検索 - みる会図書館

検索対象: 完訳 日本の古典 第二十六巻 夜の寝覚 ㈡

完訳 日本の古典 第二十六巻 夜の寝覚 ㈡から 445件ヒットしました。

完訳 日本の古典 第二十六巻 夜の寝覚 ㈡


夜 の 寝 覚

完訳 日本の古典 第二十六巻 夜の寝覚 ㈡


の ち の か ら 、 な ほ 、 胸 苦 し き ま ま に 、 月 ご ろ の 事 ど も は 後 の 事 に 置 か れ て 、 と ざ ま 一 今 ま で の こ と は さ て お き 、 内 大 臣 は 昨 夜 の 一 件 を あ れ こ れ と 問 い つ め る の で あ る 。 「 あ や む 」 は 、 か う ざ ま 、 言 ひ 悩 ま し 、 あ や む る を 、 い と 苦 し げ に 、 た だ 打 ち 泣 き て 、 「 た だ 覚 怪 し む 、 疑 う 。 ニ 寝 覚 の 上 は 。 寝 疾 く 出 で な ば や 、 と 、 せ ち に お ぼ い た り 。 三 恨 み 言 を 言 い た て た 揚 句 は 。 こ こ 四 秋 の 夜 長 で さ え 相 手 の 人 柄 に 言 ひ 言 ひ て は 、 巡 り 合 ふ 年 ご ろ の 数 へ ら れ て 、 め づ ら し く あ は れ に 、 夢 の 心 よ っ て 短 く 感 ず る も の だ か ら 、 ま 地 す る に も 、 忍 び が た う 涙 の こ ぼ れ つ つ 、 秋 の 夜 だ に 人 柄 な る も の な れ ば 、 ま し て 、 の 気 持 。 「 な が し と も 思 ひ ぞ は て ぬ 昔 よ り 逢 ふ 人 か ら の 秋 の 夜 な れ ば 」 ( 古 今 ・ 恋 三 躬 恒 ) を 踏 い て 、 春 の 夜 の 短 さ は 、 ま ど ろ む ほ ど な く 明 け ぬ る な め り 。 む 表 現 。 ち

