検索 - みる会図書館

検索対象: 書斎の窓 2012年11月号

書斎の窓 2012年11月号から 92件ヒットしました。

書斎の窓 2012年11月号


数 学 す る , 科 学 す る 力 を 育 て る ふ じ む ら の ぶ ゆ き 藤 村 宣 之 著 東 京 大 学 教 授 ( 1 2 月 上 旬 発 売 予 定 ) 数 学 的 ・ 科 学 的 リ テ ラ シ ー の 心 理 学 A 5 判 並 製 カ ノ ヾ ー 付 250 頁 予 価 2 , 940 円 子 ど も の 学 力 は ど う 高 ま る か 978-4-641-17388 ー 0 成 に 関 す る 協 同 的 探 究 学 習 を 用 い た 実 践 研 究 も 紹 介 。 発 達 と 学 習 に 関 心 を も つ 多 様 な 層 に た , 日 本 の 子 ど も た ち の 数 学 的 リ テ ラ シ ー と 科 学 的 リ テ ラ シ ー の 実 態 と は 。 リ テ ラ シ ー の 育 P 旧 A 調 査 , TIMSS 調 査 , 全 国 学 力 ・ 学 習 状 況 調 査 , 独 自 の 国 際 比 較 研 究 な ど か ら 見 え て き 主 な 目 次 第 1 章 教 育 心 理 学 の 視 点 か ら リ テ ラ シ ー を 考 え る 第 I 部 リ テ ラ シ ー の 現 状 と 学 力 モ デ ル 第 2 章 数 学 的 リ テ ラ シ ー の 現 状 : 国 際 比 較 調 査 の 心 理 学 的 分 析 第 3 章 科 学 的 リ テ ラ シ ー ・ 読 解 力 の 現 状 : 国 際 比 較 調 査 の 心 理 学 的 分 析 第 4 章 学 力 の 心 理 学 的 モ デ ル 第 Ⅱ 部 数 学 的 リ テ ラ シ ー の 国 際 比 較 第 5 章 数 学 的 リ テ ラ シ ー の 国 際 比 較 I : 中 国 , ア メ リ カ 合 衆 国 と 日 本 第 6 章 数 学 的 リ テ ラ シ ー の 国 際 比 較 Ⅱ : シ ン ガ ポ ー ル , 中 国 と 日 本 第 Ⅲ 部 数 学 的 ・ 科 学 的 リ テ ラ シ ー の 育 成 第 7 章 「 わ か る 学 力 」 と し て の リ テ ラ シ ー を 高 め る に は : 協 同 的 探 究 学 習 の 提 案 第 8 章 数 学 的 リ テ ラ シ ー を 高 め る に は I : 小 学 校 算 数 に お け る 協 同 的 探 究 学 習 第 9 章 数 学 的 リ テ ラ シ ー を 高 め る に は Ⅱ : 中 学 校 数 学 に お け る 協 同 的 探 究 学 習 第 10 章 科 学 的 リ テ ラ シ ー を 高 め る に は : 中 学 校 理 科 に お け る 協 同 的 探 究 学 習 第 1 1 章 数 学 的 ・ 科 学 的 リ テ ラ シ ー の 育 成 と こ れ か ら の 日 本 の 教 育 0 有 斐 閣 ア ル マ 旧 te 「 est し ら い と し あ き つ づ き ま な ぶ も り ( 1 1 月 下 旬 発 売 予 定 ) 白 井 利 明 ・ 都 筑 学 ・ 森 陽 子 著 大 阪 教 育 大 学 教 授 ・ 中 央 大 学 教 授 ・ 大 学 非 常 勤 講 師 四 六 判 並 製 カ バ ー 付 や さ し い 青 年 心 理 学 新 版 270 頁 予 価 1 , 995 円 978-4-641 ー 12481-3 青 年 を 取 り 巻 く 環 境 ・ 状 況 か ら 心 理 的 諸 問 題 , さ ら に 青 年 を 理 解 す る た め の 方 法 ま で , 青 年 心 理 学 の 基 礎 知 識 を わ か り や す く 紹 介 。 旧 版 刊 行 以 来 の 新 し い 動 向 を ふ ま え て , 内 容 を 刷 新 。 「 変 わ ら な い 」 「 社 会 の 影 響 を 受 け る 」 「 社 会 を つ く る 」 一 一 青 年 の 本 質 に 迫 る 入 門 書 。 第 1 章 主 な 目 第 2 章 次 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 85 青 年 期 へ の ア プ ロ ー チ 自 己 形 成 の す じ み ち 認 知 の 発 達 家 族 の な か の 青 年 学 校 の な か の 青 年 地 域 に 育 ま れ る 青 年 第 7 章 第 8 章 第 9 章 第 10 章 第 11 章 第 12 章 就 職 と 労 働 青 年 期 と 非 行 ひ き こ も る 青 年 と そ の 対 応 青 年 期 と 性 歴 史 の な か の 青 年 青 年 を 理 解 す る 方 法

