検索 - みる会図書館

検索対象: フリーターズフリー 03号

フリーターズフリー 03号から 36件ヒットしました。

フリーターズフリー 03号


フ リ - タ フ リ - 03

フリーターズフリー 03号


〔 注 〕 ( 1 ) 北 村 ( 2009 ) に よ れ ば 、 「 道 頓 堀 川 ホ ー ム レ ス 殺 人 事 Tsunashima, H. 20 一 2. ゝ 、 ~ ゝ 、 、 、 「 ミ 、 ぎ 、 一 . 一 。 fAg 「 一 ・ 。 ミ き 「 ミ 麦 件 」 の 「 加 害 者 ー が 、 「 ホ ー ム レ ス の 人 を 見 て い る と 、 ま る し き ミ ミ 、 ミ ぼ 、 Koya 0 、 ゝ き ミ P ミ ト 』 h, ln 4 , Rubi 望 で い じ め ら れ て い た こ ろ の 自 分 を 見 る よ う で 、 腹 が 立 っ た 。 」 Enterprise. 希 「 や り 返 し た ら ど う や わ ん 。 ー と い う 言 葉 を 発 し て い た 。 「 や の へ し 」 い , フ り 返 さ な い 」 ク 正 し さ ク に 自 分 は 追 い つ け な い と 感 じ ュ ヌ ス 、 ム ハ ン マ ド 2 0 0 7 、 猪 熊 弘 子 訳 2 0 0 8 「 貧 困 の た 「 加 害 者 」 の 苛 立 ち が 表 現 さ れ て い る 。 若 者 に よ る 襲 撃 と 、 な い 世 界 を 作 る ー ソ ー シ ャ ル ・ ビ ジ ネ ス と 新 し い 資 本 主 義 自 「 大 人 に よ る 排 除 が 同 一 の 論 理 で 行 わ れ て き た こ と は 、 多 ー 」 早 川 書 房 く の 論 者 が 指 摘 し て き た と お り で あ る 。 津 野 幸 人 19 9 5 」 ( 2 ) 前 編 参 照 。 山 漁 村 文 化 協 会 ( 3 ) 『 現 代 農 業 』 2007 年 5 月 増 刊 号 「 貧 乏 で も 楽 し く 遊 柴 谷 篤 弘 1998 『 反 科 学 論 ー ひ と つ の 知 識 ・ ひ と つ の 学 問 べ る 街 を 自 治 と リ サ イ ク ル で つ く る 」 。 を 目 指 し て 」 筑 摩 書 房 ( 4 ) 日 本 学 生 支 援 民 構 ( 旧 日 本 育 英 会 ) の 奨 学 金 返 還 特 別 池 田 清 彦 2006 『 科 学 は ど こ ま で い く の か 』 筑 摩 書 房 返 済 免 除 制 度 。 2 0 03 年 度 ま で に 大 学 院 に 入 学 し た 奨 学 生 に 適 用 さ れ て い る 。 水 月 昭 道 2007 『 高 学 歴 ワ ー キ ン グ プ ア ー 「 フ リ ー タ ー 生 産 工 場 」 と し て の 大 学 院 」 光 文 社 〔 文 献 〕 山 森 亮 2 0 0 9 『 べ ー シ ッ ク ・ イ ン カ ム 入 門 ー 無 条 件 給 付 の 北 村 年 子 2009 『 「 ホ ー ム レ ス 」 襲 撃 事 件 と 子 ど も た ち ー 基 本 所 得 を 考 え る 』 光 文 社 い じ め の 連 鎖 を 断 っ た め に 』 太 郎 次 郎 社 エ デ イ タ ス 『 ハ さ い 農 業 ー 山 間 地 農 村 か ら の 探 究 』 農 147

