検索 - みる会図書館

検索対象: 碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣から 84件ヒットしました。

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


、 ド 読 ー 。 っ

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


と い う の が 、 メ ム ノ ン の 持 論 で あ る 。 マ ケ ド ニ ア の フ ィ リ ッ ポ ス 二 世 ( ア レ ク サ ン ド ロ ス の 父 ) は 、 歴 史 に 残 る で あ ろ う 優 れ た 王 の 一 人 で あ る と 、 メ ム ノ ン は ど れ ほ ど ベ ル シ ア 本 国 に 対 し 警 告 し つ づ け て き た こ と だ ろ う 。 あ る い は フ ィ リ ッ ポ ス 二 世 は 、 三 十 年 あ ま り で ア ケ メ ネ ス 朝 ベ ル シ ア と い う 一 大 世 界 帝 国 を つ く り あ げ た キ ュ ロ ス 一 世 ( 在 位 紀 一 兀 前 五 五 九 年 か ら 前 五 三 〇 年 ) 以 来 の 大 英 雄 か も し れ な い と 、 メ ム ノ ン は 思 い は じ め て い る 。 フ ィ リ ッ ポ ス 二 世 が ギ リ シ ア 辺 境 の 小 王 国 の 王 座 を 血 み ど ろ の 内 乱 の 末 に 継 い だ の は 、 約 二 十 年 前 の こ と だ 。 以 来 驚 異 的 な 躍 進 を 続 け 、 今 や 、 何 世 紀 に も わ た っ て 軆 魅 を 誇 っ て き た ギ リ シ ア 都 市 国 家 グ ル ー プ の 主 導 権 を 握 る 勢 い だ っ た 。 寵 恩 彼 が 驚 嘆 に 値 す る の は 、 そ の 才 能 が 一 言 で は と て も 言 い 尽 く せ な い か ら だ 。 ゲ 一 般 に 彼 は 、 武 勇 の 人 と し て 知 ら れ て い る 。 工 が 、 外 交 も 器 用 に し て の け る 。 碧 フ ィ リ ッ ポ ス 二 世 は い と も や す や す と 、 ま る で メ ム ノ ン が 海 上 で 風 を 読 む よ う に 、 政 情 さ く ぼ う の 先 を 読 み 、 あ ら ゆ る 手 を 使 っ て 駆 け 引 き し 、 同 盟 を 結 び 、 策 謀 を め ぐ ら せ 、 自 分 の 思 う リ ス

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


391 あ と が き ま だ ま だ ほ か に も た く さ ん お み や げ 話 が あ り ま す 。 ア テ ネ の 話 と か ね 。 な ん ば 最 後 の お 務 め と か 言 い な が ら 同 行 し て く れ た 前 任 の 難 波 さ ん の お か げ で ( 彼 女 は な ん と バ ッ ク パ ッ カ ー 志 願 な の だ ) 適 度 に ス リ リ ン グ に 楽 し く 取 材 で き ま し た 。 あ と 、 ほ ん の ち ら り と ロ マ ン ス さ え 加 わ れ ば 、 も う い う こ と な し の 旅 だ っ た の に な 。 と い う わ け で 、 結 婚 指 輪 さ え は ず さ な け れ ば 行 っ て も い い ぞ と 言 っ て く れ た 主 人 に 感 謝 し つ つ : ・ こ の 話 は 基 本 的 に フ ィ ク シ ョ ン で す 。 一 巻 二 巻 で 挙 げ た 文 献 以 外 に 、 次 の も の を 参 考 に さ せ て い た だ き ま し た 。 「 地 図 で 読 む 世 界 の 歴 史 古 代 ギ リ シ ア 」 ロ バ ー ト ・ モ ア コ ッ ト 河 出 書 房 新 社 「 王 妃 オ リ ュ ン ピ ア ス 」 森 谷 公 俊 ち く ま 新 書

