検索 - みる会図書館

検索対象: 痕跡 (下) (講談社文庫)

痕跡 (下) (講談社文庫)から 26件ヒットしました。

痕跡 (下) (講談社文庫)


03

痕跡 (下) (講談社文庫)


ー 著 者 レ ヾ ト リ シ ア ・ コ ー ン ウ ェ ル マ イ ア ミ 生 ま れ 。 警 察 記 者 、 検 屍 局 の コ ン ピ ュ ー タ ー ・ ア ナ リ ス ト を 経 て 、 19 年 「 検 屍 官 」 で 小 説 デ ビ ュ 。 MWA ・ CWA 最 優 秀 処 女 長 編 賞 を 受 賞 し て 、 一 躍 人 気 作 家 に 。 バ ー ジ ニ ア 州 検 屍 局 長 ケ イ ・ ス カ ー ベ ッ タ が 主 人 公 の 検 屍 官 シ リ ー ズ は DNA 鑑 定 、 コ ン ピ ュ ー タ ー 犯 罪 な ど 時 代 の 最 先 端 の 素 材 を 扱 い 読 者 を 魅 了 、 19g 年 代 ミ ス テ リ ー 界 最 大 の ベ ス ト セ ラ ー 作 品 と な っ た 。 他 の 作 品 に 正 義 感 あ ふ れ る 女 性 警 察 署 長 と そ の 部 下 た ち の 活 躍 を 描 い た 「 ス ズ メ バ チ の 巣 」 「 サ ザ ン ク ロ ス 」 「 女 性 署 長 ハ マ ー 」 な ど 。 ー 訳 都 相 原 真 理 子 東 京 都 生 ま れ 。 慶 應 義 塾 大 学 文 学 部 卒 業 。 フ ア デ ィ マ ン 「 本 の 愉 し み 、 書 棚 の 悩 み 」 ( 草 思 社 ) 、 コ デ ル 「 本 を 読 む っ て お も し ろ い 」 ( 白 水 社 ) 、 フ ィ ル プ リ ッ ク 「 復 讐 す る 海 」 ( 集 英 社 ) 、 コ ー ン ウ ェ ル 「 検 屍 官 」 シ リ ー ズ 、 「 ス ズ メ バ チ の 巣 」 「 サ ザ ン ク ロ ス 」 ( 以 上 、 講 談 テ ザ イ ン 一 菊 地 信 義 社 文 庫 ) な ど 、 翻 訳 書 多 数 。 こ ん せ き 痕 跡 ( 下 ) パ ト リ シ ア ・ コ ー ン ウ ェ ル 一 相 原 真 理 子 訳 あ い は ら ま り ⑥ Mariko Aihara 2004 284 年 12 月 15 日 第 1 刷 発 行 発 行 者 一 一 野 間 佐 和 子 発 行 所 ー ー 株 式 会 社 講 談 社 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 12 ー 21 〒 112 ー 8 開 1 電 話 出 版 部 ( 03 ) 5395 ー 3510 販 売 部 ( 03 ) 5395 ー 5817 業 務 部 ( 03 ) 5395 ー 3615 Printed in Japan 製 版 印 刷 製 本 講 談 社 文 庫 凸 版 印 刷 株 式 会 社 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 定 価 は カ バ ー 表 示 し て あ り ま す 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は 購 入 書 店 名 を 明 記 の う え 、 小 社 書 籍 業 務 部 あ て に お 送 り く だ さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 に て お 取 替 え し ま す 。 な お 、 こ の 本 の 内 容 に つ い て の お 問 い 合 わ せ は 本 書 の 無 断 複 写 ( コ ピ ー ) は 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 、 禁 じ ら れ て い ま す 。 I S B N 4 ー 0 6 ー 2 7 4 9 4 8 ー 5 文 庫 出 版 部 あ て に お 願 い い た し ま す 。

痕跡 (下) (講談社文庫)


