検索 - みる会図書館

全データから 209638件ヒットしました。

バカタレ―!就活のバカタレ―!


一 億 人 の 大 疑 問 就 活 、 100 人 に 聞 き ま し た 。 な ん で 就 活 し た の ? ど ん な 就 活 し た の ? 就 活 経 験 者 に 聞 い た 採 用 の 実 際 と 社 会 の 裏 側 ! X レ 4 ① 就 活 を 始 め た の は い っ 頃 で し た か ? ⑨ 合 同 説 明 会 や セ ミ ナ ー に は 行 き ま し た か ・ ま た そ の 感 想 は ? ② き っ か け は 何 で す か ? ⑩ 就 活 に は い く ら 使 い ま し た か ? ( 交 通 費 や 書 籍 費 ) ③ 貴 方 の 就 活 歴 を ざ っ と 教 え て 下 さ い ⑩ 就 活 で 一 番 参 考 に な っ た も の は 何 ? ④ 何 故 就 活 を し た の ? ⑩ 就 活 を す る 時 重 視 し た こ と ' 気 を つ け て い た こ と は あ り ま す か ? ⑤ 何 社 ぐ ら い 受 け て 何 社 内 定 が 出 ま し た か ? ⑩ 就 活 を し た 中 で ' こ れ は 忘 れ ら れ ん ! と い う 思 い 出 は ? ⑥ ど ん な 業 界 を 志 望 し て い ま し た か ? ⑩ こ れ か ら 就 活 す る 人 に 一 言 ⑦ そ れ は 何 故 で す か ? ⑩ ご 自 身 の 今 後 の 展 望 な ど あ り ま し た ら ( 何 で も 可 ) ⑧ 志 望 す る 業 界 に は 行 け ま し た か ? ⑩ 貴 方 が 定 義 す る 「 就 活 」 と は 何 ? 人 は 何 故 就 活 す る ん だ ろ う ?

まんがハーバードが絶賛した新幹線清掃チームのやる気革命


不 採 用 と 3 そ / み グ ′ ィ , ィ 君 は 何 を し た い の ? 夢 や 目 標 は あ り ま す か ? ま た か あ ー 清 水 希 新 卒 で 就 職 に 失 敗 し 未 だ 実 家 で 就 活 中 で あ る そ れ か い つ も 答 え ら れ な い ! こ い ・ =. ド を

バカタレ―!就活のバカタレ―!


ー と い う 生 き 方 学 生 時 代 は 文 筆 活 動 ・ バ ン ド 活 動 ・ 同 人 活 動 な ど 、 様 々 な 趣 味 を 始 め る 機 会 で あ る 。 し か し そ ん な 学 生 時 代 に 終 止 符 を 打 つ の が : ・ 就 活 で あ る 早 い 学 生 に な る と 三 年 生 の 夏 頃 か ら 就 活 を 始 め 、 趣 味 や サ ー ク ル は お ろ か 、 学 生 の 本 分 で あ る 勉 学 の 時 間 を 割 い て 就 活 を 続 け て 行 く 。 趣 味 の 活 動 に 生 き る 学 生 に と っ て 、 そ の 後 の 人 生 を 捧 げ て い く の か 、 も し く は ヘ ー ボ ン な サ ラ リ ー マ ン を 目 指 す の か 、 就 活 は 人 生 の 転 機 と 言 え る 。 だ っ た ら 、 学 生 の 時 に 始 め た 同 人 で 生 活 し て い け ば い い ん じ ゃ な い ? っ て 人 に 読 ん で ほ し い 企 画 。 こ こ で は 、 一 度 社 会 人 と し て 過 ご し 、 そ の 後 自 分 の フ ィ ー ル ド で 活 躍 し て い る 3 人 を 取 り 上 げ よ 、 つ 。 153

バカタレ―!就活のバカタレ―!


