検索 - みる会図書館

全データから 214272件ヒットしました。

ポケット図解 韓国の鉄道の旅をとことん楽しむ本 (Shuwasystem Beginner’s Guide Book)


CONTENTS 韓 国 の 鉄 道 の 旅 を 楽 し む 本 は じ め に さ あ 、 旅 に 出 よ 、 つ : ・ 時 刻 表 の 入 手 方 法 と 読 み 方 切 符 の 買 い 方 ハ ス を 買 う ち ょ 。 と 雑 学 近 い 昔 の 切 符 売 場 ち ょ 学 李 朝 の 鉄 道 建 設 発 注 に 応 え ら れ な か っ た 米 国 商 人 バ ウ チ ャ ー 券 を 本 券 に 交 換 ・ ポ ケ ッ ト 図 解 -1 ー 1 1 ー 9- 1 ー ー 4 第 1 章 14 12 耳 よ り コ ラ ム 有 料 全 自 動 式 ト イ レ ( 韓 国 の 公 衆 ト イ レ ① ) : .8 エ コ ノ ミ ー ホ テ ル 考 耳 よ り コ ラ ム 和 式 便 所 を 「 東 洋 式 」 と 呼 ぶ ( 韓 国 の 公 衆 ト イ レ ② ) : ・ 長 頂 線 で 群 山 ま で ( 列 車 追 跡 ① ) 群 山 ・ 日 本 式 建 物 の 街 、 月 明 洞 神 社 と 石 段 が 残 っ て い た 木 浦 1 ー ) 0 1 ー 1 ー 8 54 46 34 33

るるぶ韓国 : ソウル・釜山・済州島 '15


ー ~ → ア ン ケ ー ト に ご 協 力 く だ さ い 、 一 、 Web 、 FAX 、 郵 便 の い ず れ か の 方 法 で ア ン ケ ー ト に お 答 え く た さ い 。 よ り 楽 し く 充 実 し た 誌 面 作 り の た め の 参 考 に さ せ て い た だ き ま す 。 日 は 毎 年 3 ・ 6 ・ 9 ・ 12 月 末 日 ( 郵 便 は 当 日 消 印 有 効 ) で す 。 全 応 募 者 の 中 か ら 抽 選 で 、 下 記 の プ レ ゼ ン ト が 当 た り ま す 。 な お 、 当 選 者 の 発 表 は 発 送 を も っ て 代 え さ せ て い た た き ま す 。 \ 5 , 000 加 当 變 。 ー や ー 第 JTB ナ ( 5 。 。 。 明 ) イ ス ギ フ ト ( 500 円 分 ) 日 本 全 国 00 万 店 以 上 0 日 本 全 国 0 書 店 で 使 え 0 , 、 = リ 00 特 製 テ ル 等 で 使 え る 商 品 券 TB バ ブ リ ッ シ ン グ 海 外 情 報 部 第 一 編 集 部 『 る る ぶ 韓 国 ツ ウ ル 山 ・ 済 州 印 15 』 係 http://www.rurubu.com/enquete/n 間 03-6888-7874 裏 面 の 住 所 宛 に お 送 り く た さ い Web で FAX で - ・ を と れ す を に / な く お 名 前 こ 業 性 別 男 ・ 女 ご 住 所 メ ー ル ( PC 用 ) ※ メ ー ル マ カ ジ ン の 配 信 を く 希 望 す る 〉 く 希 望 し な い 〉 年 齡 歳 100 名 様 ー 《 谷 折 り ① 過 去 に 発 行 さ れ た 『 る る ぶ 韓 国 ・ ソ ウ ル ・ 釜 山 ・ 済 州 島 』 を お 持 ち で す か ? 持 っ て い な い 持 っ て い る ・ こ の 本 を 購 入 す る 決 め 手 と な っ た ポ イ ン ト は ? ( 最 大 5 つ ま で 選 択 可 ) 0 特 集 の テ ー マ 6 掲 載 物 件 数 ◎ 掲 載 物 件 の 選 び 方 ◎ 掲 載 地 域 0 表 紙 0 デ ザ イ ン ◎ 写 真 価 格 ① 地 図 ① 本 の 軽 さ 特 製 付 録 ① 情 報 の 新 し さ 朝 る る ぶ へ の 安 心 感 ・ 信 頼 感 そ の 他 ( ・ 購 入 し た 時 期 は ? 0 行 き 先 を 検 討 す る と き 6 予 約 を 申 し 込 む 前 ◎ 予 約 を 申 し 込 ん た 後 ◎ 出 発 の 直 前 ② こ の 本 を ど の よ う に 利 用 し ま し た か ? 0 常 時 携 帯 6 ホ テ ル に 置 く ◎ 一 部 切 っ て 携 帯 ◎ 日 本 に 置 い て い っ た 0 コ ピ ー を し て 携 帯 ・ こ の 本 以 外 に 購 入 し た 本 は あ り ま す か ? ( 複 数 回 答 可 ) 0 ま つ ぶ る 6 地 球 の 歩 き 方 MOOK OTRAVEL STYLE ◎ ラ ラ チ ッ タ 6 こ と り つ ぶ 0 aruco 6 そ の 他 ( ・ 今 回 の 旅 行 に つ い て お 書 き く た さ い ・ 今 回 の 主 な 旅 行 先 を 教 え て く た さ い 。 ソ ウ ル / 水 原 / 江 華 島 / 板 門 店 / 慶 州 / 良 洞 民 俗 村 / 釜 山 / 済 州 島 ) 年 ( ) 月 こ ろ に 旅 行 ( 日 ) そ の 他 ( ・ 韓 国 へ は ( ) 回 目 / 初 め て ・ 今 回 の 主 な 旅 行 目 的 を 教 え て く だ さ い 。 ・ 同 行 者 ( 家 族 / 夫 婦 / 友 人 / 恋 人 / 仕 事 関 係 の 人 / ひ と り ) 観 光 / 街 歩 き / グ ル メ / 買 物 / 工 ス テ ・ 汗 蒸 幕 / コ ス メ / ホ テ ル ・ リ ゾ ー ト / ・ 旅 行 形 態 ( 添 乗 員 同 行 の ツ ア ー / 航 空 券 と ホ テ ル の み / 自 分 で ロ ケ 地 巡 り / コ ン サ ー ト そ の 他 ( 航 空 券 と ホ テ ル を 手 配 ) ・ 役 に 立 っ た 記 事 、 不 要 だ っ た 記 事 は ど れ で す か ? 以 下 か ら お 選 び く だ さ い 。 ( 最 大 5 つ ま で 選 択 可 ) ① 韓 国 早 わ か り ② KOREA リ ポ ー ト ③ は る な 愛 の 一 LOVE 韓 国 ④ Message from 超 新 星 ⑤ 韓 国 通 52 人 の 雹 ク チ コ ミ 大 全 集 ⑥ 2 泊 3 日 ゴ ー ル デ ン プ ラ ン ⑦ 最 旬 ク ル メ NEWS ⑧ 朝 ・ 昼 ・ 晩 の 決 め 打 ち 必 食 リ ス ト ⑨ 東 大 門 シ ョ ッ ピ ン グ ビ ル で プ チ プ ラ ア イ テ ム Get ! ⑩ 人 気 セ レ ク ト シ ョ ッ プ & SPA プ ラ ン ド 大 研 究 ! ⑩ 優 秀 フ ァ ッ シ ョ ン 雑 貨 図 鑑 ⑩ ソ ウ ル テ ィ ス ト な 雑 貨 に 夢 中 ! ⑩ 憧 れ ハ イ プ ラ ン ド は 免 税 店 で 手 に 入 れ る ! ⑩ は ら ま き み や げ 良 品 セ レ ク シ ョ ン ⑩ 厳 選 ! プ レ ミ ア ム み や げ ⑩ ソ ウ ル 的 市 場 案 内 ⑩ 実 力 派 サ ロ ン で 憧 れ 小 顔 & 美 肌 に ! ⑩ 韓 医 院 ビ ュ ー テ ィ 体 験 レ ポ ー ト ⑩ プ チ サ ロ ン で お 手 軽 キ レ イ ⑩ 汗 蒸 幕 と チ ム シ ル バ ン 旅 の 疲 れ は マ ッ サ ー シ で 解 消 ! 2 古 宮 歴 史 散 歩 必 訪 観 光 SPOT ) 魅 惑 の エ ン タ メ ガ イ ド 体 験 ワ ー ル ド へ よ う こ そ ! ⑩ 散 策 工 リ ア NA Ⅵ の 日 帰 り ト リ ッ プ ⑩ 快 適 ホ テ ル 案 内 ⑩ 釜 山 早 わ か り ⑩ 名 物 市 場 を 完 全 満 喫 シ ー サ イ ド SPOT ク ル ー シ ン グ ⑩ チ ム ジ ル バ ン 体 験 ナ イ ト ス ポ ッ ト 探 訪 ) 釜 山 名 物 グ ル メ ガ イ ド 釜 山 工 リ ア カ イ ド ⑩ 慶 州 ① 済 州 島 早 わ か り ⑩ ネ イ チ ャ ー SPOT 訪 問 ⑩ 島 の 市 場 で 名 物 み や け を お 持 ち 帰 り ! ⑩ 海 と 山 の ア ク テ イ ヒ テ ィ を エ ン シ ョ イ ! ⑩ 済 州 島 名 物 ク ル メ ガ イ ド @済 州 印 の と っ て お き み や げ ⑩ 済 州 島 エ リ ア カ イ ド ⑩ 旅 の 情 報 ⑩ 付 録 ① コ ス メ NOTE ⑩ 付 録 ② 韓 流 BOOK 付 録 3 持 ち 歩 き MAP ・ 役 に 立 っ た 記 事 ・ ・ ・ ( ) ・ 不 要 た っ た 記 事 ・ ・ ・ ( ・ 本 を 使 っ て み て 、 気 に な っ た 点 は ど こ で す か ? ( 最 大 5 つ ま で 選 択 可 ) ① 掲 載 物 件 か 少 な い ② 掲 載 物 件 が 多 く 、 ど こ に 行 け ば い い か 分 か ら な い ③ 掲 載 物 件 の 選 ひ 方 が 悪 い ④ 行 き た い 場 所 が 探 し に く い ⑤ 誌 面 が 見 に く い ⑥ デ ザ イ ン の セ ン ス が 悪 い ⑦ 地 図 が 見 に く い ⑧ 地 図 が 少 な い ⑨ 文 章 が 少 な い ⑩ 写 真 か 少 な い ⑩ 特 製 付 録 が 大 き す き る ⑩ 本 が 重 い ⑩ そ の 他 ( ・ 今 後 、 『 る る ぶ 韓 国 ・ ソ ウ ル ・ 釜 山 ・ 済 州 島 』 で 、 増 や し て ほ し い 情 報 は 何 で す か ? ( 最 大 5 つ ま で 選 択 可 ) ① 観 光 ② モ デ ル プ ラ ン ③ グ ル メ ④ 買 物 ⑤ コ ス メ ⑥ ホ テ ル 、 リ ゾ ー ト ⑦ 工 ス テ ・ 汗 蒸 幕 ⑧ 現 地 の 諸 事 情 ( 治 安 な と ) ⑨ 出 入 国 関 連 情 報 ⑩ 交 通 情 報 ⑩ 最 新 情 報 や 現 地 ト レ ン ド ⑩ 穴 場 の ス ポ ッ ト ⑩ ク チ コ ミ 情 報 ⑩ 現 地 語 表 記 ⑩ シ ー ス ン 情 報 ⑩ 韓 流 ス タ ー 情 報 ⑩ そ の 他 ( ー 《 谷 折 り ^ ^ 谷 折 り >> の り し ろ の り し ろ 久 谷 折 り 》 ※ ご 記 入 い た だ い た ご 意 見 ・ ご 質 問 等 に 対 す る 個 別 の 回 答 は い た し て お り ま せ ん 。 あ ら か じ め ご 了 承 く だ さ い 。 《 谷 折 り 》 の り し ろ

