検索 - みる会図書館

検索対象: 群像 2016年 9月号

群像 2016年 9月号から 283件ヒットしました。

群像 2016年 9月号


群 像 新 人 文 学 賞 受 賞 第 一 作 中 篇 1 0 枚 。 本 物 の 読 書 家 乗 代 雄 介

群像 2016年 9月号


持 続 ◎ と あ ま り に 強 い 緊 張 ⑤ は 私 の 判 断 を く ら ま せ 、 悲 し ま 取 っ た 」 ( — の 二 十 六 ) と い っ て い て 、 彼 自 身 が 「 有 能 な 読 ① 者 」 だ っ た こ と を 暗 に 語 っ て い た か ら で あ る 。 せ 、 疲 れ さ せ る 。 ◎ 私 の 視 力 は か き 乱 さ れ 、 散 漫 に な る 。 ) そ う い う と き に は 私 は 判 断 を 引 き 戻 し て 、 な ん ど も 揺 さ ぶ つ ま た 、 そ う し た 有 能 な 読 者 の 読 み 方 で 、 も う ひ と っ 指 摘 し て そ れ に 喝 を 入 れ て や ら な け れ ば な ら な い 。 て お い て い い こ と は 、 文 章 の 真 実 性 、 あ る い は そ の 誠 実 さ と も し も こ の 本 が 気 に 入 ら な け れ ば 、 ほ か の を 手 に 取 る 。 い う 、 こ と ば の 意 味 と は 別 に 、 、 わ ば そ の 行 間 に 潜 ん で い る そ れ に ま た 私 は な に も す る こ と の な い 倦 怠 に 襲 わ れ る と き で 著 者 の 人 間 性 ま で が 透 視 さ れ る こ と で あ る 。 こ と ば の 表 面 の な け れ ば 本 に 没 頭 し な い 」 ( Ⅱ の 十 ) 意 味 し か 読 も う と し な い 読 者 、 と い う よ り そ れ し か 読 め な い 徹 底 し た 自 分 本 位 の 読 み 方 で あ る 。 彼 は 本 を 愛 す る け れ 読 者 が い ま も 昔 も 多 い な か で 、 こ れ は 読 書 の 本 道 を 示 し た 読 ど 、 間 違 っ て も 本 を 崇 め る よ う な こ と は し な か っ た 。 昔 か ら み 方 で あ る 。 な ぜ そ れ が 本 道 か と い う と 、 も と も と こ と ば に ど ん な に 名 著 と い わ れ る 本 で も 、 評 判 を 鵜 呑 み に す る こ と は は 意 味 以 外 の も の を 読 む こ と を 可 能 に す る 性 質 が あ っ て 、 そ な か っ た か ら 、 読 ん で み て 気 に 入 ら な け れ ば 、 そ の ま ま 、 れ に 促 さ れ て 読 む の が 自 然 で 、 当 然 の 読 み 方 だ か ら で あ る 。 モ ン テ ー ニ ュ は そ う い う 読 み 方 を し た 。 つ ま で で も 放 っ て お く 。 反 対 に 読 み 甲 斐 の あ る 本 で あ れ ば 、 著 者 が 本 の な か に 書 き 入 れ な か っ た こ と ま で も 読 み 取 る こ と 「 一 一 = ロ う こ と は 行 う こ と と は 別 で あ る 」 と 前 置 き し て 、 彼 は が で き る 「 有 能 な 読 者 」 で あ り た い と 願 っ た 。 そ ん な 読 み 方 を し た 自 分 の 例 を あ げ て こ う 書 い て い る 。 「 有 能 な 読 者 は 、 し ば し ば 他 人 の 書 い た も の の な か に 、 著 「 古 代 の 人 た ち の 書 い た も の を 読 ん で い る と 、 自 分 が 本 気 者 が 書 き 込 ん だ 、 自 分 で 気 づ い て い る 完 璧 さ と 、 は 別 の 完 璧 さ で 考 え て い る こ と を 一 言 う 人 は 、 そ の ふ り を し て 言 う 人 よ り も 、 は る か に 強 く こ こ ろ に 訴 え か け て く る よ う に 思 わ れ る 。 を 発 見 す る も の だ 。 そ し て そ こ に い っ そ う 豊 か な 意 味 と 顔 つ プ ル ー き を 与 え る も の で あ る 」 ( — の 二 十 四 ) キ ケ ロ が 自 由 へ の 愛 を 語 る の を 聴 い て み る と い し こ れ こ そ は 有 能 な 読 者 に 許 さ れ た 読 む 醍 醐 味 で あ る 。 ト ウ ス 〔 前 一 世 紀 の ロ ー マ の 政 治 家 。 カ エ サ ル 暗 殺 の 首 謀 者 の 一 斎 書 こ の 「 有 能 な 読 者 」 に つ い て の 考 え は 、 じ つ は 彼 が 自 分 の 人 。 の ち に 自 死 し た 〕 が お な じ こ と を 語 る の を 聴 い て み る と い の 経 験 に 基 づ い て 書 い た こ と だ っ た よ う で あ る 。 つ ま り 彼 自 身 書 い た も の を 読 ん だ だ け で も 、 後 者 が 命 を 賭 け て 自 由 を ニ が そ う し た 読 者 だ っ た の で あ っ て 、 著 者 が 書 い た こ と 以 上 の 買 う 人 間 だ っ た こ と が 胸 に 響 い て く る 。 雄 弁 の 父 キ ケ ロ に 死 セ ネ 力 に お な じ こ と を も の を 本 の な か に 読 み 取 る 人 間 だ っ た の で あ る 。 「 ◎ 私 は の 蔑 視 に つ い て 語 ら せ て み る と い し テ イ ト ウ ス リ ウ イ ウ ス 〔 古 代 ロ ー マ の 大 歴 史 家 で 『 ロ ー マ 建 国 語 ら せ て み る と し し 前 者 が 力 な く だ ら け て い て 、 自 分 で 決 史 』 の 著 者 〕 の な か に 、 人 が 読 ま な か っ た 百 の 事 柄 を 読 み 心 が つ い て い な い こ と を あ な た 方 読 者 に 決 心 さ せ よ う と し て 297 モ ン テ ー

