検索 - みる会図書館

検索対象: 本の雑誌 12月号第40巻12号

本の雑誌 12月号第40巻12号から 113件ヒットしました。

本の雑誌 12月号第40巻12号


の 誌 0 / ヾ ッ ク 十 ン / ヾ ー の ご 案 因 本 周 年 記 念 特 大 号 15 年 7 月 号 1 5 年 8 月 号 5 新 火 ま な を 第 を 特 集 ・ こ れ か ら の 特 集 ・ 角 川 春 樹 伝 特 集 ・ 書 き 出 し 一 行 特 集 ・ 人 は な ぜ 本 特 集 ・ 2015 年 SF 「 本 屋 」 の 話 を し よ う ! の 誘 惑 ! を 返 さ な い の か ! ? の 旅 ! 15 年 2 月 号 15 年 3 月 号 15 年 4 月 号 1 5 年 6 月 号 本 6 の 黷 - 特 集 ・ 本 を 処 分 す る 特 集 ・ カ ラ ー ブ ッ 特 集 ・ 夢 の 楽 園 「 万 特 集 ・ 本 の 雑 誌 が 選 特 集 ・ 対 談 は 楽 し ク ス が 好 き だ ! 歩 書 店 」 で 遊 ぼ う ! IOO の 方 法 ! ぶ 40 年 の 400 冊 ! い ! 1 4 年 1 2 月 号 1 5 年 1 月 号 ・ バ ッ ク ナ ン バ ー の 購 入 方 法 ■ 当 社 宛 に 、 郵 便 振 替 (OOI 50 ー 3 ー 50378 ・ 本 の 雑 誌 社 ) も し く は 現 金 書 留 で お 申 込 み 下 さ い 。 ・ 富 士 山 マ ガ ジ ン サ ー ビ ス (http://www.fuji san. co.jp/hon) で も 購 入 で き ま す 。 ※ 上 記 の ほ か 、 2013 年 1 月 号 以 降 の 在 庫 が あ り ま す 。 特 集 ・ 本 の 雑 誌 が 選 特 集 ・ 天 才 編 集 者 ・ 詳 し く は 114 ペ ー ジ 「 大 切 な お 知 ら せ 」 を ご 覧 下 さ い 。 ぶ 2014 年 度 ベ ス ト 10 末 井 昭 に 急 接 近 ! ・ 定 其 目 貝 言 の ご 案 肉 ☆ 本 の 雑 誌 の 年 間 購 読 料 は 1 年 間 12 冊 で 、 8880 円 ( 税 ・ 送 料 込 ) で す 。 何 月 号 か ら ご 希 望 か と 、 住 所 、 氏 名 ( フ リ ガ ナ ) を 明 記 の 上 、 現 金 書 留 ま た は 郵 便 振 替 (OOI 50 ー 3 ー 50378 ・ 本 の 雑 誌 社 ) に て お 申 込 み 下 さ い 。 富 士 山 マ ガ ジ ン サ ー ビ ス (http:// www.fujisan.co.jp/hon) で も お 申 込 み い た だ け ま す 。 15 年 9 月 号 1 5 年 1 0 月 号 号 上 第 書 ベ ス ト 約 法 を た ー ・ ま し い ー き を し を あ 00 ん ニ 人 臨 第 道 で 本 差 を 爾 日 を え ー 袁 ー の 当 え 町 は い ま ? 北 一 な も こ 第 十 を ! 特 大 号 一 ー 第 物 る 第 ー な ・ 第 い 土 本 体 667 円 十 税 本 体 778 円 十 税 本 体 667 円 + 税 本 体 667 円 十 税 本 体 667 円 + 税 1 5 年 5 月 号 小 参 野 れ の 剏 を ま 夏 を ー 北 第 を ド 邊 第 ス , ー ト 無 の 多 第 ス ス / 本 体 667 円 十 税 本 体 667 円 十 税 本 体 667 円 + 税 本 体 926 円 十 税 本 体 667 円 + 税 特 大 号 特 大 号 本 体 778 円 十 税 本 体 648 円 + 税 ☆ 目 お ま け ペ ー / ヾ ー 「 本 の 右 ら し 」 も つ い て く る !

本の雑誌 12月号第40巻12号


本 の 雑 誌 読 者 カ ー ド ( 2015 ・ 12 月 号 ) 本 誌 に 対 す る 意 見 お よ び 活 字 文 化 全 般 に 対 す る 意 見 を 書 い て く だ さ い 。 本 の 雑 誌 ロ 三 角 窓 口 ( 三 角 窓 口 傑 作 選 へ の 収 録 も 口 可 ロ 不 可 ) ロ 私 が す す め る 一 冊 ( ど ち ら 宛 て か V を つ け て く だ さ い )

