検索 - みる会図書館

全データから 154731件見つかりました。
1. 長谷川伸全集〈第15巻〉

戯曲 - 臉の母を

2. 漢語林 改定版

死体をさらしあにする。 3 つみ。ばつ。刑罰。「刑戮」④は ずかし 0 。また、はすかしめ。はじ。恥辱。「戮辱」 6 あわせる。 2 たわむれる戈 日キ「真 xi 力をあわせる。日勠刎。「戮力」 6 あらあらしい。 ①と。とびら、片開きのと。 2 家・ヘやの出入り口。かでち。 ロ①コ・〇クき h ロ 形声。戈 + 寥。音符の寥は、卯に通じ、一一とぐち。 3 家。また、へや。②家屋を数える語。戸数。 6 と 文上、 戸 ギ・ゲ 篆ク・つにひき、の意味。ほこで殺すの意味を表、 A め 0 。 6 飲酒の量。「上戸」「下戸」朝」。住 民。 3 あや模様のあるさま。国へ。家。人家。 客困いえ・かど・ど・ひろ・べ・もり第戸木」・戸来き・ 【戮辱】クはずかしり 0 。また、はじ。恥辱。 象形。甲骨文でよくわかちに、 一曰①たわむれる繿。⑦興じ遊ぶ。おもしラ、遊ぶ。「球戯」【戮没】男殺し滅ほす。 リクらからを力を合わせる。協力。勠カ 片開きの「と」の象形で、「と」の意 翌戸篆戸 2 ④ふざける。汚る。「悪戯」⑦もてあそぶ。いたらする。【戮カ】リ , ク・あわ ( は ) す 味を表す。戸を音符に含む形声文字に、雇ある。 2 なぐさみものにする。 2 たわむれ繿。おン。遊び。冗談。 藏〒臣部ミージ。 マ塩戸・下戸・丐戸・蟹戸・岩戸・雁戸萼・魚戸・柴 3 演技。芝居。また、演技をする。芝居をする。④旗。旗さし 画 もの。ああ。褻息の声。また、息を吐く。国ざれる 戸誓・妻戸・酒戸・上戸・井戸・折戸・竈戸・大戸・袋 セン戦 ( 2394 ) の旧字体。↓一元一一ページ。 戸・釣戸・納戸ン・編戸・木戸・民戸・門戸・瑁戸咢 ⑦たわむれる。④あだめく。◎おもさがある。 冐〔戲〕は俗字。 【戸戸 = 家々。家こと。どの家も。毎戸。 ギ戯 ( 2398 ) の旧字体。↓上段。 【戸口】「ウ①戸数と人口。家の数と人の数。②国出 冖入りぐち。 ①いただく。⑦頭の【戸税】お家ことに取り立てる税。 「篆薗」、虚 = 通じ、むなし〔 0 意味。むな 0 △タイ däi 【戴 上にのせる。「負戴」④【戸籍 = キ①戸数・人口をしるした帳簿。人別帳。②国 戸しいほこ、実戦ではない軍楽の意味を表し、さらに転じて、戈 たわむりあ意味を表す。また、なけ ~ あ声の擬声語として尊んでおしいたな。あが「推戴」◎ありがたくうける。一組の夫婦を中心に、その家族の本籍地・家族関係・生 「頂戴」 2 ふえる。増加する。国いただく。⑦目よりも高年月日などしるした公文書。戸口。 戴も用いられる。 【戸庭イ門戸と庭。戸口や庭先。また、門から内をいう。 戲マ悪戯・演戯・赫戯物ク・暿戯鞠戯特ク・球戯・言戯・児く物をささける。④「貰〉う」の敬語。 戯・調戯・遊戯 形声。戮 + 異。音符の異は、鬼頭の面を【戸部】た①役所の名。尚書省の六部カクの一つ。国中の 田舁 つけ両手をあけている人の象形。戮は、載に戸口・租税な坦つかさどった。②国昔、民部省の唐名。 戦【戯下はた」。麾下旗下。①大将の旗のあるとこ篆 通じ、のせるの意味。鬼頭の面を頭にのせるように、のせる・【戸別 = ッ家こと。軒別。毎戸。 戮ろ。②大将に直属する家来。 いを々の意味を表す。 【戯画 ( 畫 ) , ①たわむれに描いた絵。②こつけいを 【戸△膈】〉ウいりくを」窓。瑁は、壁にあけた J 。 主とした絵。世の中を風刺するために描いた絵。漫画。 日厄舛。①くるしむ。 なやむ。くるしみ。なやみ。 【戯△謔「ヤクたわむれる。汗る。ふざける。 【戴冠式】彡西洋ミ皇帝が位 = 「くと = 、帝王 0 象、【《① , ク 【戯曲】特 , ク①芝居の筋書き。演劇の脚本。台本。②主【戴星】羇・ 2 く星を空にいた、朝早く家を出、夕方 2 わざわい。災難。危難。 3 せまい。せまくるしい。②乏しい。 「り。老人。 一として会話と人物の行動とで表現される文学作品。ドラおみく家に帰ること。 「入日 - 尺象形。金文は、くびきの象形。軛の 囲【戯劇キしばい。演劇。 L マ。【戴白】頭に白髪をいたタ、こと。しらが頭。また、年寄金 ギノ・たわむれのことば。冗談。戯語。 ま苦しい感じが ? 」ころから、せまい・くるしむの意味を表 【戯言】ゲ す。 【戯作「ク①たわむれに作る詩文。②国第江戸時代、 画娯楽小説類の総称。「戯作者」 ①レイ 戸 ( 戸 ) 部 0 園もどす・ 【戯水イ川の名。陝西省臨潼見県の東。 ライ 戸【戻 もどる 【戯西イ戯水の西。 【戯談ン冗談をいう。また、冗談。 〔部首解説〕とだれ。ん 3 。とのと。戸を意符と筆ラ一尸戸戻 部【戯文】第①芝居の筋書き。演劇の脚本。②たわむれに して、とびら、住居、住居に付属するものに関する文字がで ①もとる。そり、たがう。 2 よじる。よじれる。ねじまける。ね 戈書いた文章。滑稽文究ケイ。狂文。 きている。 じまがる。 3 てあらい。あらつほい。むこい②つみ。罰。 6 む 【戯△弄】ウたわむれもてあそぶ。戯玩笋。 さほる。よくばる。 6 いたる ( 至 ) 。行く。来る。朝 A まる。 3 ①コ 【謇 hü 2 ゴ 【戮デ第 国①もどす。⑦返す。④はく ( 吐 ) 。 2 もどる。かえる。 る。「殺戮」 2 具戸 戈 11 2399 4 0 戸

