検索 - みる会図書館

検索対象: 月刊福祉 2016年 9月号

月刊福祉 2016年 9月号から 122件ヒットしました。

月刊福祉 2016年 9月号


全 国 に 広 が る 「 あ い サ ポ ー ト 運 動 」 の 取 り 組 み 鳥 取 県 福 祉 保 健 部 障 が い 福 祉 課 の が 、 あ い サ ポ ー ト 運 動 で あ り 、 「 あ い サ ポ ー ト 運 動 」 と は 次 の 4 つ の ポ イ ン ト を 実 践 す る 取 り 組 み と な っ て い る 「 あ い サ ポ ー ト 運 動 」 は 、 20 ① ま す 、 障 害 に つ い て 理 解 す る ・ 病 気 や 事 故 は 、 い っ 起 こ る か 09 ( 平 成 幻 ) 年 Ⅱ 月 日 に 鳥 取 県 独 自 の 取 り 組 み と し て ス タ 1 ト わ か り ま せ ん し 、 誰 に で も 起 し た 。 「 障 か い を 知 り 、 共 に 生 き き る 可 能 性 が あ り ま す 。 し た が っ て 、 障 害 は 誰 に で も 生 じ る 」 を ス ロ 1 ガ ン に 障 害 の 特 性 や 配 慮 方 法 を 理 解 し て 、 障 害 の あ る 得 る も の で す 。 人 が 困 っ て い る 時 に 手 助 け や 配 慮 ・ 障 害 は 、 多 種 多 様 で 同 じ 障 害 を す る 運 動 で あ る で も 一 律 で は あ り ま せ ん ひ と 言 で 「 障 害 」 と い っ て も 、 ・ 障 害 は 、 外 見 で わ か る も の だ け で は な く 、 外 見 か ら は わ か そ の 種 別 は さ ま ざ ま で あ る 。 身 体 障 害 、 知 的 障 害 、 精 神 障 害 、 発 達 ら な い 、 わ か り に く い 障 害 ( 聴 ③ 障 害 と 大 き く 4 つ に 分 け ら れ る 覚 障 害 、 内 部 障 害 、 発 達 障 害 、 が 、 身 体 障 害 に は 、 視 覚 障 害 、 聴 高 次 脳 機 能 障 害 な ど ) も あ り ま す 。 そ の た め に 、 周 囲 か ら 覚 障 害 、 肢 体 不 自 由 、 内 部 障 害 な ど か あ り 、 視 覚 障 害 を み て も 、 視 理 解 さ れ す 悩 ん だ り 、 苦 し ん だ り し て い る 方 も い ま す 。 力 や 視 野 の 状 態 に 応 じ て 障 害 の 状 况 や 程 度 も さ ま ざ ま だ 。 ま た 、 同 ・ 周 囲 の 理 解 や ち ょ っ と し た 配 慮 が あ れ ば 、 こ う し た 生 き づ じ 障 害 で あ っ て も そ の 程 度 は 一 律 で は な い ら さ を 感 じ な い で 生 活 で き 、 こ う し た 障 害 の こ と を 、 ま ず 地 域 で 活 躍 で き る こ と が た く さ ん あ り ま す 。 「 知 る こ と 」 か ら 始 め よ う と し た 経 緯 ② ち ょ っ と し た 手 助 け や 配 慮 祉 刊 を す る 月 ・ 障 害 の あ る 方 に 冷 た い 視 線 を 送 る の は 避 け て く だ さ い ・ 障 害 が あ る か ら と 決 め つ け な い で く た さ い ・ 障 害 を ひ と く く り で 見 る の で は な く 、 一 人 ひ と り そ の 人 自 身 を 見 て 接 し て く だ さ い ・ 障 害 の あ る 方 が 困 っ て い る よ 、 つ で あ れ ば 、 声 を か け 、 で き る 範 囲 で サ ポ 1 ト し て く だ さ あ い サ ポ ー ト バ ッ ジ を つ け て 声 を か け や す く す る ・ あ い サ ポ 1 ト バ ッ ジ を 身 に つ け る こ と に よ り 、 な 凩 軽 に 亠 を か け や す い 環 境 を つ く る こ と か で き ま す 4 あ い サ ポ ー ト の 仲 間 の 輪 を 広 げ る ・ あ い サ ポ ー ト 運 動 に 共 感 す る 仲 間 の 輪 を 広 げ 、 と も に 生 き る 喜 び を 伝 え て く だ さ い 〇