ポケット図解 韓国の鉄道の旅をとことん楽しむ本 (Shuwasystem Beginner’s Guide Book)


ポ ケ ッ ト 図 解 国 髞 韓 道 ( 株 ) 韓 国 鉄 道 新 聞 提 供 韓 国 に も 日 本 と 同 様 の ツ ア ー 客 を 集 め て 運 行 す る 団 体 臨 時 列 車 が あ る が 、 通 年 運 転 の リ ゾ ー ト 列 車 と 言 え ば 、 目 下 の と こ ろ 江 陵 一 三 陟 を 走 る 海 列 車 ( バ ダ ヨ ル チ ャ ) だ け で あ る 。 海 が 間 近 に 迫 る た び 、 女 性 乗 務 員 の 「 は ~ い 、 皆 さ ん 、 海 が 見 え ま す 。 写 真 を 撮 る な ら 今 で す ! 」 と い う 放 送 が 車 内 に 響 く 。 列 車 で 遊 ぶ 「 世 界 一 海 に 近 し 碼 と し て 知 ら れ る 正 東 津 駅 に 着 い た 海 列 車 。 海 列 車 の 切 符 は 真 夏 の 土 日 に プ ラ チ ナ チ ケ ッ ト へ と 変 わ る 。 ホ ー ム に は 目 前 の 海 を 見 よ う と 、 短 い 停 車 時 間 の 間 に 降 り た 人 や 、 こ の 駅 か ら 乗 る 人 で こ っ た 返 す 。 ( 株 ) 韓 国 鉄 道 新 聞 提 供

ポケット図解 韓国の鉄道の旅をとことん楽しむ本 (Shuwasystem Beginner’s Guide Book)