群像 2016年 9月号


隣 家 の 火 で 暖 を 取 る だ け で 満 足 し て い る 。 こ れ は 、 本 来 な ら 的 な も の で 、 研 究 者 だ け で な く 、 読 者 を も 益 す る と こ ろ は 計 ば 他 人 の 意 見 や 知 識 を 借 り て 来 た ら 、 そ れ で 自 分 の 精 神 を 啓 り 知 れ な い も の が あ る 。 た だ わ た し の よ う な 気 ま ま な 読 者 蒙 し 、 強 化 し な け れ ば な ら な い こ と を い う た め の 比 喩 で あ は 、 モ ン テ ー ニ ュ が 他 人 の 本 を 読 ん で こ こ ろ に 収 め た も の は る 。 生 活 に 即 し た 著 者 ら し い 比 喩 だ と 思 っ た 。 彼 自 身 の 血 肉 に な っ て い る の だ か ら 、 そ う 典 拠 に こ だ わ ら ず そ し て 当 然 わ た し は 、 こ の 比 喩 は モ ン テ ー ニ ュ が 考 え 出 し に そ こ に 書 か れ て い る も の を 彼 の 思 想 だ と 思 っ て 読 ん で い る 。 た も の だ と ば か り 思 っ て 読 ん で い た 。 と こ ろ が 、 こ れ に は れ つ き と し た 典 拠 が あ っ た 。 わ た し は あ と で ヴ ィ レ ー の 注 解 そ れ に し て も 、 彼 が そ こ ま で 深 く 読 み 込 め る 本 を 持 っ て い を 読 ん で そ れ を 知 り 、 自 分 の 無 知 と う か っ さ に 気 づ い た 。 ア た と い う の は 幸 せ な こ と で あ る 。 彼 は 書 庫 に 「 ⑤ 一 千 冊 の 本 ミ ョ の 仏 訳 に よ る プ ル タ ル コ ス の 『 倫 理 論 集 』 の 第 十 九 章 を 持 っ て い る 」 ( Ⅲ の 十 一 l) と い っ て い た 。 し か し ヴ ィ レ ー が 「 い か に 聴 く べ き か 」 か ら 取 ら れ た も の だ っ た の で あ る 。 推 定 に よ っ て 作 成 し た 彼 の 蔵 書 目 録 を 見 る と 、 一 千 冊 と い っ こ の 本 は モ ン テ ー ニ ュ が も っ と も 愛 読 し た 本 の 一 冊 だ っ た て も 本 の タ イ ト ル と し て は せ い ぜ い 二 百 六 十 な い し 二 百 七 十 か ら 、 プ ル タ ル コ ス の 文 章 が 彼 の 文 章 に 溶 け 込 ん で 、 い ず れ 冊 程 度 に す ぎ な い 。 そ れ で も 彼 の 書 庫 は 「@村 の 書 庫 の な か の 著 者 の も の と も 見 分 け が っ か な く な っ て い た の で あ る 。 こ で も 見 事 な も の の 一 つ 」 ( Ⅱ の 十 七 ) だ っ た の で あ る 。 わ た し ん な ふ う に 彼 は 読 ん だ も の を 吸 収 し て 自 家 薬 籠 中 の も の に し た ち は 本 の 洪 水 の な か で 、 生 涯 の 伴 侶 と す る に 足 り る 本 に 容 て い た の で あ っ て 、 こ の 火 を 借 り る 人 を 比 喩 に 使 っ た 一 節 易 に 出 会 え な い で い る 。 彼 は そ れ と は 対 照 的 に 本 の 少 な い 時 は 、 み ず か ら 実 践 し て 見 せ た 彼 の 本 の 読 み 方 だ っ た の で あ 代 に 生 き な が ら 、 そ の な か か ら 十 数 冊 を 座 右 に 置 き 、 そ れ を る 。 真 に 生 涯 の 友 と し て 生 き た の だ っ た 。 「 私 は 本 を ば ら ば ら め く る が 、 本 の 研 究 は し な い 。 そ う わ た し は 最 近 あ た ら し い 本 を 読 む こ と よ り 前 に 読 ん だ 本 を や っ て そ こ か ら 私 に 残 る も の は 、 も う 他 人 の も の と 見 分 け が 読 み 返 す こ と の ほ う が 多 く な っ た 。 あ き ら か に 精 神 の 老 化 で つ か な く な っ た も の で あ る 。 そ れ だ け が 私 の 判 断 が 活 用 し た あ り 、 退 化 で あ る 。 し か し 再 読 に 堪 え る 本 が あ る と い う の は 唯 一 の も の で あ り 、 私 の 判 断 に 染 み 込 ん だ 考 察 と 思 想 で あ う れ し い こ と で ( そ う で な い 本 を 本 と い え る だ ろ う か ) 、 わ る 。 著 者 や 、 場 所 や 、 言 葉 や 、 そ の ほ か の 状 況 を 、 私 は つ ね た し に は 再 読 ど こ ろ か 百 読 し て 飽 き る こ と の な い 本 が あ る 。 に 忘 れ て し ま う 」 ( Ⅱ の 十 七 ) そ れ を 間 を お い て 読 む と 、 本 は そ の た び に わ た し の 精 神 を 鼓 文 章 の な か に 隠 さ れ て い る 典 拠 を 特 定 す る ヴ ィ レ ー の 気 の 舞 し 生 き 返 ら せ る 。 そ の よ み が え っ た 活 力 は か ら だ に も 伝 わ 遠 く な る よ う な 研 究 が 成 立 し た 所 以 で あ る 。 そ の 成 果 は 画 期 り 、 わ た し の 生 活 の ほ か の 部 分 に 広 が っ て 、 街 を 歩 く と き