月刊福祉 2016年 9月号


表 1 鳥 取 県 の 障 害 者 数 身 体 障 が い 児 ・ 者 29 , 200 人 平 成 28 年 3 月 31 日 現 在 の 手 帳 所 持 者 数 知 的 障 が い 児 ・ 者 5 , 416 人 平 成 28 年 3 月 31 日 現 在 の 手 帳 所 持 者 数 平 成 27 年 6 月 30 日 現 在 の 入 院 患 者 数 と 平 成 28 年 3 月 31 日 現 在 の 通 院 医 療 費 公 精 神 障 が い 者 16755 人 費 負 担 患 者 数 発 達 障 が い の あ る 平 成 27 年 9 月 1 日 現 在 2 ′ 534 人 幼 児 ・ 児 童 ・ 生 徒 ※ 通 常 学 校 ( 小 ・ 中 ・ 高 ) 在 籍 児 童 ・ 生 徒 及 び 幼 児 53 , 905 人 県 人 口 の 約 9 % 570 , 381 人 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 推 計 人 口 県 全 体 の 人 口 種 別 ( 鳥 取 県 資 料 ) 一 環 と し て 始 ま っ た 国 の 制 度 で あ と を 意 味 し て い る 2 本 県 の 実 状 鳥 取 県 に は 、 障 害 の あ る 人 が り 、 本 県 で も 認 知 症 サ ポ ー タ ー の あ い サ ポ ー タ ー に は 、 「 障 が い 少 な く と も 5 万 人 以 上 い る と 推 定 養 成 に 取 り 組 ん で い る 。 こ の 認 知 を 知 り 、 共 に 生 き る 」 と い う パ ン さ れ る ( 表 1 ) 。 鳥 取 県 の 人 口 が 症 サ ポ ー タ ー は 、 認 知 症 を 正 し く フ レ ッ ト と あ い サ ポ ー ト バ ッ ジ を 約 療 万 人 で あ り 、 県 民 の 約 Ⅱ 人 に 理 解 し 、 偏 見 を も た す 、 あ た た か 渡 し て い る 。 こ の パ ン フ レ ッ ト 1 人 は 何 ら か の 障 害 が あ る こ と と く 見 守 る 応 援 者 と し て 、 自 分 の で は 、 視 覚 障 害 、 聴 覚 ・ 言 語 障 害 、 な る き る 範 囲 で 活 動 し て い る こ の 制 肢 体 不 自 由 、 知 的 障 害 、 発 達 障 度 が で き て か ら 、 認 知 症 に つ い て 害 、 精 神 障 害 な ど の 肥 の 障 害 に つ 「 あ い サ ポ ー タ ー 」 と は 広 く 知 ら れ る よ う に な っ た 。 障 害 い て 説 明 し て い る 2016 ( 平 あ い サ ポ ー ト 運 動 の 4 つ の ボ に つ い て も 同 様 に 、 あ い サ ポ ー 成 ) 年 4 月 1 日 の 障 害 を 理 由 と イ ン ト を 実 践 す る の が 「 あ い サ タ 1 の 活 動 を 通 じ て 一 層 の 理 解 が す る 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 す る 法 ポ ー タ ー 」 で あ る 深 ま っ て い く こ と を 期 待 し て い る 。 律 ( 平 成 年 法 律 第 簡 号 〈 以 下 、 あ い サ ポ ー タ ー は 、 特 別 な 資 サ ポ ー タ ー と は 「 支 え る 人 」 と 障 害 者 差 別 解 消 法 〉 ) の 施 行 を 前 い う 意 味 だ が 、 あ い サ ポ 1 タ ー は 、 に 、 障 害 の 特 性 や 、 障 害 の あ る 本 格 を 必 要 と す る も の で は な く 、 何 か 特 別 な こ と を 行 う 人 で も な い 障 害 の あ る 人 を 憐 れ み の 対 象 と し 人 が 困 っ て い る こ と 、 必 要 な 配 慮 日 常 生 活 で 障 害 の あ る 人 が 困 っ て て 見 る の で は な く 、 誇 り を も っ て を 障 害 ご と に 紹 介 す る と と も に 、 い る 時 な ど に 、 ち ょ っ と し た 手 助 生 活 す る 社 会 の 一 員 と し て 尊 重 し 、 合 理 的 配 慮 や 社 会 的 障 壁 除 去 へ の け を す る 意 欲 の あ る 人 で あ れ ば 、 「 共 に 生 き る 」 人 で あ る と い う 立 理 解 促 進 を 図 る た め に 作 成 し た 。 ど な た で も な る こ と か で き る 場 に 立 つ 。 あ い サ ポ ー ト と は 、 愛 ま た 、 あ い サ ポ ー タ ー は 、 あ あ い サ ポ 1 タ ー は 、 認 知 症 サ 情 の 「 愛 」 、 私 の 「 — 」 に 共 通 す い サ ポ ー ト マ 1 ク ( 図 ) の 形 を し ポ 1 タ 1 の 制 度 を 参 考 に し て い る 「 あ い 」 と 、 支 え る ・ 応 援 す る た バ ッ ジ を 身 に つ け る 。 こ の あ い る 。 こ の 制 度 は 、 2005 ( 平 成 と い う 意 味 の 「 サ ポ ー ト 」 と を 組 サ ポ ー ト バ ッ ジ に も 由 来 が あ る 片 ) 年 度 か ら 開 始 し た 「 認 知 症 を み 合 わ せ 、 障 害 の あ る 人 を や さ し 障 害 を 支 え る 「 心 」 を ふ た つ の 1 ト を 重 ね る こ と で 表 現 し 、 後 知 り 地 域 を つ く る 川 カ 年 」 構 想 の く 支 え 、 自 分 の 意 志 で 行 動 す る こ あ わ 97 月 刊 福 祉 September 2016

