検索 - みる会図書館

検索対象: Voice 平成28年10月号

Voice 平成28年10月号から 36件ヒットしました。

Voice 平成28年10月号


活 字 文 化 の 継 承 も 電 子 プ ッ ク の 革 新 も 書 籍 ・ 雑 誌 の デ ザ イ ン 、 制 作 校 正 朝 日 メ テ ィ ア イ ン タ ー ナ シ ョ ナ ル 株 式 会 社 〒 1 10-0005 台 東 区 上 野 3 ー 9 ー 1 朝 日 ビ ル 12 号 館 凪 : 03 ー 3835 ー 8788 FAX : 03 ー 3834 ー 8056 http://www.a-m-i. CO. jp/

Voice 平成28年10月号


紙 だ け で は あ り ま せ ん 。 暮 ら し の あ ち こ ち で 、 木 を 活 か し て い ま す 。 木 の 可 能 性 一 日 本 製 紙 の モ ノ づ く り 。 0 あ し た の た め に 。 0 0 ー P P 0 N PA 日 本 製 紙 の ニ ポ バ で す 。 日 本 製 紙 株 式 会 社 東 京 都 千 代 田 区 神 田 駿 河 台 4-6 御 茶 ノ 水 ソ ラ シ テ ィ 〒 101-0062 TEL. 03-6665-1111 www.nipponpapergroup.com

Voice 平成28年10月号


響 き あ う 心 、 ず っ と 、 ず っ と 私 達 は 、 感 性 を 磨 き 、 互 い に 思 い や り 、 協 調 し 、 邁 進 し ま す 。 期 待 さ れ る 私 で あ る た め に 、 期 待 さ れ る 会 社 で あ る た め に 図 書 印 刷 株 式 会 社 〒 1 1 4-0001 東 京 都 北 区 東 十 条 3-10-36 TEL 03 ( 5843 ) 9700 URL http://www.tosho. CO. jp/

