検索 - みる会図書館

検索対象: 書斎の窓 2012年 4月号

書斎の窓 2012年 4月号から 81件ヒットしました。

書斎の窓 2012年 4月号


た 。 そ の 後 、 人 文 ・ 社 会 科 学 の 分 野 で ど を 解 説 し て い ま す 。 と 仮 定 さ れ ま し た 。 も 進 化 ゲ ー ム は 精 力 的 に 研 究 さ れ 、 現 人 文 ・ 社 会 科 学 の 分 野 で は 、 人 間 行 3 人 間 行 動 の 合 理 性 を め ぐ っ て 在 で は 、 行 動 の 進 化 、 慣 習 、 規 範 な ど 動 の 合 理 性 を ど の よ う に 捉 え る か は 大 限 定 合 理 性 に 基 づ く 社 会 経 済 行 動 の ダ 現 在 、 ゲ ー ム 理 論 は 経 済 学 を 超 え き な 問 題 で す 。 伝 統 的 に ゲ ー ム 理 論 は イ ナ ミ ッ ク ス を 分 析 す る た め の 必 要 不 て 、 経 営 学 、 政 治 学 、 社 会 学 、 哲 学 、 ( 主 流 派 ) 経 済 学 と 同 じ く 、 人 間 は 合 可 欠 な 理 論 と な っ て い ま す 。 倫 理 学 、 心 理 学 な ど の 人 文 ・ 社 会 科 学 理 的 な 行 動 主 体 で あ る と の 前 提 に 立 っ 一 九 八 〇 年 代 以 後 、 経 済 学 で は 、 新 や 生 物 学 、 物 理 学 、 工 学 、 情 報 科 学 な て 分 析 を 行 い ま す 。 一 方 、 こ の よ う な 古 典 派 の 経 済 学 を 超 え て 、 戦 略 的 行 ど の 広 範 囲 な 学 問 分 野 で 活 発 に 研 究 さ 合 理 的 ア プ ロ ー チ に 対 し て 、 「 現 実 の 動 、 非 対 称 情 報 、 イ ン セ ン テ イ プ 、 メ れ て い て 、 文 系 ・ 理 系 の 区 別 を 超 え た 人 間 は 非 合 理 だ か ら 、 合 理 性 を 仮 定 す カ ニ ズ ム デ ザ イ ン な ど が 主 要 な 研 究 課 新 し い 学 問 の 総 合 化 に 貢 献 し て い ま す 。 る ( ゲ ー ム 理 論 ) は 役 に 立 た な い と 題 と な り 、 ゲ ー ム 理 論 の 応 用 が 格 段 に な ぜ 近 年 、 ゲ ー ム 理 論 が こ の よ う な い う 批 判 が 古 く か ら あ り ま す 。 場 合 に 発 展 し ま し た 。 こ の た め 、 新 版 で は 、 広 が り を も つ よ う に な っ た か 、 不 思 議 応 じ て 、 括 弧 の 中 は ゲ ー ム 理 論 以 外 の 各 章 の 応 用 例 を 増 や し ま し た 。 そ の 主 に 思 わ れ る 方 も 多 い と 思 い ま す 。 以 下 名 前 が 入 る こ と も あ り ま す 。 人 間 行 動 な も の は 、 戦 略 的 な 情 報 伝 達 、 評 判 と で は 、 少 し 詳 し く そ の 理 由 に つ い て 説 の 合 理 性 に 対 す る 見 方 の 違 い が 、 こ れ 不 完 全 情 報 、 マ ク ロ 金 融 政 策 の 時 間 非 明 し ま す 。 ま で 、 ゲ ー ム 理 論 を 経 営 学 、 政 治 学 、 整 合 性 、 グ ロ ー バ ル ゲ ー ム 、 不 完 備 契 ゲ ー ム 理 論 の 創 始 者 で あ る 数 学 者 の 社 会 学 、 社 会 心 理 学 な ど 、 経 済 学 以 外 約 と ホ ー ル ド ・ ア ッ プ 問 題 、 繰 り 返 し フ ォ ン ・ ノ イ マ ン と 経 済 学 者 の モ ル ゲ の 社 会 科 学 の 他 の 分 野 に 応 用 す る こ と 囚 人 の ジ レ ン マ と 評 判 、 ネ ッ ト ワ ー ク ン シ ュ テ ル ン の 目 的 は 、 合 理 的 な 経 済 を 困 難 に し て い ま し た 。 形 成 、 な ど で す 。 第 肥 章 の 「 ゲ ー ム 理 主 体 の 行 動 を 数 理 的 に 解 明 す る 理 論 を 人 間 行 動 の 合 理 性 へ の 批 判 に 対 す る 論 の フ ロ ン テ ィ ア 」 で は 、 最 近 の 研 究 確 立 す る こ と で し た 。 そ の た め 、 ゲ ー ゲ ー ム 理 論 家 や 経 済 学 者 の 代 表 的 な 擁 窓 動 向 と し て 、 社 会 心 理 学 の 知 見 を 取 り ム の プ レ イ ヤ ー は 自 分 の 利 得 ( 効 用 ) 護 は 、 次 の よ う な も の で す 。 「 合 理 性 斎 い れ た 行 動 ゲ ー ム 理 論 や 学 習 の 理 論 な を 最 大 化 す る 合 理 的 な 行 動 主 体 で あ る の 仮 定 は 一 つ の 作 業 仮 説 で あ り 、 現 実

