検索 - みる会図書館

検索対象: 子どものしあわせ 2016年 10月号

子どものしあわせ 2016年 10月号から 71件ヒットしました。

子どものしあわせ 2016年 10月号


あ し Back 龜 m 金 一 ■ 2015 年 1 2 月 号 N 。 .778 《 特 集 》 勝 手 に 決 め な い で 、 私 た ち の 教 科 書 仆 ー ク 》 西 郷 南 海 子 さ ん ■ 2016 年 1 月 号 N 。 779 《 特 集 》 み ん な の 居 場 所 を 作 ろ う 仆 ー ク 》 浜 矩 子 さ ん ■ 16 年 2 月 号 N 。 780 《 特 集 》 い き い き 学 ぶ 仆 ー ク 》 嬉 野 京 子 さ ん ■ 2016 年 3 月 号 N 。 781 《 特 集 》 地 域 で 育 ち あ う 仆 ー ク 》 伊 勢 崎 賢 治 さ ん ■ 2016 年 4 月 号 N 。 .782 《 特 集 》 安 全 で お い し い 食 品 を 仆 ー ク 》 ヒ 。 ー タ ー ・ パ ラ カ ン さ ん ■ 816 年 5 月 号 N 。 .783 《 特 集 》 も っ と 遊 ほ う 仆 ー ク 》 池 田 香 代 子 さ ん ■ 16 年 6 月 号 N 。 784 《 特 集 》 子 ど も ら し さ っ て ? 仆 ー ク 》 池 内 了 さ ん ■ 2016 年 7 月 号 N 。 .785 《 特 集 》 憲 法 は た れ の も の ? 仆 ー ク 》 津 田 大 介 さ ん ■ 16 年 8 月 号 N 。 .786 《 特 集 》 戦 争 を 知 る 、 学 ぶ 仆 ー ク 》 永 井 愛 さ ん ー 2016 年 9 月 号 N 。 .787 《 特 集 》 「 緊 急 事 態 条 項 」 で 子 ど も を 守 れ る か 仆 ー ク 》 堤 未 果 さ ん 定 価 本 体 550 円 + 税 年 間 購 読 7 , 128 円 ( 税 ・ 送 料 込 ) 編 集 ・ 日 本 子 ど も を 守 る 会 発 行 ・ 本 の 泉 社 子 ど ・ ・ ・ を ・ で お い し い 食 ・ を 一 子 ど も の し あ わ せ 子 ど も の 。 ・ し あ わ せ 6

子どものしあわせ 2016年 10月号


足 と 尾 は 中 割 り 折 り し ま す 。 7 、 尾 と 後 足 が で き ま し た 。 8 、 谷 折 と 山 折 で 耳 の 形 を 作 り ま す 。 向 こ う 側 も 同 じ 。 顔 の 先 端 は 中 割 り 折 り し て 作 り ま す 。 顔 の 形 は 長 短 お 好 み で 作 っ て く だ さ い 【 折 り 方 図 】 0 → 2 、 ↓ え 9 、 内 側 へ 二 面 巻 く よ う に 折 る と 、 足 が た ち ま す 。 向 こ う 側 も 同 じ よ う に 折 っ て 完 成 で す 。 川 、 完 成 図 1 、 ハ 1 ネ ス を 、 白 い 細 い 帯 紙 で 作 っ て 、 装 着 す る と 、 仕 事 中 の 盲 導 大 に な り ま す 。 59 子 ど も の し あ わ せ 2016 年 10 月 号

