検索 - みる会図書館

検索対象: DIME (ダイム) 2016年 9月号 [雑誌]

DIME (ダイム) 2016年 9月号 [雑誌]から 143件ヒットしました。

DIME (ダイム) 2016年 9月号 [雑誌]


ア ド ラ ー 心 理 学 で 第 ・ 99 人 間 関 係 が % つ ま く い く ! 上 司 と も 対 等 ! ? 部 下 を 無 条 件 に 信 用 ! ? ア ル フ レ ッ ド ・ ア ド ラ ー オ ー ス ト リ ア の 精 神 医 学 者 ( 1870 ~ 1937 年 ) 。 フ ロ イ ト 、 ユ ン グ と 並 ぶ 心 理 学 の 3 大 巨 頭 の ひ と り 。 フ ロ イ ト の 性 欲 中 心 の 学 説 に 反 対 し 、 「 個 人 心 理 学 」 を 立 ち 上 げ た 。 嫌 わ れ る 勇 気 「 幸 せ に な る 勇 気 の 売 れ 行 き が 止 ま ら な い 。 ビ ジ ネ ス パ ー ソ ン は 「 ア ド ラ ー 心 理 学 」 を ど の よ う に 役 立 て る べ き な の か 。 本 に は 記 さ れ て い な い 「 1 4 の 教 訓 」 も 紹 介 し て い く 。 ノ 35 万 部 突 破 の 大 ブ ー ム 火 付 け 役 ! 3 彷 部 突 破 の 第 2 弾 ! 博 ド セ を 気 え 勇 の 粥 日 カ 学 認 ど れ ラ 社 退 会 会 な み - 覆 見 期 学 学 笂 嫌 モ ン 明 岸 , 破 同 勇 第 ャ む き 5 都 課 「 「 え の イ 進 解 京 士 ラ ラ 変 ア ド ラ ー 心 理 学 は 対 人 関 係 の 処 方 箋 見 年 想 岸 青 / る の 『 嫌 わ れ る 勇 気 』 が 世 に 出 た の 迷 ラ は 、 2013 年 貶 月 の こ と 。 哲 学 書 の ジ ャ ン ル に 入 る 本 で あ り な か ら 、 た ち ま ち ベ ス ト セ ラ ー と な り 、 世 に ア ド ラ ー 心 理 学 ブ ー ム を 巻 き 起 こ し た 。 著 者 の 岸 見 一 郎 さ ん い わ く 、 ア ド ラ ー 心 理 学 は 、 「 対 人 関 係 に 焦 点 を 当 て た シ ン プ ル か っ 実 践 的 な 心 理 学 」 と の こ と 。 「 私 た ち は 、 職 場 や 宀 豕 庭 、 日 常 生 活 で 様 々 な 悩 み を 抱 え て い ま す か 、 そ れ を 丁 寧 に 紐 解 い て い く と 、 す べ て 対 人 関 係 の 悩 み に リ 導 帰 結 す る の で す 」 る - ん 上 司 や 部 下 と の 人 間 関 係 、 妻 ン な 答 Ⅱ モ と な え ャ 本 ( 彼 女 ) と の 関 係 、 子 ど も と の 関 : 。 た し か に 、 人 間 関 係 の ン か ア の の る 気 ラ 健 つ ま ず き が 、 そ の ま ま 人 生 の つ 勇 ア 賀 気 な ま ず き と な っ て い る る 古 勇 に な 既 る せ で は 、 リ J - っ し た ら い い の か 発 見 嫌 岸 見 さ ん と 一 緒 に ア ド ラ ー 心 理 せ 啓 岸 「 す ど 学 に よ る 解 决 策 を 見 て い こ う 。 幸 記 翫 轗 っ 取 材 ・ 文 / 角 山 祥 道 イ ラ ス ト /hikida デ ザ イ ン / ビ ー ワ ー ク ス SEPTEMBER 2016 OIME ー 100

DIME (ダイム) 2016年 9月号 [雑誌]


人 は み な 対 等 つ の テ ー マ 「 1 : Ⅱ 上 司 や 先 輩 と の つ き あ い 方 を 、 人 間 関 係 の 上 下 上 司 の 感 情 的 な 発 言 に い で 捉 え て し ま う こ と で つ き あ っ て は い け な い 職 場 で の 人 間 関 系 ー ー 特 に 上 上 司 と 部 下 で は 、 求 司 や 先 輩 と の 人 間 関 係 は 、 目 上 め ら れ る 役 割 も 責 任 も な の 相 手 の こ と だ け に 、 な か な か 異 な る 。 経 験 や 知 識 の 難 し い も の が あ る 量 も 違 う だ ろ う 。 だ が 、 岸 見 さ ん は 、 「 上 司 と 部 下 の こ う し た 違 い を 人 間 関 関 係 を タ テ の 上 下 関 係 で 捉 え る 係 に 持 ち 込 ま な い の が 離 こ と に 間 一 遅 い か あ る 」 と 一 一 = 日 つ 。 ア ド ラ ー 心 理 学 だ 。 「 ア ド ラ ー 心 理 学 で は 、 タ テ の 「 あ く ま で 人 と し て 、 対 人 関 係 は 精 神 的 な 健 康 を 損 な 対 等 で な け れ ば な ら な 間 を な う 最 も 大 き な 要 因 で あ る と 考 え 、 い の で す 」 人 離 手 ョ コ の 対 人 関 係 を 築 く こ と を 提 と は い え 、 上 司 が タ も 距 下 唱 し て い ま す 。 職 場 の 人 間 関 係 テ に 固 執 し 、 怒 鳴 り つ で 間 違 い や す い の は 、 職 責 の 違 け て き た ら ど う す る か っ 】 と 】 い 「 ま ず 、 立 場 に 関 係 な く ク 怒 り ら ば 指 摘 し 返 せ ば い い 」 人 ぬ は 人 と 人 と の 距 離 を 引 き 離 す 感 ② 「 普 通 に 話 し て い た だ け ま せ と 】 し ま 情 だ と 理 解 し て く だ さ い 。 望 遠 ん か ? 」 と 上 司 に 注 進 す る 鏡 を 反 対 側 か ら の ぞ く よ う な も 「 関 係 性 の 改 善 を 求 め る の も 手 - 大 よ ~ 司 し 理 の で 、 相 手 は ど ん ど ん 離 れ て い で す 。 こ ち ら か 感 情 的 に な ら ず の て か し れ り 、 あ く ま で 冷 静 に 接 す れ は 、 向 こ リ こ き 、 関 係 は 悪 化 し ま す 」 任 で そ の う え で 岸 見 さ ん が 提 案 す う も 『 こ い つ の 前 で は 威 張 ら な る 方 法 は 次 の と お り だ 。 く て も い い ん だ 』 と 学 習 し て く 一 ① 何 を 言 0 て い る か 、 そ の 中 身 れ る 可 能 性 が あ り ま す 」 対 ず に だ け 着 目 す る そ れ で も 「 嫌 な 上 司 」 は い る 「 感 情 を 爆 発 さ せ る 人 は 、 そ う 「 基 本 的 に 、 。 悪 い 上 司 。 は い な と 考 え て く だ さ い コ ミ ュ 院 の す る こ と に よ っ て 相 手 よ り 優 位 弓 テ 取 タ に 立 ち た い と 思 っ て い る の で し ニ ケ ー シ ョ ン の 下 手 な 上 司 が い だ 屬 よ う 。 怒 り は 権 威 づ け な の で す 。 る だ け な の で す 。 雨 が 降 っ た ら り 怒 ら れ た 際 は 感 情 面 を 無 視 し 、 傘 を 差 す の と 同 じ よ う に 、 上 司 朝 中 身 に だ け 注 目 す る の で す 。 正 の 怒 り は 冷 静 に 受 け 流 し て し ま 阯 き 当 な 指 摘 で あ れ ば 従 い 、 不 当 な い ま し ょ 一 つ 」 っ ? っ 岸 見 さ ん い わ く 、 「 怒 り は 、 ち ょ う ど 望 避 竟 を 反 対 か ら の ぞ く よ う に 、 自 分 に 怒 り を 向 け た 人 を 遠 く へ と 離 し て し ま い ま す 」 。 ア ド ラ ー 心 理 学 的 0 101 DIME SEPTEMBER 2016