3. 小説すばる2020年12月号

しょ の外気に、再び深い溜息を溢した。 薫さんは、前を向いたまま話していた。 薫さんは腰に手を当て、「ほら、と自信「薫さん、しよっちゅう悪戯仕掛けてきまいつも笑顔を絶やさない薫さんが、今は真 満々に眼鏡を指差す。 すよね。この前の、ちびっ子軍団を引き連剣な表情をしていた。 「 : : : 何で真面目を装う必要があるんですれて水鉄砲で追い回されたこと、あれ結構「何かが変わるかどうかは、やってみない か」 恨んでますから」 と分からないんだけどね」 「装うって失礼だなあ , と薫さんはほゃい 「あれはいいじゃん。夏なんだし」 薫さんがにこりと笑った。言葉の真意は いたずら た。「まさかこんな真面目そうな人が悪戯「夏だから人をびしょ濡れにしていいわけ分からなかったけど、悪戯を正当化するた きべん を仕掛けるなんて、人が思うはずがないかないでしょ ! 」 めの詭弁なんかではない、ということは分 らだよ」 かった。 「まあまあ、駄目なことをするのが悪戯だ 「え、悪戯 ? 」 から」 今日の悪戯は、何かがいつもと違うよう しい、カ、らしいカ、ら 「まあ、 だった。 「悪戯は良くないです」 「良くないです。悪戯って、何する気です俺が憤然として言うと、先までケラケラ 笑っていた薫さんがふっと肩を落とし、そそのまま十五分ぐらい歩いただろうか 「ちょっと忍び込むだけだから、大丈夫ーして今度は静かに話し始めた。 薫さんは足を止めた。 「忍び込む : : : 忍び込む ? それって不法「悪戯ってさ、そのあと何が起きるか分か「着いたよ」 侵入じゃないですかー らないんだ」 ん」 それはも、つアウトじゃないかそんなこ 声のトーンが大きく変わったことに戸惑俺はその見慣れた建物を見て絶句してし 亠ま、つ とを自分に手伝わせようとしているのか、 、俺は話の先を待っことしか出来ない。 と俺は薫さんに一種の戦慄を覚える。 「逆に言えばさ、何かが起きてほしい、、 変「 : : : 悪戯するって、まさかここに ? 「そんなわけないじゃん。心外だなあ」 わってほしいから悪戯を仕掛けるんだよ「うん。何だかワクワクしない ? 」 「いや、でも今忍び込むって言いましたよね。好きな人にちょっかいかけるとかも、 暗闇の中、わずかな光を反射する校章が ね , きっとそういうこと。これって結構強い気目に入った。そのマークは、俺の高校の制 そう追及するが、薫さんはいじけるよう持ちなんだ。だから、悪戯って必要な物な服にも縫われているものだ。 にそっほを向いてしまった。こうなると、んだろうなって昔から思ってるの。信じて つまりここは、俺が毎日通う高校だっ きっと何も教えてくれないだろう。俺は夜いると言ってもいいのかもしれない」 , 刀ー 、」 0 232

