検索 - みる会図書館

検索対象: 写楽 仮名の悲劇

写楽 仮名の悲劇から 475件ヒットしました。

写楽 仮名の悲劇


北 斎 に 写 楽 絵 は 描 け な か っ た 天 才 に は 、 早 熟 の 天 才 と 晩 熟 の 天 才 と が あ る 。 先 に あ げ た 天 才 に つ い て い え ば 、 京 伝 は 早 熟 の 天 才 で あ る に 対 し て 、 歌 麿 は 中 熟 の 天 才 と で も い う べ き で あ ろ う が 、 北 斎 二 七 六 〇 5 一 八 四 九 ) は ま さ に 晩 熟 の 天 才 で あ ろ う 。 北 斎 は 七 十 五 歳 の 時 に 『 富 嶽 三 十 六 景 』 な る 錦 絵 才 に つ づ い て 、 『 富 嶽 百 景 』 な る 絵 本 を 出 版 し 、 や っ と 七 十 歳 を 超 え て 一 人 前 の 絵 描 き に な っ 2 た 。 そ し て 八 十 、 九 十 と 進 歩 し 、 百 歳 を 超 え て 神 妙 な 域 に 至 ら ん と 言 い 愛 好 者 に ど う か 長 る 生 き を し て 、 自 分 の 良 き 絵 を 見 て ほ し い と 言 っ た 。 北 斎 が あ の 有 名 な 『 富 嶽 三 十 六 景 』 を 描 め い た の は , ハ 十 歳 か ら 七 十 歳 に か け て で あ る 。 そ し て 彼 は 九 十 歳 ま で 生 き 、 死 ぬ ま で 絵 を 描 き つ づ け た 。 彼 は 浮 世 絵 師 と し て 異 例 な 大 器 晩 成 の 絵 師 で あ っ た 。 し か し 、 寛 政 六 年 、 三 十 五 元 歳 で あ っ た 北 斎 は 当 時 で も か な り 有 名 で あ っ た 。 そ れ は 、 こ れ よ り 少 し 後 に 書 か れ た 、 例 の そ う り な ん ほ 大 田 南 畝 の 『 浮 世 絵 考 証 』 に お い て 、 北 斎 が 宗 理 と 春 朗 の 名 で ふ れ ら れ て い る こ と に よ っ て 章 し ゅ ん し よ う 第 も 明 ら か で あ る 。 彼 は 勝 川 春 章 二 七 二 六 ・ ) 九 一 l) の 弟 子 と し て 、 春 章 ば り の 役 者 絵 や 美 人 ひ と か ど 画 を 描 い た 。 も ち ろ ん 、 そ こ に お い て も 彼 は 一 廉 の 才 能 を 示 し た が 、 し か し 彼 は 在 来 の 役 者 絵 に も 美 人 画 に も 満 足 し な か っ た 。 寛 政 六 年 に 勝 川 派 か ら 除 名 さ れ た 北 斎 は 、 春 朗 の 名 を 宗 か の う 理 に 改 め 、 も つ ば ら 狂 歌 の 挿 絵 に 打 ち 込 ん だ 。 彼 は 狩 野 派 や 宗 達 派 や 土 佐 派 ば か り か 西 洋 画 の 技 術 も 学 び 、 大 き な 飛 躍 を 期 し て い る 時 で あ っ た 。 彼 の 名 が 強 く 江 戸 の 芸 術 フ ァ ン に 印 象 ば き ん す い こ が で ん づ け ら れ た の は 彼 が 北 斎 を 名 乗 り 、 馬 琴 と と も に 『 新 編 水 滸 画 伝 』 を 描 き は じ め て か ら で あ 137 し ゅ ん ろ う

