検索 - みる会図書館

全データから 211013件ヒットしました。

ニッポン人を叱る― 一癖斎直言


ニ ッ ポ ン 人 を 叱 る ー 一 癖 斎 直 言

ニッポン人を叱る― 一癖斎直言


ニ ッ ポ ン 人 を 叱 る ー ー 一 癖 斎 直 言 目 次

ニッポン人を叱る― 一癖斎直言


ニ ッ ポ ン 人 を 叱 る ー ー 一 癖 斎 直 言 目 次

ニッポン人を叱る― 一癖斎直言


一 一 ッ ポ ン 叱 る 虫 癖 斎 直 言 杉 森 久 英 読 売 新 聞 社

ニッポン人を叱る― 一癖斎直言


一 癖 斎 直 言

ニッポン人を叱る― 一癖斎直言


ニ ッ ポ ン る 三 癖 斎 直 言 杉 森 久 英

ニッポン人を叱る― 一癖斎直言


一 癖 斎 直 言 「 一 癖 斎 」 の 由 来 ・ 冬 は 住 み 憂 き : お れ が 死 ん で や る : 生 き 残 っ た 者 の 心 : し ば ん だ 風 船 玉 : 半 世 紀 前 に 見 た こ と : み ち 草 の お 梅 さ ん : 観 光 用 大 仏 : ク ジ ラ も 一 匹 、 シ ラ ス も 一 匹 : い じ め の 効 用 : : 道 徳 教 育 の 欠 如 : : 加 独 裁 者 の 孤 独 水 槽 の 中 の ア ユ の 子 : ・ 最 近 使 わ れ な く な っ た 言 葉 相 手 が 悪 か っ た : 「 フ ラ テ 」 の 大 木 47 45 42 40 ろ 7 ろ う

ニッポン人を叱る― 一癖斎直言


一 癖 斎 直 言 「 一 癖 斎 」 の 由 来 ・ 冬 は 住 み 憂 き : お れ が 死 ん で や る : 生 き 残 っ た 者 の 心 : し ば ん だ 風 船 玉 : 半 世 紀 前 に 見 た こ と : み ち 草 の お 梅 さ ん : 観 光 用 大 仏 : ク ジ ラ も 一 匹 、 シ ラ ス も 一 匹 : い じ め の 効 用 : : 道 徳 教 育 の 欠 如 : : 加 独 裁 者 の 孤 独 水 槽 の 中 の ア ユ の 子 : ・ 最 近 使 わ れ な く な っ た 言 葉 相 手 が 悪 か っ た : 「 フ ラ テ 」 の 大 木 47 45 42 40 ろ 7 ろ う

ニッポン人を叱る― 一癖斎直言


本 書 は 、 著 者 が と き ど き 「 一 癖 斎 〇 〇 」 の 副 題 で 発 行 す る エ ッ セ イ 集 の 第 三 篇 で あ る 。 第 一 篇 は 一 九 八 九 年 『 間 違 い だ ら け の ニ ッ ポ ン 』 と い う 書 名 で 、 第 二 篇 は 一 九 九 三 年 『 塀 の 中 の こ お ろ ぎ 』 と い う 書 名 で 、 い ず れ も 読 売 新 聞 社 か ら 発 行 さ れ た 。 本 書 の 前 半 を な す 「 一 癖 斎 直 言 」 は 、 一 九 九 四 年 春 か ら 毎 週 一 回 、 日 曜 日 に 産 経 新 聞 に 「 一 癖 斎 の つ ぶ や き 」 と い う 題 で 連 載 し た 短 文 を 集 め た も の で 、 後 半 は 、 そ れ と 併 行 し て と あ 北 国 新 聞 の 「 北 風 抄 」 と い う コ ラ ム に 連 載 し た も の の う ち 、 あ ま り 話 題 が 地 方 的 興 味 だ け に 偏 ら な い も の な ど を 選 ん で 収 め た 。 そ れ ぞ れ 今 後 も 書 き 続 け る つ も り で 、 そ の う ち 書 き あ と が き

ニッポン人を叱る― 一癖斎直言


日 本 人 は 乗 せ な い こ と に な っ て い た が 、 一 癖 斎 は 間 違 え て 、 そ れ に 乗 っ て し ま っ た の で あ 一 癖 斎 は 、 こ れ は え ら い こ と に な っ た 、 と 思 っ た 。 そ の う ち 意 地 の 悪 い 兵 隊 が 一 癖 斎 を み つ け て 、 「 お 前 は 誰 の 許 し を 得 て 、 こ の 車 両 に 乗 り 込 ん だ か 」 と 文 句 を 言 い へ た を す る と 一 発 な ぐ ら れ る か も 知 れ な い と 思 っ た 。 戦 争 中 、 彼 が 兵 士 と し て 駐 屯 し て い た 朝 鮮 で は 、 そ う だ っ た 。 彼 は 決 し て 米 軍 専 用 の 車 両 と 承 知 し て 乗 り 込 ん だ の で な く 、 ウ ッ カ リ 間 違 え て 乗 っ た の だ か ら 、 次 の 駅 で す ぐ 下 り る つ も り だ と い う 証 拠 に 、 で き る だ け 出 入 り 口 に 近 い と こ ろ に 立 っ て 、 今 に も 下 り そ う な 姿 勢 を と っ て い た 。 し か し 、 誰 ひ と り 文 句 を 言 い に く る 者 は な か っ た 。 み ん な 、 そ れ ぞ れ 自 分 の 相 手 と 話 し て い て 、 一 癖 斎 の 方 に 視 線 を 向 け る 者 も な け れ ば 、 居 丈 高 に 叱 責 し よ う と い う 者 も な か っ た っ た 。 そ れ ど こ ろ か 、 「 と き ど き 間 違 え て 乗 っ て く る 人 が あ り ま す よ 。 ど う ぞ 気 に し な い で 」 手 と 言 わ れ て い る よ う な 気 が し た 。 一 癖 斎 は 、 こ ん な り つ ば な 兵 隊 の そ ろ っ て い る 国 と 戦 相 争 を し た の は 間 違 っ て い た 、 と 思 わ な い で い ら れ な か っ た 。