完訳 日本の古典 第二十六巻 夜の寝覚 ㈡


夜 の 覚 一 小 宀 子 館

完訳 日本の古典 第二十六巻 夜の寝覚 ㈡


夜 は 更 け て し ま っ た が 、 出 て 行 く 空 も な い 。 あ れ や こ れ や も 御 機 嫌 が 直 ら ぬ ま ま 私 を お 見 捨 て に な っ て お 人 り に な っ た 辛 さ : : : 」 な ど と 、 た い そ う に お 書 き に な っ て 、 と な だ め あ ぐ ん で は 、 つ い に 涙 を ま で 落 し か け ら れ る の だ な か ぞ ら か き く ら し 昔 を 恋 ひ し 月 影 に 我 中 空 に 泣 く 泣 く ぞ 来 し っ た が 、 寝 覚 の 上 は 、 「 こ の と こ ろ 何 日 も 、 ゆ っ く り 寝 な ( 沈 み 込 ん だ ま ま 昔 の 人 を 恋 い 焦 れ て い た あ な た の お 姿 に 、 寝 い で 夜 を 明 か し て ば か り い ま し て 、 今 夜 は 眠 と う ご ざ い ま の 私 は 宙 に 浮 い た よ う な 心 細 さ で 、 泣 き な が ら 帰 っ て 来 た こ と す の で 、 お 帰 り に な っ て く だ さ い ま せ 。 ま た 後 に で も ・ 夜 で す ) ・ : 」 と 言 い 捨 て る と 押 し き っ て 奥 に 入 っ て し ま っ た 後 の 名 残 惜 し さ 、 ー ー ー 男 君 は ま る で 、 長 い 年 月 の 思 い の 末 、 恋 い と あ る の を 、 寝 覚 の 上 は 、 「 ま あ 、 な ん と も 若 々 し い 詠 み ぶ り で い ら っ し や る こ と : : : 」 と 御 覧 に な っ て 、 焦 れ る 人 に た ま た ま 行 き 逢 っ て 肩 す か し で も く ら っ た か の よ う な 満 た さ れ ぬ 寂 し さ に お そ わ れ て 、 し ば ら く は 思 い ふ な か な か に 見 る に つ け て も 身 の 憂 さ の 思 ひ 知 ら れ し 夜 け る ば か り だ っ た 。 御 喪 中 の 院 に 立 ち 戻 ら れ て も 、 寝 覚 の 半 の 月 影 ( あ な た に お 逢 い し て 、 か え っ て 自 分 の 身 の 辛 さ が 思 い 知 ら 上 の 思 い に 沈 ん で お ら れ た 御 様 子 が い か に も 道 理 に 思 わ れ 、 れ た 夜 で し た ) 「 故 関 白 殿 が す べ て の 過 失 を 許 し て お ら れ た の に 慣 れ 驕 っ と だ け 御 返 歌 に な る の を 、 男 君 は 下 に も 置 か ず に じ っ と 見 た お 気 持 か ら 、 私 の 、 少 し は 穏 当 を 欠 い た か も し れ ぬ 一 言 を 、 た い そ う 浅 は か な 、 む ご い も の に 思 い 込 ま れ た の も 無 つ め て お ら れ る の だ っ た 。 す ざ く い ん 理 は な い ー な ど と 考 え 、 「 あ ま り 従 え よ う と 言 葉 を 尽 す 余 〔 奕 〕 院 の 御 喪 明 け 、 男 朱 雀 院 の 御 喪 が 明 け る と 、 右 大 臣 は り に 、 恨 ま れ て し ま っ て い る の だ ろ う 。 少 し も 私 に 背 く ま 君 寝 覚 の 上 の 許 に 赴 く 待 ち か ね た よ う に 寝 覚 の 上 の も と に い と 思 っ て お ら れ た も の を 」 な ど と 思 い 、 先 刻 の 御 面 影 も お 渡 り に な っ て 、 先 夜 の お 詫 び を 縷 々 と 述 べ て 、 女 君 へ の 恨 み 言 も ま た 尽 き る こ と な く 訴 え て は お 悩 ま せ に な り 、 久 心 に か か っ て 、 ま っ た く ま ど ろ む こ と も で き ぬ ま ま 思 い 明 こ よ い あ や ま か さ れ る と 、 さ っ そ く 自 ら の 過 ち を こ ま ご ま と 詫 び 尽 し て 、 方 ぶ り の お 越 し と て 今 宵 は い と お し さ も ひ と し お で 、 夜 の 「 御 不 快 も 道 理 で は あ り ま し よ う が 、 思 い 直 し て わ ず か で 明 け る の も 御 存 じ な い ほ ど で あ っ た 。 督 の 殿 の 御 方 に も 行 ( 原 文 一 一 六 一 第 ー ) こ が か ん