4. 明解日本語アクセント辞典 第2版

タレン ~ タンク 歹ロー太郎【男名 ) → 25 歹レント , タレント talent → 9 442 コタロー ・タロー ・・タロー ・・だん・・・・段 ( 数 ) → 34 , 35 タンアタリ反当り→ 12 ダンアッ弾圧→ 8 ダンアン断案→ 8 歹ンイ単位→ 7 歹ンイ暖衣 ( ~ 飽食 ) , 段位→ 7 タンイショー , タンニショー歎異抄 ( 書 ) 彗ター - 太郎 ( ヤタロー弥 ~ , モタロー桃 コータロー光 ~ , キンタロー金 ・・・だろう【助動 ) ( ナクダロー , ナグダ ダロー , ~ ) ー刃 6 ダロー ハヂダロー花 ~ , デメダロー雨 ~ ) ・・・だろう【助動 ) ( トリダロー鳥 ~ ・ダロー ; ダロー シ司イダロー白い ~ ) → 82 , 84b アカイダロー , ア五イダロー赤い ~ ロー泣く ~ ムダロー読む ~ タンイツ単一→ 8 ダンイン団員→ 8 歹ンウ弾雨 ( 砲煙 ~ ) → 7 ダンウン断雲→ 8 L 一 4 → 81 「一 5 a タ五一カジャ , タジャ太郎冠者 歹ワイ , タワイ , 歹アイ , タアイ ( ~ が 無い ) 歹ワイナイ , タワイナイ , 歹アイナイ , タアイナイ→ 54 タワケ戯け ( この ~ め ) → 2 タワケモノ , タワケモノ , タワケモノ戯 け者→ 12 タワケル戯ける→ 43 タワゴト戯言→ 5 タワシ束子→ 1 タラム撓む→ 44 タワムレ , タワムレ戯れ→ 2 タワムレル戯れる→ 43 タワメル撓める→ 44 タワラ俵→ 1 タワラヤ ( ・ ) ゾータッ , タワラヤ・ 屋宗達→ 94 , 24 , 27 タワワ , 歹ワワ ( 枝も ~ に ) → 57 タラ痰→ 6 タンオン , 歹ンオン単音→ 8 タンカイ短音階→ 15 タンカ炭化→ 7 歹ンカ担架 , 単科 , 単価 , 短歌→ 7 タンカ啖呵 ( ~ を切る ) → 7 ダンカ擅家→ 7 歹ンカ団歌→ 7 タンカー tanker → 9 ダンカイ段階→ 8 ダンガイ弾劾 , 断崖→ 8 ダジインゼッ弾劾演説→ 15 ダンガイサイバンショ , ダンガイサイバ ンショ弾劾裁判所→ 17 タンカイトー探海燈→ 14 タンカスイソ炭化水素→ 15 タンカダイガク単科大学→ 15 タンガン嘆 ( 歎 ) 願 , 単眼→ 8 ダジガラ弾丸→ 8 歹ンキ短気 , 短期 , 単記 , 単軌 , 単騎 , 単 歹ンキ暖気→ 7 ダジ歹ンギ談義→ 7 L 機→ 7 俵 「→ 6 歹ン丹 , 胆 , 単 , 炭 , 反 , 段 , 短 , 嘆 , 歎 , 端 歹ン団 , 男 , 段 , 断 , 暖 , 談 , 壇→ 6 コダン・・・・団 ( シダン使節 ~ ) , ( ゴジッダン後日 ~ ) → 14 ・・・弾 ( ショ = イダン焼夷 ~ ) , ーは高い部分 -- - と " ・は高低が変る部分 タジ手・万ンタジカン短期間→ 15 タンキダイガク短期大学→ 15 タンキトーヒョー単記投票→ 15 タンキュー探求 , 探究 , 単級→ 8 ダ互ニ段丘→ 8 タンキョリ短距離→ 15 タンク短身區→ 7 tank → 9 タラ・ステン tungsten → 9 は次が下がる符号→は法則番号参照