本の雑誌 12月号第40巻12号


本 棚 が 見 た い ! 吉 野 朔 実 吉 野 朔 実 劇 場 ・ 戻 っ て 来 た 「 猿 の 手 」 小 路 幸 也 図 書 カ ー ド 三 万 円 使 い 放 題 ! ・ 作 家 の 栄 養 補 給 本 服 部 文 祥 サ バ イ バ ル な 書 物 ・ ヘ ミ ン グ ウ ェ イ が 描 く 「 狩 る 側 の 気 持 ち 」 太 宰 治 は 本 当 に 人 間 失 格 な の か ? 対 談 ・ ダ メ 人 間 作 家 コ ン テ ス ト ー 西 村 賢 太 坪 内 祐 三 コ ラ ム ・ 編 集 者 某 が 明 か す 作 家 借 金 伝 説 ー 太 宰 よ り 面 白 い 壮 絶 私 小 説 十 作 小 谷 野 敦 校 條 剛 流 行 作 家 の 死 ひ る ね 優 先 読 書 録 着 せ 替 え の 手 帖 ・ 。 ハ ン ツ 丈 の 戦 い 活 字 に 溺 れ る 者 ・ 損 得 勘 定 の 経 済 学 ュ ー カ リ の 木 の 蔭 で ・ 「 ダ メ 」 に し た の は 誰 か 刊 ド 秘 密 と 疑 惑 に 満 ち た 『 偽 り の 楽 園 』 が い い ー 新 イ 生 ま れ 変 わ っ た ラ ヒ リ の エ ッ セ イ 集 『 べ つ の 言 葉 で た バ チ ガ ル ピ 『 神 の 水 』 に ぐ い ぐ い 引 き 込 ま れ る ー 《 一 人 の 男 の 地 味 な 死 に 挑 む 有 栖 川 有 栖 『 鍵 の 掛 か っ た 男 』 つ 中 年 の 再 出 発 小 説 『 ひ り つ く 夜 の 音 』 で 元 気 百 倍 ー め ヒ ッ ト チ ャ ー ト に 残 ら な い 無 名 の 音 楽 で 振 り 返 る 昭 和 月 村 了 衛 を 楽 し め な か っ た 個 人 的 な 事 情 に つ い て 特 集 古 書 店 と 太 宰 治 フ ァ ミ レ ス と 放 屁 と 『 人 間 失 格 』 田 中 英 光 ・ 光 ニ の こ と 太 宰 の 面 白 さ は 人 間 「 魅 」 だ ! 読 者 ア ン ケ ー ト ・ こ の ダ メ 作 家 が 愛 し い 宮 田 珠 己 内 澤 旬 子 荻 原 魚 雷 北 村 薫 酒 井 貞 道 都 甲 幸 治 大 森 望 円 堂 都 司 昭 沢 田 史 郎 堀 部 篤 史 北 上 次 郎 78 74 40 1 87 84 82 80 青 木 正 美 中 原 昌 也 亀 和 田 武 松 村 幹 彦 54 52 50 48 46 44 42 本 の 2015 号 2 田 5 年 月 号 通 巻 390 号