書斎の窓 2012年11月号


あ っ た か ら 、 社 会 経 済 史 学 会 は 最 古 参 一 〇 年 ご と に 、 学 界 の 関 心 の 高 い テ ー 八 0 周 年 を 迎 え た 社 会 経 済 史 学 会 の 学 会 の ひ と っ と い っ て よ い 。 マ や あ た ら し い 分 野 に つ い て 、 研 究 動 社 会 経 済 史 学 会 の 創 立 は 一 九 三 〇 も っ と も 歴 史 が な が け れ ば よ い と い 向 の 整 理 と 今 後 の 研 究 課 題 の 展 望 を す ( 昭 和 五 ) 年 一 二 月 で あ っ た か ら 、 今 う わ け で は な い が 、 機 関 誌 の 『 社 会 経 る と い う 企 画 を お こ な っ て き た 。 年 で 八 一 一 年 に な る 。 済 史 学 』 は 、 三 一 年 五 月 に 創 刊 さ れ 、 一 九 六 〇 年 代 ま で は 『 社 会 経 済 史 日 本 の 社 会 科 学 系 の 学 会 と し て 比 較 四 五 年 一 月 か ら 四 八 年 九 月 ま で 休 刊 を 学 』 の 特 集 号 と し て 刊 行 さ れ て い た 的 は や く 創 設 さ れ た 学 会 に は 、 一 八 九 余 儀 な く さ れ た 時 期 は あ っ た も の の 、 が 、 四 回 目 か ら は 現 在 の よ う な 単 行 本 七 ( 明 治 三 〇 ) 年 の 社 会 政 策 学 会 が あ 実 証 主 義 史 学 の 学 術 誌 と し て 経 済 史 の の 『 社 会 経 済 史 学 の 課 題 と 展 望 』 ( 以 る が 、 同 学 会 は 一 九 二 四 年 ( 大 正 一 学 界 の な か で 継 続 し て 中 心 的 な 役 割 を 下 、 『 課 題 と 展 望 』 ) と し て 企 画 さ れ 、 lll) 年 に い っ た ん 活 動 を 停 止 し 、 戦 後 は た し て き た 。 ま た 、 全 国 大 会 も 、 一 有 斐 閣 か ら 刊 行 さ れ る よ う に な っ た 。 一 九 五 〇 年 に な っ て 再 建 さ れ て い る 。 九 四 五 年 を の ぞ い て 毎 年 開 催 さ れ て い し た が っ て 、 今 回 の 二 〇 一 〇 年 の 創 立 窓 そ の ほ か 、 日 本 経 済 学 会 の 創 設 は 一 九 る こ と は 、 特 筆 に 値 す る 。 八 〇 周 年 を 記 念 し て 刊 行 さ れ た 本 書 斎 書 三 四 年 、 日 本 金 融 学 会 は 一 九 四 三 年 で 社 会 経 済 史 学 会 で は 、 創 立 以 来 ほ ぼ は 、 通 算 す る と 八 回 目 と い う こ と に な 経 済 史 研 究 の 「 む か し 」 「 い ま 」 「 こ れ か ら 社 会 経 済 史 学 会 編 『 社 会 経 済 史 学 の 課 題 と 展 望 』 の 刊 行 に よ せ て 杉 山 伸 也

書斎の窓 2012年11月号


科 学 的 営 み で 尊 重 さ れ る 「 節 約 の 原 述 ・ 比 較 事 例 分 析 に よ っ て 鍛 え 上 げ る 生 み 出 す ー と い う 側 面 が あ る よ う に 思 プ ロ セ ス で あ っ た と す れ ば 、 本 書 そ の わ れ る 。 そ の よ う な 研 究 の も っ 醍 醐 味 則 ー か ら い え ば 、 研 究 調 査 事 象 の 核 心 を 、 垣 間 見 さ せ て く れ る の が 本 書 で あ を 、 よ り 少 数 の 変 数 で 、 し た が っ て 、 も の が 、 よ り 若 い 世 代 の 間 に イ ノ ベ ー る 。 評 者 が 、 院 生 を 巻 き 込 ん だ こ と を よ い 少 数 の 鍵 概 念 で う ま く 説 明 で き る シ ョ ン の 経 営 学 的 研 究 に 興 味 を も つ も の な ら 、 そ れ に こ し た こ と は な い 。 の を 広 範 に 育 む 孵 卵 器 の 役 割 を 果 た す 興 味 深 く 思 う 理 由 は そ こ に あ る 。 こ の 書 評 を 読 ま れ る 方 々 の 中 に は 、 こ と に 期 ・ 侍 し た い 。 本 書 に お け る 中 核 的 コ ン セ プ ト と 研 究 開 発 部 門 で 活 躍 さ れ る 科 学 者 や 技 思 え ば 、 評 者 自 身 、 経 営 管 理 論 と 組 残 さ れ た 課 題 術 者 、 ' な ら び に イ ノ ベ ー シ ョ ン に 関 、 い 織 行 動 論 を 専 門 に 研 究 し て い る が 、 キ を も っ 経 営 学 や 経 済 学 の 研 究 者 が 多 い 著 者 た ち の 辿 り 着 い た 中 核 的 コ ン セ ャ リ ア の 出 発 点 で 、 榊 原 清 則 先 生 ( 当 で あ ろ う が 、 文 系 理 系 を 問 わ ず 、 自 分 時 、 一 橋 大 学 ) と 加 護 野 忠 男 先 生 ( 当 プ ト は 、 書 名 の サ プ タ イ ト ル に な っ て た ち の 研 究 の こ と を 考 え て い た だ き た い る 「 資 源 動 員 の 創 造 的 正 当 化 ー で あ 時 、 神 戸 大 学 ) の 指 導 の 下 で 、 組 織 は 。 ま ず 、 あ る テ ー マ ( そ れ に か か わ る 。 二 三 件 も 濃 密 な 記 述 を お こ な っ た 組 織 で も 、 研 究 開 発 組 織 ( 三 菱 電 機 の る 自 然 現 象 や 社 会 現 象 ) が 面 白 い と 思 末 の 理 論 的 抽 象 化 が こ れ に つ き る の か 中 央 研 究 所 、 当 時 ) の マ ネ ジ メ ン ト に う 。 そ れ に 着 手 す る 。 し か し 、 思 っ た と 呆 れ て は い け な い 。 大 き な 本 屋 さ ん 関 す る 調 査 に 参 加 さ せ て も ら っ た こ と に い っ て 、 経 営 学 の 実 証 研 究 ( 探 索 的 よ う に は 、 現 象 が 説 明 で き な い 。 そ の が 、 長 く 自 分 に 影 響 を 与 え て い る と 思 場 合 に は 、 簡 単 に は あ き ら め な い ひ と な 研 究 も 含 め ) を 手 に と っ て み よ う 。 っ て い る 。 創 造 的 な 研 究 開 発 の 世 界 に た い て い の 研 究 が 、 つ い つ い 多 数 の 理 な ら 、 自 分 の 時 間 ( と い う 資 源 ) を も お い て も 効 果 的 な マ ネ ジ メ ン ト や 組 織 論 的 諸 概 念 を 導 入 し が ち で あ る 。 多 数 っ と 投 入 し て 、 理 系 な ら も っ と 実 験 し の あ り 方 を 探 索 す る こ と こ そ が 経 営 学 た り 、 異 な る サ ン プ ル を 試 し た り 、 社 の 概 念 を 測 定 で き る 形 で 扱 っ て い け の 研 究 面 で も 新 機 軸 を 生 み 出 す 。 つ ま 会 科 学 で も も っ と デ ー タ を 集 め た り 、 り 、 「 イ ノ ベ ー シ ョ ン を 生 み 出 す 組 織 ば 、 モ デ ル の 有 効 性 を 検 証 で き る の 追 加 的 な 調 査 対 象 の 選 択 を 工 夫 し た の 研 究 が 、 組 織 論 の イ ノ ベ ー シ ョ ン を で 、 一 見 エ レ ガ ン ト に 見 え る 。 し か し 、 書 斎 の 窓 2 2. 月

