検索 - みる会図書館

検索対象: 全寮制男子校物語!【初恋篇】

全寮制男子校物語!【初恋篇】から 6件ヒットしました。

全寮制男子校物語!【初恋篇】


産 鯊 03.

全寮制男子校物語!【初恋篇】


つ な い だ 手 は や た ら 熱 か っ た 。 放 し た く な く な る ほ ど 熱 か っ た 。 理 久 は 自 分 が 少 し 狡 い こ と を 考 え て い る な と 感 し て い た 。 中 条 の 孤 独 に い つ べ ん に 反 応 し て し ま っ た 自 分 に 気 づ い て い た 。 気 づ か な い ふ り も 同 時 に し て い た 。 今 な ら 独 占 で き る 。 自 分 は こ の 年 上 の ( そ れ だ け で 特 別 な 感 し が す る ) 同 級 生 の 、 こ の 世 で 一 番 の 親 友 に な っ て や れ る 。 「 あ れ ? ギ シ ギ シ き し ん だ 音 を 立 て る 古 い 階 段 を 昇 り 、 一 一 階 の 端 か ら 一 一 番 目 ・ 一 一 〇 一 一 号 室 の 前 ま で 来 た と こ ろ で 、 理 久 が び た と 立 ち 止 ま っ た 。 つ な い で い た 手 が 外 れ て 、 中 条 が 顔 を 上 げ る 。 「 な に ? 「 な ん だ ろ こ れ ? 俺 の 名 札 ん と こ に 花 が 挿 し て あ る 」 ド ア 横 の 木 で 作 ら れ た 名 札 枠 に 手 を 伸 ば し 、 理 久 が そ の 花 を 手 に 取 っ た 。 緑 色 の 柔 ら か な 一 本 の 茎 か ら い く つ か に 茎 分 か れ し 、 そ の 先 に ば こ ば こ と 黄 色 の 小 花 が 鞠 の か た ま り よ う に 塊 に な っ て い る 。 理 久 は 一 一 〇 一 一 号 室 の 扉 に 手 を か け な が ら 、 ま じ ま し と 花 を 確 認 し た 。 「 え っ と 、 菜 の 花 ? れ 、 な ん だ 、 造 花 だ こ れ 。 す ご く よ く で き て る な 」 「 夏 目 、 そ れ っ て : ・ 「 え ? 」 ず る ま り

全寮制男子校物語!【初恋篇】


毎 日 毎 日 、 好 き に な る 。 こ の ま ま 好 き に な り 続 け た ら 、 い っ た い 自 分 は ど 、 フ な っ て し ま 、 つ ん だ ろ 、 フ ? 畄 細 胞 の ぜ ん ぶ が レ キ に し か 反 応 し な く な っ て 、 息 を す る の す ら 、 と い う 暗 号 を 打 ち こ ま な い と で き な く な る か も し れ な い 。 ( や 、 そ れ は ち ょ っ と ) ・ 目 分 ツ ッ コ 、 、 、 。 も う 少 し 冷 静 で い た い ん で す が 、 と 自 分 で 自 分 を 扱 い か ね て し ま う 理 久 だ っ た 。 「 お い お ま え ら 。 何 や っ て ん の ? 」 書 棚 か ら 本 を 抜 き 取 ろ う と し て い た 生 徒 会 役 員 が 見 か ね て 声 を か け て く る 。 「 え ? ふ た り が 同 時 に 彼 の ほ う を 向 い た 。 声 を か け た ほ う が び つ く り し た 顔 に な る 。 「 や 、 だ か ら さ 、 ふ た り と も さ っ き か ら 向 か い 合 っ た ま ま 黙 り こ く っ て 、 何 や っ て ん だ っ て 訊 校 い て ん の 」 男 「 え 、 あ 」 「 や べ 」 レ キ が ぶ る っ と 頭 を 振 る 。 「 ご め ん 、 オ レ 、 な ん か 今 日 ポ ケ て る 」

