検索 - みる会図書館

検索対象: バリアフリーの本 ⑥ からだに障害のある子といっしょに

バリアフリーの本 ⑥ からだに障害のある子といっしょにから 40件ヒットしました。

バリアフリーの本 ⑥ からだに障害のある子といっしょに


し よ う 力 い 障 害 の あ る 子 と い っ し ょ に 「 障 害 」 の あ る 子 も 、 み ん な い っ し ょ に バ リ ア フ リ ー の 本 野 辺 明 子 斐 平 井 伸 造 真 ; を 嶽 な 行 偕 成 社

バリアフリーの本 ⑥ からだに障害のある子といっしょに


か ら だ に 障 害 の あ る 人 の 数 せ ん て ん せ い こ う て ん せ い 先 天 性 、 後 天 生 に か ぎ ら す 、 か ら し よ う が い ほ 、 つ り ・ つ だ に 障 害 の あ る 人 た ち は 、 法 律 や せ い ど し ん た い し よ う が い じ し ゃ 制 度 の う え で 「 身 体 障 害 児 ・ 者 」 さ い み ま ん と よ ば れ ま す 。 十 八 歳 未 満 の 人 が 身 じ い じ よ 、 つ 体 障 害 児 、 十 八 歳 以 上 の 人 が 身 体 し ゃ 障 害 者 で す 。 あ わ せ て 身 体 障 害 者 と も い い ま す 。 し ん た い し よ う が い 身 体 障 害 を 大 き く 分 け る と 、 つ ぎ の よ う に な り ま す 。 て あ し ふ じ ゅ う し た い ふ じ ゅ う 手 足 が 不 自 由 な 「 肢 体 不 自 由 」 、 し ん ぞ う じ ん ぞ う こ き ゅ 、 つ き 心 臓 ・ 腎 臓 ・ 呼 吸 器 ・ ば う こ う 、 ま ち よ く ち ょ う し よ う ち ょ う ェ イ チ ア イ プ イ か ん せ ん た は 直 腸 ・ 小 腸 、 感 染 ( い わ ゆ る エ イ ズ 感 染 ) と い っ た 、 か ら だ な い ぶ し よ う が い の な か に 障 害 が あ る 「 内 部 障 害 」 、 し か く 目 に 障 害 が あ る 「 視 覚 障 害 」 、 聞 く み ん な で 調 べ よ う り よ う 資 料 編 ー レ よ 、 つ 力 い か ず ら し わ せ い し ん し よ う が い し や せ い し ん び よ う * 精 神 障 害 者 . 精 神 病 な ど に よ り 障 害 を も っ た 人 ち て き し よ う が い し ゃ ち て き の う り よ く し よ う が い * 知 的 障 害 者 . 知 的 能 力 に 障 害 が あ る 人 ち て き し よ う が い し や し よ う が い こ ん な ん ち ょ う か く げ ん こ と や 話 す こ と が 困 難 な 「 聴 覚 言 】 国 に 何 人 い る の で し よ う か 。 こ れ を し ら し よ う 力 い し や は く し ょ 語 障 害 」 で す 。 こ れ ら の 障 害 を も っ ・ 調 べ る に は 、 『 障 害 者 白 書 』 ( こ の シ し り よ う へ ん さ ん し よ う 人 を 「 身 体 障 害 児 ・ 者 」 と い い ま す 。 リ ー ズ 第 1 巻 の 資 料 編 を 参 照 ) を つ ば ん こ の 本 で 「 か ら だ に 障 害 の あ る 人 」 か い ま す 。 平 成 十 年 版 の 『 障 害 者 白 し た い ふ じ ゅ う じ し ゃ と い う の は 、 肢 体 不 自 由 児 ・ 者 ( あ わ 書 』 に よ る と 、 そ の 数 は 、 お よ そ 百 せ て 肢 体 不 自 由 者 ) を さ し て い ま 六 十 五 万 七 千 人 い る こ と が わ か り し ん た い し よ う が い し ゃ す 。 ま す 。 身 体 障 害 者 全 体 の 五 十 六 ・ し で は 、 肢 体 不 自 由 者 は 、 い っ た い 全 】 五 % を 占 め て い ま す 。 知 的 障 害 者 し た い ふ じ ゅ う し ゃ 41.3 万 人 7.2% し よ う が い し や せ ん た い 障 害 者 せ い し ん し よ う が い し や 精 神 障 害 者 全 体 の 数 217 万 人 576 万 人 377 % し か く し よ う が い し や し ん た い し よ う か い し ゃ 身 体 障 害 者 317.7 万 人 55.2 % 視 覚 障 害 者 30.5 万 人 10.4 % 聴 覚 , 言 語 し よ う が い し や 障 害 者 35 万 人 ち ょ う か く け ん ぜ ん し よ う が し 0 べ つ 障 害 別 の し ん た い し よ う が い し や す う 身 体 障 害 者 数 293.3 万 人 し た い ふ じ ゅ う し や 肢 体 不 自 由 者 165.7 万 人 56.5 % こ く な い ぶ し よ う が い し や 内 部 障 害 者 62.1 万 人 2 1 .2 % し た い ふ じ ゅ う し や * 肢 体 不 自 由 者 : か ら だ が 不 自 由 な 人 な い ぶ し よ う が い し ゃ な い ぞ う * 内 部 障 害 者 : 内 臓 な ど に 障 害 が あ る 人 ち ょ う か く げ ん ご し よ う が い し ゃ は な し よ う が い * 聴 覚 ・ 言 語 障 害 者 : 耳 や 話 す こ と に 障 害 が あ る 人 し ん た い し よ う が い し や す う * 身 体 障 害 者 数 は 、 左 の 円 グ ラ フ よ り 少 な く な っ て ぎ い た く し や か ず し せ つ は い い ま す が 、 こ れ は 施 設 に 人 っ て い な い 在 宅 者 の 数 た け を あ っ か っ て い ま す 。 し よ う が い 、 2 帳 ち て い 者 が 勦 障 し 2 体 身 の 玉 △ し よ う が い か ら だ に 障 害 の あ る 人 た ち が て ち ょ う し ん た い し よ う が い し ゃ て ち ょ う も つ 手 帳 に 、 「 身 体 障 害 者 手 帳 」 が あ り ま す 。 き 阜 ま 、 フ し ん た い し よ う が い し ゃ て ち ょ う あ 身 体 障 害 者 手 帳 を 希 望 す る 人 て し と ど う ふ け ん し て い し は 、 都 道 府 県 が 指 定 し て い る 医 師 し ん だ ん の 診 断 を う け ま す 。 指 定 医 は 、 そ 四 ま の 人 が 障 害 を も っ て い る た め に 、 を り こ ん な ん に ち じ よ う せ い か っ い 位 な 日 常 生 活 で ど ん な 困 難 が あ る か い け ん し ょ 0 を 診 断 し 、 意 見 書 を 書 き ま す 。 障 し て い し ん だ ん し ょ 数 害 の あ る 人 は 、 指 定 医 の 診 断 書 と よ ' 月 ) 、 も い ん か ん し や し ん じ ち て 意 見 書 、 そ し て 印 鑑 と 写 真 を 自 治 た い て い し ゆ っ し ん せ い 、 け 一 三 ロ 体 に 提 出 し 、 申 請 し ま す 。 自 治 体 セ 合 に ん て い か ら 障 害 の 認 定 を う け る と 、 障 害 で 」 、 フ ふ 注 る . 者 手 帳 が 交 付 さ れ ま す 。 し し や ご に ゆ う ロ 0 身 体 障 害 者 手 帳 と 福 祉 サ ー ビ ス し ん た い し よ う か い 身 体 障 害 者 手 帳 し ゃ て ち ょ う 埼 玉 県

