検索 - みる会図書館

検索対象: 落語的学問のすすめ

落語的学問のすすめから 212件ヒットしました。

落語的学問のすすめ


◇ 当 ー 2 。 " 危 な い 。 と 天 才 は メ ヒ ウ ス の 輪 Atama ga UN ー ni naru

落語的学問のすすめ


六 講 ' 危 な し . 、 . と 天 才 は メ ビ ウ ス の 輪 七 講 上 方 落 語 の ル ー ツ は 辻 咄 八 講 眼 光 紙 背 で 世 の 中 を 読 む 九 講 。 ハ ラ ボ ラ 世 代 の 情 報 感 覚 を 嗤 う + 講 " 起 承 転 結 あ コ ッ あ と カ 寺 2 1 め い 7 179 201

落語的学問のすすめ


る も の を 感 じ ま す 。 と き に そ れ は セ ク シ ー に す ら 感 じ ら れ ま す 」 。 お い 、 大 丈 夫 か 。 嬉 し な あ 、 電 話 番 号 書 い と け よ 。 ( 笑 ) 何 を 勘 違 い し た の か 、 ほ ん ま に 家 の 電 話 番 号 を 書 い て く れ た 人 が お り ま す ね 。 残 念 な こ と に こ れ が 男 や ( 爆 笑 ) 。 こ れ は 夜 中 に 無 言 電 話 を し て や ろ う と 思 い ま す 。 ( 笑 ) え 1 、 人 に は 分 野 は そ れ ぞ れ 違 い ま す け ど も 、 持 っ て 生 ま れ た 才 能 い う も ん が ご ざ い ま す ね 。 み な さ ん の 中 に も 、 す で に 自 分 の 才 能 を 発 揮 で き る と こ ろ を 見 つ け た と い う 人 、 そ れ が ま だ 見 つ か ら な く て 困 っ て い る 人 、 い ろ い ろ や と 思 い ま す 。 こ れ か ら と い う 人 は 、 一 刻 も 早 く そ れ を 見 つ け て 社 会 に 巣 立 っ て い く 突 破 口 に し て も ら い た い と 思 う わ け で ご ざ い ま す が 、 き よ う は 人 が 持 っ て 生 ま れ た 才 能 と 日 本 の 社 会 と い う よ う な こ と に つ い て ち ょ っ と お 話 し て み よ う か て 思 う と る ん で す 。 才 能 い う も ん が 、 は っ き り と 数 字 に 出 て し ま っ て 誤 魔 化 し よ う の な い の が 勝 負 の 世 界 で ご ざ い ま す ね 。 あ の 冬 と 夏 の 両 方 の オ リ ン ピ ッ ク に 出 や は っ た 、 橋 本 聖 子 ち ゃ ん て 、 ほ ん ま に す ご い ね え 。 彼 女 は 三 歳 か ら ス ケ ー ト を 始 め ま し て ね 、 太 も も な ん か ケ ン タ ッ キ ー フ ラ イ ド チ キ ン み た い な 、 こ ん な 太 も も し と る わ け や 。 ( 笑 ) ほ い で 、 カ ル ガ リ ー の オ リ ン ピ ッ ク で は 五 種 目 で し た か 、 わ ー っ と こ う や り は っ て 、 い ず れ も 日 本 新 記 録 で 入 賞 し や は っ た 。 そ い で 、 ソ ウ ル オ リ ン ピ ッ ク の 自 転 車 競 技 に 出 る い う て 、 軽 ー く 代 表 に な っ て し ま い ま し た 。 あ の と き は 日 本 人 で 初 め て や て い う こ と で 、 新 聞 な ん か に ど ー ん と 載 っ て 、 も の す ご く 騒 が れ ま し た ね 。 な に し ろ 、 や る と 決 め て 一 カ 月 半 ぐ ら