書斎の窓 2012年 4月号


生 の 重 厚 な 名 著 で 私 の 研 究 の 導 き の 星 考 え て い る 。 そ の 主 な 理 由 は 、 法 理 学 心 が な い と 思 わ れ る 専 門 的 な 論 点 に つ で あ っ た 『 法 哲 学 概 論 』 ( 一 九 七 六 年 、 と い う 名 称 が 、 そ れ と 語 源 的 に つ な が い て は 、 論 点 の 意 義 ・ 射 程 や 問 題 の 所 有 斐 閣 ) が 眼 前 に ち ら つ い て 、 畏 れ 多 る iuris prudentia ( 法 の 賢 慮 ) の 在 を 指 摘 し 、 私 の 基 本 的 な 考 え 方 な い 、 0 prudent 一 a と い う 実 践 知 の 伝 統 を 現 代 し 一 応 の 結 論 的 見 解 は 提 示 し た が 、 結 局 、 「 法 理 学 」 と い う 名 称 を 使 う で も 正 し く 継 承 発 展 さ せ 、 何 ら か の 特 個 々 の 論 点 自 体 に 深 入 り す る こ と は 差 こ と に し た 。 法 哲 学 、 法 理 学 、 法 理 論 定 の 哲 学 的 方 法 の 応 用 部 門 よ り も 、 実 し 控 え て 、 法 律 家 ・ 法 学 者 に 限 ら ず 、 に つ い て は 、 青 井 『 法 理 学 概 説 』 序 論 定 法 学 の 基 礎 理 論 と い う 役 割 を 重 視 し 法 を 用 い 動 か す こ と に 直 接 ・ 間 接 に 関 や 亀 本 『 法 哲 学 』 第 一 章 に も 、 そ れ ぞ て 、 法 と 法 学 の 在 り 方 を め ぐ る 根 本 問 与 し て い る 人 び と の 法 実 践 に 原 理 的 指 れ の 学 風 を 彷 彿 さ せ る 興 味 深 い 説 明 が 題 を 基 礎 的 原 理 的 に 考 察 す る 学 問 分 野 針 と 理 論 的 基 礎 を 提 供 で き そ う な 側 面 の 特 質 を 表 現 す る の に ふ さ わ し い と 思 あ り 、 本 書 「 序 論 」 で も 私 見 を 述 べ て の 考 察 に 力 点 を お い た 。 い る が 、 こ れ ら の 異 同 ・ 相 互 関 係 の 理 わ れ る か ら で あ る 。 と 言 え ば 格 好 は よ い が 、 実 状 は 、 本 解 に は 論 者 に よ っ て か な り ズ レ が あ こ の よ う な 法 理 学 イ メ ー ジ に 従 っ 書 を ま と め る 決 心 を し て か ら こ れ ら の る 。 ち な み に 、 私 が 長 く 勤 務 し て い た て 、 本 書 で は 、 法 の 一 般 理 論 、 正 義 専 門 的 な 論 点 の 哲 学 的 論 議 の 検 討 に 結 京 大 で は 、 講 座 名 は 創 設 当 初 か ら 法 理 論 、 法 律 学 的 方 法 論 と い う 、 法 理 学 ・ 構 時 間 を 割 い た け れ ど も 、 自 分 で 納 得 学 で あ る が 、 授 業 科 目 名 は 、 学 部 は 法 法 哲 学 の 三 つ の 主 要 問 題 領 域 の す べ て が ゆ き 他 人 に き ち ん と 説 明 で き る ま で 理 学 、 大 学 院 は 法 哲 学 と 異 な っ て お を カ ヴ ァ ー す る こ と に し て 、 各 領 域 で 詰 め 切 れ な か っ た 論 点 が 少 な く な か っ た と い う こ と も あ る 。 こ の こ と も 「 法 り 、 大 講 座 化 後 は 、 法 理 学 は 法 社 会 学 伝 統 的 に 根 本 問 題 と み ら れ て き た 諸 論 と と も に 法 理 論 講 座 の 一 専 攻 分 野 と 位 点 も 、 私 の 問 題 関 心 や 考 察 能 力 に よ っ 哲 学 」 と い う 名 称 を 用 い る こ と を 躊 躇 2 ・ 置 づ け ら れ て い る 。 私 自 身 は 、 自 分 の て 繁 簡 精 粗 は あ る け れ ど も 、 で き る だ し た 一 因 か も し れ ず 、 更 な る 研 鑽 を 重 専 攻 分 野 が こ れ ら い ず れ の 名 称 で 呼 ば け 網 羅 的 に 取 り 上 げ 、 私 な り に 体 系 的 ね て 「 私 の 法 哲 学 」 を 語 れ る 境 地 に い 窓 れ て も あ ま り 抵 抗 は な い が 、 い ず れ か に 関 連 づ け て 考 察 す る こ と に 努 め た 。 つ か は 辿 り 着 き た い と い う 、 哲 学 へ の 斎 と 言 え ば や は り 「 法 理 学 」 が 適 切 だ と し か し 、 法 理 学 専 攻 者 以 外 は あ ま り 関 憧 憬 あ る い は そ の 裏 返 し と し て の コ ン

