検索 - みる会図書館

検索対象: 論理学がわかる事典

論理学がわかる事典から 302件ヒットしました。

論理学がわかる事典


ま 、 ん が 」 本 書 は 、 論 理 学 の 知 識 が ゼ ロ と い う 人 を 対 象 に し て い ま す 。 こ の 本 一 冊 で 論 理 学 が わ か っ た 感 じ を 得 る こ と は で き る か も し れ ま せ ん が 、 そ れ よ り む し ろ 、 い ず れ 論 理 学 を 〈 本 格 的 に 〉 学 ほ う と い う 人 に 、 論 理 学 を 学 ぶ た め の 最 適 の 心 構 え を 持 っ て い た だ く た め の マ ニ ュ ア ル と し て 本 書 は 書 か れ ま し た 。 つ ま り 本 書 そ の も の は 論 理 学 入 門 で は あ り ま せ ん 。 論 理 学 入 門 を 志 す 人 の た め の 、 入 門 へ の 入 門 で す 。 実 を 一 言 う と 、 論 理 学 が 目 覚 ま し い 威 力 を 発 揮 す る の は 、 日 常 生 活 で は な く 、 専 門 的 な 学 問 の 世 界 に お い て で す 。 と く に 、 哲 学 や 倫 理 学 の よ う な 抽 象 的 な 人 文 科 学 と 、 数 学 の よ う な 形 式 科 学 に お い て で す 。 日 常 生 活 で は 、 自 然 な 直 観 的 判 断 に 従 っ て も 、 論 理 的 思 考 に 従 っ て も 、 目 覚 ま し い 差 異 が 現 わ れ る こ と は さ ほ ど 多 く あ り ま せ ん 。 そ れ で も 、 論 理 学 を 全 く 知 ら な い 人 と 、 初 歩 の 初 歩 だ け で も 心 得 て い る 人 と で は 、 自 転 車 に 乗 れ る 人 と 乗 れ な い 人 く ら い の 視 野 の 違 い が あ る は す で す 。 論 理 学 は 、 個 々 の 知 識 の 集 ま り で は な く 、 各 部 分 が 緊 密 に 結 び つ い た 壮 大 な 方 法 論 で す 。 し た が っ て 論 理 学 は 、 数 学 と 並 ん で 、 最 も 「 積 み 重 ね 」 が 要 求 さ れ る 学 問 で す 。

論理学がわかる事典


な 初 歩 的 な 勘 違 い を す る ん だ な 」 と い う 教 訓 は 、 何 度 繰 り 返 し 実 感 し て も 無 駄 に な り ま せ ん 。 し た が っ て 、 日 常 犯 し が ち な 論 理 的 錯 誤 を 扱 っ た 心 理 学 の 啓 蒙 書 が 重 宝 で す 。 論 理 学 は 、 心 の 働 き 方 で は な く 推 論 そ の も の の 規 範 を 扱 う 学 問 で す が 、 論 理 学 を 学 ぶ 動 機 付 け と し て は 、 私 た ち の 心 が ふ だ ん ど こ で 間 違 え る の か と い う 「 思 考 の 現 実 」 を 実 感 す る こ と が 有 効 な の で す 。 と い う わ け で 、 前 述 の 2 冊 を 読 み 終 え る と 同 時 に 読 み 始 め た い の は 『 考 え る こ と の 科 学 』 ( 市 川 伸 一 著 、 中 公 新 書 ) 。 論 理 学 で は な く 隣 接 分 野 の 認 知 心 理 学 の 本 で す 。 読 言 機 能 の う ち 「 推 論 」 と い う 作 用 に 焦 点 を 絞 っ て 、 日 常 的 な 錯 覚 の 具 体 例 を 豊 富 に 論 じ て い ま す 。 本 書 で も た び た び 扱 っ た 確 率 の 錯 覚 の 例 が 豊 富 で 、 代 表 性 ヒ ュ ー リ ス テ ィ ク ス ( 頁 ) や モ ン テ ィ ・ ホ ー ル ・ ジ レ ン マ ( 頁 ) と 実 質 的 に 同 じ 問 題 の 詳 し い 解 説 も 出 て き ま す 。 心 の 現 実 を 論 理 で 整 理 す る 必 要 性 を 痛 感 し た と こ ろ で 、 論 理 そ の も の の シ ス テ ム へ 向 か う こ と に な り ま す が 、 し ば ら く の 間 は な る べ く 記 号 は 使 わ ず 文 章 で 語 っ て も ら い た い と い う 人 に は 『 論 理 学 』 (> ・ 0 ・ サ モ ン 著 、 培 風 館 ) が 適 し て い ま す 。 た だ 、 論 証 の 具 体 例 が 丁 寧 す ぎ て 回 り く ど い 傾 向 も あ る の で 、 多 少 記 号 混 じ り で あ っ て も 要 点 を 素 早 く 学 び た い 人 は 、 ま っ す ぐ 『 現 代 論 理 学 入 門 』 ( 沢 田 允 茂 著 、 岩 波 新 書 ) 。 基 本 か ら 正 道 を 学 ぶ に は こ れ が 一 番 で し よ う 。 年 以 上 前 に 書 か れ た 本 で す が 、 新 書 版 と し て は 今 も っ て 唯 一 の 本 格 的 教 科 書 で す 。 た だ し 推 論 の 具 体 例 が ほ と ん ど