書斎の窓 2012年11月号


こ の こ の 点 、 カ ナ ダ の 日 本 と 異 な る 給 与 お 金 の た め で は な い 。 会 社 の 成 功 を 見 し て く れ た 。 日 本 で は 、 い か に 、 る の が 楽 し み 」 で あ る 。 そ れ と 同 時 世 代 の 人 々 が 、 不 安 定 な 心 理 状 況 で あ 体 系 も 関 係 し て こ よ う 。 正 規 雇 用 と 非 に 、 「 仕 事 の み に 没 頭 す る の で は な く る か を 物 語 っ て い る 。 一 〇 〇 年 の 人 生 正 規 雇 用 と の 賃 金 の 差 は 少 な い 。 私 は 、 学 校 教 員 の 給 与 の 体 系 に つ い て 調 て 、 退 職 し た と き に で き る よ う な 、 仕 を 二 〇 年 ご と に 大 ま か に 分 け 、 そ れ ぞ べ て み た こ と が あ る が 、 教 員 と し て 就 事 外 の 関 心 も 発 達 さ せ て お く べ き で あ れ の 年 代 の 目 標 は 何 か 、 そ し て 、 そ の 任 後 一 〇 年 ま で は 給 与 が 職 務 経 験 に 応 る 。 引 退 後 の 生 活 へ の 準 備 と 、 職 業 従 前 の 一 一 〇 年 は 、 そ の 目 標 に 向 か っ て の じ て 上 が っ て 行 く が 、 そ れ 以 後 は 、 役 事 と の 間 の happy balance が 必 要 で 準 備 段 階 で あ る 、 と い う 話 を し た 。 四 職 が 変 わ ら な い か ぎ り 経 験 年 数 に 関 係 あ る 」 と 主 張 す る 。 ス ク エ ア ダ ン ス で 〇 歳 か ら 六 〇 歳 ま で は 、 オ ー ケ ス ト ラ の 一 員 の よ う な 生 活 、 六 〇 歳 か ら 八 〇 な く 一 定 で あ る 。 ま た 、 フ ル タ イ ム で も よ い 、 料 理 で も よ い 。 な に か 職 業 の ー ト タ イ ム で あ ろ う が 、 他 に 準 備 せ よ 、 と い う の で あ る 。 自 分 歳 ま で は 、 シ ン ガ ー ソ ン グ ラ イ タ ー の あ ろ う か ハ よ う な 生 活 で あ る と い う 話 を し た 。 オ 就 業 時 間 単 位 の 給 与 は 変 わ ら な い 。 す は 仕 事 の 傍 ら 、 「 細 胞 が 年 を 取 ら な い ー ケ ス ト ラ の 一 員 の 生 活 と は 、 作 曲 家 な わ ち 、 労 働 時 間 一 一 分 の 一 で あ れ ば 、 よ う に 」 週 六 時 間 テ ニ ス を し 、 夏 に は の 書 い た 楽 譜 が あ っ て 指 揮 者 が い て 、 正 規 雇 用 の 二 分 の 一 の 給 与 が 得 ら れ ゴ ル フ 、 冬 に は ス キ ー を し て い る る 。 一 定 の ル ー ル と 指 示 に 従 っ て 、 一 つ の (lmmen, 2012. p. B14 ) 。 ー ト の み を 楽 器 を 用 い て 定 め ら れ た バ 先 の 七 八 歳 の 被 雇 用 者 は 産 業 心 理 学 六 0 歳 か ら 八 0 歳 は 自 立 し た 生 活 を 確 実 に こ な せ ば 生 き て い け る 。 シ ン ガ の 領 域 に 働 く が 、 「 通 常 の 引 退 年 齢 を あ る 大 学 の 生 涯 学 習 セ ン タ ー か ら 、 ー ソ ン グ ラ イ タ ー は 、 自 分 の 生 活 感 情 超 え て 働 き 続 け よ う と す る 人 は 、 grow deve 一 名 の 機 会 を 求 め 続 け な 講 演 を 依 頼 さ れ た 。 「 人 生 一 〇 〇 年 時 に 合 っ た 歌 詞 を 自 分 で 書 き 、 自 分 で そ け れ ば な ら な い 」 。 仕 事 へ の 満 足 度 は 代 の 生 涯 学 習 ー と い う タ イ ト ル で 話 を れ に 曲 を つ け 、 自 分 で 演 奏 し な が ら 自 窓 大 学 は 、 六 〇 歳 代 分 で 歌 う 。 そ の 他 に も 、 会 場 を 自 分 で 斎 正 規 分 布 で あ り 、 満 足 度 は 職 業 継 続 意 さ せ て い た だ い た 。 書 以 上 と 思 わ れ る 男 女 で 、 会 場 を 満 杯 に 見 つ け 交 渉 し て 確 保 し 、 観 客 に 宣 伝 し 思 と 関 連 す る と し て い る 。 「 働 く の は