写楽 仮名の悲劇


ゆ ら て つ じ 説 を 唱 え る 由 良 哲 次 氏 と 同 一 で あ る が 、 由 良 氏 の 説 か ら 思 い っ か れ た の か も し れ な い 。 確 か に 寛 政 七 年 に は 京 伝 の 黄 表 紙 の 作 品 は な い 。 し か し 寛 政 六 年 に は 『 金 々 先 生 造 化 夢 』 を は じ め 、 実 に 十 点 の 作 品 を 刊 行 し て い る 。 そ し て 寛 政 六 年 か ら 七 年 に か け て 、 亡 妻 の 喪 に 服 し 、 す る が 喪 が 明 け た 後 百 日 間 、 相 州 や 伊 豆 や 駿 河 を 旅 行 し 、 帰 っ て ま た 銀 座 一 丁 目 の 父 の 支 配 下 の 医 師 の 売 家 を 買 っ て 移 転 し た と 考 え ら れ る 。 こ う い う 状 況 の 中 で 、 京 伝 が あ の 恐 る べ き 労 力 を 要 す る 写 楽 絵 百 四 十 二 枚 の 制 作 を 行 っ た と は 思 え な い の で あ る 。 天 の 私 が 写 楽 Ⅱ 山 東 京 伝 説 を 採 用 で き な い 最 も 大 き な 理 由 は 、 や は り 芸 術 家 に は 芸 術 家 と し て る の 一 貫 し た 生 命 の 流 れ が あ る と 考 え る か ら で あ る 。 天 明 七 年 、 二 十 七 歳 か ら 彼 は 色 摺 絵 本 、 め 錦 絵 の 筆 を 断 ち 、 寛 政 三 年 か ら 自 作 の 黄 表 紙 の 挿 絵 に さ え 筆 を と ら な く な っ て し ま っ た 。 小 を 屋 説 や 絵 を か い た り す る 芸 術 家 な ら ば 誰 で も わ か る こ と で あ る が 、 い っ た ん 筆 を と る こ と を 中 元 断 し た ら 、 な か な か 筆 は 進 む も の で は な い の で あ る 。 か っ て の 筆 力 を 回 復 す る に は か な り の 章 時 間 か 必 要 で あ る 。 す で に 七 年 前 か ら 錦 絵 を 描 く こ と を 止 め 、 三 年 前 に 挿 絵 す ら 描 く こ と を や め た 京 伝 が 、 寛 政 六 年 、 急 に 筆 を と っ て 、 し か も か っ て の 自 分 の 画 風 と 多 分 に 異 な っ た 写 第 楽 絵 百 四 十 二 枚 を 十 カ 月 に し て 仕 上 げ た と は と て も 思 わ れ な い の で あ る 。 こ の こ ろ の 京 伝 は や は り 絵 描 き と し て の 自 己 を 否 定 し 、 こ れ か ら ど の よ う な 小 説 を 書 い て い こ う か と 、 ひ た す ら 思 索 し て い た に 違 い な い の で あ る 。 京 伝 は 天 才 で あ る 。 し か し こ の 天 才 を 、 も う 一 人 の 天 才 写 楽 そ の も の と 考 え る こ と は で き な い 129 ず