書斎の窓 2012年 4月号


い て は 、 気 に な り つ つ も 、 十 分 に 詰 め 性 基 準 と そ の 法 的 制 度 化 、 議 論 ・ 交 渉 と い う タ イ ト ル は や め て 、 当 初 は 、 遅 れ ば せ な が ら 大 系 シ リ ー ズ で 予 定 さ れ る こ と が で き ず 、 講 義 で の 敷 衍 ・ 補 正 フ ォ ー ラ ム 、 法 の 三 類 型 モ デ ル な ど 、 私 が こ れ ま で 提 唱 し て き た 法 理 学 的 見 て い た 『 法 理 学 』 と い う 書 名 を そ の ま に ゆ だ ね ざ る を 得 な い 箇 所 が 多 く 残 っ 解 の 相 互 関 係 と 理 論 的 基 礎 を 整 理 し て ま 使 わ せ て い た だ こ う か と 考 え た け れ é そ の 後 、 『 法 理 学 』 自 体 は 予 定 さ れ 提 示 す る と と も に 、 法 理 学 の 主 要 領 域 ど も 、 や は り 何 と な く 後 ろ め た い と こ 書 ろ が あ り 、 『 法 理 学 概 論 』 ぐ ら い が 無 た 期 間 内 に 仕 上 げ る こ と が で き ず 、 大 の 根 本 的 諸 問 題 に つ い て 、 こ の よ う な 系 シ リ ー ズ は 打 ち 切 り に な 「 た が 、 法 法 理 学 的 理 論 を 基 礎 と し て 体 系 的 に 概 難 だ と 思 っ た が 、 こ れ も 、 本 書 を ま と め て い る と き に し ば し ば 参 照 し た 畏 理 学 の 体 系 的 な 概 説 書 を ま と め る 準 備 観 し よ う と 試 み た 。 『 現 代 法 理 学 』 は 、 こ の よ う に 、 『 現 友 ・ 青 井 秀 夫 教 授 の 大 著 『 法 理 学 概 は 、 し ば し ば 中 断 し つ つ も 、 少 し ず つ 進 め て い た 。 本 書 で は 、 『 法 理 学 講 義 』 代 法 理 論 』 を 原 型 と し 『 法 理 学 講 義 』 説 』 ( 二 〇 〇 八 年 、 有 斐 閣 ) と 紛 ら わ の 「 序 論 」 で 素 描 し た よ う な 法 理 学 の 学 を 経 て 現 在 に 至 る 、 講 義 テ キ ス ト の し い と い う 難 点 が あ っ た 。 ま た 、 こ れ 問 的 性 質 と 役 割 の 理 解 に 基 づ い て 、 法 「 ノ イ ラ ー ト の 船 」 方 式 の 補 修 の 積 み ま で 「 法 理 論 」 ↓ 「 法 理 学 」 と 変 え て 動 態 へ の 相 互 主 体 的 視 座 、 対 話 的 合 理 重 ね の 所 産 と い う 面 と 同 時 に 、 基 本 的 き た か ら 、 今 回 は ポ ピ = ラ ー な 「 法 哲 に 大 系 シ リ ー ズ の 編 集 方 針 と 執 筆 要 項 学 」 に し て 、 新 刊 書 の オ ビ な ど で わ ざ 込 に 即 し て ま と め た と い う 意 味 で は 、 実 わ ざ 「 法 哲 学 の 体 系 書 」 と 宣 伝 し て い 税 た だ か な け れ ば な ら な い 手 数 を か け な 質 的 に 『 法 理 学 』 の 時 期 に 遅 れ た 債 務 円 い よ う に す る こ と も 考 え た が 、 半 年 ほ の 履 行 と い う 面 も あ る 。 心 情 的 に は 後 ど 前 に 亀 本 洋 教 授 の ユ ニ ー ク な ス タ イ 者 の 側 面 が 強 い 。 ル の カ 作 『 法 哲 学 』 ( 二 〇 一 一 年 、 成 な ぜ 「 法 哲 学 」 で は な く 明 6 文 堂 ) が 刊 行 さ れ た ば か り で 、 タ イ ミ 独 成 、 「 法 理 学 」 な の か ? ン グ が よ く な い 。 か と い っ て 『 法 哲 学 中 畔 田 『 < こ の よ う な 経 緯 か ら 、 「 〇 〇 〇 講 義 ー 概 論 』 と す る の も 、 恩 師 ・ 加 藤 新 平 先 現 代 法 理 学 田 中 成 明