Voice 平成28年10月号


け る 秘 訣 そ の も の で は な い と 門 川 大 作 氏 ( 京 都 市 長 ) に 意 気 楽 な 気 持 ち で 日 記 を よ る 対 談 「 文 化 が 地 方 を 元 気 書 き た い 私 た ち が 日 記 を 書 く の は 、 に す る 」 を 興 味 深 く 読 ん だ 。 増 田 奈 菜 記 録 を 残 す だ け で は な い 。 気 対 談 を 通 し て 、 日 本 の 京 都 の ( 愛 知 県 ・ 会 社 員 ・ 四 十 歳 ) 持 ち の 整 理 に も な れ ば 、 後 年 と フ ラ ン ス の 。 ハ リ に 多 く の 共 に 読 み 返 し な が ら 思 い 出 の 棚 通 点 が あ る こ と が わ か っ た 。 本 誌 九 月 万 、 曽 野 綾 子 氏 の 両 都 市 と も に 文 化 の 発 信 地 と 「 日 記 は 人 生 の 『 い い 始 末 』 」 卸 し を す る 楽 し み も あ る 。 し て の 確 た る 地 位 を 築 い た い タ を あ り が た く 読 ん だ 。 私 の 毎 「 ど ん な こ と も そ う で す け レ 月 の 楽 し み は 、 本 誌 譏 中 の ど 、 自 分 は 何 か 大 変 な こ と を ま も 、 伝 統 を 守 り つ つ 、 未 来 イ 「 私 日 記 」 を 読 む こ と 。 曽 野 し て る と 思 わ な け れ ば い い ん に 向 け て 「 新 し さ 」 を 模 索 す る 姿 勢 を 貫 い て い る 。 じ つ に ホ 氏 の 連 載 を 読 む と 元 気 が 出 で す 。 そ れ が 一 番 粋 な こ と 」 る 。 は 一 一 〇 〇 回 を 迎 え た と 曽 野 氏 が 述 べ る よ う に 、 立 派 で あ る 。 が 、 年 数 で い え ば 約 十 六 年 「 毎 日 、 必 ず 何 か を 書 か な け ま た 、 京 都 に は 、 フ ラ ン ス 日 れ ば 」 と 考 え る こ と は な い 。 人 が 感 動 す る よ う な 珍 し い 寺 う つ ぶ ん 日 記 と い う 日 々 の 記 録 を こ 不 満 や 鬱 憤 は ほ ど ほ ど に 、 気 院 や 伝 統 工 芸 を 体 験 で き る 場 れ だ け 長 い 期 間 書 き 続 け る の 楽 な 気 持 ち で 日 々 の 記 録 を 書 所 が 数 多 く あ る 。 ダ ナ 大 使 に よ れ ば 、 「 フ ラ ン ス 人 は 『 自 は 、 並 大 抵 の こ と で は な い 。 き 綴 れ ば い い と 思 う 。 「 何 を 書 い た っ て い い ん で す 分 だ け の 秘 密 の 場 所 』 を 見 つ 京 都 が 世 界 一 の 観 光 都 け る こ と に 歓 び を 感 じ る 」 と よ 。 自 分 だ け が 読 者 で す か ら 市 に な る 日 い う 。 ガ イ ド ブ ッ ク に 頼 ら な ね 。 も っ と も 私 は 平 気 で す け 亘 幸 男 い 、 フ ラ ン ス 人 な ら で は の 観 ど 、 人 に 見 ら れ た ら を 起 ( 広 島 県 ・ 無 職 ・ 七 十 五 歳 ) こ す よ う な こ と は 避 け た 方 が 光 の 楽 し み 方 と い え る 。 い い か も し れ な い 」 と い う 曽 本 誌 九 月 号 、 テ ィ エ リ ー ・ こ う し た 都 市 の 優 位 性 を 育 野 氏 の 発 言 は 、 日 記 を 書 き 続 ダ ナ 氏 ( 駐 日 フ ラ ン ス 大 使 ) む と と も に 、 門 川 市 長 が 述 べ 読 投 稿 の ご 案 内 イ 人 情 報 の 取 ケ 扱 い に つ い て 本 誌 に お 寄 せ い た だ い た 個 人 情 報 は 、 当 社 の 「 個 人 情 報 管 理 規 定 」 に 従 っ て 厳 重 に 管 理 し 、 応 募 者 へ の 連 絡 、 読 者 統 計 の 作 成 に 利 用 さ せ て い た だ き ま す 。 ま た 、 寄 せ ら れ た ご 意 見 ・ 感 想 を 、 本 誌 の 広 告 や 宣 伝 な ど に 使 用 さ せ て い た だ く 場 合 が あ り ま す が 、 そ の 際 は 必 ず 匿 名 と し 、 お 名 前 ・ ご 住 所 な ど の 個 人 情 報 は 公 開 い た し ま せ ん 。 こ の 件 に つ い て の お 問 い 合 わ せ は 、 PHP 研 究 所 V 。 ice 編 集 部 、 Tel. 03-352 % 23 ま で 。 Voice October , 2016 248 Voice 編 集 部 で は 、 本 誌 の 記 事 内 容 や 身 の 周 り の 出 来 事 に 関 す る こ 意 見 、 こ 感 想 、 ご 反 論 を お 待 ち し て い ま す 。 く 投 稿 要 領 〉 48 字 詰 め 原 稿 用 紙 1 枚 程 度 で 、 住 所 ・ 氏 名 ・ 年 齢 ・ 職 業 を 記 入 の う え ご 送 付 く だ さ い 。 掲 載 分 に は 図 書 カ ー ド を 進 呈 い た し ま す 。 原 稿 は 、 内 容 を 損 な わ な い 範 囲 で 、 一 部 修 整 さ せ て い た だ く 場 合 も ご ざ い ま す 。 な お 、 原 稿 は 返 却 で き ま せ ん 。 く 宛 先 〉 〒 135 ー 8137 東 京 都 江 東 区 豊 洲 5-6-52 NBF 豊 洲 キ ャ ナ ル フ ロ ン ト PHP 研 究 所 Voice 編 集 部 読 者 係 E メ ー ル で も 、 ご 投 稿 を 受 け 付 け て お り ま す 。 [email protected](E メ ー ル ア ド レ ス )

