検索 - みる会図書館

検索対象: 経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由から 337件ヒットしました。

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


こ の 本 を 読 ん で 「 行 進 し た い 気 持 ち 」 に な り ま し た か ?

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


2 章 で も 大 丈 夫 」 と 、 い じ ま し い く ら い に 大 切 に 読 ん で い た 時 期 が 長 く あ り ま し た 。 日 本 か ら 取 り 寄 せ る の も 限 り が あ り ま す の で 、 同 じ 本 を 何 度 も 読 ん で い ま し た 。 そ う し た 中 で 、 特 に 繰 り 返 し 読 ん で い た の が 藤 沢 周 平 氏 の も の で す 。 こ れ も 亡 く な ら れ た 翻 訳 家 の 常 盤 新 平 氏 が ど こ か の あ と が き で 、 「 毎 年 年 末 に 必 ず 読 む 」 と 書 か れ て い ま し た が 、 私 の 場 合 も 、 例 え ば 『 用 心 棒 日 月 抄 』 シ リ ー ズ な ど 何 十 回 も 読 ん で い ま す 。 「 何 度 も 読 ん だ の に 」 と 思 い な が ら 、 読 み 始 め て み る と 引 き 込 ま れ て し ま う 経 験 を さ れ た 方 は 私 以 外 に も 多 い の で は な い の で し よ う か 。 単 な る 「 忘 却 力 」 の な せ る わ ざ だ と い う 意 見 も あ る か も し れ ま せ ん し 、 「 だ か ら オ ヤ ジ の 頭 は 古 く て 、 発 想 が 広 が ら な い 」 の か も し れ ま せ ん が 、 一 方 で 、 2 回 3 回 な ら と も か く 、 な ぜ こ ん な に 何 回 も 読 め る 本 が あ る の で し よ う ? 「 作 家 の 筆 力 」 は も ち ろ ん で す が 、 本 書 の 紹 介 の 前 に も う 少 し 考 え て み ま し た 。 「 ふ つ う 」 だ か ら 飽 き な い こ ん な こ と を 改 め て 考 え た の は 、 あ る 外 食 チ ェ ー ン の 役 員 さ ん か ら 「 マ ク ド ナ ル ド と ゼ ン シ ョ ー の 失 敗 に つ い て の 考 察 を 書 い て ほ し い 」 と い う 依 頼 が あ っ た こ と と も 関 係 し ま す 。 ま と め に か え て こ の 本 を 読 ん で 「 行 進 し た い 気 持 ち 」 に な り ま し た か ? 453

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


藤 沢 周 平 著 文 春 文 庫 1988 年 ま と め と し て ど の 本 を 選 ぼ う か い ろ い ろ 考 え て 、 藤 沢 周 平 氏 の 本 書 に 落 ち 着 き ま し た ( と い う か 、 ど う し よ う か と 考 え て い て 、 た ま た ま こ の 本 を 読 み 返 し 、 こ れ に し よ う と 決 め ま し た ) 。 今 は ど う か 知 り ま せ ん が 、 一 時 期 よ く 「 一 平 二 太 郎 」 と い う こ と が 言 わ れ ま し た 。 3 人 と も 他 界 さ れ て し ま い ま し た が 、 中 年 ビ ジ ネ ス マ ン に 人 気 の 作 家 が 「 藤 沢 周 平 、 司 馬 遼 太 郎 、 池 波 正 太 郎 」 と い う 意 味 で す 。 実 際 、 前 職 の コ ン サ ル テ ィ ン グ 会 社 の 社 長 は 、 飲 み に 行 く た び に 「 司 馬 遼 太 郎 は 全 部 読 め 」 と 言 っ て い ま し た 。 私 も ご 多 分 に 漏 れ ず 『 鬼 平 犯 科 帳 』 か ら 始 ま り 、 お 三 方 の 本 は 随 分 読 ま せ て い た だ き ま し た 。 特 に 、 再 び ア メ リ カ に 渡 っ た 19 9 6 年 か ら テ ニ ュ ア を 取 る 2 0 0 6 年 ま で は 、 昼 間 は 英 語 の 論 文 と 格 闘 し て 、 夜 布 団 に 人 っ て か ら 「 今 日 は 1 章 だ け 」 「 明 日 は 休 み だ か ら 風 の 果 て 上 ・ 下 452