落語的学問のすすめ


1 ~ 危 な い ~ と 天 才 は メ ビ ウ ス の 輪 ル を 知 っ て れ ば も っ と 楽 し め る 。 さ っ き の 『 皿 屋 敷 』 に し て も な ん に し て も そ う で す が 、 例 え ば あ の 芝 居 は シ ェ ー ク ス ピ ア の あ そ こ ん と こ を や っ て ん ね ゃ な と か 、 ど ん ど ん 奥 深 い 味 わ い か 出 て ま い り ま し て ね 、 い よ い よ お も し ろ く な っ て ま い り ま す 。 こ れ 、 コ マ ー シ ャ ル で も そ う で す よ 。 例 え ば 山 田 の 邦 ち ゃ ん が や っ て る コ マ ー シ ャ ル が あ る で し よ 。 「 や ま だ か っ て な い : : 」 い う や っ 、 知 ら ん ? 学 生 フ ァ イ プ ミ ニ ー そ う そ う 、 あ の コ マ ー シ ャ ル て 、 す ご い ハ ロ デ ィ ば っ か り や ね ん で 。 こ ん な ド ー ム の 中 で 、 邦 ち ゃ ん が 、 プ リ キ の ロ ポ ッ ト み た い な の に 向 か っ て 「 セ ン イ を 出 せ 」 と か い う て る で し よ う 。 そ ん で 、 ピ ー と や る と 、 そ の ロ ポ ッ ト が ヒ ィ ー て な こ と い う て 「 フ ァ イ プ ミ ニ ー を 出 し た り な ん か す る 。 あ の 設 定 は 『 未 来 世 紀 プ ラ ジ ル 』 い う 映 画 が あ り ま し て 、 そ れ を バ ロ っ て る だ け な ん で す よ 。 せ や か ら 、 も と を 知 っ て は る と 、 も う 一 歩 笑 え る わ け な ん で す ね 。 あ れ 、 も の す ご い え え 映 画 で す か ら ね 、 も し 時 間 が あ れ ば ビ デ オ 屋 さ ん で で も 借 り て 見 て く だ さ い 、 お も ろ い よ 、 も う 頭 が グ チ ャ グ チ ャ に な り ま す 。 ( 笑 ) れ ん が せ や か て 、 人 が 歩 い て る と ね 、 下 の 煉 瓦 が ぐ あ っ と 立 ち 上 が っ て 、 人 間 つ か ん だ り す る 。 煉 瓦 が 人 間 の 形 に な っ て つ か む ん で す よ 。 何 や わ け わ か ら ん 、 ち ょ っ と 危 な い 映 画 で す 。 ( 笑 ) け ど 、 そ の 危 な い い う の と 、 天 才 い う の は 、 す ご く 似 て る ん で す よ 。 天 才 と 危 な い の は 皮

落語的学問のすすめ


154 坊 枝 ク ン に ち ょ っ と イ ン タ ビ ュ 1 し て み ま し よ う 。 あ れ 、 も う 汗 い つ ば い や ん か 。 あ ん た 、 ダ イ エ ッ ト の た め に 落 語 や っ て る ん か 。 ( 笑 ) こ の 話 は 演 っ て て 、 ど う い う と こ が 一 番 お も し ろ い で す か 、 と 」 ( 笑 ) 「 い や 、 そ う で す ね え 。 あ の う 、 大 ポ ケ の と こ ろ が い し こ の 話 は " 根 問 物 ~ と い う パ タ ー ン の も の で 、 最 初 に 教 え て も ら っ た 話 を と り 違 え て 、 中 途 半 端 に 覚 え て も う て ね 、 そ こ を 突 っ 込 ま れ る 。 そ の ポ ケ 方 が 無 理 や り ポ ケ て ま す ね 。 ( 笑 ) 心 臓 を シ ン ネ コ い う と こ な ん か は 、 す ご い 無 理 が あ っ て 、 初 め は 演 っ て て 恥 ず か し 「 は い か っ た で す ー 西 宮 か ら 、 え べ す さ ん が 出 て き て 、 魚 釣 竿 、 針 の 先 て い う 、 あ こ は ち ょ っ と こ う 山 の 向 こ う か ら ポ ケ て く る い う 感 じ で す な 。 ( 笑 ) 「 で も 、 だ ん だ ん 慣 れ て き て 、 そ の う ち ポ ケ る の が 央 感 に な り ま す [ う ん 、 ポ ケ る 癖 が つ く と 、 ず 、 つ つ と ポ ケ た く な る で し よ う ? 「 そ う で す ね 。 ポ ケ 癖 い う の は 、 一 種 の 麻 薬 み た い な も ん で す ー ( 笑 ) 麻 薬 で す ね え 。 そ の ポ ケ 癖 が す っ か り 身 に つ い た て い う か 、 ポ ケ し か で き な い 横 山 ノ ッ ク さ ん み た い な 人 も お り ま す ね っ ( 笑 ) 。 私 、 あ の 人 は 天 才 や て 思 う と る ん で す 。 秀 才 い う の は 一 所 懸 命 や れ ば 、 だ れ で も あ る 程 度 な れ る ん で す け ど も 、 あ の 方 は も う 天 才 的 な ポ ケ で ( 笑 ) 、 計 算 し て も 追 い つ け な い と こ ま で い っ て し ま う 。 そ う な る と 、 私 ら に と っ て は 災 い の

