検索 - みる会図書館

検索対象: 海猫 下巻

海猫 下巻から 394件ヒットしました。

海猫 下巻


新 海 潮 文 庫 下 巻 谷 村 志 穂 著 新 0 0 潮 社 乃 16 版

海猫 下巻


こ の 作 品 は 二 〇 〇 二 年 九 月 新 潮 社 よ り 刊 行 さ れ た 。

海猫 下巻


豸 苗 ( 下 ) た - 79 - 2 海 新 潮 文 庫 0 平 成 十 六 年 九 月 一 日 発 行 平 成 十 六 年 十 月 五 日 四 刷 む ら 著 者 谷 村 志 穂 6 発 行 者 佐 藤 隆 信 藤 本 発 行 所 株 新 潮 社 製 社 会 郵 便 番 号 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 七 一 編 集 部 ( 〇 一 一 l) 三 二 六 六 ー 五 四 四 〇 紕 e 電 話 読 者 係 ( 〇 一 一 l) 三 一 一 六 六 ー 五 一 一 一 晃 面 http://www.shinchosha.co.jp 価 格 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 乱 丁 ・ 落 丁 本 は 、 ご 面 倒 で す が 小 社 読 者 係 宛 ご 送 付 く だ さ い 。 送 料 小 社 負 担 に て お 取 替 え い た し ま す 。 た に し

海猫 下巻


大 男 の 上 に 被 い か ぶ さ る 。 ロ シ ア の 血 を 受 け 継 い で い る 薫 が 、 裸 の ま ま 、 冷 た く 濡 れ た ロ シ ア 男 の 上 に 乗 っ て 「 神 様 、 ど う か こ の 人 を 助 け て あ げ て 下 さ い 、 と 祈 る 。 同 時 に 義 弟 を 愛 し て し ま っ た 自 分 自 身 の 助 け を 天 に 乞 う の で あ る 死 に か け て い る ロ シ ア 男 の 上 に 乗 っ て い る 薫 の 裸 体 を 通 し て 、 『 海 猫 』 と い う 作 品 全 体 か ら 嗅 ぎ と れ る 性 の 香 り が 、 馥 郁 と 漂 っ て く る 。 許 さ れ な い 恋 の さ な か に あ る 女 の 、 に お き よ う じ ん 強 靱 な 性 と 生 命 力 を 匂 わ せ て 、 こ の シ ー ン は 長 く 読 者 の 記 憶 に 残 さ れ る だ ろ う 。 一 部 の 作 家 に は 、 そ の 生 涯 を 通 し て 、 ま こ と に 不 思 議 な 転 機 の 時 、 と い う も の が 訪 れ よ う え ん 谷 す 志 穂 に る 。 熟 し た 果 実 が 優 雅 で 妖 艶 な 、 力 強 い 芳 香 を 放 っ 瞬 間 、 と 言 っ て も い い 。 , 本 と っ て は 、 本 書 『 海 猫 』 を 書 き 上 げ た 瞬 間 、 と い う の が そ れ に 該 当 し た の だ と 思 う 。 解 作 者 が 架 空 の 登 場 人 物 と し て 生 み 出 し 、 命 を 吹 き こ ん で 活 き 活 き と 息 づ か せ た 薫 と い ひ る が え う 女 性 こ そ が 、 翻 っ て 作 者 本 人 に 向 か っ て 新 た な 力 を 与 え た に 違 い な い 。 本 書 『 海 猫 』 は 第 十 回 島 清 恋 愛 文 学 賞 に 輝 い て い る 。 三 〇 〇 四 年 六 月 、 作 家 ) 391 お お こ