論理学がわかる事典


C 0 n t e n t s 論 理 学 が わ か る 事 典

論理学がわかる事典


や 遺 伝 子 操 作 、 ナ ノ テ ク ノ ロ ジ ー な ど 科 学 技 術 の 試 み そ の も 当 然 の こ と で す 。 し か し 、 科 学 が も た ら す 破 壊 は 、 科 学 技 術 の 運 営 が の も の が 、 人 類 の 存 続 を 脅 か す こ と も 考 え ら れ ま す 。 科 「 科 学 的 ー で あ り す ぎ た こ と に よ る の で は な く 、 逆 に 学 は 、 偉 大 な 知 性 と 進 歩 と 建 設 の 代 名 詞 で あ る と と も に 、 科 学 以 前 に は あ り え な か っ た 大 規 模 な 破 壊 、 人 類 絶 滅 の 「 科 学 的 」 「 論 理 的 」 で な か っ た が ゆ え に 生 じ た も の ば か 代 名 詞 と も な っ て い る わ け で 、 猜 疑 心 を 抱 く 人 々 が 多 い り で す 。 放 射 能 漏 れ な ど の 原 発 事 故 が 、 科 学 的 な 理 論 に も と づ く 手 続 き を 作 業 員 が 守 ら な か っ た が ゆ え に 起 き た こ と は 記 億 に 新 し い で し よ う 。 徹 底 し て 論 理 的 な 良 識 に 従 う と こ ろ に こ そ 、 科 学 の 恩 恵 を 享 受 し つ つ 、 科 学 の 潜 在 的 脅 威 を 避 け る 道 が 開 け る わ け で す 。 「 論 理 」 嫌 い が は や る 第 三 の 要 因 は 、 論 理 が 「 数 学 」 と 密 接 に 結 び つ い て い る よ う に 感 じ ら れ る か ら で し ょ う 。 数 学 は 、 科 学 や 論 理 学 の た め の 不 可 欠 の 言 語 で す が 、 こ の 数 学 と い う や っ 、 大 多 数 の 人 間 に と っ て マ ス タ 1 す る の が 恐 ろ し く 困 難 で す 。 文 学 や 社 会 学 と 違 い 、 生 半 可 な 勉 強 で 専 門 家 と 対 話 で き る レ ベ ル に 達 す る こ と は あ り え ま せ ん 。 数 学 へ の 習 熟 を 諦 め た 人 た ち は 、 「 論 理 」 一 般 を 目 の 仇 に す る 傾 向 が あ り ま す 。 こ の こ と に つ い て も 後 に 改 め て 述 べ る こ と に し ま し よ 、 つ 。 非 論 理 の 抑 圧 ? 科 学 環 境 破 壊 、 核 戦 争 、 事 故 ・ ・ ・ 高 度 な 専 門 技 術 を 要 求 ・ ・ 第 2 章 論 理 と は 何 か 5