バリアフリーの本 ⑥ からだに障害のある子といっしょに


か ら だ の 障 害 の 原 因 は い ろ い ろ し よ 、 フ カ い の う せ い か ら だ に 障 害 を も つ 人 は 、 脳 性 マ ヒ の 人 た ち だ け で は あ り ま せ ん 。 か ら だ の 障 害 に は い げ ん い ん ろ い ろ あ り 、 そ の 原 因 も さ ま ざ ま で す 。 せ い し お 父 さ ん の か ら だ で つ く ら れ る 精 子 と 、 お ら ん し 母 さ ん の か ら だ て つ く ら れ る 卵 子 が 合 わ さ っ じ ゅ せ い ら ん た 、 ひ と つ の 受 精 卵 か ら い の ち は は じ ま り 、 せ い ち ょ う 人 の か ら だ へ と 成 長 し て い き ま す 。 ら ん し 精 子 や 卵 子 に 異 常 が あ っ た り 、 赤 ち ゃ ん が た ん じ よ う や く 誕 生 す る ま で の 約 二 百 八 十 日 の あ い だ に 異 へ ん 変 が お き て 、 赤 ち ゃ ん が 生 ま れ た と き 、 す で び よ う き し よ う が い せ ん て ん せ い し よ う が い せ ん に 病 気 や 障 害 が あ る こ と を 先 天 性 の 障 害 ( 先 て ん い じ よ う せ ん て ん せ い し よ う が い 天 異 常 ) と よ び ま す 。 先 天 性 の 障 害 は 、 か ら だ の 障 害 に か ぎ り ま せ ん 。 げ ん い ん ど う し て 先 天 異 常 が お き る の か 、 そ の 原 因 4 ? り . よ 、 つ は ま だ よ く わ か っ て い ま せ ん 。 治 療 を す る こ な お と で 治 る 病 気 や 障 害 も あ り ま す か 、 た と え は 、 生 ま れ た と き か ら 手 や 足 や 指 が な か っ た り 、 か た ち せ ん て ん せ い し し し よ う が い ち が う 形 を し て い る 先 天 性 四 肢 障 害 な ど は な お し ゅ じ ゅ っ * 、 の 、 フ 治 す こ と は で き ま せ ん 。 手 術 な ど で 機 能 を よ あ た ら く す る こ と は で き て も 、 手 や 足 を 新 し く つ く る こ と は で き な い か ら で す 。 生 ま れ た と き か せ ん て ん い じ よ う い レ よ 、 つ ー ) よ - っ 力 い ぎ そ く じ ら い う し な し よ う じ よ △ 地 雷 で 右 足 を 失 い 、 義 足 で リ 八 ビ リ を お こ な う カ ン ボ ジ ア の 少 女 。 ほ う ち せ ん そ う お う し な 戦 争 が 終 わ っ た あ と も 、 放 置 さ れ た 地 に ふ れ て 、 手 や 足 を 失 う 人 が た く さ ん い ま す 。 こ う べ た い か い < 車 い す の 人 び と に よ る 競 走 ( 1989 年 フ ェ ス ピ ッ ク 神 戸 大 会 ) 。 き よ う そ う