5. 三省堂漢和辞典 第3版

【虜兵】 O とりこの兵。捕虜。俘フ虜〇敵品〇江戸時代の後期に行われた娯楽小【慮外】 O 思いがけず。案外。意外〇もっ一虧イ O かけるとみちると〇三日月と てのほか。無礼 満月と〇事の十分なのと不足なのと 兵〇蛮人の兵隊「〇とりこになった大将説類の総称 △仰慮、哀慮、思慮、追慮、遠慮、憂慮〔虧損舜ン欠け損ずる「 0 資本金を損する 【虜将】韶ウづ虜將 O 蛮人の大将 0 敵将【戯作者】ク戯作を作る人。小説家 もと又〇日睿↑ェイ 0 明ら一虧蝕訴ル O 日や月が欠ける。日食や月食 【虜掠ク日虜略。とりこにする。かすめ一戯弄ウⅡ戯玩たわむれもてあそぶ 奪う か。深く明らか 0 天子に関するこ具戲戯〔Ⅱ〕の旧字具虞】 ( 虞丁 9 「〇敵の陣営【戯画】う戲畫。戯れにかいた絵。こ 0 けいな 里叡丁 【虜営】 1 虜營〇蛮軍の宿泊している所絵。漫画。戯絵 「書いた作品とがらの冠称「ー感、ー聞、ー慮、ー覧」具慮Ⅱ 【虜騎】敵の > 蛮人の > 騎馬武者 戲〔Ⅱ〕の俗字具膚Ⅱ 【戯書】溿ョ〇いたずらがき。らくがき〇戯れにすぐれた「ー才」 里戲籤〔Ⅱ〕の旧字 【虜艦】 O 敵の船〇蛮人の軍艦 【戯場】日戯院晉戯園をしばいごゃ。劇一叡旨イ天子のおばしめし △囚虜、臣虜、降虜、敵虜 虧丁 【戯語】たわむれのことば。じようだん〔場一叡敏】知力がすぐれてものごとがすばやい婁盧丁 具獻嶽 ( の旧字 〔叡智イレ英知Ⅱ叡明深い知恵。す丁貶 もと目 9 〇Ⅱ叡↑ェイ (D 明ら【戯談】笋おどけ。じようだん ぐれた知性〇哲学用語の一 か。深く明らか 0 天子に関するこ〔戯謔一舞たわむれる。おどける。ふぎける とがらの冠称「ー慮、ー覧」 △児戯、悪戯、球戯、遊戯、演戯、雑戯一叡聖深く事理に通じてあきらかなこと 貶【戯】一戲丁Ⅱ 一睿知イⅱ睿明行。知恵がすぐれ、道理に【處 ( ) の旧字 L 明るい もと鬲 6 ケン・カン O 鬲えの もと肉Ⅱフ () ハダ。ハダ工 ( 0 。 ( 睿哲一勞聖哲 もと老 0 〇攷は古字 @コ Ⅱ【膚】 2 【考】考 皮膚。膚身。肌 3 身 0 物の表面@ 【睿聖文武イ知徳が備わり、文武のす ( カ ) ウ 0 カンガえ ( へ ) る④思い ぐれたこと、天子をほめる語 薄い@四本の指をならべたはば大きい 貶【虜】↓ 9 をめぐらせる @調べる。きわめる 6 研究する 一睿謨燾イ O 天子のはかりごと〇深く、さと【膚寸】アわずかの長さ、膚は手指を四本な もと皿Ⅱ⑥ロ 0 黒色「ー弓」 0 酒〇ためしてみる 0 カンガえ ( へ ) 。意見 @ため 売り場Ⅱ炉。火いれ@姓の一 らべたはば、寸は指一本の長さ レはかりごと し。試み。試験。考験 @チチ。死んだ父。亡 里虚】虚〔 7 〕の旧字處】処 ( ) の旧字【膚合】カウ〇あつまりあう〇雲が集まるよう【盧生イ〇秦ノ始皇帝の時の↓方士 0 ↓父。