月刊福祉 2016年 9月号


表 2 各 県 の あ い サ ポ ー タ ー 数 ・ あ い サ ポ ー ト 企 業 数 ( 2016 年 5 月 31 日 現 在 ) 鳥 取 県 島 根 県 広 島 県 長 野 県 奈 良 県 埼 玉 県 富 士 見 市 、 三 芳 町 及 び 秩 父 市 並 び に 横 瀬 町 、 皆 野 町 、 長 瀞 町 及 ひ 小 鹿 野 町 山 口 県 岡 山 県 ら 施 行 さ れ た 。 的 取 扱 い の ほ か 、 障 害 の あ る 人 か き る サ ポ ー タ ー に な っ て ほ し い と い て は 共 通 の も の を 使 用 し て 、 あ こ の 法 律 に よ り 、 障 害 を 理 由 筆 談 や 読 み あ げ な ど 、 行 政 機 関 等 い う あ い サ ポ ー ト 運 動 の 理 念 は 、 い サ ポ ー ト 運 動 を さ ら に 推 進 し て と し て 正 当 な 理 由 な く サ ー ビ ス の お よ び 事 業 者 に 対 し 、 負 担 に な ら 鳥 取 県 内 に と ど ま る も の で は な い 。 い く 。 あ い サ ポ ー ト 運 動 へ の 参 加 提 供 を 拒 否 す る な ど の 不 当 な 差 別 な い 程 度 の 配 慮 を 求 め て い る の に 2010 年 度 の 島 根 県 を は じ に つ い て 関 心 の あ る 地 方 公 共 団 体 対 し て 、 そ れ に 応 じ な い め と し て 、 広 島 県 、 長 野 県 、 奈 良 に お か れ て は 、 気 軽 に 声 を か け て ふ じ み み よ し 0 い た だ け れ ば と 田 5 、 つ 1 7 5 9 4 0 四 0 5 ( 合 理 的 配 慮 を し な い ) 県 、 埼 玉 県 の 富 士 見 市 お よ び 三 芳 1 ・ - 4 ・ -0 4 ・ 4 ・ っ 1 ー g 資 乢 こ と も 、 差 別 に 当 た る と 町 、 鳥 取 県 か 友 好 交 流 提 携 を 結 ん 最 後 に さ れ た で い る 韓 国 江 原 道 ( カ ン ウ オ ン ち ち ぶ こ う し た 差 別 を 解 消 す ド ) 、 山 口 県 、 埼 玉 県 の 秩 父 市 、 あ い サ ポ ー ト 運 動 の 究 極 的 な み な の よ こ ぜ な が と ろ る た め に は 、 障 害 の こ と 横 瀬 町 、 皆 野 町 、 長 瀞 町 お よ び 理 念 は 、 障 害 の 分 野 に 限 る も の で お が の を 知 り 、 障 害 の あ る 人 に 小 鹿 野 町 並 び に 岡 山 県 と 運 動 の 推 は な い 。 障 害 の あ る 人 、 高 齢 者 、 ち ょ っ と し た 手 助 け を 実 進 に 関 す る 連 携 協 定 を 締 結 し 、 共 子 ど も 、 外 国 籍 の 人 な ど す べ て の 践 す る 、 あ い サ ポ ー ト 運 同 で あ い サ ポ ー ト 運 動 を 推 進 し て 人 が 、 地 域 に お い て 互 い に 困 っ て い る 動 の よ う な 取 り 組 み が 、 い る こ と は 支 え 合 、 つ と い 、 つ 、 地 域 こ れ か ら ま す ま す 大 切 に こ う し た 連 携 を 通 じ て 、 あ い の 「 支 え 合 い 」 機 能 を 高 め て 、 な る と 考 え る サ ポ ー ト 運 動 の 理 念 か 全 国 に 広 「 地 域 力 」 ア ッ プ に つ な げ よ う と ま っ て い く こ と を め ざ し て 活 動 し す る も の で あ る 。 こ う し た 理 念 の 「 あ い サ ポ ー ト 造 て い く 実 現 に 向 け 、 引 き 続 き あ い サ ポ ー の 広 が り 2 今 後 の 取 り 組 み ト 運 動 の 推 進 に 努 め て い き た い 、 1 他 県 と の 連 携 現 在 、 本 県 で は 、 和 歌 山 県 や と 考 え て い る の ば り べ っ 障 害 の こ と を 知 っ て も 北 海 道 登 別 市 と の 協 定 の 締 結 に ※ 鳥 取 県 で は 、 障 害 の あ る 人 の 思 い を 大 切 に し 、 共 生 社 会 の 実 現 を 推 進 す る と い う 観 点 か ら 、 ら い た い 、 理 解 し て も ら 向 け た 準 備 も す す め て い る 「 障 害 」 を 「 障 が い 」 と 表 記 す る こ と と し て い ま す が 、 本 稿 で は 編 集 の 都 合 上 「 障 害 」 と い た い 、 で き る だ け 多 く 協 定 を 締 結 し た 地 方 公 共 団 体 表 記 し て い ま す 。 、 ヾ ツ ン に つ の 人 に 障 害 者 と と も に 生 と は 、 パ ン フ レ ッ ト あ い サ ポ ー タ ー 数 。 あ い サ ポ ー ト 企 業 数 実 施 主 体 63 , 875 28 ′ 626 1 4 乙 309 35 ′ 665 1 2 ′ 455 乙 817 5 , 920 2 , 238 298 , 905 一 = ロ 0 0 0 0 0 99 月 刊 福 祉 September 2016

月刊福祉 2016年 9月号


掲 示 わ っ て い く こ と へ の 期 会 の あ る 企 業 ( 団 体 ) で 取 り 組 み を す す め る こ と も 不 可 欠 で あ る ・ 企 業 ( 団 体 ) の 作 成 す る 広 告 待 が 込 め ら れ て い る あ い サ ポ 1 タ ー の 数 ま た 、 た と え 障 害 の あ る 人 と 接 す 物 、 ホ ー ム ペ ー ジ で の 「 あ い サ ポ ー ト 運 動 」 の 掲 載 は 、 2 016 年 5 月 引 る 機 会 の 少 な い 企 業 ( 団 体 ) で 日 現 在 、 全 国 で 万 8 あ っ て も 、 社 員 と し て 障 害 の あ る ・ 企 業 ( 団 体 ) の 機 関 誌 な ど で 、 905 人 と な っ て い る 人 と 接 す る 機 会 も あ る 。 そ し て 、 職 員 の 行 、 つ 障 害 の あ る 人 へ の ク ( う ち 、 鳥 取 県 6 万 38 そ う し た 企 業 ( 団 体 ) か 多 く な 取 り 組 み の 紹 介 マ 75 人 ) 。 り 、 あ い サ ポ 1 ト 運 動 の 理 念 を 積 ・ 職 員 へ の 「 あ い サ ポ ー ト バ ッ ジ 」 の 着 用 推 奨 極 的 に 普 及 し て い く こ と に な れ タ 「 あ い サ ポ ー ト 企 業 ば 、 誰 も が 暮 ら し や す い 共 生 社 会 な お 、 あ い サ ポ ー ト 企 業 ( 団 ( 団 体 ) 」 に つ い て の 実 現 に 大 き く 寄 与 で き る も の と 体 ) の 数 は 、 2016 年 5 月 引 日 サ 「 あ い サ ポ ー ト 企 業 考 え て 、 2010 ( 平 成 ) 年 1 現 在 、 1045 企 業 ( 団 体 ) と あ ( 団 体 ) 」 と は 、 あ い サ 月 8 日 に あ い サ ポ ー ト 企 業 ( 団 な っ て い る ( う ち 、 鳥 取 県 311 図 ポ ー ト 運 動 の 趣 旨 を 理 体 ) を 認 定 す る 制 度 を 創 設 し た 。 企 業 ) ( 表 2 ) 。 ろ の 白 い ー ト は 障 害 の あ る 人 を 解 し て 、 職 員 研 修 に 取 り 入 れ る な あ い サ ポ ー ト 企 業 ( 団 体 ) で 障 害 者 差 別 解 消 法 に 支 え る 様 子 を 表 し 、 サ ポ 1 タ 1 の ど 、 あ い サ ポ 1 ト 運 動 の 普 及 に 積 は 、 「 あ い サ ポ ー タ 1 研 修 」 を 実 つ い て も 表 現 し て い る 。 あ い サ ポ ー ト 極 的 に 取 り 組 ん で い る 企 業 ( 団 施 す る と と も に 、 次 の よ う な 取 り 組 み の い ず れ か を 行 っ て い た だ く 障 害 を 理 由 と す る 差 別 の 解 消 バ ッ ジ の だ い だ い 色 は 、 鳥 取 県 出 体 ) の こ と で あ る こ と と し て い る を 推 進 す る こ と に よ り 、 す べ て の 身 で 日 本 の 障 害 福 祉 に 尽 力 さ れ た あ い サ ポ ー ト 運 動 を 積 極 的 に い と が か ず お ・ 職 員 に 「 障 が い を 知 り 、 共 に 国 民 が 障 害 の 有 無 に よ っ て 分 け 隔 糸 賀 雄 氏 の 残 し た 言 葉 「 こ の 広 め て い く た め に は 、 県 を 含 め た 子 ら を 世 の 光 に 」 か ら 、 光 や 暖 か 地 方 公 共 団 体 の 積 極 的 な 活 動 も 当 生 き る 」 ( パ ン フ レ ッ ト ) を て ら れ る こ と な く 、 相 互 に 人 格 と さ を イ メ ー ジ し て お り 、 だ い だ い 然 必 要 だ が 、 商 店 や 金 融 機 関 ま た 読 む こ と の 推 奨 個 性 を 尊 重 し あ い な が ら 共 生 す る ( 代 々 ) と い う こ と に ち な み 、 こ は 交 通 機 関 な ど と い っ た 障 害 の あ ・ 事 業 所 、 店 舗 、 社 用 車 な ど へ 社 会 の 実 現 を め ざ し 、 障 害 者 差 別 の ス テ ッ カ ー ま た は チ ラ シ の 解 消 法 が 、 2016 年 4 月 1 日 か れ か ら も 世 代 を 超 え て 代 々 と 伝 る 人 と さ ま ざ ま な 場 面 で 接 す る 機 SUPPORTER だ い だ い 色 月 刊 福 祉 98 September 2016