バリアフリーの本 ⑥ からだに障害のある子といっしょに


も く じ く る ま ふ た り は 同 じ 小 学 校 の 三 年 生 算 数 や 音 楽 の 授 業 体 育 と 運 動 会 「 脳 性 マ ヒ 」 っ て ど ん な 障 害 ? か ら だ の 障 害 の 原 因 は い ろ い ろ か ら た に 障 害 の あ る 子 と 介 助 員 制 度 自 分 の か ら だ が 大 好 き に な る た め の ト レ ー ニ ン グ 車 い す と 介 助 0 車 い す の つ く り さ ん す う し ぶ ん の う せ く る ま う ん ど う 力 い お ん が く ー ) よ 、 つ 力 い 。 し よ 、 つ 力 し 力 し お な じ ゅ ぎ よ う 1 ) よ 一 つ 力 し 力 し ん せ

バリアフリーの本 ⑥ からだに障害のある子といっしょに


ど く じ し よ 、 つ 力 い と く つ よ 、 つ ら の 障 害 は 、 そ の 人 独 自 の か ら だ の 特 徴 と も い え ま す 。 個 性 だ と 考 え る こ と も で き ま す ね 。 せ ん て ん せ い し よ う が い 先 天 性 の 障 害 と は べ つ に 、 生 ま れ た あ と の じ こ び よ 一 フ き こ う て ん せ い 事 故 や 病 気 の た め に お き た 障 害 を 、 後 天 性 の し ご と げ ん ば て ん ら く じ こ 障 害 と ゝ し い ま す 。 仕 事 現 場 の 転 落 事 故 な ど で 、 ろ う ど , フ さ い か い て ん さ い か ら だ に 障 害 を 負 っ て し ま う 労 働 災 害 、 天 災 じ ど う し ゃ ふ し よ う じ こ せ き に よ る 負 傷 、 オ 1 ト バ イ や 自 動 車 の 事 故 で 脊 そ ん し よ う は ん し ん ふ ず い ね じ よ う た い 椎 を 損 傷 し 、 半 身 不 随 や 寝 た き り 状 態 に な っ こ う つ 、 フ じ こ て し ま う 交 通 事 故 に よ る 障 害 な ど で す 【 ま た 、 人 は だ れ で も 年 を と り ま す 。 若 い と ふ じ ゅ う こ 、 フ れ い き は 不 自 由 な く 歩 け た 人 で も 、 高 齢 の た め に ほ こ う こ ん な ん せ い か っ 歩 行 が 困 難 に な っ て 、 車 い す の 生 活 に な る 人 も い ま す 。 病 気 の た め に 手 足 が マ ヒ し て 、 日 じ よ う て だ す 常 生 活 を お く る う え で 、 人 の 手 助 け が 必 要 と な っ て く る 人 も 多 い で し よ う 。 そ れ だ け で は あ り ま せ ん 。 世 界 の と こ か で せ ん そ う ふ ん そ う 戦 争 や 紛 争 が お き る た び に 、 た く さ ん の 人 び と が い の ち を う は わ れ た り 、 か ら だ に 障 害 を 負 い ま す 。 戦 争 は す で に 終 わ っ て い る の に 、 ち ち ゅ う う じ ら い 地 中 に 埋 め ら れ た 地 雷 で 、 手 足 を ふ き と ば さ れ て し ま っ た 人 も た く さ ん い ま す 。 こ う し て 考 え て み る と 、 わ た し た ち の ま わ 羇 り に は 、 か ら だ に 障 害 を も つ 人 か た く さ ん い る → と い う こ と が わ か り ま す ね 。 障 害 を も つ 人 と も た な い 人 が 、 い っ し ょ に 暮 ら し て い る の で す 。 こ せ い く る ま せ か い か ひ つ よ う に ち