子どものしあわせ 2016年 10月号


形 を 変 え た 子 ど も へ の 虐 待 2 前 号 で 信 濃 デ ッ サ ン 館 ・ 無 言 館 館 主 、 窪 島 誠 一 郎 氏 の 随 想 の 大 切 な 部 分 の 途 中 で 引 用 を 打 ち 切 り 、 と て も 失 礼 を 致 し ま し た が そ の 続 き を 引 用 さ せ て 頂 き ま す 。 く り か え す が 、 画 学 生 た ち の 生 命 を 奪 っ た 「 戦 争 ー へ の 慙 愧 や 憎 悪 だ け の 涙 に く れ て 、 私 た ち の 戦 後 が 失 っ て き た 「 日 本 人 の 原 風 景 」 を 忘 れ て は な る ま い 。 画 学 生 た ち の 絵 に 描 か れ た ご く 身 近 に あ る 生 命 へ の い た わ り と 感 謝 。 そ の 作 文 の 中 の 子 ど も た ち 夫 敏 子 育 て は 子 ど も 心 を 大 切 に ( ) ど 勉 強 に ば か り 気 を 取 ら れ て い る と 子 ど も の 真 の 力 を の ば せ な い 3 田 生 命 を 育 ん だ 濃 密 な 家 族 関 係 、 濃 密 な 兄 弟 姉 妹 と の 絆 : : : そ れ ら は 今 や 子 ど も が 親 を 殺 し 親 が 子 ど も を 殺 す 時 代 を 生 き る 私 た ち 日 本 人 一 人 ひ と り が 、 あ ら た め て か み し め な け れ ば な ら な い 「 無 言 館 ー か ら の 、 も う 一 つ の 痛 切 な メ ッ セ 1 ジ な の で あ る 。 年 間 十 万 人 の 来 館 者 に 、 戦 没 画 学 生 の 絵 が 静 か に 告 発 す る 私 た ち 自 身 の 「 戦 後 」 の あ り よ う を 問 う こ と 、 そ れ か こ れ か ら の 「 無 言 館 」 の ゆ く え を 左 右 す る 大 き な 宿 題 で あ る よ う に 思 っ て い る の だ が 。 ( 雑 誌 「 人 権 と 部 落 問 題 ー g 年 7 月 号 )