論理学がわかる事典


C 0 n t e n t s 論 理 学 が わ か る 事 典

論理学がわかる事典


が 多 い 理 由 が あ る 。 し か し 、 そ れ は 実 際 よ り も 過 大 評 価 さ れ て い る 可 能 性 が あ っ た の で す 。 必 ず し も 答 え る 必 要 は な い ? 事 実 、 南 向 き の 地 形 は 半 島 と し て 認 知 さ れ や す い 、 と ▽ 哲 学 的 解 答 い う 理 由 が 見 つ か り ま し た 。 こ れ を 指 摘 し た の が タ イ プ の 説 明 で す 。 両 方 あ わ せ て 、 完 全 な 説 明 に な る で し ょ 「 な ぜ 世 界 の 半 島 の ほ と ん ど は 南 向 き な の か ? 」 こ の 問 い に 対 し て 、 大 ま か に 二 種 類 の 答 え が 提 示 で き さ て し か し 、 こ れ で お し ま い と い 、 つ わ け に は い き ま せ ま し た 。 ん 。 南 向 き 問 題 に 対 し て は 、 も う 一 つ 、 「 タ イ プ 0 」 と 一 つ は 、 「 南 向 き の 半 島 が 多 い の は な ぜ か 」 と 問 わ れ い う べ き 対 応 が 考 慮 さ れ ね ば な ら な い の で す 。 タ イ プ < て 、 素 直 に 「 南 向 き の 半 島 が 多 い ー と い う 相 手 の 立 場 を が 物 理 学 的 ・ 幾 何 学 的 ・ 確 率 的 説 明 で あ り 、 タ イ プ が 認 め た う え で 考 察 に 取 り 組 む や り 方 。 物 理 学 的 説 明 、 確 歴 史 学 的 ・ 社 会 学 的 ・ 心 理 学 的 説 明 だ と す れ ば 、 タ イ プ 率 的 説 明 が そ れ で す ( タ イ プ < ) 。 0 は 、 説 明 と は 何 か を 根 本 か ら 問 い 直 す も の で 、 哲 学 的 も う 一 つ は 、 「 ち ょ っ と 待 っ た 。 南 向 き の 半 島 は 本 当 解 答 と 一 言 う べ き も の で す 。 論 理 学 の 核 心 に 最 も 近 づ い た に 多 い の か ? そ う 思 わ れ て い る だ け な の で は ? 」 と 、 答 え 方 で し よ う 。 人 間 の 認 識 の モ ー ド へ と 問 い を 差 し 戻 す 社 会 学 的 ・ 心 理 タ イ プ o の 答 え は こ う い う も の で す 。 学 的 な 答 え 方 で す ( タ イ プ ) 。 「 ほ と ん ど の 半 島 が 南 向 き で あ る の は な ぜ か っ て ? こ の 二 つ の 戦 略 は 、 別 に 矛 盾 し て は い ま せ ん 。 タ イ プ そ ん な 問 題 に 、 答 え る 必 要 が あ る の だ ろ う か 」 < が 説 明 す る よ う に 、 実 際 に ( 地 形 的 に ) 南 向 き の 半 島 逆 説 的 で す が 、 「 答 え る 必 要 は な い と い 、 つ 答 え が 正 032