月刊福祉 2016年 9月号


1 視 覚 に 障 害 が あ っ て も 、 ク ラ ブ 活 動 を 楽 し ん だ り 、 自 分 の 部 屋 で 植 物 を 育 て た り 、 の び の び と 過 ご す 利 用 者 た ち 。 聖 明 園 曙 荘 で は 、 利 用 者 の 笑 顔 か ら そ の 楽 し げ な 暮 ら し ふ り が 伝 わ っ て く る 充 実 し た 施 設 と 、 視 覚 障 害 に 理 解 の あ る 職 員 そ し て 地 域 の ボ ラ ン テ ィ ア の 協 力 に よ っ て 紡 が れ る 日 常 を レ ポ ー ト す る 。 グ ラ フ ボ ラ ン テ ィ ア に よ る 籐 編 み ク ラ ブ 。 「 皆 さ ん 一 生 懸 命 な の で 、 楽 し ん で も ら え る よ う 心 が け て い る 」 と ボ ラ ン テ ィ ア は 語 る 。 こ の ほ か に も 、 聖 明 園 曙 荘 で は 利 用 者 た ち が 縫 っ た ぞ う き ん を 近 隣 の 小 学 校 に 寄 贈 す る な ど 、 地 域 交 流 に も 積 極 的 だ