子どものしあわせ 2016年 10月号


編 集 室 の 窓 世 界 有 数 の 豊 か さ を 誇 る 日 本 広 い 国 際 社 会 に 羽 ば た い て い で 、 満 足 に 食 べ ら れ な い 子 ど も く こ れ か ら の 子 ど も た ち に は 、 が い る こ と 。 甲 状 腺 に 異 常 が あ 特 に 「 憲 法 九 条 」 の 旗 を し つ か り 手 渡 し て い き た い で す ね 。 る と 告 げ ら れ 、 将 来 に 大 き な 不 安 を 抱 え て い る 子 ど も が い る と そ の 旗 を 持 っ こ と で 、 日 本 の い う 現 実 。 過 度 の 競 争 に あ お ら 子 ど も た ち は 、 誇 り を 持 っ て 、 れ 、 人 へ の 憎 し み を 増 幅 さ せ 、 ど こ の 国 の 人 と も 、 正 々 堂 々 と ナ イ フ を 持 っ て し ま う 青 少 年 た 交 流 で き 、 世 界 を 覆 う 深 い 病 と ち が 後 を 絶 た な い こ と 。 も 向 き 合 い 、 豊 か で ま っ と う な こ う い う 子 ど も た ち を 安 心 さ 未 来 社 会 の 創 り 手 に な っ て く れ せ る こ と 以 上 に 、 大 事 な こ と が る こ と と 信 じ ま す 。 あ る で し よ う か 。 そ の た め に は 、 そ の 根 本 を 壊 し て し ま う 危 険 部 分 部 分 に 絆 創 膏 を 貼 る よ う な 性 が 増 大 し て い ま す 。 そ の 流 れ こ と で は な く 、 政 治 の 根 本 を 変 を 食 い 止 め る た め に 、 私 た ち 大 え る こ と が 大 切 で は な い か と 人 が 一 歩 一 歩 行 動 し ま し よ う 。 思 っ て い ま す 。 今 年 も 「 子 ど も 白 書 2016 」 そ の 根 本 と は 、 や は り 、 「 憲 が で き ま し た 。 読 ん で 語 り 合 っ 法 を 守 り 、 生 か す 政 治 」 が で き て 、 た く さ ん の 人 と 繋 が り ま 1 ) よ 、 つ 。 る か ど 、 つ か で す 。 子 ど も の し あ わ せ 定 価 594 円 ( 本 体 550 円 + 税 ) 2016 年 10 月 号 ( 788 号 ) 2016 年 10 月 1 日 発 行 編 集 . 日 本 子 ど も を 守 る 会 子 ど も の し あ わ せ 編 集 委 員 会 〒 170-0005 東 京 都 豊 島 区 南 大 塚 2-17-10 民 教 連 内 電 話 : 03-5319-3645 FAX : 03-5319-3646 発 行 : 本 の 泉 社 発 行 者 : 比 留 川 洋 〒 113-0033 東 京 都 文 京 区 本 郷 2-25-6 電 話 : 03-5800-8494 FAX : 03-58 開 -5353 E-mail : [email protected]」 p http://www.honnolzumi.co.j p/ 銀 行 口 座 : ゆ う ち ょ 銀 行 〇 一 九 店 ( 当 座 ) 0137225 郵 便 振 替 : 00130-6-137225 印 刷 : 亜 細 亜 印 刷 株 式 会 社 製 本 : 株 式 会 社 村 上 製 本 所 ◇ 購 読 の こ 案 内 ◇ 年 間 購 読 を ご 希 望 の 方 は 、 お 近 く の 書 店 、 「 子 ど も を 守 る 会 」 お よ び 本 の 泉 社 に お 申 し 込 み く だ さ い 。 購 読 料 は 1 年 分 7 , 128 円 ( 税 ・ 送 料 込 み ) で す 。 * 個 別 の 販 売 も い た し ま す 。 ◆ 2013 年 9 月 号 よ り 、 本 誌 の 電 子 版 を 「 雑 誌 オ ン ラ イ ン 」 社 か ら 発 売 し て お り ま す 。 最 新 号 か ら バ ッ ク ナ ン バ ー も お 買 い 求 め い た だ け ま す 。 回 - 回

子どものしあわせ 2016年 10月号


か は 消 防 士 に な れ な い か も し れ ま せ ん 。 就 職 し た 官 、 看 護 師 、 漁 師 、 酪 農 家 、 幼 稚 園 の 先 生 、 保 育 し 場 所 が こ の 町 で 、 や り た い 仕 事 も 限 っ て し ま 、 つ 士 、 栄 養 士 、 学 校 の 先 生 : ・ 。 生 徒 が 見 え て い る 世 と 、 小 さ な 町 で は 受 け 入 れ る こ と が で き な く な り 界 を 広 げ る こ と 、 世 の 中 に は も っ と 多 く の 仕 事 が ま す 。 あ る こ と を 、 ま ず は 伝 え な け れ ば と 思 い ま す 。 そ 生 徒 に 「 な り た い 夢 は ? 」 と 問 う よ う な 進 路 指 れ か ら 、 地 域 を 支 え る こ と と は 何 か 、 過 疎 化 が 進 導 が 、 す い ぶ ん と 前 か ら な さ れ て い ま す 。 私 は 、 む 地 域 の 思 い を 受 け 止 め た 進 路 指 導 と は 何 か 、 私 こ の 町 の 高 校 で 進 路 指 導 を 担 当 す る よ う に な っ も 勉 強 し な い と い け な い と 思 っ て い ま す 。 て 、 少 し 疑 問 に 田 5 、 つ よ 、 つ に な り ま し た 。 夢 を 追 、 つ 町 か ら 離 れ る 選 択 を す る か し な い か は 、 生 徒 の こ と は 大 事 だ と 思 う の で す が 、 現 実 が そ れ を 許 さ 自 由 で す 。 で も 、 生 ま れ 育 っ た 地 域 を 理 解 し て 、 な い 環 境 に あ る 場 合 、 い つ ま で も 「 夢 」 に こ だ わ 地 元 の た め に 頑 張 る 生 徒 ( た と え 町 を 離 れ る こ と る 進 路 指 導 で は い け な い の か な と 思 っ て い ま す 。 に な っ て も ) を 育 て る こ と が 、 今 の 小 さ な 町 で の こ の 小 さ な 町 で は 、 生 徒 が 知 る こ と が で き る 職 進 路 指 導 で は 必 要 だ と 私 は 思 い ま す 。 業 は 限 ら れ て い ま す 。 役 場 、 警 察 、 消 防 士 、 自 衛 男 特 集 地 方 は 生 き て い る ー 0 料 5 送 ノ 究 、 ろ 込 そ の 営 み と 暮 ら し か ら さ ぐ る 〔 だ 平 日 研 止 の ば 税 私 ・ 7 キ ひ の 穩 る 定 ( 円 * 岡 山 県 奈 義 町 ー ー 合 計 特 殊 出 生 率 二 ・ 八 一 を 達 成 よ 6 ン c ー ら 出 会 社 祉 ( オ 雇 の く 日 合 福 ば が え ネ 0 号 徳 島 県 奥 祖 谷 ー ・ 本 一 = 大 秘 境 0 地 暮 ら 」 続 け る ち , る 人 々 。 民 一 員 ひ 国 変 9 ト ビ ッ ク ス 戦 争 の 足 音 は 、 障 害 者 の 排 除 か ら は じ ま る っ 一 日 29 子 ど も の し あ わ せ 2016 年 10 月 号

