検索 - みる会図書館

全データから 205464件ヒットしました。

ソーシャルもうええねん


第 1 章 ソ ー シ ャ ル も う え え ね ん

ソーシャルもうええねん


ソ ー シ ャ ル も う え え ね ん C 〇 N 丁 E N 丁 S

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


西 川 忘 れ る も ん で ね え さ 。 西 川 八 蔵 、 う ん じ ゃ 、 お め え も 食 う つ う こ と 考 え て だ 船 長 こ の ま ま で い れ ば 、 ど う で も 俺 た ち は 死 ぬ だ ぞ 。 今 か 。 の 場 合 、 た だ お っ 死 ぬ ぐ れ え 、 や さ し い こ た ね え 。 た だ 八 蔵 考 え た と い う ほ ど の も の で ね え べ さ 。 た だ 、 頭 に う 腹 す か し て 死 ぬ ん な ら 、 任 務 も 責 任 も あ っ た も ん で ね え か ん だ だ 。 そ も そ も 頭 に う か ぶ の が 、 よ く ね え だ よ 。 一 わ さ 。 も う 一 度 船 さ 乗 っ て 、 御 国 の た め に つ く す こ と も 度 頭 に う か ん だ ら 、 な か な か 消 え ね え だ か ら な 。 早 く 海 し ね え で 、 気 い 弱 く し て 、 飢 え 死 す る 。 そ ん な こ た 、 な へ 流 す べ え 。 そ う し る ほ か ね え だ 。 ま け 者 で も 卑 怯 者 で も 、 で き る こ っ た か ら な 。 船 長 海 へ は 流 さ せ ね え ぞ 。 た き び と む れ え 八 蔵 ( 上 手 よ り 、 重 き 足 ど り に て 入 り 来 た る 。 焚 火 の 仲 間 入 り 八 蔵 五 助 の 葬 式 は や ら な く て も 、 し し 4 尾 カ と む れ え し て 、 無 言 で 手 脚 を あ た た め る ) 船 長 葬 式 は い つ で も で き る 。 そ れ よ か 、 お め え た ち が 、 船 長 ( 八 蔵 の 獲 物 な き を た し か め る ) 四 川 よ 。 お め え は 食 う ど う 腹 を き め る か が 問 題 だ 。 の が 、 お っ か ね え ん だ べ 。 八 蔵 食 べ ち ま う 葬 式 っ て え の は 、 あ っ か な あ 。 西 川 お っ か ね え ん じ ゃ ね え 。 気 が す ま ね え だ 。 船 長 流 し ち ま っ た ら 、 し め え だ そ 。 流 す ま え に 、 み ん な 船 長 食 え ば 悪 い 人 間 に な る の が 、 お め え は お っ か ね え ん し て よ く 考 え る だ 。 だ 。 食 え ば 普 通 の 人 間 じ ゃ な く な っ か ら な 。 そ れ が お っ 八 蔵 考 え た ら 、 ど う し た っ て 、 話 が そ こ へ 行 く だ よ 。 食 や っ か ね え ん だ 。 人 の 肉 食 っ て 生 き の び た 奴 と 、 言 わ れ る の べ る こ と し か 考 え て ね え の に 、 食 い 物 に な る の は 五 助 し が お っ か ね え ん だ 。 そ れ が お っ か ね え か ら 、 人 の 肉 う 食 か ね え だ か ら よ 。 う ん だ か ら 、 考 え の も と に な る も ん わ ね で さ え い れ ば 、 顔 が 立 っ と 思 っ て る だ 。 を 、 な く す よ り 仕 方 ね え だ 。 八 蔵 何 の 話 し て る だ 。 船 長 八 蔵 、 お め え ほ ん と に 、 あ れ を 食 い た く は ね え の ご 船 長 五 助 を 食 べ る 話 だ 。 り 八 蔵 ・ : や つ ば 、 そ の 話 か 。 早 く 海 へ 流 さ ね え か ら い け 八 蔵 : お ら 、 五 助 さ 食 い た く は ね え 。 う ん だ が 、 あ の ひ ね え だ 。 肉 は と ぎ ど き 食 い た く な る だ 。 西 川 八 蔵 、 お め え 、 こ っ た ら 話 聴 い て も 驚 か ね え の か 。 西 川 船 長 、 早 く 流 す べ え 。 八 蔵 ・ : : 驚 き て え ん だ が 驚 け ね え の さ 。 な ぜ 驚 か ね え の 船 長 流 す こ と は 、 俺 が 許 さ ね え そ 。 俺 は 船 長 と し て 、 言 か と 、 不 思 議 で た ま ん ね え け ど 驚 け ね え だ 。 う ん だ 。 船 長 と し て 、 お め た ち の こ と を 考 え て 言 っ て る ひ き よ う て あ し 、 0 か ん げ