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


第 章 イ ン ド で 考 え た 組 織 的 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 国 際 化 、 ー k- 化 が 迫 る 原 点 の 再 考 ・ Zhao 、 Z. 」 . 、 Anand 、 」 . 29 3. Beyond b000d0 「 y も 000e T 、 collective b 「 idge 、 0 an efficientinte 「 unit 「 uctu 「 e ま ニ 「 an e 「 「 一 ng collective knowledge. Strategic ManagementJou 「 8ー . ま と め に か え て こ の 本 を 読 ん で 「 行 進 し た い 気 持 ち 」 に な り ま し た か ? 『 風 の 果 て 』 藤 沢 周 平 著 451 452 434 433

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


第 章 イ ン ド で 考 え た 組 織 的 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 国 際 化 、 ー k- 化 が 迫 る 原 点 の 再 考 ・ Zhao 、 Z. 」 . 、 Anand 、 」 . 29 3. Beyond b000d0 「 y も 000e T 、 collective b 「 idge 、 0 an efficientinte 「 unit 「 uctu 「 e ま ニ 「 an e 「 「 一 ng collective knowledge. Strategic ManagementJou 「 8ー . ま と め に か え て こ の 本 を 読 ん で 「 行 進 し た い 気 持 ち 」 に な り ま し た か ? 『 風 の 果 て 』 藤 沢 周 平 著 451 452 434 433

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


お そ ら く 、 多 く の 方 は 中 根 千 枝 氏 の 名 前 を 聞 か れ て 『 タ テ 社 会 の 人 間 関 係 』 往 1 〕 を 想 【 注 1 〕 講 談 社 現 代 新 書 起 さ れ る も の と 思 い ま す 。 ベ ス ト セ ラ ー と な っ た こ の 本 が 出 版 さ れ た の が 19 6 7 年 。 そ の 5 年 後 に こ こ で 取 り 上 げ た 『 適 応 の 条 件 日 本 的 連 続 の 思 考 』 が そ の 姉 妹 編 と し て 出 さ 関 れ て い ま す 。 私 が こ の 『 適 応 の 条 件 』 を 読 ん だ 一 番 の 感 想 は 「 驚 愕 」 で し た 。 そ の 理 由 を 人 会 論 今 回 、 皆 さ ん と 共 有 で き れ ば と 思 い ま す 〔 注 2 〕 。 社 の 枝 タ 単 中 グ ロ ー 〔 注 2 〕 ヾ ル 化 と 日 本 食 最 近 特 に 声 高 に 叫 ば れ る の は 、 日 本 、 日 本 企 業 、 そ し て 日 本 人 の 「 グ ロ ー 適 応 の 条 件 日 本 的 連 続 の 思 考 中 根 千 枝 著 講 談 社 現 代 新 書 1972 年 ヾ ル 化 」 ( 定 こ の 点 は 「 論 文 篇 」 の 第 3 章 「 ス ト ラ テ ジ ッ ク ・ イ ン テ ン ヾ レ ト 」 、 第 8 章 「 グ ロ ー マ イ ン ド セ ッ ト 」 と 併 せ て お 読 み く だ さ い 。 年 第 社 代 第 を 0 ー 0 、 122

