検索 - みる会図書館

検索対象: 完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢から 637件ヒットしました。

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


長 い 夜 じ ゅ う 君 に 恋 い 慕 っ て 生 き て い る く ら い な ら 咲 い て 散 っ て し ま っ た 8 花 で あ る 方 が ま し だ お う さ か や ま 集 ( 我 味 子 に ) 逢 坂 山 の は だ す す き な ら 穂 に 出 よ う が 目 立 た ず に 恋 し 続 け る 葉 こ と よ あ き は ぎ 萬 い き な り 急 に 今 す ぐ に も 見 た い 。 秋 萩 の よ う に し な や か だ ろ う あ の 娘 の 姿 を 秋 萩 の 花 野 の す す き が 穂 に 出 な い よ う に 目 立 た ず に わ た し が 恋 し 続 け る あ の 忍 び 妻 よ 家 の 庭 に 咲 い た 秋 萩 が 散 り 果 て て 実 に な る ま で も 君 に 逢 っ て い な い こ と よ 2286 あ 記 長 き 夜 を ー 長 夜 は 八 月 、 正 月 の 夜 を い う 。 ↓ 一 究 一 ( 短 夜 ) 。 こ こ は 八 ・ 九 月 の 秋 の 夜 長 を さ し た の で あ ろ う 。 こ の ヲ は 動 作 ・ 作 用 の 行 わ れ る 時 間 の 幅 を 示

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


え に し ( 玉 葛 ) 長 く 切 れ な い 縁 だ が 寝 る こ と は 一 年 経 つ う ち た だ 一 夜 き り 5 恋 い 慕 っ た 日 は 長 い 間 だ の に 今 夜 だ け で も じ ら さ な い で く だ さ い 逢 う べ 集 き 夜 で す も の 葉 織 女 星 た ち が 今 夜 逢 っ た ら い つ も ど お り 明 日 を 境 と し て 一 年 は 長 い こ と 萬 だ ろ う あ ま が わ 天 の 川 に 棚 橋 を 渡 せ 織 女 星 が 渡 ら れ る た め に 棚 橋 を 渡 せ 天 の 川 に 渡 り 場 は 数 多 い ど こ で い っ た い 君 の お 舟 を わ た し は 待 っ て い れ ば よ か ろ う か あ 玉 葛 ー 絶 工 ズ の 枕 詞 。 タ マ は 美 称 の き よ う じ ん 加 接 頭 語 。 蔓 性 植 物 の 蔓 が 長 く て 強 靭 で 切 れ に く い の で か け た 。 〇 絶 え ぬ も の か ら ー モ ノ カ ラ は モ ノ カ ラ ニ と も い い 、 ュ ヱ ( ニ ) ・ モ ノ ュ ヱ ( ニ ) が 時 に 逆 接 の 接 続 助 詞 の よ う な 働 き を す る の と 同 様 に 、 、 も の の 、 の 意 を 表 す 。 主 語 は 二 星 の 関 係 。 〇 さ 寝 ら く ー サ 寝 の ク 語 法 。 サ は 接 頭 語 。 〇 年 の 渡 り ー 年 渡 ル は 一 年 が 経 過 亠 9. る こ と 。 9 日 長 き も の を ー ケ 長 シ ↓ 一 一 0 一 六 ( ま 日 加 長 く ) 。 モ ノ ヲ は 逆 接 。 〇 今 夜 だ に と も し む べ し ゃ ー ダ ニ ↓ 一 四 究 ( 汝 だ に 来 鳴 け ) 。 ほ か の 晩 は と も か く と し て せ め

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


あ る 人 は あ あ 短 す ぎ て つ れ な い と 思 う か も し れ な い 秋 の 長 い 夜 を わ た し は 寝 覚 め て ひ と り 寝 し て い る こ と よ 集 秋 の 夜 は 長 い と 人 は 言 う が 積 っ て い た 恋 を 晴 そ う と す る と 短 い も の だ 葉 衣 に 寄 せ る も み じ 萬 秋 の 紅 葉 の 色 に 染 ま 0 た 衣 を わ た し は 着 ま い あ な た に 上 げ た ら 夜 も 着 て く だ さ る で し よ う 答 さ び ま る ね 旅 で さ え 紐 を 解 く の に 噂 が ひ ど い の で 淋 し い 丸 寝 を わ た し は す る 長 い こ の 夜 に し ぐ れ あ か っ き づ き ょ 2 あ る 人 の ー こ の ア ル 人 は 、 自 分 の よ 時 雨 の 降 る 暁 月 夜 に 紐 を 解 か ず に 恋 い 慕 っ て く だ さ る と い う あ な た と 居 2 う な 恋 人 も 居 な い 惨 め な 者 と 違 っ て 、 愛 す る 人 と 仲 良 く 語 ら っ て い る こ と で あ ら れ た ら よ い の に う ら や ろ う 羨 ま し い 人 々 を さ す 。 ノ は 主 格 を 示 う わ さ も み じ 葉 に 置 く 白 露 の 色 葉 に さ え も 出 す ま い と 思 う の に 噂 の ひ ど さ よ し 、 思 フ ラ ム に 続 く 。 〇 あ な 心 な ー 心 ナ シ ↓ 一 一 一 三 六 ( 心 な き ) 。 感 動 詞 ア ナ + 形 容 詞 語 幹 は 詠 嘆 を 表 す 。 愛 人 と 語 ら え ば 秋 の 夜 も 短 く 思 わ れ 、 何 と い う 気 の 利 か な さ か 、 と 夜 を 恨 み に 思 う こ と だ ろ う 、 と 想 像 し て い う 。 〇 秋 の 長 夜 ↓ 一 究 一 ( 短 夜 ) 。 こ こ は 八 ・ 九 月 の 夜 を い う 。 〇 寝 覚 め 伏 す の み ー 原 文 、 底 本 な ど に 「 寐 師 耳 」 と あ る が 、 元 暦 校 本 に 「 寤 臥 耳 」 と あ る の に よ る 。 「 寤 」 は 目 覚 め る 意 。 寝 覚 ム は 、 眠 る ひ も う わ さ