子どものしあわせ 2016年 10月号


◎ ◎ っ く り 篁 数 教 室 ふ み ち ゃ ん の 両 側 に 正 六 角 形 が で き あ が り ま す 。 ど ん な 図 形 が 見 え る か な ? 切 り 込 み が 3 つ か ら 6 つ に 増 え た だ け で す が 、 巻 い た 毛 糸 を 一 度 ほ ど い て 、 2 時 ・ 6 時 ・ 川 時 今 度 は 正 六 角 形 だ け で は な く 、 い ろ い ろ な 図 形 を の と こ ろ に も 切 り 込 み を 入 れ て み ま し よ う 。 ま す 、 描 く こ と が で き ま す 。 巻 き 方 を い ろ い ろ 工 夫 し て 時 か ら 2 時 ま で 文 字 盤 側 、 2 時 か ら 4 時 ま で は み て く だ さ い 。 全 部 の 点 と 点 を 毛 糸 で 結 ん で み て 裏 側 と い う 順 に 毛 糸 を 1 周 か け て い き ま す 。 時 く だ さ い 。 ど ん な 図 形 が 見 え ま し た か ? 正 六 角 形 ま で 毛 糸 を か け た ら 、 今 後 は 逆 向 き に 時 か ら 川 と 対 角 線 、 2 つ の 正 三 角 形 に 星 形 も 見 え ま す 。 三 時 ま で 文 字 盤 側 に 糸 を か け 、 川 時 か ら 8 時 ま で 裏 角 形 の 面 積 を 学 ん だ 5 年 生 は 、 「 正 三 角 形 の 高 さ 側 に 、 か け ・ る A 」 い 、 つ よ 、 つ に 、 も 、 つ 1 周 巻 / 」 、 ム 1 度 は も 見 え る よ ー と 教 え て く れ ま し た 。 正 三 角 形 の 真 る ん 中 を 通 る 糸 は 、 面 積 を 計 算 す え 見 る と き に 頂 点 か ら 底 辺 に 垂 直 に さ 一 引 く 線 ( 高 さ ) に な っ て い ま し の た 。 ( 上 の 写 真 ) 号 角 月 三 幾 何 学 模 様 は 美 し い 年 で は 、 も う 一 度 毛 糸 を ほ ど い 盤 字 て 、 1 時 か ら 肥 時 ま で 1 時 間 ) 」 せ っ と に の 切 り 込 み を 入 れ て く だ あ し の さ い 。 切 り 込 み が に な る と 、 子 女 さ ら に い ろ い ろ な 模 様 が 描 け ま 子 2 1 2 0 3 9 4 8 5 7 文 字 盤 の 型 紙 ( 拡 大 コ ピ ー し て く だ さ い ) 6 / ノ ノ