先考。 x 妣ヒ国ナすレ成。なしとげる因長 【膚見】アあさはかな考え。うわべだけの観察邯鄲芻の夢の主人公 いきする。長寿。寿考①終わる @至るの " 具睿丁 拷。たたく。うつ。拷問する「ー死」 もと戈Ⅱ〇戲 ( もと戈 ) は旧字ニ膚受之愬はだに軽く感じるぐらい【盧生夢蓊邯鄲芻の夢 載は俗字①ギ・ゲ (D タワ ( 0 ムれのう 0 たえごと。相手が特に注意し、警戒し一盧全ウ↓晩唐の詩人、号は玉川ク子 ② 第当一 + 亠夫考 る。ザれる④ふざける。おどける「ー笑」@いたないようなうったえ、これをたびたびするうちに『盧溝ウ俗に蘆。溝 O 川の名、永定河、桑 ずらする 6 遊ぶ。楽しむ〇笑い興ずる 0 タワ相手を信じこませてしまう ( 論語、顔淵 0 乾河、渾河、山西省朔県の東に出て、【考工】芻機械・工作をつかさどる役人 ( ハ ) ムれ。ザれ④ふざけ。おどけ@遊び。遊戯【膚浅】アづ膚淺。あさはか。浅薄 河北を流れ、天津ルで運河にはいる〇橋の【考功】芻官吏の功罪を監督する役人。監 名、河北省宛平県内で盧溝河にかかゑ【考正】あやまりを考えて正す L 察官 6 笑い興ずることシバイ ( キ ) 。演劇。戯劇【膚理】ルはだのきめ。肌キ理 △玉膚、氷膚、完膚、浅膚、身体髪膚月の名所、日華事変の発生地として有名【考究】齶ウ深く考えきわめる。深く研究する ⑩キ@Ⅱ麾↑Ⅱ羲↑ ( 盧照鄰売髣初唐の詩人、四傑のひとり、一考妣齶ウ死んだ父と母と 【戯文】髣 O しばいの脚本〇↓南曲のテキ虜〔 9 〕の旧字 もと心Ⅱ〇慮は俗字⑥リョ 0 オ字は昇之シ、悪疾のために自殺した【考拠】芻づ考據。証拠を引いて調べる。考 スト〇たわむれに書いた文。狂文 Ⅱ【慮】 モンバカる。ハカる④思いをめぐらせ もと土ガク (D タニレ谷 0 池や【考定】考えて定める。考えてきめる L 証 【戯曲】蕣 O しばいの脚本。演劇のすじがき。 沼谷川 【考査】わウ O 考えて調べる。ためして調べる しばいの台本〇演劇の脚本の形式で書いる。いろいろ考える @心配する。恐れる 6 疑 もと虍Ⅱ③キ (1) カけるレ欠。虧欠〇学校で生徒の成績を調べる。試験 う。まどう 0 オモンバカり④考え。思慮@は 3 た文学〇しばい。戯劇 1 虧一 0 損をするカけ損 かりごと。謀略 6 心配。憂い〇疑い。まどい 【考訂】書物の誤りを調べ正す。校訂 【戯言】たわむれのことば。じようだん 一虧失舞ッ〇かけうせる〇損をする 【考案】 O 考えて調べる〇考え出す。くふ 【戯作ク O たわむれに書いた文章または作①処置@スべて。おおよそ 9 リヨー・加ケン 4 熟語の【】の中とレの下とは現代表記、 X は対語、北は類義語、 ( 文 ) は文語表現 四六三 【夫】 2 コウ 4 【广・宀】