DIME (ダイム) 2016年 9月号 [雑誌]


0 円 学 習 へ ス ト 1 楽 器 、 カ メ ラ 、 PC も 、 す べ て タ ダ で 学 ぶ musicLessonTV 朝 オ ン ラ イ ン 楽 器 レ ッ ス ン music-lesson. ⅳ/ 碗 者 に お す す め ! 入 門 講 座 特 集 っ て 下 載 ー ー 撮 影 ス キ ル を 磨 く www.camegaku.com/t叩/ ギ タ ー を 中 心 に 、 様 々 な 楽 器 の レ ッ ス ン 動 画 を 会 員 登 録 で 無 料 酬 言 。 自 分 に 合 っ た レ ッ ス ン 講 師 が 選 べ る う え 、 重 い 楽 器 を 抱 え て 通 う 要 も な し 。 多 忙 な 人 に 最 適 だ 。 テ ジ タ ル ハ リ ウ ッ ド が 運 営 。 ポ ー ト レ ー ト 、 夜 景 、 レ ン ス 選 び と い っ た 注 目 度 の 高 い テ ー マ を 、 ロ ケ を 中 心 と し た ユ ル め の 授 業 動 画 で 酬 言 。 プ ロ の 高 度 な 技 術 も マ ス タ ー で き る 。 カ メ ラ の 学 校 0 撮 料 学 生 時 代 の 挫 折 に リ へ ン ジ し ま す ー ス レ , ス ン 三 一 初 級 者 向 け レ ッ ス ン も 押 さ え る が 、 1 度 で も か じ っ た こ と の あ る 人 ′ の ほ う が わ か り や す い 。 0 ン 5 無 料 学 習 と は い え 指 導 に 出 し 惜 し み な し 一 0 円 で ど こ ま で 本 格 的 に 学 べ る の か 。 趣 味 と 仕 事 の 実 用 サ ー ビ ス 7 つ を 本 誌 記 者 か 試 し た 。 の や で り 画 管 成 ま か 動 の る 0 オ ン ラ イ ン 楽 器 教 室 と い え る 作 方 わ を え ン ン り の ン な め 「 musicLessonTV 」 は 、 特 に キ 乍 け ス 習 行 イ 一 向 ッ 学 で リ 一 レ 。 ダ タ ー 講 座 の 充 実 ぶ り が 目 を 引 く 初 ッ ム プ ナ 面 一 ギ す も チ ョ ー キ ン グ や ビ ブ ラ ー ト 、 ピ ホ 9 ビ や で 理 る ッ キ ン グ と い っ た テ ク の コ ツ を 取 ピ ン ポ イ ン ト 動 画 で 見 せ て く れ を る 秀 逸 ぶ り 。 楽 器 で 挫 折 経 験 の ン 格 あ る 人 な ら 、 な お さ ら 満 足 で き ス 資 ッ る だ ろ 一 つ 。 ク 0 レ ス 「 カ メ ラ の 学 校 」 の レ ッ ス ン は 、 ス 0 ス 講 義 、 ロ ケ 、 実 践 で 構 成 さ れ 、 ン ン か ダ 配 で し ラ イ テ ィ ン グ な ど の プ ロ の 技 術 ク ト 画 せ 。 い ン = の リ 動 に マ 一 咼 か ら 、 家 族 写 真 や 商 品 を き れ い ル ト ン 気 ハ か ジ ン ス ス を に 撮 り た い と い っ た 身 近 な 撮 影 ャ る ツ 目 で 肯 イ ジ べ レ 人 の 可 テ ク ま で 満 載 さ れ て い る ラ 学 ス 。 る う 全 ら ン 信 き ま 室 こ の 2 強 に 続 く の か 「 ラ イ シ 教 ン グ ダ ン ス ス ク ー ル 」 。 レ ッ ス ン タ コ で 3 ン 動 画 が エ 甼 に 作 成 さ れ 、 こ の ス ソ 夏 か ら 練 習 す れ ば 、 年 末 の 宴 会 料 の 一 発 芸 レ ベ ル ま で は 到 達 で き で 無 議 を ン 、 タ そ 一 つ だ 。 イ タ ビ ジ ネ ス 系 で も 「 こ ん な 高 度 を ン 知 あ は 思 セ な 使 学 応 派 な こ と を タ ダ で 教 え て 大 丈 夫 ? 」 E フ 、 知 ク も ク は ク ト を 。 で 対 学 オ 、 よ 0 ソ ど な 問 習 画 テ と や な 1 学 と 心 配 に な る 太 っ 腹 サ ー ビ ス か 動 い 円 だ ′ cn グ ル 2 と で ド ボ 、 ン も 、 し で す Ⅷ ン キ に 画 ス も い ろ い ろ 。 根 気 は 必 要 だ が 、 無 一 一 る コ 座 沙 の お ミ ス ス 動 一 人 の 知 羅 月 ワ ワ ペ ソ 講 る に 多 ラ ア ネ 分 コ イ 料 & 時 問 無 制 限 の 気 軽 さ で 、 あ き 、 網 ク エ ジ 3 の が た る て は 置 が ほ な ロ ウ ヒ を ス こ ど っ の べ し に れ こ れ 楽 し ん で し ま お う 。 ~ 則 る ほ え プ ト 灯 識 イ 爪 カ メ ラ の 腕 前 が 劇 的 に 上 が り ま す [ ⅳ 00 ! www.livoo.ac/ 医 療 事 務 や 宅 建 、 日 商 簿 記 2 級 、 行 政 書 士 な ど 、 全 1 重 類 の 資 格 講 座 が 無 料 。 テ キ ス ト や 模 擬 試 験 は 有 料 オ プ シ ョ ン だ が 、 マ ス ト で は な い の で 安 心 。 0 ー ー - ワ ー ト ) と は ? 0 ー み 4 つ : を ン : 0 き あ . す を は し め る イ ー し 物 れ つ し り 0. 気 合 . 、 れ ( し 、 さ す 滝 聞 に じ ゃ ー 新 月 2 駁 カ 材 - カ -0 06 つ 00 さ あ 、 レ フ ス ン を 始 め よ う 一 ・ 2.0 弋 ど う い 第 ・