イ ン タ ー 、 不 ッ ト と い 、 つ よ り ・ ・ パ ソ コ ン 通 信 の 時 代 だ っ た ん で す ね 。 築 山 ま さ に そ れ で す ( 笑 ) そ の 後 。 の 普 及 と 共 に 、 就 活 関 係 の 情 報 交 換 も 少 し ず つ 広 が っ て 、 大 学 限 定 の 採 用 情 報 が 少 し ず つ 公 開 さ れ て い き ま し た 。 さ ら に 、 < »-ä な み ん な の 就 職 活 動 日 記 ( 以 下 、 み 本 的 に は 、 の 人 に 話 を し て 窓 口 を 設 け ら れ る こ と に よ っ て 、 「 〇 〇 っ て ど の プ ロ ー ド バ ン ド 技 術 が 広 ま っ た 結 ん 就 ) が 出 来 た 経 緯 や 沿 革 を 教 え て く 作 っ て も ら い 、 大 学 近 く の 喫 茶 店 と か と こ か ら オ フ ァ ー が き た よ 」 、 f>< >< の 果 、 採 用 情 報 が オ ー プ ン に な り 、 『 大 だ さ い で と 話 を し な が ら 、 「 じ ゃ あ お 前 会 社 が 採 用 し て い る よ 」 な ど と い っ た 学 別 の 採 用 は し て い ま せ ん 」 、 「 男 女 関 み ん 就 編 集 部 築 山 ( 以 下 築 山 ) み ん 受 け て 良 い よ ? 』 と 言 わ れ て 初 め て 採 情 報 が 明 る み に 出 る よ う に な っ た ん で 係 あ り ま せ ん 」 と い っ た 公 平 な 採 用 を 就 が 出 来 た の は 年 な の で 、 今 年 で も 用 試 験 に 応 募 で き る 仕 組 み で し た 。 な す 。 オ ー プ ン に な る と い う こ と は 、 「 あ す る 時 代 に 変 わ っ て い き ま し た 。 う 年 を 迎 え る こ と が で き ま し た 。 と の で 、 リ ク ル ー ト ブ ッ ク に も 載 っ て な の 会 社 が 採 用 し て る 」 と い う こ と が 伝 こ ろ で 、 僕 が 携 わ っ て い た 頃 の 話 で は み ん 就 の 運 営 に つ い て お 聞 き し ま か っ た り す る と 、 も う 応 募 す る 手 段 が わ る こ と で す か ら 、 企 業 が 就 活 生 を 無 あ り ま せ ん が 、 み ん 就 が 出 来 た 頃 の 就 無 か っ た と 言 え ま す 。 視 で き な い 状 況 に な っ て き た ん で す 。 す 。 ど ん ど ん サ ー ビ ス 規 模 が 大 き く 活 の 方 法 、 リ ク ル ー ト ブ ッ ク で の 就 活 つ ま り 、 イ ン タ ー ネ ッ ト の 登 場 は 、 採 な っ て い っ た と の こ と で す が 、 運 営 の ら っ し や る ん で す を ご 存 知 で す か ? 許 可 制 の 就 活 で す か ( 笑 ) 実 質 、 用 情 報 を 公 開 し よ う と い う 流 れ を 加 速 方 は ど れ く ら い い さ せ て い っ た と い え ま す ね 。 