群像 2016年 9月号


本 を 人 生 の 「 最 良 の 蓄 え 」 と 認 め た と こ ろ に 、 彼 が こ こ ろ 換 え る こ と は で き な い が 、 ほ か の 愉 し さ も ま た 本 の そ れ で 代 か ら 本 を 愛 し て い た こ と が 素 直 に あ ら わ れ て い る 。 か た わ ら 用 す る こ と は で き な い 。 彼 の 本 の 扱 い 方 は 生 活 の 隅 々 ま で 愉 に 本 が あ り さ え す れ ば 、 本 の 守 銭 奴 と し て は 安 心 し て い ら れ し む こ と を 求 め た 人 間 の 生 き る 知 恵 だ っ た の で あ る 。 る わ け で あ る 。 蓄 え で あ る か ら 、 な か に は い つ も 読 む と は か ぎ ら な い の も あ る 。 す る と 、 そ ん な の は ほ ん と う の 本 好 き の す る こ と で は な い 、 宝 の 持 ち 腐 れ だ と 陰 口 を き く も の が 出 て く る か も し れ な い 。 さ て モ ン テ ー ニ ュ ま 、 、 し か し 人 間 の 生 活 は 幅 の 広 い も の で あ っ し し っ た ん 本 を 手 に 取 る と 、 そ れ を ど て 、 そ こ に は 本 よ り も い っ そ う 実 質 的 な 愉 し み は い く ら で も ん な ふ う に 読 む だ ろ う か 。 わ た し が い う の は 内 容 の 読 み 方 の あ る の に 、 そ れ が 目 に 入 ら な い ほ ど 本 が 好 き だ と い う の は 現 こ と で は な い 。 食 事 の 摂 り 方 に 急 い で 食 べ る の と ゆ っ く り 噛 実 に あ り う る こ と だ ろ う か 。 あ り う る と す れ ば 、 そ の 人 は ど ん で 食 べ る の が あ る よ う に 、 い わ ば 本 の 食 べ 方 、 遇 し 方 で あ こ か で 精 神 の バ ラ ン ス が 崩 れ て い る の で あ る 。 本 の 虫 と い う る 。 本 は 読 ん で 愉 し む た め の も の で あ る か ら 、 彼 は そ の た め の は 多 分 そ う い う 人 間 を 指 し て い る の だ ろ う が 、 本 に ど れ だ の 努 力 を 惜 し む 人 間 で は な か っ た け れ ど 、 こ こ ろ の 赴 く ま ま け 価 値 が あ っ て も 、 実 際 に は 本 は 生 活 の 一 部 で し か な い も の に 衝 動 的 に 行 動 す る 人 間 、 彼 が い う と こ ろ の esprit で あ っ て 、 わ た し た ち は 暮 ら し の な か で 本 ば か り 読 ん で い る primesautier だ っ た か ら 、 読 ん で み て も す ぐ に は 腑 に 落 ち な は ず は な い の で あ る 。 く て 肝 腎 の 愉 し み を 味 わ え な い よ う な と き は 、 さ っ さ と そ こ そ の 点 モ ン テ ー ニ ュ は 正 直 な も の で 、 「 ⑤ 私 は 、 ほ か に も を 飛 ば し て 読 む 。 あ る い は 別 の 本 を 読 む か し て 、 自 在 に 本 と 色 々 あ る 、 本 よ り も っ と 現 実 的 で 、 生 き 生 き と し た 、 自 然 な そ の 読 み 方 を 操 っ た 。 愉 し み が な い と き で な け れ ば 本 を 求 め な い 」 ( Ⅲ の 三 ) と い っ 「 私 は 本 を 読 ん で い て 、 む ず か し い と こ ろ に 出 会 う と 、 爪 て い た 。 こ れ が 健 全 な 精 神 と い う も の で あ る 。 彼 が 本 を 二 の を 噛 ん だ り は し な い 。 一 、 二 回 攻 め て み て 、 あ と は そ の ま ま 次 に し た の が 本 を 貶 め た の で な い こ と は い う ま で も な い 。 本 放 っ て お く 。 を 読 む 快 楽 は い つ で も 味 わ う こ と が で き る か ら 、 年 を 取 っ て ⑤ い つ ま で も そ こ に 突 っ 立 っ て 本 に か じ り つ い て い て は 、 い っ 味 わ え な く な る か も し れ な い ほ か の 愉 し さ を 優 先 さ せ た 自 分 を 見 失 い 、 時 間 ま で も 無 駄 に 失 う こ と に な る だ ろ う 。 な プ リ ム ソ チ ェ ま で の こ と で あ っ て 、 そ れ が 生 を 愉 し む こ と に 余 念 の な い モ ぜ な ら 私 の 精 神 は 衝 動 的 に 働 く か ら で あ る 。 最 初 の 攻 撃 で 見 ン テ ー ニ ュ の し た た か な 生 き 方 な の で あ る 。 な る ほ ど 本 を 読 え な か っ た も の は 、 そ こ に 頑 固 に こ だ わ っ て い る と 、 も っ と む 愉 し さ は ま た と な い も の で 、 ほ か の ど ん な 愉 し さ に も 置 き 見 え な く な る 。 私 は 愉 し く な け れ ば 、 な に ひ と つ や ら な い 。 296