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


ず ) 船 長 我 慢 し ね え と な っ た ら 、 簡 単 だ わ さ 。 我 慢 す る の は 、 簡 単 な こ っ ち ゃ ね え 。 他 人 の 我 慢 は 、 自 分 の 我 慢 に 船 長 ( 気 配 を 察 し て 上 半 身 を 起 す ) お め え 、 俺 を 殺 す つ も り か 、 お め え に そ の つ も り が あ れ ば 、 俺 だ っ て 殺 す ぞ 。 な ら ね え だ か ら な 。 何 を ど の く れ え 我 慢 し た ら い い カ ( 船 長 の 首 の う し ろ に も 、 光 の 輪 を 生 ず ) き ま り っ て も ん は ね え だ か ら な 。 何 の た め に 我 慢 し る 西 川 お ら 、 お め え に は 食 わ れ ね え ぞ 。 か 、 わ か ん ね え で も し る の が 、 我 慢 だ か ら な 。 西 川 何 の た め に し る か わ か ん ね え 我 慢 な ん ど 、 で き る も 船 長 死 ね ば ど う で も 食 わ れ る で ね え か よ 。 食 わ れ ね え で は 、 い ら れ ね え よ 。 ん で ね え さ 。 船 長 う ん だ が よ 。 お め え は 自 分 で 、 何 が 一 体 せ つ ね え だ 西 川 お ら 、 死 ん で も お め え に は 食 わ れ ね え よ う に 、 し て か わ か っ た か 、 寒 い の が せ つ ね え だ か 、 腹 が ヘ る の が せ 見 せ る だ 。 つ ね え だ か 、 そ れ と も 仲 間 の 肉 を 食 っ た の が せ つ ね え だ 船 長 何 し る つ も り だ 。 逃 げ る ん か 。 う ん だ 。 か 、 助 か る あ て の ね え の が せ つ ね え だ か 、 わ か っ か 。 わ 西 川 か る め い 。 わ か る は ず は ね え だ 。 な あ も か ん も 入 れ ま ぜ 船 長 何 も そ っ た ら 、 ム ダ な こ と し る こ た ね え だ 。 ど う せ お っ 死 ぬ な ら 、 こ こ で 死 ね ゃ 。 な 、 後 に 残 る も ん の 身 に で せ つ ね え だ べ 。 何 が せ つ ね え の か 、 わ か ん ね え く れ え な っ て み ろ や 。 せ つ ね え だ べ 。 俺 だ っ て そ う よ 俺 だ っ て 、 何 を 我 慢 し て ん の か わ か ら ね え く れ え 、 我 慢 し て ん の よ 。 西 川 お ら 、 海 に は ま っ て 死 ぬ だ 。 お め え の 手 の と ど か ね 西 川 お め え は 、 ち ゃ ん と わ か っ て て 我 慢 し て る だ 。 五 助 え と こ ろ で 、 死 ぬ だ 。 の 次 に は 八 蔵 、 八 蔵 の 次 に は お ら と 、 ね ら い さ つ け て 我 船 長 何 で そ っ た ら 意 地 わ る い こ と す る だ 。 お め え は も っ と 、 素 直 な 男 で ね え の か よ 。 慢 し て る だ 。 順 番 さ つ け て 我 慢 し て る だ 。 け 船 長 そ ん な 順 番 な ら 誰 で も わ か る さ 。 誰 の 次 に 誰 が 死 ぬ 西 川 お め え に 食 わ せ る く れ え な ら 、 フ カ に 食 わ せ る だ 。 ( よ ろ め き つ つ 、 銛 を 手 に し て 上 手 よ り 退 場 ) と わ か っ た か ら っ て 、 何 を 我 慢 し る か 、 わ か っ た こ と に は な ら ね え さ 。 ま 、 我 慢 し ろ や 。 我 慢 し て 睡 れ や 。 睡 れ 船 長 西 川 よ 。 待 て や 。 そ っ た ら も っ て え ね え こ と 、 す る も ん で ね え だ 。 西 川 よ 、 待 た ね え か 。 俺 を ひ ・ ほ し に し て ね え よ う で は 、 我 慢 は で き ね え だ か ら よ 。 何 に な る だ 。 ( 西 川 を 追 い て 退 場 ) 西 川 お ら 睡 ら ね え そ 。 ( 殺 意 を 生 じ て 自 製 の 銛 を 手 に と る 。 ど う そ れ と 同 時 に 彼 の 首 の う し ろ に 、 ふ た た び 緑 金 色 の 光 の 輪 を 生 ( 西 川 が 殺 意 を 生 じ た る 頃 よ り 、 祈 疇 音 楽 、 か す か に 洞 内 に ね む て え