写楽 仮名の悲劇


天 才 シ ャ ー ナ リ ス ト 蔦 屋 重 三 郎 と 写 楽 私 は 、 こ の 時 代 の こ と を 調 べ れ ば 調 べ る ほ ど 、 こ の 時 代 が ひ と つ の 天 才 の 時 代 で あ る と 思 わ ざ る を え な か っ た 。 ち ょ う ど ド イ ツ に お け る ほ ほ 同 時 代 に は 、 ゲ ー テ と シ ラ ー か 出 現 し 、 フ イ ヒ テ 、 ヘ ー ゲ ル 、 シ ェ リ ン グ ら の 哲 学 者 が 相 次 い で 現 れ 、 ま た 、 べ ー ト ー ヴ ェ ン や シ ュ し つ ふ ・ つ 」 こ と う ー ベ ル ト か 活 躍 し た の で あ る 。 ま さ に そ れ は 、 シ ュ ト ル ム ・ ウ ン ト ・ ド ラ ン グ ( 疾 風 怒 濤 ) の 時 代 で あ る が 、 私 は こ の 時 代 の 日 本 も シ ュ ト ル ム ・ ウ ン ト ・ ド ラ ン グ の 時 代 で は な か っ た き よ な が う た ま ろ か と 思 う 。 江 戸 に お い て 鈴 木 春 信 に 始 ま り 、 鳥 居 清 長 、 喜 多 川 歌 麿 と 続 き 、 東 洲 斎 写 楽 か ら の 歌 川 豊 国 、 葛 飾 北 斎 と い う 天 才 的 な 絵 師 が 出 現 し た 時 代 、 西 に は 円 山 応 挙 ( 一 七 三 三 ー 九 五 ) 、 ろ せ つ じ ゃ く ち ゅ う 仮 長 沢 蘆 雪 二 七 五 五 ー 九 九 ) 、 伊 藤 若 冲 二 七 一 三 ー 一 八 〇 〇 ) な ど が 活 躍 し た 時 代 で あ る 。 楽 そ し て ま た 、 今 は あ ま り 高 く 評 価 さ れ て い な い が 、 優 れ た 総 合 的 芸 術 で あ る と 思 わ れ る 黄 表 こ い か わ は る ま ち は ・ つ せ い ど ・ つ き さ ん じ さ ん と ・ つ よ み ほ ん た き ざ わ ま 紙 の 作 家 、 恋 川 春 町 、 朋 誠 堂 喜 三 一 「 山 東 京 伝 が 出 現 し 、 そ れ を 受 け 継 い で 、 読 本 の 滝 沢 き ん こ つ け い ほ ん し き て い さ ん ば じ つ べ ん し ゃ い つ く か ぶ き 琴 や 、 滑 稽 本 の 式 亭 三 馬 、 十 返 舎 一 九 な ど が 活 躍 し た 時 代 で あ る 。 そ し て 、 歌 舞 伎 に お い て じ よ ・ つ る り す が わ ら で ん じ ゅ て な ら い か が み よ し つ ね も 、 あ の 大 坂 に 生 れ た 人 形 浄 瑠 璃 の 『 仮 名 手 本 忠 臣 蔵 』 『 菅 原 伝 授 手 習 鑑 』 『 義 経 千 本 桜 』 な ど が 江 戸 歌 舞 伎 に お い て も 盛 ん に 上 演 さ れ 、 そ れ を 受 け て 、 桜 田 治 助 二 七 三 四 ー 一 八 〇 六 ) な が わ か め す け な み き こ へ い つ る や な ん ほ く や 奈 河 亀 輔 ( 生 没 年 未 詳 ) や 並 木 五 瓶 な ど が 新 作 の 歌 舞 伎 を つ く り 、 や が て 鶴 屋 南 北 ( 一 七 五 五 ー 一 八 二 九 ) を 生 ん で ゆ く 時 代 。 こ の 時 代 こ そ 、 ま さ に 日 本 に お け る シ ュ ト ル ム ・ ウ ン ト ・ ド ラ ン グ の 時 代 で あ っ た と 言 わ ね ば な ら な い で あ ろ う 。 た し か に こ の 時 代 の 日 本 の 芸 術 1 16

