検索 - みる会図書館

全データから 209986件ヒットしました。

ゲンロン0 観光客の哲学


観 光 客 の 哲 学

ゲンロン0 観光客の哲学


第 、 部 一 観 光 客 の 哲 学

ゲンロン0 観光客の哲学


ゲ ン ロ ン 0 観 光 客 の 哲 学 昊 は じ め に 帳 e n 「 0 n t r 一 a n n u 2 一 006 011 013 043 061 1 15 153 第 1 部 観 光 客 の 哲 学 第 1 章 観 光 付 論 一 一 次 創 作 政 治 と そ の 外 部 第 3 章 一 一 層 構 造 第 4 章 郵 便 的 マ ル チ チ ュ ー ド へ 第 2 章 2 0 一 7 A p r 一 一 東 浩 紀 著

ゲンロン0 観光客の哲学


ゲ ン ロ ン 0 観 光 客 の 哲 学 昊 は じ め に 帳 e n 「 0 n t r 一 a n n u 2 一 006 011 013 043 061 1 15 153 第 1 部 観 光 客 の 哲 学 第 1 章 観 光 付 論 一 一 次 創 作 政 治 と そ の 外 部 第 3 章 一 一 層 構 造 第 4 章 郵 便 的 マ ル チ チ ュ ー ド へ 第 2 章 2 0 一 7 A p r 一 一 東 浩 紀 著

ゲンロン0 観光客の哲学


そ れ で は 議 論 に 人 る こ と と し よ う 。 い ろ い ろ と や や こ し い 留 保 を つ け た が 、 。 ほ く が 観 光 客 の 哲 学 の 必 要 性 を 提 案 し て い る 背 景 に は 、 む ろ ん 、 ま ず は い ま 、 世 界 中 で 観 光 が プ ー ム で あ る と い う 単 純 な 事 実 が あ る 。 日 本 は こ の 四 半 世 紀 で す っ か り 貧 し く な っ て し ま っ た 。 日 本 人 は い ま や 金 を 使 わ な い 。 日 本 で 観 光 が プ ー ム だ っ た の は 遠 い む か し で あ る 。 だ か ら 、 観 光 が プ ー ム と 言 わ れ て も 首 を 傾 げ る 読 者 が い る か も し れ な い し か し 、 そ ん な 読 者 も 「 爆 買 い 」 と い う 言 葉 く ら い は 聞 い た こ と が あ る は ず だ 。 二 〇 一 四 年 か ら 二 〇 一 六 年 に か け て は 、 中 国 人 観 光 客 の 旺 盛 な 消 費 が 日 本 中 の 観 光 地 を 救 っ て い た 。 中 国 人 に 限 ら な い 。 日 本 に 来 る 外 国 人 観 光 客 の 数 は 、 目 に 見 え て 増 加 し て い る 。 統 計 を 見 て み よ う 。 図 1 は 観 光 庁 の 統 計 で あ る 。 こ の 図 を 見 れ ば 明 ら か な よ う に 、 日 本 で は い ま 、 国 内 観 光 客 の 低 迷 を 補 う よ う に 、 外 国 人 観 光 客 の 数 が 急 速 に 増 加 し て い 抽 象 的 な 議 論 ー こ と ど ま る の は 、 そ の よ う な 制 約 が あ る か ら だ だ と す れ ば 、 本 書 は 、 正 確 に は 、 観 光 客 の 哲 学 そ の も の と い う よ り も 、 観 光 客 の 哲 学 を 考 え る こ と を 可 能 に す る た め の 概 念 的 な 準 備 作 業 、 観 光 客 の 哲 学 ・ 序 論 と で も 称 す る べ き も の な の か も し れ な い い ず れ に せ よ 、 観 光 に つ い て の 哲 学 的 思 考 は 、 そ の よ う な 準 備 作 業 を 必 要 と し て い る 。 0 1 9 第 1 章 観 光