DIME (ダイム) 2016年 9月号 [雑誌]


つ の マ 引 自 分 の 仕 事 と の 向 き 合 い 方 と 職 、 の れ い ん れ た 関 係 で す 。 つ ま は な ラ は し 見 の ~ に は 仕 事 で は 信 頼 は ち 担 序 国 間 差 ア た 分 一 の の が 私 、 必 す し も 必 要 あ り ま て の 「 灯 せ ん 」 え と い 場 れ 例 業 と 立 ぞ る で は 「 信 用 」 と は ? 「 ア ド ラ ー は 、 人 は 『 分 業 』 と い う 画 期 的 な 働 き 方 を 手 に 入 れ た の だ と 一 言 っ て い ま す 。 ど ん な 仕 事 で も そ う で す か 、 に よ っ て 成 り 立 っ て い ま す 社 会 も そ っ で す 。 な く て い い 仕 事 は ひ と っ 社 会 も 職 場 も 「 分 業 」 も あ り ま せ ん 。 つ ま り に よ っ て 成 り 立 っ て い る 職 場 と は 、 お 互 い か い く ら 職 場 で は 、 「 タ テ 関 係 で そ れ ぞ れ の 役 割 を 担 協 力 し 、 貢 献 し は な く 、 ヨ コ 関 係 だ 」 と 言 っ た と こ ろ で 、 頭 で は 理 解 で き て も 、 合 っ て い る 関 係 と い え る の で す 。 だ っ て 実 際 の 行 動 に 移 す の は 難 し い 「 職 場 で の 人 間 関 係 を 、 ヒ ジ ネ 否 が 応 に も 、 信 用 し ス ラ イ ク な 仕 事 上 の 関 係 な の か 、 て 協 力 し 合 わ な け れ 友 人 に 近 い 関 係 な の か 、 分 け て は 、 仕 事 は 成 立 し な い の で す か ら 」 で は な く 『 態 厓 か 重 要 だ と い う こ と で す 。 な ぜ な ら 、 人 は 、 信 用 関 係 が 成 立 す る 条 件 は ? 考 え る ほ 一 つ か い い で し よ う 」 と 岸 見 さ ん は ア ド バ イ ス を 送 る 「 前 提 と し て 、 こ の こ と を 理 解 そ の 人 の ス キ ル の 高 さ の み で 相 「 ア ド ラ ー 心 理 学 で は 、 『 仕 事 し て く だ さ い 。 人 間 の 価 値 は 、 手 を 信 用 す る の で は な く 、 『 こ の 関 係 と は ク 信 用 の 関 係 で あ 『 ど ん な 仕 事 に 従 事 す る か 』 で の 人 と 一 緒 に 働 き た い ! 』 と い 交 友 の 関 係 と は み 信 頼 の 決 ま る の で は な く 、 『 ど ん な 態 う 感 情 を 重 視 し て い ま す 。 ス キ 関 係 で あ る 』 と 規 定 し て い ま す 。 度 で 取 り 組 む の か 』 に よ っ て 決 ル か 高 い 嘘 つ き の 人 よ り も 、 ス 仕 事 の 関 係 と は 、 利 害 の 絡 ん だ ま る の で す 。 だ か ら ど ん な 職 種 キ ル が そ こ そ こ で も 誠 実 な 人 を 条 件 付 き の 関 係 で す ね 。 一 方 、 で あ ろ う と 、 自 分 を 卑 下 す る 必 私 た ち は 仕 事 仲 間 と し て 選 ぶ の 交 友 関 係 は 、 利 害 に 関 係 な く 要 は あ り ま せ ん 。 そ し て 、 も う で は な い で し よ う か 。 『 能 力 " 『 好 き だ ! 』 と い う 感 情 で 結 ば ひ と つ の ポ イ ン ト は 、 罷 カ 』 人 間 性 』 で は な い の で す 」 , 戈 力 い 取 り 組 む 態 度 が 肝 心 じ う せ ボ ク の 仕 事 な ん て ・ ・ ・ 0 0 4 = ロ 信 頼 他 者 と 「 分 業 」 し て 働 く た め に は 、 仲 間 を 信 用 し な け れ ば な ら な い 。 一 方 、 こ の 世 で 生 き て い く た め に は 、 友 人 を 信 頼 す る - ー ー ど ん な 相 手 で も 自 分 か ら 尊 敬 し な け れ ば な ら な い 。 . 仕 事 と は 、 互 い に 信 用 し 合 う こ と で あ る . 仕 事 の 中 身 で は な く 態 度 で 評 価 し よ う . 「 能 力 = 人 間 性 」 で は な い 。 「 態 度 」 が 重 要 ア ド ラ ー 心 理 学 的 103 ゆ E SEPTEMBER 2016

DIME (ダイム) 2016年 9月号 [雑誌]