写楽 仮名の悲劇


あ る ご と ゑ が く ち ゃ う ず る お よ び あ り 。 長 に 及 て 俳 優 者 流 の 肖 像 を 画 に 妙 を 得 て 、 生 気 活 動 神 在 か 如 し 。 或 ま た 美 人 時 世 ば ん か く ち ん け う た い し は ん の 嬌 態 梓 本 彩 筆 諸 国 流 行 し 、 華 人 蕃 客 も 珎 と し 求 む 。 こ の よ う な 環 境 に 育 っ た 豊 国 が 、 幼 年 の と き か ら 絵 を た し な ん だ の も う な ず け る 。 明 和 六 い っ ぴ っ さ い ふ ん ち ょ う 年 と い え ば 、 明 和 二 年 に 春 信 に よ っ て 東 錦 絵 が つ く ら れ 、 そ れ に つ づ い て 一 筆 斎 文 調 、 勝 川 春 章 の 役 者 似 顔 絵 が 登 場 し た こ ろ で あ る 。 新 し い 錦 絵 の 登 場 と と も に 歌 舞 伎 は い っ そ う 江 戸 町 民 の 人 気 の 的 と な っ て い く 。 豊 国 が 豊 春 に 入 門 し た の は い つ の こ ろ か よ く わ か ら な い が 、 く は ら く の も と じ め す で に 天 明 八 年 、 彼 の 二 十 歳 の と き に は 七 珍 万 宝 の 黄 表 紙 『 苦 者 楽 元 〆 』 の 挿 絵 を 描 い て い ス つ が も な い ~ る の で 、 入 門 は も と よ り そ れ 以 前 で あ る 。 坪 内 逍 遥 は 、 豊 国 は 天 明 , ハ 年 に 万 象 亭 の 「 無 束 は な し の お や た ま セ ク 、 足 来 の 天 明 八 年 説 を 否 定 し 、 彼 の 初 出 を 天 明 , ハ 年 に 話 親 玉 』 の 挿 絵 を 描 い て い る と 言 い 彳 の お い た が 、 鈴 木 重 三 氏 は 、 こ の 『 無 束 話 親 玉 』 が は た し て 『 増 補 青 本 年 表 』 や 『 日 本 小 説 年 よ し か ず 噎 表 』 の い う よ う に 天 明 六 年 に つ く ら れ た か ど う か 疑 問 で あ る と し て い る 。 林 美 一 氏 は 、 天 明 巨 六 年 説 を 正 し い と し て 、 天 明 七 年 に も 四 点 の 黄 表 紙 に 挿 絵 を 描 い て い る と 指 摘 し て い る ( 『 艶 本 研 究 豊 国 』 昭 和 年 有 光 書 房 ) 。 た だ 豊 国 の 父 五 郎 兵 衛 が 天 明 六 年 六 月 十 六 日 に 死 ん 第 で い る と こ ろ を み る と 、 父 の 死 と 彼 の 入 門 の 前 後 関 係 が 問 題 と な ろ う 。 鈴 木 氏 も や は り 入 門 は 父 の 死 以 前 で あ る と 考 え て い る 。 初 出 が 天 明 八 年 に し て も 六 年 に し て も 、 や は り 本 の 挿 絵 を 描 く よ う に な る に は 何 年 か の 修 業 が 必 要 で あ ろ う 。 私 は 、 十 代 を い く つ も 越 え て な い こ ろ に 豊 国 は 豊 春 に 入 門 し て 、 子 供 の と き か ら そ の 技 術 を 学 ん だ の で は な い か と 思 う 。 そ う で な い と 、 す で に 二 十 代 の は じ め に 彼 の 才 能 が 見 事 に 開 花 す る こ と が 考 え ら れ な い の で あ る 。

写楽 仮名の悲劇


に 写 楽 と は 全 く 違 っ た 役 者 絵 を 描 い た 北 斎 も 、 宗 理 以 後 、 全 く 役 者 絵 の 筆 を と ら な く な っ て し ま っ た の で あ る 。 『 歌 舞 伎 年 表 』 に よ れ ば 、 文 化 六 年 の こ と 、 市 村 座 の 看 板 を 北 斎 に 描 か せ た が 「 均 り 合 あ し く 」 て 、 や は り 鳥 居 の ほ う か 良 い と い う こ と に な っ た と い う 。 役 者 絵 は 、 北 斎 は 苦 手 で あ っ た の で あ る 。 芸 術 家 の 生 命 の 流 れ の 必 然 生 に 照 ら し て 北 斎 を 写 楽 と 認 め る い , カ ュ は い お も 蔦 屋 を め ぐ っ て 、 様 々 な 天 才 た ち が 渦 ま い て い た 。 し か し そ の 主 だ っ た 三 人 の 芸 術 家 、 山 人 東 京 伝 、 喜 多 川 歌 麿 、 葛 飾 北 斎 、 い す れ も 写 楽 と 認 め る こ と は で き な い 。 写 楽 は 別 の と こ ろ る に 捜 さ ね ば な ら な い の で あ る 。 四 人 の 天 才 は 写 楽 で は な く 、 我 々 の 写 楽 探 求 の 旅 は ま た ま た め 空 し か っ た よ う に 思 わ れ る が 、 我 々 は 写 楽 の 活 躍 し た 寛 政 六 年 と い う 時 代 の 空 気 と 、 そ こ に を 屋 活 躍 し た 天 才 た ち の 姿 を 多 少 で も 捉 え る こ と が で き た と す れ ば 、 そ れ は そ れ で よ か っ た と 思 元 わ ね ば な ら な い 141 っ