落語的学問のすすめ


12 ろ 危 な い : と 天 才 は メ ビ ウ ス の 輪 コ ン サ ー ト 会 場 を 歩 い て 行 く と 、 そ の 雰 囲 気 を ぜ ん ぶ 否 定 す る か の よ う に 「 え え 席 あ る で え ー 、 券 買 う で え 」 ( 笑 ) 。 そ ん な お っ さ ん が お っ た り し ま し て ね 、 も う 頭 が ウ ニ に な る な あ て 思 い な が ら も 、 え え な あ 、 え え な あ 、 だ あ っ と こ う 会 場 に 入 っ て 行 く わ け で す ね 。 で 、 コ ン サ ー ト が 始 ま っ て 、 み ん な 燃 焼 し て で す ね 、 「 う わ あ 、 よ か っ た あ 」 い う て 帰 っ て く る 。 あ の 帰 る と き が ま た お か し い ね 、 大 概 そ の と き の パ ン フ レ ッ ト を 「 記 念 に 買 う と こ か ー て な る の 、 ど う し て な ん で し よ う ね え 。 あ れ 家 へ 帰 っ て ま た 見 る こ と て 、 あ ん ま り な い で す ね 。 ( 笑 ) コ ン サ ー ト を 見 終 わ っ て 、 家 路 に つ く と き に 持 っ て て 恥 ず か し く な い ジ ャ ケ ッ ト と 、 恥 ず か し い ジ ャ ケ ッ ト い う の が あ り ま す け ど も 、 こ の プ リ ン ス の 新 し い ア ル バ ム 、 見 て く だ さ ジ ャ ー ン " 】 す ご い で し よ う 、 こ れ 。 あ の プ リ ン ス が 素 っ 裸 に な り ま し て 、 乳 首 を も ん で る と こ ろ で す 。 ( 笑 ) ふ つ う の ア ー チ ス ト や と 、 レ コ ー ド セ ー ル ス の 時 点 で 、 「 こ ん な ん ち ょ っ と 売 れ に く い で っ せ 、 て い わ れ る ん で す け ど も 、 こ こ ま で ク リ エ ー テ イ プ な お 仕 事 を な さ っ て る と 、 そ れ も 意 味 の あ る よ う に 感 じ さ し て し ま う 。 つ ま り 、 わ が ま ま を 通 し て し ま う と こ ろ 、 そ こ が 天 ゆ え ん 才 の 所 以 で は な い か と 、 こ う い う に 田 5 っ て し ま う ん で す ね 。 こ う や っ て る わ け 紫 色 の 花 を 後 ろ に し て で す ね 、 裸 に な り ま し て 、 ま る で 女 性 の よ う に 、 で す ね 。 い わ ゆ る ゲ イ つ ほ い 格 好 を し て る ん で す け ど も 、 胸 の と こ ろ に 毛 が わ っ と こ う あ っ く ち ひ げ て 、 な お か っ ロ 髭 を こ う 伸 ば し て で す ね 、 も う わ け わ か ら ん 世 界 で す ね 。 こ れ で 、 あ の 音 楽