Voice 平成28年10月号


共 栄 火 災 一 緒 に す っ と 。 安 , 、 、 を も っ と い つ も そ ば で 、 み ん な の 暮 ら し を 見 守 る こ と 。 い つ ま で も 、 み ん な が 笑 顔 で 暮 ら せ る よ う に 心 か ら の 安 心 を お 届 け し 続 け る こ と 。 そ れ が 、 わ た し た ち 共 栄 火 災 の 使 命 で す 。 あ な た が 辛 い 時 は 、 と も に 壁 を 乗 り 越 え る 。 そ し て 嬉 し い 時 に は 、 一 緒 に 笑 い あ え る 。 そ ん な 、 あ た た か い 保 険 会 社 で あ る た め に い つ で も ま こ こ ろ を 込 め て 、 暮 ら し を 支 え て い き ま す 。 0 0 0 0 0 共 栄 火 災 海 上 保 険 株 式 会 社 〒 105 - 8604 東 京 都 港 区 新 橋 1 -18 - 6 TEL. ( 03 ) 3504 - 0131 ( 大 代 表 ) www.kyoeikasai. CO. jP 人 々 が 気 持 ち よ く 毎 日 を 暮 ら せ る よ う 、 安 心 の チ カ ラ で そ っ と 支 え る サ イ 。 ロ 共 栄 火 災 の サ イ 吉 で す 。

Voice 平成28年10月号


を つ く っ て し ま っ て い る の で あ る 。 き で あ る 。 三 % 台 前 半 か ら 半 ば の 失 最 後 に 名 目 賃 金 の 動 き ( 図 2 の ※ 萎 を 「 完 全 雇 用 」 と 見 な す 議 論 も 4 ) に つ い て 一 一 一 口 及 し て お こ う 。 完 全 あ る が 、 仮 に そ れ が 正 し い と す れ ば 、 名 目 賃 金 の 伸 び が 〇 ・ 一 一 % と い 失 業 率 は 一 二 年 十 一 一 月 の 四 ・ 三 % か う こ と は あ り え な い だ ろ う 。 筆 者 が ら 一 六 年 六 月 に は 三 ・ 一 % ま で 改 善 し 、 就 業 者 数 の 増 加 を 伴 い つ つ 雇 用 「 完 全 雇 用 ー の 失 萎 午 ( 構 造 失 業 率 ) を 推 計 す る と 、 そ の 値 は 一 一 ・ 八 % 程 の 逼 迫 度 合 い は 着 実 に 高 ま っ て い る 。 厚 生 労 働 省 「 毎 月 勤 労 統 計 調 度 、 物 価 上 昇 率 と 完 全 失 翆 半 と の 傾 向 線 ( フ ィ リ ッ プ ス 曲 線 ) か ら 二 % 査 」 を 見 る と 、 雇 用 者 一 人 当 た り の 名 目 賃 金 ( 現 金 給 与 総 額 ) は 〇 ・ 一 一 イ ン フ レ 目 標 達 成 に 必 要 な 完 全 失 業 % 増 と 一 一 年 祝 の 増 加 で あ る 。 雇 用 率 を 推 計 す る と 一 一 ・ 六 % 程 度 と な る 。 以 上 の 結 果 か ら は 、 名 目 賃 金 を 高 逼 迫 が 賃 金 上 昇 と い う か た ち で 十 分 め る た め に は 財 政 政 策 や 金 融 政 策 を に 結 び 付 い て い な い と も い え る が 、 一 般 労 働 者 の 名 目 賃 金 は 〇 ・ 五 % 使 う こ と で 需 給 ギ ャ ッ プ を 埋 め 、 デ 増 、 。 ハ 1 ト タ イ ム 労 働 者 の 名 目 賃 金 フ レ か ら の 完 全 脱 却 を 図 る こ と が ま も 〇 ・ 五 増 で あ り 、 一 般 労 働 者 の 雇 ず 求 め ら れ て い る と い え る だ ろ う 。 、 。 、 ー ト タ イ ム 用 者 数 は 一 ・ 七 % 増 リ フ レ 政 策 の 再 起 動 を 労 働 者 の 雇 用 者 数 は 一 一 一 ・ 九 % 増 で あ る こ と か ら 、 相 対 的 に 。 ハ ー ト 労 働 者 の 雇 用 が 増 え て い る こ と が 雇 用 者 一 バ ブ ル 崩 壊 後 、 総 需 要 の 停 滞 が 持 人 当 た り 平 均 で 見 た 名 目 賃 金 の 低 迷 続 す る な か で デ フ レ が 続 き 、 名 目 成 に つ な が っ て い る こ と に も 留 意 す べ 長 率 は ゼ ロ 近 傍 に 留 ま り 、 度 重 な る 大 切 な 人 未 来 の 子 供 た ち に 美 し い 地 球 を 残 す た め 、 ゴ ヒ 越 紀 州 製 細 式 会 社 〒 103-0021 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 石 町 3 -2-2 Tel.03-3245-4500 Fax. 03-3245-451 1 www.hokuetsu-kishu.jp リ フ レ 政 策 を 再 起 動 さ せ よ 119