完訳 日本の古典 第二十六巻 夜の寝覚 ㈡


と か 鎮 め た い 」 な ど と 言 わ れ る が 、 寝 覚 の 上 は 「 ど う し て う だ 」 と 見 る に つ け て も 、 い っ そ う い じ ら し く 胸 が 迫 っ て 、 「 た だ 今 夜 だ け の こ と 。 明 日 の 夜 は き っ と こ ち ら に お 連 れ 3 そ ん な こ と が 」 な ど と き つ ば り と 拒 ま ぬ も の の 、 思 い の ほ 申 そ う 。 『 今 夜 お 連 れ 申 し ま し よ う 』 と 尼 上 に 申 し あ げ た か と 承 知 も し な い 。 覚 と こ ろ 、 た い へ ん う れ し い と 思 っ て お ら れ た か ら 、 お 待 ち 寝 夜 が 更 け て い く の も 気 に な る の で 、 女 君 は 、 「 そ れ で は 」 し つ こ う の に な っ て お ら れ る だ ろ う に 、 お 連 れ し な い と あ て が は ず れ と 膝 行 し て 退 き 、 姫 君 に 、 「 今 夜 お 移 り に な ら な け れ ば な 夜 て が っ か り さ れ る に 違 い な い 。 そ れ が 気 の 毒 で し て ね 」 と ら な い よ う で す か ら : 。 行 き 来 の 絶 え て い た 長 い 年 月 は 別 と し て 、 こ の 日 ご ろ 御 一 緒 だ っ た 名 残 惜 し さ は と て も 堪 慰 め て 、 寝 覚 の 上 が 涙 を 堪 え か ね て お ら れ る の に も 、 「 そ え が た く 思 わ れ ま す が 、 ど う し て こ れ 以 上 お 引 き 止 め は れ な ら 、 申 し あ げ る よ う に 、 御 一 緒 に : : : 」 と 、 熱 心 に 説 得 な さ る の だ が 、 女 君 は 「 ほ ん に こ う ま で 、 あ ま り に も 心 ・ : 」 と だ け 言 わ れ て 、 申 し あ げ た い こ と は 多 い の だ が 、 が 弱 い よ う に 見 ら れ ま い 」 と 心 を 鎮 め て 、 「 そ れ で は 」 と 内 大 臣 殿 が す ぐ 近 く に お い で に な る の で 、 す べ て は 胸 の う ち に 抑 え て 、 顔 に 袖 を 押 し 当 て て 、 何 気 な く 見 せ な が ら も 、 言 っ て 姫 君 を お 行 か せ に な る と 、 「 ま た 参 り ま す 」 な ど と 、 そ こ は 子 供 で 素 直 に さ っ と 膝 行 し て 出 て 行 か れ る 後 ろ 姿 の 、 ひ ど く お 泣 き に な る 様 子 に 、 姫 君 は ま し て 、 何 と い っ て も た い そ う さ さ や か で 愛 ら し い の を 、 目 で 追 っ て 、 不 吉 な ま 思 慮 の 行 き 届 く 年 ご ろ で も な く 、 女 君 を 母 親 な ど と は お 思 で に 涙 が こ ぼ れ る の を 、 姫 君 は 振 り 返 っ て 、 ひ ど く 悲 し そ い に な れ ず 、 心 ゆ く ま で 、 美 し い お 遊 び 相 手 と さ え 思 っ て か れ ん 慣 れ な じ ん で お ら れ て 、 お 別 れ す る の が 、 不 満 で も あ り 悲 う に 気 づ か っ て お ら れ る さ ま は 、 可 憐 と も い と お し い と も し く も 思 わ れ て 、 寝 覚 の 上 の そ ば に 寄 り 添 っ て 顔 も お 上 げ 言 い よ う が な い 。 内 大 臣 殿 も 女 君 の そ ば に 寄 っ て 、 「 そ ん な に 思 い 切 っ て 気 強 く 振 舞 わ れ て も 、 後 の 寂 し さ は ど ん な に な ら な い 。 そ の 母 子 の お 姿 を 、 内 大 臣 殿 は 、 そ ば に 寄 ら れ て 、 「 ほ ん と う に 、 子 供 ほ ど か わ い い も の は な い 。 長 年 に お 思 い で し よ う 。 明 日 の 夜 に で も こ ち ら へ 参 る つ も り で う ら や 母 親 の 顔 も 知 ら ず に お 育 ち に な っ た け れ ど 、 母 の そ ば が 懐 す 。 そ れ に し て も な ん と も 羨 ま し い 御 様 子 で す ね 。 あ な た に こ の よ う に 思 わ れ た な ら 、 そ の 時 は ど ん な 気 持 が す る で か し く て 、 な ん と も 離 れ ら れ そ う も な く 思 っ て お ら れ る よ ふ