フリーターズフリー 03号


こ ろ 、 運 動 は 「 や れ ば や れ ほ ど 苦 し く か ど う か が 決 定 的 な 事 な の か も し れ ま そ れ こ そ 暴 力 を 振 る う 人 に は 相 手 は 人 な る . と し か 思 え ず 、 運 動 に 求 め ら れ せ ん 。 と し て 映 ら な い と 、 し い ま す か 。 ホ ー ム る 可 能 性 が ど こ に あ る の か 、 残 念 な が 生 田 武 志 レ ス つ ま り は 「 家 を 失 う 」 経 験 を し た 復 、 ら 一 ほ ′ 、 に ~ 、 も ト 6 ′ \ 、 わ か -6 , 3 せ 「 ル 。 ・ ほ / \ 03 ゝ 3Z20 一 4 人 へ の 、 あ る い は ア ス ベ ス ト 除 去 作 業 往 「 フ リ ー タ ー ズ フ リ 3 号 」 で 栗 田 さ を 行 う 人 へ の 暴 力 と は 、 い わ ば 人 で は の ん よ り も 動 け て い る の は 「 傷 が 浅 い 」 栗 田 で す 。 な い と み な し た か ら こ そ の 、 暴 力 と 一 言 し し J か む し ろ 加 害 者 側 で あ る た け か も し れ っ て い い の で は な い で し よ う か き ま せ ん が 、 た だ 同 時 に 、 こ の 「 3 号 」 生 田 さ ん が 、 「 な せ 人 が 人 に 対 し て し か し 、 私 自 身 、 こ の こ と に そ れ 書 に 意 義 が あ る と い , っ 確 信 も あ る か ら で こ の よ う な ふ る ま い を 平 然 と し て し ま ほ ど 驚 き を 持 ち ま せ ん 。 女 性 は ま た 、 す 。 う か 」 と い う 問 い を す る 際 に 、 そ れ が 独 特 の 仕 方 で 人 間 と み な さ れ な い 事 が シ モ ー ヌ ・ ヴ ェ イ ユ は 「 美 に は 訴 え 「 人 が 人 に 対 し て 」 と い う 言 葉 で い し 多 い か ら で す 。 子 ど も を 産 む 機 械 と 表 か け る 力 が あ る 」 と 言 い 、 そ れ を 「 あ え る の た ろ う か ~ と 思 い ま す 。 す く な 現 し た 大 臣 も か っ て い ま し た 。 電 車 の た か も 一 匹 の 大 が 、 カ 尽 き て 雪 の な か く と も 、 そ の 暴 力 を 振 る っ て い る と き な か で 行 わ れ る 性 犯 罪 は 、 女 性 を 人 間 に 倒 れ た 主 人 の も と へ 人 々 を よ び よ せ に 、 そ の 相 手 を 「 人 」 と し て 思 っ て い と し て で は な く 「 反 応 す る 身 体 」 と し る の で し よ う か る た め に 吠 え 続 け る よ う に 」 と 言 っ て て み な す か ら こ そ 行 わ れ る と い わ れ ま い ま し た 。 唐 突 な 比 喩 で す が 、 そ れ で 「 不 幸 は 何 よ り も 無 名 な も の で 、 捉 す 。 そ し て そ の よ う な 犯 罪 の 被 害 に 私 も そ の 比 喩 に は 「 訴 え か け る 力 が 」 あ え た 人 々 か ら 人 格 性 を 奪 っ て 、 そ の 自 身 も あ っ て ま す 。 つ ま り 、 こ の 日 本 り ま す 。 つ ま り 、 ぼ く た ち は 、 自 分 の 人 々 を 物 に し て し ま う 。 不 幸 は 無 関 心 で 女 性 と し て 生 き る こ と は 、 自 分 の 存 た め で は な く 「 倒 れ た 主 人 」 を 助 け る で あ っ て 、 不 幸 に 触 れ る す べ て の 人 々 在 が 「 物 」 と み な さ れ る 現 実 に 折 々 遭 た め 、 あ わ て ふ た め い て 「 吠 え 続 け る 」 を 魂 の 底 ま で 凍 ら せ る の は 、 こ の 無 関 遇 す る の で す 。 こ と で 一 生 を 費 や し て い る の で は な い 心 の 冷 た さ で あ り 、 こ れ は 金 属 の よ う ま た 、 私 は 派 遣 社 員 と し て 働 い て き か と 思 い ま す 。 そ こ で は 、 「 助 け た い 」 な 冷 た さ た 」 と ヴ ェ イ ユ は 「 神 へ の 愛 ま し た が 、 派 遣 社 員 で 働 く 場 合 、 下 手 と 思 え る 誰 か が こ の 世 界 の な か に い る と 不 幸 」 で 語 っ て い た と 思 い ま す が 、 す る と そ の 賃 金 は 職 場 の 経 理 の な か で 279