子どものしあわせ 2016年 10月号


子 ど も の し あ わ せ 10 月 号 0 目 次 「 な ん で そ ん な こ と に な る ん や 」 玉 本 英 子 .. 子 ど も の 目 で 戦 争 を 見 つ め る ~ 児 童 文 学 か ら 平 和 を 考 え る き ど の り こ . 私 自 身 も 一 皮 む け て 基 地 の 街 ・ 横 須 賀 か ら 松 本 た き 子 .. く 横 須 賀 か ら の 発 信 〉 ・ リ レ ー ト ー ク ・ 私 を 育 て て く れ た 人 た ち ・ 特 集 ・ 平 和 の た め の 私 の 一 歩 扉 の 言 葉 : 佐 伯 菊 枝 変 え る し か な い 変 わ る し か な い 未 来 は 自 分 の 中 に あ る 物 ・ 物 ・ ・ ・ 17 .. 2 子 ど も の し あ わ せ 、 こ を 紀 ま み ・ 平 和 の た め 玉 本 英 子 10 西 野 空 . 子 育 て は 子 ど も 心 を 大 切 に ( 19 ) 作 文 の 中 の 子 ど も た ち 31 田 中 敏 夫 . 人 間 は 平 和 ・ 平 等 ・ あ た り ま え マ ッ キ ー の 共 育 讃 歌 55 山 本 万 喜 雄 フ ク シ マ の 子 ど も た ち 31 岡 田 昌 也 学 校 の な か を 生 き 延 び る 児 童 文 学 の 森 へ 7 旭 爪 あ か ね . 「 原 爆 ド ー ム と ポ ケ モ ン GO 」 北 の 大 地 か ら の 発 信 小 田 実 和 .. 毛 糸 を ぐ る ぐ る ・ 糸 巻 き 算 数 ふ み ち ゃ ん の び つ く り 算 数 教 室 7 齋 藤 史 夫 .. 国 連 子 ど も の 権 利 条 約 と 少 年 法 「 改 正 」 問 題 子 ど も の 荒 れ と 向 き 合 う 10 竹 原 幸 太 .. 「 小 さ な 町 」 で の 進 路 指 導 先 生 人 語 を 聴 き な が ら 4 進 藤 歩 .. ・ 連 載 ・ ・ 連 載 読 み も の ・ ち い さ な 木 箱 バ ッ ク ル 森 の ゆ か い な 仲 間 7 倉 本 采 . 四 季 の 花 ご よ み 十 月 の 花 狗 尾 草 増 田 勉 ・ 親 も 子 も 育 ち 合 お う 、 折 り 紙 で 52 盲 導 大 藤 森 弘 … 26 .. 40 ・ ・ 23 ・ ・ ・ 44 .. 60 … 62 子 ど も の 頃 は 、 貸 出 用 の ブ ッ ク カ ー ド に 名 前 を 書 く だ け で 自 分 が 賢 く な っ た よ う な 気 が し た も の で し た 。 今 で は あ の カ ー ド も 見 な く な り ま し た ね 。 本 体 の 方 も タ ブ レ ッ ト ー っ あ れ ば 何 冊 で も 読 め る よ う に 世 の 中 ど ん ど ん 便 利 に な っ て い き ま す か 、 紙 の 本 が な く な っ て い く の は 寂 し く も あ り ま す 。 表 紙 : 佐 々 木 こ づ え バ ッ ク ナ ン バ ー 一 覧 6 し あ わ せ 図 書 館 74 お た よ り ひ ろ ば 76 映 画 案 内 77 子 ど も を 守 る 会 だ よ り 78 編 集 室 の 窓 79 本 文 カ ッ ト : 坂 本 真 理 恵