ゲンロン0 観光客の哲学


シ ョ ナ リ ズ ム の 思 想 的 な 表 現 で あ る 。 そ し て リ べ ラ リ ズ ム は 、 か っ て の ナ シ ョ ナ リ ズ ム の 思 想 的 な 表 現 だ リ ペ ラ リ ズ ム は 普 遍 的 な 正 義 を 信 じ た 。 他 者 へ の 寛 容 を 信 じ た 。 け れ ど も そ の 立 場 は 二 〇 世 紀 の 後 半 に 急 速 に 影 響 力 を 失 い 、 い ま で は リ バ タ リ ア ニ ズ ム と コ ミ ュ ニ タ リ ア ニ ズ ム だ け が 残 さ れ て い る 。 リ バ タ リ ア ン に は 動 物 の 快 楽 し か な く 、 コ ミ ュ ニ タ リ ア ン に は 共 同 体 の 善 し か な い こ の ま ま で は ど こ に も 普 遍 も 他 者 も 現 れ な い 。 そ れ が ぼ く た ち が 直 面 し て い る 思 想 的 な 困 難 で あ る 。 そ れ で は 、 い よ い よ 観 光 客 の 哲 学 に 取 り 組 む と し よ う 。 観 光 客 の 哲 学 と は 、 政 治 の 外 部 か ら 立 ち あ が る 政 治 に つ い て の 哲 学 、 動 物 と 欲 望 か ら 立 ち あ が る 公 共 性 に つ い て の 哲 学 、 グ ロ ー パ リ ズ ム が 可 能 に す る 新 た な 他 者 に つ い て の 哲 学 を 意 味 し て い る 。 で は そ れ は 、 こ こ ま で 述 べ て き た 二 層 構 造 と ど の よ う な 関 係 を 結 ぶ の だ ろ う か 。 新 た な 哲 学 を 語 る と き に は 、 既 存 の 哲 学 を 参 照 し な い と 信 用 さ れ な い も の で あ る 。 そ こ で こ こ で は 、 近 年 の 現 代 思 想 で も っ と も 話 題 と な っ た 概 念 、 ア ン ト ニ オ ・ ネ グ リ と マ イ ケ ル ・ ー ト の 「 マ ル チ チ ュ ー ド 」 を 参 照 項 と し て 、 観 光 客 の 哲 学 に 向 か う 理 路 を 提 示 し て み た い 。 ぼ く は 、 観 光 客 と は マ ル チ チ ュ ー ド の こ と だ と 主 張 し た い わ け で は な い 。 そ も そ も そ れ で は 本 書 の 独 自 性 が な い 。 し か し 、 ぼ く は 、 マ ル チ チ ュ ー ド の 概 念 に あ る 適 切 な 変 更 を 加 え れ ば 、 本 書 が 必 要 と す る 観 光 客 の 概 念 に 生 ま れ 変 わ る と 考 え る 。 そ し て そ れ こ そ が 、 一 一 一 世 紀 5 155 第 3 章 ニ 層 構 造

ゲンロン0 観光客の哲学


は も は や 変 質 し た 観 光 し か な い と 考 え て い る 。 プ ー ア ス テ ィ ン の よ う な 単 純 な 観 光 批 判 は 、 現 在 で は 通 用 し な い 。 観 光 の さ ま ざ ま な 機 能 に つ い て も う 少 し 繊 細 な 考 察 が な さ れ て は い る 。 し か し そ れ で も 、 資 本 主 義 と 深 く 結 び つ い た 観 光 の ダ イ ナ ミ ズ ム そ の も の に 対 し て は 、 観 光 学 者 た ち で さ え い い と こ ろ を 見 つ け ら れ な い し か し 、 だ と す れ ば 、 な ぜ い ま 世 界 は 観 光 客 に 覆 わ れ つ つ あ る の だ ろ う か ? 人 類 が 愚 か だ か ら だ ろ う か ? 人 類 は こ の ま ま 能 天 気 に 、 ツ ー リ ズ ム と シ ョ ッ ピ ン グ モ ー ル と テ ー マ ー ク に 囲 ま れ て 、 ポ ス ト モ ダ ン の 子 宮 に 守 ら れ 、 そ し て そ の ま ま 歴 史 の 終 わ り の ま ど ろ み の な か を 漂 っ て い く の だ ろ う か ? ば く は そ う 思 わ な い 。 だ か ら 観 光 客 の 哲 学 を 考 え て い る 。 観 光 は 一 九 世 紀 に 生 ま れ た 。 そ し て 二 〇 世 紀 に 花 開 い た 。 一 二 世 紀 は 観 光 の 時 代 に な る か も し れ な い 。 だ と す れ ば 、 そ ろ そ ろ 観 光 の 意 味 に つ い て 哲 学 的 な 考 察 が 必 要 だ 。 こ れ が 本 書 の も と も と の 出 発 点 で あ る 。 に も か か わ ら ず 、 い ろ い ろ と 調 べ て い く と 、 観 光 に つ い て 哲 学 的 に 、 し か も 否 定 的 に で は な く 語 る こ と は む ず か し い こ と が わ か っ て く る 。 そ れ が ば く た ち が 直 面 す る 壁 で あ る 。 観 光 客 の 哲 学 を 構 想 す る た め に は 、 ま ず は こ の 壁 を 壊 さ な け れ ば な ら な い 。 本 書 の 議 論 は こ こ か ら 始 ま る 。 本 書 は そ の 壁 に 正 面 か ら ぶ つ か っ て い く 。 第 二 章 で 壁 の 正 体 を 確 定 さ せ 、 第 三 章 で 壁 に 穴 3 ゲ ン ロ ン 0 0 5 0

