検索 - みる会図書館

全データから 10000件見つかりました。
1. パニック・裸の王様 (新潮文庫)

はだかおうさま パニック・裸の王様 新潮文庫 カ 行 昭和三十五年六月二十五日発 昭和六十二年五月二十日四十五刷改版 平成三年五月十五日五十三刷 社 会 こう たけし 著者開高健株 製 4 ク 発行者佐藤亮一 本 株式 発行所 新潮社 会社 社 6 1 郵便番号 東京都新宿区矢来町七一金 O 業務部 ( 〇三 ) 三一一六六ー五一一一会 1 電話 編集部 ( 〇三 ) 三一一六六ー五四四〇式 - 振替東京四ー八〇八番株Ⅶ 4 ◎ m 価格はカ・ハーに表示してあります。 乱丁・落丁本は、ご面倒ですが小社通信係宛ご送付 ください。送料小社負担にてお取替えいたします。 .4

2. 現代日本の文学 48 石原 慎太郎 開高 健 集

を「世界」に発表。同月、「屋根裏の独白」を中央公論社より刊行。る。 九月、「街と部屋で」を「新潮」に発表。十一月、「日本一一一文オペラ」昭和 = 一十七年 ( 一九六一 l) 三十一一歳 を文藝春秋新社より刊行。十一一月、「パニック」を。 ハトリア書店より一月、「パリのデモ騒ぎの中で」を「毎日新聞」に発表。二月、「フ 刊行。 ランスの悩み」を「朝日新聞」に発表。同月、「片隅の迷路」を毎 昭和三十五年 ( 一九六〇 ) 三十歳日新聞社より刊行。三月、「森と骨と人達」を「新潮」に、「安保の 一月、「任意の一点」を「文学界」に発表。四月、「お化けたち」を闘いと私ーー竹内好氏に」を「文学」にそれぞれ発表。四月、「声 「新潮 , に発表。五月、「名人ーを「オール読物ーに発表、「ロビンの狩人」を「世界ーに連載 ( 十一月完結 ) 。七月、「エスキモーーを フィンランド、スエー一アン、 ソンの末裔ーを「中央公論」に連載 ( 十一月完結 ) 、「裸の王様・流「文学界ーに発表。同月、ノルウェー、 亡記」 ( 文庫 ) を角川書店より刊行。同月、中国訪問日本文学代表デンマーク、西ドイツへかけての旅行にでる。十月、「開高健・大 団の一人として中国を訪問する、毛沢東、周恩来、郭沫若、茅盾、江健三郎集」 ( 新日本文学全集Ⅱ ) を集英社より刊行。十一月、「声 巴金らと会談。六月、「・ハニック・裸の王様」 ( 文庫 ) を新潮社よりの狩人」 ( 新書 ) を岩波書店より刊行。 刊行。九月、「多頭の蛇ーを「文学界」に発表。同月、ルーマニア昭和三十八年 ( 一九六 = l) 三十三歳 平和委員会の招きでプカレストの「葛飾北斎一一百年祭 , に出席、東コ一年半ほどの間、出たり入ったりをあわただしく繰り返した海外 欧諸国を旅行する。十一一月、「ロビンソンの末裔」を中央公論社よ旅行が終ったので、ふたたび創作にたちもどる」 ( 自筆年譜 ) 。二月、 り刊行。同月、翻訳「キス・キス」 ( ダール著 ) を早川書房より刊「太った」を「文学界ーに発表。三月、「笑われた」を「新潮ーに、 行。 「政治亡命者の系譜」を「中央公論」にそれぞれ発表。五月、「見た」 昭和三十六年 ( 一九六一 ) 三十一歳を「文芸」に、「孫文その悲惨と栄光」を「中央公論」にそれぞれ 一一月、「日本三文オ。ヘラ」 ( 文庫 ) を角川書店より刊行。四月、「過発表。六月、「開高健・大江健三郎集」 ( 昭和文学全集 ) を角川書店 去と未来の国々ー中国と東欧」 ( 新書 ) を岩波書店より刊行。五月、より刊行。七月、「揺れた」を「世界」に発表。同月、・ハリ島で開 「私を育てた日本へ」を「文学界 , に発表。「開高健集」 ( 新鋭文学催の・作家会議執行委員会に出席。八月、「片隅の迷路」を角 叢書Ⅱ ) を筑摩書房より刊行。同月、「片隅の迷路ーを「毎日新聞 , 川書店より刊行。十月、「メタフォアの乱費ー現代詩にのぞむ」を に十一月まで連載。七月、アイヒマン裁判の反対訊問傍聴にイスラ「文学界」に発表。同月、「日本人の遊び場」を朝日新聞社より刊行。 十一月、「出会った」を「文学界ーに発表。十一一月、 < ・ < 作家会 エルへ向う。そのあと、アテネ、デルフィ、イスタン・フール、・、 をまわり九月帰国。十月、ソビエト作家同盟から招待を受け、モス議講演会の司会を勤めた。 コ ー、レニングラード、タシュケント、サマルカンドを訪問する。 昭和三十九年 ( 一九六四 ) 三十四歳 その後、東ベルリン、西ベルリンをまわり 、パリに滞在、サルトル三月、「ロビンソンの末裔」 ( 文庫 ) を角川書店より刊行。五月、「生 に会う。また、当地で反右翼抗議デモに参加する。翌年一月帰国す者が去るとき _. を「新潮」に発表。同月、「見た揺れた笑われた」