書斎の窓 2012年 4月号


。 現 代 法 理 学 の メ ッ カ と 目 さ れ る オ プ レ ッ ク ス に は 依 然 と し て と り つ か れ 理 学 の 研 究 を し て い る と き で も 、 少 し ッ ク ス フ ォ ー ド で 揉 ま れ て 帰 っ て き た 2 た ま ま で あ る 。 大 げ さ に 一 = ロ 一 ん ば ″ こ こ か ロ ド ス だ 、 こ ば か り の 彼 か ら み れ ば 、 本 書 の 「 最 近 こ で 跳 べ ″ ( ヘ ー ゲ ル 『 法 哲 学 綱 要 』 「 現 代 」 と は い か な る 趣 旨 か ? 序 文 ) と い う 要 請 に 応 え 、 い わ ゆ る の : : : 」 で は じ ま る 説 明 に 世 代 的 な ズ é 「 現 代 」 法 理 学 と い う 限 定 的 な タ イ ″ 出 羽 守 〃 に と ど ま ら ず 、 現 代 日 本 の レ を 感 じ 、 最 先 端 の 議 論 状 況 を ふ ま え 書 た と は 一 一 = ロ い か オ し = = ロ 日 カ カ な り あ る こ ト ル に し た の は 、 「 法 理 学 」 と い う 堅 法 状 況 の な か で 欧 米 の 議 論 が ど の よ う と が 気 に な っ た の だ と 思 う が 、 指 摘 さ な 意 義 を も っ か を つ ね に 意 識 し な が ら 苦 し い 専 門 的 用 語 を 多 少 な り と も 和 ら げ よ う と い う 販 売 政 策 的 な 魂 胆 も な い 考 察 す る こ と を 心 が け て き た 。 概 説 書 れ て み る と 、 そ の 通 り で 、 釈 明 す る 必 で は な い が 、 比 較 的 最 近 の 理 論 の 考 察 の 執 筆 で も で き る だ け 同 じ 姿 勢 を 貫 き 要 が あ る こ と が 分 か っ た 。 『 現 代 法 理 論 』 執 筆 当 時 は 、 賛 同 し に 比 べ て 系 統 的 な 法 思 想 史 的 考 察 に あ た い と い う 思 い が 強 か っ た 。 が た い 見 解 も 含 め て 、 内 外 の 法 理 学 ・ し か し 、 「 現 代 ー と い う 限 定 か ら こ ま り 紙 幅 を 割 い て い な い 偏 り が 気 に な っ た こ と も あ る 。 し か し 、 私 の 積 極 的 の よ う な 個 人 的 な 思 い ま で 読 み 取 っ て 法 哲 学 や 関 連 分 野 の 最 新 文 献 に も き ち い た だ く こ と は 無 理 か も し れ ず 、 『 現 ん と 眼 を 通 し て 、 当 時 の 議 論 状 況 を ふ な 思 い と し て は 、 現 代 日 本 の 法 状 況 を 解 明 し そ れ に 対 応 す る た め の 原 理 的 視 代 法 理 学 』 と 銘 打 た れ て い る と 、 法 理 ま え た 概 観 的 説 明 を し た つ も り で 、 学 の 最 先 端 の 理 論 が 提 示 さ れ て い る 「 は し が き ー で 「 最 先 端 の 問 題 状 況 や 座 と 理 論 枠 組 を 提 示 し た い と い う 、 『 現 代 法 理 論 』 以 来 の 問 題 関 心 へ の 愛 か 、 取 り 上 げ ら れ て い る と 期 待 す る の 基 本 的 争 点 」 ま で 取 り 上 げ た と 述 べ て い る 。 『 法 理 学 講 義 』 の 「 は し が き が 一 般 的 で あ ろ う 。 本 書 の 初 校 ゲ ラ を 着 が 大 き い 。 私 の 研 究 生 活 を 振 り 返 っ で も 、 「 こ の 世 紀 末 の 不 気 味 な 波 に 呑 チ ェ ッ ク し て く れ た 新 進 の 法 哲 学 者 の て み る と 、 ド イ ツ 流 の 法 哲 学 の 研 究 か ら 始 め て 、 一 九 七 〇 年 代 初 め の ハ 近 藤 圭 介 さ ん が 、 書 名 に つ い て 編 集 み 込 ま れ る こ と な く 、 二 一 世 紀 に た ど り 着 け る か ど う か お ば っ か な い 」 と 、 ー ド で の 在 外 研 究 の 前 後 か ら 英 米 流 の 者 と 打 ち 合 わ せ を し て い る と き に 、 オ 「 『 現 代 』 で す か : : : 」 と 、 遠 慮 が ち に 少 し 弱 気 に は な っ て い る が 、 ま だ 同 じ 法 理 学 ・ 正 義 論 の 研 究 に 重 点 移 行 し こ よ う な 自 負 は あ っ た 。 し か し 、 本 書 の け れ ど も 、 こ れ ら の 欧 米 の 法 哲 学 ・ 法 指 摘 し て く れ て こ の こ と に 気 付 い