6. るるぶ千葉房総 2012

水と戯れ、湯を楽しむ。碧の楽園 平砂浦ヒチホデレ LAN ー KAI http://www.heisaurabeach.com 〒 294-0314 千葉県館山市伊戸 1 535 TEL 0470-29-11 OO ( 代 ) [. ANI RESORTS HOTEL GROUP ム→・しも家第。・な 癒しの浜辺の隠れ家ホテル ロズ 0 ル、あ、キい 元名ヒーチホデレ ー〒 299-1901 千葉県安房郡鋸南町元名 442 〒 299-2521 千葉県南房総市白子 2792 TEL 0470-46-4633 ( 代 ) TEL 0470-55- OOI 2 ( 代 ) http://www.motonabeach.com/ http://www.「osemaryshiosai.com/ MOTCNA 産 } い ) iT 阯 長確道の ベストレート保証 ラニリゾーツの各ホテルのご利用は、 公式 HP からのご予約が一番お得です。 小満 を物 : ーをテル LANIKAI 南総

7. 明解日本語アクセント辞典 第2版

703 こサル ~ ミスキ こチル・キカザル・イワサル見猿聞か こズアメ , こズアメ , こズアメ水飴→ 4 こイ水洗い→ 13 猿言わ猿→ 97 こジカ身近→ 5 こスイ未遂→ 8 こジカイ短い→ 52 身近い→ 54 こズイタズラ水悪戯→ 12 こ石水芋→ 4 こジカヨ短夜→ 12 こシシッビー Mississippi( 地・川 ) → 21 こズイラズ水入らず→ 13 こジタク身仕度→ 15 こズイリ水入り→ 5 こシマ三島【地・姓 ) → 21 , 22 スイレ , ズイレ水入れ→ 5 こマイ身仕舞→ 13 こズイロ水色→ 4 こシこシ ( ~ 鳴る , ~ と ) → 57 こズウこ湖→ 4 こジメ慘め→ 19 こズエ水絵→ 7 シュー未収→ 8 こズエノグ水絵の具→ 17 こシュク , こシュク未熟→ 8 こスエル , ( 新はこスエル ) 見据える→ 45 こズオケ , こ ~ ・水桶→ 4 こンユクン未熟児→ 14 こ矛シロイ水白粉→ 12 ミジュクモノ未熟者→ 12 こショー未詳 , 実生→ 8 こズオチ水落ち , 鳩尾→ 5 こショー身性 ( ~ が悪い ) → 8 こズオト水音→ 4 こズガイ水貝→ 4 こショーリュー未生流→ 14 こガこ水鏡 ( 書も ) → 12 こショリ未処理→ 15 こシラズ , こシラズ , ( 柿はこシラズ , 、一 1 、一 1 、ズカキ , こスカキ水掻き→ 5 ララズ ) 身知らず→ 13 こズカギョー水稼業→ 15 こシリ見知り→ 5 こズカケロン水掛論→ 14 こシリゴシ見知り越し→ 95 こズカケン水加減→ 15 こシル , ( 新はこラル ) 見知る→ 45 こズカサ水嵩→ 4 こジロギ , こジロギ身動ぎ→ 13 こスカシ見透かし→ 13 こジログ身動ぐ→ 46 こズガシ水菓子→ 15 こヤ水菓子屋→ 94 こシンく sewing machine ー今 9 こジジ微塵→ 8 こスカス , ( 新はこ五ス ) 見透かす→ 45 こル年万微塵切り→ 13 こズガこ水髪→ 4 こジンコ微塵粉 , 微塵子【動 ) → 12 こスガメ水瓶→ 4 こス御簾→ 92 こズカラ自ら→ 64 , 61 こス Miss, miss → 9 <mistake → 10 こズガレ水涸れ→ 5 こズ水 ( オこズ御 ~ ) → 1 , 92 ミスギ , こスギ身過ぎ→ 5 こズアカ水垢→ 4 こズギ水着→ 5 こズアゲこデケ , こズアケ水揚げ与 5 こスキャスト miscast → 16 こデサギ水浅葱→ 12 こスギョスギ , こスギョスギ身過ぎ世 こズデソビ水遊び→ 13 過ぎ→ 98 , 99 こデタリ , こデ歹明水中り→ 13 こ , こズギレ水切れ→ 5 こズアヒ , ミズアビ , こデビ水浴び→ 5 こ水際→ 4 こプラ水油→ 12 こッ水際立っ→ 49 ガギグゲゴは鼻濁音カタカナ細字は母音の無声化☆は長音にもなる符号 = 三三