完訳 日本の古典 第二十六巻 夜の寝覚 ㈡


め れ ぎ め 思 い 知 ら さ れ る も の の 、 何 と い っ て も 胸 の つ か え は な お 下 ほ ん と う に 辛 い 、 身 の 濡 衣 よ 』 と 、 更 に 嘆 き を 加 え て 、 今 り ず 、 逢 え ぬ 恋 し さ に 苦 し ん だ 月 ご ろ の こ と は 後 に 回 し て 、 日 一 日 を 過 し た こ と で す 。 も と は と 言 え ば 、 何 と は な し に こ う ま で 宮 中 に 長 く お り ま し た 私 が 悪 い の で す か ら 、 今 夜 昨 夜 の こ だ わ り を あ れ や こ れ や と 言 い 困 ら せ て は 、 疑 う の を 、 寝 覚 の 上 は 、 た だ た だ 辛 く 泣 く ば か り 、 「 た だ も う 一 寝 な ど に も 『 退 出 し た い も の 』 と 願 っ て い た の で し た が 、 み か ど の し か ま 刻 も 早 く 宮 中 か ら 下 が り た い 」 と 、 ひ た す ら 思 わ れ る の だ 『 飾 磨 に 染 む る 』 ー ー あ な が ち に 帝 を お い と い 申 し あ げ る 夜 っ こ 。 気 持 の ま ま で は 、 退 出 す る わ け に は ま い り ま せ ん で : あ れ こ れ と 、 き り も な く 恨 み 言 を 並 べ た て た そ の 果 て は 、 そ れ に つ け て も 、 『 い か で な ほ 』 ー ー 身 の 濡 衣 を 訴 え 申 し た ど こ う し て 巡 り 逢 え た 今 日 ま で の 長 い 年 月 の 途 絶 え が 辿 ら れ あ げ た く て 、 お い で を お 待 ち し て お り ま し た の に : て 、 ま れ な 逢 瀬 に 喜 び は 胸 に 迫 り 、 ま る で 夢 の よ う な 気 持 な た を お 頼 り す る 気 持 は 決 し て 浅 く は ご ざ い ま せ ん の に 、 に 酔 う に つ け て も 、 止 め て も 止 め て も 涙 が 流 れ 出 て 、 長 い ま る で 話 に な ら な い ひ ど い 女 か 何 か の よ う に ば か り お っ し 秋 の 夜 も 逢 っ て い る 人 次 第 で は 長 く 感 じ な い も の 、 ま し て や っ て : : : 」 と 、 な ん と も 愛 ら し く 、 懸 命 に 訴 え る の で 、 八 百 よ ろ ず の 社 に か け て お 誓 い に な る 人 よ り も 、 心 底 の 清 春 の 夜 の 短 さ は 、 ま ど ろ む 暇 も な い ま ま に 明 け て し ま っ た こ と で あ ろ う 。 ら か さ が う か が わ れ 、 何 は と も あ れ 、 こ う し た 際 に は 頼 る 様 子 が は っ き り と 見 え る に つ け て も 、 そ れ も 、 弁 解 の 言 葉 も 多 く は 言 え ず 、 滞 り が ち な の が 、 か え っ て 心 の 清 さ 、 い ふ ぜ い と お し さ を い よ い よ 添 え 加 え て い る 風 情 に 、 内 大 臣 は 心 う た れ 、 ど ん な に ひ ど い 過 失 を 直 接 こ の 目 で 見 た と し て も 、 と が 咎 め だ て し て 思 い 切 る こ と な ど と う て い で き そ う も な い と 思 わ ず に は い ら れ な い 。 「 故 関 白 殿 も 、 こ う し て 、 す べ て の 過 失 を 許 し て し ま っ た の だ が 、 も っ と も な こ と だ 」 と 、 お う せ い と ま