書斎の窓 2012年 4月号


の 人 間 が そ う で あ る と 考 え て い る わ け ゲ ー ム 理 論 の 有 効 性 に 懐 疑 的 な 研 究 者 総 合 理 論 の 一 つ と な っ て い ま す 。 で は よ 、 0 実 証 科 学 で 重 要 な こ と は 、 も 少 な く な か っ た と 思 い ま す 。 も う 少 し 具 体 的 に 説 明 し ま す 。 例 え 理 論 の 仮 定 が 正 し い か ど う か で は な く 、 一 方 、 一 九 八 〇 年 代 後 半 か ら 、 ゲ ー ば 、 人 間 の 合 理 性 を ま っ た く 認 め ず 、 仮 定 か ら 演 繹 さ れ た 命 題 ( 例 え ば 、 需 ム 理 論 や 経 済 学 で も こ れ ま で の 理 想 的 人 間 は ラ ン ダ ム に 行 動 す る と 仮 定 し て 要 関 数 は 価 格 に 関 し て 右 下 が り で あ る 、 な 完 全 合 理 性 を 仮 定 す る ア プ ロ ー チ に ゲ ー ム 理 論 を 応 用 す る こ と も 可 能 で 書 な ど ) を 実 証 デ ー タ に よ っ て テ ス ト す 満 足 で き な い 研 究 者 が 多 く な り 、 人 間 す 。 こ れ 程 、 極 端 で は な い で す が 、 ゼ ル テ ン の 完 全 均 衡 点 の 理 論 ( 第 4 章 ) る こ と で あ る 。 あ た か も 人 間 は 合 理 的 の 合 理 性 は さ ま ざ ま な 形 で 限 定 さ れ て に 行 動 す る と 仮 定 し て 作 ら れ た モ デ ル い る と い う 前 提 に 立 っ た 「 限 定 合 理 や 確 率 進 化 ゲ ー ム 理 論 ( 第 肥 章 ) で が 、 テ ス ト に よ っ て 反 証 さ れ ず 、 現 実 性 ー ア プ ロ ー チ の 研 究 が 急 速 に 進 展 し は 、 プ レ イ ヤ ー は わ ず か な 確 率 で 合 理 の 人 間 行 動 の 理 解 に 役 立 つ の で あ れ ま し た 。 そ の 結 果 、 実 験 経 済 学 や 行 動 性 が 破 綻 し ラ ン ダ ム に 行 動 を 選 択 す る ば 、 そ の 理 論 を 受 け 入 れ る の で あ る 。 」 経 済 学 の 分 野 が 発 展 し 、 ゲ ー ム 理 論 の と 想 定 さ れ ま す 。 ま た 、 人 間 の 合 理 性 こ れ ま で に 、 「 合 理 的 な 人 間 ー の モ デ 内 容 が 一 層 、 豊 か な も の に な っ て い ま を 少 し だ け 認 め 、 人 間 は 過 去 に 成 功 し ル は 現 実 の 人 間 の 経 済 行 動 を 理 解 す る す 。 現 代 の ゲ ー ム 理 論 で は 、 完 全 合 理 た 行 動 を 高 い 頻 度 で 選 択 す る と 仮 定 す 上 で 大 き な 成 功 を お さ め て い ま す 。 る こ と も で き ま す 。 心 理 学 で よ く 用 い 性 の 仮 定 は 必 要 不 可 欠 な も の で な く 、 理 論 モ デ ル と 現 実 世 界 の 対 応 に 関 し 合 理 性 の さ ま ざ ま な レ ベ ル に 応 じ て 人 ら れ る 強 化 学 習 は 、 こ の よ う な モ デ ル て は 、 自 然 科 学 で も 同 様 の 問 題 が あ 間 行 動 を 研 究 す る 分 析 ツ ー ル が 提 供 さ で す 。 強 化 学 習 モ デ ル で 想 定 さ れ る プ レ イ ヤ ー は 相 手 の 行 動 を ま っ た く 考 慮 り 、 学 問 の 違 い を 問 わ ず 、 研 究 者 は 程 れ て い ま す 。 人 間 行 動 の 分 析 に ど の 程 度 の 差 は あ れ 、 あ る 作 業 仮 説 を 必 要 と 度 の 合 理 性 を 前 提 と す る の が 適 当 で あ し ま せ ん が 、 も し 相 手 が 強 化 学 習 ル ー し ま す 。 経 済 学 の 世 界 で は 、 多 く の 理 る か は 、 そ れ ぞ れ の 分 野 の 研 究 対 象 に ル に 従 っ て 行 動 す る と 推 論 で き る な ら 論 家 は 「 合 理 的 な 人 間 」 の モ デ ル を 支 応 じ て 判 断 さ れ る べ き も の で あ り 、 ゲ ば 、 相 手 の 裏 を か い て 戦 略 的 に 行 動 す 持 し ま す が 、 こ れ ま で 他 の 分 野 で は 、 ー ム 理 論 は 人 文 ・ 社 会 科 学 や 自 然 科 学 る こ と も で き る で し よ う 。 さ ら に 、 相 合 理 的 ア プ ロ ー チ に 対 す る 違 和 感 か ら の 多 様 な 学 問 分 野 を 横 断 す る 基 礎 的 な 手 も こ ち ら の 動 き を 察 知 し て 、 互 い に