本の雑誌 12月号第40巻12号


蝙 集 後 記 11 月 下 旬 刊 行 の 書 籍 『 ワ ン コ イ ン 古 着 』 ( 中 嶋 大 2 ス 介 著 ) の 作 業 が 大 詰 め で す 。 同 書 は 、 ワ ン コ イ ン = 500 円 以 下 で 買 え て 格 好 良 い ( ラ ル フ ロ ー レ ン や ー ビ ー ム ス 等 の プ ラ ン ド 多 数 ) 古 着 の 世 界 を ガ イ ド ジ 制 し た 一 冊 。 か っ て 重 度 の 古 本 中 毒 だ っ た 著 者 は 、 3 年 前 、 突 如 古 着 の 面 白 さ に 開 眼 。 以 来 、 古 着 屋 な で 年 間 1000 着 を 買 い ま く る 古 着 中 毒 者 に 。 そ ん な 著 者 の 古 着 熱 が 全 頁 に 漲 っ て ま す 。 使 え る シ ョ ま ッ プ リ ス ト 付 。 せ ひ 、 こ の 本 を 手 に 古 着 屋 へ ! 【 み 】 つ く ヤ ク ル ト ス ワ ロ ー ズ の 試 合 を 、 こ の 一 か 月 ほ ど で 、 盛 10 回 は 観 に 行 き ま し た 。 14 年 ぶ リ の リ ー グ 優 勝 り の お か け で す 。 公 式 戦 、 ク ラ イ マ ッ ク ス フ ァ イ ナ が ル ス テ ー ジ 、 日 本 シ リ ー ズ と 、 倍 々 ゲ ー ム か の よ れ う に チ ケ ッ ト 代 金 が 高 く な っ て い き ま し た 。 1 4 く 年 に 一 度 の こ と だ か ら と 、 奮 発 し ま し た 。 来 年 も な つ こ ん な に 強 か っ た ら ど う し よ う か と 、 フ ァ ン と し て あ る ま じ き 考 え が 頭 を よ ぎ リ ま す 。 お 金 よ リ 大 し 切 な の は ヤ ク ル ト 。 貯 金 を が ん ば リ ま す 。 【 は 】 ま ま 切 手 を 貼 り 忘 れ た 封 筒 が 戻 っ て く る 。 10 年 前 に し た 同 じ ポ カ を し た 時 は 投 函 し た 瞬 間 に 気 づ き 、 集 荷 ま で ポ ス ト 前 で 待 っ て い た が 、 今 回 は 寝 耳 に 水 。 日 々 う つ か リ 度 が 高 ま る こ の 頃 、 社 長 の 旧 PC が つ い に ダ ウ ン し 、 新 マ シ ン が 稼 働 。 購 入 か ら 苦 節 田 3 カ 月 、 長 か っ た ・ ・ ・ 。 粛 々 と 下 版 中 、 「 だ め だ 、 ぜ ん せ ん 動 か な い ! 」 の 声 が 。 え つ 、 も う 壊 れ た 气 ん で す か 。 「 い や 、 話 が ぜ ん ぜ ん 動 か な い ん だ よ 」 お じ さ ん 二 人 組 絶 賛 執 筆 中 。 間 に 合 う の か ! ? 【 ま 】 新 聞 等 の 報 道 で ご 存 じ の 方 も 多 い と 思 い ま す が 、 本 の 雑 誌 が 第 63 回 の 菊 池 寛 賞 を 受 賞 し ま し た ! ス い や あ 、 驚 い た 。 受 賞 の 知 ら せ を も ら っ た 時 は 電 話 の 向 こ う の 人 が 狸 か 狐 に 違 い な い と 疑 っ た の だ が 、 た め し に 頬 っ ぺ を つ ね っ て み た ら 痛 か っ た の で 夢 で も な い 。 そ れ に し て も 現 実 だ と わ か る と う れ し く て た ま ら な い も の な ん で す ね 、 受 賞 っ て 。 う れ し く て う れ し く て 毎 日 夢 心 地 と い う の か 、 仕 事 に 身 が 入 ら な い の も 菊 池 寛 の せ い に し て し ま う く ら い な の で あ る 。 12 月 4 日 に 贈 賞 式 が あ る が 、 当 日 は と て も 平 静 で い ら れ そ う に な い 。 本 屋 大 賞 で 授 賞 者 の 側 を 過 去 12 回 体 験 し て き た が 、 受 賞 者 の 側 は 初 体 験 で 、 受 賞 作 家 の み な さ ん も こ ん な 心 持 ち で 来 て い た だ い て い た の だ ろ う か 。 そ う 思 う と 本 屋 大 賞 実 行 委 員 会 の 一 員 と し て モ チ ベ ー シ ョ ン が ぐ わ わ ん と 上 が る の で あ る 。 今 月 で 浅 生 ハ ル ミ ン 、 日 下 潤 一 、 宮 田 珠 己 、 荻 原 魚 雷 、 久 田 か お リ 、 五 氏 の 連 載 が 終 了 。 別 の 機 会 に ま た 改 め て 活 躍 し て も ら い ま す の で お 楽 し み に 。 ま た 堀 部 篤 史 、 徳 永 圭 子 、 青 木 大 輔 、 三 氏 は 舞 台 を 変 え て の 再 登 板 。 こ ち ら も 乞 ご 期 待 ! 【 浜 】 136 特 集 ☆ さ あ 、 今 年 も 年 間 ベ ス ト の 季 節 が や っ て き た ー 本 誌 が 選 ぶ ノ ン ジ ャ ン ル の ベ ス ト に 加 え 、 、 ミ ス テ リ ー エ ン タ ー テ ィ ン メ ン ト 、 現 代 文 学 、 時 代 小 説 、 ノ ン フ ィ ク シ ョ ン の 六 大 ジ ャ ン ル の 年 間 べ ス ト 間 が こ こ に 集 結 。 出 版 ト ピ ッ ク 対 談 に 私 の ベ ス ト 3 で お 祭 り 気 分 も マ ッ ク ス の 新 春 特 大 号 な の だ ! 号 告 2 015 年 度 次 予 号 ベ ス ト 1 大 特 月 年 6 0 2 本 の 雑 誌 12 月 号 第 40 巻 12 号 ( 通 巻 390 号 ) 2015 年 12 月 1 日 発 行 定 価 ( 本 体 667 円 + 税 ) BN978-4-86011-352-0 C0395 編 集 発 行 人 / 浜 本 茂 制 作 / 市 村 慶 子 編 集 部 / 松 村 眞 喜 子 宮 里 潤 ( 株 ) 本 の 雑 誌 社 〒 101-0051 東 京 都 千 代 田 区 神 田 神 保 町 1 -37 友 田 三 和 ビ ル 5F 電 話 03 ( 3295 ) 1071 振 替 口 座 : 001 50-3-50378 http://LIJLU11J.webdoku.jp/

本の雑誌 12月号第40巻12号


、 」 創 刊 40 周 年 ー 朝 0 ② 0 中 嶋 大 介 著 ワ ン コ イ ン 古 着 バ カ み た い に 安 く て や た ら と カ ワ イ イ か っ こ い い 。 ハ イ プ ラ ン ド 主 義 で も フ ァ ス ト フ ァ ッ シ ョ ン で も な い 。 と っ て お き 掘 り 出 し 物 紹 介 に 、 ス タ イ リ ス ト に よ る コ ー デ ィ ネ ー ト 術 や 、 狙 い め の 古 着 屋 ガ イ ド な ど 。 幻 世 紀 前 半 の 古 着 最 新 事 情 。 四 六 判 変 型 並 製 円 2 ペ ー ジ 十 カ ラ ー 8 ペ ー ジ 予 価 ( 本 体 図 00 円 + 税 ) 本 好 き の 悲 鳴 を よ そ に 今 年 も 読 み 切 れ な い ほ ど の 面 白 文 庫 本 を ど ど ー ん と 紹 介 & 大 推 薦 ! 2015 年 度 文 庫 ベ ス ト テ ン ! ャ ン ル 別 ベ ス ト テ ン ! SF ・ ミ ス テ リ ー ・ 時 代 小 説 ・ ノ ン フ ィ ク シ ョ ン ・ ラ イ ト ノ ベ ル ほ か 連 載 ! ◆ 坪 内 祐 三 & と り ・ み き テ ー マ 別 偏 愛 ベ ス ト テ ン ! 年 間 売 上 げ ベ ス ト 100 ほ か A5 判 Ⅱ 2 ペ ー ジ 定 価 ( 本 体 760 円 十 税 ) 藤 脇 邦 夫 著 ・ あ る 始 ま り の 終 わ り 出 版 ア ナ サ ー サ イ ト 1982 ー 2015 問 題 作 『 出 版 幻 想 論 』 か ら 20 年 。 現 場 主 義 を 貫 い た 出 版 営 業 マ ン が 綴 る 最 後 の 出 版 論 四 六 判 並 製 256 ペ ー ジ 予 価 ( 本 体 00 円 十 税 ) 11 月 下 旬 発 売 ! 月 上 旬 発 売 ! 月 上 旬 発 売 ! WEB 本 の 雑 誌 www.webdoku.jp 20 、 6