群像 2016年 9月号


『 日 本 近 代 文 学 の 起 源 』 に 関 し て 、 こ の 間 に 経 験 し て き た 派 の 人 間 の 一 人 で あ る こ と を 自 負 し て い る 。 そ れ を 証 明 し た の は 、 私 の 仕 事 か ら 実 は 影 響 を 受 け て い る の に 、 影 響 を 受 い 余 り に 、 喜 ん で 酸 欠 に 陥 り た が る せ い で 、 文 章 が 過 呼 吸 の け た こ と を 隠 す た め に 、 西 洋 の 著 作 を 持 っ て く る こ と で 様 相 を 呈 し て く る と い う の が わ た し の 慎 ま し い 自 己 分 析 だ 。 す 。 そ の 手 口 は わ か っ て い ま す 。 た と え ば 私 が 「 児 童 の 発 ち な み に 、 「 過 呼 吸 」 に よ っ て 引 き 起 こ さ れ る 症 状 に は 、 ウ イ キ ペ デ ィ ア に よ れ ば 以 下 の よ う な も の が あ る と い う 。 見 」 を 書 い た ら 、 フ ィ リ ッ プ ・ ア リ エ ス の 『 子 供 の 誕 生 』 「 息 苦 し さ 、 呼 吸 が 速 く な る ( 呼 吸 を 深 く す る と 胸 部 に 圧 迫 を 参 照 の 枠 組 に 持 っ て き て 、 こ と も あ ろ う に 、 私 が そ の 真 似 を し た と い う の で す 。 し か し 、 私 は い ま だ に ア リ エ ス を を 感 じ る ) 、 胸 部 の 圧 迫 感 や 痛 み 、 動 悸 、 目 眩 、 手 足 や 唇 の 読 ん で い な い 。 腹 が 立 っ た か ら 読 ま な か っ た 。 読 ん だ ほ う 痺 れ 、 頭 が ポ ー と す る 、 死 の 恐 怖 を 感 じ る 、 パ ニ ッ ク に な 、 い に 決 ま っ て い ま す け ど ね 。 る 、 ( ま れ に ) 失 神 」 : こ れ は ま ぎ れ も な く 、 読 書 が も た ら す 諸 症 状 で は な い 事 の 真 相 は と も か く 、 最 後 の 一 文 に は か な り 興 味 を か き 立 だ ろ う か ? 少 な く と も 、 読 書 家 を 自 任 す る の で あ れ ば 、 そ て ら れ る も の が あ る 。 そ う 、 読 ん だ ほ う が い い に 決 ま っ て い う 信 じ 込 む べ き 以 外 の 何 物 で も な い の で は な い か ? 正 直 に る 。 欲 を か く な ら 全 て の 本 を 、 様 々 な 理 由 を の さ ば ら せ て い い っ て 、 近 頃 の ー ー 特 に 「 文 学 」 の ー ー 読 書 家 た る 我 々 は 、 る よ り は 、 一 冊 残 ら ず 読 み 干 せ ば い い 。 実 際 、 人 類 は 紛 れ も 何 か し ら の 宣 告 を 切 望 し な が ら 、 待 合 室 で 本 を だ ら だ ら 読 ん で い る 限 り 時 間 を 引 き 延 ば し て も ら え る と 信 じ 込 ん で い る な く 全 て の 本 に 目 を 通 し て き た 。 し か し 、 個 人 は ろ く に 本 を 読 め ず の た れ 死 ぬ で あ ろ う 。 読 書 家 を 名 乗 る に は 過 酷 な 時 代 図 々 し い 患 者 に 過 ぎ な い の で は な い か と 、 く よ く よ し て し ま う こ と が あ る 。 い ざ 宣 告 が 済 め ば 、 そ の 内 容 如 何 で は 事 を な が 今 も 進 行 し つ つ あ る 。 す 覚 悟 も あ る が 、 宣 告 者 不 在 の ゆ え に 転 機 が 訪 れ る 兆 し は な し か し な が ら 、 誰 か が わ た し の 読 ん で い な い 本 を 読 ん で い く 、 結 果 こ こ に い る の は 、 時 折 、 過 呼 吸 に 陥 る の を い い こ と る と い う 傍 点 が つ く る 落 と し 穴 に は ま り な が ら 、 一 方 で 、 個 人 的 塹 壕 Ⅱ タ コ ッ ポ と し て 利 用 し 、 し ま い に は 墓 穴 と し て の に 権 利 を 主 張 す る 、 ひ ょ う き ん な 患 者 も ど き だ け に な る 。 医 家 読 活 用 を 余 儀 な く さ れ る そ の 壁 面 に 、 浅 ま し さ と 美 し さ の 斑 を 者 が い な く て 患 者 が 務 ま る こ と は な い 。 畢 竟 、 ホ メ オ バ シ ー め い て く る そ の 応 急 処 置 風 景 と い え 物 描 く 読 書 家 の 矜 恃 が 存 す る の も 事 実 だ ろ う 。 そ の 底 に お い て わ た し は 、 こ こ が 落 と し 穴 に 過 ぎ な い こ と を 限 り な く 明 晰 に ば 、 例 え ば 、 か の フ ラ ン ツ ・ カ フ カ が 「 僕 は 、 お よ そ 自 分 を 意 識 し 続 け て お き た い と ふ さ ぎ 込 む 、 ど ち ら か と い え ば 少 数 咬 ん だ り 、 刺 し た り す る 本 だ け を 、 読 む べ き で は な い か と

