検索 - みる会図書館

全データから 209862件ヒットしました。

クラッシュ 絶望を希望に変える瞬間


ク ラ ッ シ ュ ー ー ー 絶 望 を 希 望 に 変 え る 瞬 間 目 次 と き

クラッシュ 絶望を希望に変える瞬間


ク ラ ッ シ ュ 絶 望 を 希 望 に 変 え る 瞬 間 太 田 哲 也 幻 冬 舎 文 庫

クラッシュ 絶望を希望に変える瞬間


ク ラ ッ シ ュ ー ・ ー ー 絶 望 を 希 望 に 変 え る 瞬 間 と き

クラッシュ 絶望を希望に変える瞬間


ク ラ ッ シ ュ せ つ ば う き は う か 絶 望 を 希 望 に 変 え る 瞬 間 お お た て つ や 太 田 哲 也 平 成 年 5 月 日 初 版 発 行 発 行 者 ー ー ー ー 見 城 徹 発 行 所 ー ー ー ー 株 式 会 社 幻 冬 舎 〒 151 ・ 0051 東 京 都 渋 谷 区 千 駄 ヶ 谷 4 ー 9 , 7 電 話 03 ( 5411 ) 6222 ( 営 業 ) 03 ( 5411 ) 6211 ( 編 集 ) 振 替 00 一 20 ・ 8 当 67643 印 刷 ・ 製 本 ー 図 書 印 刷 株 式 会 社 装 丁 者 ー - ー ー ・ 高 橋 雅 之 万 一 、 落 丁 乱 丁 の あ る 場 合 は 送 料 当 社 負 担 で お 取 替 致 し ま す 。 小 社 宛 に お 送 り 下 さ い 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 Printed in JapanOTetsuya 0 2 ) 3 幻 冬 舎 文 庫 ISBN4-344-40360-6 C0195 お -12-1

陽影の舞姫 Ⅳ


210 ひ た ん め ま い 血 の 気 の 引 い た 唇 に 、 青 年 の そ れ は 炎 の よ う な 熱 を も た ら し た 。 目 眩 と 絶 望 と 悲 嘆 に 、 彼 女 の 意 識 は 遠 く な る 。 目 を 閉 じ る 一 瞬 さ つ り く し ゃ 愛 し そ う に 自 分 を 見 つ め る 殺 戮 者 の 瞳 を 、 彼 女 は 見 た 、 と 思 っ た : 夢 や 希 望 に 溢 れ た 世 界 を 当 た り 前 の も の と 思 い 、 そ れ が ず っ と 続 く と 信 じ て い た 彼 女 は 死 ん く も ん い ま の 彼 女 の 心 に は 、 恐 怖 と 絶 望 と 苦 悶 し か な く 、 彼 女 の な か で そ れ ら は ゆ っ く り と 世 界 を 染 め あ げ よ う と し て い た 。 狂 気 の 種 子 は ま さ に こ の 瞬 間 、 彼 女 の 魂 に 埋 め こ ま れ て し ま っ た の で あ る 太 陽 精 霊 宮 司 乱 心 ー ー 知 ら せ は 瞬 く 間 に 広 ま っ た 。 「 そ ん な : : : 馬 鹿 な ・ 知 ら せ を 受 け 取 っ た 瞬 間 、 フ ァ ー デ ィ ス は 叫 ん で い た 。 し か し 、 闇 の 精 霊 宮 か ら の 使 者 は 、 冷 や や か な 眼 差 し を 彼 に 向 け る の み だ 。 何 よ り も 鋭 い 非 ゃ い ば 難 の 思 い が 、 そ の ま ま 刃 と な っ て 彼 の 心 を 切 り 裂 い た 。