書斎の窓 2012年11月号


め ぐ っ て 、 社 会 保 障 法 学 の 規 範 的 な 視 味 づ け で あ る 。 す る 一 連 の 著 書 が あ り 、 本 書 も そ の 一 — は 、 ま だ ど こ に も 存 在 し な い と 冊 を 構 成 し て い る 。 実 は こ の シ リ ー ズ 点 と 経 済 的 合 理 性 の 視 点 と が 対 立 す る よ う な と き 、 年 金 社 会 学 は そ の 状 況 を い う 意 味 で は ユ ー ト ピ ア で あ る 。 他 方 に 属 す る 本 に は 、 共 通 し て 「 福 祉 国 家 で 現 実 の 社 会 保 障 に 関 す る 改 革 は ピ ー と 市 民 社 会 」 と い う 副 題 が 付 さ れ て い 読 み 解 く た め の 有 益 な 視 点 を 提 供 し て ル と な り が ち で あ る ( あ る い く れ る だ ろ う 。 あ る い は 、 そ う し た 対 る 。 副 題 と し て そ う し た 表 現 を 使 い 続 立 を 評 価 し よ う と す る と き 、 年 金 社 会 は 、 そ う な ら ざ る を 得 な い ) 。 だ が 、 け て い る 理 由 に つ い て 、 著 者 は 、 「 ( そ レ だ か , ら と 学 が 提 供 す る こ と に な る で あ ろ う 実 証 現 実 の 動 き が ビ ー ス ミ ー ノ れ が ) 一 九 八 〇 年 代 半 ば 以 降 、 現 在 に っ て 、 政 策 に 関 す る 思 考 も ピ ー ス 的 な 知 見 の 有 す る 意 味 は 大 き い よ う に い た る ま で の 私 の 研 究 関 心 を い ち ば ん 思 う 。 ル で あ る べ き だ と い , っ こ と に は な ら な よ く 表 し て い る と 思 わ れ る か ら で あ 、 。 ピ ー ス ミ ー ル の 改 革 を 進 め る た め る 」 ( は し が き ) と 述 べ て い る 。 ク ベ ー シ ッ ク ・ イ ン カ ム に こ そ 、 そ れ ら を 方 向 づ け る た め の ユ こ う し た 「 福 祉 国 家 と 市 民 社 会 」 と ー ト ピ ア の 思 考 が 必 要 な の で あ る 。 っ べ ー シ ッ ク ・ イ ン カ ム (n—) を 論 う タ イ ト ル 設 定 に 見 ら れ る よ う な 視 ル と ユ ー ト じ た 章 で は 、 を め ぐ っ て 議 論 さ れ ま り 、 の 構 想 に 関 す る 議 論 が 、 野 の 広 さ は 、 「 ピ ー ス ミ ー て い る こ と が 、 包 括 的 に 、 そ し て 適 切 「 社 会 保 障 制 度 の 抱 え る 諸 問 題 を 照 射 ビ ア 」 の 議 論 に 見 ら れ る 奥 行 き の 深 さ し 、 現 在 の ピ ー ス ミ ー か っ 平 易 に 紹 介 さ れ て い る 。 で ど ル の 改 革 に 対 す と 相 俟 っ て 、 本 書 を 社 会 学 以 外 の 領 域 の よ う な こ と が 問 題 に さ れ て い る の か る 評 価 の 基 準 を 提 供 す る も の 」 と な る の 者 に も 近 づ き や す く 、 ま た 得 る と こ と い う の が 著 者 の 捉 え 方 な の で あ る 。 を 、 と り あ え ず 知 り た い と い う の で あ ろ の 多 い 一 書 に し て い る 。 社 会 学 ば か 構 想 に つ い て 検 討 を 行 う 際 、 踏 ま れ ば 、 ま ず 本 書 の こ の 章 を 読 む こ と を り で は な く 、 福 祉 国 家 と 福 祉 社 会 に か お す す め す る 。 た だ し 、 評 者 の 個 人 的 え て お き た い 観 点 だ と 思 う 。 か わ る 諸 問 題 に 関 心 を 有 す る 様 々 な 領 な 関 心 を 引 い た の は そ の 点 で は な く 、 域 の 人 に お す す め し た い 。 彡 お わ り に ( あ き も と ・ み よ 東 洋 大 学 社 会 学 部 教 授 ) 窓 ミ ー ル と ユ ー ト ヒ 本 章 の 副 題 ( ピ ー ス の 斎 冒 頭 で 触 れ て お い た よ う に 、 著 者 に ア の 弁 証 法 ) と し て 示 さ れ て い る よ う 書 な 、 著 者 に よ る に 関 す る 議 論 の 意 は 専 門 的 な 研 究 書 と は 多 少 系 統 を 異 に