本の雑誌 12月号第40巻12号


三 角 窓@ロ 私 の 友 達 は 、 ラ ー メ ン の ス く が 、 男 の 場 合 は 、 弁 当 で あ る 」 な お 知 ら せ ☆ 本 の 雑 誌 の 年 間 Ⅱ ー プ の こ と を 「 お し る 」 と と 言 っ た の は 向 田 邦 子 さ ん だ が 、 大 切 購 読 料 は 、 一 年 間 肥 冊 で 、 8 言 う 。 太 る か ら ラ ー メ ン を 我 慢 し ラ ー メ ン の 汁 の 場 合 も 、 女 子 供 は 880 円 ( 税 ・ 送 料 込 ) で す 。 何 月 て る ね ん と い う 私 の メ ー ル に 対 し お の 字 が つ く の だ ろ う か 号 か ら ご 希 望 か と 、 住 所 、 氏 名 ( フ あ れ こ れ 気 に な っ て 「 ラ ー メ ン リ ガ ナ ) を 明 記 の 上 、 現 金 書 留 ま た て 「 お し る を 残 せ ば い 、 し ゃ ん か 」 は 郵 便 振 替 ( 0 015 0 ー 3 ー 5 0 と 返 信 し て き た の だ 。 私 は 笑 い 転 で 、 麺 じ ゃ な く て 液 体 の ほ う な ん 3 7 8 ・ 本 の 雑 誌 社 ) に て お 申 込 み げ た 。 汁 な ら わ か る け ど 、 お し る て 呼 ぶ ? 」 と い ろ ん な 人 に 質 問 し 下 さ い は 初 耳 だ っ た 。 「 え ? お か し い ? て い た ら 、 な ん と 「 お っ ゅ 」 と 一 = ロ パ ッ ク ナ ン パ ー は 年 1 月 号 以 降 普 通 は な ん て い う の ? 」 と 訊 か れ う 人 も い て 、 ま す ま す 混 乱 し た 。 の 在 庫 が あ り ま す 。 定 価 は 、 た の で ス ー プ だ と 教 え る と 「 へ ー ( 丸 山 美 恵 ・ 私 の ラ ー 友 は ま も と 年 1 月 号 、 年 8 、 Ⅱ 月 神 保 町 は 相 変 わ ら ず の ラ ー お し ゃ れ や な 」 と 感 心 し て い た 。 さ ん へ 歳 ・ 大 阪 市 ) 号 、 年 8 月 号 が 本 体 762 円 ( + △ ラ ー 友 は ま も と は ス ー プ と 税 ) 。 メ ン 激 戦 区 で 、 オ ー プ ン し お し ゃ れ で せ う か 、 い い え 唯 て 年 7 月 号 が 本 体 6 9 4 円 ( + た と 思 っ た ら 、 あ っ と い う 間 に 閉 も 。 言 っ て い ま す 。 つ け 麺 は っ 税 ) 。 店 し て し ま う 店 も あ り 、 昼 か ら 夜 「 女 子 供 の お 弁 当 は 、 お の 字 が つ け 汁 で す ね 。 お し ゃ れ か し ら 。 【 / 「 / 8 円 年 1 、 8 月 号 が 本 体 ま で 人 が 並 ん で い る の は ラ ー メ ン 一 一 郎 と 小 川 町 の つ じ 田 く ら い か 磯 野 カ ツ オ の 超 絶 四 コ マ エ ピ ソ ー ド に 仰 天 ー ・ 燔 年 255 、 7 、 95 Ⅱ 月 号 が 本 体 ・ 開 店 日 に は 長 蛇 の 列 だ っ た 某 家 系 6 6 7 円 ( + 税 ) 。 ・ 年 6 月 号 が 本 体 9 2 6 円 ( + ラ ー メ ン も い ま で は 閑 古 鳥 、 栄 枯 図 書 館 に あ っ た 『 サ ザ 工 さ 全 集 の サ ザ 工 さ ん を 読 み 通 し ま し △ 盛 衰 と い う 言 葉 を 実 感 せ ざ る を 得 ん 』 を 何 気 な く 手 に 取 っ て た が 、 私 的 に は 、 サ ザ 工 さ ん の 中 税 ) 。 そ れ 以 外 の 号 は す べ て 本 体 648 な い 。 町 の 書 店 の 閉 店 は 騒 が れ る 読 み 、 そ の 中 の 一 エ ピ ソ ー ド に 驚 で も ベ ス ト 5 に 人 る 話 で し た 。 円 ( + 税 ) で す 。 長 谷 川 町 子 の す ご さ を 、 今 、 よ が 、 町 の ラ ー メ ン 店 は 貼 り 紙 一 枚 き ま し た 。 常 に 日 本 の ミ ス テ リ ー 希 望 号 数 を 明 記 の 上 、 定 期 購 読 と で ひ っ そ り 人 知 れ ず 閉 店 し て い く の ベ ス ト 5 に は 人 る 超 名 作 と 同 じ う や く 知 り ま し た 。 『 い じ わ る ば 同 様 に お 申 込 み 下 さ い 。 富 士 山 マ ガ ケ ー ス も 少 な く な い だ か ら ど う ア イ デ ア を ( 元 ネ タ が 同 じ と は い あ さ ん 』 も よ か っ た で す 。 ジ ン サ ー ビ ス (http//www.fujisan.co. し た と 言 わ れ て も 困 っ て し ま う の え ) カ ツ オ が 、 た っ た 四 コ マ で 行 で 、 現 在 は 藤 子 ・ ・ 不 二 雄 の jp/hon) で も 定 期 購 読 の お 申 込 み と ヾ ッ ク ナ ン パ ー の 購 入 が 可 能 で す 。 ・ だ が 、 閉 店 前 に も う 一 度 食 べ た か っ て し ま う の で す 。 ( 金 田 一 少 年 短 編 を 味 読 中 当 社 刊 の 単 行 本 を 直 接 お 申 込 み の ・ つ た と 悔 い が 残 る こ と も あ る で し に も 同 じ ア イ デ ア の も の が あ り ま ( 大 澤 幸 夫 ・ 公 務 員 歳 ・ 深 谷 市 ) 場 合 は 、 広 告 ペ ー ジ で 定 価 を ご 確 認 カ ツ ォ 名 探 偵 の 驚 愕 の 推 理 よ 。 ど う か 、 め ん め ん か め ぞ う が し た が ) ( 偽 札 作 り の 工 作 法 ) の 上 、 書 名 を 明 記 し て 同 様 に お 申 込 を 知 り た い ー 閉 店 し ま せ ん よ う に : け つ き よ く 、 亠 ハ 週 間 ほ ど か け て 、 み 下 さ い ( い ず れ も 送 料 当 社 負 担 ) 。