月刊福祉 2016年 9月号


約 束 の 伝 ん 方 も 含 め て 」 ( 東 京 学 芸 大 学 ) 上 村 惠 津 子 ( 信 州 大 学 ) ・ 小 林 正 幸 井 上 雅 彦 ( 鳥 取 大 学 ) ・ 一 一 宮 信 一 ( 北 ( 東 京 学 芸 大 学 ) ・ 藤 原 忠 雄 ( 兵 庫 教 育 2016 年 ⅱ 月 6 日 ( 日 ) 海 道 教 育 大 学 ) ⑨ 「 認 知 の 働 き を ふ ま え た 指 導 の 実 際 大 学 大 学 院 ) 「 指 導 力 ・ 支 援 力 向 上 セ ミ ナ ー 」 〔 時 間 〕 ④ 「 指 導 に 活 か す 発 達 の 評 価 ー ー ー 学 習 面 を 中 心 に 」 〔 主 催 〕 ()O ー ー > を 中 心 に 」 鳥 居 深 雪 ( 神 戸 大 学 大 学 院 ) ・ 宇 野 宏 各 日 時 分 5 時 分 公 益 社 団 法 人 発 達 協 会 大 六 一 志 ( 臨 床 心 理 士 ) 幸 ( 兵 庫 教 育 大 学 大 学 院 ) ※ 同 し 日 程 で 開 催 さ れ る セ ミ ナ ー に 複 〔 内 容 〕 ◆ 2016 年 月 四 日 ( 土 ) ⑩ 「 発 達 障 害 ・ 知 的 障 害 の あ る 子 の 数 の 申 し 込 み は 不 可 発 達 に つ ま す き の あ る 子 ど も ・ 青 年 た ⑤ 「 発 達 障 害 ・ 知 的 障 害 の あ る 子 ど も 『 感 覚 』 へ の 対 応 」 〔 受 講 料 〕 ち に 関 わ る す べ て の 人 を 対 象 と し た 、 の 家 族 へ の 支 援 ー 保 護 者 の メ ン タ ル 岩 永 竜 一 郎 ( 長 崎 大 学 大 学 院 ) ・ 飯 嶋 各 OOIC)O 円 ( 税 込 ) 〈 正 会 員 、 員 助 臨 床 経 験 豊 か な 講 師 に よ る 、 実 際 の 指 ヘ ル ス や 虐 待 を 含 め て 」 正 博 ( 順 天 堂 大 学 ) 会 員 は 8220 円 ( 税 込 ) 〉 導 ・ 教 育 に 役 立 っ セ ミ ナ ー 〔 定 員 〕 井 上 祐 紀 ( 横 浜 市 南 部 地 域 療 育 セ ン 〔 指 導 力 ・ 支 援 力 向 上 セ ミ ナ ー 〕 〔 秋 の セ ミ ナ ー 〕 タ ー ) ・ 玉 井 邦 夫 ( 大 正 大 学 ) ◎ 日 程 各 5250 人 ◎ 日 程 ⑥ 「 音 楽 療 法 と 動 作 法 を 用 い た 発 達 支 ( は 締 め 切 り ま し た ) ※ 定 員 に な り 次 第 締 め 切 り ◆ 2016 年 月 日 ( 土 ) 援 ー 心 と 身 体 へ の ア プ ロ ー チ 」 ◆ 2016 年 月 日 ( 日 ) 〔 会 場 〕 ① 「 幼 児 期 に 育 て た い 集 団 参 加 の カ ー 香 野 毅 ( 静 岡 大 学 ) ・ 土 野 研 治 ( 日 本 「 <OTO ・ <00 の 子 ど も へ の 東 京 フ ァ ッ シ ョ ン タ ウ ン Q—LL+) ビ 不 器 用 な 子 や 衝 動 的 な 子 へ の 対 応 も 含 大 学 ) 学 童 期 の 指 導 ー 社 会 性 の 課 題 を 中 心 ル ( 東 京 都 江 東 区 ) め て 」 2016 年 月 日 ( 日 ) 〔 申 し 込 み ・ 問 い 合 わ せ 〕 公 益 社 団 法 人 発 達 協 会 七 木 田 敦 ( 広 島 大 学 ) ・ 三 島 節 子 ⑦ 「 遊 び を 通 し て 発 達 を 促 す ー 生 活 小 倉 尚 子 ( 発 達 協 会 ) 発 達 相 談 セ ン タ ー か な が わ ) 動 作 、 学 習 、 コ ミ ュ 一 一 ヶ ー シ ョ ン の カ 「 知 的 障 害 ・ 発 達 障 害 の あ る 子 の 〒 115 ー 東 京 都 北 区 赤 羽 O ー O 1 ー っ 乙 ② 「 愛 着 形 成 と 双 極 性 障 害 へ の 理 解 と を 中 心 に 」 ほ め 方 ・ 叱 り 方 ・ 伝 え 方 」 南 2 ー OCD ー 3903 ー COCOOO 対 応 ー 発 達 障 害 の あ る 子 も 含 め て 」 笹 田 哲 ( 神 奈 川 県 立 保 健 福 祉 大 学 大 学 塩 川 宏 郷 ( 筑 波 大 学 ) ・ 小 島 道 生 ( 筑 友 田 明 美 ( 福 井 大 学 ) ・ 奥 山 眞 紀 子 院 ) ・ 里 見 恵 子 ( 大 阪 府 立 大 学 ) 波 大 学 ) ・ 湯 汲 英 史 ( 発 達 協 会 ・ 早 稲 国 oo ー 3903 ー 3836 ( 国 立 成 育 医 療 研 究 セ ン タ ー ) ・ 十 一 一 兀 ◆ 2016 年 月 5 日 ( 土 ) 田 大 学 ) [email protected] 「 .jp 三 ( 京 都 大 学 ) ⑧ 「 発 達 障 害 が あ る 子 と の コ ミ ュ 一 一 ◆ 2016 年 材 月 5 日 ( 土 ) Dlhttp://WW\N.hattatsu.or.jp 2016 年 月 日 ( 日 ) ケ ー シ ョ ン を 確 か に す る 支 援 技 術 」 「 保 護 者 と の コ ミ ュ 一 一 ヶ ー シ ョ ン ※ 最 新 情 報 は 、 随 時 ホ ー ム ペ ー ジ に 掲 ③ 「 衝 動 的 な 行 動 へ の 理 解 と 対 応 ー 井 澤 信 三 ( 兵 庫 教 育 大 学 ) ・ 藤 野 博 を 充 実 さ せ る た め に 」 ◆ 発 達 協 会 2016 年 「 秋 の セ ミ ナ ー 」 ◆ ◆ ☆ セ ミ ナ ー 等 の 情 報 を お 寄 せ く た さ い 。 容 OØ ー 3581 ー 9512 谷 103 月 刊 福 祉 ~ September 20 跖