編 集 部 が 選 ん だ ベ ス ト 6 は コ レ ! じ っ く り 派 は PC ! ど こ で も 派 は ス マ ホ ア プ リ ! ブ ッ シ ュ 通 知 を 使 い ど れ が 「 水 ー で し よ う か ? 継 続 学 習 を サ ポ ー ト デ ュ オ リ ン ゴ www.duolingo.com/ 個 人 の 英 語 レ ベ ル 、 1 日 の 学 習 時 間 を 言 錠 で き る の で 、 無 里 な く 学 習 で き る の か み 。 和 訳 ・ 英 訳 か ら 発 音 ま で ゲ ー ム 感 覚 で 学 べ る 。 正 し い ビ ジ ネ ス 英 語 を 使 い た い 人 は 必 須 絶 対 話 せ る ! 英 会 話 。 yuitaenglish.com/ ア メ リ カ 在 住 の 日 本 人 か 発 。 よ く 使 わ れ る 英 語 表 現 や フ レ ー ズ 、 正 し い 言 葉 遣 い 、 文 法 な ど 、 ビ ジ ネ ス に 使 え る 英 語 が 学 習 で き る 。 通 勤 中 の 英 語 上 達 に は び っ た り ざ っ く り 英 語 ニ ュ ー ス ! StudyNow stu dyn OW 国 内 外 の ニ ュ ー ス を オ に 英 語 ・ 禾 、 解 音 声 で 英 語 が 学 べ る 。 有 料 プ レ ミ ア ム コ ー ス も あ る が 、 無 料 範 囲 内 で も 十 分 に 彳 竝 つ 。 PC サ イ ト @ ス マ ホ ア プ リ 英 語 発 音 入 門 動 画 を マ ネ る だ け で 発 音 が ネ イ テ イ プ に kccn.konan-u. ac.jp/ilc/english/ 無 一 一 , 発 音 練 習 に 特 化 し た 甲 南 大 学 運 営 の サ イ ト 。 イ ギ リ ス 発 音 と ア メ リ カ 発 音 に 分 け 、 音 声 動 - 画 を 参 考 に 母 音 や 子 音 の 発 音 を 日 用 夬 に 解 言 講 座 か ら ソ フ ト ま で 無 料 の オ ン パ レ ー ド ヘ ラ へ ラ www.perapera.jp/ オ ン ラ イ ン 英 会 話 、 英 文 法 講 座 か ら 、 学 習 用 フ リ ー ソ フ ト の 提 供 ま で 至 れ り 尽 く せ り の 内 容 。 1 日 5 分 レ ッ ス ン は 飽 き や す い 人 も 救 う 。 英 語 を 諦 め て い た 人 こ そ お 試 し を ! ケ リ ー 兄 弟 の イ ン タ ー ネ ッ ト 上 の 英 語 教 材 www.manythings.org/j/ 愛 知 工 大 で 教 え る ケ リ ー 兄 弟 が 運 営 。 英 単 語 発 音 文 法 、 リ ス ニ ン グ な ど コ ン テ ン ツ も 多 く 、 特 に 英 語 初 級 者 に は お す す め 。 / レ の 発 嗇 の 仕 方 483. た っ た ニ 新 な の に お 設 立 も フ 1 V の CV を 第 て い た ー あ . そ れ . を に ア プ リ で 載 り 上 げ て い な , た . ー を い う フ レ - ズ を ■ ・ 第 し た . 日 物 で よ - く 物 う 第 ・ な ・ で 第 . 第 っ た : 第 で す を ・ . ・ ・ で ・ ・ を 4 で 第 れ て い を の 4. こ う い う ・ 一 で し た . レ ス ト ラ ン で 第 一 / ー を す る ツ - ン で し た . 人 の 人 を 物 か を 第 一 タ - し 一 し を . す る と ・ の ー あ . 宿 物 に も を れ を . ー を 第 い を す . こ れ を 第 ワ 上 げ 第 す . て 第 ? 々 を わ 0 り 第 す 第 ? . ・ 第 一 ・ ま で を 第 っ た の は . こ う で し . 講 第 を リ 第 、 め ー ! ト ′ テ し ビ な は こ 0 レ . て お 宿 に 物 の 大 を 当 蓄 に よ ニ 第 気 ス ン . を わ す 一 0 ま い そ っ % 日 本 第 を 物 三 し い 表 環 を 学 ′ ま : ス ン を 見 わ っ た ら 、 し , コ い こ て ま イ テ ィ ス ビ ー っ ー と 大 三 と の 一 当 数 ヨ : チ ャ レ ン ! ん て 、 た き い . : れ : 強 ・ 員 が 心 第 て す . - く は K め Ⅳ ・ x 新 ・ 一 流 の 講 義 を 提 供 ! 有 名 大 学 の 日 本 か ら 京 大 も 参 加 33. ユ ! — 講 義 も 0 円 な ん で す www.edx.0「g/ マ サ チ ュ ー セ ッ ツ 工 科 大 と ハ ー バ ー ド 大 が 共 同 で 創 立 。 両 大 学 や ポ ス ト ン 大 な ど の 講 義 を 無 斗 受 講 で き る 。 オ ン ラ イ ン で 誰 で も 無 料 で 世 界 の 名 だ た る 大 学 の 映 像 有 名 講 師 が 目 白 押 し ! " ー 講 義 を 受 講 で き る 教 育 サ ー 東 大 の 講 義 も 人 気 マ ビ ス 「 ム ー ク 」 が 、 世 界 的 に 広 が り を 見 せ て い る 。 日 WWW. coursera. 0「g/ 本 で も ト ッ プ 大 学 が 相 次 い で 講 義 を 言 。 世 界 一 の 講 ス タ ン フ ォ ー ド 大 学 の 巍 受 が 言 竝 。 現 在 ミ シ ガ ン 大 、 プ リ 義 を 体 験 し て み よ う 。 ン ス ト ン 大 な ど 60 以 上 の 大 学 が 様 々 な 無 料 講 義 を 酬 言 中 。 無 料 ア プ リ も か な り 使 え ま す 工 デ ッ ク ス コ ー セ ラ コ カ ク 水 野 さ ん も お 世 話 に な っ た 語 学 講 座 が ネ ッ ト を 聴 け る www2.nhk.or.jp/gogaku/ マ イ 語 学 に 登 録 す れ ば 、 NHK の テ レ ビ ・ ラ ジ オ で 放 送 し た 語 学 講 座 番 組 の 前 1 週 間 分 を 無 語 学 テ ス ト な ど も タ ダ で 試 せ る 。 ( わ し ( は こ 一 、 ) 心 と 第 け ま す ! ラ ジ オ ・ 第 : ト リ - ミ ン グ NHK ゴ ガ ク 49 ー DIME SEPTEMBER 2016

DIME (ダイム) 2016年 9月号 [雑誌]