フリーターズフリー 03号


フ リ ー タ ー ズ フ リ ー 3 号 の テ 1 マ は 「 反 貧 困 運 動 と 自 立 支 援 」 で す 。 フ リ ー タ 1 ズ フ リ 】 か 創 刊 号 を 刊 行 し た 2007 年 は 、 反 貧 困 ネ ッ ト ワ ] ク が 結 成 さ れ 、 2 号 を 刊 行 し た 2008 年 の 年 末 に は 「 年 越 し 派 遣 村 、 が 作 ら れ 、 特 に 「 派 遣 村 ー に つ い て は 大 き く 報 道 さ れ ま し た 。 こ う し て 、 フ リ ー タ ー ズ フ リ ー は 「 反 貧 困 」 運 動 の 展 開 と ち ょ う ど 同 時 に 活 動 し て き た の で す 。 ! 」 と い う 問 題 を 突 き つ け 、 社 確 か に 、 反 貧 困 運 動 は 「 こ の 豊 か な ( ? ) 日 本 に も 貧 困 が あ っ た 会 に 様 々 な イ ン パ ク ト を 与 え ま し た 。 け れ ど も 、 2014 年 の い ま あ ら た め て ま わ り を 見 て み る と 、 事 態 は む し ろ 大 き く 悪 化 し て し ま い ま し た 。 ま ず 、 フ リ ー タ ー を は じ め と す る 非 正 規 雇 用 の 労 働 者 一 部 の 、 も と も と お 金 持 ち だ っ た は 増 え 、 生 活 保 護 利 用 者 も 増 え 、 プ ラ ッ ク 企 業 ま で 激 増 し : 個 人 的 に 能 力 が あ る 人 た ち は な ん と か な っ て ま す が 、 そ れ 以 外 の 人 に は 「 普 通 に 生 き て い く 」 フ リ 】 タ 】 ズ フ リ ー 5 号 へ よ - っ こ そ わ た し た ち の 現 在 地

フリーターズフリー 03号


た 貴 重 な 試 み と し て 、 中 野 冬 美 さ ん へ の イ ン タ ビ ュ ] 「 共 同 保 育 と い う 試 み 」 、 そ し て 小 柳 伸 顕 さ ん 、 「 あ い り ん 小 中 学 校 ー の 子 ど も た ち と ケ ー ス 岡 繁 樹 さ ん へ の イ ン タ ビ ュ ー 「 教 育 と 福 祉 の 間 で ワ ー カ ー 」 で 様 々 な こ と を 伺 い ま し た 。 そ れ ぞ れ に つ い て 、 類 例 の な い 貴 重 な 記 録 に な っ て い る と 思 い ま す 。 生 田 武 志 の 「 反 貧 困 運 動 と 自 立 支 援 ー そ れ は 何 か ら の 自 立 な の か ? 」 は 、 こ の 3 号 の テ ー マ を め ぐ る 論 考 で 、 同 時 に フ リ ー タ ー ズ フ リ 】 創 刊 号 の 「 フ リ ー タ ] 北 ニ ] ト 非 ホ ー ム レ ス ー ー ポ ス ト エ 業 化 日 本 社 会 の 若 年 労 働 ・ 家 族 ・ ジ ェ ン ダ ー 」 の 再 検 討 と 批 判 を 行 な う も の に も な っ て い ま す 。 そ し て 、 イ ラ ス ト は 、 創 刊 号 で 表 紙 を 書 い て い た だ い た 前 田 ポ ケ ッ ト さ ん 、 2 号 で 表 紙 を 書 い て 、 こ だ い た 壱 花 花 に 再 度 登 場 し て い た だ き ま し た 。 あ り か と う ご ざ い ま す ー 最 後 は 、 生 田 武 志 と 栗 田 隆 子 の 往 復 書 簡 に よ る 後 書 き で す 。 ご 覧 の 通 り 、 フ リ ー タ ー ズ フ リ ー 結 末 に 至 る 苦 し み が テ ー マ に な っ て い ま す 。 さ て 、 な ん と 言 う か 、 こ の 3 号 の 発 行 の た め に わ た し た ち は 本 当 に 力 を 振 り 絞 り ま し た 。 そ れ は こ の 「 後 書 き 」 を 見 て し オ オ ー 、 こ 、 、 こ ナ れ ば お わ か り た と 思 い ま す 。 も う 、 こ れ 以 上 は 本 当 に 無 理 で す 。 し た た い た み な さ ん 、 執 筆 者 の み な さ ん 、 数 え あ げ ら れ ま せ ん が 、 多 読 者 の み な さ ん 、 協 力 し て 、 く の み な さ ん 、 本 当 に フ リ ー タ ー ズ フ リ 】 の た め に あ り が と う ご ざ い ま し た 。 わ た し た ち の 最 後 の 仕 事 を ご 覧 下 さ い フ リ ー タ ー ズ フ リ ー 3 号 へ よ う こ そ

