検索 - みる会図書館

検索対象: こうだったのか NPOの広報

こうだったのか NPOの広報から 83件ヒットしました。

こうだったのか NPOの広報


こ の 本 を 読 ん だ 感 想 や 広 報 の 成 果 に つ い て ぜ ひ 教 え て く だ さ い 武 永 勉 [email protected] 1 62

こうだったのか NPOの広報


記 者 さ ん の 意 外 な 本 音 を 知 る ク イ ズ ① プ レ ス リ リ ー ス や チ ラ シ は 読 ま れ て い る の ? < 一 通 り は 全 部 見 る 読 ま ず に 捨 て る 場 合 も あ る マ ス コ ミ に は 毎 日 山 の よ う に フ ァ ッ ク ス や 郵 便 で 「 取 材 し て ほ し い 」 と い う 売 り 込 み の 資 料 が 届 い て い る と 思 い ま す 。 私 た ち が プ レ ス リ リ ー ス や チ ラ シ を 送 っ て も 、 読 ん で も ら え な い の で は ? ・ プ レ ス リ リ ー ス や チ ラ シ ぜ ー ん ぶ 読 ま れ て い ま す 。 【 回 答 】 < 一 通 り は 全 部 見 る 意 外 で す が 、 一 応 は す べ て に 目 を 通 す そ う で す 。 新 聞 社 や テ レ ビ 局 に は 確 か に プ レ ス リ リ ー ス や チ ラ シ は た く さ ん 届 く そ う で す が 、 少 な く と も 報 道 部 門 は 、 送 ら れ て き た 資 料 は 誰 か が 必 ず 目 を 通 す そ う で す 。 と い う の は 、 記 者 さ ん は 常 に 自 分 の 会 社 に だ け 掲 載 す る 「 特 ダ ネ 」 を 探 し て い ま す 。 逆 〈 付 録 〉 1 6 /

こうだったのか NPOの広報


「 デ ザ イ ン が 苦 手 、 イ ラ ス ト も 描 け な い ー と い う 人 も 歓 迎 で す 。 告 白 し ま す が 、 私 は デ ザ イ ン が 苦 手 で す 。 ア ー ト の セ ン ス は あ り ま せ ん し 、 も ち ろ ん イ ラ ス ト も 描 け ま せ ん 。 し か し 、 産 経 新 聞 社 と で 年 間 、 職 場 に 送 ら れ て く る チ ラ シ や 取 材 依 頼 の 資 料 を 毎 日 何 十 枚 と 見 て き ま し た 。 延 べ に す る と 軽 く 1 万 枚 以 上 で す 。 そ の 中 で 「 見 や す く て 読 み や す い 」 資 料 と 「 見 づ ら く て 読 む 気 に な れ な い 」 資 料 の 差 は 何 か ら 生 ま れ る の か を 分 析 し ま し た 。 そ の 上 で 、 私 の よ う に デ ザ イ ン が 苦 手 な 人 が 「 見 て も ら い や す く て 読 ん で も ら い や す い 資 料 」 を 作 る に は 、 ど う す れ ば い い か 考 え ま し た 。 だ か ら 「 デ ザ イ ン が 苦 手 、 イ ラ ス ト も 描 け な い 」 と い う 人 も 大 歓 迎 で す 。 リ ー ダ ー と 広 報 担 当 者 に 読 ん で ほ し い 本 で す こ の 本 は 、 ま ず は 団 体 の 代 表 、 リ ー ダ ー に 読 ん で も ら い た い と 思 い ま す 。 zæo や 市 民 グ ル ー プ の 場 合 、 特 に 歴 史 が 浅 い 団 体 ほ ど 「 リ ー ダ ー の 信 念 や 生 き ざ ま 」 が 、 ほ ぼ そ の ま ま 「 団 体 の 理 念 や 活 動 」 に な っ て い る ケ ー ス が 多 い か ら で す 。 2

こうだったのか NPOの広報


コ ッ 3 余 白 を 恐 れ な い 相 手 が ば っ と 見 や す い の が 大 切 。 そ の た め に は 、 余 白 を 恐 れ な い こ と が 大 事 で す 。 ま ず は 紙 の 幅 い つ ば い に 文 章 を 書 く こ と を や め ま す 。 特 に 用 紙 は 、 端 か ら 端 ま で ぎ っ し り 書 く と 実 に 読 み に く い の で す 。 両 端 に 十 分 な 余 白 を 取 り ま す 。 「 本 文 ー は 両 端 を 思 い 切 っ て 狭 め て 紙 全 体 の 幅 の 2 分 の 1 ぐ ら い に 抑 え ま す 。 豊 命 風 船 の 場 合 で 、 用 紙 の 幅 幻 セ ン チ に 対 し て 、 本 文 の 幅 は Ⅱ ・ 5 セ ン チ で す 。 「 見 や す い ・ 読 み や す い 」 を 最 優 先 で す 。 「 団 体 紹 介 文 」 や 「 連 絡 先 」 は 、 相 手 が 必 要 性 を 感 じ た 上 で 読 ん で く れ る 場 所 で す か ら 、 幅 を も う 少 し 広 げ て も 大 丈 夫 。 そ れ で も 3 分 の 2 ぐ ら い ま で に 。 へ ん に 字 体 に 凝 る ほ ど 伝 わ り に く く 分 か り に く く な り ま す 。 130