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


林 先 生 も そ う だ っ た と 書 か れ て い ま し た が 、 私 も 「 は つ 」 と 思 い ま し た 。 自 分 の 授 業 や 書 い た も の を 通 じ て 生 徒 や 読 者 が 「 行 進 」 す る 気 に な っ て い る だ ろ う か ? 少 な く と も 、 「 気 づ き 」 、 「 行 進 し て み よ う か 」 と 思 う 勇 気 を 与 え ら れ て い る だ ろ う か と 。 そ う 考 え る と 、 「 い い 気 に な っ て い な い か ? 」 な ん て 自 分 で 妙 に 悩 ん で い る よ り も 、 自 分 の 生 徒 や 研 修 に 参 加 し て く だ さ る 人 た ち の 「 顔 」 「 発 一 言 」 「 行 動 」 を よ く 見 て い た ほ う が い い の か も し れ ま せ ん 。 彼 ら 、 彼 女 ら の 「 エ ネ ル ギ ー レ ベ ル 」 が 上 が っ て い る か 、 下 が っ て い る か 。 「 先 生 」 と 呼 ば れ る 人 間 の 究 極 の 評 価 は そ こ に あ る の で し よ う 。 そ し て 、 「 リ ー ダ ー 」 と 言 わ れ る 人 た ち の 評 価 も ま た そ う だ と 思 う の で す 。 最 後 に 、 藤 沢 作 品 に は 、 女 性 ( し か も 男 に 都 合 の よ い 女 性 ) が 「 花 を 添 え て い る 」 と い う 指 摘 を 読 ん だ こ と が あ り ま す 。 個 人 的 に は そ の 通 り と 思 い ま す し 、 も し か し た ら そ こ が 一 番 大 切 な と こ ろ か も し れ な い の で す が 、 判 断 は 読 者 の 皆 さ ん に お 任 せ し た い と 思 い ま す 。 ま と め に か え て こ の 本 を 読 ん で 「 行 進 し た い 気 持 ち 」 に な り ま し た か ? 469

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


せ る こ と 」 と 言 っ た の は ト ル ス ト イ で す が 、 大 切 な の は 前 章 で も 申 し 上 げ た 通 り 「 読 者 が 気 づ く 」 こ と で す 。 人 は 、 自 分 で 答 え を 見 つ け た り 、 気 づ い た り す る と き に 感 動 し ま す 。 そ し て 、 自 分 の 生 き 方 を 見 直 し た り 、 あ る い は 新 し い 行 動 を し て み た り し よ う と い う 気 に な る の で す 。 こ れ み よ が し の 「 答 え 」 を 与 え ら れ て も 、 そ の と き は ス ゴ イ 思 う か も し れ ま せ ん が 、 す ぐ に 忘 れ ら れ て し ま い ま す 。 経 営 関 係 の 書 籍 で 長 く 読 み 続 け ら れ る も の が 少 な い の は 、 そ ん な と こ ろ と 関 係 が あ る 気 が し ま す 。 家 柄 や 育 ち は 侮 れ な い 「 せ つ か く の い い 小 説 を 無 理 や り 経 営 に ひ も づ け る の は い か が な も の か ? 」 。 そ ん な 批 判 も 承 知 の う え で 、 い く つ か 私 の 「 気 づ い た 」 点 を 「 ま と め 」 と い う 一 一 一 一 「 葉 を 盾 に 勝 手 に ま と め て み ま す 。 も ち ろ ん 藤 沢 ワ ー ル ド の 真 骨 頂 は そ の 「 物 語 」 に あ る の で 、 不 幸 ( ? ) に も ま だ お 読 み に な っ て い な い 方 は お 読 み い た だ く こ と を お 勧 め し ま す 。 本 書 は 主 人 公 ・ 上 村 隼 太 ( の ち の 桑 山 又 左 衛 門 ) と そ の 片 貝 道 場 時 代 の 友 人 4 人 が 軸 に な っ て 展 開 し ま す 。 当 時 隼 太 を 含 め 4 人 が い わ ゆ る 部 屋 住 み ( 位 が 高 く な い 家 の 次 男 、 3 男 で 、 他 家 に 婿 に 行 か な い 限 り 一 生 う だ つ が 上 が ら な い ) の 境 遇 な の に 対 し 、 杉 山 鹿 之 助 ま と め に か え て こ の 本 を 読 ん で 「 行 進 し た い 気 持 ち 」 に な り ま し た か ? 455

