検索 - みる会図書館

検索対象: 完訳 日本の古典 第二十五巻 夜の寝覚 ㈠

完訳 日本の古典 第二十五巻 夜の寝覚 ㈠から 363件ヒットしました。

完訳 日本の古典 第二十五巻 夜の寝覚 ㈠


夜 の 寝 覚

完訳 日本の古典 第二十五巻 夜の寝覚 ㈠


夜 の 寝 覚 小 学 館

完訳 日本の古典 第二十五巻 夜の寝覚 ㈠


を 細 め 耳 を 傾 け て お ら れ る う ち に 、 夜 の 更 け る に つ れ て 、 色 を お 弾 き に な る 。 父 太 政 大 臣 は 、 「 こ れ は 前 世 の 果 報 に い よ い よ 興 趣 は 溢 れ 、 し み 入 る ば か り の 感 動 に 引 き 込 ま れ よ る の だ ろ う 。 こ の 世 だ け の 才 で こ れ ほ ど お 弾 き に な る の る の で あ っ た 。 「 こ の 姫 の 姿 と す ば ら し い 音 色 を 、 た っ た で は あ る ま い 」 と 、 中 の 君 を し み じ み い と お し く お 思 い に 今 、 物 の 心 の わ か る 人 に 見 せ た い 、 聞 せ た い 」 と 、 感 に 堪 寝 な っ て い る 。 え て お ら れ る と 、 す っ か り 夜 が 更 け て 、 人 々 は そ の ま ま 御 ー ー 中 秋 の 名 月 夜 〔 = 〕 中 の 君 、 夢 の 中 そ 八 月 十 五 夜 の こ と 、 天 人 に 琵 琶 を 習 う と い え ば 月 の 輝 き が 違 う 、 そ の 中 に 琴 に 身 を も た せ か け る よ う に し て お 寝 み に な っ て し ま っ た が 、 こ の 妺 姫 の 御 夢 に 、 た い そ う 美 し く 清 ら か で 、 髪 上 げ も 、 そ の 夜 の 月 は ひ と き わ 澄 み わ た っ て 、 宮 中 で も 月 下 の か ら え 御 遊 び が あ る こ と に な っ て い た の だ が 、 朱 雀 院 の 上 皇 が 御 姿 も 整 っ た 、 唐 絵 か ら 抜 け 出 た よ う な 女 の 人 が 、 琵 琶 を 手 に 現 れ て 、 「 今 夜 の 御 箏 の 琴 の 音 が 、 天 上 ま で し み じ み と 風 病 を お 起 し に な っ た た め 、 急 に 御 催 し は 中 止 と な り 、 ま こ と 火 が 消 え た よ う に 映 え な く 、 そ れ ぞ れ の 邸 内 で 、 た だ 澄 み の ぼ っ て 来 ま し た の で 、 あ な た を お 訪 ね し た の で す 。 私 の 琵 琶 の 音 を 弾 き 伝 え る こ と の で き る 人 は 、 地 上 で は あ 月 を 賞 で る だ け と い う 夜 と な っ た 。 こ の 源 氏 の 太 政 大 臣 の お 邸 で も 、 御 簾 を み な 巻 き 上 げ て 、 姫 君 た ち も 縁 先 に お 出 な た た だ お 一 人 が お い で で し た 。 こ れ も 定 め ら れ た 前 世 か お お い ぎ み び わ ら の 約 束 事 。 さ あ 、 私 の 教 え る 秘 曲 を お 弾 き 取 り に な り 、 に な り 、 大 君 は 琵 琶 を 、 お 姿 が 美 し く 、 気 品 の 備 っ て い る の に ふ さ わ し く 、 深 み の あ る 音 色 を ゆ っ た り と 興 あ る 調 べ 国 王 に ま で お 伝 え 申 し あ げ る ほ ど に : : : 」 と 言 っ て 、 教 え る の を 、 中 の 君 は た い そ う う れ し く 思 っ て 、 数 多 く の 曲 を 、 に 掻 鳴 し 、 中 の 君 は 、 ま だ 幼 少 と も い え る お 年 な の に 、 今 そ う ほ ん の わ ず か な 間 に 弾 き 覚 え て し ま っ た 。 「 こ の 残 り の 曲 夜 の 月 の 光 に も 劣 ら な い 輝 く ば か り の 御 様 子 で 、 箏 の 琴 を で 、 こ の 世 に 伝 わ っ て い な い の が 、 ま だ 五 曲 あ り ま す が 、 お 弾 き に な る 。 そ の 音 色 の 妙 な る こ と は 言 い よ う も な く 、 あ ま く だ そ れ は 来 年 の 今 夜 ま た 天 下 っ て 来 て お 教 え し ま し よ う 」 と 長 年 に わ た っ て 磨 き あ げ 弾 き な じ ん だ の よ り も 、 は る か に 言 っ て 、 姿 が か き 消 え た 、 と 夢 に 御 覧 に な っ て 、 目 を お 覚 い き い き と 、 澄 み き っ て い る の で 、 「 ま っ た く 類 が な い 、 し に な る と 、 は や 明 け 方 近 く に な っ て い た 。 琵 琶 は 父 の 殿 か わ い い に も 何 も 、 そ ら 恐 ろ し い く ら い だ 」 と 、 父 君 も 目 ふ う び よ う す ざ く い ん た ぐ い あ ふ ふ か み あ