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


海 に 出 た い と ハ ミ ル は 思 っ た 。 が ま ん ( も う 我 慢 で き な い ) 仕 事 が し た い 。 も っ と 体 を 動 か し た い 。 か ん ば ん み が ハ ミ ル は と う と う 父 に 訴 え よ う と 決 め た 。 甲 板 磨 き で も い い 。 絶 え ず 海 風 に 吹 か れ て い あ ん の た い 気 持 ち な の だ 。 こ ん な 安 穏 な 生 活 で は や り き れ な い 。 自 分 に 足 り な い の は 風 を 読 む カ だ 。 帝 都 ベ ル セ ポ リ ス か ら の 公 式 文 書 の 裏 を 解 き あ か す 要 領 の よ さ で は な い 。 忙 し そ う な 父 の 仕 事 の 合 間 を ぬ っ て 、 公 邸 の 執 務 室 で た ず ね た 。 「 時 間 を も ら え ま す か 」 恩 息 子 が 何 か 言 い た い こ と が あ る こ と を 悟 っ た メ ム ノ ン は 、 ペ ン に 使 っ て い た 葦 の 端 で ゲ 困 っ た よ う に ば り ば り と 耳 の 上 を か い た 。 工 「 ち ょ っ と や や こ し い 客 が 来 る ん だ 」 碧 ハ ミ ル は 肩 を 落 と し た 。 父 は つ く づ く 多 忙 で あ る 。 だ が メ ム ノ ン は 子 供 の よ う な 目 を し て 微 笑 ん だ 。 遠 く 思 い を 馳 せ た 。 ま ま え あ し

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


366 実 際 、 こ れ が 二 人 の つ い の 別 れ に な ろ う と は 、 も ち ろ ん ハ ミ ル は 思 い も し な か っ た 。 だ が 小 さ な 姿 が い つ に な く 幼 げ に 思 え て 、 見 え な く な る ま で 何 度 も ナ ー ザ ニ ン を 振 り 返 っ た の を 覚 え て い る 。 ま ぶ ナ ー ザ ニ ン は 最 後 ま で し ゃ ん と 背 筋 を 伸 ば し 、 遠 ざ か る ハ ミ ル を ち ょ っ と 眩 し そ う な 目 を し て 見 送 っ て い た 。 ハ ミ ル は ふ と 思 っ た 。 ( 戻 っ た ら 立 ち 回 り ば か り じ ゃ な く て 、 少 し は や つ に 読 み 書 き を 教 え て や ろ う ) し ん ぼ う だ が 勉 学 す る に は 、 ナ ー ザ ニ ン は 少 し 辛 抱 が 足 り な い の だ 。 ひ ざ す ぐ に 飽 き て 、 ハ ミ ル の 膝 の 上 で ご ろ ご ろ し た が る 。 そ の う ち す う っ と 意 識 を 飛 ば し て 、 ど こ か 違 う 世 界 に さ っ さ と 一 人 で 遊 び に い っ て し ま た し か に ハ ミ ル は 戻 っ て く る だ ろ う 。 だ が 、 ナ ー ザ ニ ン は 思 っ た 。 直 感 だ っ た 。 ( ハ ミ ル に 会 う こ と は も う 二 度 と な い

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


と を 惜 し げ も な く 教 え こ ん だ 。 特 に そ の 天 来 の 性 質 を 誉 め た 。 「 お 前 の 武 器 は 、 人 間 に 対 す る そ の 誠 実 さ だ 」 た し か に 、 カ イ ル ー ズ は 切 れ る よ う な 才 能 の 持 ち 主 で は な い 。 だ が 、 人 を 引 き 込 む 天 性 の 快 活 さ と 行 動 力 、 そ し て 責 任 感 の 強 さ は 、 他 人 に 替 え が た い い ん ぼ う も の が あ っ た 。 陰 謀 め い た 画 策 に は 不 向 き だ が 、 そ ん な こ と は そ う い う こ と が 得 意 な 者 が 横 か ら そ っ と メ モ を 回 し て や れ ば す む 。 ル リ が カ イ ル ー ズ に 教 え な け れ ば な ら な か っ た の は 、 そ の メ モ の 読 み こ な し 方 だ け だ っ た 。 カ イ ル ー ズ は ル リ の 教 育 の 目 指 す と こ ろ を よ く 理 解 し 、 彼 の 教 え を ぐ ん ぐ ん 吸 収 し て っ 一 」 0 や し き ひ と み そ ん な カ イ ル ー ズ を 、 ず っ と 同 じ 邸 の 中 か ら 見 つ め る 瞳 が あ っ た 。 エ リ ッ サ だ っ た 。 ( カ イ の ば か ) 勝 手 に 邸 に 連 れ 戻 し た こ と も 、 ら れ た こ と も 、 な か な か 許 せ な い 。 ほ お だ が あ の と き 、 頬 で 感 じ た カ イ ル ー ズ の 背 中 の 広 さ は 忘 れ ら れ な か っ た 。 目 を つ ぶ る だ け で 、 容 易 に 思 い 出 す こ と が で き る 。 お