つ も お す す ′ 0 円 見 学 巨 大 な 物 流 タ ー ミ ナ ル を 探 検 ! 「 見 学 が 5 つ の ア ト ラ - ー 第 ク シ ョ ン に 分 け ら れ 、 。 い 、 お 土 産 の 配 り 方 に も ひ と ワ ザ あ り 。 18 時 か ら の 日 も あ り 、 夜 の 見 学 も オ ッ 」 ( 和 田 さ ん ) 工 場 見 学 の あ と ビ オ ト ー プ 散 策 も 横 浜 工 場 週 日 曜 と 8 月 の 特 定 日 に 工 場 内 の 庭 心 か ら の ア ク セ ス の よ さ は 、 最 寄 り 園 散 策 ツ ア ー も 開 催 。 試 飲 で き る 商 駅 ま で 新 宿 か ら 30 分 の こ こ が ピ カ イ チ 。 ひ と り で も 参 加 可 能 で す 」 ( 和 田 さ ん ) 品 も 多 く 、 ビ ー ル は 樽 詰 め の 生 ) 」 ( 和 田 さ ん ) DATA DATA ◎ 東 京 都 府 中 市 矢 崎 町 3-1 @神 奈 川 県 横 浜 市 鶴 見 区 生 麦 1 -17-1 ② : 30 ~ 17 : 00 30 ~ 17 ④ 年 末 年 始 ・ 工 場 休 業 日 ( 臨 時 休 業 あ り ) @月 ( 祝 日 の 場 合 は 営 業 、 次 の 平 日 が 休 館 ) 、 年 末 年 始 ツ ア ー 時 間 約 70 分 @谷042 ・ 360 ・ 9591 ツ ア ー 時 間 約 70 分 @谷045 ・ 503 ・ 8250 www.kirin.co.jp/ www.suntory.co.jp/factory/musashino/ entertainment/factory/yokohama/index. html で き た て シ ウ マ イ を 堪 能 ! 「 「 ポ ッ キ ー 」 と 「 プ リ ッ 来 た て の シ ウ マ イ を 試 食 ツ 』 の 製 造 工 程 と 、 映 像 で き る の が 大 人 気 の 理 由 。 ク イ ズ が 楽 し め ま す 。 有 料 で す が 「 ジ ャ イ ア 予 約 の 取 り に く し 、 工 場 見 学 の ひ と つ 。 で も 、 場 内 に で き た プ チ ミ ン ト ボ ッ キ ー 』 の デ コ レ ュ ー ジ ア ム シ ョ ッ オ な ら 予 約 な ー シ ョ ン も 」 ( 和 田 さ ん ) し 。 映 像 で 見 学 が で き 、 シ ウ マ イ DATA も 工 土 剔 面 格 ( ち ょ っ と 安 い ) で 買 え @埼 玉 県 北 本 市 中 丸 9-55 ④ 金 曜 、 お 盆 、 年 末 年 始 ま す 」 ( 和 田 さ ん ) ツ ア ー 時 間 約 70 分 ( 1 日 4 回 9 : 30 ~ 、 11 : 00 ~ 、 12 : 30 、 14 : 00 ) @谷048 ・ 593 ・ 8811 ( 9 : 00 ~ 16 : 0 の 2 名 か ら 受 け 付 け www.glico.co.jp/ 最 寄 り 駅 か ら シ ャ ト ル バ ス も 運 行 で 安 心 武 蔵 野 ビ ー ル 工 場 サ ン ト リ ー キ リ ン ビ ー ル 見 学 後 の 試 飲 は サ イ コ ー ! ヤ マ ト グ ル ー プ 壕 1 DATA 〇 東 京 都 大 田 区 羽 田 旭 町 11-1 ④ 月 曜 、 年 末 年 始 、 お 盆 ( 月 曜 日 が 祝 日 の 場 合 は 開 館 、 翌 営 業 日 が 休 館 ) ツ ア ー 時 間 約 90 分 ( 1 日 2 ~ 5 回 、 団 体 0 「 個 人 に よ っ て 曜 日 、 時 間 が 異 な る ) @www.yamato-hd.co.jp/ グ リ コ ク イ ズ が 意 外 と ハ マ る ! DATA @神 奈 川 県 横 浜 市 都 筑 区 川 向 町 675-1 ⑩ 9 : 30 ~ 17 : 00 ◎ 水 ~ 土 曜 ( 毎 月 末 と 年 末 年 始 を 除 く ) ツ ア ー 時 間 約 90 分 希 望 日 の 3 か 月 前 の 1 日 か ら 受 け 付 け 。 @谷045 ・ 472 ・ 5890 ( 8 : 00 ~ 18 : 00 ) 榊盟.kiyoken.com/factory/ チ ー ズ 作 り な ど の 体 験 も 無 ! 0 グ リ コ 崎 陽 軒 見 て 食 べ て 買 い 物 で き る ! 次 々 と 作 ら れ て い く シ ウ マ イ 。 こ の ア ツ ア ツ が 食 べ ら れ る か と 思 う と 、 見 学 し な が ら 生 唾 が ・ プ チ ミ ュ ー シ ア ム シ ョ ッ プ 内 の 映 像 見 学 工 リ ア 。 こ で 飲 食 で き 、 電 車 に 乗 っ て い る 気 分 で シ ウ マ イ が 食 べ ら れ る 。 自 由 見 学 は 予 約 不 要 で ア イ ス 食 べ 放 題 ! 白 州 工 場 「 清 里 や 八 ヶ 岳 に 行 く つ い で に 試 食 は 充 実 し て い る し 、 工 場 限 定 の お 土 産 の 販 売 も あ り 、 難 に う れ し い 工 場 で す 」 ( 和 田 さ ん ) DATA @山 梨 県 北 杜 市 白 州 町 白 須 大 原 8383-1 @9加 ~ 16 : 00 〇 工 場 休 業 日 ツ ア ー 時 間 約 60 分 ( 1 日 2 回 、 行 程 は 自 由 見 学 と 同 じ ) @谷0551 ・ 35 ・ 4611 ( 7 月 16 日 ~ 8 月 31 日 ま で は 自 由 見 学 の み ) www.chateraise.co.jp 27 DIME SEPTEMBER 加 1 シ ャ ト レ ー ゼ 0 森 永 乳 業 寄 り 駅 か ら 徒 歩 7 ~ 15 分 で 着 け る 工 場 。 こ こ の よ さ は 、 オ プ シ ョ ン の ワ ー ク シ ョ ッ プ も 無 料 と い う こ と 。 た だ し 、 個 人 で も 見 学 の 最 少 人 数 は 5 人 か ら 受 け お い し い 付 け な の で 、 フ ァ ミ リ ー や お 友 達 が 多 い 人 向 け 。 お 土 産 は 大 人 用 。 と 引 共 用 が あ り ま す 」 ( 和 田 さ ん ) 大 き な ガ ラ ス 窓 の 見 学 通 D ATA 路 か ら 、 牛 乳 や カ ッ プ 飲 @東 京 都 東 大 和 市 立 野 4-515 見 学 時 間 料 の 工 程 を 見 ら れ る 。 10 加 ~ 、 13 : ~ @月 ~ 金 の 平 日 ( 祝 日 、 年 末 年 始 、 夏 季 の 一 時 期 は 除 く ) ツ ア ー 見 学 の オ プ シ ョ ン で 、 チ 時 間 約 分 時 期 に よ っ て は 特 別 イ ベ ン ト も 開 催 @www.monnagamilk.co.jpleam ー ス 作 り と 風 味 パ ネ ル マ enjoy/factory_tour/ イ ス タ ー 体 験 も 。 お い し い お い し い お い 、 牛 乳 か 冫 格 市 で 飛 行 機 カ 坊 丘 で 見 ら れ る 無 料 工 場 見 学 、 JAL ス カ イ ミ ュ ー ジ ア ム ( 大 田 区 ) も お す す め で す が 大 人 気 で す で に 10 , 月 ま で 空 き な し 。 気 に な る 方 は ネ ッ ト で チ ェ ッ ク を 。 www.同. CO. jp/kengaku/ を