3. パニック・裸の王様 (新潮文庫)

パ 新潮文庫 健著 ック・裸の王様 0 開高 0 新潮社 リ 94 版

4. パニック・裸の王様 (新潮文庫)

, 、 , 、 ~ ・、新潮文庫 開高健の作品 ック・裸の王様 日 文オペラ ンソンの末裔 ロ フィ ツ、 / ユ い天体 開 地球 グラスのふちを回る 輝 け る 夏 開 対談、酉について ( 吉行淳之介共著 ) 食卓は笑う ワ ン手帖 ( 監修 ) 街に彦材くあった頃 ( 吉行淳之介共著 ) 破れた繭耳の物語 陽炎耳の物語 * * 閉 影の カバー印刷錦明印刷

5. パニック・裸の王様 (新潮文庫)

パニック・裸の王様 276 煉瓦をおろし、砂漠へ行こう。 ( 「中央公論」文芸特集号、昭和三十四年一月 )

6. パニック・裸の王様 (新潮文庫)

パニック・裸の王様

7. パニック・裸の王様 (新潮文庫)

パニック・裸の王様 ロロ 除籍済 ( 再活用図書 ) リサイクル資料ー 1 レ

8. イラストで読むギリシア神話の神々

参考文献 へシオドス アホロドーロス ホメロス ホメロス ホメロス ホメロス ヒュギーヌス オウイデイウス オウイデイウス 呉茂ー 呉茂ー トマス・プルフィンチ 高津春繁 松島道也 松島道也・岡部紘三 藤村シシン マルコム・ディ 高津春繁 豊田和ニ監修 ヒ。工ール・グリマル 西村賀子 アレクサンドル・ファルヌー 中山公男・高階秀爾 伊藤直子 工リカ・ラングミュア 千足伸行監修 早坂優子 諸川春樹・利倉隆 里中満智子 里中満智子 里中満智子 里中満智子 里中満智子 里中満智子 里中満智子 里中満智子 「神統記」廣川洋一訳岩波文庫 1984 年 「ギリシア神話」高津春繁訳岩波文庫 1978 年 イリアス ( 上 ) 」松平千秋訳岩波文庫 1992 年 イリアス ( 下 ) 」松平千秋訳岩波文庫 1992 年 「オデュッセイア ( 上 ) 」松平千秋訳岩波文庫 1994 年 「オデュッセイア ( 下 ) 」松平千秋訳岩波文庫 1994 年 「ギリシア神話集」松田治・青山照男訳講談社学術文庫 「変身物語 ( 上 ) 」中村善也訳岩波文庫 1981 年 「変身物語 ( 下 ) 」中村善也訳岩波文庫 1984 年 「ギリシア神話 ( 上 ) 」新潮文庫 1979 年 「ギリシア神話 ( 下 ) 」新潮文庫 1979 年 2005 年 「ギリシア・ローマ神話ー付インド・北欧神話」野上弥生子訳岩波文庫 「ギリシア・ローマ神話辞典」岩波書店 1960 年 図説「ギリシア神話「神々の世界」篇」河出書房新社 2001 年 図説「ギリシア神話「英雄たちの世界」篇」河出書房新社 2002 年 「古代ギリシアのリアル」実業之日本社 2015 年 1978 年 図説「ギリシア・ローマ神話人物記絵画と家系図で描く 100 人の物語」山崎正浩訳 「ギリシア神話」岩波新書 1965 年 「図解雑学ギリシア神話」ナツメ社 2012 年 「ギリシア神話」高津春繁訳白水社 1956 年 「キリシア神話神々と英雄に出会う」中公新書 2005 年 知の再発見双書はメロスー史上最高の文学者」本村凌ニ監修創元社 2011 年 創元社 2011 年 全集美術の中の裸婦 2 「神話・ディアナと美神たち」集英社 1981 年 「ルカス・クラーナハ流行服を纏った聖女たちの誘惑」八坂書房 2016 年 「ナショナル・ギャラリー・ガイドーロンドン国立美術館への招待」同朋舎出版 「すぐわかるギリシア・ローマ神話の絵画』東京美術 2006 年 「神話の名シーン集ヴィーナスの片思い」視覚デサイン研究所 1995 年 「西洋絵画の主題物語く 2 〉神話編」美術出版社 1997 年 マンガギリシア神話 1 「オリュンポスの神々」中公文庫 2003 年 マンガギリシア神話 2 「アポロンの哀しみ」中公文庫 2003 年 マンガギリシア神話 3 「冥界のオルフエウス」中公文庫 2003 年 マンガギリシア神話 4 「悲劇の王オイデイプス」中公文庫 2004 年 マンガギリシア神話 5 「英雄ヘラクレス」中公文庫 2004 年 マンガギリシア神話 6 「激情の王女メディア」中公文庫 2004 年 マンガギリシア神話 7 「トロイの木馬」中公文庫 2004 年 マンガギリシア神話 8 「オデュッセウスの航海」中公文庫 2004 年 1996 年 嵎 5 ー参考文献