完訳 日本の古典 第二十五巻 夜の寝覚 ㈠


夜 の 寝 覚 配 な ど も 漏 れ 聞 こ え ず 。 心 は そ ら に あ く が れ て 、 涙 こ ぼ る る を り の み 多 か る を 、 一 中 納 言 は 心 も そ ら に さ ま よ っ て 。 「 飛 ぶ 鳥 の 心 は そ ら に あ く が よ る し づ ご こ ろ 「 人 目 い か に あ や し と 思 ふ ら む 」 と 思 へ ば 、 静 心 な く 、 夜 は 、 い と ど っ ゅ も ま れ て 行 く 方 も し ら ぬ も の を こ そ 思 へ 」 ( 続 千 載 ・ 恋 一 一 曾 禰 好 忠 ) な ど ひ ま ど ろ ま れ ぬ ま ま に 、 人 の 寝 人 り た る 隙 に は 、 や を ら 起 き て 、 そ な た の 格 子 の を 踏 む 表 現 か 。 ニ 中 の 君 の 部 屋 の 格 子 の そ ば に 。 け し き ち ゃ う ち ょ う だ い 三 帳 台 の 内 と い っ て も 。 「 帳 」 は つ ら に 寄 り て 立 ち 聞 き た ま へ ば 、 人 は み な 寝 た る 気 色 な る に 、 帳 の 内 と て も 、 中 の 君 の 寝 所 。 ふ す ま ひ さ し ひ と ま も や す の こ g 「 廂 」 は 寝 殿 造 り の 母 屋 と 簀 子 廂 一 間 を 隔 て た れ ば 、 程 な き に 、 衾 押 し の け ら る る 音 、 忍 び や か に 鼻 う ち か と の 間 に あ る 細 長 い 部 屋 。 「 一 間 」 け は ひ は 柱 と 柱 の 間 一 つ を い う 。 み 、 お の づ か ら 寝 人 ら ぬ 気 配 の ほ の か に 漏 り 聞 こ ゆ る を 、 「 同 じ 心 に 寝 覚 め た 五 「 衾 」 は 、 夜 具 、 掛 布 団 。 こ と ご と る に こ そ あ め れ 」 と 思 ふ に 、 「 他 事 な ら じ を 。 あ り し 夢 の 名 残 り の 覚 む る 夜 な 六 他 の 事 で は あ る ま い 。 あ の 夜 の 夢 の よ う な 衝 撃 の 薄 れ る 夜 が な き に こ そ は 」 と 聞 き わ た さ る る さ へ 、 身 も し み こ ほ り 、 あ は れ に 悲 し き に も 慎 い か ら だ ろ う 。 セ 「 聞 き わ た す 」 は 、 一 連 の 物 音 ・ 気 配 を じ っ と 注 意 し て 聞 く こ と 。 み あ へ ず 、 「 る る 」 は 自 発 。 の ち 八 袖 の 氷 が と け な い な ど そ れ が 中 納 言 「 は か な く て 君 に 別 れ し 後 よ り は 寝 覚 め ぬ 夜 な く も の ぞ 悲 し き 何 だ 。 反 語 表 現 。 私 の 恋 は そ ん な か う し な に な り 、 袖 の 氷 と け ず は 」 と 、 格 子 に 近 く 寄 り 居 て ひ と り ご ち た ま ふ 気 色 を 程 度 の も の で は な く あ つ い 涙 で 袖 の 凍 る 間 と て な い と い っ た 意 か 。 た い ぬ よ 聞 き つ け て 、 胸 つ ぶ れ て 顔 引 き 入 れ た ま ひ ぬ る に 、 対 の 君 も 、 と け て 寝 る 夜 な 巻 二 ( 一 七 一 ) 、 巻 三 巻 頭 ( 一 一 ) に も あ り 、 こ の 物 語 作 者 の く の み 嘆 き 明 か せ ば 、 「 こ の 君 は 聞 き つ け た ま へ る に こ そ あ り け れ 。 わ づ ら は 好 み の 表 現 。 引 歌 が あ ろ う が 未 詳 。 九 中 の 君 は 聞 き つ け て 。 一 0 聞 き 知 り 顔 を で き る 筈 も な い 。 し き わ ざ か な 」 と 思 ふ も の か ら 、 あ は れ な ど 、 聞 き 知 り 顔 な ら む や は 。 は ひ か う し つ つ

