検索 - みる会図書館

全データから 209358件ヒットしました。

ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い


そ も そ も 一 口 に 「 民 主 主 義 」 と い う が 、 、 す グ ロ ー バ ル な 世 界 標 準 の 魲 一 一 。 泰 【 鰲 「 民 主 主 義 」 ガ あ る わ け で は な い 物 国 ご と に 民 主 主 義 の ' ' 》 ( 成 り 立 ち 方 は 違 う 。 を ・ 、 を ・ 当 然 、 儲 ア メ リ カ の 民 主 主 義 と 一 畿 一 ' 日 本 の 民 主 主 義 は 、 全 く 違 っ て い る 。 、 第 だ か ら 安 倍 首 相 の 「 日 本 と ア メ リ カ は 民 主 主 義 亡 い う 同 し 価 値 観 を 有 す る 」 と い う 発 言 は 、 完 全 に 間 違 っ て い る 。 フ ラ ン ス も 同 様 、 民 主 主 義 は 「 価 値 」 で あ り 、 「 イ テ オ ロ ギ ー 」 な の だ 。 一 方 、 日 本 の 民 主 主 義 は 「 価 値 」 で は な い / 「 制 度 」 で し か な い の だ / ア メ リ カ の 民 主 主 義 は 、 世 界 に 普 遍 化 し よ う と す る 「 価 値 」 で あ り 、 キ リ ス ト 教 的 な 宣 教 主 義 と 一 体 化 し て い る 。 236

ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い


占 領 下 教 書 眠 主 主 義 』 の 洗 脳 第 19 早 , 。 第 0 ツ を い 。 病 と 民 最 近 出 た 主 主 義 を 全 に 宗 教 化 し て 『 民 主 主 義 』 と い う 一 新 書 だ 。 し ま っ て い る / 「 民 主 主 義 を 正 し く 学 び 、 確 実 に 実 行 ′ 宀 す れ ば 、 繁 栄 と 平 和 と が も た ら さ れ る 。 」 反 対 の 場 合 に は 、 人 類 の 将 来 に 戦 争 と 破 滅 と が 待 っ て い る 。 」 「 大 げ さ な 言 い 方 で も な ん で も な く 、 民 主 主 義 は 文 字 通 り 生 か 死 か の 間 題 で あ る 。 平 和 と 幸 福 と を 求 め る 者 は 、 何 を お い て も 、 ま す 民 主 主 義 の 本 質 を 正 し く 理 解 す る こ と に 努 め な け れ ば な ら な い - ■ 第 ( 民 主 主 義 を 信 じ 受 け る っ て か お ぞ ま し い 本 を 読 ん で し ま っ た 。 た た 259

ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い


6 吉 野 作 造 は 、 民 主 主 義 が 天 皇 制 を 否 定 す る 危 険 思 想 に な る こ と を 懸 念 し て 、 「 民 本 主 義 ー と い う 語 を 使 用 3 す る の た が 、 慧 眼 て あ っ た 。 美 濃 部 達 吉 は 、 主 権 は 天 皇 に も 国 民 に も な く 、 国 家 に あ る と し た が 、 こ れ も 見 事 な 解 釈 た っ た だ が 、 キ リ ス ト 教 国 て 生 ま れ た 「 民 主 制 は 、 た あ ま ち 「 民 主 主 義 ー と い う イ デ オ ロ ギ ー と 化 し て 、 宣 教 主 義 的 に 他 国 へ 布 教 す べ き 宗 教 に ま て 化 け て し ま っ た 。 そ の 影 響 を 日 本 ま て が 受 け る こ と に な っ た の て あ る そ し て 現 代 て も 、 ア メ リ カ は イ ラ ク の フ セ イ ン 体 制 を 崩 壊 さ せ れ ば 、 中 東 の 国 々 て 「 民 主 化 ド ミ ノ 倒 し ー が 起 こ る と 主 張 し て 侵 略 戦 争 に 突 き 進 み 、 イ ラ ク を 破 綻 国 家 に し て 、 テ ロ リ ス ト を 増 産 し 、 イ ス ラ ム 国 と い う 野 蛮 集 団 ま て 生 ん て し ま っ た 。 あ る い は 世 界 中 の 民 主 主 義 信 者 は 、 て 立 ち 上 が っ た 若 者 が 中 東 を 民 主 化 さ せ る と 喧 伝 し て 、 中 東 全 域 を 無 秩 序 の カ オ ス に 落 と し 込 ん て し ま っ た こ の よ う な 民 主 主 義 へ の 妄 信 は 「 難 病 」 と し か 言 い よ う が な い 今 や 「 民 衆 こ そ が 主 人 ー と い う イ デ オ ロ ギ ー は 、 ま だ 勤 労 の 義 務 も 果 た し て い な い 歳 の 若 者 に 選 挙 権 を 与 え る こ と に な っ た が 、 そ れ て は 歳 は 民 衆 て は な い の た ろ う か ? 一 体 ど こ ま て の 年 齢 が 民 衆 と 言 え る の か ? 小 学 生 が デ モ を し 始 め た ら 、 こ れ も 民 主 主 義 と 認 め る の た ろ う か ? リ べ ラ ル 左 派 の 人 々 は 、 高 校 生 の 政 治 活 動 を 自 由 に 行 わ せ る べ し と 主 張 す る が 、 政 治 活 動 Ⅱ デ モ た と す る な ら 危 う い と 言 わ ざ る を 得 な い 民 主 制 の 基 本 は 、 ま ず は 議 論 だ ろ う 。 け い が ん

ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い


若 者 麒 民 主 主 義 社 会 病 と 民 う 主 サ ン ジ ェ ル マ ン ・ テ ・ プ レ 切 」 ー ぎ ー を 「 カ フ ェ ・ ド ・ フ ロ ー ル 」 に ー 、 . 新 も 行 き た か っ た の だ が い 女 性 陣 は モ ン バ ル ナ ス の ワ レ ー プ 通 り に Ⅱ 目 、 " Ⅱ 町 行 き た い と 言 う 。 車 を チ ャ ー タ ー し て 、 、 ハ リ の 市 内 観 光 を し た 。 ・ 、 「 2 ' ー 27

ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い


S P E 0 ー 民 主 主 義 と い う 病 い 小 林 よ し の り ~

ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い


民 主 主 義 と い う 病 い 小 林 よ し の リ 幺 7 冬 舎

封建主義者かく語りき


封 建 主 義 は 民 主 主 義 の ネ ガ で あ る そ れ は 、 封 建 主 義 と い う 言 葉 ・ 思 想 は 、 封 建 主 義 の 最 中 に 使 わ れ た わ け で は な く 、 封 建 時 代 が 終 わ っ た あ と に 、 ふ り か え っ て 総 括 さ れ 命 名 さ れ た も の だ と い う こ と で あ る 。 封 建 制 度 な る も の は 、 た し か に あ っ た 。 し か し 、 主 義 と い え る よ う な 「 主 義 」 と し て の 封 建 主 義 は 、 封 建 時 代 に は な か っ た は ず だ 。 古 代 氏 族 制 を 打 倒 せ ん と し た 人 々 が 、 ″ 封 建 主 義 者 〃 と し て 闘 い を 開 始 し た わ け で は な い 。 ま た 封 建 時 代 の 進 歩 主 義 者 が 、 「 近 頃 は 、 封 建 主 義 に 反 す る よ う な 危 険 な 動 き が 出 て い る 。 我 々 、 若 者 は 、 し つ か り と 封 建 主 義 を 擁 護 し て い こ う で は な い か ー な ど と い う 議 論 を し て い た と も 思 え な い 。 封 建 主 義 と い う 言 葉 は 、 封 建 時 代 の 人 々 が 自 分 た ち の 主 義 主 張 に つ け た 名 称 で は な く 、 封 建 時 代 が 終 わ っ た あ と に 、 次 の 時 代 を 担 わ ん と す る 民 主 主 義 者 が 、 封 建 時 代 全 般 を ひ つ く る め た フ ン イ キ の 名 称 と し て 、 言 い だ し た も の な の で あ る 。 一 方 、 民 主 主 義 者 は 、 自 ら の 主 義 と し て 、 積 極 的 に 民 主 主 義 を 主 張 し た の で あ る 。 こ う い う ふ う に 考 え れ ば 、 何 故 、 封 建 主 義 と い う 言 葉 が 曖 昧 で あ り 、 暗 い イ メ ー ジ に よ う ) 一