完訳 日本の古典 第二十六巻 夜の寝覚 ㈡


一 三 夜 続 け て 契 り を 重 ね る の が 人 び し ぞ 」 と 、 恥 づ か し く お ぼ し 知 ら る 。 当 時 の 新 婚 の 作 法 。 「 頻 る 」 は 、 た し き ま の ま づ 頻 り て 三 夜 は 、 参 う 上 り た ま ふ 。 四 夜 と い ふ 夜 、 中 宮 び 重 な る 、 の 意 。 〔 九 〕 督 の 君 、 帝 の 御 意 ニ 督 の 君 は い か が で す か 。 中 宮 寝 に 叶 い 四 夜 召 さ る の 御 方 に 渡 ら せ た ま へ る に 、 「 い か が 」 な ど 、 問 ひ き こ え が 帝 に 問 う の で あ る 。 の 三 「 人 の 娘 」 は 、 良 家 の 姫 君 と い け は ひ 夜 さ せ た ま へ れ ば 、 「 な ほ 、 気 配 、 手 当 た り な ど 子 め い て 、 人 の 娘 と は 覚 ゆ ら む 。 っ た 感 じ を い う 。 四 物 慣 れ て 気 が き く 点 。 ら う ら う じ き か た や 、 少 な か ら む 。 た だ 今 は 、 こ と ご と し く 見 え む も 、 う た て 五 人 内 早 々 の 今 か ら も っ た い ら し く 見 え る と い う の も 、 の 気 持 。 け し き ぞ あ る べ き 。 心 や す く ら う た げ に は あ り ぬ べ か め り 」 と 、 の た ま は す る 御 気 色 、 六 そ の ま ま 中 宮 が 。 「 上 の 御 局 」 は 、 后 、 女 御 な ど が 特 に 清 涼 殿 の な い し の か み い と 浅 き と は 見 え さ せ た ま は ず 。 お は し ま し 暮 ら し て 、 そ の 夜 も 、 内 侍 督 参 う 帝 の 御 居 間 近 く に 賜 る 部 屋 。 じ ゅ だ い 七 新 し く 入 内 し た 督 の 君 を い う 。 う へ っ ね 上 り た ま ひ ぬ 。 ま た の 夜 は 、 中 宮 上 ら せ た ま ひ て 、 や が て 上 の 御 局 に さ ぶ ら ひ ^ 帝 の 心 中 表 現 。 「 宮 」 は 中 宮 。 九 一 九 既 出 。 た ま へ ば 、 他 人 は え 上 ら せ た ま は ず 。 め づ ら し き 人 の 憎 か ら ず お ぼ し め さ る る 一 0 あ な た の 御 事 を 。 故 関 白 は 後 事 を 内 大 臣 だ け で な く 、 帝 に も 託 た が に つ け て も 、 「 宮 の 御 心 に つ ゆ ば か り も 違 ひ き こ え さ せ じ 」 と の み お ぼ し め す し た ら し い 。 = か っ て 帝 は 寝 覚 の 上 の 琵 琶 の す ば ら し さ を 話 に 聞 き 、 父 人 道 に ぞ 、 め で た き 人 の 御 覚 え な る や 。 入 内 さ せ る よ う 強 く 望 ん だ こ と を れ い と う の な い し の す け つ か せ う そ く 昼 つ か た 、 例 の 藤 典 侍 、 御 使 ひ に て 、 北 の 方 に 御 消 息 お さ す 。 ↓ 田 三 一 五 謇 。 〔 一 0 〕 帝 な お 昔 を 忘 れ す 一 ニ 老 関 白 死 後 、 帝 の 再 度 の 人 内 寝 覚 の 上 に 御 文 あ り 要 請 を 固 辞 し 、 代 り に 故 関 白 の 長 ほ せ ら る 。 女 を 内 侍 督 と し た 経 緯 を い う 。 こ お と ど や ま ひ 「 故 大 臣 の 、 病 の 初 め に 、 御 事 を な む 言 ひ 置 き し か ば 、 昔 よ り の 心 ざ し に 添 一 三 母 親 の 立 場 で 、 の 気 持 。 ( 現 代 語 訳 一 一 八 三 ハ ー ) 四 か な か ん こ と ひ と は 五