完訳 日本の古典 第二十五巻 夜の寝覚 ㈠


349 年 立 主 要 人 物 の 年 齢 巻 第 一 年 中 の 君 一 三 歳 第 二 年 中 の 君 一 四 歳 第 三 年 中 の 君 一 五 歳 第 四 年 中 の 君 一 六 歳 大 君 二 一 歳 権 中 納 言 一 九 歳 年 年 立 巻 一 、 こ の 年 立 は 、 現 存 の 本 文 巻 一 か ら 巻 五 ま で に 関 し て 作 成 し た も の で あ る 。 末 尾 欠 巻 部 分 は 、 お お ま か な 推 定 資 料 の み で 年 立 を 整 え る に 至 ら な い の で 省 略 せ ざ る を 得 な い 。 中 間 欠 巻 部 分 に つ い て は 、 諸 資 料 に よ り や や 明 確 に 推 定 し 得 る の で 、 こ れ を 補 っ た 。 一 、 中 間 お よ び 末 尾 の 欠 巻 部 分 そ れ ぞ れ の 内 容 に つ い て の 詳 細 は 、 解 説 「 一 一 『 夜 の 寝 覚 』 の 主 題 と そ の 展 開 」 の 「 国 第 一 一 部 ( 中 間 欠 巻 部 分 ) の 内 容 」 お よ び 「 国 第 四 部 ( 末 尾 欠 巻 部 分 ) の 推 測 」 を 参 照 さ れ た い 。 、 登 場 人 物 の 年 齢 は 、 数 え 年 に 拠 る 。 一 、 各 事 項 末 の 〔 〕 内 の 数 字 は 、 当 該 記 事 を 含 む 本 文 ペ ー ジ 、 は 第 一 一 冊 を 示 す 。 事 。 八 月 十 五 夜 、 源 太 政 大 臣 家 の 中 の 君 ( 女 主 人 公 ) の 夢 に 天 人 下 り 、 多 く の 琵 琶 の 曲 を 教 え 、 来 年 の 再 訪 を 約 束 し て 消 え る 。 〔 一 二 〕 。 八 月 十 五 夜 、 中 の 君 の 夢 に 天 人 再 び 現 れ 、 琵 琶 の 残 り 五 曲 の 手 を 伝 え 、 物 を 思 い 心 乱 す こ と の 多 い 宿 世 を 予 言 。 〔 一 四 〕 。 八 月 十 五 夜 、 中 の 君 天 人 を 待 つ が 、 つ い に 現 れ ず 。 〔 一 五 〕 。 太 政 大 臣 家 の 大 君 、 関 白 左 大 臣 家 の 長 男 権 中 納 言 ( 男 主 人 公 ) と 婚 約 。 婚 儀 を 八 月 一 日 と 定 め て 準 備 。 〔 一 六 〕 。 七 月 一 日 、 物 の さ と し あ り 。 陰 陽 師 、 中 の 君 の 大 厄 の 年 と 占 う 。 〔 一 七 〕 。 七 月 十 六 日 、 重 い 物 忌 の た め 、 中 の 君 、 後 見 役 の 対 の 君 と と も に 法 性 寺 の 僧 都 の 領 ず る 九 条 の 家 に 移 る 。 但 馬 守 の 三 女 、 方 違 に 来 合 せ て い る 。 〔 一 九 〕 。 権 中 納 言 、 そ の 日 偶 然 に 、 九 条 の 家 の 東 隣 に 住 む 乳 母 を 見 舞 い 、 中 の 君 を 垣 間 見 て そ の 美 し さ に 驚 く 。 〔 二 〇 〕 。 権 中 納 言 、 僧 都 の 家 に 忍 び 人 り 中 の 君 と 契 る が 、 但 馬 守 の 娘 と 信 じ 、 自 ら は 宮 の 中 将 を 装 う 。 三 四 〕 。 翌 十 七 日 、 権 中 納 言 、 大 君 と 初 め て 文 を 交 す が 、 昨 夜 の 娘 を 忘 れ ら れ ず 、 参 内 し て 味 の 中 宮 に 但 馬 守 の 三 女 の 出 仕 を 勧 め る 。 そ の 夜 宿 直 所 で 宮 の 中 将 か ら 但 馬 守 の 娘 の こ と を 聞 き 出 し 、 女 性 論 に 一 夜 を 明 か す 。 〔 二 九 〕 項