そ れ が 一 次 面 接 面 接 に な っ て い た と ? た だ 、 当 時 の イ ン タ ー ネ ッ ト 普 及 の 事 築 山 事 業 自 体 の 合 計 人 数 は 幻 人 ぐ ハ ガ キ を 出 し て 就 活 す る 時 代 の こ 築 山 ま あ そ う で す ね 。 昔 は 、 そ う と で す か ? い う 形 で の 就 活 が 行 わ れ て い た の で 、 情 も あ り 、 今 ほ ど 多 く の 人 に 使 わ れ て ら い ( た だ し 開 発 エ ン ジ ニ ア 除 く ) で 築 山 そ う で す 。 み ん 就 が 設 立 さ れ た 言 っ て し ま え ば 企 業 側 が 採 り た い よ う い た わ け で は あ り ま せ ん で し た 。 み す ね 。 年 当 時 は 、 ハ ガ キ を 出 し て の 就 活 が な 大 学 の 人 じ ゃ な い と 、 受 け る チ ャ ン ん 就 が 設 立 さ れ た 19 9 6 年 の 頃 は 、 す ご く 少 な い で す ね ! み ん 就 に は メ イ ン で 、 基 本 的 に 開 か れ た 採 用 で は ス が あ り ま せ ん で し た 。 ま だ •— 0 が 普 及 し て い な い 1 日 で ど れ ぐ ら い の 書 き 込 み が あ り ま な か っ た ん で す 。 例 え ば 、 僕 が 〇 〇 銀 み ん 就 は 、 そ う い っ た 状 況 に 目 を つ け 時 期 で し た か ら 、 に 詳 し い 大 学 院 行 の 採 用 試 験 を 受 け た い と 思 っ て も 、 て 、 情 報 交 換 す る 場 所 、 サ 1 ビ ス の ジ ャ 生 な ど が 使 っ て い る だ け で し た 。 実 際 す か ? 〇 〇 銀 行 の O が い な い と 受 け ら れ ン ル で 言 え ば メ ー リ ン グ リ ス ト を 最 初 に 、 み ん 就 が 多 く の 学 生 に 使 わ れ 始 め 築 山 ( 取 材 当 時 11 月 の ) 今 の 時 期 な い っ て こ と に な っ て い た ん で す 。 基 は 作 り ま し た 。 す る と 、 そ う い う 場 が た の は 2004 年 ご ろ か ら に な り ま す 。 だ と 、 1 日 あ た り 200 件 ぐ ら い で す 。 み ん 就 編 集 部 に 突 撃 し た ぞ , 仕 事 場 押 し か け 突 撃 イ ン タ ヒ コ ー み ん な の 就 職 活 動 日 記 こ と 楽 天 の 運 営 す る 「 み ん 就 」 掲 示 板 に は 、 就 活 シ ー ズ ン に な る と 就 活 生 の 悲 喜 コ モ ゴ モ が 炸 裂 す る ! 編 集 部 の 中 の 人 は い っ た い ど ん な 人 な の か ? Ⅱ 月 某 日 。 み ん 就 を 影 か ら 支 え る 編 集 部 の プ レ イ ン に 会 っ て き た ぞ ! 172