8. クラウン仏和辞典 第3版

E, e 同男①フランス字母の第 5 字 .- マ ouve 「 t [fermé] 開音〔閉音〕の e. ②〔略〕ど東 ( = est). *eau ( 複 ~ x ) 同 ( 英ねわ図 ① ( の水 . ー boi 「 e de ド ~ 水を飮む . De ド ~ , s ・ⅱ vous plait. 水を下さい . ~ chaude 湯 , 温 水 . ~ froide 冷水 . ~ douce 淡水 . potable 飲料水 . un ver 「 e d'—コ , プ 1 杯の 水 . ~ gazeuse 炭酸水 . ~ plate ( 炭酸の入 らない ) 普通の水 . ( の ( 特殊な ) 水 , 液 . ー ~ de Cologne オーデコロン . ・ ~ ・ de toilette オードトワ ~ de lavande ラベンダー水 . ~ de rose レ . オードローズ ( バラの香りの化粧水 ). ~ de Javel ジャヴェル水 ( 漂白・殺菌用 ). ② ( 水道の ) 水 , 水道 ( = ・ ~ ー・ cou 「 antel). faire mettre ド ~ 水道を引く . chåteau d'— 貯水塔 . conduite d ・ ~ 水道管 . compagnie des eaux 水道会社 . 3 ( 川・海などの ) 水 . ー cou 「 s d'-•••流れ , 河川 . ・ ~ cou 「 ante2 シ k. ・ ~ - stagnante [ dO 「 - mante] 淀んだ水 , 溜り水 . au bord de ド ~ 水 辺で . les chutes d ′ ~ ( エネルギー源としての ) 水 カ . 0 鉱水 , こネラル・ウォーター ( = ~ minérale). ~ de Vichy [ ~ de Vittel, ~ d'Évian] ヴィ シー水〔ヴィテル水 , エヴィアン水〕 . ~ de Set レゼル ッ水 ( 炭酸水の一種 ). 3 〔複数〕温泉〔鉱泉〕 ( 水 ). —ville d'eaux 温 泉町 . prendre eaux ( 治療法として ) 鉱泉 水を飮む . 訓 e 「 aux eaux 温泉〔湯治〕に行く 〔今日では e 「 faire une cure と言う 1 0 〔複数〕領海 (=eaux territoriales). —na- viguer dans les eaux franqaises フランスの令貞 海を航行する . ・噴水 (=jet d ′ ~ ). ー厄 s grandes eaux de VersaiIIes ヴェルサイユ宮殿の大噴水 . ・雨 ; 涙 ; 汗〔主に成句中 0. ー旧。 mbe de ド ~. 雨が降る . Le temps est 調 ' ~. 天気は雨 模様である . ⑨ ( 宝石・真珠の ) 透明度 , 品質 . —diamant de p 「 emié「 e ~ 最高の品質のダイヤ . grande 田″水を多量に使って . ame れ e 「 de ′ ' e 日″ 2 ″ E00 ″れ e 4 我が田 に水を引く , 我田引水 ( ←自分の水車に水を引 日 / 0 耘′ ' e わ 000 カ e よだれが出る . C ' れ 00 ″ p p き eda 石 s ′ ' ea 乢それはぬ かに釘だ , むだな努力だ . 大 C'est une go ″ e d'eau dans ね mer. 海の一滴 , 焼け石に水 . p ル s わ e ″ e 田″ ( 1 ) ( 宝石が ) 最も透明度 の高い . ( 2 ) 〔皮肉に〕世にもまれな , 抜群の . Eaux et FO 「 [ozefore] 山林行政 . Di- rection générale des Eaux et FO な林野 庁 . 尾′ ' ea リだめになる . Ce projetestå l'eau. この計画は流れた . ′ e comme ′ ' ea リ正反対の性格 である ( ←水と火のようだ ). 尾〃 s les 礦 ( 1 ) ( 人 ) の後から ついて行く . ( 2 ) ( 人 ) の意見に従う , 味方する . 尾 0 石 ea ″汗みすくだ . 日 est tout en eau. 彼は汗びっしよりだ . ね / ( 船が ) 飮料水を補給する . 治 e 田″ ( 船が ) 裂け目から浸水する . ″ ' p 住 ea リ 4 ″ e ′ ' ″ 4 ざ 0 〔諺〕 おとなしい人ほど注意が必要 ( ←よどみ水ほど悪い水 はない ). llpassera de l'eau sous les ponts. まだ まだ年月が流れるだろう , 色々なことがあるだろう . L'eau 目ね〃ⅵ . 金はあるところに集まる ( ←水は川に向かう ). mettredel'eaudansson / 加 ( 1 ) ワインに 水を混ぜる . ( 2 ) 要求を和らげる . me 拑尾′ ' ea わ 0 ″ 0 カ e よだれが出る , うまそ うだ . po 斤 e ′ de ′ ' ″目ね′ル馗尾余計なことをする ( ←川に水を持って行く ). p 尾れ e l'eau ( 服が ) 水を通す . m わ′ ' ea ″水に落らる : 水泡に帰す . ( → tombe 「の成句欄 p. 1424 ). eau-de-vie ( 複田″ x - ~ - ~ ) [odvi] 図蒸 留酒 , 火酒 , 焼酎 , プランデー . ー ~ de pomme りんごの蒸留酒 ( カルヴァドス酒 ). eau-forte ( 複 eaux-—s) [ofort] 図《美術》 ②ェッチング用の硝酸液 . 工ッチング . ébahi(e)[ebai] 厖あっけにとられた , びつくりした . ー 私は茫然としていた . Je suis 「 esté tout ・ - ). ébahir[ebai:r] ( 制 5 ) 囮びつくりさせる , 仰天 させる .- 日 m'a ébahi par ses 「 aisonne- ments. 彼の理屈には唖 ( あ ) 然とした . → stupé- fier. s'ébahir 紙朝 Cde, に〕びつくりする , 仰天す る . ーイ ~ d'une nouvelle ある知らせに仰天する . ébahissement [ebaismd] 男仰天 , 茫然自 ébarber [ebarbe] 他切り落す ( 余分な物を ). ébats [eba] 男 ( 複 ) 羽根を伸ばすこと , 喜々と戯 れること . ー p 「 end 「 e ses ~ dansla piscine プー ルではしゃぐ . ~ amoureux 恋の戯れ , 火遊び . ébattre (s') [sebatr] ( 用 ] 45 ) 紙朝はしゃぎ 回る , 跳ね回る . ébaubi(e) [ebobi] 厖〔話』びつくりした , 感心し ébaubir (s') [sebobi:r] ( 制 5 ) 動 ] 〔話〕 びつくり仰天する ; 感嘆する . ébauchage [eboJa:3] 男下書きをすること . ①