群像 2016年 9月号


い る の が 感 じ ら れ る は ず で あ る 。 彼 が 読 者 に 勇 気 を 与 え な い 平 然 と 口 に し た り 書 い た り す る 厚 顔 無 恥 な 人 間 の こ と を い っ の は 、 彼 自 身 が 勇 気 を 持 っ て い な い た め な の だ 。 一 方 の セ ネ て い る の で は な い 。 自 分 で は 考 え て い る こ と を 書 い て い る つ 力 は あ な た を 奮 い 立 た せ 、 燃 え 上 が ら せ る 」 ( の 三 十 一 ) も り で も 実 際 は そ う で な い こ と が あ る と い う こ と で あ る 。 モ き び し い 批 評 で あ る 。 こ れ は モ ン テ ー ニ ュ が こ れ ら 三 人 の ン テ ー ニ ュ が 批 判 し た キ ケ ロ の 場 合 が お そ ら く そ う だ っ た の 文 章 の 言 外 に 漂 う 印 象 に 基 づ い て 下 し た 批 評 で あ る 。 そ う い だ ろ う が 、 し か し 彼 の よ う な 有 能 な 読 者 の 手 に か か れ ば 、 一 う こ と が 可 能 な の は 、 こ と ば は 知 力 に だ け 訴 え る も の で は な 見 堂 々 と 見 え る 文 章 に も 力 の 抜 け た 空 疎 な も の が 隠 さ れ て い く 、 感 性 、 心 情 、 あ る い は 記 憶 と い う 人 間 の 能 力 の す べ て に る こ と が 見 透 か さ れ て し ま う の だ 。 ど ん な に 華 麗 な 雄 弁 も 、 訴 え か け る か ら で あ っ て 、 読 み 方 と し て は 当 た り 前 の こ と を そ こ に 真 実 が 籠 っ て い な け れ ば こ と ば の む な し さ を 覆 い 隠 す し た 結 果 が こ う い う 文 章 に な る の で あ る 。 こ と は で き な い 。 モ ン テ ー ニ ュ は 文 を そ こ ま で 読 む 人 だ っ ち な み に モ ン テ ー ニ ュ は 、 死 に た い す る セ ネ 力 の 勇 気 を 称 た 。 実 際 、 こ と ば と い う の は 空 恐 ろ し い も の で 、 ビ ュ フ ォ ン え て い る が 、 そ の セ ネ 力 が あ る 陰 謀 に 加 担 し た 疑 い を か け ら が い っ た よ う に 、 「 文 は 人 な り 」 な の で あ る 。 こ と ば は そ れ し ふ れ て 、 彼 が 師 傅 と し て 仕 え た ロ ー マ 皇 帝 ネ 口 に 死 を 命 じ ら が 表 わ す 意 味 以 上 の も の を 含 ん で い て 、 読 む 力 の あ る 読 者 が れ 、 自 死 を 決 意 し た と き 、 平 然 と 死 に 向 か い 合 い 、 ま た 若 い 読 め ば 、 そ こ に 「 人 」 が 、 そ の 人 間 の 本 性 が 表 わ れ て 来 る の で あ る 。 妻 ポ ン ペ イ ア ・ バ ウ リ ナ が と も に 死 な せ て ほ し い と 必 死 に 哀 願 す る そ の わ け を 聞 い て 、 彼 女 の 健 気 さ に 打 た れ 、 願 い を 聞 き 入 れ る と こ ろ を 「 三 人 の 良 妻 に つ い て 」 ( Ⅱ の 三 十 五 ) の な か で 描 い て い る 。 典 拠 は タ キ ト ウ ス の 『 年 代 記 』 に あ る が 、 わ た し は 本 を 読 む の が 遅 い 。 そ れ で ず い ぶ ん 損 を し て い る こ れ は 典 拠 を う わ ま わ る 感 動 的 な 描 写 で あ っ て 、 い ま モ ン テ か も し れ な い が 、 こ の 年 に な れ ば い つ も 勉 強 や 仕 事 の た め に ー ニ ュ が セ ネ 力 の 死 に つ い て 語 っ て い た こ と を 裏 づ け る も の 本 を 読 ん で い る わ け で は な い か ら 、 読 め る 本 が 二 倍 に な っ て で あ る 。 い い 文 章 な の で ぜ ひ 一 読 を お 勧 め し た い 。 も 別 に あ り が た い と は 思 わ な い 。 だ か ら 、 ど こ ま で も 我 流 で 話 を 戻 そ う 。 わ た し た ち は 自 分 が 考 え て い る こ と を 書 い て 読 む 。 読 み た い と 思 う 本 は 、 活 字 を 目 で 押 さ え る よ う に し て い る と 思 っ て い る 。 が 、 果 た し て そ う い え る だ ろ う か 。 考 え 読 む 。 と い う よ り も 、 む し ろ 本 が そ う い う 読 み 方 を わ た し に て い る と 思 っ て い る こ と で も 、 必 ず し も そ の 人 が 本 気 で そ う さ せ る の で あ る 。 い い 酒 が 呑 み 方 を 教 え る よ う な も の で あ っ 考 え て い る と は か ぎ ら な い 。 し か も 、 と き に は そ の 人 が そ れ て 、 旨 い か ら 欲 張 っ て も っ と 呑 も う と し て も 酒 が そ う は さ せ に 気 づ い て い な い こ と が あ る 。 こ れ は こ こ ろ に も な い こ と を な い 。 旨 け れ ば 旨 い ほ ど 酒 と い う も の は 、 ま る で 味 を 愉 し め 298

