検索 - みる会図書館

検索対象: マスカレードの長い夜

マスカレードの長い夜から 278件ヒットしました。

マスカレードの長い夜


マ ス カ レ ー ド の 長 い 夜

マスカレードの長い夜


ス カ レ ー ド の 長 夜

マスカレードの長い夜


マ ス カ レ ー ド の 長 い 夜 吉 田 縁 COBALT-SERIES ィ ー ・ を も 集 英 社

マスカレードの長い夜


69 マ ス カ レ ー ド の 長 い 夜 イ 、 朝 マ す " ー ま 烹 を を 二 第 第 を こ す

マスカレードの長い夜


、 0 , ー ド 0 長 。 、 夜

マスカレードの長い夜


マ ス カ レ ー ド の 長 に 夜 も く じ ↓ 0 プ ロ ロ ー グ ー - ー 8 第 一 章 ま っ え い 工 ー ヴ ァ の 末 ー ー - ー - ー 幻 聖 俗 の 花 嫁 ー ー 56 第 三 章 夜 の 戯 れ 一 一 一 ク ク 第 四 章 恋 の 行 方 一 一 ク 第 五 章 靠 ー ー - ー イ 32 亠 . 亠 . 8 第 七 章 も 旨 ー ー 2 ⅱ 第 八 章 マ ス カ レ ー ド 仮 装 舞 踏 の 長 い 夜 ー ー ー 234 工 ヒ 。 ロ ー グ ー ー ー 2 ク 2 あ と が き 一 一 一 2 ク 4

マスカレードの長い夜


正 体 を 定 め な い ま ま 、 フ ォ ル カ は そ れ を 受 け と め た 。 細 長 く 続 く 地 下 墳 墓 の 片 隅 に ふ た つ の 影 が 重 な る 。 は フ ォ ル カ は 確 か め る よ う に 女 の 背 に 腕 を 這 わ せ た 。 柔 ら か な 腕 が フ ォ ル カ の 首 に か ら み つ く 。 フ ォ ル カ は 首 を 傾 け て そ の 髪 に 唇 を 寄 せ た 。 強 い 香 り が し た 。 ナ ル ド ほ う こ う 甘 松 香 の 芳 香 。 違 う ・ た め い き 失 望 の 溜 息 が 暗 闇 を ふ る わ せ た 。 フ ォ ル カ は ノ ー マ の 影 を 抱 き す く め た ま ま そ の 頬 を 指 で た ど る 。 そ し て の ど に 手 を 滑 ら せ 、 夜 少 し だ け 力 を 込 め た 。 長 「 な ぜ ノ ー マ の ふ り を ? : カ シ ュ メ リ ア ナ 」 せ い じ ゃ く な め の 静 寂 の 中 、 フ ォ ル カ の 手 の 中 で 滑 ら か な の ど が 動 き 、 ふ く み 笑 い を 漏 ら し た 。 レ 「 あ な た が 憎 い か ら 」 カ ス あ の 夜 の こ と を 言 っ て い る の か 。 マ フ ォ ル カ は そ っ と カ シ ュ メ リ ア ナ か ら 腕 を 離 し た 。 し か し カ シ ュ メ リ ア ナ は フ ォ ル カ に し が み つ い た ま ま 離 れ よ う と し な い 。 ほ お す べ

マスカレードの長い夜


マ ス カ レ ー ド の 長 い 夜 カ シ ュ メ リ ア ナ 高 級 娼 婦 。 リ プ サ リ ア の , 俗 の 花 嫁 知 識 や 教 養 0 自 分 を 上 回 っ た 学 生 と し ” か 関 係 を 持 た な い 。 フ ォ ル カ リ プ サ リ ア に 学 ふ 悖 感 ア ス カ リ ナ 家 の 嫡 男 。 の 神 工 ー ヴ ァ 神 と 同 じ 、 。 と ~ 瞳 を 持 つ 。 な 痴 の 寺 ち も セ ラ フ ィ オ ン フ ォ ル カ の 学 友 。 フ ォ 厖 力 に 比 べ る と 遊 び 慣 れ て い て 、 娼 館 に も 通 っ て い る 。

マスカレードの長い夜


233 マ ス カ レ ー ド の 長 い 夜 見 開 い た ま ま の 両 目 か ら 涙 が 流 れ 落 ち た 。 か た み 汚 れ た 石 を 形 見 の よ う に 握 り し め て 、 フ ォ ル カ は 初 め て 泣 い た 。 腹 の 底 か ら 、 体 中 の 力 を 全 ご う き ゅ う て 吐 き 出 す よ う に 、 闇 に 叫 ん で 号 泣 し た 。 外 套 を フ ォ ル カ の 背 に か け て 、 医 師 は そ の 心 身 を 病 ん だ 患 者 を 連 れ て 帰 っ た 。 が い と う

マスカレードの長い夜


「 そ れ で も き み は ぼ く に ふ さ わ し く な い と 言 う ? 」 「 ア ス カ リ ナ : : : 様 : : : 。 わ た し : : : 」 ノ ー マ の 答 え を 待 た ず に 、 フ ォ ル カ は そ っ と キ ス を し た 。 ど ん な 答 え で も も う 関 係 な か っ た 。 ノ ー マ が 自 分 を 救 お う と し た 、 そ の こ と が 答 え の 全 て だ っ た 。 彼 は ノ ー マ を 腕 に 閉 じ こ め な が ら 、 二 度 と こ の 少 女 を 手 放 さ な い 、 と 決 め て い た 。 リ プ サ リ ア の 花 嫁 は も う い な い さ さ エ ー ヴ ァ 神 は 声 を 捧 げ た 婚 約 者 を 失 い 、 神 の 声 を 代 弁 す る ル キ ダ ・ エ ル は 誇 り 高 い 愛 人 を 失 っ た 。 ル キ ダ ・ エ ル は こ れ か ら ど う し て い く の だ ろ う 、 と ふ と 考 え た 。 し か し 、 リ プ サ リ ア が 花 嫁 を 失 っ て も 何 も 変 わ ら な か っ た よ う に 、 王 族 の ル キ ダ ・ エ ル も ま た 変 わ る こ と す ら 許 さ れ な い 身 な の だ と フ ォ ル カ は 思 っ た 。 き び ば ん と う 夜 晩 冬 の リ プ サ リ ア の 夜 は 、 ま だ 厳 し い 。 長 異 教 徒 の 墓 を 後 に 、 教 会 へ の 長 い 道 を ふ た り は 歩 き 続 け た 。 い っ か 見 た 夢 の よ う に フ ォ ル カ ど う じ よ の は 少 女 の 手 を 引 い て 歩 い た 。 エ ー ヴ ァ 神 が 童 女 を 導 く よ う に 、 静 か に 、 優 し く レ 教 会 が 見 え た 頃 に は 空 に は 薄 明 か り が 射 し て い た 。 け ん そ う ス 夜 を 徹 し て 騒 ぐ 学 生 た ち の 喧 噪 が 広 場 か ら 聞 こ え た 。 主 役 の 聖 ロ マ ン ド を 見 失 っ た 。 ハ レ ー ド が ど う な っ た の か 後 で セ ル フ ィ オ ン に 聞 こ う 、 と フ ォ ル カ は 思 っ た 。 仮 装 舞 踏 の 長 い 夜 が 明 け よ う と し て い た 。 マ ス カ レ ー ド