月刊福祉 2016年 9月号


中 央 法 規 の 最 新 刊 障 害 者 総 合 支 ハ / プ 、 , [ 2 田 指 定 基 淮 編 人 員 ・ 設 備 ・ 運 営 基 準 と 報 酬 編 報 酬 告 示 と そ の 解 釈 留 意 事 項 通 知 ・ 定 価 本 体 3 , 400 円 ( 税 別 ) ・ 定 価 本 体 4 , 000 円 ( 税 別 ) 事 業 者 ハ ン ド ブ ッ ク 事 業 者 ハ ン ド ブ ッ ク ・ B5 判 ・ 982 頁 ・ 2016 年 7 月 発 行 ; : 一 人 物 鋼 ・ ・ 第 ・ と そ の - ・ B5 判 ・ 686 頁 ・ 2016 年 7 月 発 行 6BN978 ー 4 ー 8058 ー 537 み 1 6BN978 8058-5378 ー 8 障 害 者 ・ 障 害 児 に 対 す る 各 サ ー ビ ス 障 害 者 ・ 障 害 児 関 係 の 各 サ ー ビ ス 報 事 業 の 人 員 ・ 設 備 ・ 運 営 に 関 す る 省 令 、 酬 に つ い て 、 報 酬 告 示 、 関 係 告 示 、 留 意 事 項 通 知 お よ び Q & A を 収 載 。 告 示 、 通 知 を 網 羅 し た 関 係 者 必 携 書 。 障 害 者 総 合 支 援 法 事 業 者 ハ ン ド ブ ッ ク 指 導 監 査 に お け る 指 導 監 査 編 主 眼 事 項 及 び 着 眼 点 ( 旧 版 ) 「 障 害 者 自 立 支 援 法 指 導 監 査 ハ ン ド ブ ッ ク 」 ・ 定 価 。 体 4 , 08 円 別 - ・ B5 判 ・ 約 750 頁 ・ 2016 年 8 月 発 行 : ISBN978-4-8058 る 39311 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 事 業 者 、 障 害 者 支 援 施 設 、 障 害 児 施 設 、 市 町 村 等 に 対 す る 指 導 監 査 指 針 を 、 一 冊 に 編 集 し て 発 行 。 実 際 の 指 導 ・ 監 査 の ポ イ ン ト と な る 「 主 眼 事 項 及 び 着 眼 点 」 も す べ て 収 録 。 業 務 管 理 体 制 の 報 告 に 関 す る 通 知 も 盛 込 ん だ 。 適 正 な 事 業 実 施 の た め に も 必 読 の 一 冊 。 生 活 保 護 手 帳 2016 年 度 版 ・ 定 価 本 体 2 , 58 円 ( 税 別 ) ・ A5 判 ・ 約 920 頁 ・ 2016 年 8 月 発 行 ー 田 N978 ー 4 ー 805 & 5379-5 わ が 国 の 社 会 保 障 制 度 、 最 後 の セ ー フ テ ィ ネ ッ ト で あ る 生 活 保 護 制 度 。 生 活 保 護 行 政 の 運 営 ・ 実 施 に 必 要 な 「 保 護 の 基 準 」 「 保 護 の 実 施 要 領 」 「 医 療 扶 助 ・ 介 護 扶 助 運 営 要 領 」 等 、 実 務 に 欠 か せ な い 重 要 な 告 示 規 定 、 通 知 規 定 を わ か り や す く 編 集 。 平 成 2 8 年 4 月 の 改 正 に 対 応 。 生 活 保 護 手 帳 別 冊 問 答 集 2016 ・ 定 価 本 体 2 , 28 円 ( 税 別 ) ・ A5 判 ・ 594 頁 ・ 2016 年 8 月 発 行 6BN97 & 4-8058 ー 5380-1 「 保 護 の 実 施 要 領 」 等 の 規 定 を 補 完 す る 事 務 連 絡 と し て 、 厚 生 労 働 省 が 発 出 し た 「 生 活 保 護 問 答 集 に つ い て 」 を 収 録 。 事 務 連 絡 で 示 さ れ た 疑 義 回 答 を 基 に 、 関 係 法 令 の 参 照 条 文 及 び 通 知 等 へ の 参 照 リ ン ク を 適 宜 挿 入 。 『 生 活 保 護 手 帳 』 と あ わ せ て 利 用 し た い 関 係 者 必 携 の 実 務 書 。 介 護 保 険 事 業 運 営 の 手 引 通 所 介 護 編 四 訂 版 指 定 基 準 ・ 介 護 報 酬 ・ Q&A ・ 介 護 保 険 事 業 運 営 の 手 引 編 集 委 員 会 = 編 集 ・ 定 価 本 体 3 , 28 円 ( 税 別 ) ・ B5 判 ・ 474 頁 ・ 2016 年 7 月 発 行 ー 田 N978 ー 4 ー 8058 ー 5386 ー 3 通 所 介 護 サ ー ビ ス を 提 供 ・ 運 営 す る 上 で 必 要 と な る 運 営 基 準 ・ 解 釈 通 知 と 介 護 報 酬 算 定 基 準 ・ 留 意 事 項 通 知 を わ か り や す く 収 載 。 平 成 2 7 年 度 の 制 度 改 正 ・ 報 酬 改 正 、 平 成 28 年 度 よ り 新 た に 創 設 さ れ た 地 域 密 着 型 通 所 介 護 に 対 応 す る 。 通 所 介 護 サ ー ビ ス 事 業 者 必 携 の 一 冊 。 シ リ ー ズ 最 新 刊 ! 9 年 ふ り の Now Printing 生 活 保 護 手 帳 別 冊 問 答 集 216 介 護 保 険 事 業 ー 運 営 の 手 引 3 - ツ い 、 0 、 平 な 28 年 度 か ら の 全 対 い 0 中 央 法 規 , 。 。 。 。 東 京 都 台 東 区 台 東 " 。 - , , ~ 03-3 ・ 3 " 8 。 7 → " ー ネ " 。 = , = " 。 " ~