全寮制男子校物語!【初恋篇】


コ ノ ヾ ル ト 文 庫 雑 誌 Cob 引 t ワ ベ ル 大 賞 恒 マ ン 大 賞 」 募 集 中 ! さ せ 、 ベ ス ト セ ラ ー 作 家 の 仲 間 入 り を 目 指 し て み ま せ ん か ー ば 、 特 に ジ ャ ン ル は 問 い ま せ ん 。 あ な た も 、 自 分 の 才 能 を こ の 賞 で 開 花 つ く 「 ロ マ ン 大 賞 」 。 と も に 、 コ バ ル ト の 読 者 を 対 象 と す る 小 説 作 品 で あ れ 門 で 新 人 賞 の 性 格 も あ る 「 ノ ベ ル 大 賞 」 、 長 編 部 門 で す ぐ 出 版 に も む す び ト 小 説 の 新 し い 書 き 手 の 方 々 の た め に 、 広 く 門 を 開 い て い ま す 。 中 編 部 集 英 社 コ バ ル ト 文 庫 、 雑 誌 Coba は 編 集 部 で は 、 エ ン タ ー テ ィ ン メ ン く 大 賞 入 選 作 > 正 賞 の 楯 と 副 賞 100 万 円 く 佳 作 入 選 作 〉 正 賞 の 楯 と 副 賞 50 万 円 ( 税 込 ) ノ ベ ル 大 賞 【 応 第 原 稿 枚 数 】 40 咤 詰 め 縦 書 き 原 稿 甲 紙 9 ト 10 畊 鬼 【 締 切 】 毎 年 7 月 10 日 ( 当 日 消 日 陏 効 ) 【 応 募 資 格 】 男 女 ・ は 問 い ま せ ん が 、 新 人 に 限 り ま す 。 【 入 選 発 表 】 締 麦 0 蹐 月 魅 Coba は 12 月 号 誌 上 ( お よ び 12 月 刊 の 文 庫 の チ ラ シ 誌 上 ) 。 大 賞 ス 還 作 も 同 誌 上 に 掲 【 原 稿 宛 先 】 〒 101 ー 8050 棘 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 株 ) 集 英 社 コ バ ル ト 部 「 ノ ベ ル 大 賞 」 係 ※ な お 、 ノ ベ ル 大 賞 の 最 終 イ 作 読 者 審 査 員 の 審 査 に よ っ て 選 ば れ る 「 ノ レ 大 賞 ・ 読 者 大 賞 」 ( 大 賞 . ス 作 は 正 賞 の 楯 と 副 賞 50 万 円 ) の 対 象 に な り ま す 。 ロ マ ン 大 賞 【 応 募 原 稿 枚 数 】 40 詰 め 縦 書 き 原 稿 用 紙 25 ト 35 財 鬼 【 締 切 】 毎 年 1 月 10 日 ( 当 日 消 印 有 効 ) 【 応 募 資 格 】 男 女 ・ ・ プ ロ ・ ア マ を 問 い ま せ ん 。 【 入 選 発 表 】 締 麦 の 隔 月 甲 魅 C 。 b 引 t8 月 号 誌 上 ( お よ び 8 月 刊 の 文 庫 の チ ラ シ 誌 上 ) 。 大 賞 . ス 作 は コ バ ル ト 文 庫 で 出 版 ( そ の 際 に 広 集 英 社 の 規 定 に 基 づ き 、 E 財 見 を お 支 払 い い た し ま す ) 。 【 原 稿 宛 先 】 〒 101 ー 8050 棘 都 千 イ 弋 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 株 ) 集 英 社 コ バ ル ト 験 部 「 ロ マ ン 大 筧 係 ☆ 応 募 に 関 す る く わ し い 要 項 は 隔 月 刊 誌 Coba に ( 1 月 、 3 月 、 5 月 、 9 月 、 11 月 の 18 日 発 売 ) を ご ら ん く だ さ い 。 7 月 、