バカタレ―!就活のバカタレ―!


汗 と 涙 の 就 活 体 験 談 就 活 不 况 入 社 し て 2 日 で ク ビ に な っ た 男 の は な し 暗 黒 辞 退 録 ア マ リ 漫 画 家 三 田 紀 房 単 独 イ ン タ ビ ュ ー 不 況 来 て か ら 大 手 内 定 余 裕 で し た 〔 女 子 大 生 の 赤 裸 々 座 談 会 1 億 人 の 大 疑 問 就 活 人 に 聞 き ま し た 人 事 部 の 平 日 読 売 新 聞 本 社 に 突 撃 し た ぞ ! フ リ ー と い 、 つ 生 き 方 楽 天 み ん し ゅ う 編 集 部 に 聞 く ! 「 或 る 新 都 作 家 の 就 活 」 陽 性 反 応 ミ セ ス に 就 活 を 聞 く ! 堀 田 み き ほ 紫 雪 ・ 1 0 、 れ ・ 1 小 船 菜 穂 や み ふ う オ オ タ ュ ウ キ 丸 メ タ 履 歴 書 呉 野 和 美 ュ タ カ ナ ウ シ ロ 野 村 高 文 180 136 130 118 114 90 82 54 48 44 30 す な ぎ も も こ 紡 ア ン バ ー ち ゃ ん 亠 の 、 か い 1 ) 田 阪 貴 博 熱 帯 魚 ま す た 、 つ ろ 、 つ ろ 江 藤 茜 仁 田 坂 淳 史 188 172 153 122 97 60 18 11 3

バカタレ―!就活のバカタレ―!


面 接 時 の 資 料 に よ る と ア マ リ く ん は 今 ま で 無 い 内 定 つ ま り : ・ 今 日 が 初 内 定 で す ・ : 苦 し い 就 活 の 末 の 初 内 定 : 拍 手 つ 注 目 っ み ん な も 覚 え が あ る 通 り こ れ は 大 変 嬉 し い こ と で す

バカタレ―!就活のバカタレ―!