写楽 仮名の悲劇


よ し わ ら の で あ る 。 し か も 、 国 貞 は 清 長 や 歌 麿 の よ う に 吉 原 の 一 級 の 遊 女 を 描 く よ り 、 む し ろ 最 下 層 よ た か の 夜 鷹 と い わ れ る 遊 女 、 名 も な い 市 井 の 女 を 多 く 描 い た 。 こ れ は は っ き り 美 の 理 念 が 変 わ っ た こ と を 示 し て い る 。 豊 国 の 本 領 は 役 者 絵 に あ っ た が 、 彼 は 美 人 画 に お い て や は り 歌 麿 の 影 響 を 脱 す る こ と が で き な か っ た よ う に 、 役 者 絵 に お い て は 強 く 写 楽 の 影 響 を 受 け て い る の で あ る 。 デ フ ォ ル メ さ れ た 役 者 の 表 情 、 と く に 舞 台 で 対 決 す る 役 者 の 表 情 。 彼 は 役 者 絵 を 通 じ て 不 朽 の 名 声 を 得 た の で あ る 。 そ し て 国 貞 な ど も 、 こ の 豊 国 の 影 響 を 強 く 受 け て い る が 、 や 関 は り 豊 国 と は ち が う 。 豊 国 と ち が っ て 屋 奇 趣 味 が あ る 。 こ れ は そ の こ ろ の 歌 舞 伎 の 変 化 と 深 の く 関 係 し て い る と 思 わ れ る 。 舞 表 現 主 義 の 台 頭 レ 」 世 こ の 第 三 期 の 浮 世 絵 に お い て 、 最 も 発 展 し た の は 風 景 画 で あ る 。 北 斎 は 晩 熟 の 天 才 で あ っ 浮 章 た 。 彼 は 年 齢 が 豊 国 よ り 上 で あ る が 、 彼 が 真 の 自 己 の 絵 を 作 り だ し た の は 豊 国 よ り の ち で あ ふ が く 第 る 。 彼 が 『 富 嶽 三 十 六 景 』 を 描 い て 初 め て 一 人 前 の 画 家 に な っ た と 自 ら 言 っ た の は 、 七 十 歳 を こ え て か ら で あ っ た 。 彼 と と も に 風 景 画 が 、 美 人 画 や 役 者 絵 と 同 じ よ う な 市 場 価 値 を も っ 絵 と な っ た の で あ る 。 し か し 彼 の 描 く 自 然 は 決 し て 写 生 で は な い 。 彼 は 表 現 主 義 と も い う べ き 芸 術 理 念 を も っ て い た よ う に 田 5 わ れ る 。 自 然 は 丸 と 角 か ら で き て い る 。 自 然 の 深 い 理 に 通 じ て 、 そ の 丸 と 角 を 組 み 合 わ せ れ ば 、 自 然 の 神 秘 に せ ま る こ と が で き る の で は な い か 。 『 富 嶽 三 十 六 景 』 を よ く 見 る と 、 丸 と 三 角 、 あ る い は 三 角 と 三 角 、 あ る い は 丸 と 丸 と の 対 比 が 実 175