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


「 書 籍 篇 、 の 第 6 章 で も ど 紹 介 し た 1972 年 に 出 版 さ れ た 中 根 千 枝 氏 『 適 応 の 条 件 日 本 的 連 続 の 思 考 』 窪 1 〕 を 読 む と 、 日 本 人 ・ 日 本 企 業 の グ ロ ー ヾ ル 化 の 今 日 的 課 題 が 年 〔 注 1 〕 講 談 社 現 代 新 書 前 に 指 摘 さ れ て い ま す 。 こ の 本 は い く つ か の 企 業 の 幹 部 研 修 で も 使 っ た の で す が 、 あ る 大 手 金 融 機 関 で は 国 際 業 務 部 の 部 長 ク ラ ス の 方 か ら も 「 非 常 に 参 考 に な っ た 」 と フ ィ ー ド バ ッ ク を 受 け 、 う れ し い よ う な 悲 し い よ う な 気 持 ち を 持 ち ま し た 。 19 6 9 年 に 始 ま っ た 「 グ ロ ー バ ル マ イ ン ド セ ッ ト 」 論 そ う し た 日 本 企 業 の グ ロ ー ヾ ル 化 に つ い て 、 学 会 (Academy of lnternational Business) Pe 「 一 mu 「 、 エ . 一 969. The → 0 き 05 e く 0 一 0 = on ofthe rnu 一 = コ 0 ま na 一 co 「 po 「 0 = on. Co/umbia 」 bU ョ 0 一 Wor/d Business 、 4 】 9 ・ 一 8. 適 応 の 条 件 日 本 的 連 第 の 里 考 中 根 千 校 年 。 物 ・ 第 代 物 第 350

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


か な い と き に 、 「 ス テ レ オ タ イ プ の 説 明 」 に 走 る こ と で す 。 例 え ば 「 な ぜ 御 社 は 今 意 思 決 〔 注 四 こ の 点 は 「 論 文 篇 」 第 Ⅱ 章 で 定 が で き な い の か ー と 問 わ れ て 「 日 本 企 業 は コ ン セ ン サ ス が 大 事 だ か ら 」 み た い な こ と を も 触 れ て い ま す 。 言 っ て し ま う の で す 。 そ う す る と 、 相 手 が 納 得 す る 場 合 は 多 い の で す が 、 本 当 の 問 題 を 掘 り 下 げ る こ と が ス ト ッ プ し て し ま い 、 ま た 自 社 の 本 当 の よ さ を 伝 え る 努 力 が な さ れ な く な っ て し ま う と 思 う の で す 。 次 の 年 に 向 け て こ こ ま で 読 ま れ た 方 は 、 な ぜ 、 私 が 本 書 を 読 ん で 「 驚 愕 」 し た の か が お 分 か り だ と 思 い ま す 。 そ う で す 、 年 前 の 日 本 人 論 、 あ る い は カ ル チ ュ ア ・ シ ョ ッ ク に つ い て の 中 根 氏 の 観 察 と 意 見 は 、 今 で も ほ ぼ そ の ま ま 当 て は ま る と い う 現 実 で す 。 「 私 た ち は 何 を し て い た ん だ 」 「 失 わ れ た 年 」 な ど と 言 っ て 、 新 た な 「 日 本 人 だ め 論 」 を 展 開 す る つ も り は あ り ま せ ん 。 た だ し 本 書 の 指 摘 の 多 く は 、 現 経 営 陣 だ け で な く 、 こ れ か ら 日 本 企 業 を 引 っ 張 る 若 い 方 々 も 、 も う 一 度 か み し め な く て は な ら な い も の で し よ う 。 「 日 本 食 」 の す ご さ 、 人 気 と い う 話 か ら 始 め ま し た が 、 実 は 日 本 に 対 し て 外 国 人 ( 欧 米 、 ア ジ ア 両 方 ) の 友 人 が 口 を そ ろ え て 言 う の は 、 「 日 本 に は 世 界 中 の 最 高 の 料 理 が あ る 」 と 第 6 章 40 年 前 に 語 ら れ た 日 本 の グ ロ ー / ヾ ル 化 の 課 題 145