こ の 度 の 就 活 合 同 で エ ッ セ イ を 反 面 教 師 と し て 読 ん で 頂 き た い 。 応 募 し た と こ ろ も あ る に は あ っ た が 、 結 局 特 に 今 現 在 、 就 活 を 行 っ て い る 読 者 は 通 ら ず 仕 舞 い だ っ た 。 い や は や 、 当 時 は 積 書 く に あ た り 、 自 ら 応 募 し て お い 中 て 何 だ が 実 は 一 つ 困 っ た こ と が あ 活 諸 氏 に お か れ て は 尚 更 で あ る 。 み 重 ね の 出 来 な い 人 間 に 就 活 は 向 か な い と 痛 る 。 私 は 学 生 時 代 、 ほ と ん ど 就 活 ~ さ て 、 め ん ど く さ い と 一 言 で 済 ま せ 感 す る こ と 仕 切 り だ っ た 。 経 験 を 経 る こ と な く 卒 業 し て し て し ま う の は 簡 単 で は あ る が 、 そ れ で 今 ほ ど で は 無 い が 、 私 の 卒 業 年 度 で あ る ま っ た の だ 。 皆 無 と ま で は い か な は 理 由 の 説 明 と し て 些 か 薄 く な っ て し 年 度 も 就 職 が 冷 え 込 む 時 期 で は あ っ た 。 幸 い い が 、 同 期 の 学 生 と 比 べ れ ば 微 々 ま う だ ろ う か 。 私 が 就 活 に 感 じ た め ん に し て 卒 業 し た 同 期 は そ れ ぞ れ 内 定 を 取 れ て た る も の で し か な か っ た 。 ど く さ さ と は 、 就 活 を 始 め て か ら 内 定 い た よ う で ( 内 定 取 り 消 し の 被 害 に も あ っ た 本 稿 は 所 謂 、 就 活 の ノ ウ ハ ウ が 獲 得 に 至 る ま で の プ ロ セ ス の 長 さ に 対 と い う 報 告 は 聞 い て い な い ) 、 そ れ は 何 よ り 書 い て あ る わ け で も 無 け れ ば 成 功 し て で あ る 。 適 正 試 験 を 受 け 、 大 学 主 で あ る 。 そ し て 結 局 内 定 を 取 れ な い ま ま 卒 業 談 も 無 い 。 そ も そ も 学 業 に そ こ ま 催 の ガ イ ダ ン ス を 受 講 し 、 合 同 説 明 会 し て し ま っ た 私 は フ リ ー タ ー と し て 現 在 に 至 で 真 摯 に 取 り 組 ん で い な か っ た 私 に 参 加 し 、 志 望 分 野 に 関 す る 情 報 を 集 る 。 就 活 自 体 は 辞 め た わ け で は な く 、 目 下 就 に と っ て 、 前 提 と し て 卒 業 自 体 が 危 う か っ た め 、 先 輩 や 同 期 と 情 報 を 共 有 し 、 エ ン ト リ ー 活 中 ( そ の わ り に は 全 く 動 い て い な い が ) で わ け だ が 。 よ う は 落 ち こ ば れ だ っ た の だ 。 シ ー ト を 提 出 し 、 企 業 毎 の 説 明 会 に 参 加 し 、 あ る 。 本 誌 が 発 行 さ れ る 頃 に は 進 展 が 見 ら れ そ ん な 落 ち こ ば れ で あ っ て も 真 面 目 に 就 活 何 通 り か の 試 験 を 経 て よ う や く 合 否 が 出 る 。 る こ と を 切 に 願 う 。 す る 学 生 は い る だ ろ う し 、 留 年 と い う 手 段 を 個 々 人 に よ っ て 内 定 ま で の プ ロ セ ス は 異 な る さ て 、 そ ろ そ ろ ェ ッ セ イ で は な く 雑 記 の 様 選 ぶ 学 生 も い る だ ろ う 。 だ ろ う が 、 基 本 的 に は 上 記 に 近 い 手 順 を 踏 む 相 を 呈 し て き た が 今 し ば ら く お 付 き 合 い 頂 け 4 回 生 で あ り な が ら 単 位 の た め に 週 5 で 大 だ ろ う 。 忍 耐 を 要 す る 事 柄 か ら は ひ た す ら 逃 れ ば 幸 い で あ る 。 俄 に は 信 じ ら れ な い だ ろ う 学 に 通 っ て い た こ と も あ り 、 就 活 に 注 力 で き げ 続 け て い た 私 に と っ て 、 こ の プ ロ セ ス は 考 が 、 こ れ で も ( 同 人 小 説 の 意 ) 書 き の 端 な か っ た こ と も 事 実 で は あ る 。 言 い 訳 以 上 の 問 に 等 し か っ た 。 く れ で あ る は ず な の だ が 、 驚 く ほ ど に 文 章 が 何 物 で も な い が 、 自 己 分 析 を 踏 ま え て 述 べ る と あ る 同 人 誌 即 売 会 に 参 加 す る た め に ビ ッ 出 て こ な い 。 学 生 時 代 の 自 分 を 振 り 返 る の が な ら 原 因 は そ こ に は 無 い 。 端 的 に 言 っ て し ま グ サ イ ト へ 向 か い 、 入 り 口 に 着 い て 初 め て 合 嫌 な の か 就 活 に つ い て 深 く 書 け る ほ ど の 経 験 え ば 「 め ん ど く さ か っ た 」 と い う 一 語 に 尽 き る 。 同 説 明 会 が 開 催 さ れ て い る こ と を 知 る 程 度 に を 積 ん で い な い の か 。 恐 ら く そ の 両 方 だ ろ う 。 本 旨 に 戻 ろ う 。 そ う 、 就 活 の 話 、 そ の 反 面 就 活 合 同 に あ る ま じ き 発 言 で あ る 。 本 稿 は は 就 活 か ら 目 を 逸 ら し て い た ( 実 話 で す ) 。 タ リ 方 0

バカタレ―!就活のバカタレ―!