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


だ が こ の 他 人 に 与 え る 陰 の な い 、 さ わ や か な 好 印 象 が 、 殺 し 屋 で あ る 彼 の 最 大 の 武 器 だ っ た 。 今 の ハ ミ ル に 読 み 取 れ な く と も 仕 方 な い 。 ぶ ぜ ん 男 は 憮 然 と し て い る カ シ モ フ に 気 づ き 、 手 の 中 の か じ り か け の り ん ご を 投 げ つ け て や っ 受 け 取 め た カ シ モ フ は 、 仕 方 な さ そ う に 苦 笑 し た 。 こ の わ が ま ま な 部 下 の 勝 手 は 、 い つ も な が ら 大 目 に 見 る し か な い 。 「 惚 れ た 弱 み だ な 」 し ゅ う し よ う 「 ご 愁 傷 さ ま 」 男 は も う 一 つ り ん ご を 取 り 出 し て 、 胸 一 兀 で ひ と こ す り し て か ら か じ り つ い た 。 こ 、 つ き あ ま ず 甘 酸 つ ば い 香 気 が た っ た 。 そ う そ う 、 と カ シ モ フ が 机 の そ ば に 椅 子 を 引 き 寄 せ 、 ハ ミ ル に 背 を 向 け て 腰 を お ろ し マ テ ィ ア よ 、 と カ シ モ フ は 男 を 呼 ん だ 。 「 戦 で 生 き 別 れ た っ て い う お 前 の 妹 捜 し の 話 を 、 テ ュ ロ ス で 使 わ せ て も ら っ た よ 。 お か げ で 身 寄 り の な い 娘 を 一 人 ひ っ か け て 薬 の 沼 に 沈 め て や る こ と が で き た 。 あ の 話 は 使 え る な 」 し く さ

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


〈 応 募 の 方 法 〉 〇 資 格 プ ロ ・ ア マ を 問 い ま せ ん 。 〇 な お 、 原 稿 の ー 枚 め に タ イ ト ル 、 住 所 、 氏 〇 内 容 ホ ワ イ ト ハ ー ト の 読 者 を 対 象 と し 名 、 。 ヘ ン ネ ー ム 、 年 齢 、 職 業 ( 在 校 名 、 筆 歴 な た 小 説 で 、 未 発 表 の も の 。 ど ) 、 電 話 番 号 を 明 記 し 、 2 枚 め 以 降 に 400 〇 枚 数 400 字 詰 め 原 稿 用 紙 で 250 枚 字 詰 め 原 稿 用 紙 で 3 枚 内 外 の あ ら す じ を つ け 以 上 、 300 枚 以 内 。 た て 書 き の て く だ さ い こ と 。 ワ ー プ ロ 原 稿 は 、 字 >< 原 稿 は 、 か な ら ず 、 通 し の ナ ン バ ー を 入 れ 、 行 、 ワ ー プ ロ 用 紙 で 結 構 で す 。 右 上 を と じ る よ う に お 願 い い た し ま す 。 ー 9 9 9 年 5 月 引 日 ( 当 日 消 印 ま た 、 ニ 作 以 上 応 募 す る 場 合 は 、 一 作 ず つ 有 効 ) 別 の 封 筒 に 入 れ て お 送 り く だ さ い ー 9 9 9 年 に 月 日 発 売 予 定 の 〇 応 募 作 品 は 、 返 却 い た し ま せ ん の で 、 必 要 な 文 庫 ホ ワ イ ト ハ ー ト ー 月 新 刊 全 冊 カ ナ ( 、 こ ま 、 コ ピ ー を と っ て か ら ご 応 募 ね が い ま す 。 選 考 に つ い て の 問 い 合 わ せ に は 、 応 じ ら 〇 あ て 先 〒 盟 れ ま せ ん 。 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 講 談 社 文 芸 図 書 第 四 出 版 〇 入 選 作 の 出 版 権 、 映 像 化 権 、 そ の 他 い っ さ 部 ホ ワ イ ト ハ ー ト 大 賞 係 い の 権 利 は 、 月 社 が 優 先 権 を 持 ち ま す 。 〇 締 め 切 り 〇 発 表