・ 5 広 或 電 鉄 ( 列 車 種 別 ⑤ ) 2 韓 国 鉄 導 公 社 が 運 営 す る 「 地 下 鉄 」 路 線 国 政 府 が 解 決 に 協 力 、 そ の お 礼 と し て 、 日 本 が 全 通 勤 電 車 登 場 は 一 九 七 四 年 「 広 域 鉄 道 」 と は 以 前 は 首 都 圏 電 鉄 と 呼 ば れ 、 面 的 に 技 術 提 供 を し て 出 来 上 が っ た の が 、 こ の 韓 国 鉄 道 公 社 の 路 線 の 中 で 、 通 勤 電 車 が 走 る 区 路 線 。 現 在 は 京 元 線 逍 遥 山 ー 清 凉 里 ( 地 下 ) 、 京 間 を い い 、 韓 国 の 「 国 電 」 と も い え る 存 在 。 地 下 釜 線 ソ ウ ル ー 九 老 ー 天 安 、 京 仁 線 九 老 ー 仁 川 鉄 で 街 歩 き を す る の は 「 汽 車 旅 」 と は = = ロ い づ ら く 、 一 山 線 大 化 ー 紙 柵 、 果 川 線 南 泰 嶺 ー 衿 井 、 安 山 紀 行 文 の 話 題 と し て は 相 応 し く な い と 思 わ れ る 線 衿 井 ー 烏 耳 島 、 盆 唐 線 宣 陵 ー 宝 亭 、 中 央 線 清 か も し れ な い が 、 こ れ で も 立 派 な 韓 国 鉄 道 公 社 の 凉 里 ー 八 堂 、 京 一 兀 線 龍 山 ー 往 十 里 ー 清 凉 里 ( 地 旅 客 列 車 の 仲 間 な の で あ え て 取 り 上 げ さ せ て も 上 ) ー 回 基 と い っ た 路 線 が あ り 、 す べ て ソ ウ ル メ ト ロ 、 ソ ウ ル 都 市 鉄 道 公 社 、 仁 川 広 域 市 地 下 鉄 公 ら う 次 第 。 一 九 七 四 ( 昭 和 四 九 ) 年 八 月 一 五 日 に 城 北 ー 水 社 と ネ ッ ト ワ ー ク で 結 は れ 、 運 賃 も 一 本 化 さ れ て 原 / 仁 川 間 で 開 業 し た の が 、 こ の 「 広 域 電 鉄 」 の い る 。 一 方 、 同 じ 韓 国 鉄 道 公 社 の 路 線 な が ら 、 ム グ ン ル ー ツ 。 一 九 七 〇 ( 昭 和 四 五 ) 年 三 月 三 一 日 に 日 本 赤 軍 が 起 こ し た よ ど 号 ハ イ ジ ャ ッ ク 事 件 で 韓 フ ァ 号 や ト ン グ ン 列 車 に 乗 り 換 え る 場 合 は 、 一

ポケット図解 韓国の鉄道の旅をとことん楽しむ本 (Shuwasystem Beginner’s Guide Book)


乗 せ る と 、 列 車 は 滑 り 出 す よ う に 動 き 出 し た 。 八 月 一 一 〇 日 の 日 本 は 夏 の 真 っ 盛 り だ が 、 韓 国 は 夏 の 終 わ り に 近 付 き 、 行 楽 客 は や や 少 な め 。 そ れ で も 龍 山 を 出 る と き 、 座 席 の 半 分 程 度 は 砿 ケ 機 埋 ま っ て い た 。 さ て 、 こ の セ マ ウ ル 号 で 一 番 注 目 す べ き は 、 一 一 写 カ サ ス ム 〇 〇 八 年 一 一 月 一 日 か ら 連 結 さ れ る よ う に な っ た ド ー ゲ カ フ ェ 客 車 で あ る 。 韓 国 鉄 道 公 社 で は チ ラ シ ま で 作 成 し 、 宣 伝 を 行 っ た 。 そ の 実 体 調 査 と 朝 食 用 弁 当 の 確 保 を 兼 て 、 カ フ ェ 客 車 へ と 行 く こ と に し た 。 余 剰 と な っ た 食 堂 車 を 改 造 し た 車 両 で 内 部 は 以 下 の 見 取 り 図 の よ う に な っ て い た 。 売 店 部 分 は 、 か っ て 食 堂 車 の 厨 房 が あ っ た 部 ョ 1 ゲ 取 升 分 で 、 弁 当 と 飲 み 物 の 販 売 A 」 惱 市 電 話 の 充 電 サ ー 内 の ル ビ ス を 行 っ て い る 。 販 売 員 は コ レ ー ル ツ ア ー ( 韓 国 鉄 道 公 社 の 外 郭 団 体 で 団 体 臨 時 列 車 を 運 営 す フ カ カ カ ・ る 企 業 ) に 所 属 す る 若 い 女 性 一 人 。 弁 当 は 焼 肉 弁 第 ー 章 ・ さ あ 、 旅 に 出 よ う : こ

ポケット図解 韓国の鉄道の旅をとことん楽しむ本 (Shuwasystem Beginner’s Guide Book)


模 理 化 さ れ た ロ ー カ ル 駅 舎 邱 線 経 由 で 東 大 邱 へ 行 く 列 車 を 使 う し か な い 。 給 水 塔 が チ ャ ー ム ボ イ ン ト 一 一 〇 〇 七 年 一 一 月 七 日 、 前 日 に 蔚 山 で 日 本 統 仁 川 国 際 空 港 免 税 店 内 の 本 屋 に 、 薄 い 板 で で き た 韓 国 式 藁 葺 き 小 屋 の 組 み 立 て 式 模 型 。 帰 国 治 時 代 の 古 い 灯 台 ( 蔚 崎 灯 台 ) や 漁 村 ( 方 魚 津 ) を 時 に 買 っ て 、 自 宅 で 組 み 立 て た 。 設 計 図 に メ ー 散 策 し 、 朝 七 時 四 一 一 分 発 の ム グ ン フ ァ 号 で 行 っ カ ー の ホ ー ム ペ ー ジ ア ド レ ス が あ る の を 見 つ け 、 て み た 。 ア ク セ ス し て み て ビ ッ ク リ 。 同 じ シ リ ー ズ に 「 花 列 車 が 慶 州 を 通 る 頃 、 車 窓 の 外 は 流 れ る 朝 霧 本 ( フ ア ボ ン ) 駅 」 と い う 木 造 の ロ ー カ ル 駅 舎 が で 真 っ 白 。 そ の 霧 が ち ょ う ど 晴 れ た 頃 、 花 本 駅 あ る 。 も ち ろ ん 、 そ の 次 に 訪 韓 し た と き に そ の の ホ ー ム が 見 え て き た 。 駅 舎 は 小 柄 な 木 造 平 屋 模 型 を 購 入 し た が 、 気 に な る の は 実 物 。 説 明 文 の 建 物 で 、 東 北 や 北 陸 な ど の 雪 国 の 小 さ な 駅 を に は 「 韓 国 の 鉄 道 愛 好 家 が 選 ん だ 一 番 美 し い ロ ー 彷 彿 と さ せ る 。 ち っ ぽ け な ロ ー カ ル 駅 舎 が 決 し カ ル 駅 」 。 し か し 、 中 央 線 ( 清 凉 田 - = ー - 三 八 七 ・ て 多 い と は い え な い 韓 国 の 、 鉄 道 フ ァ ン か ら 支 一 一 キ ロ メ ー ト ル ) の 小 さ な ロ ー カ ル 駅 だ け に 各 駅 持 さ れ た 秘 密 は 何 な の か 。 「 ( 韓 国 文 化 放 送 ) 大 邱 放 送 局 が 、 旅 情 停 車 タ イ プ の ム グ ン フ ァ 号 が 一 日 一 一 往 復 停 ま る だ け 。 こ の 駅 に 行 く に は 、 慶 州 側 か ら 行 く か 大 あ ふ れ る 美 し い ロ ー カ ル 駅 を 選 ん で 駅 前 に 詩 碑 0 第 4 章 ・ 鉄 道 で 伝 げ ( み お す → す め 一 観 。 。 光 を = 望 空 科 き 子 ) 。 ツ 望 ① 1 200 、 一 - ー 一 一 一 、 を ~ - 花 本 駅 で か っ て 使 わ れ て い た ボ ー 司 レ 紙 製 の 切 符 ( 硬 券 ) 。 2004 年 4 月 に KTX カ 通 し た 際 に 、 切 符 の 様 式 が 一 本 化 さ れ 、 こ の タ イ プ の 切 符 は 使 わ れ な く な っ た 。 210