本の雑誌 12月号第40巻12号


ら え て 、 日 常 ネ タ に 困 っ た と き 考 え 抜 い て い る こ と が 前 提 。 プ の 緊 急 対 処 法 を 今 こ そ 体 系 的 に ロ で も こ れ で 失 敗 し て い る エ ッ 整 理 し 、 今 後 に 活 か す こ と に す セ イ が 多 い 気 が す る る 。 ま ず 真 っ 先 に 思 い つ く の は 、 作 戦 3 】 も と も と 自 分 が 詳 し 作 戦 1 【 ネ タ を 探 し に 外 出 す い 何 か に つ い て 読 者 に 紹 介 す る 。 自 分 が 一 般 の 人 よ り ず っ と よ だ 。 何 度 も 試 し た 方 法 だ が 、 く 知 っ て い る こ と を 紹 介 す れ よ ほ ど 珍 し い 場 所 に 行 っ た と し ば 、 そ れ だ け で 読 者 に は 目 新 し 7 月 か ら 新 聞 で 連 載 を し て い ち ろ ん そ れ は わ か っ て い た が 、 て も 、 な ぜ か 書 け な い こ と が 多 い 情 報 に な る 。 私 も ジ ェ ッ ト コ る 。 毎 週 1 回 、 半 年 間 の 期 限 付 半 年 と 思 っ て 油 断 し た の が 甘 か い 何 か 見 つ け よ う と 期 待 し す ー ス タ ー や ベ ト ナ ム の 盆 栽 な ど き と い う の で 引 き 受 け た の だ っ た 。 ぎ て い る の が 、 裏 目 に 出 て い る に つ い て 書 い た 。 す ぐ に 書 け る が 、 思 え ば 物 書 き に な っ て 年 、 女 性 誌 に も 日 常 ェ ッ セ イ を 書 の か 。 5 回 ぐ ら い 外 出 す れ ば な と い う 点 で 重 宝 す る が 、 興 味 の い て い て 、 ジ ャ ン ル が パ ッ テ ィ ん と か な り そ う だ が 、 そ の 時 間 な い 人 に は ど う で も い い 話 で あ 週 刊 連 載 は 初 め て の 経 験 だ 。 今 、 全 行 程 の 半 分 が 過 ぎ た と ン グ し て い る う え 、 日 々 こ れ と は な い 。 り 、 か っ 、 す で に 書 い た こ と の い っ て 面 白 い こ と も な い 。 月 1 こ ろ だ が 、 死 に そ う で あ る 作 戦 2 】 歴 史 上 の 事 件 や 有 名 焼 き 直 し に な る の で 、 そ れ を 読 夕 刊 の お 気 楽 ペ ー ジ な の で 、 の 女 性 誌 で さ え ネ タ 不 足 で き ゅ 人 の 生 涯 な ど に つ い て 要 約 し 、 ん だ こ と の あ る 読 者 に は マ ン ネ あ ん ま り 堅 苦 し く な い こ と を 書 う き ゅ う 言 っ て い た の に 、 そ 一 」 そ れ に 対 す る 自 分 の 感 想 や 考 え リ 。 政 治 的 な 内 容 と 特 へ 週 1 連 載 を 放 り 込 ん だ 私 は ア を く つ つ け る 。 作 戦 4 】 フ ァ ン タ ジ ー 定 商 品 の 宣 伝 以 外 な ら 何 を 書 い ホ ウ と し か 言 い よ う が な い 。 っ 要 約 部 で 文 字 数 が 稼 げ る う え や り た い 夢 を 想 像 で 膨 ら ま せ こ ん て も い し 、 と 軽 い 感 じ で 頼 ま れ 、 ま り は 金 に 目 が く ら ん だ の で あ に 、 賢 そ う な エ ッ セ イ に な る の る 。 こ ん な 家 に 住 み た い 、 が メ リ ッ ト だ が 、 感 想 や 考 え に な 旅 が し た い 、 つ ま り 日 常 ェ ッ セ イ み た い な も っ た 。 こ ん な も の が 欲 の か な 、 と 気 軽 に 引 き 受 け た ら し か し 引 き 受 け た も の は ガ タ 相 当 な 本 気 が 人 っ て な い と 、 つ し い な ど 。 無 責 任 で 何 で も 一 言 え 地 獄 だ っ た 。 思 え ば 昔 か ら 日 常 ガ タ 言 っ て い て も し よ う が な ま ら な い 読 書 感 想 文 み た い な も る の で 、 有 効 な 手 段 で は あ る が 、 ェ ッ セ イ は 苦 手 な の だ っ た 。 も こ の ピ ン チ を チ ャ ン ス と と の に な る 。 常 日 頃 そ れ に つ い て よ ほ ど 面 白 い こ と を 想 像 し な い ひ る ね 得 先 宝 日 録 ・ 宮 田 蛛 己 2015 年 9 月 の 記 、 8 ・ 口 た る