フリーターズフリー 03号


こ 」 ど は 、 0 け た 鍋 コ 奩 ま し ス こ 往 h き を ポ ( え る つ ミ に せ 、 コ 肥 を 異 マ 。 土 に サ 一 る 園 菜 ア 2 ー ト の 軒 下 に 、 一 6 」 マ し 発 泡 ス 萼 ロ 心 爪 さ な 某 園 囀 ら っ も 、 し か し C¯ ミ ・ マ , 目 、 不 コ ト き を 乍 っ マ ア し 鳬 し ⅵ て も 「 マ 。 5 「 ト 7 。 さ ト 0 勹 マ 友 た に 支 え ら て ロ と か 自 立 し マ い ま イ こ う し 2 き た 、 非 的 な 一 日 透 過 ご し マ し き う 6 ど に 。 せ 7 表 置 に ( C 1 前 田 ポ ケ ッ ト 「 ア バ ー ト 101 号 室 、 六 畳 ー 間 の 自 立 対 策 」 131

フリーターズフリー 03号


る ) 」 い ・ つ , 」 レ 」 で 亠 9 。 タ ス フ リ ー は 、 「 社 会 を 開 一 層 必 要 と さ れ る で し よ う 。 そ の 作 簡 フ リ ー タ 】 、 不 安 定 雇 用 、 そ し て 貧 き 」 、 別 の 社 会 の 在 り 方 の 可 能 性 の 一 業 を 担 う 人 々 に 、 フ リ ー タ ー ズ フ リ ー 困 問 題 は フ リ ー タ ー ズ フ リ ー 発 足 の つ で あ ろ う と し ま し た 。 し か し 、 栗 田 1 号 、 2 号 、 3 号 を 一 つ の 先 例 と し て 、 2007 年 か ら 見 て 、 更 に 悪 化 し て き さ ん が 言 う よ う に 、 「 多 く の 運 動 団 体 以 前 言 っ た 譬 え で は 「 捨 て 石 」 と し て 往 ま し た 。 ド の ョ 正 規 雇 用 が 更 に 激 増 し 、 正 が こ ど り か ち な 分 裂 と い う 道 を フ 1 残 し て い け れ ば い 、 し と 思 い ま す 。 規 雇 用 で も 「 プ ラ ッ ク 企 業 」 が 問 題 化 タ 】 ズ フ リ ー も 歩 ん た 、 そ し て そ こ に 今 書 い て い る 栗 田 さ ん へ 向 け た こ の し し 、 結 局 「 右 を 見 て も 左 を 見 て も 」 プ は 性 差 別 が 存 在 し て い た 」 「 そ の こ と 文 章 で 、 フ リ ー タ ー ズ フ リ ー の コ ン テ と ラ ッ ク 、 つ ま り 真 っ 暗 な 状 態 に な っ て に 私 は や は り ほ ん と う に 疲 れ て し ま っ ン ツ は す べ て 終 了 で す 。 こ れ に よ っ て 、 書 し ま っ て い ま す 。 た の だ な 」 と い う 事 態 に な り ま し た 。 後 ぼ く た ち は 別 の ス テ ー ジ に 向 け て 動 く 2014 年 半 ば の 現 在 、 野 宿 者 数 は ぼ く に と っ て は 、 3 号 発 行 は 茨 の 道 で 、 , 」 と に な ら ・ ま 亠 9 。 , 」 , っ し て 「 3 号 と 相 当 に 減 っ て い ま す 。 「 捜 せ ば ・ ハ イ ト は 「 こ ん な 苦 労 は 2 度 と し た く な い 」 と い い う 形 で 区 切 り を つ け る こ と が で き た あ る 」 状 態 で 、 低 賃 金 と は い え 、 な ん う の が 本 当 の と こ ろ で す 。 こ ん な こ と こ と 自 体 は 良 か っ た と 感 じ て い ま す 。 と か み ん な 必 死 に 暮 ら し て い る の で し と わ か っ て い れ ば 、 発 行 を 考 え な か っ あ ら た め て 、 原 稿 執 筆 者 の み な さ ん 、 た で し ょ ・ つ 。 よ う か 。 し か し 、 い ず れ 景 気 が 悪 化 す た だ 、 こ の 誌 面 で 紹 介 さ 発 一 言 者 の み な さ ん 、 栗 田 さ ん 、 本 を 読 れ ば そ の と た ん 、 再 び 「 派 遣 切 り 」 「 パ れ て い る 執 筆 者 、 発 言 者 の 声 を 無 に に ん で く だ さ っ た 皆 さ ん 、 を 支 え て イ ト 切 り 」 の 嵐 が 再 現 さ れ る で し よ う 。 す る こ と は で き な い 、 出 さ な け れ ば と く た さ っ た 皆 さ ん 。 あ り か と , つ ご ざ 、 派 遣 法 間 題 を は じ め 、 ・ ハ ッ ク ラ ッ シ ・ つ 思 い か ら こ こ ま で や っ て き ま し た 。 ま し た 。 深 く 感 謝 し 、 こ こ で み な さ ん ュ が 起 こ る 中 で 「 派 遣 村 っ て い っ た し こ の 3 号 は 、 フ リ ー タ ー ズ フ リ ー を に お 別 れ し た い と 思 い ま す 。 何 た っ た ん た 」 と い う こ と が 言 わ れ ま 終 わ ら せ る た め の 最 後 の 仕 事 で し た 。 生 田 武 志 し た 。 そ し て 、 そ れ と 同 じ よ う に 、 わ 今 言 う べ き こ と を 、 残 っ た 力 を 振 り 絞 05 ゝ 0Z20 】 4 れ わ れ に と っ て は 「 フ リ ー タ ー ズ フ リ っ て 編 纂 し 、 語 っ た と い う 感 じ が し ま す 。 ー が や っ た こ と は 何 だ っ た ん だ 」 と 、 フ リ ー タ ー ズ フ リ ー が そ う だ っ た 雑 う こ と が 問 わ れ る か も し れ ま せ ん 。 誌 の 発 行 、 当 事 者 に よ る 発 信 は 今 も よ 285