ゲンロン0 観光客の哲学


に 塗 れ て い る か ら だ 。 他 者 と 声 に 出 し た 瞬 間 に 、 本 書 の 議 論 は 特 定 の イ デ オ ロ ギ ー の な か に 組 み こ ま れ 、 少 な か ら ぬ 読 者 を 失 っ て し ま う 。 し か し 、 そ れ で も 、 ぼ く が 考 え 続 け て い る の は 、 結 局 の と こ ろ 他 者 の 間 題 な の で あ る 。 そ し て そ れ は ぼ く な り の 戦 略 で も あ る 。 他 者 の か わ り に 観 光 客 と い う 一 言 葉 を 使 う こ と で 、 ぼ く は こ こ で 、 他 者 と っ き あ う の は 疲 れ た 、 仲 間 だ け で 、 、 、 し し 他 者 を 大 事 に し ろ な ん て う ん ざ り だ と 叫 び 続 け て い る 人 々 に 、 で も あ な た た ち も 観 光 は 好 き で し よ う と 間 い か け 、 そ し て そ の 問 い か け を 人 り 口 に し て 、 「 他 者 を 大 事 に し ろ 」 と い う リ べ ラ ル の 命 法 の な か に 、 い わ ば 裏 口 か ら ふ た た び 引 き ず り こ み た い と 考 え て い る の だ 。 観 光 客 か ら 始 ま る 新 し い ( 他 者 の ) 哲 学 を 構 想 す る 。 こ れ が 本 書 の 目 的 で あ る 。 誤 解 を 避 け る た め に ひ と っ 注 意 を 記 し て お き た い 。 ば く は 観 光 客 で は あ る が ( 長 い 休 暇 は 家 族 と 観 光 旅 行 に 出 か け て い る ) 、 観 光 学 者 で は な い 。 ま た 観 光 業 の 実 践 者 で も な い ( た だ し の ち 述 べ る よ う に 、 自 分 が 経 営 す る 会 社 で 年 に 一 回 、 ウ ク ラ イ ナ の チ ェ ル ノ ブ イ リ へ の ツ ア ー を 実 施 し て は い る ) 。 観 光 客 に 対 し て フ ィ ー ル ド ワ ー ク を 行 っ て い る わ け で も な い 。 本 書 の 観 光 に つ い て の 記 述 は 、 あ く ま で も 哲 学 的 な 記 述 、 言 い 換 え れ ば 「 概 念 」 に つ い て の 記 述 に と ど ま っ て い る 。 し た が っ て 、 「 観 光 客 の 哲 学 」 を タ イ ト ル に 掲 げ て い る も の の 、 本 書 は 現 実 の 観 光 産 業 と は あ ま り 関 係 を も た な い 。 観 光 業 の 実 態 の 紹 介 は ま っ た く 行 わ な い し 、 観 光 客 の 心 理 の 分 析 も 行 わ な い 本 書 は あ く ま で も 哲 学 書 で あ る 。 そ れ も 、 こ れ か ら さ き 読 み 進 め れ ば わ か る よ う に 、 か な り 抽 象 的 な 議 論 を 行 う 哲 学 書 で あ る 。 デ リ ダ が 「 郵 便 」 と 言 っ た か ら と い っ て 郵 便 局 や 切 手 0 1 7 第 1 章 観 光

ゲンロン0 観光客の哲学


世 紀 以 降 の 世 界 に お い て は 、 社 会 性 の あ る 人 間 と 社 会 性 の な い 人 間 、 公 共 性 の あ る 人 間 と 公 共 性 の な い 人 間 、 公 的 な 人 間 と 私 的 な 人 間 、 政 治 家 と 文 学 者 、 前 章 で の 言 葉 を 使 え ば 「 ま じ め 」 な 人 間 と 「 ふ ま じ め 」 な 人 間 と が 単 純 に 切 り 分 け ら れ る こ と に な っ た 。 ル ソ ー の 思 想 は 、 そ の 切 り 分 け の な か で 捉 え る か ら こ そ 、 分 裂 し て い る よ う に 見 え る 。 そ し て 、 第 一 章 で 示 唆 し た よ う に 、 観 光 客 あ る い は テ ロ リ ス ト も ま た 、 そ の 切 り 分 け の な か で 捉 え る か ら こ そ 、 見 え な く な る の で あ る 。 二 一 世 紀 の 思 想 は 、 も う い ち ど そ れ を 見 え る よ う に し な け れ ば な ら な い 人 間 は 人 間 が 好 き で は な い 。 人 間 は 社 会 を つ く り た く な い に も か か わ ら ず 人 間 は 現 実 に は 社 会 を つ く る 。 な ぜ か 本 書 は 、 そ の 謎 を 解 く ヒ ン ト を 、 一 般 意 志 の 再 読 に で は な く 、 観 光 客 の あ り か た に 見 い だ そ う と 試 み る も の で あ る 。 そ れ は ま た 同 時 に 、 一 九 世 紀 以 降 の 、 ま じ め な 公 と ふ ま じ め な 私 を 対 置 さ せ る 政 治 思 想 へ の 異 議 申 し 立 て で も あ る 。 第 二 章 で は 、 観 光 客 の 哲 学 の 基 礎 固 め を 行 う 。 ぼ く は ま ず 、 ル ソ ー と ほ ぼ 同 時 代 の ふ た り の 哲 学 者 を 取 り あ げ 、 観 光 客 に つ い て 思 考 す る た め の ふ た つ の 手 が か り を 引 き 出 す 。 続 い て 時 代 を 下 り 、 二 〇 世 紀 の 三 人 の 哲 学 者 を 参 照 す る こ と で 、 そ の 手 が か り を 展 開 す る た め に は 思 想 そ の も の を ど の よ う に 変 え る べ き な の か 、 そ の 課 題 を 明 ら か に し た い と 思 う 。 観 光 客 に つ い て 考 え る こ と 、 そ れ は 、 近 代 の 標 準 的 な 人 間 観 を 更 新 し 、 新 た な 人 間 観 、 新 た な 社 会 観 、 そ し て 新 た な 政 治 観 を 提 示 す る こ と に つ な が っ て い る 。 065 第 2 章 政 治 と そ の 外 部