完訳 日本の古典 第二十五巻 夜の寝覚 ㈠


夜 の 寝 覚 280 い つ も は 明 か し か ね て お ら れ る 秋 の 夜 長 の 寝 覚 め が 、 今 夜 う 心 の 底 か ら 辛 い お 心 な の で す 」 と 、 お 泣 き に な っ て 、 む つ ご と か さ ね じ と 思 ひ た っ と も あ ま 衣 こ の 世 と の み も 君 を 頼 は 、 世 間 並 の 睦 言 に 紛 れ て 、 夜 が 明 け て も 、 す ぐ に は お 起 む か き に な ら ず 、 日 の 高 く な る ま で 御 寝 所 に 人 っ た ま ま で お ら ( 再 び 契 り は 結 ぶ ま い と あ な た が 出 家 を 決 心 さ れ て も 、 私 は れ る の で 、 は た 目 も ま こ と に 結 構 で あ っ た 。 べ ん め の と こ ん じ よ う 来 世 ま で は 無 理 と し て も 今 生 の 限 り あ な た を 妻 と し て 頼 み に 弁 の 乳 母 の 、 い か に も 満 足 げ に 、 「 あ ち ら の 御 方 の 御 格 し て い る の で す よ ) 子 は 、 一 晩 じ ゅ う お 待 ち し て 開 け 放 た れ た ま ま で い た か も お お い ぎ み な ご し れ ま せ ん ね 」 と 、 声 高 に 言 う の が 聞 え る の で 、 大 納 言 は 、 〔 契 〕 大 納 言 、 大 君 を 和 「 大 君 は 思 い 込 ま れ た お 心 の い ら だ 「 あ れ を や め る よ う お っ し や っ て く だ さ い 。 私 に は ど う と め る も 妬 心 な お 止 ま す ち の 余 り 、 尼 に な る な ど と 思 い っ か せ け ん て い い う こ と も な い 。 男 と い う も の は 、 こ れ 以 上 け し か ら ぬ こ れ た の だ ろ う と 思 う が 、 尼 に な ら れ る と い う の は 世 間 体 も と だ っ て 考 え る こ と が よ く あ る も の で す 。 だ が 、 女 の 御 身 ま こ と に 具 合 が 悪 い 。 夫 婦 仲 が 思 わ し く な い と は い っ て も 、 に と っ て は 、 た い へ ん か わ い そ う だ 。 あ な た は 妹 君 の こ と ま っ た く 別 れ て し ま っ て は 心 残 り も 大 き い 。 そ れ に 、 中 の を か わ い そ う だ と は 思 っ て あ げ な い の で す ね 。 情 け な い こ 君 が ま た そ れ に こ だ わ っ て 気 兼 を な さ る の も 何 か と 心 配 と だ 」 と お っ し や る と 、 「 あ な た 様 が お 出 向 き に な る の を 、 だ 」 と 、 思 い 乱 れ て 、 今 夜 は 関 白 邸 に お い で に な る つ も り み み ざ わ だ っ た が 、 大 君 が 自 分 を 薄 情 の よ う に 耳 障 り に お っ し や る 実 際 に 見 聞 き し て い る か ら あ の よ う に 言 う の で し よ う 。 お さ わ し 、 言 い 合 っ た 果 て は 、 自 分 の た め は と も か く 、 あ の 方 が 耳 に 障 る と い う の で し た ら 、 思 い を お 寄 せ に な ど な ら な け れ ば よ か っ た の で す 」 と 、 御 返 事 に な る 。 大 納 言 は 、 む つ 耳 に し て 悩 ま れ る だ ろ う と 思 う と 、 そ れ が た い そ う お 気 の た め い き と な さ る と 、 溜 息 を つ い て 、 帳 の 外 に お 出 に な っ て し ま わ 毒 に 思 い や ら れ る の で 、 「 な る ほ ど 根 も 葉 も な い こ と だ っ れ た 。 精 い つ ば い 心 を 込 め て な だ め 慰 め た の に 、 大 君 は 素 た と 思 い 直 さ れ る か も し れ な い 」 と 、 お 出 か け を や め に し ち ょ う だ い て 、 そ の ま ま 帳 台 の 内 に お 人 り に な っ て 、 互 い に 泣 き み 笑 直 に 折 れ る と こ ろ が な く 、 ひ ね く れ て 、 意 地 張 っ た 態 度 が い み 、 先 ほ ど ま で と は う っ て 変 っ て 愛 を 誓 い 合 い な が ら 、 つ の る ば か り な の で 、 「 こ れ で は ま っ た く 、 無 理 に も 自 分 ご ろ も ち ょ う み こ う