落語的学問のすすめ


220 て ん の や 。 鞍 馬 天 狗 に 杉 作 い う 仕 掛 け な ん よ 。 ほ で 、 横 に 木 梨 ク ン の ほ う が 白 衣 着 て マ ス ク し て ね 、 衛 生 夫 み た い に 立 っ と る 。 ( 笑 ) あ れ 、 「 ビ ル ん と こ 通 り 抜 け る だ け で い い 。 て す 」 い う て た の に 、 何 や 違 う な あ 思 う た ん よ 。 ほ な 、 と ん ね る ず の で つ か い ほ う が 、 「 て め え た ち は 、 ま た 六 本 木 の 街 を 汚 し て 回 る 。 こ の 芸 能 人 め 、 オ レ が た た き 切 っ て や る 」 て 。 そ ん な ん 、 聞 い て な い わ 、 お れ 。 ( 笑 ) そ ん で 、 「 わ ー っ ー っ て 切 り よ ん ね ん で 。 ほ で 、 横 か ら 野 沢 直 子 が 「 切 っ た ら 、 倒 れ て く だ さ い ー て 。 雨 や し 、 下 は も う び し ゃ び し や や の に 。 ( 笑 ) け ど 、 邦 ち ゃ ん て ノ リ か い い で す か ら 「 あ っ 、 あ あ ー 。 と か い う て 、 び や ー っ と こ け た り し て ね 。 ま あ 、 彼 女 は 綿 パ ン や か ら ま だ え え の よ 、 せ や け ど 僕 は ス ー ツ や か ら ね 、 「 汚 れ め ざ と る い う の 意 識 に あ っ た ん よ 。 ほ な 、 そ れ を 目 敏 く 見 つ け た 木 梨 が 「 こ の 男 は ス 1 ツ の 汚 れ を 気 に し て い る ! ー ( 笑 ) も う 戦 わ な し ゃ あ な い ね 。 ほ で 、 「 て め え は 、 こ の ご ろ 大 学 で 先 生 を し て い る だ ろ う 」 て い う か ら 、 僕 も 持 っ て た カ サ を 刀 に し て 、 い う た り ま し た 。 「 昔 、 お ま え た ち は 『 ャ ン グ o 』 に 出 て 、 漫 才 受 け な か っ た こ と を 、 オ レ は 覚 え て る ぞ ー 」 て 。 ( 笑 ) ほ で 、 鞍 馬 天 狗 が 持 っ て た ん は 小 刀 や っ た ん で す 。 け ど 、 劣 勢 に な っ た も ん や か ら 、 野 沢 直 子 が 「 先 生 、 こ れ 使 っ て く だ さ い い う て 、 大 き い ほ う の 太 刀 を 渡 し よ る ね ん 。 「 お い お ま え 、 お ん な し 事 務 所 や の に 、 え え か げ ん に せ い 。 オ レ が か わ い が っ て 、 ず ー っ と こ こ ま で 大 き い な っ た の に 、 何 を い う と る 、 「 で も 、 今 は 天 狗 の 先 生 の 味 方 ! ー 「 何 ち ゅ う や っ