に も や っ た こ と が あ る よ 」 「 あ ん ま り 大 き な 声 じ ゃ い え な い わ ね 」 ス カ ー ベ ッ タ は 雑 誌 を い れ た 袋 を ほ こ り っ ぽ い 硬 材 の 床 に お き 、 カ ウ チ の 左 手 に あ る 小 型 の テ ー プ ル の と こ ろ へ い っ た 。 や は り 葉 巻 の に お い が す る よ う な 気 が す る 。 「 大 き な 声 じ ゃ い え ね え こ と は い つ ば い あ る よ 」 マ リ ー ノ は 携 帯 電 話 に 番 号 を い れ ヂ 」 0 「 そ も そ も こ こ は あ な た の 管 轄 じ ゃ な い か ら 、 令 状 な ん か だ し て も ら え な い で し ょ 「 心 配 い ら ね え 。 プ ラ ウ ニ ン グ と は と も だ ち だ か ら 」 宙 を 見 つ め て 待 っ て い る 。 や が て 話 し は じ め た 。 声 の 調 子 か ら 、 ポ イ ス メ ー ル が 応 答 し た こ と が わ か る 。 「 や あ 、 ジ ム 。 マ リ ー ノ だ 。 こ の 家 に 最 後 に 住 ん で た の が だ れ か 、 知 り て え と 思 っ て な 。 ィ ー デ イ ス ・ ア ー ネ ッ ト っ て 人 か ? 至 急 返 事 を た の む 」 そ う い っ て 、 自 分 の 電 話 番 号 を 伝 え た 。 「 ふ ん 」 と 、 ス カ ー ベ ッ タ に い う 。 「 ジ ム の や っ 、 最 初 か ら こ こ へ く る つ も り な ん か な か っ た ん だ 。 ま あ 、 無 理 ね え よ な 。 ご み た め み て え な と こ だ も ん な 」 「 ほ ん と に ご み た め み た い ね 」 ス カ ー ベ ッ タ は カ ウ チ の 左 に あ る 小 テ ー プ ル の ひ き だ し を あ け た 。 な か に は コ イ ン が ど っ さ り は い っ て い る 。 「 で も そ の た め に こ な か っ た

痕跡 (下) (講談社文庫)


サ ー モ ン ピ ン ク の 邸 に だ れ か い る 様 子 は な く 、 彼 は 計 画 が 期 待 は ず れ の 結 果 に お わ っ た こ と を 知 っ た 。 も し う ま く い っ て い れ ば 、 邸 の ま わ り で 何 ら か の 活 動 が お こ な わ れ て い る か 、 犯 行 現 場 を 示 す テ ー プ な ど 、 捜 査 の あ と が 見 ら れ る は ず だ 。 あ る い は 、 事 件 の こ と が ニ ュ ー ス で 流 れ て い る だ ろ う 。 だ が 「 大 き な 魚 」 の 住 処 の 前 を 車 で ゆ っ く り と お っ た と こ ろ 、 郵 便 受 け は ど う も な っ て い な か っ た 。 金 属 製 の 小 さ な 旗 は 倒 し て あ り 、 邸 に 人 が い る 気 配 は な い 。 彼 は そ の プ ロ ッ ク を ま わ っ て < — 号 線 に で た が 、 郵 便 受 け の 旗 の こ と を 考 え る と 、 ま た も ど ら ず に は い ら れ な か っ た 。 「 大 き な オ レ ン ジ 」 を い れ た と き 、 旗 は た っ て い た 。 そ れ は た し か だ 。 あ れ こ れ 考 え て い る う ち に 、 ふ と 気 が つ い た 。 あ の 塩 素 爆 下 弾 は ま だ 郵 便 受 け の な か に あ る の か も し れ な い 。 ガ ス を 発 生 し て ふ く ら み 、 い ま に も 跡 爆 発 し よ う と し て い る の で は ? も し そ う だ っ た ら ど う し よ う 。 た し か め な く て は 。 痕 心 の 奥 で 怒 り が う ご め い て そ れ が わ か る ま で は 、 眠 る こ と も 食 べ る こ と も で き な い い る 。 彼 の 浅 い 呼 吸 と 同 じ ぐ ら い な じ み の あ る 、 い つ も の 怒 り だ 。 <—< 号 線 を す こ す み か

痕跡 (下) (講談社文庫)