陽影の舞姫 Ⅳ


っ こ 。 人 間 が 抱 え る 瘴 気 で す ら 、 こ れ ほ ど に 大 き く は あ る ま い 。 こ れ ほ ど に 昏 い 刃 を 胸 に ひ そ め は す ま い 。 い っ そ 、 変 わ り は て て し ま え ば 、 楽 に な る の だ ろ う か : : : そ う も 思 う 。 こ の ま ま 、 精 霊 た る こ と を 放 棄 し 、 昏 い 感 情 の ま ま に 違 う 存 在 へ の 変 化 を 受 け 人 れ れ ば 、 自 分 は 望 み を 果 た す だ け の 力 を 手 に 人 れ ら れ る の だ ろ う か : ・ : 復 讐 へ の 誘 惑 は 、 時 に 強 く 彼 女 を 引 き つ け る 。 「 そ う す れ ば 、 あ の 男 を 殺 す こ と が で き る の か し ら : : : 」 彼 が 自 分 の 最 愛 の 夫 を 殺 め た よ う に し ん く 全 身 に 真 紅 を 巻 き 散 ら し 、 血 溜 ま り が で き る ほ ど に そ の 皮 膚 に 刃 を 走 ら せ : : : 息 絶 え る 瞬 間 ま で も 、 苦 痛 か ら 逃 れ 得 ぬ よ う に し て 。 そ の 光 景 を 想 像 す る だ け で 、 胸 が 、 震 え る ほ ど の 歓 喜 を 覚 え る 。 そ れ で も 、 そ の 変 化 を 受 け 人 れ き れ ぬ 自 分 を 、 彼 女 は 知 っ て 、 い た 。 希 望 が 、 あ る の だ 。 い ち る 陽 一 縷 の 望 み を 捨 て き る こ と が で き な い 。 彼 は : : : あ の 人 は 、 も し か し た ら 助 か っ た の で は な 落 い か 、 と い う : : : 願 い は い ま も 息 づ い て い る 。 生 き て い て さ え く れ れ ば 、 他 は ど う で も よ か っ た 。 あ や く ら

別冊宝島 1729号 まんがと図解でわかるニーチェ


を み チ = 。 主 張 永 遠 回 帰 の 世 界 で は 、 望 み を 持 っ こ と に も 価 値 は な い 自 ら の 生 を 終 わ ら せ る こ と に も 価 値 は な い 等 し く 無 価 値 な 世 界 を 肯 定 す る 勇 気 が 必 要 で あ る あ る 瞬 間 、 人 生 に 「 イ エ ス 」 と 言 え た と き 、 そ の 人 生 は す べ て が 肯 定 さ れ た こ と に な る の tiÜ れ だ が 、 勇 気 は 最 上 の 殺 害 者 で あ る 。 攻 撃 的 勇 気 は 。 こ の 勇 気 は 死 を す ら 殺 害 す る の だ 。 と い う の は 、 こ の 勇 気 は こ う 語 る か ら で あ る 。 「 こ れ が 生 で あ っ た の か ? さ あ ! も う 一 度 ! 」 『 ツ ア ラ ト ウ ス ト ラ 』 第 三 部 「 幻 影 と 謎 に つ い て 」 ニ ヒ リ ズ ム を 克 服 す る 勇 気 れ は 「 勇 気 」 し か な い 円 環 の よ う に く り 返 さ れ る 永 遠 回 帰 の 時 間 に は 、 始 点 も 終 点 も な い だ が そ れ は 裏 を 返 せ ば 、 す べ て の 瞬 間 が 始 点 で あ る と も い え る 。 そ し て 、 あ る 瞬 間 を 「 始 ま り 」 と と ら え る こ と が で き た と き 、 永 遠 回 帰 の 時 間 は 、 す べ て の 瞬 間 が 始 ま り と な る 。 人 生 は 「 始 ま り 」 の 瞬 間 の 連 続 と な る 。 す べ て に 等 し く 価 値 は な い 。 勇 気 を 出 し て そ の こ と を 全 面 的 に 肯 定 し た 瞬 間 、 す べ て の 世 界 を 肯 定 し た こ と に な る 。 永 遠 回 帰 の 時 間 は 、 絶 望 で あ る と 同 時 に 、 新 し い 生 の 境 地 に 達 す る た め の 希 望 で も あ る の だ 。 こ の 世 の す べ て の 事 象 に 一 切 の 価 値 付 け を せ ず 、 か っ 、 肯 定 す る 。 そ れ は す な わ ち 、 全 世 界 を 肯 定 す る こ と で あ る 。 あ り の ま ま の 世 界 、 あ り の ま ま の 自 分 に 対 し 、 一 切 の 評 価 を せ ず 、 す べ て を 認 め る 強 さ で あ る 。 そ れ が 第 4 章 で 説 明 す る よ う な 、 た だ ひ た す ら 「 カ へ の 意 志 」 に 自 ら を 委 ね て 生 き る こ と に つ な か っ て い く の だ 。 715