書斎の窓 2012年11月号


刊 笊 ジ ュ リ ス ト 1 1 月 号 ( 第 1 7 号 ) 法 学 教 室 11 月 号 ( 第 386 号 ) 〈 特 集 》 重 要 判 例 か ら み た 行 政 法 論 究 ジ ュ リ ス ト 3 号 伽 12 年 秋 号 ・ ジ ュ リ ス ト 増 刊 》 民 商 法 雑 誌 9 月 号 ( 第 146 巻 第 6 号 ) 戦 後 日 本 外 交 と ナ シ ョ ナ リ ズ ム 〈 国 際 政 治 17 の 環 境 社 会 学 研 究 第 18 号 や さ し い 青 年 心 理 学 新 版 侑 斐 閣 ア ル マ 》 数 学 的 ・ 科 学 的 リ テ ラ シ ー の 心 理 学 「 危 機 の 年 」 の 冷 戦 と 同 盟 国 際 私 法 第 6 版 侑 斐 閣 s シ リ ー ズ 》 労 働 組 合 法 第 3 版 会 社 更 生 法 重 点 講 義 民 事 訴 訟 法 ( 下 ) 第 2 版 判 例 か ら 探 究 す る 行 政 法 現 代 地 方 自 治 の 法 的 基 層 行 政 法 概 説 Ⅱ 第 3 版 有 斐 閣 判 例 六 法 P 「 ofession 平 成 25 年 版 2 01 2 http ://www. yuhikaku. CO. jp/ 〒 101 ー 開 51 東 京 都 千 代 田 区 神 田 神 保 町 2 ー 17 電 話 03 ー 3265 ー 11 FAX 03 ー 3262 ー 8035 有 斐 閣 〃 ご ど 7 ( 表 示 し た 価 格 は 税 込 で す )

書斎の窓 2012年11月号


て い る の は 、 「 ナ ル ニ ア 国 も の が た り [ 「 は て し な い 物 語 」 ( 一 九 七 九 年 ) は 、 こ れ を 救 う に は 、 外 部 の 誰 か が フ ァ ン お さ な の 場 合 と 同 じ で す 。 ま た 、 主 人 公 た ち こ う し た 相 補 性 が 物 語 の 筋 や 章 立 て に タ ー ジ ェ ン の 君 主 で あ る 「 幼 ご こ ろ の が 過 ち を 犯 し 、 危 機 を 迎 え 、 や が て 救 幻 か な り 幾 何 学 的 に 表 れ て い る 作 品 で す 。 君 」 に 新 た な 名 前 を 与 え な け れ ば な り ま せ ん 。 名 づ け 親 と な る べ き 者 が ま さ わ れ て 成 長 を 遂 げ る と い う バ タ ー ン も 窓 物 語 の 全 体 が 前 半 と 後 半 に き っ ち り と 分 か れ 、 冒 険 の 主 人 公 も き れ い に 入 れ に 今 こ れ を 読 ん で い る 自 分 自 身 で あ る 同 じ で す 。 し か し 、 「 は て し な い 物 語 」 斎 の 場 合 、 世 界 の 中 心 に あ る の は 絶 対 者 替 わ り ま す 。 現 実 世 界 と 架 空 世 界 が 鏡 こ と に バ ス チ ャ ン は 気 づ き ま す 。 こ こ お さ な で は な く 心 ( 読 者 自 身 の 幼 ご こ ろ 、 フ の よ う に 対 応 し ま す 。 ど ち ら を 書 い て ま で が 物 語 の 前 半 で す 。 ア ン タ ー ジ ェ ン ) で す 。 バ ス チ ャ ン は い る か で 文 字 の イ ン ク の 色 ま で 変 わ っ 後 半 で は 、 バ ス チ ャ ン は フ ァ ン タ ー て い ま す 。 ジ ェ ン に 救 い 主 と し て 迎 え 容 れ ら れ ま 驕 り の 罪 を 犯 す の で す が 、 倫 理 の 地 平 に お い て で は な く 心 理 的 地 平 に お い て 物 語 の 主 人 公 は 、 バ ス チ ャ ン と い う 、 す 。 彼 の 想 像 力 が フ ァ ン タ ー ジ ェ ン の 運 動 も 勉 強 も 苦 手 な 少 年 で す 。 し か も 歴 史 を 「 創 造 ー し て い く の で す が 、 彼 裁 か れ る の で す 。 友 達 か ら も 先 生 か ら も か ら か わ れ 、 は ー ー ー 賢 治 の 「 員 の 火 ー の 主 人 公 、 手 彡 心 の 迷 宮 じ め ら れ て い ま す 。 お 母 さ ん は 亡 く な 柄 を た て て 宝 珠 を 戴 い た 子 兎 ホ モ イ の エ ン デ の 大 人 向 け フ ァ ン タ ジ ー り 、 お 父 さ ん は ほ と ん ど か ま っ て く れ よ う に つ い に 増 長 し た 君 主 と し て ま せ ん 。 エ ン デ が 児 童 向 け に 書 い た 作 品 で は 、 振 る 舞 う よ う に な り 、 反 乱 を 招 き 、 没 心 の 解 放 や 魂 の 成 長 の 中 に ハ ッ ピ ー エ そ ん な バ ス チ ャ ン が ひ ょ ん な こ と か 落 し 、 そ し て こ ち ら 側 の 世 界 の 記 憶 も ン ド を 迎 え る 構 造 と な っ て い ま す が ー ら 「 は て し な い 物 語 」 と い う 本 ( こ の ほ と ん ど 失 う と い う 危 機 に 陥 り ま す 。 ー も ち ろ ん そ れ は 若 い 読 者 に と っ て 必 本 そ れ 自 体 ) を 手 に 入 れ 、 学 校 を さ ぼ し か し そ の 後 、 癒 し の プ ロ セ ス を 経 た 要 な も の で す ー ・ ・ ー ー 、 大 人 向 け に 書 い た の ち 、 バ ス チ ャ ン は 心 理 的 に 成 長 し た っ て 読 み ふ け り ま す 。 こ の 本 の 内 部 の 「 鏡 の な か の 鏡 ー ー 迷 宮 ー ( 一 九 八 四 年 ) 国 、 フ ァ ン タ ー ジ ェ ン は 、 現 在 、 空 門 少 年 と し て 無 事 こ ち ら 側 の 世 界 に 戻 っ や 「 自 由 の 牢 獄 」 ( 一 九 九 二 年 ) は 明 の あ ち こ ち が 次 々 と 「 無 に な っ て い て き て 、 お 父 さ ん に 迎 え ら れ ま す 。 エ ン デ る い 終 結 を も ち ま せ ん 。 そ れ だ け に 、 く と い う 終 末 的 現 象 に 襲 わ れ て い ま す 。 現 実 世 界 と 架 空 の 世 界 と が つ な が っ