こうだったのか NPOの広報


を 第 【 「 適 正 な 字 数 」 と は 「 チ ラ シ や バ ン フ レ ッ ト に 書 く 文 章 。 ど れ ぐ ら い の 字 数 が 適 正 で す か 」 。 こ れ も 良 く 聞 か れ る 質 問 で す 。 本 文 な ど 字 数 や 文 章 の 量 が ど れ だ け が 適 正 か 、 実 は ケ ー ス パ イ ケ ー ス な の で 正 解 は あ り ま せ ん 。 情 報 の 届 け 方 に よ っ て 短 い ほ う が い い の か 、 長 い ほ う が い い の か 分 か れ ま す 。 プ レ ス リ リ ー ス や チ ラ シ 、 メ ー ル な ど は 、 相 手 に そ れ ほ ど 関 心 が な い 状 態 で 「 送 リ つ け る 」 訳 で す か ら 短 く す る 必 要 が あ り ま す 。 逆 に 相 手 が 関 心 を 持 っ て 「 読 み に 来 て く れ る 」 情 報 、 例 え ば ホ ー ム ペ ー ジ や パ ン フ レ ッ ト な ど は 比 較 的 長 く て も 大 丈 夫 で す 。 今 回 基 本 と し た の は 、 << の 紙 で す 。 << の 紙 に 見 や す い よ う に ゆ っ た リ と 余 裕 を 持 た せ て 、 タ イ ト ル や 本 文 、 デ ー タ な ど を 入 れ ま す 。 そ う す る と 本 文 に 使 え る 文 字 数 は «oo 字 ぐ ら い で す 。 こ れ が 、 ざ っ と 読 ん で も ら え る 文 章 の 量 、 字 数 の 目 安 と 考 え て く だ さ い 。 豊 命 風 船 の 本 文 は お よ そ 380 文 字 で す 。 思 い が た く さ ん あ る あ な た か ら す る と 書 い て も 書 い て も 足 り な い 、 こ れ も 伝 え た い 、 あ れ も 入 れ な い と ・ : 。 気 持 ち は よ く 分 か り ま す 。 で も 文 章 は 読 ま れ て は じ め て 価 値 が 出 ま す 。 「 手 渡 さ れ た け れ ど 、 〈 お わ り に 〉 1 63

こうだったのか NPOの広報


ま た 、 手 書 き も 味 が あ っ て い い で す が 文 章 を 簡 単 に 書 き な お せ る と い う 点 か ら ワ ー プ ロ を 使 い ま す 。 マ イ ク ロ ソ フ ト の 「 」 な ど 、 ご く 一 般 的 な ソ フ ト で す 。 紙 は ビ ジ ネ ス で 最 も 一 般 的 な サ イ ズ の 紙 を 縦 に 使 い ま す 。 フ ァ ッ ク ス で も 送 り や す い こ と や 受 け 取 っ た 相 手 が フ ァ イ ル し や す い こ と か ら 、 こ の サ イ ズ に し て い ま す 。 色 は 白 黒 を 基 本 と し ま す 。 や 市 民 グ ル ー プ の 場 合 、 よ く 資 料 が 足 り な く な っ て コ ピ ー し た り フ ァ ッ ク ス で 送 っ た り し ま す 。 コ ピ ー し た と き に 思 わ ぬ 色 が 出 な か っ た り ( 薄 い 青 は な ぜ か コ ピ ー で は 出 ま せ ん ) 、 フ ァ ッ ク ス で 文 字 が つ ぶ れ て し ま っ た り 。 こ れ を 避 け る た め に も 白 黒 を 基 本 に し ま す 。 な に よ り 値 段 が 安 い で す 。 大 事 な こ と は 「 上 3 分 の 1 」 に 大 前 提 は 「 忙 し い 相 手 は あ な た の 資 料 を 最 後 ま で 読 ん で く れ る と は 限 ら な い 」 こ と 。 例 え ば マ ス コ ミ の 現 場 で は 、 長 々 と 書 い て あ る 資 料 は 、 よ ほ ど 重 要 な も の で な け れ ば 、 ざ っ と 斜 め 読 み し て 終 わ り で す 。 人 に よ っ て は 1 枚 目 の 半 分 ぐ ら い 読 ん で ゴ ミ 箱 行 き ー と い う の も 珍 し く あ り ま せ ん 。 〈 実 践 編 〉 あ な た の 魅 力 を 伝 え る 新 し い 広 報 資 料 の 作 り 方 123