群像 2016年 9月号


し ろ 落 ち 着 い て 穏 や か に な る た め に そ れ を 必 要 と す る の で あ の こ と を 書 い て い る 。 「 読 書 は 、 私 に と っ て 、 と り わ け さ 、 る 。 《 無 為 が も た ら す 良 か ら ぬ こ と は 仕 事 で ふ り 払 わ な け れ ま ざ ま な 対 象 に よ っ て 私 の 思 索 を 目 覚 め さ せ 、 私 の 記 憶 で は ば な ら な い 》 〔 セ ネ カ 〕 。 な ぜ な ら 私 の 精 神 の い ち ば ん 骨 の 折 な く 、 私 の 判 断 を 働 か せ る の に 役 立 っ て い る 」 ( Ⅲ の 三 ) れ る 主 要 な 研 究 は 自 分 を 研 究 す る こ と だ か ら で あ る 」 ( Ⅲ の 本 を 読 む こ と は 、 彼 の 思 索 を 刺 激 し 、 目 覚 め さ せ る 。 こ れ が 書 き 手 で あ る 彼 に と っ て 読 書 の 効 用 で あ る 。 し か し そ の 効 彼 は こ う 書 い て い る 。 精 神 は な に か の 主 題 を 与 え ら れ る 用 も そ れ 以 上 の も の で は あ り 得 な い 。 本 が 与 え た 精 神 の 目 覚 と 、 そ の 研 究 に 全 力 で 当 た る 力 を 持 っ て い る が 、 彼 の 場 合 、 め は 思 索 の 起 動 に す ぎ な い も の で あ り 、 読 書 は 自 己 を 描 く 創 そ の 精 神 の 活 動 は も つ ば ら 自 分 を 研 究 す る こ と に 注 が れ る 。 造 的 な 営 み へ 直 ち に 導 く も の で は な い か ら で あ る 。 む し ろ そ 彼 が た び た び 公 言 す る 明 快 な 自 己 認 識 で あ る 。 の 営 み を 妨 げ て 、 彼 の 精 神 を 別 の ほ う へ そ ら す こ と に な る 。 と こ ろ が 、 の ち に な っ て 彼 は 、 こ の 一 節 に 続 け て 、 次 の よ そ の 上 、 本 と い う も の は 、 そ れ が ど ん な に 優 れ た も の で あ っ う な 一 行 を あ え て 書 き 加 え た の で あ る 。 て も 、 彼 自 身 の 精 神 生 活 、 す な わ ち 『 エ セ ー 』 が 生 ま れ る 母 「 本 は 、 私 の 精 神 に と っ て 、 そ の 研 究 か ら 精 神 を そ ら す 種 胎 を 創 る も の で は な い 。 そ れ を 創 る こ と が で き る の は 彼 の ほ 類 の 仕 事 に 属 す る 」 か に は な い か ら で あ る 。 こ れ が 、 敷 衍 す れ ば 、 あ の 加 筆 に 含 意 外 な 加 筆 で あ る 。 こ れ で は あ る 意 味 で 読 書 を 否 定 す る こ 意 さ れ て い た こ と で は な か っ た だ ろ う か 。 た し か に 本 と の 付 と に な り か ね な い 。 言 読 書 を 退 け る こ う い う 見 方 は 、 あ れ だ け き ム ロ し し 。 、 こ よ さ ま ざ ま な 利 点 が あ っ た 。 し か し 本 は 危 険 な 道 具 本 を 愛 し た 読 書 家 の い う こ と に し て は 思 い が け な い 感 じ が す に も な り 得 る の で あ る 。 彼 は あ の 加 筆 に よ っ て 読 書 の 限 界 と る 。 し か し 、 こ の わ ず か 一 行 程 度 の 発 言 の な か に 、 読 書 に 関 危 険 性 を 指 摘 し て お き た か っ た の だ 。 そ れ を 自 覚 す る こ と す る 彼 の 深 い 思 想 が 含 ま れ て い る 。 す く な く と も わ た し に は は 、 『 エ セ ー 』 を 書 く モ ン テ ー ニ ュ に と っ て 、 彼 の 創 造 的 な そ う 読 め る の で あ る 。 仕 事 の 成 否 に か か わ る こ と だ っ た か ら で あ る 。 い っ た い モ ン テ ー ニ ュ は こ の 加 筆 に よ っ て な に を い お う と し た の だ ろ う か 。 書 き 手 の 彼 に と っ て 読 書 の 功 罪 と は ど こ に わ た し は プ ル ー ス ト が 読 書 の 役 割 の 限 界 に お な じ よ う な 反 あ っ た の か 。 応 を 示 し た こ と を 思 い 出 す 。 ま た し て も プ ル ー ス ト の 話 で 恐 い ま の 引 用 に よ る と 、 「 外 か ら の 材 料 」 、 す な わ ち そ の 一 つ 縮 な の だ が 、 彼 は モ ン テ ー ニ ュ に 劣 ら な い ま こ と に 慧 眼 な 読 と 考 え て い い 読 書 は 、 「 精 神 が ま ど ろ み を 覚 ま し て 活 動 す る 書 家 だ っ た 。 そ の 読 み の 深 さ 、 的 確 さ は 、 『 サ ン ト ⅱ プ ー ヴ た め に 」 必 要 と さ れ た 。 お な じ く 最 晩 年 の 加 筆 で 、 彼 は 同 様 に 反 論 す る 』 や 、 フ ロ ー ベ ー ル と ポ ー ド レ ー ル を 論 じ た 作 家 302