ラブ♡ユー ぴかぴかドットコム


178 ← 反 撃 1 「 い い か げ ん に し ろ よ 、 佑 。 う ざ っ て え っ て 言 っ て ん だ ろ う が 。 俺 を 本 気 で 怒 ら せ て え の か よ 、 あ あ ? 」 「 へ つ 、 そ ー ん な ス ゴ ん で み せ た っ て オ レ ぜ ー ん ぜ ん こ わ く ね ー も ん ね ー ツ ! ' 光 司 狼 な ん か 本 気 で 怒 っ た っ て オ レ て ん で ヘ つ き だ ぜ ! お ら お ら 、 怒 っ て み ろ よ 。 な ん で え 、 親 父 さ ん の 会 社 ひ と っ 助 け ら ん ね ー な ん て ち っ ち え え え ッ ! 光 司 狼 の ガ キ ん ち ょ っ ! 」 む か ← 反 撃 2 。 「 殺 さ れ て え の か 」 「 へ つ ヘ ー 、 殺 し て み ろ よ 。 で き ね ー く せ に 」 む か >< 2 。 ← 反 撃 3 。 「 つ た く 気 が 知 れ ね え な 毎 晩 毎 晩 。 バ カ じ ゃ ね え の か お ま え 。 親 父 の 会 社 が ど う な っ た と こ ろ で お ま え に や カ ン ケ ー ね え だ ろ 」

現代日本の文学 22 宮本 百合子 壺井 栄 集


8 新 さ ん は 、 妙 に 笑 い な が ら 、 ム ズ ム ズ と 体 を 動 か し て 顔 お ふ く ろ は 妙 な 顔 を し た が 、 い き な り 大 き な 声 で 怒 鳴 っ を 撫 で 廻 し な が ら 、 「 お っ か あ ー ー 」 「 な に い あ て こ す り い っ て け つ か る ! よ け い な こ と 世 話 と や さ し い 声 で 呼 ん だ 。 焼 か ね え で す っ こ ん で ろ 、 馬 鹿 奴 ! 俺 ら に 貴 様 の 心 ん 中 裏 口 の 水 音 が や ん で 、 濡 手 の ま ま お ふ く ろ は 仏 頂 面 を し が 分 ん ね え と 思 う ん か ? 」 て 、 「 ま あ 、 そ げ え に 怒 ん な よ 、 お っ か あ ! 俺 ら あ て こ す り 「 何 だ あ ? 」 で も 何 で も ね え 、 た だ 思 っ て る こ と い っ た ん だ 。 : : : 俺 と 入 っ て 来 た 。 ら 、 北 海 道 さ 行 が ね え 前 の こ と を 思 う と 、 ほ ん に 今 が 辛 「 い そ が し か っ ぺ え が 、 ち ょ っ く ら 坐 っ て 、 話 し て え が ん え 。 俺 ら 何 ん で も お っ か あ に つ く そ う と 思 っ て ん だ 。 ど ん け え ? 俺 れ え 話 し と き て え こ と が あ る ん だ が な あ 」 な こ っ て も え え 、 お め え の 思 っ て ん こ と ー す っ か り 俺 れ に 打 ち あ け て く ん ね え か ! 「 何 だ ? 早 く い っ た ら え え で ね え け え 」 な あ 、 お っ か あ 、 俺 ら は も う ど 「 ま 、 ち ょ っ と お 坐 り て 。 ほ ん に 俺 ら 話 し て え こ と が う ん ん ほ ど も 生 き ら ん ね え 、 そ い つ が 風 な だ 。 昔 を 思 い 出 し て と あ る 」 く れ ね え か ? 」 ま な ざ 新 さ ん は 穏 や か な 愛 情 に 満 ち た 眼 差 し で 、 ま じ ま じ と 怒 「 な に い 嚇 し て け つ か ん だ ー 駄 目 だ え 。 だ ま そ う た て だ っ た よ う な お ふ く ろ の 顔 を な が め た 。 そ し て 、 静 か に 微 笑 ま さ れ る も ん け 。 面 で も 洗 っ て 出 な お せ ッ ち ゃ 」 し て 頭 を 動 か し た 。 「 そ う じ ゃ ね え よ 、 お っ か あ ! 俺 ら ど う し よ う に も こ の 「 な あ 、 お っ か あ ! 俺 ら お め え に 相 談 し と か に ゃ な ん ね 体 で で き ね え な 分 っ て ん で ね え け 。 た だ 俺 ら 皆 分 っ て 死 に え と 思 う こ と が あ る ん だ が : ・ ・ ・ こ て え 。 ど う そ 昔 の お っ か あ と 俺 で 別 れ て え 、 な あ お っ か あ ? こ 間 の 豆 の こ と だ て 、 俺 ら に や ど う し て も に 落 ち 「 急 に こ げ な こ と ー い う と 、 お っ か あ 気 い 悪 く す っ か も し ね え 」 ん ね え が 、 俺 ら も う と う て い 助 か ら ね え と 思 っ て る 。 そ ん 「 腑 に 落 ち ね え が ど う し た だ ? 俺 ら お め え の い う こ た あ で 、 早 く 家 の 仕 事 ー ち ゃ ん と す る も ん を き め と き ね 、 誰 で 分 ん ね え よ 。 馬 鹿 ! お ふ く ろ ー 悪 者 に し よ う と す ん ー よ も え え 。 お め え の え え と 思 う も ん を き め た が え え と 俺 ら 思 う な 奴 ー 持 っ た 俺 れ が 因 果 よ 。 面 白 く も ね え 。 何 と で も い う れ っ て る 」 え よ 。 俺 れ え 一 人 悪 者 に な っ て り や お め え は 嬉 し か っ ぺ え ぬ れ て ぶ っ ち ょ う づ ら こ 0 お ど つ れ