た 活 皿 し 就 み き ほ ( ) 視 ら ⑧ い い 、 ん 重 か 時 れ ⑨ セ ミ ナ ー に は 行 き ま し た 。 当 愛 知 県 る こ 学 生 ② サ ー ク ル 引 退 し て 暇 に な り 、 選 ば な け れ ば 会 社 は た く さ ん あ る た り 外 れ が あ り ま す が な ん と な く は じ め た 。 そ の 後 、 人 と 知 り ま し た 。 自 分 は 就 活 中 、 生 ⑩ 二 千 円 ぐ ら い ? よ く わ か り ま ① 二 〇 〇 八 年 六 月 く ら い ( 3 年 活 ? 何 生 の 一 選 択 肢 と し て 続 け て み た 。 活 に な に か ( そ れ は 割 愛 し ま す が ) せ ん 。 ⑩ 出 活 そ れ と 落 ち る と ム カ つ く か ら そ の を や り 残 し た 感 覚 が あ る 気 が し て ⑩ イ ン タ ー ン 先 の 社 員 と 学 生 課 ② 辞 め な い で 済 む 会 社 選 び が し 2 ・ 田 じ 何 、 つ 「 た か っ た か ら 反 動 で 続 け て た 。 の 職 員 の 方 々 し る の と す ③ 十 一 、 十 二 月 に 学 校 で 開 か れ 甘 い 考 え だ と 自 覚 し て い ま す が 、 ⑩ 就 活 を 理 由 に 人 か ら の 遊 び や ③ ェ ッ セ イ 参 照 た ん 定 る 説 明 会 に 行 き 、 一 月 は テ ス ト と 選 ば な け れ ば 会 社 は あ る 、 だ っ た 飲 み の 誘 い を す べ て 断 る 人 間 に な ④ 働 き た い か ら つ れ 。 、 な ら 方 就 活 に 専 念 。 一 一 月 か ら バ イ ト も 減 ら 学 生 と い う 贅 沢 な 時 間 を 食 い 尽 ら な い よ う に 意 識 す る こ と 。 ⑤ 部 社 ( 日 本 ) ↓ o 一 社 ( イ に れ 貴 考 忘 ら し て 四 月 末 ま で 就 活 モ ー ド 。 四 く し て か ら 社 会 に 出 よ う 。 と 、 決 ⑩ 四 月 に 全 滅 し た こ と 。 最 後 に ン ド ネ シ ア ) ↓ 一 参 は ⑩ 番 れ , 月 半 ば に 全 滅 。 そ の 後 な ん と な く 心 し ま し た ー 受 け た 企 業 か ら 不 採 用 の 連 絡 を 受 ⑥ 食 品 メ ー カ ー で 選 考 を 受 け た 会 社 が 最 終 ま で 行 ④ 会 っ た こ と の な い 他 者 と の 出 け た こ と 。 イ ン タ ー ン を し た 友 人 ⑦ 日 本 の す ば ら し い も の を 世 界 で , も 活 で で 就 中 何 に と ど け た い き 、 内 定 が で そ う に な る が 、 そ の 会 い や こ れ ま で の 知 り 合 い と 「 「 就 と 飲 ん だ こ と 。 時 に そ こ ま で し て 働 き た い か 疑 問 職 」 を テ ー マ に 話 す こ と は 刺 激 的 ⑩ ど こ か で 一 緒 に な っ た ら よ ろ ⑧ い い え を こ 費 活 し だ っ た し 、 気 づ か さ れ る こ と 考 え し く お 願 い し ま す 。 ⑨ 行 っ た 行 っ た に 思 い 、 面 接 に て 受 か っ て も 行 か 籍 就 ま 書 ⑩ り な い 匕 日 を 伝 え る 。 さ せ ら れ る こ と は 多 か っ た 。 僕 は ⑩ 四 年 間 い つ ば い 遊 ん だ ん で 、 ⑩ 四 十 万 以 上 そ の 後 、 一 社 の み 選 考 を 続 け る も そ れ を 楽 し ん だ 。 就 活 し ま す 。 ど ん な と こ ろ で も い ⑩ な し 絞 望 い の で と に か く 来 年 は 就 職 先 を 決 ⑩ な し 秋 に 落 ち て 就 活 終 了 。 実 際 、 五 、 六 、 ⑤ 三 十 社 ち ょ い 。 ま 展 ? り の 七 、 九 月 以 降 は 何 も し て い な い 。 内 定 は 無 し 。 め ま す 。 来 年 就 活 が 終 わ っ た ら 何 ⑩ で 「 八 十 社 以 上 落 ち て か ~ か し ら の 制 作 に 没 頭 し つ つ 、 旅 行 恥 す か し く な い ? 」 と 聞 か れ た こ た よ 今 断 っ た 理 由 は 会 社 ( 関 係 ) に ⑥ 特 に な し 。 し の ま こ 身 と と ' 内 定 先 の 六 時 間 面 接 非 は あ り ま せ ん 。 の 仕 事 に 僕 金 融 証 券 商 社 な ど の カ タ い と こ ろ や 読 書 に 励 み た い 。 し , 」 ・ 目 は 全 く 関 心 が あ り ま せ ん で し た 。 は 避 け て い た 。 就 活 し な が ら 見 つ ⑩ そ れ は 就 活 を や り 遂 げ た 人 が ⑩ 「 ム リ す ん な 」 て ⑩ 大 企 業 で は な い 会 社 で す が 給 与 体 か っ た ら 儲 け も ん ぐ ら い に 考 え て す る べ き だ と 思 い ま す 。 や り 遂 げ ⑩ 特 に あ り ま せ ん れ つ 言 て な い 僕 に 定 義 す る 資 格 は な い 。 ⑩ 特 に あ り ま せ ん ・ 系 や 福 利 厚 生 、 人 柄 も 良 さ そ う で い た し た 。 カ タ い ( そ う 思 わ れ が ち な 業 種 ) ~ と る そ の 時 、 不 況 と 言 え ど も 会 社 名 を 業 界 は 自 分 に 合 わ な い と 思 っ て い ⑩ こ す 万 以 上 就 活 に 費 や し た 、 」 0