書斎の窓 2012年 4月号


場 合 は 、 今 世 紀 に 人 っ て か ら の 議 論 状 て い る か も し れ な い が 、 最 先 端 の 理 論 が 、 駑 馬 に む ち 打 っ て 「 私 の 法 哲 学 」 況 も 一 応 フ ォ ロ ー は し て い る が 、 か っ と 距 離 が 拡 ま っ た こ と に よ っ て 私 の 法 を め ざ し て こ れ か ら も 遅 々 た る 歩 み を て の よ う に 満 遍 な く と い う わ け で は な 理 学 理 論 の 現 代 的 意 義 が 弱 ま っ た と は 続 け る に つ い て も 、 も う 法 理 学 の 最 先 く 、 私 の 関 心 を 惹 く 文 献 が 中 心 で 、 見 必 ず し も 思 っ て い な い 。 端 の 理 論 を フ ォ ロ ー す る の は ほ ど ほ ど 落 と し て い る 最 新 の 論 点 ・ 文 献 も 少 な も っ と も 、 「 現 代 的 」 と 言 っ て も 、 に し て 、 こ れ ま で 必 要 に 迫 ら れ て ″ っ く な い こ と は 認 め ざ る を 得 な い 。 本 書 が 一 一 一 世 紀 へ の 新 た な 展 望 を 切 り ま み 食 い ″ ″ の ぞ き 見 ″ 的 に し か 付 き た し か 九 〇 年 代 中 頃 に 、 現 代 法 に 関 拓 く よ う な 未 来 志 向 的 な 法 理 論 を 提 示 合 う こ と が で き な か っ た 、 プ ラ ト ン や す る あ る 研 究 会 で 「 田 中 の 法 理 論 は 八 し て い る と い う 趣 旨 で は な い 。 む し ア リ ス ト テ レ ス 、 ロ ッ ク や ル ソ ー 、 カ 〇 年 代 型 モ デ ル だ 」 と 論 評 さ れ 、 そ の ろ 、 「 同 時 代 的 」 と い う 意 味 で 受 け 止 ン ト や ヘ ー ゲ ル ら の 古 典 を 紐 解 い て 、 通 り か も し れ な い と 思 っ た 記 憶 が あ め て 、 戦 時 中 に 生 を 享 け 戦 後 の 日 本 社 遅 れ ば せ な が ら 先 哲 と じ っ く り 対 話 す る 。 私 の 法 理 学 的 理 論 の 骨 格 が 、 基 本 会 の 変 転 を 体 験 し て き た 世 代 の 一 法 理 る こ と を 愉 し み た い と 思 っ て い る 。 的 に そ の 当 時 ま で の 法 理 学 な ど の 法 の 学 者 が 、 内 外 の 同 時 代 の 代 表 的 な 諸 理 ( た な か ・ し げ あ き 。 京 都 大 学 名 誉 教 授 、 ( 財 ) 国 際 高 等 研 究 所 副 所 長 ) 基 礎 理 論 的 研 究 の 展 開 を ふ ま え て 、 日 論 と ど の よ う に 対 話 し な が ら 思 索 を 重 本 の 法 状 況 を 見 据 え な が ら 構 想 さ れ た ね て き た か 、 そ の 考 察 の 過 程 を 示 す も の で あ り 、 そ れ 以 降 も 、 内 外 の 理 論 「 同 時 代 的 な 対 話 録 」 と し て 読 ん で い 展 開 や わ が 国 の 法 状 況 の 変 容 に 合 わ せ た だ き 、 読 者 が そ れ ぞ れ 新 た な 展 望 を て 点 検 し 必 要 な 補 正 や 軌 道 修 正 は し て 切 り 拓 か れ る の に 何 ら か の お 役 に 立 っ き た け れ ど も 、 す で に 前 世 紀 末 か ら 私 こ と が で き れ ば 、 そ れ で 十 分 だ と 思 っ の 法 理 学 的 立 場 が 、 最 先 端 の 理 論 動 向 て い る 。 に 概 し て 懐 疑 的 だ と い う 意 味 で 守 勢 に 最 後 に 、 五 〇 年 近 い 研 究 生 活 の 反 省 回 っ た と い う 実 感 は あ っ た 。 本 書 で と し て 、 一 言 付 け 加 え さ せ て い た だ く は 、 こ の よ う な 考 察 姿 勢 が 一 層 強 ま っ と 、 居 直 り 的 に 聞 こ え る か も し れ な い 書 斎 の 窓 2 似 2. 4

書斎の窓 2012年 4月号


と に は 、 著 者 は 禁 欲 的 で あ る 。 冷 戦 の ろ う こ と は 、 想 像 に 難 く な い 。 海 の 向 ま た 、 す べ て の 良 書 に 不 可 欠 な 、 著 者 歴 史 に 照 ら し て 現 在 の 国 際 情 勢 を ど う こ う に は 、 ギ ャ デ ィ ス 教 授 を は じ め 、 と 編 集 者 と の 豊 か な 信 頼 関 係 の 反 映 で も あ る 。 読 む の か に つ い て 、 著 者 の 洞 察 を も う 欧 米 、 さ ら に ア ジ ア の 冷 戦 史 の 泰 斗 が 窓 ( む ら た ・ こ う じ い 同 志 社 大 学 法 学 部 教 授 ) の 少 し 提 示 し て ほ し か っ た 。 評 者 に は そ 控 え て い る 。 本 書 の 著 者 に は 是 非 、 日 斎 書 う い う 思 い が 残 る が 、 や は り そ れ は 欲 本 の 優 秀 な 若 手 研 究 者 を 率 い て 、 冷 戦 張 り す ぎ と い う も の で あ ろ う 。 史 研 究 の 国 際 比 較 に 乗 り 出 し て い た だ こ れ ほ ど コ ン バ ク ト で 濃 厚 、 立 体 的 き た い 。 夢 は 広 が る 。 そ れ は 永 井 教 授 ら の 名 著 を 産 ん だ 大 型 共 同 研 究 と 比 肩 な 冷 戦 史 の 概 説 書 を 、 わ れ わ れ は 手 に し , つ る 、 も の に な る か も し れ な い 。 す る こ と が で き た 。 冷 戦 史 や 外 交 史 に 多 大 な 貢 献 を さ れ た 、 永 井 陽 之 助 教 授 有 斐 閣 の 教 科 書 シ リ ー ズ の 多 く が そ う で あ る よ う に 、 本 書 も き め 細 か な 参 や 細 谷 千 博 教 授 は す で に 世 を 去 ら れ た 。 こ う し た 碩 学 が 生 前 に 本 書 に 触 れ 考 文 献 と 文 献 解 題 、 そ し て 索 引 を 備 え ら れ た ら 、 目 を 細 め て 愛 で ら れ た で あ て 、 読 者 の 便 宜 を 図 っ て い る 。 そ れ は 映 像 む 理 学 の 理 論 仲 島 義 明 著 認 知 心 理 学 新 版 ョ ◎ 知 の ア ー キ テ ク チ ャ を 探 る 価 乢 呈 ・ 目 次 ・ 道 又 爾 ・ 北 﨑 充 晃 ・ 大 久 保 街 亜 ・ 今 井 久 登 ・ 送 閣 ⅸ 理 論 的 考 察 の 第 , 部 「 映 像 心 理 学 」 序 論 第 Ⅱ 部 「 ワ ー キ ン グ メ モ リ 理 論 」 に 基 礎 を 置 く モ デ ル 山 川 恵 子 ・ 黒 沢 学 著 目 第 Ⅲ 部 「 処 理 資 源 理 論 」 に 基 礎 を 置 く モ デ ル 書 New Liberal Arts SeIection 斐 ご 到 達 点 第 Ⅳ 部 「 事 象 の 構 造 化 理 論 」 に 基 礎 を 置 く モ デ ル 図 有 / 映 像 の 情 報 処 理 に 関 す る 第 > 部 「 基 準 理 論 」 に 基 礎 を 置 く モ デ ル <LD 判 三 五 七 0 円 ◎ 認 知 心 理 学 ⑩ 内 外 の 理 論 / モ デ ル を 、 第 Ⅵ 部 「 文 脈 効 果 の 理 論 」 に 基 礎 を 置 く モ デ ル 箱 田 裕 司 ・ 都 築 誉 史 ・ 川 畑 秀 明 ・ 萩 原 滋 著 認 知 心 理 学 の 観 点 か ら 体 系 化 第 Ⅶ 部 「 音 楽 の 認 知 理 論 」 に 基 礎 を 置 く モ デ ル 出 版 内