DIME (ダイム) 2016年 9月号 [雑誌]


: 大 前 研 一 「 金 の な る 知 恵 」 金 持 ち 父 さ ん に な る た め の ヒ ン ト 、 お 教 え し ま す ! す 。 ま た 、 束 示 を は じ め と す る 大 都 例 外 を 除 き 、 こ の 先 、 住 宅 価 格 は 上 よ る と 、 初 め て マ イ ホ ー ム を 購 入 し 空 き 家 率 は 紹 ・ 5 % 市 圏 の 通 勤 圏 内 に は 、 元 は 農 地 が ら な い と 見 る べ き な の で す 。 い っ た 世 帯 の 世 帯 主 の 年 齢 は 代 後 半 が 住 宅 供 給 に は 際 限 が な い で ま だ 開 発 や 建 築 が 抑 制 さ れ て い る の 時 代 も 不 動 産 業 者 は 「 ま だ 住 宅 価 最 も 多 く な っ て い ま す 。 こ れ は 住 宅 最 近 、 「 家 を 買 う な ら 今 」 と い う 「 市 街 化 調 整 区 域 」 が ご ま ん と あ り 格 は 上 が る 」 と 言 い ま す が 、 そ れ を 鵜 ロ ー ン の 利 用 条 件 の ひ と つ に 「 完 済 話 を よ く 聞 き ま す 。 2020 年 の 東 ま す 。 最 近 は 設 計 か ら わ ず か 2 年 で 呑 み に し て は い け ま せ ん 。 不 動 産 は 時 の 年 齢 」 か あ り 、 大 半 の 金 融 機 関 京 オ リ ン ピ ッ ク ま で 住 宅 価 格 は 上 昇 高 層 マ ン シ ョ ン か 完 成 す る ほ ど 建 築 必 ず ど こ か で 下 が り ま す 。 〈 ス 慌 て か 歳 を 目 安 に し て い る た め 、 如 代 す る と い う の か 理 由 の よ う で す が 技 術 が 進 化 し て い ま す の で 、 今 後 は て 住 宅 を 買 う 必 要 は 全 く な い の で す 。 後 半 に な る と 年 ロ ー ン な ど の 長 期 果 た し て そ う で し よ う か 。 む し ろ 私 ロ ー ン が 組 み に く く な る こ と が 一 因 は 、 こ れ か ら 住 宅 価 格 は 下 落 す る と だ と 思 わ れ ま す 。 見 て い ま す 。 し か し 、 サ ラ リ ー マ ン に と っ て 理 由 は 住 宅 の 供 給 過 剰 つ ま り 代 後 半 と い う の は 、 ま だ 会 社 で の 立 宀 り で す 。 す で に 日 本 の 空 き 宀 豕 率 場 や 、 人 生 の 方 向 性 が 定 ま っ て い な ( 総 住 宅 数 に 占 め る 空 き 家 の 割 合 ) は い 時 期 で す 。 子 供 の 数 が 増 え た り 、 全 国 平 均 で ・ 5 % 、 藜 示 都 で さ え 海 外 勤 務 に な っ た り 、 転 職 す る こ と ・ 9 % に 達 し て い ま す 。 少 子 高 齢 だ っ て 考 え ら れ ま す 。 ま た 、 そ の 当 化 の た め 空 き 家 は 今 後 も ま す ま す 増 時 の 住 宅 資 金 や 子 供 の 学 校 な ど の 制 え て い く の は 間 違 い あ り ま せ ん 。 空 こ の よ う な 土 地 が 宅 地 化 さ れ 、 急 速 約 が あ る た め 、 交 通 の 便 が あ ま り 良 家 を 買 う タ イ ミ ン グ は な 勢 い で 家 や マ ン シ ョ ン か 建 て ら れ き 家 が 増 え る 一 方 で 、 供 給 は さ ら に く な い 物 件 や 狭 小 な 物 件 、 ク レ ー ド 「 人 生 が 見 え た 時 」 増 え る 傾 向 に あ り ま す 。 た と え ば 日 て い く と 考 え ら れ ま す 。 の 低 い 物 件 を 買 っ て し ま い 、 あ と か 本 銀 行 の ゼ ロ 金 利 政 策 に よ っ て 、 住 つ ま り 、 供 給 過 剰 ど こ ろ か 超 過 剰 そ も そ も 日 本 人 は 家 を 買 う 意 思 決 ら 後 悔 す る ケ ー ス も 多 い と 思 い ま す 宅 を 供 給 す る 事 業 会 社 の 資 金 調 達 か 状 態 に な る 可 能 性 が 高 く 、 大 都 市 の 定 が 早 す ぎ ま す 。 国 土 交 通 省 の 「 住 そ れ で も 日 本 人 の 多 く は 最 初 に 買 容 易 に な っ て い る こ と が 挙 げ ら れ ま 都 心 部 の 駅 近 エ リ ア な ど ご く 一 部 の 宅 市 場 動 向 調 査 」 ( 2014 年 度 ) に っ た 家 に 一 生 、 住 み 続 け ま す 。 い わ 世 界 に 学 ぶ 最 強 の マ ネ ー プ ラ ン ~ 日 本 人 は 住 宅 を 買 う 2 今 月 の 0 PT 「 印 印 10 ・ 田 M 引 118

DIME (ダイム) 2016年 9月号 [雑誌]