写楽 仮名の悲劇


は る の ぶ 春 信 が 錦 絵 を つ く っ た 浮 世 絵 の 歴 史 は や は り 明 和 二 年 二 七 , ハ 五 ) に お け る 鈴 木 春 信 二 七 二 五 5 七 〇 ) に よ る 錦 絵 の 発 明 に よ っ て 一 つ の 時 代 を 画 す と 思 わ れ る 。 こ の 明 和 一 一 年 以 前 、 す な わ ち 錦 絵 以 前 を 第 一 期 と 考 え て よ い 。 も ち ろ ん 第 一 期 と い っ て も 、 そ の 最 初 の 元 禄 ご ろ と 最 後 の 宝 暦 ご ろ は 大 係 分 違 う 。 し か し そ こ に は 、 や は り 一 つ の 共 通 な 精 神 が あ る と 私 は 思 う 。 こ の 時 代 は 、 古 典 的 関 な ロ マ ン テ ィ シ ズ ム の 時 代 で あ っ た と 言 っ て よ い で あ ろ う 。 そ こ に は そ の 時 代 を 支 配 し て い る 華 麗 で 豪 快 な 精 神 の あ ら わ れ が 見 ら れ る の で あ る 。 鈴 木 春 信 か ら 新 し い 浮 世 絵 が 始 あ す ま ま る 。 吾 妻 錦 絵 の 誕 生 で あ る 。 多 色 摺 の 華 麗 な 錦 絵 が 突 如 と し て 天 才 的 な 画 家 で あ る 鈴 木 春 信 に よ っ 、 ヾ 、 て 出 現 し た 。 彼 は 天 性 の 詩 人 で あ の り 、 彼 の 描 く も の に は す べ て 、 清 く 澄 ん だ 美 し い 音 色 を も っ た 天 来 一 言 の 詩 が ひ び い て い る 。 そ し て こ の 天 才 的 な 画 家 鈴 木 春 信 の 活 動 の 時 169 1 ー 第

写楽 仮名の悲劇


榎 本 氏 は 、 最 初 か ら 写 楽 を 蔦 屋 と 決 め て 、 小 説 的 な 脚 色 に よ っ て 蔦 屋 重 三 郎 Ⅱ 写 楽 説 を 描 な そ い て み せ る が 、 そ れ は や は り 説 旦 寸 性 に 乏 し い と い わ ね ば な る ま い 。 写 楽 の よ う な 謎 の 人 間 を 明 ら か に す る に は 、 科 学 的 分 析 と 同 時 に 、 文 学 的 想 像 力 が 必 要 で あ る が 、 あ く ま で 厳 密 な 科 た れ 学 的 考 証 に 基 づ い て 写 楽 は 誰 か を 明 ら か に し 、 そ の 決 定 の 上 に 立 っ て 文 学 的 な 想 像 を 働 か せ 、 写 楽 の 全 体 像 を え が か ね ば な ら な い 。 科 学 的 な 考 証 の 欠 如 を 文 学 的 な 想 像 力 で 補 う こ と は 、 本 末 転 倒 で あ ろ う 。 こ の こ と を 何 よ り も よ く 知 っ て い る の は 榎 本 氏 自 身 で あ る よ う に 思 わ れ る 。 後 に 氏 は 、 自 ら の 立 て た 写 楽 Ⅱ 蔦 屋 重 三 郎 説 を 捨 て た 。 こ れ は 良 心 的 態 度 と い え る 。 悲 総 合 芸 術 と し て の 黄 表 紙 の 仮 蔦 屋 重 三 郎 に つ い て 語 っ た つ い で に 、 寛 政 六 年 、 写 楽 絵 が 存 在 す る 時 点 に お い て 、 蔦 屋 周 楽 辺 に い た 他 の 天 才 た ち に つ い て 語 る こ と に し よ う 。 一 人 は も ち ろ ん 山 東 京 伝 で あ る 。 山 東 京 み わ そ う 伝 に つ い て も 写 楽 で は な い か と い う 説 が 、 谷 峯 蔵 氏 に よ っ て 提 出 さ れ て い る 。 こ の 説 も 榎 本 氏 の 著 書 と 同 じ く 、 堂 々 た る 『 写 楽 新 考 』 ( 昭 和 年 文 藝 春 秋 ) と い う 著 書 に な っ て 展 開 さ れ て い る 。 山 東 京 伝 は 日 本 の シ ュ ト ル ム ・ ウ ン ト ・ ド ラ ン グ の 時 代 に ふ さ わ し い 万 能 の 天 才 で あ る さ し ・ ん ・ 一 し き ・ ん 彼 は も と も と 絵 師 と し て 出 発 し 、 多 く の 黄 表 紙 の 挿 絵 を 描 き 、 ま た 錦 絵 も っ く り 、 ま た 図 案 な ど 様 々 な 領 域 に 独 自 の 才 能 を 示 し た 。 今 の 言 葉 で い え ば 、 彼 は 絵 師 で あ る と と も に デ ザ イ ナ ー で あ っ た と い え よ う 。 し か し 彼 の 才 能 は 、 そ の よ う な 絵 師 ・ デ ザ イ ナ ー で あ る よ り 以 上 122 0

