う 。 ( し ゃ あ 昨 日 の ヤ ツ も タ イ プ な の か ? ま あ 、 背 は 高 か っ た よ な ) お う か と 昨 夜 桜 花 学 院 高 校 に 潜 入 し た と き の こ と を 思 い 出 し か け 、 ふ と 菱 田 を 見 つ め て し ま う 。 こ の 人 は 昨 夜 の こ と を 知 ら さ れ て い る の だ ろ う か ?

全寮制男子校物語!【初恋篇】


絶 対 的 な 権 力 を 誇 る 学 院 の 総 統 と し て 君 臨 す る の が 西 ノ 宮 和 士 で あ る と し た ら 、 榎 本 京 夜 は そ の 絶 対 君 主 を サ ポ ー ト す る 影 だ っ た 。 彼 の 名 が 表 に 出 る こ と は め っ た に な い が 、 裏 で さ さ や か れ る こ と は 少 な く な い 。 規 律 の 厳 し い 桜 花 学 院 寮 で は 、 違 反 者 の 数 も そ れ な り に 多 か っ た の だ が 、 こ の ふ た り の 巨 頭 体 制 が 敷 か れ て か ら は 、 そ の 数 は 激 減 し て い た 。 防 音 設 備 の 完 備 し た サ ロ ン を 自 由 に 使 う 権 利 を 彼 に 与 え た の は 、 西 ノ 宮 和 士 で あ る 。 サ ロ ン 中 央 に 置 か れ た 白 い グ ラ ン ド ピ ア ノ を 彼 に 使 わ せ る た め だ 。 京 夜 自 身 は そ の 稀 有 な 才 能 を 人 前 に さ ら す こ と は 今 も っ て 好 ま な か っ た が 、 和 士 の 望 む 曲 な ら ば と 、 こ の 月 に 一 度 の サ ロ ン で の 演 奏 会 を 承 諾 し て い た 。 今 夜 サ ロ ン に 集 ま っ た 少 年 た ち は 引 ほ ば 全 員 、 榎 本 京 夜 の 熱 烈 な 信 者 だ と 言 え る 。 な か に は 教 師 の 顔 も ち ら ほ ら と 見 ら れ た 。 恋 古 い 柱 時 計 が ゆ っ く り と 午 後 七 時 を 告 げ る 。 や が て そ の 人 が 奥 の 扉 か ら 姿 を 現 し た 。 生 徒 会 長 と 一 緒 だ 。 み な 彼 が 騒 が し く さ れ る こ と を 語 物 好 ま な い と 知 っ て い る の で 、 あ え て 拍 手 は せ ず 、 熱 烈 な 視 線 を 送 る に と ど め る 。 え り 子 桜 花 学 院 の 制 服 の 上 着 は 、 オ フ ホ ワ イ ト で 袖 の 部 分 に ラ イ ン の 入 っ た 詰 め 襟 の も の と 、 ラ フ 男 贐 な チ ェ ッ ク 地 の タ ー タ ン ・ プ レ ザ ー の 一 一 種 類 が あ っ た が 、 生 徒 会 長 ・ 西 ノ 宮 和 士 は オ フ ホ ワ イ 全 ト の ほ う を 好 ん で 着 る 。 そ れ を 襟 の ホ ッ ク ま で き っ ち り と 留 め て い る と 、 白 い 軍 服 の よ う に 見 え な く も な か っ た 。 そ で

全寮制男子校物語!【初恋篇】


コ ノ ヾ ル ト 文 庫 雑 誌 Cob 引 t ワ ベ ル 大 賞 恒 マ ン 大 賞 」 募 集 中 ! さ せ 、 ベ ス ト セ ラ ー 作 家 の 仲 間 入 り を 目 指 し て み ま せ ん か ー ば 、 特 に ジ ャ ン ル は 問 い ま せ ん 。 あ な た も 、 自 分 の 才 能 を こ の 賞 で 開 花 つ く 「 ロ マ ン 大 賞 」 。 と も に 、 コ バ ル ト の 読 者 を 対 象 と す る 小 説 作 品 で あ れ 門 で 新 人 賞 の 性 格 も あ る 「 ノ ベ ル 大 賞 」 、 長 編 部 門 で す ぐ 出 版 に も む す び ト 小 説 の 新 し い 書 き 手 の 方 々 の た め に 、 広 く 門 を 開 い て い ま す 。 中 編 部 集 英 社 コ バ ル ト 文 庫 、 雑 誌 Coba は 編 集 部 で は 、 エ ン タ ー テ ィ ン メ ン く 大 賞 入 選 作 > 正 賞 の 楯 と 副 賞 100 万 円 く 佳 作 入 選 作 〉 正 賞 の 楯 と 副 賞 50 万 円 ( 税 込 ) ノ ベ ル 大 賞 【 応 第 原 稿 枚 数 】 40 咤 詰 め 縦 書 き 原 稿 甲 紙 9 ト 10 畊 鬼 【 締 切 】 毎 年 7 月 10 日 ( 当 日 消 日 陏 効 ) 【 応 募 資 格 】 男 女 ・ は 問 い ま せ ん が 、 新 人 に 限 り ま す 。 【 入 選 発 表 】 締 麦 0 蹐 月 魅 Coba は 12 月 号 誌 上 ( お よ び 12 月 刊 の 文 庫 の チ ラ シ 誌 上 ) 。 大 賞 ス 還 作 も 同 誌 上 に 掲 【 原 稿 宛 先 】 〒 101 ー 8050 棘 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 株 ) 集 英 社 コ バ ル ト 部 「 ノ ベ ル 大 賞 」 係 ※ な お 、 ノ ベ ル 大 賞 の 最 終 イ 作 読 者 審 査 員 の 審 査 に よ っ て 選 ば れ る 「 ノ レ 大 賞 ・ 読 者 大 賞 」 ( 大 賞 . ス 作 は 正 賞 の 楯 と 副 賞 50 万 円 ) の 対 象 に な り ま す 。 ロ マ ン 大 賞 【 応 募 原 稿 枚 数 】 40 詰 め 縦 書 き 原 稿 用 紙 25 ト 35 財 鬼 【 締 切 】 毎 年 1 月 10 日 ( 当 日 消 印 有 効 ) 【 応 募 資 格 】 男 女 ・ ・ プ ロ ・ ア マ を 問 い ま せ ん 。 【 入 選 発 表 】 締 麦 の 隔 月 甲 魅 C 。 b 引 t8 月 号 誌 上 ( お よ び 8 月 刊 の 文 庫 の チ ラ シ 誌 上 ) 。 大 賞 . ス 作 は コ バ ル ト 文 庫 で 出 版 ( そ の 際 に 広 集 英 社 の 規 定 に 基 づ き 、 E 財 見 を お 支 払 い い た し ま す ) 。 【 原 稿 宛 先 】 〒 101 ー 8050 棘 都 千 イ 弋 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 株 ) 集 英 社 コ バ ル ト 験 部 「 ロ マ ン 大 筧 係 ☆ 応 募 に 関 す る く わ し い 要 項 は 隔 月 刊 誌 Coba に ( 1 月 、 3 月 、 5 月 、 9 月 、 11 月 の 18 日 発 売 ) を ご ら ん く だ さ い 。 7 月 、