落語的学問のすすめ


62 ん ま と 成 お す か き っ や な ン す 開 も 長 つ 動 ト ね い の ら ホ に し ) コ 、 ズ 0 っ あ て 物 、 逃 し ア 間 ッ さ じ い ね ト や げ そ て る ウ に の く ン ス み わ に れ つ な の 力 、 や オ し ) ユ コ つ 小 て あ ぶ れ し ナ い も の へ べ つ ツ ン い 何 ば り は と さ な は れ か そ な て ガ ん な き ん 丿 ( は と 両 は 鳥 進 に っ ん ん ま あ は 方 チ ル 大 で 人 お で も ん て の ッ す れ す は 人 も が で す 人 ね て に た て 、 し 、 ピ プ は ね な し く 見 。 間 行 か は に ら つ っ 卵 ら ま で 要 な ュ た っ く ろ さ の 済 。 た 1 ま り る ら か る い ん る ん は て か な ら と で あ よ と 日 ら に も お / し ・ で は と い 逆 生 . い す で っ 翔 と 翼 り す る い 分 に ま よ と ぶ を し っ よ ま に け ん ま っ を 小 れ な 。 出 ほ す ど な ん の な と 削 そ っ さ た し ど か も は つ け つ な と 大 ん と よ ど 、 好 て し ら 重 例 る き き 、 下 で つ し で る つ な は く す 。 そ す い ん 力 、 の て ん 世 大 ば く で 十 な け の ね り そ れ ほ 界 き コ と す 何 っ と つ れ し は つ て ど い き 自 て 両 か セ ん ピ っ な た 方 も に 分 ら な コ っ ン し ) 物 チ く り を ふ 上 の 冫 / し 、 つ コ 、 ピ と 界 く な ち て っ か 天 つ 足 き ら と ゃ 角 、 が ュ タ に ら 敵 で に ん え だ ば 生 鳥 に あ い と か ん わ そ 私 タ 、 な と き し と に も パ る ア 小 ま 見 い ん べ る ク で で ち 術 す 才 友 さ で か く ぇ つ ッ し コ す た す の く す り べ を ・ ね く と る つ よ や ね 生 大 。 カ ね 成 し ナ 田 知 と ガ や つ つ 。 活 を 長 と 。 い き ら つ ・ つ な 持 カ ゞ の す も て か れ て ル I で C 中 な れ 佑 ま い つ る る と だ す ん る た が て か 水 ま ど も て わ ら い わ ん が い の ん あ っ だ ね け 困 た る か 上 や の も ど り が る と ら を ん ん で か っ こ 、 つ

落語的学問のすすめ


121 ~ 危 な い と 天 才 は メ ビ ウ ス の 輪 ん な も う 聞 い て 聞 か な い フ リ を し ま す ね 、 も う 見 た く も な い 窓 の 外 を 見 た り し て 。 ( 笑 ) い き な り 横 に 座 ら れ た 人 は 迷 惑 で す ね え 。 ( 笑 ) で も 、 お っ さ ん の 横 に た ま た ま 座 っ て た ん が 自 由 業 の 方 で い ら っ し ゃ い ま し て ね ( 笑 ) 、 イ ヤ ホ ー ン で 何 か 聞 い て は っ た ん で す 。 そ れ が お っ さ ん の 歌 で 聞 こ え な い も ん で す か ら ね 、 「 じ や か あ し い ! 」 と 、 こ う 怒 鳴 っ た 。 こ れ 、 ふ つ う の 人 や っ た ら 、 そ う い う お っ さ ん が 横 に 座 る と 、 こ っ ち 側 へ こ う な る ん で す け ど 、 さ す が 自 由 業 の お 兄 さ ん は と っ て も 自 由 な 発 想 を な さ っ て ま す か ら ( 笑 ) 、 「 じ や か あ し い と 、 こ う い う た わ け で す ね 。 そ う い う と き は 「 は っ ー と か 何 か リ ア ク シ ョ ン が あ る の が 当 然 で す け ど も 、 こ の お っ さ ん は も っ と 超 え て ま し た ね え 。 「 敵 機 来 襲 ! と 、 こ う い い ま し た 。 ( 笑 ) こ れ は も う す ご い で す ね 、 頭 が 『 プ ラ ト 1 ン 』 を 超 え て 、 も う 『 フ ル メ タ ル ・ ジ ャ ケ ッ し い た よ 、 刀 ト 』 の よ う に な っ て し ま っ て る わ け で す 。 な に し ろ 、 お っ さ ん 、 「 敵 機 来 襲 ! 」 と ) ら 飛 行 機 と 機 関 銃 の 物 真 似 ま で し て し ま っ た ん で ご ざ い ま す 。 ( 笑 ) こ れ で 自 由 業 の お 兄 ち ゃ ん は な ぶ ら れ た と 思 う て 、 ば ー ん 、 ど っ い た 。 け ど 、 ず う っ と 自 分 の 世 界 に 入 っ た ま ま の お っ さ ん は 「 う ー む 、 痛 イ 。 上 等 兵 、 大 丈 夫 で あ り ま す か あ 」 ( 笑 ) こ の 二 人 の 掛 け 合 い が 実 に お も ろ い て ね 。 で も 、 笑 う と 自 由 業 の 方 に 「 何 が お か し い ね ん 」 て 、 こ う い わ れ て も 困 り ま す か ら ね 、 こ う チ ラ チ ラ 見 な が ら じ い っ と 静 か に し て お っ た ん で す が 、 も う 腹 は 波 打 っ て ま し た 。 ( 笑 )