ゲンロン0 観光客の哲学


り つ い た あ ら た め て 確 認 す る ま で も な く 、 こ れ は 、 本 書 の 主 題 で あ る 観 光 客 の 哲 学 に と っ て じ つ に 厄 介 な 障 害 と な る 理 論 で あ る 。 友 敵 の 対 立 を く ぐ り ぬ け な い と 、 ひ と は 人 間 に な り え な い 。 だ と す れ ば 、 「 村 人 で も 旅 人 で も な い 観 光 客 」 は 、 そ も そ も 人 間 未 満 の 未 熟 な 存 在 と い う こ と に な る 。 個 人 の た ん な る ま と ま り は 、 「 同 じ ア パ ー ト の 居 住 者 や 、 同 じ ガ ス 会 社 に 加 人 し た ガ ス 利 用 者 や 、 同 じ バ ス の 旅 客 」 を 超 え る も の で は な く 、 政 治 的 な 検 討 に 値 し な い 。 だ と す れ ば 、 祖 国 の 体 制 を 離 れ 、 個 人 の 私 的 な 動 機 に 基 づ き 国 境 を 越 え る 観 光 客 の 集 団 は 、 原 理 的 に 政 治 的 思 考 の 対 象 に は な り え な い こ と に な る 。 ぼ く は さ き ほ ど 、 観 光 客 の 哲 学 を 考 え る と は 「 国 家 か ら 国 家 連 合 へ の 単 線 的 な 物 語 に 属 さ な い 、 未 成 熟 な 「 ふ わ ふ わ し た 存 在 」 が つ く り だ す 友 好 の 可 能 性 」 に つ い て 考 え る こ と だ と 記 し た が 、 以 上 の よ う に 、 友 敵 理 論 の 存 在 は 、 そ し て そ の 背 景 に あ る ヘ ー ゲ ル の パ ラ ダ イ ム は 、 そ の よ う な 思 考 の 可 能 性 を あ ら か じ め 奪 い 去 っ て い る 。 近 代 の 人 文 思 想 に は 、 人 間 に つ い て ま と も に 考 え よ う と す れ ば す る ほ ど 、 観 光 客 に つ い て は ま と も に 考 え る こ と が で き な い と い う 構 造 が あ る の だ 。 し か し 、 障 害 は 同 時 に 可 能 性 で も あ る 。 観 光 客 の 哲 学 を 阻 む ヘ ー ゲ ル と シ ュ ミ ッ ト の 。 ハ ラ ダ イ ム は 、 逆 に 、 観 光 客 の 哲 学 が ど の よ う な も の で あ る べ き か 、 そ の す が た を 裏 側 か ら 照 ら し だ す も の で も あ る だ ろ う 。 近 代 思 想 は 、 人 間 は 友 敵 の 対 立 を く ぐ ら な い と 成 熟 し な い と 述 べ た 。 だ と す れ ば 、 ぼ く た ち は 、 観 光 客 の 哲 学 を 設 立 す る た め に 、 そ の 対 立 を く ぐ ら な い 別 の 成 熟 の メ カ ニ ズ ム を 探 る 必 要 が あ る 。 言 い 換 え れ ば 、 国 家 へ の 所 属 を 介 さ ず に 、 普 遍 と 特 殊 を 重 ね 合 わ せ る メ カ ニ ズ ゲ ン ロ ン 0 096