全寮制男子校物語!【初恋篇】


「 小 学 生 の と き 、 ピ ア ノ コ ン ク ー ル に 出 た こ と が あ る 。 親 が 見 栄 つ ば り だ っ た せ い も あ っ て 、 私 の ピ ア ノ 教 師 は 優 秀 で 、 私 は 本 選 ま で 残 っ た 」 「 す ご い ね 」 「 私 も そ う 思 っ て い た 。 本 選 で あ い つ が 弾 く の を 聴 く ま で は 」 「 あ い っ ? 」 「 私 と 同 し 歳 の 少 年 だ っ た 。 そ い つ は 腕 に ケ ガ を し て い た ん だ 。 し か も そ の 傷 は 前 の 日 に 大 と 遊 ん で い て つ け た 傷 だ と い う 。 私 は コ ン ク ー ル 前 日 は フ ォ ー ク よ り 重 い も の は 持 た せ て も も ら え な か っ た ん だ が 」 和 士 は く っ と ロ の 端 で 笑 う 。 「 結 局 、 優 勝 し た の は そ い つ で 、 私 は 一 一 位 だ っ た 。 だ が 一 位 と 一 一 位 と の 差 は 歴 然 と し て い た 。 私 に は そ れ が わ か っ た ん だ 。 私 が 弾 い た の は そ い つ の 後 で 、 私 は ズ タ ポ ロ だ っ た 。 な ん で あ れ で 二 位 な の か 疑 問 だ っ た よ 。 い ま 思 う と 、 西 ノ 宮 の 名 前 が 効 い た ん だ な 」 「 そ れ が シ ョ ッ ク だ っ た ? き よ う さ い 「 い や 。 そ ん な こ と は よ く あ る こ と だ 。 日 本 画 の 大 家 ・ 榎 本 京 斎 を 父 に 持 つ お ま え に な ら わ か る だ ろ う ? そ の ぐ ら い の こ と な ら 記 億 に も 残 ら な か っ た は ず だ 。 だ が 、 私 は は っ き り と 記 億 し て い た 。 優 勝 し た そ い つ に 付 き 添 っ て い た 父 親 の 顔 を 」 「 父 親 ? そ の 子 の お 父 さ ん が ど う か し た の ?

全寮制男子校物語!【初恋篇】


220 「 和 士 、 あ ん た し ゃ な き や ダ メ だ 。 ダ メ だ よ 、 和 士 。 だ っ て オ レ あ ん た が 」 好 き な ん だ 。 レ キ が そ う ロ に す る よ り 早 く 、 和 士 は レ キ の 体 を 抱 き し め て い た 。 「 あ っ 、 う つ 」 む さ ぼ 差 し 伸 べ て い た 両 腕 を 引 き す り あ げ ら れ 、 く ち び る を 貪 ら れ る 。 永 遠 よ り も 長 い キ ス が 始 ま っ て し ま っ た 。 も う 後 戻 り は で き な い 。 ど ち ら も が そ れ を 感 し て い た 。 危 険 で 無 謀 で 今 に も 負 け そ う な 賭 け だ 。 和 士 に と っ て は さ ら に 破 滅 的 で 不 条 理 な 選 択 だ っ た 。 な の に そ の 誘 惑 に 翻 弄 さ れ て い た 。 な ぜ こ ん な ふ う に な っ て し ま う の か わ か ら な い 何 も か も わ か ら な い ま ま 、 渦 の 中 に 巻 き こ ま れ る 。 な ぜ 彼 で な け れ ば だ め だ と 思 っ て し ま う の か 長 い 沈 黙 の 時 間 が 始 ま る 愛 も 苦 し み も そ し て 愛 の た め の 憎 し み も 永 遠 の 果 て へ と 向 か う 一 七 歳 の 僕 ら の 果 て へ ほ ん ろ う