こうだったのか NPOの広報


ま た 、 リ ー ダ ー だ け で な く 団 体 の 広 報 の 担 当 者 に も 、 ぜ ひ 読 ん で ほ し い と 思 い ま す 。 こ れ か ら 団 体 の 活 動 を 広 げ て い く た め に は 「 リ ー ダ ー し か 語 れ な い 」 で は 限 界 が あ り ま す 。 広 報 担 当 者 の 力 量 の 向 上 こ そ 、 団 体 の 成 長 の カ ギ を 握 り ま す 。 こ の 本 を 手 に 取 っ た あ な た の 広 報 力 が ぐ ん と 向 上 し て 、 言 い た い こ と が 一 言 え る 伝 わ る よ う に な り 、 活 動 が 広 が っ て い く 。 こ れ こ そ 、 社 会 を 少 し ず つ い い 方 向 に 動 か す 大 き な 力 に な る と 思 い ま す 。 そ の た め に 、 こ の 本 が 役 立 っ こ と を 強 く 願 っ て い ま す 。 〈 は じ め に 〉

こうだったのか NPOの広報


〈 は じ め に 》 「 伝 え た い け ど 伝 わ ら な い 」 と 悩 む あ な た に 効 く 本 で す 記 者 経 験 を 生 か し て 伝 わ る 広 報 の コ ツ を 紹 介 し ま す : 忙 し く て も ・ 文 章 が 苦 手 で も ・ デ ザ イ ン が ダ メ で も 大 丈 夫 : リ ー ダ ー と 広 報 担 当 者 に 読 ん で ほ し い 本 で す : 〈 序 章 》 広 報 力 が 大 き な 差 を 生 む 同 じ 企 画 で も こ こ ま で 違 う 「 も う ひ と つ の コ ン サ ー ト 」 ・ 広 報 カ 3 つ の メ リ ッ ト 新 聞 や テ レ ビ に 取 り 上 げ ら れ る : 助 成 金 の 獲 得 力 が ア ッ プ す る : い っ し ょ に 活 動 す る 仲 間 が 増 え る : : : こ う た っ た の か z 0 の 広 報 0 目 次

こうだったのか NPOの広報


〈 は じ め に 》 「 伝 え た い け ど 伝 わ ら な い 」 と 悩 む あ な た に 効 く 本 で す 記 者 経 験 を 生 か し て 伝 わ る 広 報 の コ ツ を 紹 介 し ま す : 忙 し く て も ・ 文 章 が 苦 手 で も ・ デ ザ イ ン が ダ メ で も 大 丈 夫 : リ ー ダ ー と 広 報 担 当 者 に 読 ん で ほ し い 本 で す : 〈 序 章 》 広 報 力 が 大 き な 差 を 生 む 同 じ 企 画 で も こ こ ま で 違 う 「 も う ひ と つ の コ ン サ ー ト 」 ・ 広 報 カ 3 つ の メ リ ッ ト 新 聞 や テ レ ビ に 取 り 上 げ ら れ る : 助 成 金 の 獲 得 力 が ア ッ プ す る : い っ し ょ に 活 動 す る 仲 間 が 増 え る : : : こ う た っ た の か z 0 の 広 報 0 目 次

こうだったのか NPOの広報


伝 え た い け ど 伝 わ ら な い 」 と 悩 む あ な た に 効 く 本 で す 自 分 た ち の 活 動 を 広 く 伝 え た い 。 い っ し ょ に 活 動 す る 仲 間 を 増 や し た い 。 で も 、 う ま く 一 一 一 一 口 え な い 、 伝 わ ら な い ー こ う 悩 ん で い ま せ ん か 。 こ の 本 は 、 そ ん な あ な た に 読 ん で ほ し い 広 報 の 本 で す 。 記 者 経 験 を 生 か し て 伝 わ る 広 報 の コ ツ を 紹 介 し ま す 私 は い ま 歳 。 大 学 を 出 て 産 経 新 聞 社 で 5 年 、 そ の 後 は に 移 っ て Ⅳ 年 、 新 聞 と テ レ ビ の 2 つ の 分 野 で 記 者 と し て 働 い て き ま し た 。 年 間 の 記 者 生 活 で 最 も 力 を 入 れ て き た の は zæo や 市 民 グ ル ー プ の 取 材 で す 。 そ の 中 で 痛 感 し た の は 、 す ご く い い モ ノ を 持 っ て い る の に 広 報 が ヘ タ で 損 を し て い る 人 が あ ま り に 多 い こ と 。 じ っ く り 時 間 を か け て 話 を 聞 く と 「 そ れ と っ て も 面 白 い じ ゃ な い で す か 」 「 そ こ 、 こ う い う や り 方 で す れ ば 絶 対 に