ポケット図解 韓国の鉄道の旅をとことん楽しむ本 (Shuwasystem Beginner’s Guide Book)


0 ~ 一 韓 国 駅 弁 、 汽 車 弁 事 情 ろ 京 釜 線 以 外 の 路 線 で は 駅 弁 は 入 手 困 難 独 特 の 駅 弁 文 化 現 在 、 駅 弁 専 門 売 店 が あ る の は ソ ウ ル 、 龍 山 、 一 一 ユ ー フ ェ ー ス に 釜 山 の 寿 司 弁 当 韓 国 人 は 冷 た い こ 飯 を 日 本 統 治 時 代 に は 京 釜 線 ・ 三 浪 津 駅 の ウ ナ ギ 大 田 、 東 大 邱 、 釜 山 の 五 駅 の YI—>< ホ ー ム で 大 手 敬 遠 す る 傾 向 が あ る た め 駅 弁 よ り 食 堂 車 の ほ 弁 当 が 人 気 商 品 で わ ざ わ ざ 一 食 抜 い て 食 べ る の コ ン ビ 一 一 エ ン ス ス ト ア が 運 営 し て い る 。 そ の 他 釜 う が 歓 迎 さ れ た つ だ 。 ま た 、 弁 当 Ⅱ 日 本 文 化 を 楽 し み に し て い た 人 も い た と か 。 大 き な 駅 に 山 駅 の 改 札 ロ と ホ ー ム の 間 の 渡 り 廊 下 に 日 と 思 わ れ て い る フ シ が は 鉄 道 省 ( 後 の 国 鉄 、 (-) 日 各 社 の 前 身 ) の 駅 同 様 <——J 流 通 が 、 白 身 魚 の 寿 司 と 海 苔 巻 き を 売 る あ る 。 韓 国 か ら の お 客 様 を 連 れ て 小 田 急 ロ マ に そ れ な り の 駅 弁 が あ っ た よ う で 、 い ま で も 当 時 専 門 売 店 を 一 一 〇 〇 六 ( 平 成 一 八 ) 年 一 〇 月 一 一 五 日 ン ス カ ー に 乗 っ た と き の こ と 。 そ の 方 は 小 田 に 設 置 し て い る 。 京 釜 線 の 場 合 は 、 大 き な 駅 の 売 の 駅 弁 の 包 装 紙 を 持 っ て い る コ レ ク タ ー を 見 か 急 新 宿 駅 の 駅 弁 コ ー ナ ー を 見 て 一 IIII[IO 「 や あ 、 け る こ と が あ る 。 し か し 、 旅 行 に は 駅 弁 と い う 文 店 で 駅 弁 コ ー ナ ー と は い え な い ま で も 海 苔 巻 き さ す が に 日 本 は 弁 当 の 化 は 日 本 独 特 の も の の よ う で 、 韓 国 の お 年 寄 り ( 韓 国 式 の キ ム パ プ ) や サ ン ド イ ッ チ を 売 っ て い た 国 に 。 か 多 い ね ェ 」 。 の 中 に は 未 だ に 弁 当 を 韓 国 式 に 「 ト シ ラ ク 」 と は り す る が 、 そ れ 以 外 の 駅 で は 、 か な り 大 き な 駅 で * YOC<—--I 流 通 弘 益 会 を 前 身 と す る 駅 呼 ば ず 、 日 本 式 に 「 ヘ ン ト ー 」 と 呼 ぶ 人 も い る が 、 も 弁 当 を 売 っ て い な い こ と が よ く あ る 。 Y*>< 、 売 店 運 営 会 社 。 弘 益 会 解 放 後 の 韓 国 で は 郷 土 料 理 を 取 り 入 れ る よ う な セ マ ウ ル 号 、 ム グ ン フ ァ 号 の 車 内 販 売 で は 、 た ま は 一 九 = 天 年 ( 昭 和 一 一 年 ) に 、 設 立 さ れ た 鉄 一 に 弁 当 を 見 か け る が 、 売 り 切 れ て い る こ と も 多 独 特 の 駅 弁 文 化 は 発 展 し な か っ た 。 職 者 や 労 働 災 害 に あ っ た 職 員 、 そ の 家 族 の 福 9 第 3 章 ・ 鉄 道 と 食

もう一つの万葉集


さ が む ん ⑩ 師 可 聞 ( 洩 ら し て 行 く と ) さ 「 師 」 は 韓 国 音 で 、 「 」 。 「 可 」 も 韓 国 音 で 、 「 水 」 。 む ん 「 聞 」 も 韓 国 音 で 、 「 ロ 」 。 さ が む ん 三 字 合 わ せ て 「 さ が む ん 」 、 韓 国 語 の 「 外 ロ ど で 、 「 洩 ら し て 行 く と 」 の 意 。 「 射 精 し て 行 く と 」 、 と い う こ と で す 。 単 な る 「 洩 ら す と 」 で な く 、 「 洩 ら し て 行 く と 」 な の で す 。 こ れ は 、 「 被 教 育 者 で あ る 若 い 男 性 」 が 、 女 性 の 家 に 「 行 く 」 こ と を 意 味 し て い る の で す 。 要 す る に 「 さ 姓 い 」 の 「 牽 牛 」 が 、 行 為 後 、 自 分 の 家 に 帰 っ て く る こ と を 表 現 し て い ま す 。 み よ ん む ん 「 聞 」 は 「 む ん 」 と よ ん で い る の で す が 、 現 代 標 準 語 で は 「 弖 」 と な り ま す 。 「 。 一 」 」 は ロ 語 体 、 ま た は 方 言 体 、 古 語 体 で す 。 以 上 、 「 寐 而 師 可 聞 」 の 従 来 の 解 釈 は 、 「 い ね て し か も 」 ( 寝 た い も の だ ) と な っ て い ま す 。 も さ り え さ か 伊 毛 左 袮 而 師 加 ( こ の 端 に 洩 ら そ う か ) こ れ も 、 「 一 云 : : : 」 の 部 分 で す 。 「 伊 」 は 韓 国 音 で 、 「 引 」 。 「 毛 」 も 韓 国 音 で 、 「 ヱ 」 。 さ 「 左 」 は 日 本 音 で 、 「 さ 」 、 韓 国 語 の 「 朴 」 に あ て ま す 。