フリーターズフリー 03号


家 族 と は ? ー ー ・ 保 育 ・ 教 育 共 同 保 育 と い う 試 み 中 野 冬 美 イ ン タ ビ ュ ー 聞 き 手 【 生 田 武 志 、 栗 田 隆 子 教 育 と 福 祉 の 間 で ー ー ・ 「 あ い り ん 小 中 学 校 」 の 子 ど も た ち と ケ ー ス ワ ] カ ー 小 柳 伸 顕 、 岡 繁 樹 イ ン タ ビ ュ ] イ ラ ス ト 反 貧 困 運 動 と 自 立 支 援 ー ー そ れ は 何 か ら の 自 立 な の か ) 後 書 き と し て の 往 復 書 簡 ー ト 101 号 室 、 六 畳 一 間 の 自 立 対 策 自 律 へ の 希 望 後 編 イ ラ ス ト 生 田 武 ノ じ 、 栗 生 田 田 隆 武 子 志 268 184 聞 き 手 〕 生 田 武 志 3 壱 花 花 前 田 ポ ケ ッ ト 綱 島 洋 之 CO 4 壱 花 花 149

フリーターズフリー 03号


家 族 と は ? ー ー ・ 保 育 ・ 教 育 共 同 保 育 と い う 試 み 中 野 冬 美 イ ン タ ビ ュ ー 聞 き 手 【 生 田 武 志 、 栗 田 隆 子 教 育 と 福 祉 の 間 で ー ー ・ 「 あ い り ん 小 中 学 校 」 の 子 ど も た ち と ケ ー ス ワ ] カ ー 小 柳 伸 顕 、 岡 繁 樹 イ ン タ ビ ュ ] イ ラ ス ト 反 貧 困 運 動 と 自 立 支 援 ー ー そ れ は 何 か ら の 自 立 な の か ) 後 書 き と し て の 往 復 書 簡 ー ト 101 号 室 、 六 畳 一 間 の 自 立 対 策 自 律 へ の 希 望 後 編 イ ラ ス ト 生 田 武 ノ じ 、 栗 生 田 田 隆 武 子 志 268 184 聞 き 手 〕 生 田 武 志 3 壱 花 花 前 田 ポ ケ ッ ト 綱 島 洋 之 CO 4 壱 花 花 149

フリーターズフリー 03号


CONTENTS 共 同 討 議 「 自 立 」 そ し て 「 支 援 」 と は 何 か ー ー 反 貧 困 運 動 と 自 立 支 援 を か え り み る 山 下 耕 平 、 馬 野 骨 介 、 高 橋 淳 敏 、 野 崎 泰 伸 、 上 間 愛 、 生 田 武 志 、 栗 田 隆 子 フ リ ー タ ー ズ フ ケ ア そ し て 不 安 定 労 働 未 払 い 賃 金 を 取 り 戻 せ 介 護 事 業 所 編 大 学 の 非 正 規 ・ 海 外 の 貧 困 非 正 規 の 自 立 ー ー 大 学 労 働 の 経 験 か ら 考 え る 労 働 破 壊 と い う 「 津 波 」 に の ま れ て ー ー ・ ジ ャ ワ か ら 日 本 へ の 襲 来 リ ー 3 号 へ よ う こ そ わ た し た ち の 現 在 地 渡 邊 太 嶋 田 ミ カ 遙 矢 当 4