落語的学問のすすめ


119 こ 危 な い : と 天 才 は メ ビ ウ ス の 輪 し ゃ べ っ て は ん の や ろ と 思 う た ん や け ど 、 そ の 話 の 内 容 が お か し い 。 「 昔 は 、 京 都 ・ 大 阪 を 三 十 石 と い う 船 が 通 っ て た ん や 。 ど な い 思 う と ん ね ん 、 ほ ん ま に そ ん な ん 、 み ん な 知 ら ん や ろ 。 昔 は 三 十 石 い う て な 、 伏 見 の 浜 か ら 船 が 出 て た ん や で 。 わ し の こ と お か し い と 思 う て る や ろ , ( 笑 ) 、 「 う う む 、 ど な い 思 う て ん の や 。 ア ホ や と 思 う た ら 承 知 せ ん ぞ 」 い う て ね 。 ( 笑 ) あ あ い う 人 た ち は 必 ず 自 分 が ど な い 思 わ れ て る か い う こ と を も の す ご 気 に す る ん で す ね 。 だ か ら 、 無 視 す る と 逆 に す ご く 怒 り ま す 。 こ う い う お っ ち ゃ ん が 一 番 危 な い で す ね 。 と く に 僕 ら な ん か こ う い う 仕 事 で す か ら 、 半 分 シ ャ プ 打 っ て る お ば は ん と か 、 よ う 声 か け て ま い り ま し て ね 、 え ら い 目 に 遭 う た こ と も あ り ま す か ら ね え 。 ( 笑 ) 一 度 、 あ る と こ で 公 開 放 送 や っ て ま し て ん 。 「 ザ ・ パ ン ダ ー の 時 代 で す け ど も 、 今 は 亡 く な り ま し た 小 染 は ん と か 、 き ん 枝 ク ン 、 そ れ か ら 八 方 ち ゃ ん と か ね 、 み ん な で や っ と っ た ん で す よ 。 「 そ の 心 は : : : 」 て な こ と い い な が ら ね え 。 ほ な 、 一 番 前 に 髪 の 毛 真 っ 黄 々 に 染 め た 、 歯 か が ー っ と 欠 け た お ば は ん が い て 、 こ れ が 歌 に な る と 「 あ ア ー 、 あ ア ー 。 て ( 笑 ) 、 手 拍 子 す る ん で す ね 。 「 え え ぞ ー っ ! , と か 。 ( 笑 ) こ れ 、 公 開 録 音 の 邪 魔 に な り ま す か ら ね 、 朝 日 放 送 の 小 松 さ ん い う デ ィ レ ク タ 1 が ね 、 「 ち ょ っ と お 客 さ ん 、 す ん ま せ ん 、 静 か に し て く だ さ い 」 い う た 。 そ し た ら 、 こ の お ば は ん が う わ っ と 立 ち 上 が っ て ね 、 ま た ぐ ら を ほ ー ん と 蹴 り よ っ た ん よ ( 笑 ) 。 デ ィ レ ク タ ー さ い 人 で す か ら 、 眼 鏡 も 体 も ほ ー ん と 飛 ん で し ま い ま し て 、 こ な い し て 這 う て ま し た 。