月刊福祉 2016年 9月号


ほ ん だ な 民 意 を 大 切 に す る こ と を 過 去 か ら ( 福 島 淑 彦 ) 、 安 全 保 障 政 策 ( 吉 武 祉 現 在 に 至 る ま で の 努 力 の 蓄 積 と し 信 彦 ) 、 ス ウ ェ ー デ ン ・ モ デ ル に 関 書 を 手 に し た 時 の 感 情 ・ 本 書 は 、 岡 澤 憲 芙 、 斉 藤 弥 生 て 、 生 活 に 関 わ る す べ て の 領 域 で し て は 、 岡 澤 、 斉 藤 が 全 体 の 特 徴 お も し ろ そ う 、 わ か り や す と い う 著 名 な ス ウ ェ ー デ ン 研 究 者 こ だ わ る そ の 精 神 が 、 OJOO 年 も を 、 そ れ ぞ れ の 時 代 背 景 を 踏 ま え そ う 。 そ し て 読 み 終 え た 時 の 感 動 の 編 集 に よ る 、 各 ジ ャ ン ル の 第 一 の 間 戦 争 を 行 わ ず 国 際 国 家 と し て て 、 清 水 由 賀 、 秋 朝 礼 恵 が わ か り や す く そ の 本 質 を 論 じ て い る 。 評 ・ 正 直 な 論 調 に 、 安 心 し て 納 得 人 者 で あ る 囲 5 間 歳 代 の 研 究 者 の 位 置 を 築 き あ げ た と い え よ う 。 し 理 解 で き た 気 分 。 そ し て 日 本 の チ ー ム に よ る 研 究 成 果 で あ り 、 統 女 性 環 境 ( 木 下 淑 恵 ) 、 高 齢 者 者 と し て は 、 「 仕 事 も 家 庭 ・ 子 育 て 現 状 に つ い て 考 え 問 い か け 、 将 来 一 感 の あ る 生 き 生 き と し た 出 来 栄 環 境 ( 斉 藤 ) 、 在 住 外 国 人 環 境 ( 清 も 」 楽 し み 、 責 任 を も っ 社 会 構 築 を 思 う エ ネ ル ギ ー を 得 た 感 じ 。 え で あ る 。 そ れ ぞ れ の 筆 者 は 、 現 水 由 賀 ) 、 子 ど も ・ 子 育 て 環 境 ( 吉 や 政 治 へ の 女 性 の 参 加 、 税 制 に 興 本 書 は 、 単 に ス ウ ェ ー デ ン の 政 地 大 学 へ の 留 学 経 験 や 、 毎 年 現 地 岡 洋 子 ・ 佐 藤 桃 子 ) 、 障 害 者 環 境 味 を も っ た 。 市 民 と し て 、 社 会 福 冶 、 経 済 、 社 会 政 策 や 女 性 ・ 高 齢 に 赴 き 収 集 し た 最 新 情 報 を も と ( 是 永 か な 子 ) 、 経 済 ・ 福 祉 思 想 祉 関 係 者 と し て 、 研 究 者 と し て す 者 、 障 害 者 な ど の 諸 課 題 解 決 の あ に 、 ス ウ ェ ー デ ン ・ モ デ ル の 今 と ( 藤 田 菜 々 子 ) 、 税 制 と 企 業 活 動 べ て の 人 の 必 読 書 で あ る り よ う に つ い て 、 説 明 し 論 じ た も し て 描 い て い る 評 者 上 野 谷 加 代 子 ( 同 志 社 大 学 社 会 学 部 教 授 ) の で は な い 。 人 々 が 生 活 し て い く こ の 種 の 圭 物 に よ く あ り が ち う え で 必 要 不 可 欠 な 「 国 際 競 争 力 な 、 「 ス ウ ェ ー デ ン は す ば ら し い を 維 持 し な か ら 、 成 長 経 済 と 普 遍 よ い 国 だ 」 と い う 前 提 で 書 か れ た 主 義 福 祉 を 同 時 に 追 求 す る ス も の で は な く 、 包 括 的 な エ ビ デ ン デ ウ ェ ー デ ン 型 デ モ ク ラ シ ー 」 「 し た ス に 基 づ き 、 批 判 的 か っ 正 直 に 描 一 ア た か な 外 交 」 「 し ろ う と 主 義 」 、 そ か れ て い る と こ ろ が 、 結 果 と し て モ ・ シ 著 別 し て 「 参 加 」 「 公 開 」 「 影 響 力 」 「 自 ス ウ ェ ー デ ン ・ モ デ ル の 素 敵 さ を デ 立 と 自 律 の 市 民 意 識 」 ( 岡 澤 ) に 見 明 確 に 伝 え て い る 。 か の 国 は 好 奇 一 ア 弥 ー 一 斉 ・ 亠 5 4 ↑ - 2 ら れ る キ ー 概 念 か 「 ス ウ ェ ー デ 心 の 強 い 社 会 実 験 を 好 む 、 合 意 形 、 流 体 ン ・ モ デ ル 」 と し て 、 特 徴 的 な さ 成 で の 問 題 解 決 型 の 国 家 だ と 評 価 ウ 、 ロ 憲 彩 で き よ う 。 ポ ピ ュ リ ス ム で は な い ま ざ ま な 領 域 で 展 開 さ れ て い る 。 ス 一 谷 定 ク ー バ リ ゼ ー シ ョ ン 揺 ら ぎ ・ 挑 戦 岡 澤 憲 芙 斉 藤 弥 生 S 日 M00 は ト : 0 け い べ ス 0- ー み 第 、 ふ 0 彩 流 社

月刊福祉 2016年 9月号


部 屋 は 全 室 南 向 き で 正 面 に は 富 士 山 も 見 え る 。 岩 田 さ ん は 、 シ ク ラ メ ン や 葉 ボ タ ン な ど を 育 て る の も 趣 味 。 「 日 当 た り が い い か ら よ く 育 つ ん で す 」 き ま し い わ た さ き 岩 田 咲 子 さ ん は 、 曙 荘 の 元 職 員 で 、 当 時 は 川 柳 や 俳 句 な ど の 代 筆 を 行 っ て い た 。 弱 視 の 現 在 は 、 そ の 頃 覚 え た 方 法 で 自 分 で も 創 作 を 行 っ て い る 松 ー ・ し 。 ふ 私 つ れ レ 食 堂 の ポ ー ド に は 主 菜 の 代 替 品 の 有 無 な ど 本 日 の メ ニ ュ ー を 表 示 。 ま た 、 利 用 者 の 札 に は 「 刻 み 食 」 「 ご 飯 小 盛 」 な ど 記 載 し て お き 、 職 員 全 員 の 共 通 理 解 が 図 れ る よ う に し て い る 届 常 部 屋 の ド ア は 色 分 け さ れ て お り 、 弱 視 者 が 識 別 で き る よ う に な っ て い る 食 事 は 、 3 食 と も 施 設 内 で 調 理 。 食 堂 は す べ て 座 席 指 定 で 、 グ ル ー プ ご と に 時 間 差 で 着 席 し 温 か い 物 は 温 か い う ち に 出 せ る よ う に し て い る 護 予 防 プ ロ グ ラ ム な ど を 充 実 さ せ て い る 取 材 日 は 、 曙 荘 の 開 設 時 か ら 交 流 が あ る 籐 編 み ク ラ ブ が 開 催 さ れ て い た 。 ほ か , 柳 、 陶 芸 な ど 全 部 に も 、 短 歌 、 俳 句 、 日 で 燔 の ク ラ ブ か あ る 。 ス テ ィ ッ ク ポ ー ル ク ラ ブ の 最 古 参 メ ン バ ー だ と い う 田 中 一 夫 さ ん は 、 「 曙 荘 の 暮 ら し は 生 活 に リ ズ ム か あ る か ら い い で す ね 。 ま た 、 竸 技 を し て い る と 頭 を 使 う か ら 元 気 で い ら れ る 」 と 、 楽 し そ 、 つ に 話 す 。 理 事 長 の 本 間 さ ん は 、 「 隣 接 す る 特 別 養 護 ( 盲 ) 老 人 ホ ー ム 、 聖 明 園 富 士 見 荘 が 老 朽 化 し て い る た め 、 建 て 替 え が 今 後 の 課 題 で す 」 と 語 る 。 曙 荘 の 利 用 者 が 要 介 護 に な っ た 時 に も 、 な る べ く 大 き な 変 化 が 起 き な い よ う な 快 適 な 生 活 を 送 っ て も ら い た い と 考 え る か ら だ 。 ま た 、 同 法 人 で は も う ひ と つ の 柱 と し て 、 盲 大 学 生 奨 学 金 制 度 を 行 っ て い る 視 覚 障 害 者 を 対 象 と し た 奨 学 金 制 度 は 、 わ が 国 で も 唯 一 で あ り 、 利 用 者 は 卒 業 後 大 学 教 授 や 弁 護 士 、 公 務 員 な ど 各 分 野 で 活 躍 し て い る 視 覚 障 害 の あ る 高 齢 者 が 心 豊 か に 暮 ら す た め の 支 援 と 、 盲 大 学 生 が 未 来 へ 飛 躍 す る た め の 支 援 。 多 角 的 な サ ポ 1 ト は 、 視 覚 障 害 の あ る 人 々 に と っ て 精 神 的 に も 大 き な 支 え に な っ て い る に 違 い な い