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


254 少 年 は 、 海 風 に 吹 か れ な が ら 、 ま る で 公 文 書 で も 読 み 上 げ て い る よ う な 口 調 で 淡 々 と 一 一 = ロ っ た 。 サ ト ラ ッ プ 「 ナ ー ザ ニ ン は 、 カ リ ア の 州 長 官 テ ィ ッ サ フ ェ ル ネ ス の 娘 、 い や 息 子 だ 」 さ す が に ハ ミ ル は 目 を 見 張 っ た 。 貴 族 の 血 筋 く ら い は 覚 悟 し て い た が 、 な ん と 州 長 官 の 姫 : : : い や 、 子 息 と は 。 実 質 上 、 カ リ ア 州 の 王 子 様 と い う こ と に な る 。 ア ナ ト リ ア 半 島 の 小 ア ジ ア 西 部 ( 現 在 の ト ル コ 西 部 。 エ ー ゲ 海 を 挟 ん で 西 隣 は ギ リ シ ア ) の あ た り は 、 広 大 な ア ケ メ ネ ス 朝 ベ ル シ ア 帝 国 の 西 の 端 に あ た る 。 こ こ ら へ ん は 昔 も 今 も 、 ア ジ ア と ヨ 1 ロ ッ パ が 境 を な す 地 域 だ 。 こ の 小 ア ジ ア は 、 長 い 間 二 人 の 州 長 官 に よ っ て 分 割 し て 治 め ら れ て い た 。 北 半 分 を ダ ス キ ュ レ イ オ ン ( フ リ ュ ギ ア ) の 州 長 官 。 そ し て 南 半 分 を サ ル デ ィ ス の 州 長 官 。 ( ち な み に こ の サ ル デ ィ ス と い う 州 都 は 、 有 名 な 『 王 の 道 』 の 西 の 終 点 に あ た る 。 サ ル デ ィ ス か ら 帝 都 ベ ル セ ポ リ ス ま で 、 馬 を 駆 っ た 伝 令 が 実 に 七 日 で 駆 け 抜 け た と い う )

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


( ど う し て : ・ ・ : ) 何 か く よ く よ と 思 い つ め て い る 様 子 の バ ル シ ネ に 、 メ ム ノ ン は さ り げ な く 言 っ た 。 「 : : : そ う い え ば 、 今 夜 の う ち に 読 ま な け れ ば な ら な い 書 類 が あ っ た な 。 眠 た け れ ば 、 先 に 客 用 の 寝 室 で や す ん で い い よ 」 る い せ ん 相 変 わ ら ず の メ ム ノ ン の 優 し さ に 、 バ ル シ ネ の 涙 腺 が ま た ゆ る ん で し ま っ た 。 冫 し っ た い 自 分 は ど う な っ て し ま っ た ん だ ろ う 。 こ ん な 泣 き 虫 で は な か っ た は ず な の こ 、 ゝ 「 わ か り ま し た 。 今 夜 は あ ち ら で 寝 ま す 」 ろ う か 扉 を 開 い て 廊 下 に 半 分 身 を 置 き な が ら 、 バ ル シ ネ は そ っ と た ず ね て み た 。 だ ん な 「 : : : ね え 、 旦 那 様 が 私 を そ ば に 置 い て く だ さ る の は 、 テ ュ ロ ス に 置 い て こ ら れ た 奥 様 に 似 て い る か ら ? : : : 私 は 、 た だ の 身 代 わ り で す か ? ラ ン プ の 炎 が 、 扉 か ら 入 っ て く る 夜 風 に 心 細 げ に 揺 れ た 。 寵 ま ま え の メ ム ノ ン は ち ょ っ と 驚 い た よ う だ っ た が 、 す ぐ に 視 線 を 落 と し て 微 笑 ん だ 。 ぶ こ っ ゲ 「 い や 、 お れ は 武 骨 な 男 で ね 。 そ ん な 器 用 な 愛 し 方 は で き ん の だ ー ー ー 」 き お や す み 、 と 書 類 に 目 を 落 と し た 。 バ ル シ ネ は 廊 下 に 出 た 。