バリアフリーの本 ⑥ からだに障害のある子といっしょに


さ く う ん ど う き の う し よ う が い 運 動 機 能 障 害 い 0 ・ ・ ・ 24 ん し ん た い し よ う が い し や ふ く し ほ う 身 体 障 害 者 福 祉 法 せ ん て ん い じ よ う 先 天 異 常 う ん ど う し よ う が い 運 動 障 害 ・ ・ う ん ど う り よ う ほ う 運 動 療 法 ・ ・ オ ー テ ィ ー ・ ・ ・ 28 ・ ・ ・ 19 1819 OT オ キ ュ ペ イ シ ョ ナ ル ・ セ ラ ピ ス ト ・ ・ ・ 18 せ ん て ん せ い し し し よ う が い 先 天 性 四 肢 障 害 ・ ・ せ ん て ん せ い 先 天 性 の 障 害 ・ ・ ち て き し よ う が い し よ う が い ・ ・ ・ 12 か い じ よ い ん せ い ど 介 助 員 制 度 ・ ・ か い じ よ け ん 介 助 犬 ・ ・ か い じ よ け ん き よ う か い 介 助 犬 協 会 か い じ よ 介 助 タ イ プ の 車 い す ・ ・ か い り よ う 改 良 リ コ ー ダ ー ぎ し そ う ぐ し 義 肢 装 具 士 く る ま く る ま ・ ・ ・ 1415 ・ ・ ・ 18 , 19 ・ ・ ・ 38 ・ ・ ・ 32 ・ ・ ・ 32 , 33 知 的 障 害 ち ょ う か く げ ん ご し よ う が い 聴 見 ・ 日 ロ 早 24 36 20 , 38 30 電 動 車 い す で ん ど う く る ま テ ク ノ ・ エ イ ド と う ご う き よ う い く 39 9 ト ー キ ン グ ・ エ イ ド 統 合 教 育 な い ぶ し よ う が い 特 殊 学 級 ・ ・ と く し ゆ が っ き ゅ う 36 内 部 障 害 20 , 21 , 37 , 38 車 い す く る ま た い け ん が く し ゅ う 車 い す 体 験 学 習 20 し よ う が い こ う て ん せ い し よ う が い こ と ば の 障 害 後 天 性 の 障 害 13 に ほ ん か い じ よ け ん 日 本 介 助 犬 ア カ テ ミ の う せ い ・ ・ ・ 32 脳 性 マ ヒ ノ ン ス テ ッ プ ノ ヾ ス 4 , 10 , 28 , 30 , 39 22 , 23 さ ぎ よ う り よ う ほ う 作 業 療 法 ・ ・ さ ぎ よ う り よ う ほ う し ・ ・ ・ 1819 1819 作 業 療 法 士 し か く し よ う が い 36 視 覚 障 害 自 操 タ イ プ の 車 い す 20 , 21 , 38 日 6 0 住 ノ ヾ リ ア フ リ ー フ ィ ジ カ ル ・ セ ラ ピ ス ト ・ ・ ふ く し 福 祉 サ ー ビ ス ぶ つ り り よ う ほ う ・ ・ ・ 22 , 23 , 31 ・ ・ ・ 17 0 し た い ふ じ ゅ う 肢 体 不 自 由 ・ ・ し た い ふ じ ゅ う し 肢 体 不 自 由 児 ・ ・ し た い ふ じ ゅ う と く し ゆ が っ き ゅ う 肢 体 不 自 由 特 殊 学 級 し た い ふ じ ゅ う よ う 肢 体 不 自 由 養 護 学 校 ・ ・ ・ し や か い ふ く し き よ う ぎ か い ご が っ こ う じ ゅ う ど し よ う が い し ゃ 社 会 福 祉 協 議 会 ・ ・ ・ 36 37 ・ ・ ・ 24 , 37 ・ ・ ・ 37 39 物 理 療 法 補 装 具 ボ ラ ン テ ィ ア 19 17 , 18 , 19 8 , 31 , 34 , 39 ほ そ う ぐ ホ ラ ン テ ィ ア セ ン タ ー も う ど う け ん 盲 導 大 よ う ご が っ こ う 養 護 学 校 ・ り が く り よ う ほ う ・ ・ ・ 39 ・ ・ ・ 32 ・ ・ ・ 24 30 重 度 障 害 者 じ よ う ち よ し よ う が い 情 緒 障 害 24 理 学 療 法 理 学 療 法 士 19 1719 