本の雑誌 12月号第40巻12号


~ っ き ! ン 一 っ ー ド ! ! 軽 評 利 行 中 4 飛 ゅ , ま ン ー っ ー ド 2 015 靴 ゑ ・ ■ と 本 ー っ 萋 疇 気 暼 佑 キ 碑 林 明 山 ネ 硲 - 中 物 様 王 規 猫 お も し ろ 雑 談 パ ワ ー の 第 4 弾 ! い な ん て 、 単 静 育 せ な ア ザ ラ シ 全 身 貪 い ・ 不 思 諾 絵 も と め イ ン ド 課 く へ ・ あ や し 夢 う つ つ 温 ・ ウ マ 食 い も の 雑 学 ・ 世 界 困 っ た 所 聿 な ど 、 い つ も よ リ も リ く さ ん 過 ぎ て は み 出 し 物 「 旅 」 集 ! A5 判 並 製 168 頁 の 定 価 ( 本 体 1300 円 + 税 ) を つ き ! ン 一 つ 一 ト ! ! 3 2015 春 夏 号 い 大 き ! ワ ル / リ 醉 つ ば ら い 系 集 部 快 進 撃 ! 可 舜 い ・ び つ く リ ・ 大 笑 い に お 色 氤 の 「 ・ 経 し い 」 大 集 と 、 雑 リ 鋭 に よ る 鈊 リ 企 画 で 充 実 〒 卸 礼 号 ! A5 判 並 製 168 頁 ・ 定 価 ( 本 体 1300 円 + 税 ) と っ き ! ン - つ - ド ! ! 2 2014 靴 ネ 号 前 人 来 到 の 人 島 大 集 に 元 商 店 街 複 索 記 に 体 温 価 下 * 斗 王 里 に マ ボ ・ ロ シ 手 記 発 掘 と お な じ み マ ン 升 盛 リ な ど 雑 鈊 リ 違 載 陣 が 、 大 れ ! A5 判 並 製 168 頁 ・ 定 価 ( 本 体 1300 円 + 税 ) ~ っ 可 き ! ン 一 っ ー ト ! ! 2013 靴 ネ 号 Lt - を 5 方 本 ! 年 2 回 ( 定 ) す る ニ マ ツ & る 。 言 周 子 に の る ぞ 真 釗 お 氤 楽 マ 廾 ジ ン 第 3 弾 ! ま っ た く も っ て や リ た い 放 是 頁 の 第 2 号 ! コ 何 だ ! ? ご っ た 港 雑 言 志 則 刊 号 ! 1 冊 ま る ご と 三 酉 酒 ! 豪 華 幸 れ 筆 陣 に よ る 飯 ん だ 飯 ま れ た お い 工 ッ セ イ 、 コ ン ビ ニ 食 材 希 レ シ ビ に 雑 鈊 リ へ ん て こ 迷 走 雑 談 ま で 盛 リ だ く さ ん ! A5 判 並 製 154 頁 ・ 定 価 ( 本 体 1400 円 + 税 ) 発 行 ・ 株 式 会 社 椎 名 誠 旅 す る 文 学 館 / 発 売 ■ 株 式 会 社 ク リ ー ク ・ ア ン ド ・ リ バ ー 社