完訳 日本の古典 第二十五巻 夜の寝覚 ㈠


361 図 録 減 ー 8 清 涼 殿 ー 東 面 - ( 信 貴 山 縁 起 ) ① 檜 皮 葺 ② 昼 の 蓙 ③ 岩 炭 の ④ 工 の 戸 ⑤ 孫 廂 ( 弘 廂 ) ⑥ 嵩 欄 付 簀 縁 ひ わ だ よ ! ま : し ひ み び さ し ・ う ら ん つ 、 す の ・ え れ ⑦ ⑧ 亢 慣 ⑨ 策 。 瞬 ⑩ 汞 ⑩ 岩 ⑩ 行 障 ネ ⑩ ⑩ 材 よ み の ろ う ⑩ 南 廊 ⑩ 長 橋 ⑩ 罵 な が は し せ い り よ う て ん こ う ろ う て ん 清 涼 殿 ・ 後 涼 殿 平 面 図 里 南 無 名 門 孫 廂 上 御 二 間 東 廂 石 灰 壇 下 萩 戸 昼 の 御 座 夜 御 殿 上 藤 亠 亞 櫛 形 窓 廂 上 御 局 殿 神 仙 門 御 湯 御 手 朝 鉤 間 台 盤 所 鬼 間 殿 間 水 間 切 馬 道 殿 」 百 殿 殿 湯 冖 鉤 壺 簀 渡 簀 台 盤 所 壺 冖 渡 中 御 西 口 切 馬 道 簀 子 東 廂 廂 納 殿 南 納 殿 宿 下 御 厨 子 所 西 廂 上 御 厨 子 所 御 馬 道 子 日 長 橋 階