群像 2016年 9月号


を 書 い た か ら で あ る 」 ( Ⅱ の 十 八 ) 彼 は 自 分 が 書 い た 『 エ セ ー 』 の た め に 、 あ ら た め て 先 人 た ち の 本 を 読 ま な け れ ば な ら な く な っ た の だ 。 な ぜ か と い え ば 、 「 ◎ そ れ は 私 の 意 見 を 形 作 る た め で は な く 、 も う す で に 出 来 上 が っ て い る 私 の 意 見 を 補 佐 し 、 助 け 、 そ れ に 奉 仕 さ せ る た め で あ る 」 ( Ⅱ の 十 八 ) 。 要 す る に 、 彼 の 意 見 や 思 想 を 支 モ ン テ ー ニ ュ の 本 と の 付 き 合 い で 忘 れ て な ら な い こ と が あ え て く れ る 数 々 の 引 用 を 探 す た め に 本 を 漁 っ て 、 「 ◎ 前 よ り る 。 彼 が 本 の 読 み 手 で あ る と 同 時 に 、 い う ま で も な い こ と で す こ し だ け 注 意 深 く 他 人 の 本 に 耳 を 傾 け た 」 ( Ⅱ の 十 八 ) の で あ る が 、 書 き 手 で も あ っ た と い う こ と で あ る 。 そ し て 、 そ の あ る 。 読 書 は こ の と き 『 エ セ ー 』 に 奉 仕 さ せ る た め の 「 勉 書 き 手 の 立 場 か ら 読 書 と い う も の を 考 え る と き 、 そ れ を 知 識 強 」 に 変 わ っ た の で あ っ て 、 そ の 結 果 、 『 エ セ ー 』 は 千 三 百 以 上 に も の ば る と い わ れ る 引 用 に よ っ て 補 佐 さ れ た の で あ や 思 想 の 吸 収 や 同 化 と は 根 本 的 に 異 な る 視 点 か ら 捉 え な け れ る 。 ば な ら な く な る 。 一 般 的 に い っ て 、 わ た し た ち は 多 く の 本 を 読 ん だ 結 果 、 自 書 き 手 で あ る モ ン テ ー ニ ュ に と っ て 、 他 者 の 本 を 読 む こ と 分 で も な に か を 書 い て み る 気 に な っ た と い う の が 普 通 に た ど る 道 筋 で あ る と き 、 モ ン テ ー ニ ュ は そ れ と 反 対 の 道 筋 を た に は 、 も う 一 つ の 考 え る べ き 本 質 的 な 問 題 が あ っ た 。 そ れ は ど っ た 。 彼 が 『 エ セ ー 』 を 書 く に 至 っ た 動 機 に つ い て は す で 読 書 が 彼 の 精 神 の 活 動 に ど う 関 わ る か と い う 問 題 で あ っ て 、 に 述 べ た が 、 す く な く と も 初 期 の 『 エ セ ー 』 の 執 筆 は 、 隠 棲 彼 に 読 書 論 と い え る も の が あ る と す れ ば 、 あ る 意 味 で そ の 核 心 と な る べ き 性 質 の も の で あ る 。 生 活 と 友 人 の 死 が も た ら し た 孤 独 と 憂 鬱 か ら 抜 け 出 す た め の 彼 は 自 分 の 精 神 の 働 き に つ い て ど ん な 認 識 を 持 っ て い た だ 斎 自 己 救 済 の 試 み だ っ た 。 た し か に そ の と き に 書 か れ た 主 題 の 書 多 く は 読 書 か ら 得 た 知 識 に 頼 る も の だ っ た け れ ど 、 自 分 を 描 ろ う か 。 ま ず そ れ を 見 て お こ う 。 の く と い う 根 本 の テ ー マ を 掴 ん で か ら は 、 も つ ば ら 自 分 を 知 る 「 ⑤ 精 神 は 、 ど ん な に 軽 い 主 題 を 与 え ら れ て も 、 進 ん で そ れ ニ を 拡 大 し 、 引 き 伸 ば し て 、 全 力 で そ れ に 没 頭 で き る ま で に な た め の 研 究 に 集 中 し 、 そ れ に よ っ て 得 た 自 分 に 関 す る 認 識 を 材 料 に し て 本 を 書 く よ う に な っ た 。 つ ま り 本 を 書 く た め に 他 る 。 そ れ ゆ え 精 神 が 無 為 で い る の は 、 私 に は つ ら い 仕 事 で 、 者 の 本 を 読 む 必 要 は な か っ た の で あ る 。 「 ◎ 私 は 本 を 書 く た 健 康 を 損 な う も の な の だ 。 大 方 の 精 神 は ま ど ろ み を 覚 ま し て め に 勉 強 し た こ と は ま っ た く な い 。 私 が 多 少 勉 強 し た の は 本 活 動 す る た め に 外 か ら の 材 料 を 必 要 と す る が 、 私 の 精 神 は む も 、 人 と 会 う と き も 、 食 事 を す る と き も 、 わ た し を 勇 気 づ け 、 活 気 づ け る 。 そ の 意 味 で 百 冊 の 新 刊 書 を 積 ま れ て も 、 古 馴 染 の 本 一 冊 に 遠 く お よ ば な い の で あ る 。 301 モ ン テ ー