全寮制男子校物語!【初恋篇】


こ の ま ま で い い の か な と も 思 わ な い で も な か っ た が 、 教 室 で は 見 か け た し 、 こ と さ ら 同 室 者 と 仲 良 く し な け れ ば な ら な い 理 由 も 見 つ か ら な か っ た 。 べ ッ ド の 上 に 持 ち こ ん で い る 目 覚 ま し 時 計 に 目 を や る 。 午 後 九 時 四 五 分 。 そ ろ そ ろ ま ず い 時 間 だ 。 自 分 に は 関 係 な い け れ ど 。 な あ つ め ー 、 一 一 〇 一 一 号 室 ! な あ か じ よ ー 案 の 定 、 在 室 チ ェ ッ ク に 来 た 今 週 の 寮 番 ( た い て い 二 年 生 で あ る ) が 下 段 の べ ッ ド が 空 つ ば な の を 見 つ け て し ま っ た 。 「 お い 、 一 人 足 ん ね ー ぞ 。 ト イ レ か ? 「 あ 、 は い 」 こ の 階 の ト イ レ に や 誰 も い な か っ た け ど な あ ? 一 階 の ト イ レ ま で 遠 征 か あ ? 即 答 は 危 険 で あ る 。 簡 単 に 引 っ か か っ た 理 久 に 、 寮 番 は 寮 生 一 覧 表 を は さ ん だ フ ァ イ ル ポ ー ド を ひ ら ひ ら さ せ て 言 っ た 。 「 俺 が 一 周 し て る 間 に さ っ さ と 呼 び 戻 し て 来 い 一 年 坊 主 ! も う 一 回 来 た と き に い な か っ た ら 承 知 し ね え ぞ ! 消 灯 後 の 無 断 外 出 は ふ た り そ ろ っ て 一 週 間 の ト イ レ 掃 除 だ ぜ ー 「 ・ : ハ イ 、 す い ま せ ん 」

全寮制男子校物語!【初恋篇】


そ の 中 に 一 一 段 べ ッ ド を ひ と っ 置 き 、 両 側 の 壁 に 向 か っ て そ れ ぞ れ の 机 ( こ れ が ま た 戦 前 か ら 変 わ ら な い と い う 古 い 木 の 机 だ っ た ) を 置 け ば 、 椅 子 を 引 く と き も い ち い ち ぶ つ か ら な い よ う に 気 を つ け な け れ ば な ら な い と い う 状 態 だ 。 そ こ へ 発 育 盛 り の 男 子 ふ た り が 詰 め こ ま れ る と な れ ば 、 せ ま っ く る し い こ と こ の 上 な い 。 新 入 生 の 部 屋 の 割 り ふ り は 出 席 番 号 順 と な っ て い た が 、 中 条 陸 は 理 久 が 来 る ま で 、 こ の 部 屋 を 一 人 で 使 っ て い た の だ か ら 、 な お さ ら 今 の せ ま さ に は 閉 ロ し て い る の か も し れ な い 。 だ と し て も 、 理 久 が 入 っ て き て か ら の こ の 一 週 間 、 同 室 者 の 姿 を ほ と ん ど 目 に し な い と い う の は ど う 考 え て も 異 常 だ っ た 。 今 夜 も も う 、 あ と 十 分 で 消 灯 時 間 だ 。 避 け ら れ て い る の か と も 思 う 。 た し か に ち ょ っ と 変 わ っ た や つ だ っ た な 。 髪 と か 長 く て さ 。 敬 語 使 っ て な い 引 ( ィ ッ コ 上 か ー 祉 け ど い い の か な 。 で も 最 初 タ メ ロ だ っ た し 、 今 さ ら 使 っ て も わ ざ と ら し い よ な ) ク ラ ス メ イ ト レ キ に 聞 か さ れ る ま で も な く 、 同 級 生 の あ い だ で も 、 中 条 陸 が 留 年 し て い る こ と は 承 知 済 み 語 物 の 話 だ っ た 。 授 業 中 で も 先 生 が そ う 言 っ て 中 条 を 指 名 す る の を 見 て い る く ら い だ 。 子 し か し ク ラ ス メ イ ト と は い え 、 ま と も に 顔 を 合 わ せ た の は 最 初 の 晩 に 舎 監 か ら 紹 介 さ れ た と き だ け だ っ た 。 そ の く ら い す れ 違 っ て ば か り な の だ 。 全 だ が 、 そ の と き に 感 じ た 異 質 な 感 し は 今 で も は っ き り と 思 い 出 せ る 。 ほ ど け て か ろ う し て 首 に か か っ て い る だ け の リ ポ ン タ イ 。 カ ッ タ ー シ ャ ツ の 下 に は 何 も 着 け な い タ イ プ 。