完訳 日本の古典 第二十六巻 夜の寝覚 ㈡


た い わ う み や お ん な い ち み や 一 程 度 を 越 え た 、 女 一 の 宮 側 へ と 、 な よ 竹 の 程 に は 過 ぎ た る 御 も て な し を も 、 大 皇 の 宮 、 御 乳 母 ど も は 、 飽 か の ご 厚 遇 を い う 。 「 な よ 竹 の 」 は か た よ ず め ざ ま し き こ と に 、 尽 き せ ず 許 し な き を 、 大 臣 は 、 「 あ ま り 、 こ は な ぞ 。 片 「 節 」 「 夜 」 に か か る 枕 詞 。 前 の 「 二 夜 」 「 一 夜 」 か ら 逆 に 導 か れ た 表 現 。 覚 た れ と し つ き へ と き ょ こ め 寝 時 横 目 す べ く も あ ら ず 、 年 月 を 経 て 恋 ひ 侘 び わ た り つ る も 、 誰 ゅ ゑ な ら む 。 我 = 一 時 も よ そ 見 す る こ と も で き の ず 、 長 い 年 月 に わ た っ て 寝 覚 の 上 夜 な れ ば こ そ 、 せ め て 思 ひ 忍 び て あ な が ち に は も て な せ 。 た だ 心 を 心 と せ む 人 は 、 〈 の 恋 に 悩 み 苦 し ん で き た の も 。 三 女 一 の 宮 を 思 う 為 だ 、 の 気 持 。 み か ど む す め 四 強 い て 我 慢 し て ひ た む き に 宮 帝 の 御 女 と い ふ と も 、 あ な が ち に 心 を 分 け じ も の を 」 と ぞ 、 あ ま り に は 、 む つ を 大 切 に 扱 っ た の だ 。 五 心 の ま ま に 振 舞 う よ う な 男 は 。 か し く お ぼ さ る る 。 六 寝 覚 の 上 の ほ う を い う 。 し ぎ は ね こ な た に は 、 「 住 み 果 つ べ き 世 か は 」 と の み 、 様 異 に お ぼ 七 「 暁 の 鴫 の 羽 掻 き 百 羽 掻 き 君 〔 哭 〕 寝 覚 の 上 わ が 子 や が 来 ぬ 夜 は 我 ぞ 数 か く 」 ( 古 今 ・ 恋 も も よ し ぎ は ね 関 白 の 娘 の 世 話 に 専 心 し 取 り つ つ 、 百 夜 に あ ら む 鴫 の 羽 が き も 、 な に と 心 と ま る 五 = 読 人 し ら ず ) に 拠 る 。 百 夜 の 夜 離 れ が あ っ た と し て も 、 の 気 持 。 に よ う ご ま じ く 思 ひ と り て 、 明 け 暮 れ は 姫 君 た ち の 御 か し づ き を 、 心 の 及 ば ぬ こ と な く 八 ほ か の 女 御 方 に 。 九 督 の 君 自 身 の お 召 物 。 う ち さ う ぞ く し た ま ひ 、 若 君 の 、 内 に の み 召 し 籠 め ら れ た ま へ る 、 御 装 束 な に や か や に 添 ヘ 一 0 「 端 者 」 ↓ 一 七 ハ ー 注 ズ 。 = 人 数 に あ わ せ て 、 の 意 。 ひ と き は な に ご と ま こ と か た が た な い し だ い し よ う え し ん じ よ う え 一 ニ 「 五 節 」 は 、 大 嘗 会 や 新 嘗 会 に て 、 内 侍 の 督 の 殿 の 御 交 じ ら ひ の 程 、 「 異 方 々 に 、 い か で い ま 一 際 何 事 も め づ 際 し 、 陰 暦 十 一 月 に 宮 中 で 行 わ れ さ う ぞ く み ち ゃ う み き ち ゃ う か た び ら わ ら は し も ま ら し く 増 い た て ま つ ら む 」 と 、 我 が 御 装 束 、 御 帳 、 御 几 帳 の 帷 、 女 房 、 童 、 下 た 行 事 。 「 五 節 の 舞 」 が 催 さ れ た 。 一 三 宰 相 中 将 の 北 の 方 や 大 納 言 の む つ き カ ず ご せ ち は し た も の さ う ぞ く 北 の 方 。 故 関 白 の 次 女 、 三 女 。 仕 へ 、 端 者 、 装 束 色 を 尽 く し 、 数 に よ り て 、 五 節 の 程 、 正 月 な ど に 、 他 事 な く 一 四 「 家 司 」 は 、 親 王 ・ 摂 関 家 や 公 け い し ま ん ど こ ろ さ い し ゃ う の ち ゅ う じ ゃ う 急 ぎ し た て ま つ り た ま ふ 。 宰 相 中 将 、 大 納 言 の 御 方 々 を も 、 み な 家 司 、 政 所 卿 の 家 で 事 務 を つ か さ ど る 職 員 。 ( 現 代 語 訳 四 一 一 四 ) づ か か ん わ お と ど か た が た め の と さ ま こ と こ レ J ご と