に 、 身 づ く ろ い し な き ゃ な ら な い 」 彼 は 家 の な か へ も ど っ て 、 ド ア を し め た 。 新 人 た ち に 話 を し て い る あ い だ に 、 ベ ル ト に つ け た 双 方 向 無 線 電 話 が 二 回 、 振 動 し て い た 。 だ れ が か け て き た の か チ ェ ッ ク す る と 、 二 回 と も コ ン ピ ュ ー タ ー マ ニ ア の 仲 間 か ら だ っ た 。 ル ー デ ィ は す ぐ に か け な お し た 。 「 何 か わ か っ た か ? 」 「 例 の 人 物 は 、 ス テ ロ イ ド 剤 の プ レ ド ニ ソ ン が 切 れ か か っ て い る よ う だ ぜ 。 最 後 に 調 剤 さ せ た の が 二 十 六 日 前 。 O>cn フ ァ ー マ シ ー の チ ェ ー ン 店 の ひ と つ で 」 彼 は ル ー デ イ に そ の 店 の 住 所 と 電 話 番 号 を 教 え た 。 「 問 題 は 、 や つ が も う リ ッ チ モ ン ド に は い な い と 思 わ れ る こ と だ 」 と 、 ル ー デ ィ は い っ た 。 「 だ か ら 、 つ ぎ に ど こ で 薬 を 手 に い れ よ う と す る か 、 見 当 を つ け る 必 要 が あ る 。 や つ が ま た 薬 を 買 お う と す れ ば の 話 だ が 」 「 こ れ ま で 毎 月 、 リ ッ チ モ ン ド の 同 じ ド ラ ッ グ ス ト ア で 調 剤 さ せ て る か ら ね 。 そ の 薬 が 必 要 か 、 必 要 だ と 思 っ て る よ う だ 」 カ か り つ け の 医 者 は ? 」 「 ド ク タ ー ・ ス タ ン リ ー ・ フ ィ ル ポ ッ ト 」 そ う い っ て 、 ル ー デ ィ に 電 話 番 号 を 教 え

痕跡 (下) (講談社文庫)


い か だ は あ ま り 大 き く な か っ た 。 だ か ら 海 で パ シ ャ パ シ ャ や る と き の よ う に 、 腕 と 脚 が は み だ し て し ま う 。 彼 は 居 間 で い か だ の う え に 寝 た が 、 母 親 は 寝 室 で 、 ド ア に 鍵 を し め て 寝 て い た 。 母 の い る 鍵 の か か っ た 寝 室 の 窓 に は エ ア コ ン が つ い て お り 、 母 が 寝 て い る あ い だ 窓 が か た か た 鳴 っ て い た 。 ェ ア コ ン は そ こ に し か な か っ た の で 、 彼 は 暑 く て 汗 び っ し よ り に な っ た 。 日 に 焼 け て ひ り ひ り す る 肌 が ビ ニ ー ル の い か だ に く っ つ き 、 体 を 動 か す た び に バ ン ド エ イ ド を は が し て い る よ う な 気 が し た 。 そ れ が 一 晩 中 つ づ く 。 一 週 間 の あ い だ 、 毎 晩 だ 。 毎 年 、 八 月 に そ こ へ い く の が 、 ふ た り に と っ て 唯 一 の 体 暇 だ っ た 。 ポ ー グ は ヘ ッ ド ラ イ ト が 近 づ い て き て 、 テ ー ル ラ イ ト が 去 っ て い く の を な が め た 。 明 る い 白 と 赤 の 目 が 、 夜 の 闇 の な か を と お り す ぎ て い く 。 左 手 の 前 方 を 見 あ げ 、 信 号 が か わ る の を 待 っ た 。 信 号 が か わ る と 車 の 流 れ が ゆ る や か に な り 、 彼 は 車 が い な く な っ た 東 向 き 車 線 を 走 っ て つ つ き り 、 西 向 き 車 線 の 車 の あ い だ を ぬ っ て 、 む こ う 側 へ わ た っ た 。 シ ェ ル の ガ ソ リ ン ス タ ン ド へ い き 、 頭 上 の 闇 に う か ん で い る あ ざ や か な 黄 色 い 貝 殻 を 見 あ げ た 。 そ れ か ら だ ぶ だ ぶ の シ ョ ー ツ を は い た 老 人 が 、 給 油 機 で ガ ソ リ ン を い れ て い る の を 見 つ め た 。 も う 一 台 の 給 油 機 で は 、 よ れ よ れ の ス ー ツ を 着 た べ つ の 老 人 が ガ ソ リ ン を い れ て い る 。 ポ ー グ は 音 も な く 暗 が り を 歩 い て 、 ガ ラ ス ド ア の と こ

痕跡 (下) (講談社文庫)