書斎の窓 2012年 4月号


学 全 娵 一 今 回 、 有 斐 閣 の 法 律 学 全 集 が あ っ て 刑 訴 法 研 究 者 の 道 に 進 ん だ が 、 >Q に 収 め ら れ 新 し い 形 で 活 用 で き る 一 九 六 〇 年 、 学 部 四 回 生 の と き に 京 都 よ う に な っ た こ と は 、 学 界 ・ 実 務 界 に 大 学 で 開 催 さ れ た 刑 法 学 会 大 会 の 公 開 こ 嗣 と っ て の 一 大 朗 報 と い え よ う 。 大 学 卒 講 演 で 平 野 博 士 の 「 刑 事 訴 訟 法 の 基 礎 茂 業 後 、 刑 事 訴 訟 法 学 を 専 攻 し 研 究 者 の 理 論 」 と い う 講 演 を 拝 聴 し た こ と が 、 道 を 選 ん だ 筆 者 に と っ て 、 法 律 学 全 集 刑 事 訴 訟 法 学 へ の 関 心 を 一 層 深 め た こ 木 は 法 律 各 分 野 に わ た り そ の 学 問 状 況 を と は 否 め な い 。 『 平 野 刑 訴 』 の 出 版 は 知 る た め の 貴 重 な 情 報 源 で あ っ た 。 刑 一 九 五 八 年 、 丁 度 筆 者 が 学 部 一 一 回 生 の > 回 っ 事 法 部 門 に 関 し て は 、 木 村 亀 一 一 『 刑 法 時 で あ り 、 新 た な 刑 訴 理 論 の 提 唱 と し 総 論 』 、 団 藤 重 光 『 刑 法 各 論 』 、 荘 子 邦 て 大 き な 話 題 を 呼 ん で い た 。 以 来 、 平 雄 『 労 働 刑 法 総 論 』 、 福 田 平 『 行 政 刑 場 博 士 の 『 刑 事 訴 訟 法 講 義 』 と 『 平 野 法 』 、 大 塚 仁 『 特 別 刑 法 』 、 平 野 龍 一 刑 訴 』 は 、 筆 者 に と っ て バ イ プ ル 的 存 律 『 矯 正 保 護 法 』 、 平 場 安 治 『 少 年 法 』 、 在 と な っ た 。 法 ー 事 補 償 法 』 な ど の 名 著 労 卒 業 後 筆 者 は 、 京 都 大 学 法 学 部 助 手 、 、 そ れ ぞ れ 影 響 を 受 け た が 、 と な り 、 一 九 六 四 年 一 月 に 神 戸 大 学 法 み ず か ら の 専 門 に か か わ る 平 野 学 部 に 専 任 講 師 と し て 移 籍 し た 。 そ し 司 事 訴 訟 法 』 ( 以 下 、 『 平 野 刑 訴 』 て 、 刑 事 訴 訟 法 の 講 義 を 担 当 す る に あ イ か ら 受 け た 学 問 的 影 響 に た っ て 、 夏 休 み を 利 用 し 、 同 僚 の 紹 介 も の が あ っ た 。 で 尾 瀬 沼 近 く の 片 品 温 泉 に 籠 っ て 講 義 窓 ま 、 京 都 大 学 で 恩 師 平 場 安 の 準 備 に 勤 し ん だ 。 そ の 折 に は 、 『 平 斎 書 え を 受 け 、 博 士 の お 勧 め も 野 刑 訴 』 の 各 頁 の 間 に 白 紙 一 一 枚 を 挟 ん