書斎の窓 2012年11月号


ル も 多 様 な 経 済 発 展 の ひ と つ の バ タ ー と 、 つ ぎ の よ う な 特 徴 を あ げ る こ と が 済 学 、 政 治 学 、 法 学 と 共 通 項 を 有 す る ン に す ぎ な い と 考 え ら れ る よ う に な 政 府 ・ 市 場 ・ 制 度 に 対 す る 関 心 が 急 速 で き る 。 に 高 ま っ て い る と 同 時 に 、 世 界 全 体 を 第 一 の 特 徴 と し て 、 研 究 の 対 象 地 域 り 、 ま た ア ジ ア 各 地 域 の 経 済 発 展 を 歴 幻 窓 大 局 的 に 把 握 す る グ ロ ー バ ル ・ ヒ ス ト や 対 象 時 期 が 急 速 に 変 化 し て い る こ と 史 的 に 再 評 価 す る 動 き も 大 き な う ね り の 斎 に な っ て い る 。 丿 ー の 傾 向 が 一 段 と つ よ く な っ て い る が あ げ ら れ る 。 地 域 的 に は 、 ヨ ー ロ ッ 書 こ と が し ら れ る 。 ・ ア メ リ カ 研 究 か ら 、 日 本 や 中 国 ・ 西 欧 が 基 準 と し て の 意 味 を も た な く な る に つ れ て 、 か っ て の 大 塚 史 学 に 代 イ ン ド な ど ア ジ ア 地 域 の 研 究 へ の シ フ 経 済 史 研 究 の 「 い ま 」 と 「 こ れ か ら 」 表 さ れ る よ う な 「 西 欧 [ と 「 日 本 」 を ト が 顕 著 に な っ て い る 。 一 九 八 〇 年 代 以 降 急 速 に 進 展 し た グ こ の シ フ ト の 背 景 に は 、 各 地 域 に お 対 置 す る と い う 比 較 史 的 ア プ ロ ー チ の ロ ー ヾ ル 化 と 化 は 、 歴 史 研 究 者 の け る 経 済 発 展 バ タ ー ン の 多 様 性 が 認 識 意 義 が う す れ て い っ た が 、 現 在 で は 、 問 題 意 識 や 発 想 だ け で な く 、 歴 史 研 究 さ れ る よ う に な っ た こ と が あ る 。 こ れ 国 民 経 済 を 単 位 と す る ナ シ ョ ナ ル ・ ヒ ス ト リ ー を こ え て 、 グ ロ ー バ ル ・ ヒ ス の ツ ー ル を 大 き く 変 化 さ せ た 。 最 近 の ま で 経 済 発 展 の 典 型 と 考 え ら れ て い た ト リ ー や 「 帝 国 ー を 視 野 に い れ た あ ら 経 済 史 研 究 の 動 向 を ふ り か え っ て み る 西 欧 モ デ ル が 相 対 化 さ れ て 、 西 欧 モ デ 王 何 論 の 学 円 イ 活 た 史 理 に 円 べ 視 戦 紀 き 円 ど の 査 多 す 円 国 済 の 会 の 透 円 ノ 的 大 世 描 松 は 推 拠 科 は る 調 ら 新 経 有 社 そ 。 叩 工 融 わ 歴 在 か 中 と 的 証 ・ で い ド か 一 イ 史 次 半 て 金 に の 存 ら 5 発 曾 、 、 る 一 院 て ル 点 を ・ 歴 1 約 っ る 年 圏 の 明 代 開 未 を し す 拠 ~ 著 拠 計 、 者 ル を 第 の よ 年 れ 一 視 ジ 開 は 。 国 な 証 現 よ 開 済 港 に ナ ム 。 で に 。 証 入 バ の る 討 哲 す 、 通 少 わ イ の 一 ョ テ に ま 証 作 を 行 フ 学 メ と 中 代 と を 論 ん 、 の る 証 国 一 中 み 検 と 哲 ノ 理 に に 割 て 華 て 洋 た 実 シ ス め 期 実 労 似 査 編 が な 育 イ 究 学 力 現 場 跡 済 ナ シ た 長 な 的 ・ 学 後 念 役 け 調 か 育 的 教 、 研 あ 平 い て 済 羯 験 軌 醗 ト 科 背 丹 き 向 本 的 ま 教 格 、 析 な 著 を 太 に め 本 ・ る 成 的 期 一 点 ア 在 初 作 日 剩 な 本 て 分 的 経 潮 け 実 の 中 日 著 ン え 度 倒 画 斗 ツ の を べ に 不 オ 訳 そ 組 す 方 亮 焦 ジ 現 、 カ 弋 実 ョ 考 高 圧 た 田 よ ? 通 的 画 発 響 第 リ 浩 。 枠 た 双 港 末 に ア 、 を た 工 政 か の 果 者 現 広 の か を 面 る 遍 沢 、 一 野 か を だ 開 中 学 変 科 醗 徹 香 久 動 る と 由 し 名 古 屋 大 学 出 版 会 〒 464 ー 0814 名 古 屋 市 千 種 区 不 老 町 名 大 内 TEL052 ( 781 ) 5353 / FAX ( 781 ) 0697 http://www.unp. 0朝P