つ の マ 2 」 部 下 や 後 輩 の 育 て 方 は い 0 力 い な く な る で し ょ 一 つ 。 ほ め る と い う 行 為 は 相 手 を 見 下 し て い る 『 指 示 待 ち 旌 の 誕 生 で す 」 岸 見 さ ん は 、 部 し 上 司 や 先 輩 と の 人 間 関 係 の あ り 方 は 、 そ の ま ま 、 部 下 や 後 輩 下 が 失 敗 し た 際 は 、 性 と の 人 間 関 係 に も 重 な っ て く る 。 次 の 3 つ の 対 応 を 後 輩 と の つ き あ い 方 、 育 て 方 も 取 る べ き だ と い う 。 る 危 ま た 、 職 場 で は 悩 み の 種 だ 。 ① 可 能 な 限 り の 原 な る つ 「 対 人 関 係 は ヨ コ 関 係 な の で 、 状 回 復 。 に れ ~ 見 怒 っ て は い け な い 、 と 言 い ま し ② 関 係 者 へ の 謝 罪 た よ ね ? こ う 言 う と 、 『 怒 っ ③ 同 じ 失 敗 を し な 族 分 て る ん じ ゃ な い 、 叱 っ て る ん だ 』 い よ う 話 し 合 う 。 ち 利 部 と 反 論 す る 方 が い ま す が 、 こ の 叱 っ て も 、 何 も 2 つ に 違 い は あ り ま せ ん 。 も し 、 解 決 し な い の だ あ な た が 部 下 を 叱 り 続 け て い る で は 、 部 下 は ほ め れ よ 、 と し た ら 、 き っ と そ の 部 下 は 、 町 わ 敬 叱 ら れ な い た め に 、 自 分 に 与 え 「 そ う で は あ り ま 下 ら 尊 ら れ た 必 要 最 低 限 の こ と し か し せ ん 。 ア ド ラ ー は ほ め る こ と も 欲 求 は 尽 き る こ と が あ り ま せ ん 」 部 と の こ ~ に 輩 否 定 し ま す 。 な ぜ な ら 、 ほ め る 会 社 に は 、 上 司 の 鵜 ( も し く こ と は 、 ク 上 か ら 目 線 % で 相 手 を は ポ チ ) の よ う な 人 間 が た く さ 求 後 見 下 し 、 評 価 し て い る と い う こ ん い る 。 彼 ら は 、 自 分 の 承 認 欲 続 欲 ~ や と だ か ら で す 」 求 を 上 司 に 利 用 さ れ 、 コ ン ト ロ り 認 下 岸 見 さ ん は 「 ほ め る 」 こ と で 、 ー ル 下 に 置 か れ て い る の だ 。 叱 承 部 相 手 を ダ メ に し て し ま う 恐 れ が ほ め て も ダ メ 、 叱 っ て も ダ メ あ る と 説 く 。 な ら ば 、 ど う 部 下 に 接 す れ ば い 「 ア ド ラ ー 心 理 学 で は 、 承 認 欲 い の か 求 を 否 定 し ま す 。 な ぜ な ら 、 承 岸 見 さ ん は 、 「 部 下 を 尊 敬 す 認 欲 求 に と ら わ れ た ー ー っ ま り る こ と 」 だ と = = ロ う 。 ほ め ら れ た い 人 間 は 、 他 人 か ら 「 冷 静 に 部 下 を 観 察 し て く だ さ 認 め ら れ た い と 願 う あ ま り 、 い い 。 き っ と 、 『 自 分 よ り 秀 で た つ の 間 に か 、 自 分 の 人 生 を 見 失 分 野 』 を 持 っ て い る は ず で す 。 っ て し ま う か ら で す 。 『 ほ め ら そ の 部 分 を 認 め 、 何 な ら 教 え を れ た い = 承 認 さ れ た い 』 と い う 請 う て も い い の で は ? 」 ア ド ラ ー は 「 叱 る 」 こ と も 「 怒 る 」 こ と も 、 決 し て や っ て は い け な い こ と と し て 否 定 す る 。 「 部 下 が 失 敗 し た 時 は 、 叱 ら ず に 、 そ の こ と だ け を 注 意 す れ は 事 足 り ま す 」 ( 岸 見 さ ん ) 上 司 が 部 下 を コ ン ト ロ ー ル す る 場 合 、 相 手 の 「 ほ め ら れ た い 」 と い う 承 靺 を 不 し て い る こ と が 多 い 。 0 ア ド ラ ー 心 理 学 的 SEPTEMBER 2016 DIME ー 102

DIME (ダイム) 2016年 9月号 [雑誌]


′ 出 会 え て よ 。 た ~ = 0 た ち 。 第 曾 ま 発 0 ロ ロ 日 日 ロ ロ ロ ロ ロ 日 呂 日 ロ 呂 ロ ロ 呂 日 ロ ロ ロ ロ ロ 日 呂 日 ロ ロ ロ ロ 日 呂 呂 ロ 日 呂 呂 ロ ロ 呂 ロ ロ 日 呂 日 ロ ロ 日 呂 呂 ロ 日 ロ 呂 と 見 え る 人 々 も 、 犯 の と 叩 い て 見 る ヒ 悲 と 招 き よ せ う 。 幸 せ 、 悲 し み ヒ し み と 克 し 屋 生 み も の な 0 た 小 山 薫 堂 用 箋 望 読 書 』 と い う 本 に 出 会 っ た 。 「 苦 悩 の 時 期 、 私 を 救 ベ ル ギ ー の 大 学 教 授 の 研 究 に よ れ ば 、 人 間 が 抱 く 27 種 類 の っ た 本 」 と い う 副 題 が つ い て い る 。 13 年 に 及 ぶ 絶 望 的 感 情 の 中 で 、 悲 し み と い う も の は 最 も 長 時 間 持 続 す る 感 情 ら し な 闘 病 生 活 を 匱 し た 頭 木 弘 樹 さ ん と い う 文 筆 家 が 「 人 は 絶 望 い 。 喜 び 、 怒 り 、 苛 立 ち 、 驚 き 、 感 動 、 恥 ず か し い と い っ た 感 し て い る 時 に こ そ 、 絶 望 の 文 学 が 必 要 」 と い う 想 い か ら 上 梓 し 情 の 、 実 に 240 倍 も 長 引 く と い う か ら 厄 介 だ 。 し か し 、 悲 し み に は 大 き な 役 割 が あ る 。 そ れ は 、 喜 び を 生 み た 、 文 学 紹 介 本 で あ る 。 出 す と い う 役 割 。 サ ル か ら ヒ ト に 進 化 す る 過 程 に お い て 、 悲 し そ れ な り に ポ ジ テ ィ フ 。 思 考 の 自 分 に は 、 最 も 縁 の な い 本 だ と み を 一 緒 に 感 じ る こ と で 仲 間 内 の 結 東 が 高 ま り 、 喜 び を 共 有 す 思 っ た の だ が 、 読 み 進 め て い く う ち に 興 味 が 湧 い て き た 。 そ の き っ か け と な っ た の が 、 こ の 本 の 冒 頭 に 綴 ら れ て い た ガ ン ジ ー る こ と が 文 明 の 創 造 に つ な が っ て い る と い う 。 そ う 考 え る と 、 悲 し み と い か に う ま く つ き あ う か が 、 人 生 を の 言 葉 だ 。 豊 か に す る コ ツ の よ う に 思 え て く る 。 自 分 の 中 に い く っ か の 絶 「 幸 せ だ け を 追 い 求 め る 心 が 、 悲 劇 を 招 き よ せ る 。 幸 せ は 、 悲 望 文 学 を ス ト ッ ク し て お く こ と は 、 悲 し み を 乗 り 越 え る た め の し み と 苦 し み を 克 服 し た 心 が 生 み 出 す も の な の だ 」 こ の 言 葉 に 出 会 っ た 瞬 間 か ら 、 こ れ ま で 自 分 の 中 で 熟 成 さ せ 最 良 の 備 え と 言 え る だ ろ う 。 自 分 の 中 に も す て き な 悲 し み カ 駐 み 着 い て い る こ と を 夏 目 漱 て き た 幸 福 論 が 何 だ か 薄 っ ぺ ら な も の に 思 え て き た 。 悲 し み や 苦 し み を で き る だ け 避 け て 、 楽 し い こ と ば か り を 追 求 す る 生 き 石 の 言 葉 で 思 い 出 し た 。 「 呑 気 と 見 え る 人 々 も 、 心 の 底 を 叩 い て 見 る と 、 ど こ か 悲 し い 方 は 、 も し か す る と い い 人 生 と は 言 え な い の か も し れ な い 。 悲 し み や 苦 し み は 人 の 心 を 豊 か に す る 重 要 な 要 素 だ か ら だ 。 音 が す る 」 ん Ⅷ ん れ 4 放 送 作 家 。 脚 本 家 。 N35 主 宰 。 東 北 芸 術 工 科 大 学 デ ザ イ ン 工 学 部 企 画 構 想 学 科 長 。 「 世 界 遺 産 」 「 料 理 の 鉄 人 』 「 お く り び と 」 「 く ま モ ン 」 な ど 、 数 多 く の ヒ ッ ト を プ ロ テ ュ ー ス 。 平 成 28 年 熊 本 地 震 の 復 興 支 援 「 FOR KUMAMOTO PROJECT 」 を 立 ち 上 げ た 。 SEPTEMBER 2016 DiME ー 146