書斎の窓 2012年 4月号


現 東 大 教 養 学 部 教 授 と 柳 原 正 治 現 九 州 ど 博 士 課 程 へ 進 学 し 、 現 在 専 修 大 学 の 東 大 法 研 で の 研 究 生 活 大 学 教 授 の 一 一 人 が そ れ ぞ れ 助 手 及 び 博 森 川 幸 一 教 授 が 助 手 一 一 年 目 に な る と い う 、 わ り と こ ぢ ん ま り と し た 人 的 構 成 私 が 一 九 八 〇 年 四 月 文 部 省 奨 学 生 と 士 課 程 を 修 了 し 職 を 見 つ け て 出 て 行 か し て 来 日 し 、 一 年 間 の 東 大 教 養 学 部 国 れ 、 ち ょ う ど 助 手 論 文 を 書 き 終 え 就 職 で あ っ た 。 当 時 の 国 際 法 研 究 の 中 心 的 な 存 在 は 際 関 係 論 研 究 生 を 経 て 東 大 法 学 部 研 究 待 ち を し て い た 岩 沢 雄 司 現 東 大 教 授 が 室 ( 以 下 、 法 研 ) に 入 っ た の は 翌 年 四 秋 か ら 大 阪 へ 行 っ て し ま っ た の で 、 残 「 国 際 法 基 礎 理 論 研 究 会 」 で 、 英 訳 さ 月 の こ と で あ る 。 当 時 本 郷 に は 寺 沢 念 な が ら 現 在 日 本 国 際 法 学 会 の 中 核 的 れ た 国 際 法 古 典 を 順 番 に 読 ん で い く 遠 一 、 内 田 久 教 授 と 米 国 留 学 か ら 帰 っ 存 在 で あ る 三 人 の 先 輩 た ち と 法 研 の 中 大 な 計 画 だ っ た ら し く 、 私 が 入 っ た 時 に は ち ょ う ど グ ロ チ ウ ス の 『 戦 争 と 平 て 来 た ば か り の 大 沼 保 昭 助 教 授 が お ら で 触 れ 合 う 機 会 は 与 え ら れ な か っ た 。 れ 、 教 養 学 部 か ら 筒 井 若 水 教 授 が 大 学 現 役 と し て は 苑 原 俊 明 現 大 東 文 化 大 和 の 法 』 を 読 み 終 え て 、 プ ー ベ ン ド ル 院 教 育 に 関 わ る と い う 国 際 法 陣 容 で あ 学 教 授 が ち ょ う ど 旧 ユ ー ゴ 留 学 か ら 帰 フ の 『 自 然 法 と 国 際 法 ( 諸 国 民 の 法 ) 』 っ 」 0 っ て き て 博 士 課 程 に 在 籍 し て お ら れ 、 に 入 っ て 間 も な い 頃 だ っ た 。 研 究 会 の 私 が 法 研 に 入 っ た 時 に は 、 小 寺 彰 現 在 東 大 社 研 の 中 川 淳 司 教 授 が ち ょ , つ 中 心 は 故 田 中 忠 大 東 文 化 大 学 教 授 と リ レ ー 連 載 ・ 国 際 法 国 際 法 ー ー ー 山 本 国 際 法 学 と の 出 会 い と 国 際 経 済 法 研 究 赫 秀 第 回 書 斎 の 窓 2 似 2 4

書斎の窓 2012年 4月号


リ カ 合 衆 国 ミ シ ガ ン 大 学 で 学 ん だ こ と は 社 会 論 や 方 法 論 と い っ た 理 論 研 究 か ミ シ ガ ン 大 学 の 考 古 学 を 開 陳 し た い 。 そ う い っ た 方 法 論 の 差 ら 始 め る こ と で あ ろ う 。 卒 論 作 成 に つ 土 器 や 石 器 、 あ る い は 遺 跡 に 基 づ い 違 は お 国 柄 の 違 い に 起 因 す る も の で 、 い て も 、 我 が 明 治 大 学 で は ま ず 報 告 書 て 、 遠 い 過 去 の 社 会 構 造 に 迫 る こ と は 大 変 興 味 深 い 。 特 に ミ シ ガ ン 大 学 人 類 を 繙 く よ う に 指 導 す る の に 対 し 、 ミ シ 簡 単 で は な い 。 し か し な が ら 、 そ れ を 学 博 物 館 は 考 古 学 の 教 授 八 名 を 擁 し 、 ガ ン 大 学 で は 考 古 学 的 に 検 証 で き る 仮 し な い こ と に は 考 古 学 は 歴 史 学 と し て 一 九 六 〇 年 代 、 七 〇 年 代 の ア メ リ カ 合 説 を 構 築 し て 、 初 め て 遺 物 を 触 ら せ て 評 価 し て も ら え な い 。 そ の た め 我 々 は 衆 国 考 古 学 の 学 問 的 枠 組 み 、 方 法 論 の も ら っ た 。 つ ま り 、 日 本 で は 考 古 学 研 色 々 努 力 し て い る わ け だ が 、 そ の 努 力 革 新 に 大 き な 役 割 を 果 た し た 研 究 機 関 究 は 帰 納 的 に 実 践 さ れ る の に 対 し 、 ミ の 仕 方 、 方 法 論 が ア メ リ カ 合 衆 国 と 大 で あ り 、 検 討 に 値 す る 。 シ ガ ン 大 学 に 限 ら ず 、 ア メ リ カ 合 衆 国 き な 違 い が あ る 。 日 本 で の 研 究 は 拙 著 学 部 の 考 古 学 教 育 に お い て 、 日 本 の の 考 古 学 界 で は 演 繹 的 に 実 践 さ れ る の 「 社 会 を よ む 」 ( 有 斐 閣 『 は じ め て 学 ぶ 大 学 と ミ シ ガ ン 大 学 の 大 き な 違 い は 、 で あ る 。 こ れ は 数 多 く の 英 語 論 文 で も 窓 考 古 学 』 第 5 章 ) で も 詳 述 し た の で 、 日 本 の 大 学 で は ま ず 土 器 や 石 器 の 見 方 顕 著 で あ る 。 ひ と つ に は 、 演 繹 的 思 考 斎 書 本 稿 で は 私 が 一 九 八 〇 年 代 前 半 に ア メ か ら 始 め る の に 対 し 、 ミ シ ガ ン 大 学 で 法 こ そ が 、 考 古 学 が 科 学 た り う る 一 条 〔 連 載 1 考 古 学 と 社 会 考 古 学 的 に 過 去 の 社 会 に 迫 る 佐 々 木 憲 第 3 回 48