書斎の窓 2012年11月号


デ ー モ ン 的 存 在 が 人 間 た ち を 騙 し た と た め の 手 段 に な っ て し ま う と 、 手 段 統 的 な 宗 教 性 に 通 じ る も の を 神 話 的 に い う 筋 立 て と な っ て い ま す 。 彼 ら は グ 手 段 し 手 段 手 段 し ・ : ・ : の 際 限 な き 連 描 く フ ァ ン タ ジ ー の 場 合 、 こ う し た 転 レ ー の ス ー ツ に 身 を か た め て 葉 巻 を 手 続 が 全 人 生 を 覆 い 尽 く す こ と に な り ま 換 そ の も の に 宗 教 的 な ニ ュ ア ン ス が 出 放 さ な い セ ー ル ス マ ン と し て 人 々 の 前 す 。 だ か ら 結 局 、 自 分 の 時 間 と い う も て き ま す 。 エ ン デ 作 品 に お け る 心 の 秘 に 現 れ 、 自 分 の 時 間 を 節 約 し て 銀 行 に の を 失 っ て し ま う 。 節 約 ・ 貯 蓄 し た は 儀 の 強 調 は 、 作 者 に 影 響 を 与 え て い る 預 け る よ う に 言 葉 巧 み に 誘 導 し ま す 。 ず の 時 間 が 消 え て な く な る の は 、 逆 説 東 洋 思 想 や シ ュ タ イ ナ ー 思 想 の 反 映 で の よ う に 聞 こ え ま す が 、 む し ろ 当 然 の か く し て 社 会 は 一 変 し ま し た 。 人 々 あ る と も 、 ス ピ リ チ ュ ア リ テ ィ 系 文 学 こ と か も し れ ま せ ん 。 の 元 祖 と も さ れ る ヘ ル マ ン ・ ヘ ッ セ は あ ら ゆ る 非 効 率 を 避 け る よ う に な り 、 文 字 通 り 時 間 に 追 わ れ て 暮 ら す よ う に エ ン デ の こ の 物 語 で は 、 問 題 の ポ イ ( 「 デ ミ ア ン ー 「 荒 野 の お お か み ー 「 ガ ラ な り ま す 。 し か し 、 時 間 を 貯 蓄 す れ ば ン ト が 人 間 の 心 に 置 か れ て い ま す 。 私 ス 玉 遊 戯 」 ) の 系 譜 上 に あ る 思 想 で あ 得 を す る は ず だ っ た の で す が 、 人 々 は た ち 一 人 一 人 の 心 の 中 に 「 時 間 の 花 ー る と も 言 え る か も し れ ま せ ん 。 が あ り 、 そ れ が 時 間 の 源 泉 と な っ て い 少 し も 幸 せ に な り ま せ ん 。 時 間 が 持 ち ク フ ァ ン タ ジ ー 体 験 に よ る 救 済 ま す 。 作 中 に は 時 間 の 分 配 者 で あ る 主 の も と に 返 っ て く る 見 込 み は あ り ま ・ ホ ラ せ ん 。 「 時 の 翁 」 の よ う な マ イ ス タ ー 現 代 の フ ァ ン タ ジ ー は 善 玉 ・ 悪 玉 の こ う し た 事 態 か ら 人 々 を 救 っ た の が と い う 存 在 が 出 て き ま す が 、 し か し 彼 よ う な 固 定 的 な 一 一 元 的 対 立 を 排 除 し ょ モ モ だ : : と い う わ け で す が 、 そ の 経 は 「 ナ ル ニ ア 国 も の が た り ー の ア ス ラ う と い う モ ー メ ン ト を 持 っ て い ま す が 、 ン の よ う な 世 界 の 審 判 者 で は あ り ま せ エ ン デ の 作 ロ も ま た そ う で す 。 「 モ モ 緯 に つ い て は 書 か な い で お き ま し よ う 。 時 間 の 節 約 す な わ ち 効 率 主 義 が 人 々 ん 。 「 モ モ ー は 神 を 中 心 と す る 世 界 で の 章 タ イ ト ル は 、 す べ て 「 大 き な 都 会 」 は な く 、 心 を 中 心 と す る 世 界 な の で す 。 か ら 人 生 の ゆ と り と 生 き が い を 奪 う と 「 小 さ な 少 女 」 の よ う な 対 の 言 葉 を い う の は 、 現 代 社 会 に 生 き る 多 く の 者 文 学 が 神 を 描 か ず 、 人 間 の 社 会 や 心 含 ん で い ま す 。 こ れ ら は 中 国 思 想 の 窓 に と っ て の 実 感 で す 。 あ ら ゆ る 時 間 が を 描 く と い う の は 、 近 代 文 学 に お い て 陰 ・ 陽 の よ う に 相 補 性 を 表 す の み で 、 斎 。 こ ご 、 云 倫 理 的 善 悪 の 絶 対 性 を も ち ま せ ん 。 「 将 来 の 幸 福 [ と い う 観 念 的 な 目 標 の は ほ と ん ど 当 然 の 前 提 で す ナ オ イ