るるぶ韓国 : ソウル・釜山・済州島 '15


訪 韓 の 度 に シ ー ト マ ス 韓 国 グ ル メ に 精 通 す る 。 一 日 1 0 食 も 厭 わ な ク を 60 枚 以 上 購 入 。 韓 い 鉄 の 胃 袋 の 持 ち 主 。 流 と コ ス メ に 詳 し い 。 韓 国 で は 食 べ 歩 き と 、 仕 事 も プ ラ イ ベ ー ト も 人 と は 違 う お み や げ 探 韓 国 。 地 方 の 食 や 文 化 し に 念 を 燃 や す 。 を こ よ な く 愛 す る 。 全 員 、 訪 韓 回 以 上 の ヘ ビ ー リ ビ ー タ ー 0 ー ) 韓 国 版 海 苔 巻 き で す ね ! よ く 購 入 す る お 気 に 入 り の お を 作 る な ら コ レ ! カ ッ ト さ み や け を 教 え て く だ さ い 。 れ て い な い 全 形 サ イ ズ べ タ で す か 、 の 名 品 毎 苔 。 誰 も が お 0 い し い と 言 っ て く れ ま す ね 。 高 級 す ぎ な い 値 段 も ◎ 。 そ れ か ら 、 マ シ ュ マ ロ が 挟 ま れ た 「 情 」 の チ ョ コ バ イ 。 お み や け の 定 番 で す が 、 ス イ ー ツ 好 き な 私 の 大 好 物 の 一 つ 。 リ ビ ー タ ー に な る ほ と に 、 こ こ に 戻 る 定 番 の 韓 国 み や げ 。 安 、 ロ ッ テ の 名 家 般 物 餅 バ イ を も ら っ て て 美 味 で 食 べ 比 べ も 楽 し い 。 べ ま し た が 、 な か な か お い し か っ た で 工 ゴ マ 油 香 る 海 苔 す 。 ナ ツ ツ が い つ ば い 入 っ て い て 食 べ 応 え も あ り ま す 。 2013 年 は 、 袋 麺 の オ ッ ト ウ ギ の 通 常 ゴ マ 油 の と チ ャ プ チ ェ が 話 題 で し た 。 辛 口 が 出 た ら し い こ ろ 、 香 り の 高 い の で 、 今 も ら っ た ら き っ と う れ し い で す 。 工 ゴ マ 油 を 使 用 。 メ ー カ ー は 問 わ な い の で す が 、 缶 入 り の 8 パ ッ ク 入 り : 第 十 を ~ 二 を 身 阯 ュ 当 ま " 0 = 語 。 高 級 感 が あ り 、 ち = 0 と し た 贈 答 用 に も い い し 、 大 人 数 で 食 卓 を 囲 む と き に も お す す め 。 韓 ト ッ ク も よ く 買 し 、 ま す 。 日 本 の イ ン ス タ ン ト の シ ャ シ ャ 餅 よ り 小 さ い の で 数 分 で 火 が 通 り 、 使 い や す ン 麺 。 太 麺 が 特 徴 。 玉 ね ぎ い 。 ご 飯 イ ) り に 鍋 に 投 入 し ま す 。 Market 0 を 加 え て 調 理 し て 本 格 派 食 材 な ら 、 ゴ マ 油 が 絶 品 。 搾 り た て は 本 リ ア ル 0 日 本 で は お 目 に か か れ な い 韓 ク ラ ッ カ ー チ 当 に 香 り が い い の で 、 日 本 の も の と は 全 ・ 番 チ ャ ル ト ッ ク バ イ 国 風 の 味 わ い 。 か な り バ ラ エ テ 天 然 酵 母 然 違 う ん で す 。 ナ ム ル を 作 る と き も 、 塩 と ゴ ィ 豊 富 た か ら 数 種 を チ ョ イ ス 。 チ ョ コ の 中 に 餅 の 入 っ の ク ラ ッ カ ー を 乳 化 マ 油 だ け で 本 格 的 な 味 に 。 乾 燥 ワ カ メ は 日 第 た 韓 国 な ら で は の お 菓 剤 な ど 不 使 用 の チ ョ 本 の よ り も 肉 厚 で 食 べ 応 え が あ る 。 量 も 多 い 激 辛 鶏 肉 炒 め 麺 子 。 ま と め 買 い 必 至 ! コ で コ ー テ ィ ン グ の で お 得 で す ! ク セ に な る 辛 さ で 、 ビ ー ル に も び っ た り ! 野 菜 シ ン ダ ン ド ン 確 か に 、 済 州 島 で 海 女 さ ん か ら 直 接 購 入 0 を 入 れ る の が ◎ ト ツ ボ ッ キ し た ワ カ メ は 肉 厚 で 見 事 で し た 。 産 地 と し て は 釜 山 近 く の 機 張 ( キ ジ ャ ン ) や 、 全 羅 南 イ カ の 旨 み が 出 た 韓 国 式 の チ 元 祖 「 新 堂 洞 ト ッ ポ ッ 道 の 莞 島 ( ワ ン ド ) が 有 名 で す よ ね 。 旅 行 中 に 食 べ て は ま る 人 続 出 。 ャ ン ポ ン 麺 を カ ッ プ で 手 軽 に ! キ 」 を ス ナ ッ ク で 再 韓 国 銘 菓 は 実 は ス ナ ッ ク に ア ご は ん に 入 れ て 炊 く コ ン ブ や ヒ ジ キ も 現 。 甘 辛 で 止 ま ら 、 リ ? ( 笑 ) お 気 に 入 り を 探 せ ! お す す め 。 炊 き 込 み こ 飯 の よ う に な る の 辛 い セ ウ カ ン ー で 栄 養 価 が ア ッ プ す る の と 、 こ 飯 の 旨 味 も 増 し ま す 。 そ れ と 、 干 し ダ ラ 、 ム ー ル 貝 な ど 天 然 日 本 で も お 馴 染 み の 物 の ダ シ 用 粉 末 。 ダ シ 以 外 で も 、 和 え 物 な ど 0 カ ッ パ え び せ ん の ス に 振 る と 風 味 が よ く な り ま す 。 工 ゴ マ の 粉 は / ヾ イ シ ー ノ ヾ ー シ ョ ン 鍋 料 理 の コ ク 出 し 、 く さ み 消 し に 。 あ と 、 豚 キ ム チ な ど の 豚 肉 に ま ぶ し て お く と ぐ っ と お い 濃 厚 な 牛 骨 匚 入 、 - 、 バ タ ー ワ ッ フ ル ス ー フ 。 味 。 