9. パニック・裸の王様 (新潮文庫)

治現象にまで拡大してゆく抜きさしならぬ過程に支えられている。それにくらべると、県庁 の山林課に勤務する主人公俊介がときどきもらす、ピラミッド型の堅固な組織のなかでの処 世に関する感慨などは、ほとんど取るに足りないたわごとのように思われる。 「裸の王様」では、作者は打算と偽善と虚栄と迎合にみちた社会のなかで、ほとんど圧殺さ れかかっている生命の救出を描いている。ネズミの群の巨大なエネルギーは、こんどはフン ほりばた ドシ一枚の裸の殿様を、松並木のある濠端を背景にして描いた子供の、深層心理のなかに移 されたわけである。このテーマは別に目新しくはない。北月 ー民次の「絵を描く子供たち」や、 王羽仁進の同じ題名をもっ映画のなかに、類似のテーマを発見することはたやすい。しかし、 裸ここでもまたこのテーマは一篇の現代寓話に昇華されている。そしてそのような寓話化が ク再び、組織と人間とか、秩序と生命とかいった図式にあてはめて解釈される主な原因をなし そばく ただひたむき 」ているのだが、作者はおそらく、単純素朴に、それこそ文字通り単純素朴に、 レ」・つけい に、狂暴な野性への産景を語っているにすぎないように思われる。ただ、眠れる生命をよび 覚された少年が、一枚の絵を描くほかにあのネズミのような活発な運動を起こさないため、 作品はとばロで終っているような観を呈している。しかし、「 パニック」と「裸の王様」を 並べてみれば、外部の運動と内部の運動を描く一一様のスタイルの根底に、同じ一つの志向が 横たわっていることが直ちに感知されるだろう。つまり人力をもってしてはいかんともし難 か い不可抗の自然の暴威や、人間の自律性をすべて咬み砕きつつ進む巨大なメカニズムの自転 ものすご きようたん 運動が内蔵する物理的エネルギーの物凄さに驚歎し、戦凍し、感動すると同時に、開高健は がた

10. 裸の王様・流亡記 (角川文庫)

。裸の王様・流亡記 裸の様・流亡記ッ 開高健 角川文庫 開高健作品集 裸の王様・流亡記 日本三文オペラ ロビンソンの末裔 岸辺の祭り 片隅の迷路 見た・揺れた・笑われた 白し ) ー、 白いページⅡ 白し ) ー、 ジⅢ 悠々として急げ 渚から来るもの あかでみあめらんこりあ 食後の花束 ALL MY TOMORROWS I ALL MY TOMORROWS Ⅱ ALL MY TOMORROWS Ⅲ ALL MY TOMORROWSIV I S B N 4 - 0 4 -1 2 4 2 0 1 ー 0 C 0 1 9 3 P 5 5 0 E 定価 350 円 ( 本体 340 円 ) 裸の王様・流亡記 幼児の絵画教育をテーマにして、 かたく閉ざされた子供のコンプレッ クスをくだき、そこから自由に生き 生きとした人間性を引き出すプロセ スを描いた「裸の王様」 ( 芥川賞受賞 作 ) 。秦の始皇帝の日赫に、万里の長城 建設に使役された一庶民を主人公に 巨大な政治権力の中に生きる人間を、 非情に、現代的に描いた「流亡記」ほ か 2 篇を収む。 野性時代 》・。っ◆の 開高健 時代を開拓する冒険心に満ちたエンターティンメ ントとドキュメントの合文芸誌。毎月 24 日発売 350 角川文庫 カバーデサイン / 岡村元夫 カバー旭印刷