9. 反・幸福論 (新潮新書)

てたちまち消えてゆくものである。にもかかわらず、俗世にあって人は貴賤貧富、栄 枯盛衰などと心身ともに苦労するのは浅ましいことだ。」 何か、吉田兼好か鴨長明でも読んでいるような気になってきますが、あの楽天的で豪 快でしかも合理的で実践的な福沢が、このようなことを書いているのは興味深いことで す。 実は、これに続けて福沢は次のように言っているのです。 「だが、この世に生れた以上は、蛆虫とはいえそれなりの覚悟が必要である。その覚 たわむ 福悟とは何か。人生は戯れと知りながら、この一場の戯れを戯れとはしないでまじめに の勤め、貧苦を去って富楽を求め、他人の邪魔をしないで自分の安楽を求め、、間の 蛆 寿命で満足し、父母に仕え夫婦仲良く、子孫のことを考え、公益を考え、生涯ひとっ 人 の過失もないように心がけるのが蛆虫の本分である。いやこれは蛆虫のことではない。 五万物の霊としての人間だけが誇れるところである。ただ戯れと知りつつ戯れれば心は 安く、極端に走ることはない。まわりの者がバカ騒ぎをしていてもひとりそれに混じ 737

10. 帰ってきたメアリー・ポピンズ (岩波少年文庫)

て考えを外にあらわしませんでしたし、だれにも、なんにも、話さなかったのですから : しつないゅ 5 ぎ ドミノーーアメリカ、ヨーロツ・ハで広く行われている室内遊戯。二十八個の牌 ( ポーン ) を用いて行う。