完訳 日本の古典 第二十六巻 夜の寝覚 ㈡


ろ 夜 ご と に 、 少 し も ま ど ろ む こ と な く 心 を 砕 い て 夜 を 明 か か に 深 く 頼 り に し た か ら と い っ て 、 簡 単 に 言 い な り に な っ 3 し て き た も の だ か ら 、 今 夜 は 思 い が け ぬ く ら い ぐ っ す り と て よ い と い う も の で も な い 。 い っ 逢 う と も な く 、 こ れ ま で お 寝 み に な っ て お ら れ た 。 「 ま あ 、 困 っ た お 方 。 ど う し て の よ う に 、 人 目 に つ か な い か た ち で あ り た い 」 と お 思 い に 寝 ま た 、 こ ん な 思 い も よ ら ぬ 時 間 に お 訪 ね に な っ た り な ど : な る の で 、 「 気 の 遠 く な る よ う な 思 い を 、 し い て 平 気 に 見 の 客 が お ら れ る 由 を 、 申 し あ げ て お く れ 」 と 、 ひ ど く 眠 せ て 張 り つ め て ば か り い た せ い で し よ う か 、 実 際 に 気 分 が 夜 そ う に 、 何 で も な い こ と の よ う に お 答 え に な る の を 、 少 将 悪 う ご ざ い ま し て 、 お 話 し で き ま せ ん 。 明 日 に で も 、 お 暇 が 、 「 と は 存 じ ま す が : ・ : し か し 、 そ れ で は あ ま り に 冷 た が ご ざ い ま し た ら : : : 」 と 、 ひ ど く そ っ け な く 、 は っ き り い よ う で : 。 ど う し て お 逢 い も せ ぬ ま ま に お 帰 し 申 し た と お 断 り に な る の で 、 内 大 臣 は 、 自 分 が 、 無 理 な 口 実 を 作 り な ど な さ る の で す か 。 疎 略 に す ぎ る よ う に 存 じ ま す が 」 っ て ま で や っ て 来 た 深 い 思 い の 効 も な く 、 辛 い 気 持 で い っ と 申 し あ げ て た め ら う の も も っ と も と は 思 い な が ら 、 寝 覚 ば い だ が 、 と い っ て 無 理 押 し に 人 る こ と は 、 宰 相 の 上 ほ ど さ い し よ う の 上 は 心 の な か で 、 「 宰 相 の 上 を 起 し て ほ か に 移 す わ け に の 人 が ほ ん と う に 一 諸 に 寝 ん で お い で の よ う な の で 、 ぶ ざ も い か な い 。 と い っ て 、 そ わ そ わ と あ わ て て 、 私 が 起 き 上 ま で 不 都 合 な こ と に き ま っ て い る し 、 一 方 、 女 一 の 宮 の 御 は た う わ さ が っ て 対 面 に 出 る と い う の も 、 傍 の 見 る 目 も 恥 ず か し い 。 心 中 を 考 え て も 、 人 々 が あ き れ 返 っ て 噂 す る だ ろ う こ と も 、 い っ 来 ら れ て も 、 来 ら れ た 時 は い つ も 受 け 人 れ ね ば な ら な 宮 に 対 し て 心 苦 し く 気 の 毒 で な い わ け で は な い の で 、 人 る に 人 れ ず 、 恨 め し げ に し ば ら く 月 を じ っ と 見 つ め て 、 い も の と 思 い 込 ん で し ま っ た ら 、 き っ と 追 い つ め ら れ て 、 こ よ ひ と し つ き 年 月 を へ だ て て だ に も あ る も の を 今 宵 を さ へ や 嘆 き 明 辛 く 恨 め し い こ と が 持 ち あ が る に 違 い な い 。 も と よ り 、 内 か さ む 大 臣 と の 間 は 今 初 め て の 仲 で は な い の だ か ら 、 今 更 、 ど う ( 長 い 年 月 、 逢 わ ず に 過 し た だ け で も 辛 い こ と だ の に 、 や っ な る こ と か と 悔 ん だ り 、 何 と し た こ と と 心 外 に 思 っ た り す さ し さ わ と 逢 え る は ず の 今 夜 さ え あ な た に 冷 た く 扱 わ れ て 、 む な し く る よ う な こ と で も な い 。 し か し 、 逢 っ て も 差 障 り の な い 折 嘆 き 明 か す こ と だ ろ う か ) な ら と も か く も 、 た だ ほ ん と う に 今 夜 の よ う な 時 に は 、 い か い