写楽 仮名の悲劇


お そ ら く そ れ は 、 こ の 数 々 の 才 能 を 発 見 し 、 そ の 才 能 を し て 思 い 切 っ た 仕 事 を さ せ る と い う 。 と こ ろ が そ の 賭 は 失 敗 だ っ た 賭 に 成 功 し て き た 蔦 屋 に と っ て 最 後 の 賭 で あ っ た に 違 い な い の だ ろ う か 。 写 楽 絵 は わ す か 十 カ 月 で 止 ん で し ま っ た 。 そ し て 写 楽 絵 が 止 ん で し ま っ た 寛 政 か つ け 七 年 の 翌 年 、 彼 は 脚 気 を わ す ら い 、 秋 に は 重 態 と な り 、 そ の 翌 寛 政 九 年 五 月 六 日 に 死 ん だ 。 寛 政 八 年 に は こ の 蔦 屋 耕 書 堂 の 蔵 版 の 狂 歌 絵 本 な ど が 、 大 坂 の 版 元 に 版 権 譲 り 渡 し が 行 わ れ 才 て い る と こ ろ を み る と 、 蔦 屋 は 財 政 的 に も か な り 行 き 詰 ま っ て い た と 考 え な け れ ば な ら な い 人 百 四 十 二 枚 に わ た る 写 楽 絵 の 出 版 は 蔦 屋 に 十 分 な 利 潤 を も た ら さ な か っ た の で あ ろ う か 。 と る す れ ば 、 こ れ は こ の 天 才 ジ ャ ー ナ リ ス ト の 、 ほ と ん ど 唯 一 の 失 敗 で あ る こ と に な る が 、 蔦 屋 め 重 三 郎 は あ の 財 産 半 減 の 処 分 に よ っ て い さ さ か あ せ り を 生 じ 、 そ の 判 断 を 狂 わ せ 、 つ い に 最 を 屋 後 の 賭 に 失 敗 し た の で あ ろ う か 一 ル 彼 の 最 後 の 言 葉 は 「 拍 子 木 が 鳴 っ て い る の に 、 な ぜ 幕 開 き が お そ い の か 」 と い う も の で あ ま っ こ っ た ら し い か 、 い か に も こ の 時 代 の 洒 落 者 に ふ さ わ し い 末 期 の 言 葉 で あ る 。 章 と し お え の も と ゆ う さ い = 一 以 上 が 榎 本 雄 斎 氏 の 『 写 楽 ー ま ほ ろ し の 天 才 』 や 鈴 木 敏 夫 氏 の 『 江 戸 の 本 屋 』 ( 昭 和 年 中 央 公 論 社 ) な ど に よ っ て 教 え ら れ た 蔦 屋 の 人 生 の ス ケ ッ チ で あ る が 、 こ の 蔦 屋 重 三 郎 そ の 人 を 絵 師 写 楽 と す る の は 、 や は り む つ か し い よ う に 思 わ れ る 。 榎 本 氏 の 『 写 楽 ー ま ぼ ろ し の 天 才 』 と い う 著 書 は 、 蔦 屋 に つ い て の 研 究 書 で あ る と と も に 、 蔦 屋 を 写 楽 と 考 え る 論 を 展 開 し た も の で あ る が 、 前 の 点 に お い て 優 れ た 書 物 で あ っ た と し て も 、 写 楽 Ⅱ 蔦 屋 説 は や は り 無 肥 理 な 説 と 考 え ね ば な ら な い 。 ひ ょ う し ぎ