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


ご が 死 ん で く れ な ん だ ら 、 俺 も お め え も 、 今 日 あ た り 死 ぬ 船 長 俺 は よ く 睡 る 。 こ う な っ て ま で 、 何 も 気 い っ か う こ と こ な ん だ ぞ 。 え え か 。 誰 も 五 助 に 、 死 ん で く れ と 頼 ん た い ら ね え 、 お め え 、 妙 に ビ ク ビ ク し て る な 。 睡 る ぐ ら . し だ お ・ ほ え は ね え ぞ 。 五 助 は 死 ん だ だ 。 そ ん で 俺 と お め え 、 睡 れ や 。 は 、 そ の 肉 を 食 っ た だ 。 ど う 転 ん だ っ て 、 そ れ だ け の 話 四 川 お ら 、 睡 っ て も 睡 れ ね え だ 。 よ 。 八 蔵 の 肉 さ 食 う か 食 わ ね え か 、 死 に も し ね え う ち か 船 長 そ ん な 風 だ な 。 ら 、 騒 ぐ こ た な か ろ 。 お ら 何 も 、 言 い わ け は し ね え だ 。 西 川 起 き て て も 、 睡 っ て る み た い だ し よ 。 八 蔵 が 死 ね ば 、 お ら 多 分 、 そ の 肉 を 食 う べ え よ 。 西 川 船 長 寝 て も 起 き て も 、 せ つ ね え だ べ 。 、 ん げ お め え も 多 分 食 う べ え よ 。 西 川 せ つ ね え だ 。 せ つ ね え と え る と 、 な お の こ と せ つ 西 川 お ら イ ヤ だ 。 お ら イ ヤ だ 。 ね え だ ・ ヘ 。 船 長 俺 も イ ヤ だ 。 俺 も お め え も 、 イ ヤ だ け ど 食 う べ え 船 長 睡 っ て か ら 、 目 さ あ け た と き が 、 一 番 せ つ ね え だ 西 川 お ら イ ヤ だ 。 お ら イ ヤ だ 。 ( す す り 泣 く ) 西 川 う ん だ 。 お め え は そ う で ね え の か 。 船 長 俺 だ っ て 、 せ つ ね え よ 。 身 体 も 心 も せ つ ね え よ 。 お ( 舞 台 、 暗 く な る ) め え と か わ り ね え わ さ 。 ( 舞 台 、 明 る く な る ま で に 、 十 日 間 を 経 過 す ) ( 八 蔵 の 肉 す で に 尽 き て 、 寒 気 ま す ま す 加 わ る 。 船 長 の 生 き 西 川 お め え は 、 心 は せ つ な く ね え だ べ 。 し ゅ う ね ん ん と す る 執 念 、 い さ さ か も 衰 え ず 。 西 川 は す で に 、 な か ば 生 船 長 せ つ ね え と も さ 。 た だ 俺 の 心 は な 、 せ つ ね え だ け の 拠 り ど こ ろ を 喪 失 す ) で 、 迷 う こ た ね え だ 。 俺 は 、 俺 が し よ う と 考 え た こ と 船 長 ( 焚 火 の ほ と り に 立 ち て 、 腫 眠 中 の 西 川 を 見 下 ろ す ) を 、 し る よ う に し て る だ 。 う ん だ か ら 、 迷 っ た り 気 に 病 け 西 川 ( 夢 よ り さ め て 、 ガ ・ ハ と 起 き 上 が る 。 自 分 を 見 下 ろ す 船 長 ん だ り は し ね え 。 ク ョ ク ョ す る ぐ れ え な ら 、 は じ ま り か に 気 づ き て 、 恐 怖 の 叫 び を あ ぐ ) ら し ね え が い し た カ ( 気 む ず か し き 沈 黙 の う ち に 、 西 川 は 船 長 を 睨 み 、 船 長 は 顔 西 川 お ら も う 、 生 き て る の も 死 ぬ の も 、 お そ ろ し く て な ひ を そ む け る ) ん ね え 。 船 長 お め え 、 こ の 二 三 日 、 あ ん ま り 睡 ら ね え な 。 船 長 お そ ろ し い と 考 え る も ん は 、 お そ ろ し い だ べ さ 。 西 川 お め え は 、 よ く 睡 る さ な 。 西 川 お め え 、 お そ ろ し く ね え だ か 。 わ な ・ 0