し く な り ま す 。 は 米 粉 入 り ウ ェ ス テ ィ ン の キ ム チ は 辛 味 が ビ ン ツ 一 度 は は ま っ た と い う 日 本 人 も で 滑 ら か 。 辛 、 き ア 説 明 不 要 の 人 気 ア イ テ ま ど よ く 、 他 の キ ム チ と は 味 カ い ま す 。 多 し ! 1 包 3 枚 入 ><5 バ ッ ク 入 り 味 が 苦 手 な ! : 彡 ム 亜 流 も 出 て い る け れ ヨ ー ロ ッ パ 風 プ レ ミ ア ム チ ョ 人 に ぜ ひ ! ハ ッ ケ ー ジ も 高 級 感 が あ っ て お し ゃ れ 。 ロ ッ ど 、 や つ ば り コ レ コ ビ ス ケ ッ ト 。 甘 さ 控 え め テ 百 貨 店 の 地 下 で 購 入 で き ま す 。 オ ー ソ ル ロ 、 コ コ て 買 ま し に ! / ッ ク の 韓 は 、 種 類 が 豊 富 で パ ッ ケ ー ジ も 素 敵 。 韓 国 茶 の イ メ ー ジ が 変 わ っ た と よ く 言 わ れ ま す 。 こ こ の シ ー ト マ ス ク も お す す め ! ロ 厘 州 号 習 E ロ 厘 恒 厘 召 空 吾 習 △ 号 習 ス ー パ ー で 買 え る お 茶 で は 、 と う も ろ 0 ム ロ 速 タ 三 ミ カ の 四 付 録 P2 1 ツ ラ ル 四 付 録 円 604 新 団 四 付 録 P2 1 匳 浦 空 四 付 録 門 C2 こ し の ひ げ 茶 。 香 ば し く て 優 し し 、 味 わ い が 病 み つ き に な り ま す 。 テ ィ ー バ ッ グ サ イ オ リ ジ ナ ル 製 品 に も 注 目 ス の も の カ 当 吏 し 、 や す く て い い で す よ 。 新 村 駅 に 直 甫 空 港 駅 か 高 速 バ ス タ ー 、 み や げ 探 し の 定 番 0 シ ト マ ス ク は ド 定 番 だ け ど 、 も ら う ス ポ ッ ト 。 食 品 は ミ ナ ル 駅 に 近 結 。 地 下 2 階 は ら 直 結 。 帰 国 生 鮮 食 品 、 地 前 の お み や げ く 、 便 利 。 キ ム も ち ろ ん 、 日 用 雑 と や つ は り う れ し い で す ね 。 ち ょ っ と 高 下 1 階 は ス ナ の 買 い 忘 れ 問 ズ セ レ ク シ ョ 貨 や コ ス メ 、 衣 服 い け ど 、 ゲ ル マ ス ク の ほ う が 肌 の 密 着 力 が よ ン が 品 質 も よ な と 3 階 建 て の 大 ッ ク 菓 子 や 調 題 は こ こ で 解 し 、 の で こ れ を も ら え る と 尚 う れ し い 。 を 型 店 。 ・ 1 、 4 号 線 、 味 料 、 麺 類 な と が 揃 う 。 朝 M2 号 線 決 し よ う 。 朝 5 、 9 号 線 、 空 港 鉄 道 く 狙 い 目 。 ・ M3 、 7 、 9 号 線 高 速 バ 0 皆 さ ん 、 意 外 に 定 番 も の を 買 っ て ま す 空 港 鉄 道 ソ ウ ル 駅 ー ス タ ー ミ ナ ル 駅 8-2 番 出 口 か ら 徒 新 村 駅 7 番 出 口 か ら 直 結 0 麻 浦 金 浦 空 港 駅 か ら 直 結 0 江 西 区 ハ ヌ 歩 5 分 0 瑞 草 区 蚕 院 洞 70-2 人 ヨ 主 か ら す ぐ 0 中 区 蓬 莱 洞 2 街 1 22 区 老 姑 山 洞 57-1 ロ ト 巫 早 土 ヱ ル キ ル 76 乙 ト 人 ヨ 早 耐 暑 召 76 802- ね ! そ れ と 、 韓 国 を 知 れ ば 知 る ほ ど 、 食 早 暑 己 H 2 フ ト 122 02-390- 57-1 容 02-326-0101 朝 10 ~ 21 -12 の 9 時 30 分 ~ 24 時 の 第 早 罟 70 ー 2 02-530-5000 材 の 虜 に な る よ う で す ね ( 笑 ) 。 2500 の 9 ~ 24 時 0 第 2 ・ 4 日 曜 6 23 時 の な し 2 ・ 4 日 曜 の 8 ~ 24 時 の 第 2 ・ 4 日 曜 韓 国 の 子 ど も に 大 人 気 キ ャ ラ 、 ポ ロ ロ の 海 苔 。 8 バ ッ ク 入 り 韓 国 人 も イ チ オ シ ! 国 内 No. 1 ブ ラ ン ド は 定 の 人 気 ア イ テ ム ら っ て 、 み や げ 座 談 会 定 か ら 進 化 ー ラ 良 品 セ し 菓 子 一 - w 3300 0 、 。 に 3 第 0 当 ロ 日 0 0 w 2400 編 集 F 第 キ ム バ ブ 用 海 苔 20 に れ ル 新 ~ w 3300 海 苔 の な か で も 人 気 を ニ 分 。 ご 飯 に か け る ふ り か け タ イ プ 。 つ ま み に も w 700 魚 介 系 の ダ シ が し つ か り 効 い た 、 ジ ワ リ と 辛 い ラ ー メ ン 。 根 強 い 人 気 4 岩 海 苔 チ ャ パ ノ こ ち ら は 岩 海 苔 で 作 っ た ふ り か け タ イ プ 。 磯 の 香 り た っ ぷ り ~ w 1800 Market 0 リ ア ル プ ・ ラ ウ : 日 本 で も 大 人 気 の 韓 望 旦 国 の 定 番 ス イ ー ツ 。 オ ー ガ ニ ッ ク プ ラ ン ド チ ャ バ ケ テ ィ w 750 a 0 モ 、 日 日 OWN W5120 イ カ チ ャ ン ボ ン カ ッ プ w 700 w 1940 - 千 w 770 . サ リ コ ム タ ン w 850 w 1980 w 650 キ ク ラ ブ 江 南 店 E マ ー ト 金 浦 空 港 店 ロ ッ テ マ - ト ソ グ ラ ン ト マ ー ト 学 生 街 の ス ー . パ ー 最 後 の 買 物 は こ こ て 決 駅 す く で ア ク セ ス 便 利 彡 ロ 「 一 54 KOREA'15 6 ま . き