Voice 平成28年10月号


「 真 川 信 繁 親 と 子 が し あ わ せ に な る 応 援 誌 PHP 仕 事 に は 人 を 成 長 さ せ る 力 が あ る IO 月 号 9 月 IO 日 発 売 定 価 391 円 大 特 集 10 月 号 9 月 10 日 発 売 定 価 630 円 総 力 特 集 す ざ 合 場 今 す ぐ 、 見 直 し て 変 お く べ き 9 の こ と 一 部 過 ご し 々 等 者 【 第 1 部 〕 「 代 で ぐ ん と 伸 び た 人 」 は 何 を し て い た の か ? 執 【 第 2 部 〕 中 間 管 理 職 が 見 直 す べ き 「 仕 事 の 進 め 方 男 た ち が 貫 い た 「 義 」 【 第 3 部 〕 今 か ら で も 遅 く な い ! 代 か ら 始 め た い こ と ・ 「 天 下 分 け 目 の 決 戦 」 に 男 た ち ス ト レ ス を 引 き ず ら な い ! ・ が 賭 け た も の 童 門 冬 一 一 」 メ ン タ ル を 整 え る 技 術 愕 喆 「 伝 灯 」 の 時 を 迎 え て ま 」 、 。 季 于 日 8 ~ ( 抱 き し め る ・ 頭 。 い い 子 」 。 。 親 鸞 聖 人 と ◎ 〔 , = , 。 〕 わ が 子 は 、 ど ん な 抱 0 こ で 満 足 ,. ・ 、 物 上 真 宗 ◎ 〔 シ ー ン 別 〕 ふ れ あ い 「 や る 気 」 ア ッ プ 法 ◎ 史 一 ← 今 こ そ 「 伝 え た い 」 教 え ◎ あ の 仏 事 に は 0 」 ん な ・ 田 子 ど も が 大 好 き な 。 バ ラ ン ス 丼 行 歴 一 意 味 が あ る 特 集 10 月 号 好 評 発 売 中 定 価 680 円 雑 誌 の 定 価 は 8 % 税 込 で す 。 歴 史 か ら 未 来 へ ー 一 時 代 を 見 抜 く 座 標 軸 歴 刻 道 総 論