封建主義者かく語りき


3 封 建 「 主 義 」 は な か っ た 「 広 辞 苑 』 に 「 封 建 主 義 」 は な い 封 建 主 義 は 民 主 主 義 の ネ ガ で あ る 4 民 主 主 義 っ て 何 だ フ ラ ン ス 革 命 は 自 由 ・ 平 等 ・ 同 胞 愛 だ っ た 国 家 は " 借 家 」 で 十 分 で あ る 5 自 由 と 平 等 は 封 建 主 義 で 解 決 で き る 言 論 の 自 由 と 寛 容 と い う 徳 と の ち が い 自 由 の 国 リ ペ リ ア の 不 平 等 第 二 章 我 、 封 建 主 義 を 発 見 せ り 「 土 佐 の 一 本 釣 り 」 は 民 主 主 義 で あ る 東 洋 プ ー ム は 、 儒 教 を 忘 れ て い る 封 建 主 義 の 核 は 儒 教 で あ る 第 三 章 封 建 主 義 の 可 能 性 は 無 限 大 で あ る ・ 封 建 主 義 に も ″ 個 〃 は 存 在 す る

封建主義者かく語りき


3 封 建 「 主 義 」 は な か っ た 「 広 辞 苑 』 に 「 封 建 主 義 」 は な い 封 建 主 義 は 民 主 主 義 の ネ ガ で あ る 4 民 主 主 義 っ て 何 だ フ ラ ン ス 革 命 は 自 由 ・ 平 等 ・ 同 胞 愛 だ っ た 国 家 は " 借 家 」 で 十 分 で あ る 5 自 由 と 平 等 は 封 建 主 義 で 解 決 で き る 言 論 の 自 由 と 寛 容 と い う 徳 と の ち が い 自 由 の 国 リ ペ リ ア の 不 平 等 第 二 章 我 、 封 建 主 義 を 発 見 せ り 「 土 佐 の 一 本 釣 り 」 は 民 主 主 義 で あ る 東 洋 プ ー ム は 、 儒 教 を 忘 れ て い る 封 建 主 義 の 核 は 儒 教 で あ る 第 三 章 封 建 主 義 の 可 能 性 は 無 限 大 で あ る ・ 封 建 主 義 に も ″ 個 〃 は 存 在 す る

ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い


あ と が き そ も そ も 民 主 主 義 か ら ヒ ト ラ ー の 独 裁 が 生 ま れ た と い う 、 今 や 常 識 の は ず の 知 識 す ら 、 民 主 主 義 を 愛 し て や ま な い 人 々 に は 欠 け て い る 。 民 主 主 義 を お 題 目 の よ う に 唱 え る 人 々 は 、 民 主 主 義 さ え 貫 け ば 、 戦 争 を 防 ぐ こ と が て き て 、 平 和 が 生 ま れ る と ま て 妄 信 し て い る の だ が 、 も は や 「 狂 信 ・ カ ル ト に ま て 達 し た 愚 民 と 言 う し か な い 一 般 的 な 辞 書 的 解 釈 て は 、 デ モ ク ラ シ ー と は 「 民 主 制 」 あ る い は 「 民 主 政 の こ と て あ り 、 古 代 ギ リ シ ア 起 源 の 政 体 分 類 の 一 つ て あ る 。 デ モ ク ラ シ ー の 「 デ モ ス 」 と は 民 衆 の こ と た が 、 本 来 は ギ リ シ ア の 共 同 体 と し て の ポ リ ス に 属 す る 人 々 の デ モ ク ラ シ ー の 「 ク ラ テ ィ ア 」 と は 支 配 ・ 統 治 の こ と た 。 つ ま り デ モ ク ラ シ ー と は 「 民 衆 が 統 治 す る 政 体 に 過 ぎ な い 「 -cracy 」 と い う 接 尾 辞 は 「 〇 〇 制 」 と 訳 さ れ る も の て あ り 、 「 democracy 」 な ら 民 主 的 な 制 度 ・ 政 体 と い う 意 味 て あ る 。 」 sm 」 の 接 尾 辞 を 持 っ 語 を 「 〇 〇 主 義 」 と 訳 す が 、 民 主 主 義 な ら ßdemocratism と な っ て 、 強 硬 な イ デ オ ロ ギ ー に な っ て し ま う 。 「 民 主 主 義 ー と い う 言 葉 自 体 に 「 病 い 」 が 内 包 さ れ て し ま う の た デ モ ク ラ シ ー と い う 単 な る 制 度 が 、 フ ラ ン ス 革 命 に よ っ て 「 民 衆 こ そ が 主 人 ー と い う イ デ オ ロ ギ ー に 転 化 し て し ま っ た た め に 、 こ れ を 日 本 に 導 人 す る 時 に 当 時 の 知 識 人 は 困 っ た こ と だ ろ う 。 325