完訳 日本の古典 第二十五巻 夜の寝覚 ㈠


夜 の 寝 覚 334 覚 め 絶 ゆ る 世 」 と て な か っ た 境 涯 の 最 後 は い か に 描 か れ て い た の で あ ろ う か 。 生 涯 を 閉 じ る と こ ろ ま で 書 か れ て い た と し た ら 、 ま さ こ 君 の 、 別 れ に し そ の 暁 の 夢 に て も 又 は み る 世 の な き ぞ 悲 し き ( 〔 風 〕 哀 傷 ・ 交 九 ) 中 宮 ( 石 山 の 姫 君 ) の 、 さ ら で だ に 涙 ひ ま な き 墨 染 の 袖 に お き そ ふ 秋 の タ 露 ( 〔 風 〕 哀 傷 ・ 六 一 一 l) ば ん こ く の 二 首 は 、 最 愛 の 母 を 失 っ た 万 斛 の 涙 で あ っ た と 思 わ れ る 。 え も ん の か み な お 、 残 さ れ た 資 料 か ら 、 右 衛 門 督 ( か っ て の 宮 の 中 将 ) の 出 家 、 そ の 北 の 方 ( 故 老 関 白 の 次 女 ) の 以 後 の 境 か ん き み 遇 の 変 化 な ど も 知 ら れ る が ( 〔 無 〕 ) 、 こ こ で は 、 か っ て 巻 五 末 に 生 れ た 督 の 君 の 若 宮 が す で に 東 宮 と し て 元 服 し 、 女 御 が 人 内 す る ま で に 至 っ て い る こ と を 指 摘 し ( 〔 風 〕 恋 二 ・ 九 一 五 ) 、 末 尾 欠 巻 部 分 に お け る 歳 月 の 長 さ を 確 認 し て お き た い 。 い ず れ に し て も 、 巻 五 以 降 、 女 主 人 公 寝 覚 の 上 の 心 が ど の よ う に 描 か れ 、 ど こ ま で 深 め ら れ て い っ た も の さ ん い っ か 、 想 像 す ら ま ま な ら な い だ け に 、 末 尾 部 分 の 散 佚 が 惜 し ま れ て な ら な い 。 三 『 夜 の 寝 覚 』 の 作 者 と 成 立 す が わ ら の た か す え の む す め 『 夜 の 寝 覚 』 の 作 者 に つ い て は 、 『 更 級 日 記 』 の 著 者 、 菅 原 孝 標 女 と す る 伝 え が 、 鎌 倉 時 代 か ら 行 わ れ て き た 。 孝 標 女 は 、 一 条 天 皇 寛 弘 五 年 ( 一 000 生 れ 、 『 更 級 日 記 』 の 擱 筆 が 作 者 は 菅 原 孝 標 女 か か く ひ っ

完訳 日本の古典 第二十五巻 夜の寝覚 ㈠


っ て お ら れ る の だ ろ う 、 か っ て 秋 の 月 の 夜 思 わ ず 心 を 奪 わ を 、 浅 く は な い と 身 に し み て お 感 じ に な る の だ 。 私 は ど ん そ う っ た な れ た あ の 箏 の 琴 を 掻 き 鳴 ら し て お ら れ る の が 、 場 所 の せ い 四 な 拙 い 身 だ と い う の で 、 気 持 を わ か っ て く れ る 人 も な く 、 か 、 こ ち ら ま で 無 性 に 引 き 人 れ ら れ て し ま う ほ ど 、 す ば ら 効 の な い 目 を み る の だ ろ う ね 」 と お っ し や る 。 「 そ れ に し 覚 し く 聞 え て く る 。 「 あ れ ほ ど 華 や か に 愛 ら し か っ た お 姿 な 寝 て も 、 中 の 君 の お 心 が は る か に 遠 の き 、 考 え ら れ な い く ら の い 私 を 無 視 さ れ る 恨 め し さ は 、 人 数 に も 人 ら ぬ わ が 身 の せ の に 、 ひ ど く あ の 件 に 思 い 悩 ん で 、 出 家 な さ っ た 親 の 羽 の 夜 い だ と 思 い 知 ら れ る 折 々 も あ る 。 だ が 、 そ な た は 個 人 と し 下 に 隠 れ て お 暮 し に な る の で は 、 ど ん な に 心 細 く 悲 し く 思 っ て お ら れ る こ と だ ろ う と 想 像 さ れ る と 、 そ の 中 の 君 の て は あ れ ほ ど 親 し く し 、 約 束 し た の だ か ら 、 い く ら 何 で も と 思 う の に 、 せ め て 、 こ れ こ れ で 中 の 君 は 広 沢 へ お 移 り に 面 影 が 、 た っ た 今 向 い 合 っ て い る よ う に 感 じ て 、 「 そ の 嘆 な り ま す と だ け で も 、 ほ の め か し て も く れ な い 薄 情 さ 」 と き の ま ま に 、 私 を 恨 ま ぬ は ず は あ る ま い 」 と 思 い や ら れ る お 恨 み に な る 。 お 恨 み に な る の も 道 理 で 、 少 将 は 畏 れ 多 く と 、 そ れ ほ ど い と お し い 人 に 、 こ う ま で 物 を 思 わ せ る 自 分 思 う が 、 と っ さ に 、 ど う 分 別 の し よ う も な か っ た あ の 場 △ ロ の 宿 世 ま で が 、 恨 め し く 悲 し く て 、 雪 の 夜 の し じ ま に 響 き の 事 情 を そ れ と な く 口 に し て 、 な ん と か 急 場 を 言 い の が れ 広 が っ て い く 琴 の 音 色 に 、 涙 は ひ と り で に 頬 を 伝 い 、 今 す た 。 男 君 も 、 「 ま あ よ い 。 そ な た の つ れ な さ は い く ら 言 っ ぐ に も 、 ま っ す ぐ 中 の 君 の 所 に 出 て 行 き た い 思 い に か ら れ て も 言 い 尽 せ な い 。 せ め て 今 夜 だ け で も 、 一 言 お 話 し で き る 。 少 将 が 告 げ た の で あ ろ う 、 言 い よ う も な く 見 事 な 琴 の る ぐ ら い に 計 っ て お く れ 」 と 、 た だ も う 一 途 に 思 っ て お い 調 べ を 、 そ の ま ま 途 中 で ふ っ と 弾 き や め ら れ て し ま っ た の で の 様 子 は 、 た い そ う お 気 の 毒 だ が 、 少 将 の 心 一 つ で 決 め は 、 な ん と も 物 足 り な く 心 残 り に 思 わ れ る 。 た い き み ら れ る こ と で は な い の で 、 「 い ず れ に し ろ 、 対 の 君 に も 相 〔 六 0 〕 大 納 言 、 少 将 を 恨 や や 長 い 時 間 を お い て 、 少 将 は 御 前 談 い た し ま し て : : : 」 と 言 っ て 、 御 前 に 参 上 す る 。 む も 中 の 君 に 逢 え す を 下 が っ て 来 て 、 「 人 道 様 が 、 今 日 の 雪 に お 風 邪 を お 召 し に な っ て 、 御 気 分 が 悪 く て 、 お い で 〔 き 中 の 君 の 箏 を 聞 き 残 さ れ た 大 納 言 が 耳 を お す ま し に な に な れ ま せ ん と 、 こ ち ら に お こ と づ け が ご ざ い ま し た の で 、 大 納 言 万 感 胸 に 満 つ る と 、 中 の 君 は 端 近 く で 思 い に ふ け ( 原 文 一 六 九 ハ ー ) か い い ち ず お そ お