Voice 平成28年10月号


舞 台 は ご ま か し が 利 か な い 成 長 の 場 2013 年 ま で ア イ ド ル グ ル ー プ AKB48 ( 以 下 、 AKB ) の 中 心 メ ン バ ー の 一 人 と し て 活 躍 し て き た 秋 元 さ ん 。 卒 業 後 は 、 三 谷 幸 喜 イ ・ 演 出 の 舞 台 『 国 民 の 映 画 』 に 出 演 す る な ど 、 女 優 と て の キ ャ リ ア を 着 実 に 重 ね て い る 。 「 や り た ) こ と が 明 確 に な っ て き た 」 と 自 信 を 深 め る 秋 元 さ は 今 秋 、 「 夜 が 私 を 待 っ て い る ~ ナ イ ト ・ マ ス ト ・ フ ォ ー ル ~ 』 に ヒ ロ イ ン 役 で 出 演 す る 。 1935 年 に イ ギ リ ス の 劇 作 家 エ ム リ ン ・ ウ ィ リ ア ム ズ が 書 き 下 ろ し た 心 理 サ ス ペ ン ス 劇 で 、 森 の 一 軒 家 に 暮 ら す 身 体 の 不 自 由 な 老 婦 人 の 姪 ・ オ リ ヴ ィ ア を 演 じ る 。 「 AKB 在 籍 時 か ら 、 舞 台 の 上 に 立 っ て お 客 さ ん に 注 目 さ れ る 喜 び と 、 内 に 秘 め た エ ネ ル ギ ー を 発 散 す る 快 感 を 味 わ っ て き た 。 同 様 に ご ま か し が 利 か な い 舞 台 に 出 演 す る こ と で 、 よ り 成 長 し て い け れ ば 」 と 意 気 込 み を 語 る 。 元 ア イ ド ル と い う 立 ち 位 置 を 自 覚 す る 一 方 で 、 「 役 者 と し て の 実 力 を き ち ん と 評 価 し て も ら う た め に も 、 い ま は 真 摯 に お 芝 居 に 向 き 合 う と き 」 と 、 将 来 を 見 据 え て 鍛 錬 に 励 む 。 女 優 業 に 専 念 す る 覚 悟 を 決 め た 秋 元 さ ん の 表 情 は 、 清 々 し さ で 満 ち 溢 れ て い た 。 ※ 公 演 情 報 バ ル コ ・ プ ロ デ ュ ー ス 心 理 サ ス ペ ン ス 劇 夜 が 私 を 待 っ て い る ~ ナ イ ト ・ マ ス ト ・ フ ォ ー ル ~ 作 : エ ム リ ン ・ ウ ィ リ ア ム ズ 演 出 : 河 原 雅 彦 出 演 : 入 江 甚 儀 / 秋 元 才 加 / 前 田 美 波 里 ほ か [ 東 京 公 演 ] 紀 伊 國 屋 サ ザ ン シ ア タ ー TAKASHIMAYA [ 公 演 日 程 ] 2016 年 10 月 15 日 ( 土 ) ~ 30 日 ( 日 ) 【 お 問 い 合 わ せ 】 バ ル コ ・ ス テ ー ジ ・ イ ン フ ォ メ ー シ ョ ン 03-3477-5858 http://www.parco-play.com/

Voice 平成28年10月号


主 婦 の 毎 日 を ラ ク に 楽 し く ! PHP 雑 く ; ワ ~ IO 月 号 き 士 9 月 10 日 発 売 定 価 360 円 特 集 あ な た の 心 を 元 気 に す る 月 刊 誌 で す PHP 月 号 9 月 10 日 発 売 定 価 205 円 特 集 ・ く じ け な い 人 、 、 、 運 を 強 く す る ッ フ な い ワ 刊 前 向 き な 人 ( 増 売 ヒ ノ ト 。 年 ら 月 明 す 小 日 向 文 世 ( 俳 優 ) ゲ ッ タ ー ズ 飯 田 ◆ 運 が よ く な る 話 し 方 ″ 月 ~ え 9 ◆ 幸 せ に な れ る そ う じ の 黄 金 法 則 家 事 え も ん 」 田 夏 の 疲 労 回 復 読 本 0 8 ◆ フ ラ ン ス 流 心 地 よ い 暮 ら し の 整 え 方 ◆ 3 分 で 片 づ く モ ノ ・ コ ト ・ イ エ 伊 集 院 静 、 渡 辺 和 子 、 山 田 洋 次 、 巻 頭 イ ン タ ビ ュ ー 明 養 老 孟 司 、 心 屋 仁 之 助 、 曽 野 綾 子 深 田 恭 子 捨 て る ! 選 ぶ ! 毎 日 が 変 わ る ! 月 号 円 む 理 テ ス ト で わ か る , 「 好 き な も の 「 あ な た の 性 格 ~ 発 ~ ◎ ト ク す る 性 格 、 ソ ン す る 性 格 月 ◎ あ な た は も っ と 、 活 躍 で き る ー だ け で 暮 ら す ◎ 話 が お も し ろ い 人 、 つ ま ら な い 人 田 「 ラ ク 5 る ) 片 づ け 部 」 、 始 動 し ま す " " 一 「 ◎ 運 が い い 性 格 、 悪 い 性 格 shuchi. で h で . co. 「 」 プ レ ミ ア ム 特 別 保 存 版 9 月 10 日 発 売 定 価 360 円 特 集 歩 1 。 月 雑 誌 の 定 価 は 8 % 税 込 で す 。 ※ タ イ ト ル 、 執 筆 者 等 一 部 変 更 に な る 場 合 が ご ざ い ま す 。