海猫 下巻


海 〈 ま だ 見 ぬ 君 よ か な た こ の 海 の 彼 方 か ら 今 懸 命 に こ の 朝 焼 け に 向 か っ て 歩 ん で 来 よ う と し て い る 君 よ 真 新 し い 愛 と 出 会 い に ひ と か け ら 僕 ら す べ て と 一 欠 片 の 苦 し み を 分 か ち 合 い に 猫 そ し て 清 ら か な 母 の 潮 に 出 会 い に こ の 荒 ぶ る 海 の 水 面 に 現 れ 出 よ 〉 小 寺 は 、 握 り 飯 を 食 べ 終 え る と 、 潮 の 音 に 包 ま れ な が ら 眠 っ て し ま っ た よ う だ っ た 。 先 ほ ど ま で 水 平 線 か ら 半 分 だ け 顔 を 出 し て い た 朝 陽 が 完 全 に 姿 を 見 せ て 、 海 は 黄 金 色 に 輝 き だ し た 。 船 の 音 が 、 聞 こ え 始 め る 。 漁 師 た ち が 、 こ の 朝 も 、 す で に 漁 を 始 め て い る の で あ る 。 う ぶ ご え そ の 時 、 甲 高 い 産 声 が 、 青 い 屋 根 の 家 か ら 大 き く 漏 れ た 。 美 哉 と 修 介 が 見 つ め 合 っ た 。 美 哉 は ふ た た び 胸 の 十 字 架 に 手 を あ て た 。 「 主 イ エ ス 様 、 あ り が と う 」 358

海猫 下巻


猫 ま だ 建 物 が 新 し い こ と を 伝 え て い た 。 〈 札 幌 に も 、 ハ リ ス ト ス 正 教 会 が あ る の は ご 存 知 で す か ? 〉 今 朝 、 新 聞 を 読 ん で い る う ち に 見 つ け た 読 者 か ら の 投 稿 だ っ た 。 シ ョ ル ダ 1 バ ッ グ の 中 に お さ め た 文 庫 本 を 開 く と 、 折 り 畳 ん で あ っ た 新 聞 の 切 り 抜 き が 現 れ る 。 た ま ね ぎ 〈 函 館 出 身 の 私 は 、 信 者 と い う わ け で は な い の で す が 、 よ く 丘 の 上 に あ る あ の 玉 葱 の よ う な 頭 の 屋 根 を 見 て 、 鐘 の 音 を 聞 い て 育 ち ま し た 。 私 の 中 の 大 切 な 風 景 の 一 つ で し た 。 夫 の 転 勤 で 札 幌 に 来 て か ら は 、 方 一 言 も な か な か 消 す こ と が 出 来 ず 、 函 館 に 戻 る 機 会 も ふ く ず み ほ と ん ど な く 寂 し い 思 い を し て い ま し た が 、 先 日 偶 然 通 り か か っ た 福 住 で 、 同 じ 青 緑 色 の 玉 葱 帽 子 の よ う な 屋 根 を 見 つ け た の で す 。 そ こ に は 、 札 幌 ハ リ ス ト ス 正 教 会 ( 顕 た た す 海 栄 聖 堂 ) と 書 い て あ り ま し た 。 中 へ 入 っ た わ け で は な い の で す が 、 そ の 佇 ま い の 向 こ な っ う に 、 函 館 の 海 が 広 が っ て い る よ う で 、 私 は と て も 懐 か し さ を 覚 え ま し た 〉 福 住 と い う 町 も 、 美 輝 に は 馴 染 み が な か っ た 。 美 輝 の 旅 は ま だ 続 い て い た 。 じ っ と し て い る こ と が で き ず 、 修 介 を 送 り だ す と す ぐ に 一 人 で や っ て 来 た の だ っ た 。 地 下 鉄 を 乗 り 継 い で や っ て 来 た こ こ は 、 羊 ヶ 丘 の 程 近 く 、 豊 平 区 の 一 角 に 位 置 す る ら