た と き に 走 り 書 き し た も の だ 。 番 号 を ダ イ ア ル す る と 、 家 の な か で 電 話 が 鳴 る の が き こ え た 。 ま た ノ ッ カ ー で 思 い き り 強 く ド ア を た た く 。 ノ ッ カ ー が こ わ れ て も 知 っ た こ と で は な い 。 一 分 ほ ど し て ま た 同 じ 番 号 に か け た 。 電 話 が 何 度 も 鳴 っ て い る 。 留 守 番 電 話 が 応 答 を は じ め る 前 に 切 っ た 。 家 に い る の は わ か っ て る の よ 、 と 心 の な か で い う 。 居 留 守 を 使 っ て も だ め よ 。 外 に い る の が わ た し だ と わ か っ て る ん で し よ う 。 ス カ ー ベ ッ タ は ド ア か ら は な れ 、 小 さ な れ ん が 造 り の 家 の 正 面 に あ る 、 明 か り の つ い た 窓 を 見 た 。 薄 手 の 白 い カ ー テ ン が ひ か れ 、 あ た た か そ う な や わ ら か い 光 が そ れ に あ た っ て い る 。 右 手 の 窓 の む こ う 側 を 、 人 影 が と お る の が 見 え た 。 人 影 は 窓 を と お り す ぎ て か ら 足 を と め 、 む き を か え て 奥 へ 消 え た 。 ま た ド ア を た た き 、 電 話 を か け た 。 今 度 は 留 守 番 電 話 が 応 答 を は じ め て も 電 話 を 切 ら ず 、 こ う い っ た 。 「 ミ セ ス ・ ポ ー ル ソ ン 、 ド ク タ ー ・ ケ イ ・ ス カ ー ベ ッ タ で す 。 ド ア を あ け て ち ょ う だ い 。 大 事 な 話 が あ る の 。 玄 関 の 外 に い ま す 。 家 に い ら っ し や る の は わ か っ て る わ 」 電 話 を 切 り 、 さ ら に ド ア を た た い た 。 す る と 人 影 が ま た 動 い た 。 今 度 は ド ア の 左 手 の 窓 の む こ う を と お り す ぎ る 。 や が て ド ア が あ い た 。 「 ま あ 」 ミ セ ス ・ ポ ー ル ソ ン は わ ざ と ら し く 驚 い て み せ た 。 「 だ れ か わ か ら な か っ た

痕跡 (下) (講談社文庫)


マ リ ー ノ は 皮 肉 っ ぽ く 笑 っ た 。 「 そ う だ よ な 。 礼 儀 っ て も ん が あ る よ な 」 「 わ か っ た わ 」 ス カ ー ベ ッ タ は グ レ イ ス ・ ス ト リ ー ト を 左 に ま が っ た 。 「 覚 悟 し て て ね 。 あ な た を 見 た ら 何 を い う か わ か ら な い わ よ 」 「 む こ う の ほ う が 心 配 す る べ き だ ろ う 、 お れ が 何 を い う か 。 逆 じ ゃ ね え か 」 ス カ ー ベ ッ タ は タ ー ン し て 、 れ ん が 造 り の 小 さ な 家 の 前 の 、 ダ ー ク プ ル ー の ミ ニ ヴ ァ ン の う し ろ に 車 を と め た 。 居 間 に だ け 明 か り が つ い て お り 、 薄 い カ ー テ ン か ら 光 が も れ て い る 。 ミ セ ス ・ ポ ー ル ソ ン を 確 実 に 戸 口 へ こ さ せ ら れ る 方 法 を 考 え 、 先 に 電 話 す る の が 賢 明 だ ろ う と い う 結 論 に た っ し た 。 ポ ー ル ソ ン 家 の 番 号 が の っ て い る こ と を 期 待 し て 、 携 帯 電 話 の 最 近 の 発 信 履 歴 を ス ク ロ ー ル し た が 、 も う 残 っ て い な か っ た 。 そ こ で バ ッ グ の な か を さ ぐ り 、 ス ザ ン ナ ・ ポ ー ル ソ ン に 最 初 に 会 っ た と き 以 来 、 ず っ と も っ て い る 紙 き れ を 見 つ け た 。 そ の 番 号 を 電 話 に 入 力 し て 発 信 し 、 ミ セ ス ・ ポ ー ル ソ ン の べ ッ ド の 脇 で 電 話 が 鳴 っ て い る と こ ろ を 想 像 し た 。 「 も し も し ? 」 ミ セ ス ・ ポ ー ル ソ ン が ぼ う っ と し た 不 安 そ う な 声 で 応 答 し た 。 「 ケ イ ・ ス カ ー ベ ッ タ よ 。 い ま あ な た の 家 の 前 に い る の 。 あ る こ と が お こ っ て ね 。 話 が き き た い の 。 玄 関 へ で て き て く だ さ る ? 」 「 い ま 何 時 ? 」 彼 女 は わ け が わ か ら ず 、 お び え た 声 で き い た 。