本の雑誌 12月号第40巻12号


キ マ グ ロ と や り と り し な が ら 考 え る 。 と も 人 間 よ り 価 値 が 低 い と い う 理 屈 は そ 保 全 に 繋 が る の か は 自 明 で あ る 「 こ れ だ け 堂 々 と し た 動 き を 見 せ る 立 派 れ な り に 筋 が あ る か ら だ 。 垣 根 の な い 野 獲 物 で 金 儲 け す る の は ど う な の だ ろ な や つ を 食 う の に ふ さ わ し い 人 間 は い な 山 を 自 由 に 移 動 し な が ら 、 自 力 で 生 き て う 。 生 活 の た め の 漁 ( 猟 ) の 先 で 、 サ ン い る 野 生 獣 の ほ う が 、 囲 い の 中 で エ サ を チ ャ ゴ や 『 な め と こ 山 の 熊 』 の 小 十 郎 の 命 は 他 の 命 を 食 べ る 権 利 が あ る の か ? 与 え ら れ て い る 家 畜 よ り 、 生 き 物 と し て 心 境 に す こ し で も 近 づ く こ と が で き る の な ん て こ と を 考 え る の は お そ ら く 人 間 だ の 存 在 感 が 高 い こ と は 、 野 生 獣 を 追 っ て だ ろ う か 。 近 づ い て 意 味 が あ る の だ ろ う け だ ろ う 。 命 は 命 を 食 べ て 存 在 し 、 一 つ い れ ば 感 じ て し ま う 。 家 畜 に な り た い と か は 思 わ な い が 、 野 生 獣 な ら な っ て も い し 食 う た め に 殺 す 。 こ れ は 生 存 の 根 本 で の 命 だ け を 切 り 離 す こ と は 不 可 能 だ 。 だ が 、 人 間 に は 自 意 識 が あ る の で 、 命 を 食 も し く は 本 気 で な っ て み た い と 思 う ほ ど あ る 。 だ が 、 生 き る た め で あ っ て も 、 命 べ る と は 、 他 の 命 よ り 自 分 の 命 を 優 先 さ だ 。 野 生 獣 は 美 し い 彼 ら は い ろ い ろ な を 奪 う こ と に 気 持 ち よ さ を 感 じ る 人 は な せ て い る こ と に ほ か な ら な い と 気 づ い て こ と を 知 っ て い る 。 自 分 で ち ゃ ん と 判 断 し ま う 。 だ か ら こ そ 、 優 先 さ せ て い る 自 し て い る 。 も し か し た ら そ れ は 、 わ れ わ サ ン チ ャ ゴ は い う 。 分 の 命 が 、 奪 っ た 命 以 上 の 価 値 が あ る の れ 人 間 以 上 か も し れ な い 。 少 な く と も 都 「 こ う な っ た ら 、 ど っ ち が ど っ ち を 殺 し 市 生 活 を あ た り ま え の よ う に 享 受 し て い て も い し か ど 一 つ か 、 人 は 悩 む 。 な る ほ ど 、 私 も ケ モ ノ を 殺 す た び に 、 狩 猟 を お こ な っ て い る と 多 か れ 少 な か る 私 以 上 か も し れ な い 。 い っ か 自 分 の 番 が 必 ず 来 る の だ な と い う 今 、 私 は 自 分 の 興 味 と 家 族 に 食 べ さ せ れ 「 ケ モ ノ を 撃 ち 殺 す な ん て 残 酷 だ 」 と る た め に 猟 を お こ な っ て い る が 、 も し 家 思 い を 強 く す る 。 も し か し た ら 、 ヘ ミ ン い う 非 難 を 受 け る こ と に な る 私 の 反 論 は 決 ま っ て い る 。 「 他 人 に 殺 族 が い な け れ ば 、 狩 猟 の 動 機 付 け は 減 退 グ ウ ェ イ の 頭 を 猟 銃 で 吹 き 飛 ば し た の さ せ て そ れ を 金 で 買 う の は 、 殺 し を 買 っ す る だ ろ う 。 ( 話 は そ れ る が ) 有 害 獣 駆 は 、 彼 の 獲 物 た ち だ っ た の か も し れ な い て い る こ と に ほ か な ら な い 除 は 人 間 の 身 勝 手 で あ り 、 私 の 殺 生 の 動 1 月 号 冖 特 集 〕 予 告 だ が 、 実 の と こ ろ 、 自 分 の 主 張 の ほ こ 機 に な ら な い 。 鹿 の 食 害 と 人 間 の 自 然 破 2015 年 度 ベ ス ト ろ び に も 気 が つ い て い る 壊 を 比 べ た ら 、 ど ち ら が 環 境 に と っ て 有 家 畜 は 人 が 育 て た も の な の で 、 少 な く 害 で 、 ど っ ち を 先 に 駆 除 し た ほ う が 環 境