群像 2016年 9月号


二 つ は い ず れ も 他 人 に 依 存 し て い る 上 に 、 り つ ば な 紳 士 と い る こ と を 知 っ て い る だ け で こ こ ろ が 落 ち 着 く と い っ て い る こ う の は め っ た に い な い の が 難 点 で あ り 、 見 目 う る わ し い 女 性 と に 大 い に 共 感 し た も の だ っ た 。 彼 は こ う い っ て い た の で あ る 。 と の 交 わ り は こ ち ら が 年 を 取 る と と も に し ば ん で し ま う 。 そ れ に 比 べ て 本 と の 交 際 は よ り 確 か で 、 つ ね に 変 わ る こ と が な 「 ⑤ 袖 口 に 〔 昔 の 衣 服 は そ こ に ポ ケ ッ ト が あ っ た 〕 薬 を 忍 ば せ て 、 手 に も 入 れ や す い 。 本 は 放 っ て お い て も 人 間 の よ う に 嫌 い る 病 人 は 同 情 す る に は お よ ば な い 。 こ れ は ま っ た く 真 実 な な 顔 ひ と っ せ ず 、 読 み た く な っ て 本 を 開 け ば い つ も お な じ 顔 格 一 言 で あ っ て 、 こ の 格 言 の 経 験 と 実 行 の な か に 、 私 が 本 か ら で 迎 え て く れ る 。 だ か ら 本 と の 付 き 合 い は 気 兼 ね な く 一 生 続 引 き 出 す 成 果 の す べ て が あ る 。 実 際 私 は 本 を 使 わ な い 。 そ れ け ら れ る 。 そ れ に 本 は 、 書 斎 を 離 れ て 、 い つ で も 、 ど こ へ で は 本 を ま っ た く 知 ら な い 人 た ち と ほ と ん ど 変 わ ら な い と い っ も 読 み 手 に 付 き 添 っ て 行 っ て 旅 の つ れ づ れ を 慰 め て く れ る 。 て も い い よ う な も の で あ る 。 私 は 守 銭 奴 が 財 宝 を 愉 し む よ う そ う し た 数 々 の 利 点 が モ ン テ ー ニ ュ に と っ て な に よ り も 本 の に 本 を 愉 し ん で い る 。 い つ で も 好 き な と き に 愉 し め る こ と を あ り が た 味 な の で あ る 。 知 っ て い る か ら だ 。 私 の 精 神 は こ の 所 有 権 だ け で 充 分 満 足 し て い る 。 私 は 、 平 時 に も 戦 時 に も 、 本 を 持 た ず に 旅 を す る と た し か に 彼 は 本 好 き だ っ た け れ ど 、 そ れ に 加 え て 慧 眼 な 読 い う こ と は な い 。 そ の く せ 、 本 を 読 ま ず に 何 日 も 、 何 カ 月 も み 手 で も あ っ た 。 彼 は 現 代 の 本 よ り 古 代 の も の を 好 ん で 読 ん 経 っ こ と が あ る だ ろ う 。 《 そ の う ち に 、 あ る い は あ し た 、 あ だ が 、 た と え ば 古 代 ロ ー マ の プ ル タ ル コ ス 、 セ ネ 力 、 カ エ サ る い は 気 が 向 い た と き に 読 も う 》 と 、 こ こ ろ の な か で つ ぶ や ル 、 あ る い は 詩 人 の ウ エ ル ギ リ ウ ス や ル ク レ テ イ ウ ス に つ い く 。 そ う こ う し て い る う ち に 、 時 が 流 れ 、 過 ぎ 去 っ て ゆ く け て 『 エ セ ー 』 の な か で 述 べ て い る 批 評 や 感 想 を 見 る と 、 そ れ れ ど 、 そ れ で い っ こ う に 困 っ た と は 思 わ な い 。 な ぜ か と い う が 手 に 取 る よ う に わ か る 。 と 、 本 が 私 の か た わ ら に あ っ て 、 好 き な と き に 愉 し み を 与 え 斎 し か し 、 そ の 一 方 で 、 い つ も 熱 心 で 誠 実 な 読 者 だ っ た か と て く れ る と 考 え る と 、 ま た 本 が 私 の 生 活 に ど ん な に 救 い を も の ュ い う と 、 じ つ は 必 ず し も そ う で は な か っ た 。 む し ろ か な り 身 た ら し て く れ る か を あ ら た め て 思 い 知 る と 、 こ こ ろ が ど れ ほ 勝 手 な 読 み 手 で も あ っ た 。 け れ ど も そ れ は 本 を い い 加 減 に 扱 ど 安 ら か に な る か と て も ロ で い え る も の で は な い か ら だ 。 こ う と い う の で は な く て 、 そ こ に は 彼 な ら で は の こ ん な 理 由 が れ こ そ は 私 が こ の 人 生 と い う 旅 の た め に 見 出 し た 最 良 の 蓄 え で あ る 」 ( Ⅲ の 三 ) あ っ た 。 わ た し は 自 分 の 経 験 か ら 、 彼 が 旅 に あ っ て も つ ね に 本 を 携 え て い た が 、 そ の 本 を 開 か な く て も 、 そ れ が そ こ に あ こ れ が モ ン テ ー ニ ュ の 本 と の 付 き 合 い 方 で あ る 。 295 モ ン テ ー

群像 2016年 9月号


GUNZO. 9 群 像 新 人 文 学 賞 受 賞 第 一 作 中 篇 170 枚 川 端 康 成 の 手 紙 を 持 っ と い 、 つ 大 叔 父 と の 汽 車 の 旅 。 怪 し げ な 大 阪 弁 の 男 が 加 わ っ て 本 物 の 読 書 家 乗 代 雄 介 中 篇 16 0 ラ ン ナ ー の 目 と な り ・ ~ 覡 脳 と な り , 、 丑 ハ に 走 り ・ 抜 ′ 、 。 亡 目 人 マ ラ ソ ン の 世 界 を 生 、 生 」 と 描 / 、 伴 走 者 浅 生 鴨 デ ザ イ ン 表 紙 ・ 目 次 ・ 一 扉 / 帆 足 英 里 子 本 文 / 仙 次 織 絵 ( primaryinc., )