完訳 日本の古典 第二十六巻 夜の寝覚 ㈡


巻 三 以 降 を 読 む た め に 『 夜 の 寝 覚 一 』 と の 連 絡 本 書 『 夜 の 寝 覚 一 一 』 は 巻 三 ・ 四 ・ 五 を 収 め 、 も と よ り 前 書 『 夜 の 寝 覚 一 』 を 受 け る が 、 前 書 に 収 め た 巻 一 ・ 二 と 、 本 書 の 巻 三 以 降 と の 間 に は 、 約 八 年 に わ た る 欠 巻 部 分 が あ る た め 、 主 要 人 物 の 呼 称 に も 変 化 が あ り 、 欠 巻 部 分 内 で 新 た に 登 場 し た 人 物 も あ っ て 、 い さ さ か 解 説 を 添 え る 必 要 が あ ろ う 。 詳 し く は 前 書 の 解 説 や 系 図 を 参 照 し て い た だ く こ と に し て 、 こ こ で は 簡 略 に 主 要 人 物 や 新 登 場 の 人 々 の 呼 称 や 人 物 関 係 に 触 れ て 、 巻 三 と 中 間 欠 巻 部 分 と の 連 絡 を は か っ て お く 。 お い か ん ば く 巻 三 は 物 語 第 十 四 年 末 か ら 始 る が 、 女 主 人 公 ( 広 沢 の 人 道 太 政 大 臣 の 次 女 。 中 の 君 ) は 二 十 六 歳 。 中 間 欠 巻 部 で 老 関 白 ( 男 主 人 公 の 叔 父 。 故 大 臣 、 故 関 白 、 故 殿 ) と 結 婚 し た が 、 そ の 夫 関 白 と は す で に 死 別 し て い る 。 巻 三 に は 若 き 未 亡 人 と し ね ざ め う え て 登 場 、 通 称 は 寝 覚 の 上 。 北 殿 、 北 の 方 な ど と も 呼 ば れ て い る 。 男 主 人 公 と の 間 に は 姫 君 ( 通 称 、 石 山 の 姫 君 ) と ま さ こ 君 お お い ぎ み ( 若 君 ) が 生 れ て い る が 、 数 奇 な 運 命 の た め 、 母 と 子 た ち は 引 き 離 さ れ て お り 、 代 っ て 姉 大 君 ( 男 主 人 公 の 北 の 方 。 故 人 ) こ ひ め ぎ み さ い し よ う の 4 っ ゅ . う じ よ う の 忘 れ 形 見 小 姫 君 を 引 き 取 っ て い る 。 ほ か に 、 老 関 白 の 前 妻 の 姫 君 た ち 三 人 の 世 話 を し て い る が 、 次 女 は 源 宰 相 中 将 ( か っ て の 宮 の 中 将 ) と 、 三 女 は 新 大 納 言 ( 男 主 人 公 の 弟 、 か っ て の 三 位 中 将 ) と 結 婚 さ せ 、 巻 三 で は 長 女 の 入 内 に 尽 力 し と う か ぞ ん の な い し の か み カ ん き み て い る 。 長 女 は 入 内 し て 登 花 殿 尚 侍 ( 督 の 君 と も ) と 呼 ば れ る 。 男 主 人 公 は 二 十 九 歳 、 す で に 内 大 臣 に い た っ て い る 。 石 山 の 姫 君 と ま さ こ 君 を 擁 し て 、 寝 覚 の 上 へ の 思 慕 は い よ い よ 深 い お ん な い ち み や た い お う み や が 、 朱 雀 院 の 女 一 の 宮 を 正 妻 と し て い る 。 寝 覚 の 上 の 姉 大 君 は こ れ を 恨 ん で 亡 く な っ た 。 女 一 の 宮 の 母 大 皇 の 宮 ( 朱 雀 院 后 の 宮 。 大 宮 、 宮 と も ) は 、 わ が 子 、 女 一 の 宮 の た め 、 内 大 臣 と 寝 覚 の 上 の 仲 を 裂 こ う と 画 策 す る 。 帝 ( 朱 雀 院 の 御 子 、 母 は 大 皇 の 宮 で 、 女 一 の 宮 と は 兄 妹 ) も 中 間 欠 巻 部 以 来 、 寝 覚 の 上 に 執 心 し て い る 。 さ え も ん の か み 寝 覚 の 上 の 兄 た ち は 、 長 兄 が 権 大 納 言 ( か っ て の 左 衛 門 督 ) 、 次 兄 が 中 納 言 ( 新 中 納 言 。 か っ て の 宰 相 中 将 ) に 昇 進 し て た い き み だ い に の ち ゅ う な ご ん そ ち い る 。 か っ て の 対 の 君 は 、 大 弐 中 納 言 ( 帥 と も ) と 結 婚 し て お り 、 大 弐 の 北 の 方 と 呼 ば れ る 。 そ の 他 、 式 部 卿 宮 の 女 御 ( 承 香 殿 の 女 御 ) が 、 帝 の 愛 姫 女 三 の 宮 の 母 と し て 登 場 し て く る 。