海猫 下巻


か ら 体 拭 い て 温 っ た め ま す か ら 」 こ の 家 で 、 遭 難 し か け た 男 が 、 女 に よ っ て 温 め ら れ る の は 、 は じ め て で は な か っ た 。 か っ て は 、 難 破 船 で 打 ち 寄 せ ら れ た ロ シ ア 人 の 白 く て 大 き な 体 が 、 裸 の 薫 の 熱 で 一 晩 中 温 め ら れ た の だ っ た 。 薫 の 肌 が そ の 気 恥 ず か し さ の 中 に 赤 く 染 ま っ て い っ た よ う に 、 玄 関 に 一 人 の こ さ れ た 美 輝 の 大 き な 目 に は 、 潮 が 満 ち て い っ た 。 熱 い 涙 が 溢 れ 出 し 、 体 が 小 刻 み に 震 え て 、 美 輝 は 靴 箱 の 上 に 白 い 手 を 置 い た 。 猫 「 お 姉 ち ゃ ん 」 後 ろ か ら そ っ と 近 付 き 肩 を 抱 い た の は 美 哉 だ っ た 。 「 私 た ち の お 母 さ ん が 、 海 猫 に な っ て 、 守 っ て く れ た っ て 」 と 、 美 哉 は 無 邪 気 に ロ に し 海 「 あ の 人 と 、 会 わ せ て く れ た の よ 」 美 輝 は 、 そ う ロ に す る 妹 を 振 り 払 う と 、 一 人 で 涙 を 拭 い な が ら 浜 へ 出 た 。 冷 た い 夜 の 空 気 の 中 で 、 頬 が 冷 や さ れ て い く よ う だ っ た 。 空 の 端 に 浮 か ん だ 月 が 、 今 は 冴 え 冴 え と 暗 幕 の か か っ た よ う な 海 を 照 ら し て い た 。 海 は 恐 ろ し い 。 で も 私 は 、 こ こ で 生 ま れ た ん だ 。 母 や 父 や 母 が 愛 し た と い う も う 一 人 の 男 の 腕 に 幾 度 も 抱 か れ て ー ー ー そ れ も 、 孝 志 が 話 し て く れ た の だ っ た 。 「 広 次 さ ん は 、 お ま え の こ と 、 ず っ と 抱 い て た よ あ ふ

海猫 下巻


「 ね え 、 あ ん た 触 っ て ご ら ん 。 わ か る で し よ 、 こ れ が あ た し の 胸 邦 一 は 、 ゆ っ く り 、 そ の 少 し 湿 っ た よ う な 弾 力 の あ る 胸 を 揉 み し だ く と 、 啓 子 の 顔 を し わ の そ 改 め て 覗 き 込 ん だ 。 も は や 色 黒 の 肌 に は 皺 が 深 く 刻 ま れ 始 め 、 く た び れ て い た 。 だ が こ ん な に 安 心 し て 、 自 分 は 女 を 抱 け る の だ と 、 な ぜ か 深 く 感 じ 入 っ て い た 。 そ し て 、 自 分 の 体 の 中 央 に そ そ り 立 つ も の を 感 じ た 。 「 今 ま で 、 ご め ん な 、 啓 子 」 猫 そ の 晩 、 二 人 は 、 体 を ぶ つ け 合 っ た 。 啓 子 は 何 度 も 果 て て 、 そ の 上 さ ら に 邦 一 の 裸 の 胸 に し が み つ く よ う に 眠 っ た 。 こ の 甘 美 の 裏 側 で 、 邦 一 と い う 男 が 、 も し も 本 当 に 恐 ろ し い こ と を し た と い う の な ら 、 そ れ で も い い と 啓 子 は 思 っ た 。 起 き て み る と 、 夫 は す で に 暗 い 海 に 出 て い た 。 海 啓 子 は 、 新 妻 の よ う に 赤 い 口 紅 を 引 き 、 台 所 に 立 っ 用 意 を す る と 、 函 館 に 発 っ 準 備 を 始 め た 。 160 赤 い 星 の 兵 士 恵 迪 寮 の 食 堂 で は 、 午 前 の 一 時 を 前 に 、 当 番 が 腕 時 計 を 見 て カ ウ ン ト を と り 始 め る 。 に い づ ま