バカタレ―!就活のバカタレ―!


す 。 ぼ く は ね 、 な ん で も い し 就 バ カ た と え ば 代 表 的 な キ ャ ラ ク タ ー と し て 「 井 野 真 々 子 ( い の ま ま っ て い う の が 本 音 な ん で す よ 。 こ ) 」 と い う ド ラ ゴ ン 桜 と エ ン ゼ ル バ な ん で も よ か っ た ん で す 。 ン ク で 主 役 級 で 活 躍 し て い る キ ャ ラ ク タ ー が い る ん で す が 、 彼 女 な ん か は 感 サ ラ リ ー マ ン に さ え な れ れ ば そ れ で 。 情 的 に 行 動 し た り 、 「 お 金 で 働 く の は 間 違 っ て い る 」 と か 言 っ た り す る ん で と は あ り ま す か ね 。 「 ム カ ッ ク ! 」 み た い な 。 す け ど 、 そ う し た こ と も 三 田 先 生 は 三 田 な ん て い う か み ん な 大 き な 成 果 就 バ カ じ ゃ あ 逆 に ホ リ エ モ ン に 対 し 楽 そ う で い い じ ゃ ん 」 思 っ た り す る の で し よ う か を 得 る た め に は そ れ に 見 合 う も の す ご て は あ る 程 度 同 情 す る 部 分 も あ る ん で 就 バ カ 三 田 先 生 自 身 の 就 職 活 動 の 話 を 聞 き た い で す 。 三 田 彼 女 は あ る 意 味 『 ド ラ ゴ ン 桜 』 、 い 努 力 が 必 要 っ て 考 え す ぎ な ん で す よ 。 す か ? 『 エ ン ゼ ル バ ン ク 」 と い う 作 品 の 中 で な ん か こ う 、 す ご い 努 力 し な い と 高 い 三 田 な ん か 、 そ ん な 悪 い こ と 言 っ て 三 田 そ も そ も 昔 の 就 活 っ て の は ね 、 は 一 番 ま と も な 人 間 な ん で す よ 。 一 般 成 果 を 得 ち ゃ い け な い み た い な 、 罪 悪 い る か な っ て 気 は し ま す け ど ね 。 で も 解 禁 日 っ て の が あ っ た ん で す よ 。 川 月 的 論 を 堂 々 と 吐 く 。 本 当 に 超 平 均 的 な 感 み た い な も の が あ る ん だ よ ね 。 日 本 そ う い う こ と 言 う と ま た 、 叩 か れ る か 1 日 か ら 就 活 を し て い い で す よ と 。 企 日 本 人 な ん で す よ 。 彼 女 が そ う い う こ 人 っ て マ ジ メ だ か ら 。 ら ( 笑 ) 。 み ん な 言 わ な い ん だ け ど 。 業 も 。 で 、 そ の 前 に 企 業 訪 問 っ て の は と を 一 一 一 一 口 う こ と で 周 り の 少 し プ ッ 飛 ん で 就 バ カ 笑 。 な る ほ ど 。 就 バ カ な る ほ ど 。 今 の 就 活 生 は み 9 月 1 日 か ら し て い い で す よ と 。 で 、 る 主 張 が 引 き 立 つ よ う に な っ て る ん で 三 田 ほ く は で き る だ け 楽 し て 儲 か ら ん な マ ジ メ に 1 か ら 自 己 分 析 と か 実 際 の 試 験 と か 面 接 と か は 川 月 1 日 か す ね 。 な い か な っ て 考 え は 常 に 持 っ て ま す け o-« — だ と か 熱 心 に や っ て い る わ け ら し な さ い っ て い う 国 か ら の 指 導 が 就 バ カ な る ほ ど 。 確 か に 好 対 照 で す ど ね 。 で す が 、 三 田 先 生 は や は り ま ず が ん ば あ っ た ん で す よ 。 で 、 そ れ を 民 間 企 業 よ ね 。 就 バ カ そ の よ う に 日 本 人 が マ ジ メ に る 前 に 就 活 全 体 を 俯 瞰 し て 見 ろ と い う が み ん な 横 並 び で 守 っ て 、 そ れ に 準 じ 三 田 普 通 キ ャ ラ ク タ ー っ て ち ょ っ と 考 え が ち な 背 景 っ て 何 な ん で し よ う か こ と が や は り メ ッ セ ー ジ と し て あ る わ て 始 め る と 。 み ん な や っ て た ん で す よ 変 わ っ た キ ャ ラ ク タ ー に し な き ゃ い け 三 田 ま あ や つ ば り 国 民 性 と い う か 教 け で す ね 。 と こ ろ が 、 9 月 1 日 か ら 会 社 訪 問 の 解 な い ん で す け ど 、 周 り を 活 か す た め に 育 と い う か 。 も っ と た ど れ ば 士 農 工 商 三 田 エ ネ ル ギ ー の 使 い 方 を 考 え れ ば 禁 に な る ん だ け ど も 、 ば く が 始 め た の も 彼 女 に は 正 論 を 吐 か せ る と 。 み た い な と こ ろ に 行 く ん じ ゃ な い で す し い ん じ ゃ な い か と 。 な ん か 燃 費 悪 そ は お 盆 過 ぎ だ っ た 。 8 月 の 日 ご ろ で 就 バ カ そ う や っ て 井 野 は 正 論 を 吐 き か 。 努 力 し な い と 成 果 を 得 ち ゃ い け な う だ か ら ね 。 も う 少 し 効 率 の い い や り し た ね 。 い と い 、 つ 。 ホ リ エ モ ン と か も の す ご く ま く る わ け な ん で す が 、 そ う し た 世 間 方 を し た 方 が い い ん じ ゃ な い の か な っ 就 バ カ 4 年 生 の 8 月 で す か ! 今 の 就 で 正 論 と 言 わ れ て い る こ と の な か で 、 叩 か れ た の も そ 、 つ い う と こ ろ で す よ ね 。 て 思 い ま す け ど 。 活 と 比 べ る と 随 分 遅 い で す ね 。 ち ょ っ と こ れ は 疑 問 に 思 う み た い な こ 「 若 く し て 儲 け や が っ て ! 」 み た い な 三 田 先 生 自 身 の 就 活 「 サ ラ リ ー マ ン 三 田 あ の ね え 、 昔 は 三 年 生 か ら 就 活

バカタレ―!就活のバカタレ―!