り が く り よ う ほ う し ・ 編 集 委 員 藤 田 雅 子 ( 文 教 大 学 教 授 ) 湯 汲 英 史 ( 発 達 協 会 事 務 局 長 ) セ ン タ ー / 介 助 犬 協 会 / 日 本 介 助 犬 横 浜 市 立 豊 田 小 学 校 / 戸 塚 地 域 療 育 ・ 協 力 性 四 肢 障 害 児 父 母 の 会 編 / 発 行 ) 子 に と っ て リ コ ー ダ ー と は 何 か 」 ( 先 天 会 と リ コ ー ダ ー ー 一 手 に 障 害 を 持 つ 野 辺 明 子 編 著 / 筑 摩 書 房 ) / 「 父 母 の 子 の い る 暮 ら し ( 毛 利 子 来 ・ 山 田 真 ・ 知 的 障 害 者 愛 護 協 会 ) / 「 障 害 を も っ 編 ) / 「 障 害 福 祉 の 基 礎 用 語 』 ( 日 本 「 平 成 1 ロ 年 版 ・ 障 害 者 白 書 』 ( 総 理 府 ・ 参 考 資 料 代 ・ 菜 穂 / 小 島 直 子 倉 本 勇 ・ 薫 ・ 勇 輝 / 水 島 雅 康 ・ 三 千 東 京 都 福 祉 機 器 総 合 セ ン タ ー ア カ テ ミ ー / 都 営 ノ ヾ ス / デ ニ ー ズ / ・ 写 真 提 供 つ だ か つ み ・ イ ラ ス ト 右 上 ・ 右 下 ・ 左 上 ) / 株 式 会 社 亜 興 39 右 上 ・ 下 ) / ニ ッ ク 株 式 会 社 ( P. 38 12 ~ 13 ) / 木 村 俊 彦 ( P. 23 右 上 ・ P. 毎 日 新 聞 社 ( P 」 2 右 ) / 0P0 ( P. 有 沢 重 雄 / 川 原 み ゆ き ・ 編 集 協 力 R-coco ( 清 水 良 子 ・ 馬 場 紅 子 ) ・ 装 丁 ・ 本 文 テ サ イ ン ( P. 38 左 下 ・ 中 ) し ん た い し よ う が い じ 身 体 障 害 児 ・ ・ し ん た い し よ う が い じ 身 体 障 害 児 ・ 者 ・ ・ ・ し ん た い し よ う が い し ゃ 身 体 障 害 者 ・ ・ ・ し ゃ 身 体 障 害 者 手 帳 ・ し ん た い し よ う が い し ゃ て ち ょ う し よ う が い バ リ ア フ リ ー の 本 し よ う が い 「 障 害 」 の あ る 子 も 駅 み ん な い っ し ょ に ″ ・ ・ ・ 36 ・ ・ ・ 36 , 37 ・ ・ ・ 36 ・ ・ ・ 36 リ フ ト カ ー リ フ ト ノ ヾ ス ・ ろ う ど う さ い が い 労 働 災 害 ・ ・ ・ 23 ・ ・ ・ 22 ISBN4 ー 03 ー 543260 ー 1 1999 年 12 月 1 刷 文 ・ 野 辺 明 子 写 真 ・ 平 井 伸 造 NDC378 40P.28cmX23cm * 「 ノ ヾ リ ア フ リ ー の 本 」 商 標 登 録 出 願 中 か ら だ に 障 害 の あ る 子 と い っ し ょ に 発 行 者 発 行 所 印 刷 所 製 本 所 今 村 正 樹 難 波 製 本 小 宮 山 印 刷 http: 〃 W\N\N. kaiseisha . CO . JD/ 03 ー 326 ロ ー 32 円 [ 販 売 ] 、 ロ 3 ー 3260 ー 3229 [ 編 集 ] 〒 1 62 ー 8450 東 京 都 新 宿 区 市 谷 砂 土 原 町 3 ー 5 偕 成 社 ◎ 1999 , Akiko NOBE, Shinzo HIRAI, Published by KAISEI-SHA, lchigaya Tokyo 162 ー 8450 , Printed in Japan. * 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は お と り か え い た し ま す 。 * 偕 成 社 は 、 平 日 も 休 日 も 24 時 間 、 電 話 で も FAX で も 本 の こ 注 文 を お 受 け し て い ま す 。 こ 利 用 く だ さ い 。 谷 03 ー 3260-3221 ( 代 ) FAX 03 ー 3260 ー 3222