るるぶ韓国 : ソウル・釜山・済州島 '15


が 渡 と の 航 う 力 、 よ 出 は み で ら て 分 か て 気 港 立 行 の を 旅 か 画 内 つ 計 国 Y の 間 め 、 時 じ い 3 は ら ~ を 分 辺 多 自 で 。 り 機 だ よ 行 外 ー 飛 海 的 へ 近 程 国 身 韓 番 ら 一 能 か る 可 本 き も 日 で 航 日 本 か ら 韓 国 へ な お 、 KTX 京 釜 高 速 線 に は 、 ソ ウ ル か ら 永 登 浦 、 水 原 を 通 っ て 大 田 へ 至 る 京 釜 線 経 由 路 線 や 、 東 大 邱 か ら 密 陽 、 亀 浦 を 通 っ て 釜 山 ま で を 結 ぶ 京 釜 線 経 飛 行 機 由 路 線 、 東 大 邱 か ら 密 陽 、 進 永 な ど を 通 っ て 晋 州 に ア ウ ラ : 旌 善 線 2016 年 2 月 現 在 、 成 田 、 羽 田 、 関 西 、 中 部 の 各 空 至 る 慶 全 線 直 通 路 線 も あ る 。 ま た 、 KTX 湖 南 高 速 旌 善 太 白 巷 を は じ め と し て 、 日 本 全 国 の 26 空 港 か ら 韓 国 に 向 線 に は 、 長 城 か ら 光 州 に 延 び る 光 州 線 経 由 路 線 、 ミ ド ウ ン サ ン 、 う 便 が 出 て い る 。 主 要 空 港 か ら ソ ウ ル へ は ほ ば 全 益 山 か ら 全 州 、 順 天 な ど を 経 由 し て 麗 水 エ キ ス ポ ま の 便 が 毎 日 運 航 し て お り 、 選 択 肢 が 多 く 便 利 だ 。 で を 結 ぶ 全 羅 線 直 通 路 線 が あ る 。 州 ソ ウ ル 郊 外 の 仁 川 空 港 へ は 、 成 田 国 際 空 港 か ら そ の ほ か 、 ソ ウ ル と 地 方 都 市 を 結 ぶ 超 特 急 列 車 安 東 中 央 听 要 約 2 時 問 40 分 、 羽 田 空 港 か ら も 所 要 約 2 時 間 セ マ ウ ル 号 と 、 韓 国 の 鉄 道 の ほ ば 全 域 を 網 羅 し て い 線 義 城 分 。 関 西 国 際 空 港 か ら 所 要 約 2 時 間 、 中 部 国 際 る 特 急 ム グ ン フ ァ 号 が あ り 、 そ れ ぞ れ ソ ウ ル ~ 釜 山 間 金 泉 亀 尾 を 港 か ら 所 要 約 2 時 間 。 よ り 都 市 部 に 近 い 金 浦 空 涌 項 を 所 要 約 5 時 間 、 約 5 時 間 40 分 で 結 ん で い る 。 大 邱 ー 巷 へ は 羽 田 空 港 か ら 所 要 約 2 時 間 30 分 。 関 西 国 東 大 邱 国 KORA に バ ス 祭 空 港 か ら 所 要 約 1 時 間 50 分 、 中 部 国 際 空 港 か ら 外 国 人 向 け の レ ー ル バ ス で 、 韓 国 国 内 の 鉄 道 が 一 定 期 蔚 山 海 密 陽 听 要 約 2 時 間 10 分 。 ま た 、 釜 山 へ は 成 田 、 関 西 、 中 間 乗 り 放 題 に な る 。 ノ ー マ ル バ ス は 1 、 3 、 5 、 7 日 間 有 効 の 4 進 永 昌 原 中 央 種 類 が あ る 。 日 本 で し か 購 入 す る こ と が で き ず 、 JR 九 州 旅 行 、 福 岡 、 札 幌 、 沖 縄 の 各 空 港 か ら 、 済 州 島 へ は 関 晋 州 や 、 韓 国 鉄 道 公 社 の HP ( 下 記 ) か ら 購 入 す る 。 光 州 松 冫 、 福 岡 の 各 空 港 か ら 直 行 便 が 飛 ん で い る 。 全 線 原 釜 山 現 在 運 航 中 の 航 空 会 社 は 、 日 本 航 空 ( JL ) 、 全 日 KTX の 乗 り 方 と ( NH ) 、 ア シ ア ナ 航 空 ( OZ ) 、 大 韓 航 空 ( KE ) 、 工 ア 予 約 は 1 カ 月 前 か ら 受 け 付 け て い 木 浦 麗 川 麗 水 エ キ ス ポ サ ン ( BX ) 、 チ エ ジ ュ 航 空 ( 7C ) 、 ユ ナ イ テ ッ ド 航 空 る 。 韓 国 鉄 道 公 社 の HPQwww KTX 京 釜 高 速 線 (A) 、 デ ル タ 航 空 ( DL ) 、 イ ー ス タ ー 航 空 (ZE) な ど 。 letskorail.com で は 、 韓 国 語 、 日 KTX 湖 南 高 速 線 船 本 語 、 英 語 で オ ン ラ イ ン 予 約 す る こ と も 可 能 だ 。 駅 で 高 速 バ ス チ ケ ッ ト を 購 入 す る 場 合 は 、 窓 口 で 出 発 駅 と 行 先 、 日 大 阪 港 、 下 関 港 、 博 多 港 、 対 馬 港 と 釜 山 港 を つ な 時 、 座 席 の 等 級 、 乗 車 人 数 を 伝 え よ う 。 出 発 の 1 5 分 韓 国 全 土 を 網 の 目 の よ う に 路 線 が 走 っ て お り 、 し 、 、 フ ェ リ ー が 運 航 さ れ て い る 。 フ ェ リ ー の 所 要 時 間 は か も リ ー ズ ナ ブ ル 。 特 に 地 方 間 の 移 動 は 本 数 も 多 く 前 ま で に は 改 札 へ 向 か う こ と 。 旧 航 港 に よ り 異 な る が 約 5 時 間 30 分 ~ 。 料 金 も 船 便 利 な の で 、 韓 国 を 周 遊 す る 場 合 は 高 速 バ ス 利 用 ソ ウ ル か ら KTX に 乗 る 際 は 、 方 面 に よ っ て 乗 車 駅 社 に よ っ て 異 な り 、 博 多 港 発 の カ メ リ ア ラ イ ン の 場 が 異 な る の で 要 注 意 。 釜 山 や 慶 州 方 面 へ 行 く に は を 視 野 に 入 れ て お く と よ い 。 ソ ウ ル ~ 釜 山 間 は 所 要 2 等 片 道 で 9000 円 ~ 。 博 多 港 か ら は フ ェ リ ー の ソ ウ ル 駅 か ら 、 木 浦 方 面 や 麗 水 方 面 へ は 龍 山 駅 か 約 4 時 間 30 分 、 W2 万 3000—- ま か 高 速 船 の ビ ー ト ル 号 も 運 航 さ れ て お り 、 所 要 時 ら 乗 車 す る 必 要 が あ る 。 