完訳 日本の古典 第二十五巻 夜の寝覚 ㈠


一 女 主 人 公 の プ ロ フ ィ ー ル 「 な っ か し さ 」 と 『 源 氏 物 語 』 以 来 、 物 語 の 作 者 は 女 性 で あ る 。 そ の 女 の 作 者 が 、 は じ め て 女 を 主 人 公 と し よ る ね ざ め 「 心 強 さ た 物 語 を 書 い た 。 『 夜 の 寝 覚 』 が そ れ で あ り 、 寝 覚 の 上 が そ の 女 主 人 公 で あ る 。 こ の 主 人 公 は ど ん な 女 性 と し て 描 か れ て い る だ ろ う か 。 も と よ り 、 た い へ ん 美 し い 女 性 で あ る 。 小 柄 で 色 白 、 長 く 豊 か な 黒 髪 の 人 で あ る 。 「 あ え か に 、 ら う た げ 」 た た き や し や か れ ん で 、 「 け 近 う 」 「 な っ か し さ 」 を 湛 え て い る 。 華 奢 で 可 憐 、 人 を 惹 き つ け る 親 し み 深 さ を 特 徴 と す る の で あ る 。 ま ぶ あ い ぎ ゃ う 眩 し い ば か り の 顔 ば せ は 「 は な ば な と に ほ ひ 満 ち 」 、 ね び ま さ っ て は 「 愛 敬 こ ぼ れ て う つ く し う に ほ ひ た る 説 さ ま よ う き び 様 」 が 楊 貴 妃 よ り も 優 れ ( 巻 一 一 l) 、 わ が 娘 で あ る 石 山 の 姫 君 十 一 歳 と 並 ん で も 、 い く ら も 年 齢 の 違 わ ぬ 姉 に き り つ こ う い ふ じ つ ち ゅ う ぐ う 解 し か 見 え な い と 言 わ れ る 巻 四 ) 。 『 源 氏 物 語 』 で 言 え ば 、 ど こ か 桐 壺 の 更 衣 の 面 影 が あ り 、 藤 壺 の 中 宮 に も 似 通 い 、 紫 の 上 に 最 も 近 い 美 し さ で あ ろ う 。 た い き み お い か ん ば く 人 柄 が ま た 素 晴 し い 。 母 代 り の 対 の 君 の 世 話 に 任 せ た 少 女 時 代 は と も か く も 、 故 老 関 白 の 若 き 未 亡 人 と し 解 説 か ん ー ー 成 長 す る 女 の 魅 力