論理学がわかる事典


同 じ く 積 み 重 ね を 必 要 と す る 外 国 語 な ど は 、 文 法 を 飛 ば し て も あ る 程 度 習 熟 す る こ と が で き る で し よ う 。 し か し 論 理 学 は 、 文 法 を 飛 ば し た ら 絶 対 に 習 熟 不 可 能 で す 。 し か も 論 理 学 の 文 法 は 、 日 本 語 や 英 語 の よ う な 自 然 一 言 語 だ け 使 っ て マ ス タ 1 す る こ と が で き ず 、 人 工 的 な 論 理 記 号 に 慣 れ る こ と が 求 め ら れ る の で す 。 論 理 学 と い う の は 、 本 能 的 な 直 観 や イ メ ー ジ を い か に し て 振 り 捨 て る か が 一 つ の ポ イ ン ト で す 。 論 理 と い う ス タ ン ダ ー ド に 、 自 然 な 直 観 を 強 制 的 に 合 わ せ て ゆ く と い う い さ さ か 辛 い 作 業 に 学 習 者 は 直 面 す る こ と で し よ う 。 誰 に と っ て も 、 自 分 が 自 然 に も っ て 生 ま れ た 思 考 傾 向 を あ え て 訂 正 し 矯 正 し て ゆ く の は 不 愉 快 か っ 困 難 な こ と に 違 い あ り ま せ ん 。 し か し 困 難 で あ れ ば あ る ほ ど や り 甲 斐 も あ る し 、 見 返 り も 大 き い も の で す 。 と い う わ け で 、 本 書 は 、 論 理 学 入 門 へ の 入 門 書 で す 。 論 理 学 入 門 前 に 、 道 を 舗 装 し て お く と い う か 、 だ い た い 次 の よ う な 心 得 の た め の ガ イ ド ブ ッ ク だ と 考 え て く だ さ い 。 ・ 自 然 な 普 通 の 考 え 方 と 、 論 理 的 な 考 え 方 と の 違 い 、 そ し て 共 通 点 は 何 か ? ・ 論 理 学 を 学 ぶ と ど の よ う な 認 識 や 展 望 が 期 待 で き る か ? ・ 論 理 学 を 学 ぶ た め に は ど の 程 度 の 初 期 設 定 の 労 力 を 覚 悟 し な け れ ば な ら な い ・ 論 理 学 の 武 装 を し て い る と 実 際 の 生 活 や 議 論 で ど の 程 度 役 に 立 つ の か ?

論理学がわかる事典


郎 は 卒 業 で き な か っ た 」 か ら 「 太 郎 は 論 理 学 の 試 験 に 受 か ら な か っ た 」 を 導 き 出 し て よ い 、 と い う こ と で す 。 こ 三 段 論 法 の 基 本 と は ? の 推 論 は 、 人 間 の 心 に と っ て 前 件 肯 定 よ り も わ か り づ ら マ 前 件 肯 定 、 後 件 否 定 い よ う で 、 前 件 肯 定 が 正 し い と ほ ば す べ て の 人 が 判 断 で き る 一 方 、 後 件 否 定 は 少 し 文 が 長 く な る と 正 し い か ど う 論 理 学 の 推 論 の 基 本 形 は 「 三 段 論 法 」 で す 。 三 段 論 法 か わ か ら な く な る 人 が 多 い 、 と い う 心 理 学 の 調 査 結 果 も は 一 種 類 だ け で は あ り ま せ ん 。 最 も 普 通 の 三 段 論 法 は あ り ま す 。 「 前 件 肯 定 」 で し よ う 。 こ れ は 「 肯 定 式 」 と も 言 わ れ る し か し 実 は 、 後 件 否 定 は 前 件 肯 定 と 全 く 同 じ も の な の 次 の よ う な 図 式 で す ( と は 任 意 の 文 ) 。 で す 。 こ の こ と を 見 る た め に 、 「 対 偶 ー と い う 概 念 を 考 a- な ら ば 、 、 ん ま し よ 、 つ 。 た と え ば 、 「 私 は 論 理 学 の 試 験 に 受 か れ ば 卒 業 で き る 」 対 偶 と は 、 「 な ら ば 」 は 「 非 な ら ば 非 」 と 同 と 「 私 は 論 理 学 の 試 験 に 受 か っ た 」 か ら 「 私 は 卒 業 で き じ こ と で あ る 、 と い う 原 理 。 た と え ば 「 太 郎 は 論 理 学 の る 」 を 導 き 出 し て よ い 、 と い う こ と で す 。 誰 も が 使 っ て 試 験 に 受 か っ た な ら 卒 業 式 に 来 て い る だ ろ う 」 は 、 「 太 い る 一 番 オ 1 ソ ド ッ ク ス な 推 論 で し よ う 。 郎 は 卒 業 式 に 来 て い な い な ら 論 理 学 の 試 験 に 受 か ら な か 次 に ポ ピ ュ ラ ー な 三 段 論 法 は 、 「 後 件 否 定 」 で す 。 後 っ た の だ ろ う 」 と 同 じ こ と で す 。 こ れ は 直 観 的 に も 明 ら 件 否 定 は 次 の よ う な 図 式 に の っ と っ て い ま す 。 か で し よ う 。 そ こ で 、 後 件 否 定 の 図 式 の 「 な ら ば 」 a- な ら ば 、 非 を 「 非 C7 な ら ば 非 」 に 置 き 換 え て み ま し よ う 。 「 太 郎 は 論 理 学 の 試 験 に 受 か れ ば 卒 業 で き る 」 と 「 太 非 な ら ば 非 、 非 186