子どものしあわせ 2016年 10月号


の 大 切 さ を 伝 え る の は 非 常 に 難 し く な る と 不 安 を 「 署 名 を し て い る と 心 な い こ と を 一 言 う 人 は い ま 覚 え 、 再 び 重 い た め 息 が 出 て し ま い ま し た 。 せ ん か ? ー と 尋 ね る と 、 「 核 兵 器 が な く な る 訳 は な い と か 、 高 校 生 で は 家 で 勉 強 し て い ろ と 言 わ れ 署 名 活 動 を す る 女 子 高 校 生 る こ と は あ り ま す 。 で も 、 多 く の 人 が 頑 張 っ て ね 電 車 乗 り 場 に 向 か っ て い る と 、 女 子 高 生 達 が 数 と 署 名 に 協 力 し て く れ ま す 」 と に つ こ り 微 笑 み ま グ ル 1 プ に 分 か れ て 署 名 活 動 を し て い ま す 。 近 寄 す 。 再 び 尋 ね る と 高 校 一 年 生 で 、 中 高 一 貫 高 な の る と 、 「 署 名 を お ね が い し ま す 」 と 頼 ま れ ま し た 。 で 署 名 活 動 は 中 学 校 の 時 か ら や っ て い る 「 べ テ ラ 署 名 後 、 ど う い う 経 緯 で 活 動 を し て い る の か を 尋 ン 」 高 校 生 で し た 。 ね る と 、 広 島 と 沖 縄 の 高 校 が 協 力 し て 核 兵 器 廃 絶 「 ず い ぶ ん し つ か り し た 一 年 生 で す ね 。 何 だ か の 署 名 活 動 を し て い る と い い ま す 。 そ の 女 子 生 徒 恥 す か し い で す 」 と 引 率 し た 生 徒 に 言 わ れ 、 暗 澹 は ボ ラ ン テ ィ ア 部 に 所 属 し 、 そ の 活 動 の 中 で 「 人 と し た 気 持 ち に な っ て い た 私 も 恥 す か し く な り ま 権 」 を 大 事 に す る 活 動 と し て 署 名 活 動 も あ る こ と 、 し た 。 世 の 中 を 憂 い た り 、 自 分 の 考 え と は 違 う 事 毎 年 、 沖 縄 慰 霊 の 日 で あ る 六 月 二 三 日 か ら 新 た な 態 を 批 判 す る 暇 が あ っ た ら 、 今 の 自 分 に で き る こ 号 署 名 活 動 が ス タ 1 ト す る こ と 、 自 分 た ち の 学 校 で と か ら 行 動 す べ き だ と 反 省 し ま し た 。 暑 い さ な か 月 に 一 生 懸 命 署 名 活 動 を し て い る 女 子 高 生 は 大 事 な は 7 月 に 全 校 生 徒 の 前 で 部 員 が 署 名 活 動 に つ い て 年 の プ レ ゼ ン テ ー シ ョ ン を す る こ と 、 校 内 で の 署 名 大 事 な 私 た ち の 希 望 で す 。 そ し て 私 た ち 大 人 が 彼 活 動 に は 多 く の 生 徒 が 協 力 す る こ と 、 記 念 式 典 に 女 た ち の 希 望 に な る よ う な 生 き 方 を し な け れ ば な せ わ あ わ せ て 地 方 か ら バ ス で 広 島 に 入 り 、 三 泊 四 日 の ら な い と 心 を 引 き 締 め ま し た 。 一 緒 に 広 島 に 行 っ あ 日 程 で 平 和 公 園 で 署 名 活 動 を し 、 最 終 日 は 広 島 女 た 生 徒 た ち も 希 望 や 夢 を 持 っ て 生 き ら れ る よ う の 学 院 高 校 で 平 和 の シ ン ポ ジ ウ ム を す る こ と な ど を 、 今 ま で 以 上 に 人 の 輪 を 広 げ て い き た い と 心 を 子 教 え て く れ ま し た 。 新 た に し ま し た 。