写楽 仮名の悲劇


業 と し て の 作 家 の 成 立 は 、 寛 政 年 間 の こ と で あ る と 考 え ね ば な ら な い 。 え の も と ゆ う さ い 蔦 屋 に つ い て 従 来 、 あ ま り 考 察 の 目 が 注 が れ な か っ た け れ ど 、 榎 本 雄 斎 氏 の 『 写 楽 ー ま ほ ろ し の 天 才 』 に よ っ て 、 我 々 は 蔦 屋 重 三 郎 と い う 人 間 に つ い て 、 あ る 程 度 の こ と を 知 る こ と お わ り が で き る の で あ る 。 彼 は 寛 延 三 年 二 七 五 〇 ) 、 江 戸 吉 原 に 生 ま れ た 。 父 は 尾 張 出 身 の 丸 山 重 助 、 母 は 広 瀬 家 出 身 の 津 与 で あ っ た が 、 重 三 郎 七 歳 の と き 両 親 は 離 婚 し 、 重 三 郎 は 吉 原 仲 之 り へ え 町 の 遊 女 屋 蔦 屋 本 家 、 利 兵 衛 の 養 子 と な っ て 喜 多 川 姓 を 名 乗 っ た 。 ど う し て 彼 が 、 遊 女 屋 蔦 屋 の 養 子 と な っ た か わ か ら な い が 、 そ の 出 生 の 昜 万 と 、 皮 の 出 生 に は 何 か 人 に 言 わ れ ぬ 事 情 が あ っ た に 違 い な い 。 悲 へ い ら か ん の こ の 重 三 郎 は 、 安 永 元 年 、 二 十 三 歳 に し て 新 吉 原 大 門 口 に て 薜 蘿 館 と 名 付 け た 小 さ な 本 屋 仮 を 開 業 し た の で あ る 。 そ し て 彼 は 、 そ の 二 年 後 安 永 三 年 に 、 吉 原 細 毖 本 『 一 花 す ま ひ 』 を し げ 土 6 さ 楽 北 尾 重 政 の 絵 で 売 り 出 し た の で あ る 。 『 吉 原 細 見 』 と い う の は 、 吉 原 の ガ イ ド ・ ブ ッ ク で 、 遊 女 屋 、 そ の 抱 え の 遊 女 名 、 揚 代 な ど を 詳 し く 記 し た も の で あ る 。 こ の 『 吉 原 細 見 』 は 大 い に あ た り 、 引 き 続 き お び た だ し い 点 数 の 細 見 本 を 蔦 屋 は 出 版 し た の で あ る 。 日 本 の ジ ャ ー ナ ゅ ・ つ か く リ ズ ム の 開 拓 者 で あ る 蔦 屋 が 、 遊 廓 街 吉 原 の 出 身 で あ り 、 そ の 出 版 業 の 第 一 歩 が 遊 廓 の ガ イ ド ・ ブ ッ ク で あ っ た こ と は 、 日 本 文 化 の 名 誉 で あ ろ う か 、 恥 辱 で あ ろ う か こ う し て 細 見 本 で 一 応 経 済 的 基 礎 を つ く っ た 蔦 屋 は 、 他 の ジ ャ ン ル 、 当 時 流 行 の 浄 瑠 璃 富 っ た の か ら ま る 本 節 の 正 本 、 富 本 正 本 や 、 彼 自 身 が 蔦 唐 丸 の 筆 名 で さ か ん に つ く っ た 狂 歌 本 を も 多 く 出 版 し し ゃ れ ぽ ん た の で あ る 。 彼 は や が て 、 黄 表 紙 本 や 洒 落 本 の 出 版 に も 手 を 伸 ば す 。 黄 表 紙 本 や 洒 落 本 に つ 118 ち ょ う な か の