論理学がわかる事典


哲 学 の 論 理 、 社 会 科 学 の 論 理 な ど に 踏 み 込 み が て ら 頭 脳 強 化 を 図 る た め に は 、 拙 著 議 論 力 を 鍛 え る 10 論 理 バ ラ ド ク ス ー ー 論 証 力 を 磨 く 四 問 』 『 論 理 サ バ イ バ ル 8 問 』 ( と も に 二 見 書 房 ) の 計 207 問 に せ ひ 挑 戦 し て く だ さ い 。 論 理 学 か ら 宗 教 学 ・ 宇 宙 論 ま で 、 い ろ い ろ な 学 問 の 伝 統 的 パ ズ ル を 種 類 別 ・ 話 題 別 に 紹 介 し て お き ま し た 。 パ ラ ド ク ス で 脳 の 変 容 を 楽 し ん だ と こ ろ で 仕 上 げ に 、 始 め の 「 心 」 へ 戻 る の が い い か も し れ ま せ ん 。 史 上 最 大 の 論 理 学 者 の 一 人 、 ク ル ト ・ ゲ ー デ ル の 業 績 紹 介 と 評 伝 を 兼 ね た 『 ゲ ー デ ル の 哲 学 』 ( 高 橋 昌 一 郎 著 、 講 談 社 現 代 新 書 ) 。 と か く 非 人 間 的 、 機 械 的 な イ メ ー ジ を 抱 か れ が ち な 「 論 理 」 で す が 、 機 械 的 な 論 理 の 限 界 が ど こ に あ る か を 論 理 自 ら が 証 明 し て し ま っ た 〈 ゲ 1 デ ル の 定 理 〉 の 驚 異 を 、 ゲ ー デ ル の 精 神 : な ど 病 理 も 絡 め て 解 説 し た こ の 本 に よ り 、 や は り 論 理 の 本 質 は 人 間 の 心 な の か : し み じ み 考 え 込 ん で み る の も 風 流 で し よ う 。 人 間 を 他 の 動 物 か ら 最 も ハ ッ キ リ 区 別 す る 能 力 「 論 理 思 考 」 。 論 理 的 に な れ ば な る ほ ど 、 人 間 で あ る こ と の 誇 り と 幸 せ を 堪 能 で き る の だ と い う こ と を 、 論 理 学 の 良 書 を 漁 り な が ら ぜ ひ 実 感 し て く だ さ い 。 2004 年 1 月 三 浦 俊 彦

論理学がわかる事典


3 論 理 学 と は 何 か 1 何 が 正 し い か 決 め ら れ る の か ? マ 真 と 偽 : 2 真 で も 偽 で も な い 文 と は ? 有 意 味 と 無 意 味 : 3 日 常 言 語 と 論 理 言 語 の 違 い は ? 主 語 と 述 語 ・ 4 文 は な ぜ 真 か 偽 で あ り う る の か ? マ 文 と 命 題 : 5 同 じ 文 で も 時 に よ っ て 意 味 が 違 う ? マ 文 と 言 明 : 6 「 し た が っ て 」 で 思 考 が 生 ま れ る ? マ 文 と 推 論 ・ 7 推 論 は 多 次 元 で あ る ? ▽ 論 理 的 蓋 然 的 / 理 論 的 実 践 的 / 論 理 学 的 心 理 学 的 : 8 論 理 で 脳 の 限 界 を 超 え る に は ? マ 推 論 と 理 論 ・ 1 9 議 論 の 出 発 点 は 何 か ? マ 公 理 と 定 理 ・ 間 偽 な る 文 の 否 定 は 必 ず 真 ? マ 文 否 定 と 述 語 否 定 : 章 第 2 2 110 100 1