痕跡 (下) (講談社文庫)


346 国 道 一 号 線 に 面 し た ガ ン ズ ・ ア ン ド ・ ポ ー ン シ ョ ッ プ の 店 内 で 、 エ ド ガ ー ・ ア ラ ン ・ ポ ー グ は 通 路 を い っ た り き た り し て い た 。 ズ ボ ン の 右 ポ ケ ッ ト の 底 に は い っ て い る 、 真 鍮 と 鉛 で で き た 弾 薬 を な で な が ら 、 ゆ っ く り 時 間 を か け て 品 物 を 見 る 。 ホ ル ス タ ー を ひ と つ ず つ ラ ッ ク か ら と り 、 パ ッ ケ ー ジ の 説 明 を 読 ん で 、 ま た き ち ん と も と の 場 所 に か け る 。 今 日 は ホ ル ス タ ー は い ら な い 。 今 日 は 何 日 だ ろ う ? よ く わ か ら な こ こ 数 日 間 は 無 為 に す ご し た 。 ロ ー ン チ ェ ア に す わ っ て 汗 を か き 、 壁 か ら こ ち ら を 凝 視 し て い る 大 き な 目 を 見 つ め る う ち に 、 日 の 光 が う つ ろ っ て い っ た の を ぼ ん や り お ぼ え て い る 。 か ら ぜ き た ち の 悪 い 空 咳 が 一 分 お き に で る 。 そ れ が お さ ま っ た と き に は 、 ぐ っ た り し て ぜ い ふ し ぶ し ぜ い い っ て お り 、 気 持 ち も 動 揺 し て い る 。 鼻 水 が と ま ら ず 、 節 々 が 痛 む 。 そ れ が 何 を 意 味 す る か は わ か っ て い る 。 ド ク タ ー ・ フ ィ ル ポ ッ ト は イ ン フ ル エ ン ザ の 予 防 注 射 を し て く れ な か っ た 。 ポ ー グ の た め に ワ ク チ ン を と っ て お い て く れ な か っ た 。 彼 は ポ ー グ の た め に ワ ク チ ン を と っ て お く べ き 立 場 に あ っ た の に 、 一 ま っ た く そ う い う 配 慮 を し

痕跡 (下) (講談社文庫)


イ ズ に わ た し た ち が き た こ と を 伝 え て く れ る ? 彼 と は 会 う こ と に な っ て る の 」 ス カ ー ベ ッ タ は 「 と は 」 を 強 調 し た 。 「 承 知 し ま し た 」 プ ル ー ス は す こ し 一 兀 気 に な っ た 。 電 話 を と り あ げ 、 内 線 番 号 を ダ イ ア ル し て 、 メ ッ セ ー ジ を 伝 え る 。 ス カ ー ベ ッ タ と マ リ ー ノ は し ば し エ レ ベ ー タ ー の 前 に た っ て 待 っ た 。 万 能 の 磁 気 力 ー ド を も っ て い る か 、 そ れ を も っ て い る 人 が エ レ ベ ー タ ー を 動 か し て く れ な い か ぎ い く ら ボ タ ン を 押 し て も エ レ ベ ー タ ー は こ な い 。 や が て 扉 が あ き 、 ふ た り は エ レ べ ー タ ー に 乗 っ た 。 ス カ ー ベ ッ タ が 三 階 の ボ タ ン を 押 す 。 彼 女 は 例 の 黒 い 鑑 識 用 ケ ー ス を 肩 に さ げ て い る 。 「 ど う や ら 、 あ の や ろ う は あ ん た を お っ ぽ り だ し た よ う だ な 」 と 、 マ リ ー ノ か い う エ レ ベ ー タ ー は わ ず か に ゆ れ て 、 三 階 へ の ぼ り は じ め た 。 「 そ の よ う ね 」 下 「 そ れ で ? ど う す る つ も り だ ? そ ん な 勝 手 な ま ね を さ せ て 、 だ ま っ て る わ け に は 跡 く め え 。 リ ッ チ モ ン ド へ き て く れ と 泣 き つ い た く せ に 、 き た ら あ ん た を こ け に し ゃ 痕 が っ て 。 お れ な ら く び に な る よ う に し む け て や る 」 Ⅷ 「 ど う せ そ の う ち く び に な る わ よ 。 そ ん な く だ ら な い こ と に か か ず ら っ て は い ら れ な