バリアフリーの本 ⑥ からだに障害のある子といっしょに


ら し 一 1 一 し り よ う へ ん し ゆ き ゅ う ゆ う き 菜 穂 ち ゃ ん は 1 種 2 級 、 勇 輝 く し ん た い し よ う が い し ゃ て ち ょ う ん は 1 種 1 級 の 身 体 障 害 者 手 帳 し ゅ を も っ て い ま す 。 種 と は 障 害 の 種 し た い ふ じ ゅ う あ ら で 、 1 種 と は 肢 体 不 自 由 を 表 わ て い ど し ま す 。 そ し て 級 は 障 害 の 程 度 で 、 重 い ほ う か ら 1 級 、 2 級 と か ぞ え わ 6 級 ま で 分 け ら れ て い ま す 。 身 体 障 害 者 手 帳 は 、 さ ま ざ ま な ふ く し 福 祉 サ 1 ビ ス を う け る た め の 、 ス ポ 1 ト の よ う な も の で す 。 障 害 と , つ き ゅ 、 つ の 等 級 に よ り 、 う け ら れ る サ ー ビ な い よ う ス の 内 容 は ち が い ま す が 、 お も に 下 の 表 の よ う な サ ー ビ ス が う け ら れ ま す 。 た と え ば 、 菜 穂 ち ゃ ん と 勇 輝 く し た い ふ じ ゅ う じ 肢 体 不 自 由 児 が か よ う 学 校 は 、 学 校 に も う け ら れ た 、 肢 体 不 自 由 し た い ふ じ ゅ う よ う ご が っ こ う ふ つ う ふ つ う と く し ゆ が っ き ゅ う 肢 体 不 自 由 養 護 学 校 か 普 通 学 校 で ・ 特 殊 学 級 か 、 普 通 学 級 に か よ い ま す 。 す 。 た だ し 障 害 を も っ 子 や そ の 家 い し そ ん ち ょ う よ か ら だ を さ さ え る 、 書 く 、 歩 く 族 の 意 思 や 考 え が 尊 重 さ れ て 、 普 き ・ ほ 、 つ こ と な ど が で き な い 子 や 、 と て も 】 通 学 校 や 普 通 学 級 な ど 、 希 望 の と し よ う が い こ ろ に か よ え る よ う に な っ て き て な む ず か し い 子 、 そ れ ほ ど 障 害 が 重 い 「 じ よ 、 つ ん い ま す 。 く な く て も 、 一 年 に 六 か 月 以 上 、 み し や か ん さ っ し ど う ひ つ よ う し た い ふ じ ゅ う よ う ご が っ こ う 医 者 の 観 察 指 導 が 必 要 な 子 は 、 肢 肢 体 不 自 由 養 護 学 校 は 、 全 国 に 編 た い ふ じ ゅ う よ う ご が っ こ う 料 体 不 自 由 養 護 学 校 に か よ い ま す 。 百 九 十 一 一 校 ( 平 成 九 年 度 ) あ り ま す 。 か る よ う ち ぶ し よ う が く ぶ ち ゅ う ・ ま た 障 害 の 軽 い 子 は 、 特 定 の 普 通 ・ 養 護 学 校 に は 、 幼 稚 部 、 小 学 部 、 中 る か ら だ に 障 害 の あ る 子 の 学 ぶ 環 境 ひ ょ う 1 レ よ 、 つ 力 い A ) / 、 て い ゅ う き お も し ゅ し 介 X い 手 て 公 豸 に ん じ ゅ う み ん ぜ い し よ と く ぜ い こ う じ よ ◆ 住 民 税 ・ 所 得 税 の 控 除 う 続 号 費 ひ ょ の き で る 車 ! こ う つ う き か ん う ん ち ん わ り び き ジ ェ イ ア ー ル ◆ J 日 な ど 交 通 機 関 の 運 賃 の 割 引 お と に 支 し 補 ほ い う ん て ん め ん き よ し ゆ と く も ( ◆ 運 転 免 許 取 得 の 際 の 補 助 で 身 給 ゅ 装 豸 す な す 体 さ 具 ぐ は く る ま か い ぞ う ひ ◆ 車 の 改 造 費 の 補 助 福 障 れ 交 豸 。 祉 こ ◆ 高 速 道 路 通 行 料 金 の 割 引 こ う そ く ど う ろ つ う 冫 う り よ う き ん わ り び き 害 て 付 ふ た 者 い の し ゝ こ う ひ ふ た ん ◆ 医 療 費 の 公 費 負 担 手 て 制 障 ー に ち じ よ う せ い か つ よ う ぐ き ゅ う ふ た い よ 帳 、 度 ど 害 ビ ◆ 日 常 生 活 用 具 の 給 付 ・ 貸 与 し と く べ つ じ ど う ふ よ う て あ て や ◆ 特 別 児 童 扶 養 手 当 必 の よ 福 要 弯 支 っ 祉 し し よ う が い じ ふ く し て あ て ◆ 障 害 児 福 祉 手 当 と 給 : て 法 彎 ほ じ よ か ん き よ 、 つ 0 い り よ う ひ ぜ ん こ く が く ぶ こ う と う ぶ き よ う か べ ん き よ 、 フ 学 部 、 高 等 部 が あ り 、 教 科 の 勉 強 じ ど う の ほ か に 、 児 童 そ れ ぞ れ が も っ 障 こ く ふ く か い ぜ ん 害 を 改 善 し た り 、 克 服 す る た め の よ う 」 く ん れ ん じ ゅ ぎ よ う 養 護 ・ 訓 練 の 授 業 か あ り ま す 。 し た い ふ じ ゅ う と く し ゆ が っ き ゅ 、 つ ま た 、 肢 体 不 自 由 特 殊 学 級 は 、 く る ま ふ じ ゅ う の い す で も あ り ま す 。 こ の よ う に 車 い す は 、 か ら だ の 不 自 由 な 人 せ い か つ み っ ち ゃ く に と っ て は 、 移 動 の 手 段 と い う だ 【 生 活 に 密 着 し た も の で す か ら 、 つ し よ く じ た い か く し よ う が い て い ど け で は な く 、 休 ん だ り 、 食 事 を し か う 人 の 体 格 、 障 害 の 程 度 な ど に べ ん き よ う し ′ 」 と た り 、 勉 強 や 仕 事 を す る と き な ど 合 わ せ て 調 整 さ れ 、 つ く ら れ て い 立 ロ 学 護 養 車 い す の い ろ い ろ く る ま 養 護 学 校 高 等 部 普 通 高 等 学 校 ど う し ゆ だ ん 普 通 小 学 校 し た い ふ し ゅ う が っ き ゅ う ( 特 定 校 に 肢 体 不 自 由 学 級 ) - っ よ 養 護 学 校 小 学 部 と く て い こ う 小 学 校 に 七 百 五 十 六 学 級 、 中 学 校 も 、 つ に 二 百 六 十 二 学 級 が 設 け ら れ て い き ょ つ か ま す 。 こ の 特 殊 学 級 で も 、 教 科 の よ う ご く ん れ ん じ ゅ ぎ よ う 勉 強 の ほ か に 、 養 護 ・ 訓 練 の 授 業 が あ り ま す 。 べ ん き よ う ち ょ う せ い ず お も し ん ろ ( 注 ) こ の 図 は 、 主 な 進 路 や じ る し し め た け を 矢 印 で 示 し た も の で す 。