Voice 平成28年10月号


の 下 で つ く ら れ た 種 々 の 法 律 、 制 度 は 、 本 憲 法 に 基 づ い 返 し ま す が 、 摂 政 を 立 て て 天 皇 陛 下 の ご 負 担 を 軽 減 す る こ と は け っ し て 難 し い こ と で は な い と 考 え ま す 。 て 改 正 さ れ る ま で す べ て 有 効 と す る 」 と だ け 付 け 加 え て と り わ け 日 本 の 皇 室 伝 統 に と っ て 、 最 も 重 要 な の が 男 お け ば い い で し よ う 。 つ ま り 、 戦 後 に で き た 法 律 ・ 制 度 は 時 間 を か け て 、 ゆ っ く り と 新 し い 憲 法 に 従 っ て 変 え て 系 男 子 の 皇 位 継 承 で す 。 万 世 一 系 こ そ 、 日 本 の 国 体 の 中 い く わ け で す 。 そ し て 、 こ の 対 応 策 は 現 在 の 皇 室 典 範 に 心 だ か ら で す 。 憲 法 を 意 味 す る 英 語 「 constitution 」 は も 当 て は ま り ま す 。 占 領 下 に 改 変 さ せ ら れ た と こ ろ が あ 元 来 、 体 質 を 意 味 す る 一 一 一 口 葉 で あ り 、 国 の 体 質 、 国 体 を 意 り 、 ま ず は 明 治 一 一 十 一 一 年 の 皇 室 典 範 に 戻 す 。 そ の と き 、 味 す る 一 一 一 口 葉 で す 。 日 本 の 場 合 、 神 話 時 代 と 歴 史 時 代 が っ 戦 後 の 改 定 で 生 じ た こ と は す べ て 有 効 と す る の で す 。 も な が っ て お り 、 そ れ が 今 日 ま で 途 切 れ る こ と な く 続 い て っ と も 、 明 治 天 皇 の ご 意 思 が 明 ら か に 表 れ て い る 明 治 の い る と い う こ と が 、 ま さ し く 国 体 な の で す 。 男 系 を 辿 れ さ か の 在 皇 室 典 範 は 、 ほ と ん ど そ の ま ま で 構 わ な い と 私 は 思 い ま ば 、 神 武 天 皇 ま で 行 き 着 く 。 そ し て 神 代 の 時 代 ま で 遡 れ す 。 ば 、 天 照 大 神 ま で 系 図 が つ な が る ー ー ー こ の よ う な 世 界 に 現 在 の 皇 室 典 範 に は 生 前 譲 位 の 項 目 が な く 、 摂 政 の 項 類 を 見 な い 皇 室 の 歴 史 を 継 続 さ せ る こ と が で き る の が 、 目 が あ る 点 に お い て 、 明 治 の 皇 室 典 範 と 同 じ で す 繰 。 。 り ひ と え に 摂 政 と い う 制 度 な の で す 。 双 葉 電 気 通 信 株 式 会 社 は ワ ー ク ス タ イ ル と ワ ー ク プ レ イ ス を 最 適 化 し ま す ア プ リ ケ ー シ ョ ン シ ス テ ム イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ ー KFUTABA 双 葉 電 気 通 信 株 式 会 社 http://www.fetc.co.jp 【 本 社 】 ・ 東 京 : 東 京 都 新 宿 区 市 谷 本 村 町 2-28 電 話 : 03-3269-0111 ・ 大 阪 : 大 阪 市 北 区 同 心 2-3-1 電 話 : 06-6358-3355 【 拠 点 】 仙 台 ・ 群 馬 ・ 名 古 屋 ・ 三 重 ・ 守 口 広 島 ・ 九 州 59 摂 政 が や は り 最 善