月刊福祉 2016年 9月号


学 得 経 社 大 取 を 祉 京 位 員 福 東 単 究 は 年 課 別 専 5 士 特 0 博 会 職 院 院 0 斗 2 興 現 A 研 振 り 学 子 こ ヒ 術 よ 策 直 学 お 刻 学 年 政 な 合 本 7 会 立 馬 国 社 授 ま 院 、 目 浜 際 教 , う 学 学 、 学 本 横 国 准 そ 大 退 て 会 広 義 で は 、 「 家 族 や 親 族 等 、 親 密 ン が あ る こ と が 、 筆 者 ら の こ れ ま は 高 く な る が 、 介 護 が あ る た め 就 業 時 間 が 短 く な っ て い る < さ ん の な 関 係 に お け る 複 数 の ケ ア 関 係 と 、 で の 調 査 か ら 明 ら か に な っ た 。 よ う な 場 合 、 保 育 園 の 入 所 ラ ン ク 横 浜 市 で は 特 別 養 護 老 人 ホ ー ム 複 合 的 課 題 」 と い う よ う に 、 「 ケ ア 「 共 働 き ダ ブ ル ケ ア ラ ー 」 ( 以 下 、 特 養 ) の 入 所 基 準 に ダ ブ ル の 複 合 化 、 多 重 化 」 と と ら え ら れ 3 人 の 子 ど も を 育 て 、 同 居 す は 低 い 。 少 子 高 齢 化 時 代 、 保 育 園 ケ ア に よ る 加 点 が 設 定 さ れ る な ど 、 る 。 メ ン タ ル に 問 題 を 抱 え る 夫 の ケ ー , る 認 知 症 の 義 父 を 介 護 し な が ら 働 の 入 所 基 準 に 、 ダ ブ ル ケ ア に よ る 育 児 と 介 護 に 同 時 に 直 面 す る ダ プ ア と 子 育 て 、 障 害 の あ る 子 ど も と い て い る < さ ん 。 夫 は 仕 事 で 不 在 加 点 の 必 要 性 が 一 小 唆 さ れ る ル ケ ア 世 帯 へ の 支 援 が 始 ま っ た 。 障 害 の な い き よ う だ い の 複 合 的 ケ ア が ち 。 下 の 2 人 の 子 ど も を 別 の 保 ー 「 ひ と り 親 ダ ブ ル ケ ア ラ ー 」 こ の ダ ブ ル ケ ア と い う 一 一 一 口 葉 は 、 な ど 、 多 重 な ケ ア 関 係 が あ る 育 園 に 送 迎 し 、 帰 宅 し た ら 義 父 の 脳 性 ま ひ で 全 介 助 が 必 要 な 4 や ま し た じ ゅ ん こ 英 国 プ リ ス ト ル 大 学 の 山 下 順 子 」 介 護 ・ 子 育 て の 縦 割 り 行 政 の は 介 護 を す る 毎 日 0 勤 務 先 の 理 解 が 歳 を 含 む 3 人 ( 8 歳 、 6 歳 、 4 氏 と 筆 者 が 概 念 化 し 、 狭 義 と 広 義 ざ ま で 、 ダ ブ ル ケ ア ラ ー の 孤 立 や あ り 、 何 と か な っ て い る が 、 毎 日 歳 ) の 子 ど も を 育 て な が ら 、 認 知 の 2 通 り の 意 味 で 使 っ て い る 困 難 な 実 態 が あ る 。 ダ ブ ル ケ ア 人 が 綱 渡 り で 先 行 き が 不 安 だ 。 行 政 症 の 母 親 を 介 護 し 、 デ イ ケ ア セ ン 狭 義 で は 、 育 児 と 介 護 の 同 時 「 ロ が 一 定 数 い る こ と や 、 世 帯 構 成 「 」 の 窓 口 も 介 護 と 子 育 て は 縦 割 り 制 タ 1 で 働 く ひ と り 親 の さ ん 。 父 進 行 と い う 意 味 で あ る 。 晩 婚 化 ・ 就 業 状 況 「 介 護 ・ 子 育 て の 状 況 0 。 度 の た め 、 。 ( ダ ブ ル ケ ア ラ 1 に と っ 親 が 介 護 し て い た が 母 親 の 介 護 拒 否 が あ り 、 さ ん が 同 居 し て 主 に 晩 産 化 と 少 子 高 齢 化 に よ り 、 ダ ブ 福 祉 サ ー ビ ス 利 用 状 況 、 親 子 ・ 夫 て は 不 便 で 非 効 率 で あ る フ ル タ イ ム 就 業 、 フ ル タ イ ム 介 護 し て い る 。 就 業 と 育 児 を し な ル ケ ア ( 育 児 し な が ら の 介 護 ) に 婦 関 係 、 友 人 や 近 隣 ネ ッ ト ワ ー ク な ど で 、 多 様 な ダ ブ ル ケ ア バ ダ ー ! 介 護 で あ れ ば 保 育 園 の 入 所 ラ ン ク が ら 在 宅 介 護 を 継 続 す る の は 難 し 直 面 す る 人 の 増 大 が 予 測 さ れ る ダ ブ ル ケ ア ( ケ ア の 複 合 化 ) と 一 ・ = ダ ブ ル ケ ア ( ケ ア の 複 合 化 ) を 考 え る △ 乢 会 ロ 社 0 0 月 刊 福 祉 52 September 2016