海猫 下巻


漁 協 で は 人 が 集 ま り 大 騒 ぎ に な っ て い た 。 「 遭 難 し て い る の は 、 亀 印 だ ど 「 ど こ へ 出 た 。 鰊 だ べ ー 「 無 線 入 っ た の は 何 時 だ 」 「 早 く し な い と 、 間 に 合 わ ね 。 と に か く み ん な カ ン テ ラ つ け て 、 船 出 せ 」 猫 「 お う 」 薄 暮 の 浜 か ら 船 が 一 斉 に 、 速 度 を 上 げ て 出 て い く 。 ア ノ ラ ッ ク を 着 た 啓 子 の 横 に は 、 美 哉 が 立 っ て 、 啓 子 の 肩 を 抱 き し め て い た 。 美 哉 は も う 一 方 の 手 で 十 字 架 を 握 り し め て 海 「 主 イ エ ス 、 光 を 下 さ い 。 海 に 光 の 道 を 、 お 与 え 下 さ い ー 何 度 も そ う 呟 き 続 け て い た 。 一 方 姉 の 美 輝 は 、 「 私 は こ こ に 残 る 」 と 部 屋 に 座 っ た ま ま だ っ た 。 混 乱 す る 意 識 の 中 で 、 美 輝 は バ ッ グ か ら 文 庫 本 に 挟 ん だ 邦 一 の 手 紙 を 取 り 出 し て い た 。 き ち ょ う め ん 几 帳 面 な 四 角 い 文 字 に 指 で 触 れ た 〈 今 は 私 は あ な た に も う 一 度 会 い た い 。 あ な た に も 、 美 哉 さ ん に も 、 会 っ て み た い 〉 会 っ て 、 何 が し た か っ た の ? お 父 さ ん 、 あ な た は 私 に 何 を 訊 き た か っ た の ? 346 つ ぶ や

海猫 下巻


そ の 光 景 は 、 ま た 激 し く 修 介 の 心 を 感 動 さ せ た 。 ま る で 、 『 フ ラ ン ダ ー ス の 大 』 の ラ ス ト シ ー ン の よ う だ 。 一 枚 の 絵 を 前 に 眠 る 、 ネ ロ 少 年 と 大 。 あ ご そ れ に し て も 安 ら か な 、 美 輝 の 寝 顔 。 陶 器 の よ う に 滑 ら か な 頬 か ら 顎 に か け て の 線 、 こ 、 つ ご う ま ゆ 形 の い い 豊 か な 眉 、 切 れ 長 の 目 、 つ ん と 尖 っ た 鼻 先 、 な ん と 神 々 し い の だ ろ う 。 停 車 し た 自 転 車 の 後 ろ の 車 輪 だ け が か ら か ら と 回 る 音 を 立 て て い る と 、 ウ オ ン と 、 サ ス ケ が 吠 え た 。 愛 「 あ 、 シ ュ ウ ス ケ 」 の と 、 寝 て い て ば つ が 悪 か っ た の か 、 美 輝 が 肩 を 竦 め た 。 氷 流 「 呼 び 出 し て 、 ご め ん ね 」 章 そ の 様 子 も 、 修 介 の 心 を く す ぐ っ た 。 第 「 い や い や 、 こ ん な 呼 び 出 し は 大 歓 迎 で す , い た ず . ら 「 誰 が や っ た の か 知 ら な い け ど 、 サ ス ケ が ね 、 全 身 に ペ ン キ で 悪 戯 書 き さ れ て た の よ 。 か わ い そ う 可 哀 相 に 、 う ち の 部 室 の 前 を よ れ よ れ 歩 い て い た の よ 。 私 、 家 に 連 れ 帰 っ て 、 一 緒 に シ ャ ン プ ー し て 洗 っ て あ げ た の 。 そ う し た ら 、 こ ん な 時 間 に な っ て し ま っ た の 」 「 一 緒 に 、 シ ャ ン プ 1 ! 君 は 裸 で ? 「 当 た り 前 で す 」 「 サ ス ケ ー 。 お い 、 話 せ 、 話 し て ご ら ん 、 ど ん な だ っ た ? 」 165 が