司 は 約 3 時 間 、 片 道 1 万 3000 円 。 主 な バ ス タ ー ミ ナ ル 主 な 鉄 道 駅 日 本 の 船 会 社 問 合 先 ソ ウ ル パ ン ス タ ー ク ル ー ズ ( 大 阪 ~ 釜 山 ) ソ ウ ル ・ ソ ウ ル 高 速 バ ス タ ー ミ ナ ル ( MAP 付 録 ② P26D1 ) 容 06-661 4-2516 WWW. panstar. jp/ 関 釜 フ ェ リ ー ( 下 関 ~ 釜 山 ) ・ ソ ウ ル 駅 (MAP 付 録 ② PI 6C3 ) 各 地 へ の 路 線 を 幅 広 く 網 羅 し て い る 広 々 と し た タ ー 083-224-3000 www.kampuferry.co.jp/ 東 大 邱 、 新 慶 州 な ど の 各 駅 を 経 由 し て 釜 山 駅 ま で ミ ナ ル 。 釜 山 ・ 慶 尚 道 方 面 行 き の 京 釜 線 、 江 原 道 方 面 カ メ リ ア ラ イ ン ( 博 多 ~ 釜 山 ) 行 く KTX 京 釜 高 速 線 が 発 着 す る 。 ほ か に 京 釜 線 ・ 京 行 き の 嶺 東 線 と 、 忠 清 道 ・ 全 羅 道 方 面 の 湖 南 線 は 建 092-262-2323 www.camellia-line. CO. jp/ 義 線 と 、 金 浦 空 港 や 仁 川 空 港 に つ な が っ て い る 空 港 物 が 離 れ て い る の で 注 意 。 JR 九 州 高 速 船 ・ ビ ー ト ル ( 博 多 ~ 釜 山 ) 容 092-281-2315 www.jrbeetle.co.jp/ 鉄 道 ( A EX ) も 発 着 。 地 下 で 1 、 4 号 線 の ソ ウ ル 駅 ・ 東 ソ ウ ル 総 合 バ ス タ ー ミ ナ ル ( MAP 付 録 ② PI 3C7 ) と 接 続 し て い る 。 ソ ウ ル 高 速 バ ス タ ー ミ ナ ル に 比 べ 規 模 は や や 小 さ い ・ 龍 山 駅 ( MAP 付 録 ② PI 2C3 ) が 、 全 国 へ の バ ス が 出 て お り 、 中 ・ 小 規 模 都 市 へ も 直 全 羅 道 方 面 の 玄 関 口 。 行 で き る 便 が あ る 。 2 号 線 江 辺 駅 と 接 続 。 木 浦 駅 、 ま た は 光 州 駅 に 行 ・ ソ ウ ル 南 部 バ ス タ ー ミ ナ ル ( MAP 付 録 ② PI 3E5 ) く KTX は 龍 山 駅 か ら 発 着 す 京 畿 道 ・ 忠 清 道 方 面 の 便 が る 。 ほ か に 京 釜 線 ・ 中 央 線 充 実 。 ソ ウ ル 近 郊 都 市 へ の 移 飛 行 機 も 発 着 し て い る 。 動 に 便 利 で 、 慶 尚 道 ・ 全 羅 道 の 韓 国 国 内 で は 大 韓 航 空 、 ア シ ア ナ 航 空 の ほ か 、 地 方 都 市 も 網 羅 す る 。 扶 余 へ 釜 山 は こ の タ ー ミ ナ ル が お す す め 。 ア プ サ ン な ど 数 社 が 運 航 。 ソ ウ ル 、 釜 山 、 済 州 島 を ・ 釜 山 駅 ( P99C2 ) じ め 、 木 浦 や 大 邱 な ど 地 方 都 市 を 結 ん で い る 。 飛 ソ ウ ル 方 面 に 向 か う KTX に 乗 る 場 合 は 、 釜 山 駅 を 釜 山 機 移 動 の 場 合 は 、 国 際 線 と 同 じ 航 空 会 社 に 手 配 利 用 す る こ と に な る 。 ほ か に 京 釜 線 が 発 着 。 蔚 山 、 新 ・ 釜 山 総 合 バ ス タ ー ミ ナ ル ( P99A2 ) 依 頼 す る の が 得 策 だ 。 ー 慶 州 、 東 大 邱 な ど 近 郊 へ の ア ク セ ス も こ ち ら か ら が 便 釜 山 を 起 点 に 各 地 域 へ の 路 線 を 網 羅 。 慶 州 ・ 安 東 鉄 道 利 だ 。 MI 号 線 の 釜 山 駅 と 接 続 し て し 、 る 。 な ど の 慶 尚 北 道 地 域 と 江 原 道 は こ の タ ー ミ ナ ル 利 用 ・ 釜 田 駅 ( P99B2 ) が 便 利 。 1 号 線 の 老 圃 駅 と 接 続 し て い る 。 韓 国 に は 多 数 の 鉄 道 路 線 が あ る が 、 旅 行 者 が 利 東 莱 、 海 雲 台 、 機 張 の 各 ・ 釜 山 西 部 バ ス タ ー ミ ナ ル ( P99B1 ) し や す い の は 、 高 速 鉄 道 KTX 。 ソ ウ ル ~ 釜 山 間 を 駅 を 経 由 し 、 浦 項 駅 ま で 向 西 側 地 域 を 網 羅 す る タ ー ぶ 「 KTX 京 釜 高 速 線 」 ( 最 短 で 所 要 約 2 時 間 35 か う 東 海 南 部 線 の 発 着 駅 。 ナ ル 。 昌 原 ・ 統 営 な ど の 慶 尚 南 、 普 通 席 W5 万 9800 ~ ) と ソ ウ ル ~ 木 浦 間 を 結 バ ス よ り も 本 数 は 少 な い が 、 道 地 域 と 全 羅 道 方 面 へ の 移 : 慶 州 の 仏 国 寺 駅 や 慶 州 駅 動 は こ ち ら を 利 用 。 2 号 線 の 一 ' 「 KTX 湖 南 高 速 線 」 ( 最 短 で 所 要 約 2 時 間 20 分 、 へ も 行 く こ と が で き る 。 沙 上 駅 と 接 続 し て い る 。 通 席 W5 万 2800 ~ ) が 開 通 し て い る 。 韓 国 鉄 道 路 線 図 新 炭 里 春 川 平 、 春 線 山 楊 平 仁 川 龍 山 光 明 原 州 安 水 原 堤 月 温 陽 温 泉 鳥 致 院 広 川 長 項 鶏 龍 線 論 山 江 陵 黍 東 海 栢 山 州 店 慶 北 線 泉 大 安 牙 冫 州 松 長 項 新 慶 全 州 ~ 金 堤 井 邑 南 原 谷 城 州 求 礼 ロ 和 順 順 天 羅 州 KTX 慶 全 線 KTX 全 羅 線 韓 国 国 内 移 動 術 父 通 / 国 内 交 通