ジェスの契約―全編―


53 ジ ェ ス の 契 約 一 前 編 ー 彼 女 は 永 を 見 た 。 長 い 時 間 を 生 き て き て 、 絶 望 に 押 し つ ぶ さ れ そ う に な り な が ら 、 そ れ で も わ ず か な 希 望 を 胸 け し ん に 、 前 進 し よ う と す る 魂 ー ー そ の 化 身 。 「 わ か っ た わ 」 あ っ さ り と 、 彼 女 は 答 え た 。 そ の 口 調 か ら は 、 と て も 想 像 が で き な い ほ ど の 迷 い 、 疑 問 の 中 か ら 、 た っ た ひ と つ の 答 え を 選 び 取 っ て 、 彼 女 も ま た 、 一 歩 前 に 進 み 出 す 。 「 あ な た の 依 頼 、 受 け る わ 」 た ま し い

王子様にキスを (コバルト文庫)


び た ヴ ァ イ ネ と 、 栄 子 が 止 ま っ た 。 飛 ん で い た コ ウ モ リ た ち が 、 気 絶 し て 落 ち る 。 「 あ と で ま た か け る 」 ば せ い 栄 子 は 問 答 無 用 で 長 距 離 電 話 を 切 っ た 。 魔 王 メ エ ル ド ウ シ ア ス の 罵 声 が 途 中 で 切 れ た 。 と う へ ん ぼ く だ ぶ ん 『 聞 い て ん の か 、 こ の 唐 変 木 ! 駄 文 作 家 志 望 ! つ か 栄 子 が コ ー ド レ ス 機 を 放 り 投 げ て 走 っ て き た 。 ツ ア ー の 腕 を 掴 ん で 、 振 り 向 か せ る 。 「 ツ ア ー ハ ザ ー ル に 」 を 「 そ ん な 、 期 待 に 満 ち た ま な ざ し さ れ る と 困 る ん だ け ど : : : 」 「 お い 、 こ ら 。 委 員 長 」 く だ 子 聞 き 間 違 い だ ろ う か と 、 疑 う 顔 を ヴ ァ イ ネ は し た 。 ツ ア ー が 静 か に 希 望 を う ち 砕 く 。 王 「 ゲ イ で す 」 「 本 当 に ? 」 王 子 様 ±.• に キ ス を え い 、 )

現代日本の文学 34 井上 靖 集


、 試 を 昭 和 41 年 、 初 孫 朋 子 と ア フ ラ シ ア プ ( 旧 サ マ ル カ ン ド ) る 乍 品 は 、 そ 、 つ 多 く は な く て も 、 氏 の 作 ロ 明 の ほ と ん ど す べ て は 、 母 恋 い の 歌 だ と い っ て も 差 支 え な 氏 に と っ て 、 母 と は 、 遠 い も の で あ り 、 そ し て な ん と し て も 届 き た い も の で あ り 、 自 分 を 通 じ さ ま た 通 し る 可 能 陸 の な に よ り も 濃 い も の な の で あ る お そ ら く 、 氏 が 自 身 を 通 し さ せ た い と い う 希 求 に か ら れ る よ 、 フ に な っ た の は 、 母 を 遠 く に 望 ま わ ば な ら な か っ た か ら で あ ろ 、 つ 。 わ た し は 、 自 分 を 通 じ さ せ た い と い う 希 求 と 、 通 じ る べ く も な い と い う 絶 望 と は 、 文 学 の 根 本 衝 動 だ と 考 え る が 、 氏 つ も に こ う し た 根 本 衝 動 を 植 え つ け た も の は 、 い 遠 い と こ ろ に 離 れ て い た 母 に 他 な る ま い 大 騒 ぎ し て 、 お ぬ い 婆 さ ん と 洪 作 の 二 人 が ホ ー ム へ 降 り 立 っ と 、 そ こ へ 二 人 の 女 が 近 寄 っ て 来 た 。 洪 作 は そ の う ち の 一 人 が 母 で あ る こ と を す ぐ 見 て 取 っ た 。 母 だ と 思 っ た 瞬 間 、 洪 作 は お ぬ い 婆 さ ん の 背 に 匿 れ る よ う に し た 。 そ し て 更 に も っ と 完 全 に 自 分 の 身 を 匿 す と こ ろ は な い か と 、 あ た り を 見 廻 し た 。 441