DIME (ダイム) 2016年 9月号 [雑誌]


5 人 気 講 師 水 野 稚 さ ん が 本 当 に 使 え る 日 常 & ビ ジ ネ ス 英 語 学 習 サ イ ト 教 室 に 通 わ な く て も い い ん で す 地 地 S で c.- と ! 語 習 、 英 学 グ ロ ー バ ル ビ ジ ネ ス に 有 利 な 『 品 格 の あ る 英 語 』 . な ら BBC— 択 Z メ 丿 歴 天 地 に 自 め ア メ 加 ー 始 ) で 英 語 の 達 人 に ! Shakespeare teachers Le 、 5 ⅸ 6 わ y ー u 新 e ・ 0k5 ー 第 5 れ ・ BBC Learning EngIish www.bbc.co.uk/learningenglish/ BBC 放 送 が 運 営 。 最 新 ニ ュ ー ス を 教 材 に し た リ ス ニ ン グ や 6 分 間 英 語 、 ド ラ マ 風 の 英 会 話 動 画 、 発 音 な ど の コ ン テ ン Drama: The White Elephant ) Ne Report ッ カ 統 実 。 原 や テ キ ス ト PDF も 無 料 で 手 に 入 る の で TO 日 C を 0 0 ・ 、 を 0 坊 ー ・ youw 新 第 you e 学 習 に も 彳 竝 つ 。 日 本 語 夛 謝 応 が 雎 ー の 点 。 町 池 れ SP 愴 ⅸ バ ラ エ テ ィ ー ノ リ の 講 師 が 英 語 の レ ベ ル で 選 べ る ネ ン 電 英 語 十 日 本 語 で 指 導 ! 日 本 語 ル ビ 付 き 動 画 で 学 習 ! ☆ ☆ ☆ し . ☆ ☆ ☆ ネ ア ン デ ル 学 一 ル 人 ~ サ イ エ ン ス ・ ト ラ マ 世 ー . 廴 冖 lesson News Review 88C EngIish 0 5 [ 川 gw 珖 可 ( び EngIish 0a3 ・ ・ ヒ 阜 - ー タ 版 」 ス へ ン ヤ ル ~ ル ビ ま 編 集 済 み ~ 英 の 歳 ー 〒 い ま す 感 謝 の # 10 し 学 ☆ ☆ ☆ ー お 00 「 恤 ー 0 EigoEgg EEvideo 豊 し ほ し 適 る す に れ や 習 さ び 学 示 学 語 売 も か で ど 訳 学 な ビ 独 英 語 力 が あ れ は ー 、 日 も 苦 手 な ら 気 軽 さ て 選 べ 「 に 法 数 あ る 英 語 学 習 サ ー ビ ス の 中 ・ ー 丿 オ 習 匁 咩 か ら 、 英 語 教 育 の プ ロ が 推 す の 毛 ン を メ 画 は 、 運 営 の 無 料 講 座 だ 。 ュ 動 の キ な 率 「 は 無 料 の イ メ ー シ を 変 ド 富 効 え る ほ ど 完 成 度 が 高 く 、 必 要 な テ キ ス ト ま で も フ リ ー で 入 手 で 語 側 効 き ま す 。 日 本 語 表 記 が な い の で 、 教 英 語 力 が な い と 使 い 方 が わ か り 日 一 に く い の が 弱 点 」 ( 英 語 な レ 現 の 一 = ロ 学 校 代 表 ・ 水 野 稚 さ ん ) 。 英 語 が 苦 手 な ら 、 「 EigoEgg 」 の よ E テ う な 流 し つ ば な し で 学 べ る お 気 0 イ 的 赴 ネ 端 少 軽 系 が お す す め だ と い う 。 る く 習 あ 良 学 「 相 性 の い い 学 習 法 は 無 理 し な 0 の リ 一 く て も 長 続 き す る も の 。 と に か ら タ く 試 し て く だ さ い 」 ( 水 野 さ ん ) カ ス 日 え 動 ま さ に そ れ が 0 円 の 魅 力 だ 。 - = ロ = ロ ME [ S 英 語 学 校 代 表 水 野 稚 さ ん 東 京 大 学 大 、 オ ッ ク ス フ ォ ー ド 大 で 英 語 教 育 な ど を 学 び 、 大 手 企 業 や 大 学 で の 英 語 講 自 呈 験 も 豊 富 。 取 材 ・ 文 / 安 藤 政 弘 撮 影 / 藤 岡 雅 樹 SEPTEMBER 2016 DIME ー 48