バリアフリーの本 ⑥ からだに障害のある子といっしょに


ち か く う ん ど 、 つ き の , っ の う 脳 に は 運 動 機 能 だ け で は な く 、 知 覚 や 、 こ じ ゅ う よ 、 つ や く わ り 当 」 の 、 つ と ば の 機 能 を つ か さ ど る 重 要 な 役 割 も あ り め を え い き よ 、 フ う ま す か ら 、 脳 の ど の 部 分 に ど の く ら い の 影 響 て と う ん ど う き の う し ん を う け た か に よ っ て 、 お も に 手 足 の 運 動 機 能 し ょ , っ 力 い 1 レ よ 、 フ カ し 球 お ' 障 害 だ け の 人 か ら 、 こ と ば の 障 害 を と も な と よ は つ お ん っ て う ま く 発 音 で き な い 人 な と さ ま ざ ま で な 。 ん ん っ て あ し み く い よ す 。 ま た 、 手 足 の マ ヒ で も ひ と り ひ と り 、 そ し よ う じ よ う び み よ , っ で 勇 な ん 足 ぶ ん く の 症 状 は 微 妙 に ち が い ま す 。 れ 遠 遊 み き 輝 ト ( = 。 乙 ッ ド 籌 洋 ぶ ぶ ん の 6

バリアフリーの本 ⑥ からだに障害のある子といっしょに


言 脳 性 マ ヒ 」 っ て ど ん な 障 害 ? に ゆ 、 フ じ の 、 つ の う 菜 穂 ち ゃ ん と 勇 輝 く ん の か ら だ が 不 自 由 な う こ と か あ り ま す 。 赤 ち ゃ ん や 乳 児 の 脳 は と こ の よ 一 つ に 原 因 は ち か 一 つ 、 も の の 、 脳 に な に の う せ い し ん だ ん し ん け い へ ん し よ 、 つ か い の は 、 脳 匪 マ ヒ だ か ら で す 。 脳 匪 マ ヒ と 診 断 て も や わ ら か く て 、 ち ょ っ と し た ト ラ フ ル に か の 異 変 が あ っ た た め に 、 神 経 が 障 害 を う け く る ま 、 ん い き よ 、 フ ふ じ ゅ う の う せ い さ れ て 、 車 い す な ど を つ か っ て 生 活 し て い る も 影 響 を う け て し ま う か ら で す 。 て 、 か ら た か 不 自 由 に な る の が 脳 性 マ ヒ だ と な ん ぎ ん さ ん ど う あ た ま あ っ 人 は た く さ ん い ま す 。 え る で し よ う 。 た と え は 難 産 で 、 産 道 で 赤 ち ゃ ん の 頭 が 圧 し よ 、 つ か い の う せ い い ち じ て き の う さ ん そ お く は つ い ノ 、 へ ん 脳 性 マ ヒ っ て ど ん な 障 害 な の で し よ う か 迫 さ れ 、 一 時 的 に 脳 に 酸 素 が 送 り こ ま れ な く 赤 ち ゃ ん の 発 育 の よ う す が ど う も 変 だ 、 な か し じ よ う た い へ ん ど う し て 脳 生 マ ヒ に な る の て し よ う か い っ な り 、 仮 死 状 態 と な っ た 赤 ち ゃ ん の 脳 は 異 変 か な か 首 か す わ ら な い 、 寝 返 り も う た な い 、 な お に ゆ 一 フ じ き ず い ま く え ん さ い か は 治 る の で し よ う か : と い 一 つ ラ 」 と か 、 り 二 歳 に な っ て も 歩 け な い : を お こ し ま す 。 ま た 、 乳 児 期 に 髄 膜 炎 に か か っ し ん だ ん び よ う い ん の う せ い そ れ ら に つ い て こ た え る の は 、 と て も む す た り 、 強 い け い れ ん 発 作 か お き た た め に 、 脳 病 院 に い き 、 脳 性 マ ヒ と 診 断 さ れ る こ と か 多 の う せ い い へ ん に 異 変 が お こ る こ と も あ り ま す し よ う で す 。 か し い こ と で す 。 な ぜ な ら 、 脳 匪 マ ヒ は 子 ど し よ 、 つ 力 い も の か ら だ の 障 害 の な か で は 、 も っ と も よ く げ ん い ん し よ う じ よ 、 フ み ら れ る 障 害 で あ り な が ら 、 そ の 原 因 も 症 状 も 、 ひ と り ひ と り ち が う か ら で す 。 わ た し た ち が 歩 い た り 走 っ た り で き る の の う か く き か ん め い れ い 。 カ か ら だ の 各 器 官 に う ご く よ う に 命 令 を た し 、 そ の 命 令 を か ら だ じ ゅ う に は り め ぐ し ん け い か く き か ん 文 ち ら さ れ た 神 経 が 、 各 器 官 に っ た え て い る か ら 颪 台 ほ 穂 じ ゅ う よ 、 つ は た ら の う 南 な 菜 で す 。 こ れ ほ ど 重 要 な 働 き を す る 脳 で す か 、 か ん せ い 一 つ 脳 は 赤 ち ゃ ん が 生 ま れ た と き に 完 成 し て い る わ け で は あ り ま せ ん 。 赤 ち ゃ ん の 成 長 と と も 足 お は っ た っ れ 遠 た に 、 脳 も 発 達 し て い く の で す 。 の つ は っ た っ き の う へ ん と こ ろ が 、 発 達 期 の 脳 に 異 変 が お き て し ま の う せ ゅ 、 つ き せ い か っ せ い ち ょ う ふ じ ゅ う 、 し よ 、 つ 力 い つ よ の う DTET を い こ 物 、 げ ん い ん ね が え