現代日本の文学 Ⅱ― 3 北原 白秋 斎藤 茂吉 釈 迢空 集


146 ゆ り か ′ 」 揺 籃 の う た 揺 籃 の う た を 、 カ ナ リ ヤ が 歌 ふ 、 よ 。 ね ん ね こ 、 ね ん ね こ 、 ね ん ね こ 、 よ 。 揺 籃 の う へ に 、 枇 杷 の 実 が 揺 れ る 、 よ 。 ね ん ね こ 、 ね ん ね こ 、 ね ん ね こ 、 よ 。 揺 籃 の つ な を 、 木 ね ず み が 揺 す る 、 よ 。 ね ん ね こ 、 ね ん ね こ 、 ね ん ね こ 、 よ 。 揺 籃 の ゆ め に 、 黄 色 い 月 が か か る 、 よ 。 ね ん ね こ 、 ね ん ね こ 、 ね ん ね こ 、 よ 。 ゆ り か 1 」 ゆ り か ご 砂 海 は 荒 海 、 さ ど 向 う は 佐 渡 よ 。 す ず め 啼 け 啼 け 、 も う 日 は く れ た 。 み ん な 呼 べ 呼 べ 、 お 星 さ ま 出 た ぞ 。 暮 れ り や 、 砂 山 、 し ほ な タ 一 鳴 り ば か り 。 す ず め ち り ち り 、 ま た 風 荒 れ る 。 だ れ み ん な ち り ち り 、 も う 誰 も 見 え ぬ 。 か へ ろ か へ ろ よ 、 ぐ み は ら 茱 萸 原 わ け て 。 す ず め さ よ な ら 、 さ よ な ら 、 あ し た 。 海 よ さ よ な ら 、 さ よ な ら 、 あ し た 。 む か か や の 木 山 の ぎ や ま 山