書斎の窓 2012年11月号


度 の こ と で あ れ ば 、 当 然 な が ら 、 私 個 科 書 を 読 み た い と い う の は よ ほ ど 熱 心 ビ ジ ネ ス チ ャ ン ス だ 、 と 思 っ て い る 。 人 で も か な り の 部 分 実 行 可 能 で あ る 。 な 人 だ ろ う か ら 、 Goog 一 e 等 で 検 索 で 発 想 や 技 術 の 独 自 性 が こ れ ま で 以 上 に 実 際 、 少 し ず つ 試 み つ つ あ り 、 も し そ き る よ う に し て お け ば 十 分 で あ る 。 求 め ら れ る か ら で あ る 。 電 子 教 科 書 の れ な り に 充 実 し た も の が で き れ ば 公 開 こ の よ う な 流 れ の 中 で 出 版 社 に 存 在 編 集 コ ス ト は 格 段 に 高 く な る は ず で 、 す る こ と も 考 え ら れ る 。 国 際 法 研 究 者 意 義 が 残 る と す れ ば 、 出 版 社 な ら で は そ れ は す な わ ち 出 版 社 の 利 益 が 増 大 す の 場 合 、 日 本 語 の 教 科 書 刊 行 で 儲 け る の 企 画 力 と 編 集 力 と い う こ と に な ろ う 。 る こ と を 意 味 す る 。 他 方 、 印 刷 ・ 輸 こ と は ほ ば あ り 得 な い ( と 思 う ) の で 、 そ の 中 に は 、 電 子 化 と は 無 縁 に 意 義 を 送 ・ 返 本 コ ス ト が ゼ ロ に な る の で 、 電 無 料 で 公 開 し て 構 わ な い し 、 利 用 者 と 持 ち 続 け る も の も あ る 。 た と え ば 、 放 子 教 科 書 の 価 格 が 紙 媒 体 の そ れ を 上 回 し て も 無 料 で ア ク セ ス で き る の で あ れ っ て お い た の で は 教 科 書 を 書 き そ う に る こ と は な い は ず で 、 読 者 に も 利 益 と ば そ れ に 越 し た こ と は な か ろ う 。 執 筆 な い 潜 在 的 執 筆 者 を 発 掘 す る こ と や 、 な る 。 逆 に 、 も し 対 応 し な い ま ま で い 者 が パ ソ コ ン で 作 成 し た も の を 本 に し い つ ま で も 原 稿 を 出 さ な い 執 筆 者 を 叱 れ ば 、 こ れ ま で 電 球 を 作 っ た こ と の な て 販 売 す る だ け で あ れ ば 、 出 版 社 は も 咤 激 励 す る こ と 、 利 用 者 の 視 点 を 執 筆 か っ た 会 社 が の 普 及 に 伴 っ て 大 は や い ら よ い 。 ウ エ プ 上 に 公 開 す れ ば 者 に 伝 え る こ と な ど で あ る 。 電 子 化 さ 量 に 電 球 市 場 に 参 入 し た よ う に 、 出 版 足 り る か ら で あ る 。 小 説 や 実 用 書 で あ れ る 場 合 に は 、 研 究 者 ( 教 員 ) も 学 生 業 界 外 部 か ら 優 れ た 電 子 教 科 書 が 現 れ る こ と に な ろ , つ 。 れ ば レ イ ア ウ ト に 凝 る 必 要 も あ ろ う が 、 も 思 い つ い て い な い 教 科 書 の 新 た な あ 教 科 書 の 場 合 は と り あ え ず 読 め れ ば 良 り 方 を 提 案 す る こ と や 、 執 筆 者 に は 技 ( は ま も と ・ し よ う た ろ う 日 京 都 大 学 大 学 院 法 学 研 究 科 教 授 ) 。 国 際 法 の 教 科 書 の 場 合 、 出 版 社 や 術 的 に 困 難 な い し 面 倒 な デ ジ タ ル 処 理 書 店 の マ ー ケ テ ィ ン グ カ も 不 要 で あ る 。 ( リ ン ク 処 理 や リ ン ク 先 デ ー タ 作 成 な 対 象 の 学 生 に は こ ち ら か ら を 示 ど ) な ど が そ れ に 加 わ る だ ろ う 。 私 は 、 出 版 社 に と っ て こ れ は 巨 大 な せ ば 足 り る し 、 そ れ 以 外 で 国 際 法 の 教 書 斎 の 窓 2 2