る 、 る 士 一 自 己 紹 介 と 就 活 教 入 信 の い き さ っ と 入 信 し て た 頃 の 話 私 が 就 活 を 始 め た の は 事 亠 3 年 の 6 月 く ら い か ら だ 。 私 は 昔 新 聞 記 者 に な り た か っ た 。 最 終 的 に は エ ッ セ 一 三 ロ の 活 付 イ ス ト 、 ル ボ ラ イ タ ー の よ う な 仕 事 が し た か っ た が 、 た ま た ま 行 っ て み た 、 コ 業 就 真 紙 営 非 日 常 の 生 々 し い 現 場 に い た い 、 現 場 を 見 て そ れ を 伝 ン サ ル 会 社 が 主 催 し て た ぐ 写 人 外 主 ャ え た い 、 と い 、 つ 思 い か 丑 日 か ら 強 く あ り 、 新 聞 記 者 を 士 い る 就 活 支 援 セ ミ ナ ー に て く よ ね で よ 本 し る 日 望 し て い た 。 私 の 「 現 場 」 に 対 す る ど ん 欲 さ は 、 高 校 参 加 し た 事 か ら は じ ま っ 資 ほ の の 頃 か ら 芽 が 出 て い た 。 9 ・ 1 事 件 を き っ か け に 、 ま た 。 そ こ で は 『 3 年 離 職 で 書 よ シ 業 カ p-* ミ 聞 己 本 て る で 世 界 中 に ム ス リ ム が 悪 者 だ と 報 道 す る メ デ ィ ア に 率 % の 恐 ろ し さ 』 と か れ み ネ 当 一 し メ カ ゴ 新 臨 3 せ 。 わ 『 イ ン タ ー ン シ ッ プ の 素 は 田 定 ン て 品 一 ス 日 懐 疑 的 に な り 、 『 マ ジ か よ 現 場 み た い っ す 』 と い う こ と こ 出 内 イ 見 食 メ マ 中 「 よ あ で 、 高 校 入 っ て す ぐ い ろ ん な 人 に 頼 み 込 み 、 地 元 の 富 青 ら し さ 』 を う た っ て オ 壥 豪 の 金 で 1 年 間 イ ス ラ ム 国 家 マ レ ー シ ア に 留 学 し て い い て 、 懐 疑 心 の な い 私 は , 」 ロ 王 ヾ , 」 0 そ こ に 心 酔 し 、 「 就 活 っ そ の よ う な い き さ つ も あ り 、 高 校 の 頃 か ら 中 日 新 聞 の 学 生 記 者 と て 楽 し ん だ も ん 勝 ち だ よ ね 教 」 信 者 と な っ た 。 「 就 活 っ て 楽 し ん だ も ん 勝 ち だ よ ね 教 」 、 そ れ は あ り と あ ら ゆ る 就 し て と き ど き 記 事 を 執 筆 さ せ て も ら っ た り 取 材 に つ れ て っ て も ら っ 活 本 の ど こ か し ら か に は 、 た い て い 「 就 活 は 苦 し い け ど 自 分 を 成 長 た り も し て い た 。 そ こ で 私 の 方 向 性 を 変 え る 人 に 出 会 っ た 。 同 じ 学 生 記 者 の 先 輩 で 、 さ せ る 」 だ と か 「 就 活 は 苦 し が っ て い る 人 も い る け ど 自 分 は 楽 し ん と て も 素 晴 ら し い 人 だ っ た 。 彳 ー 皮 よ め ち ゃ く ち や 頭 が よ く 、 や た ら だ 、 楽 し め た か ら い い 成 果 が 出 せ た 」 と い う よ う な 、 就 活 を ポ ジ テ ィ プ に と ら え る 考 え 方 を 支 持 す る あ る 種 の 宗 教 み た い な も ん だ 。 略 し め っ た ら 言 い 回 し が う ま く 、 会 話 し て て 1 分 に 3 回 は 「 う ま い こ と 言 っ た ! 」 と 手 を 叩 き た く な る く ら い の 人 だ っ た 。 め ち ゃ く ち や 頭 て 『 就 活 教 』 。 そ し て そ も そ も こ の 「 就 バ カ ー は そ の 「 就 活 教 」 に 対 抗 す る よ う な も の で 、 私 も そ う い う 視 点 で 書 か せ て い た だ く 。 マ が い い の で 某 国 立 大 学 文 学 部 を 学 部 ( 確 か ) 首 席 で 卒 業 し て 、 め ち ゃ ル テ ィ ン ・ ル タ ー 先 生 は 、 当 時 の キ リ ス ト 教 の あ り 方 に 懐 疑 的 な 視 く ち や 頭 が い い の で そ の 某 国 立 大 学 は 入 学 金 を 省 い た 授 業 料 を ぜ ん 線 を 持 ち そ れ を 広 め る 事 か ら 宗 教 改 革 を 行 っ た 。 ニ タ サ カ 筆 頭 、 わ ぶ 彼 に 返 金 し た 。 そ し て め ち ゃ く ち や 頭 が 良 く て や た ら め っ た ら 一 言 い 回 し が う ま い の で 、 某 日 本 の 経 済 を 支 え て い る 新 聞 で 、 歳 に は れ わ れ は 就 活 に 懐 疑 的 な 視 線 を 持 ち そ れ を 広 め て い き た い 、 た と え 年 収 万 越 え る と い わ れ て い る 新 聞 社 の 内 定 を も ら っ た 。 そ れ が 就 活 改 革 に 繋 が ら な く て も 。