本の雑誌 12月号第40巻12号


直 感 的 に 一 枚 の 肉 筆 の 葉 書 の こ と を 思 い 出 の 葉 書 の 直 後 佐 藤 か ら は 「 拝 復 君 ガ 自 重 ト % 治 し た 。 自 愛 ト ヲ 祈 ル : : : 徒 ニ 悲 泣 ス ル コ ト 勿 レ そ れ は 、 七 、 八 年 前 私 も 出 席 し て い た 古 : : : 」 の 葉 書 が 送 ら れ て い る こ と や 、 太 宰 書 市 場 の 光 景 。 そ の 日 の 出 品 物 の 中 に 同 時 は こ の 間 の こ と を 「 創 生 記 」 に 、 佐 藤 も 「 或 と 美 一 = 期 の も の と 思 わ れ る 太 宰 の 佐 藤 宛 毛 筆 書 き る 文 学 青 年 像 」 に 書 き 「 小 使 銭 云 々 ・ : : ・ 」 店 正 の 葉 書 が 一 枚 、 稀 覯 品 の み 置 か れ る 最 終 台 の 言 葉 も 見 え る 、 と か 私 の 見 た 資 料 で は に 並 べ ら れ 、 注 目 の 的 と な っ た 。 ま た た く 太 宰 に 対 す る 川 端 康 成 の 、 「 作 者 目 下 の 生 間 に 人 札 封 筒 は 競 い 札 で ふ く ら ん だ 。 暮 れ 活 に 厭 な 雲 あ り て 」 云 々 と の 選 評 の 中 の 言 9 月 7 日 付 毎 日 新 聞 方 開 札 発 声 さ れ 、 そ の 予 想 外 の 高 値 と 共 に 葉 が 頭 に 残 っ て い る 。 市 場 で お 会 い し た 森 夕 刊 は 、 当 時 芥 川 賞 の そ こ こ こ に 嘆 声 が 上 っ た 。 そ の 時 の 落 井 氏 が 「 お 客 様 が あ り ま し た 」 と 答 え た 言 選 考 委 員 の 一 人 で 師 弟 関 係 に あ っ た 佐 藤 春 札 者 ・ 森 井 健 一 氏 編 集 の 「 森 井 書 店 古 書 目 葉 も 夫 宛 の 太 宰 治 の 昭 和 Ⅱ 年 1 月 日 発 信 の 書 録 第 託 号 ( 平 成 年 7 月 ) 」 は す ぐ 書 庫 で さ て 、 私 事 だ が 十 四 年 前 、 私 は 『 近 代 作 簡 が 発 見 さ れ た こ と を 一 面 で 報 じ た 。 今 や 見 つ か る 。 葉 書 表 裏 が 写 真 版 で 印 刷 さ れ 、 家 自 筆 原 稿 集 』 ( 東 京 堂 出 版 ) な る 本 を 出 太 宰 が ニ ュ ー ス 性 の あ る 大 作 家 に な っ た 報 左 の 如 く 記 さ れ て い る し た が 、 代 表 作 家 四 十 人 に 太 宰 を 人 れ る こ 道 ぶ り で あ っ た 。 と が 出 来 な か っ た 。 今 で も 心 残 り だ が 、 か 《 未 発 3 「 私 を 見 殺 し に し な い で 」 「 伏 し て 懇 願 」 太 宰 治 葉 書 一 三 〇 0' 〇 0 〇 円 な り 重 要 な ( ? ) 葉 書 を 商 売 で 扱 っ た こ と 佐 春 夫 宛 ( 東 京 市 小 石 川 区 関 凵 町 ) が あ る 。 昭 和 年 頃 、 私 の 著 書 を 読 ま れ た 、 な ど と い う 文 面 に は 佐 藤 も さ ぞ 困 惑 し た で 昭 和 を 年 十 ニ 月 ニ 十 一 " 百 消 印 消 印 は 千 葉 船 毛 筆 七 行 あ ろ う 。 「 こ の 頃 の 太 宰 は 、 文 壇 デ ビ ュ ー 永 く 「 新 潮 」 を 編 集 さ れ た 楢 崎 勤 と い う 人 以 下 全 支 を 果 た し て い た も の の 自 殺 未 遂 を 起 こ し 、 の 未 亡 人 か ら 電 話 が あ っ た 。 「 も う 大 分 散 「 佐 藤 さ ん あ な た だ け が 私 を 助 け る こ と が で き る 。 東 大 も 中 退 。 パ ビ ナ ー ル ( 鎮 痛 剤 ) 中 毒 で こ ん ど の 芥 川 賞 ( 五 百 円 ) を 私 に 下 さ い 。 私 は そ れ 逸 し て し ま っ た が 、 残 り の 主 人 宛 の 手 紙 を を 半 年 分 の 私 の 小 使 銭 に い た し ま す 。 私 は 、 狂 っ て 借 金 も か さ む 不 安 定 な 精 神 状 態 」 〈 記 事 〉 見 に 来 な い か 」 と い う 話 、 私 は 世 田 谷 区 の ゐ ま せ ん 。 」 お 宅 に 伺 い 、 そ の 一 束 を 確 か 二 十 万 ほ ど で の % 歳 。 「 プ ラ イ ド の 高 い 太 宰 が こ こ ま で す が る の は 、 2 人 の 信 頼 関 係 の 証 し 」 〈 評 ま た 次 行 か ら の 明 解 な 解 説 を 読 み 、 改 め 買 っ て 帰 っ た 。 こ の 値 付 け は 中 に 太 宰 治 の ・ : 記 事 を 見 て 私 は て 私 は 舌 を 巻 い た 。 略 記 さ せ て 頂 く と 、 こ 葉 書 が 含 ま れ て い た か ら で あ る 。 者 〉 だ ろ う と あ っ た 。