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


八 蔵 食 わ ね え て ば 、 食 わ ね え で ね え か 。 同 じ 村 の 同 じ 船 西 川 食 う の は 、 よ く ね え こ っ た 。 に 乗 っ て る も ん を よ 。 誰 が 食 う だ 。 船 長 な ぜ よ く ね え だ 。 五 助 同 じ 村 の 同 じ 船 に 乗 っ て る も ん で ね え ば 、 食 う か 。 ・ : 人 の 肉 を 食 う な あ 、 恥 ず か し い こ っ た 。 八 蔵 く そ っ た れ 。 止 め て け れ 。 そ ん な 話 あ 。 聴 き た く も 船 長 な ・ せ 恥 ず か し い だ 。 ね え 。 ( 起 ち 上 が り 、 上 手 へ む か う ) 待 っ て れ や 。 お ら も 浜 西 川 仲 間 の も ん の 肉 を 食 う の が 、 恥 ず か し い こ っ て ね え へ 行 っ て く つ か ら な 。 あ ? 短 気 お こ す で ね え ど 。 や あ ? ( 去 る ) 船 長 お め え の 考 え は 、 ま だ 浅 え だ よ 。 イ ヤ な ら 、 イ ヤ で 五 助 ( よ ろ め き な が ら 起 っ 。 四 五 歩 す す み て 、 ま た 倒 る 。 よ う も え え だ 。 俺 あ 何 も 命 令 す る わ け じ ゃ ね え か ら な 。 た だ や く に し て 起 ち 上 が り 、 同 じ く 上 手 へ 去 る ) 俺 あ 、 お め え を 死 な せ た く ね え か ら 言 う だ け よ 。 西 川 お ら 、 死 ぬ の は 苦 に し て ね え さ 。 ( 舞 台 、 暗 く な る ) ( 舞 台 、 ふ た た び 明 る く な る ま で に 、 三 日 間 を 経 過 す ) 船 長 お め え の そ の 気 持 あ 、 俺 あ よ く 知 っ て る 。 お め え は ( 五 助 す で に 死 亡 し 、 生 存 の 三 名 も 衰 弱 は な は だ し 、 五 助 の い 若 え 衆 だ 。 船 が 難 破 し た と き に 、 ロ ー プ う 持 っ て 海 ど う 死 体 は 洞 の 奥 に 置 か れ あ る も 、 観 客 に は 見 え ず ) へ 飛 び 込 ん だ の も 、 お め え だ 。 な 、 お め え は 、 五 助 や 八 ( 洞 内 に は 、 船 長 と 西 川 の み ) 蔵 た あ 、 人 間 の で き が ち が っ て る 。 身 を 粉 に し て 、 文 句 た き び 西 川 ( 焚 火 の か た わ ら に 、 う ず く ま る ) お ら 。 イ ヤ だ 。 は 言 わ ず に よ く 働 く 。 忠 義 の た め と な り や 、 命 も 惜 し が 船 長 ( 焚 火 よ り 離 れ て 立 っ ) イ ヤ か 。 イ ヤ な ら 、 イ ヤ で も ら ね え 。 仲 間 に や 親 切 を つ く す 。 そ の お め え が 、 死 ん だ ひ き よ う え え だ 。 う ん だ が 西 川 よ 。 そ れ だ と 、 お め え は 卑 怯 者 っ 五 助 の 肉 を 食 い た が ら ね え の は 、 む り も ね え わ さ 。 う こ と に な る な 0 西 川 な ん だ ら 、 な ・ せ 食 え ッ つ う だ か 。 西 川 お ら 、 怯 者 で は ね え さ 。 う ん だ が 、 人 の 肉 は 食 わ 船 長 お め え 、 こ の ま ま 犬 死 し て も 、 い い の か 。 ね え 。 西 川 ( 沈 黙 す る ) き ん し く ん し よ う 船 長 な ・ せ 食 わ ね え だ 。 食 わ ね え じ ゃ な く て 、 食 え ね え だ 船 長 お め え 、 華 々 し く 戦 死 し て 金 鵄 勲 章 さ 、 も ら い た く は ね え の か 。 お め え 、 俺 た ち 船 員 の 任 務 を 忘 れ た ん で は 西 川 う ん だ 、 食 え ね え 。 ね え べ な 。 俺 た ち が 、 ど れ く れ え 日 本 陸 軍 に 必 要 な 人 間 船 長 な ・ せ 食 え ね え だ 。 だ か 、 そ ん な こ と 忘 れ た ん で は 、 ね え べ な 。

大人に刺さる園児の名言


「 ね え ね ! ち ゃ ん と ね っ ち ゅ う し よ う に な っ て 宿 題 し な さ い ! 」 そ れ を 言 う な ら 熱 中 ・ ( 4 才 ・ 女 ・ 佳 鈴 )