バリアフリーの本 ⑥ からだに障害のある子といっしょに


准 ー 亠 ル 一 で ん ど う く る ま こ う ど う は ん け い ひ ろ 「 電 動 車 い す に し て か ら 、 ほ ん と う に 行 動 半 径 か 広 が り ぶ ん い じ よ う ま し た 。 二 十 分 以 上 も か か る お 友 だ ち の 家 に 、 ひ と り で あ そ か え 遊 び に い っ て 、 た だ い ま / と 帰 っ て き た と き の う れ し じ し ん そ う な こ と 。 と っ て も い い 顔 し て る ん で す よ 。 自 信 が っ い て き た の で は な い か し ら 。 」 し ゅ じ ゅ っ み お く な ほ 足 の 手 術 を 見 送 っ て 、 電 動 車 い す に 切 り か え た 菜 穂 ち せ い ち ょ う か ん ゃ ん の 成 長 を 感 じ る お 母 さ ん て す 。 じ ぶ ん き も な 菜 「 自 分 の 気 持 ち や 考 え を 、 き ち ん と 人 に 話 す こ と は と て も だ い じ な こ と な ん だ 。 菜 穂 は 、 お し ゃ べ り が 好 き な ん だ か ら 、 自 分 の こ と は で い ろ い ろ な 人 と 気 持 ち を か よ い せ か い あ わ せ て い く と ) し い よ 。 世 界 が ぐ 1 ん と 広 が る ぞ 。 」 ぞ 十 月 か 家 し ま す 。 と 、 お 父 さ ん は 菜 穂 ち ゃ ん に い ) せ か い 電 動 車 い す で 広 が る 自 分 の 世 界 / す て き で す ね 。 も し 、 あ な た が 、 お 気 に 人 り の 電 動 車 い す に の っ た 菜 穂 ち ゃ ん や 勇 輝 く ん に 会 っ た ら 、 「 こ ん に ち は / 」 っ て 声 し よ う が い を か け て く た さ い ね 。 ふ た り に は 障 害 が あ る た め に 、 あ お な う な た と 同 じ よ う に は で き な い こ と も あ り ま す 。 で も 、 ふ た り と も 、 み ん な と い っ し ょ に い ろ い ろ な こ と を や り た い の で す 。 そ の と き は ち ょ っ と 手 を か し て く た さ い 。 そ し い え 、 ふ た り だ う す れ ば 、 菜 穂 ち ゃ ん も 勇 輝 く ん も 、 け で は な く 、 た く さ ん の 障 害 を も っ 子 ど も た ち も 、 み ん な と い っ し ょ に 生 き て い け る で し よ う 。 い ろ い ろ な 人 か た 、 い て 、 お た が い に 助 け あ っ て な か よ く 暮 ら し て い け る 社 力 し 会 で あ り た い 。 そ れ か 菜 穂 ち ゃ ん や 勇 輝 く ん 、 そ し て 家 と の 族 の 願 い で す 。 ね が た す か お し ゃ だ い す