子どものしあわせ 2016年 10月号


0 平 和 の た め の 私 の 一 歩 〈 第 回 平 和 祈 念 集 会 で の 講 演 〉 子 ど も の 目 で 戦 争 を 見 つ め る 5 児 童 文 学 か ら 平 和 を 考 え る き ど の り 」 ( 日 本 児 童 文 学 者 協 会 ) き ど の り こ さ ん に は 、 「 子 ど も の し あ わ せ 」 誌 に 私 は 、 小 学 校 の 時 に 、 今 で い う 自 閉 症 的 傾 向 を か ん も く 「 児 童 文 学 の 中 の 子 ど も と 大 人 」 を テ ー マ に 三 六 回 も ち 、 選 択 性 緘 黙 症 と い っ て 、 家 に 帰 る と し ゃ べ に わ た っ て 、 連 載 し て い た だ き ま し た ( 一 一 〇 一 三 る の で す が 、 教 室 で は 隣 の お 友 だ ち と も 話 せ な い 年 四 月 号 5 一 一 〇 一 六 年 三 月 号 ) 。 今 回 の 平 和 祈 念 集 子 ど も で し た 。 今 で は 、 こ う し て べ ら べ ら し ゃ べ っ 会 で 、 連 載 を お え た き ど の り こ さ ん に 、 さ ら に た っ て お り ま す が 、 ま だ そ の 傾 向 が い く ら か 残 っ て お ぶ り と お 話 を い た だ き ま し た 。 り ま す 。 で す の で 、 レ ジ ュ メ を 見 な が ら 話 し た り 、 本 の 紹 介 を さ せ て い た だ き ま す 。 第 十 四 回 平 和 祈 念 集 会 に 参 加 さ せ て い た だ い 戦 意 高 揚 、 皇 国 崇 拝 の 児 童 文 学 た だ け で も 嬉 し い の に 、 こ う し て 皆 様 方 の 前 で 、 お 話 を で き る 機 会 を 設 け て く だ さ り 、 あ り が と う 日 本 子 ど も を 守 る 会 は 、 一 九 五 一 一 年 に 結 成 さ れ 、 ご ざ い ま す 六 四 年 の 歩 み を 重 ね て こ ら れ ま し た 。 こ の 積 み 重 1

子どものしあわせ 2016年 10月号


て 残 り 、 穂 か ら 種 子 が 落 ち に く い も の を 、 人 間 が 改 良 し 続 け 、 選 択 を 重 ね た り 、 突 然 変 異 し た も の を 利 用 し た り し て 、 イ ネ 、 ム ギ 、 ア ワ な ど の 雑 穀 が 生 ま れ ま し た 。 っ と む エ ノ コ ロ グ サ 頭 を や や 傾 け て 一 面 に 拡 が る 聴 秋 の 陽 を う け 、 誇 ら し け に 揺 れ る 君 の 名 は エ ノ コ ロ グ サ 茎 は か 細 く み え る た が 根 も と は 我 分 か れ 繰 返 し 互 い に 支 え あ い す っ く と 立 ち 繞 け る エ ノ コ ロ グ サ 風 に 揺 る ぎ な が ら 倒 れ ず 立 ち 続 け を 実 ら せ 来 年 の 実 り 約 束 す る 君 の 名 は エ ノ コ ロ グ サ 粘 じ ゃ ら し 触 れ て け も の の ご と 熱 し 中 村 草 田 男 僣 じ ゃ ら し ニ 人 子 の 脛 相 似 た り 石 田 波 郷 61 子 ど も の し あ わ せ 2016 年 10 月 号