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


ね さ ふ あ る 人 の あ な 心 な と 思 ふ ら む 秋 の 長 夜 を 寝 覚 め 伏 す の み べ き 時 に 眠 れ ず に い る こ と 。 サ は 清 音 。 ノ ミ は 強 め 3 恋 を 尽 く せ ば ー 尽 ク ス ↓ 一 一 0 三 七 ( 今 夜 尽 く し て ) 。 秋 っ 葉 ー 秋 の 紅 葉 。 ツ は 天 ッ 領 巾 ・ 秋 の 夜 を 長 し と 言 ( ど 積 も り に し 恋 を 尽 く せ ば 短 か り け り 沖 ッ 波 な ど の そ れ と 同 じ く 連 体 格 助 詞 。 0 に ほ へ る 衣 ー 赤 ま た は 黄 色 に 染 ま っ た 美 し い 衣 服 。 〇 夜 も 着 る が ね ー ガ ネ ↓ 一 二 七 九 ( あ り 渡 る が ね ) 。 こ こ は 、 、 し て く れ る だ ろ う 、 の 意 。 夜 寝 る 時 に な り と 着 て 自 分 の こ と を 思 っ て く だ さ る で し ょ う 、 と い う 気 持 。 5 旅 に す ら 紐 解 く も の を ー 見 知 っ た 人 も な く 不 自 由 な 旅 先 で さ え 紐 を 解 い て 寝 る と い う の に 。 旅 の 仮 寝 に 思 い が け な く 女 性 と 逢 う 人 さ え あ る と い う の に 、 と い う 気 持 。 〇 丸 寝 ↓ 一 七 全 。 こ と し げ ~ 旅 に す ら 紐 解 く も の を 言 繁 み 丸 寝 そ 我 が す る 長 き こ の 夜 を ◆ 口 さ が な 」 人 。 の 妨 害 で 女 の 許 を 訪 ね に 行 け な か っ た 男 が 贈 っ た 歌 。 暁 月 夜 ー 暁 ↓ 一 一 一 六 三 。 夜 明 け ま で に 間 の あ る 月 夜 。 男 を 待 ち 明 か し た の で あ る 。 〇 紐 解 か ず ー 前 の 歌 の 「 丸 寝 」 の 言 + し ぐ れ 降 る 暁 月 夜 紐 解 か ず 恋 ふ ら む 君 と 居 ら ま し も の を い 換 え 。 巻 7 置 く 白 露 の ー 以 上 一 一 句 、 色 葉 ニ 出 ヅ を 起 す 序 。 〇 色 葉 に も 出 で じ と 思 へ 0 ば ー 「 色 葉 」 は 紅 葉 し た 木 の 葉 を い う か 。 こ と し げ お も し ら っ ゅ も み ち 葉 に 置 く 白 露 の 色 葉 に も 出 で じ と 思 ( ば 言 の 繁 け く こ の 思 気 は 逆 接 的 用 法 。 き ぬ 衣 に 寄 す る 秋 っ 葉 に に ほ へ る 衣 我 は 着 じ 君 に 奉 ら ば 夜 も 着 る が ね も ん だ ふ ロ 答 あ か と き づ く よ ひ も と こ ろ も わ れ い ろ は ま ろ ね あ い な が よ ま っ よ る を み じ か

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


こ よ ひ あ す よ ひ 明 日 の タ 照 ら む 月 夜 は 片 寄 り に 今 夜 に 寄 り て 夜 長 か ら ト な む 七 を す ま と ほ 巻 3 た ま だ れ 甁 玉 垂 の 小 簾 の 間 通 し ひ と り 居 て 見 る 験 な き タ 月 夜 か も 1071 き ょ か り ・ か - か ゆ ず ゑ ま す ら を の 弓 末 振 り 起 し 猟 高 の 野 辺 さ へ 清 く 照 る 月 夜 、 刀 も か も う 少 し 待 と う か 、 と 思 案 し て い る よ う に 言 っ た 。 早 く 出 て く れ れ ば よ い と 思 っ て い る の に 、 十 六 日 以 後 の 月 の 出 が 遅 い こ と を い う 。 〇 夜 そ ふ け に け る ー 夜 フ ク は 深 夜 に な る 意 。 フ ク は 深 シ と 同 源 。 片 寄 り に ー 一 方 だ け に 片 寄 っ た 状 態 で 。 〇 夜 長 か ら な む ー 動 詞 の 未 然 形 に つ い た ナ ム は 、 、 し て ほ し い 、 と い う 希 求 を 表 す 。 同 じ く 希 求 を 表 す ネ や コ ソ が 将 来 実 現 す る 可 能 性 の 強 い 場 合 に 用 い ら れ る の に 対 し て 、 ナ ム は 、 、 し て く れ 山 の 端 に い さ よ ふ 月 を 出 で む か と 待 ち つ つ 居 る に 夜 そ ふ た ら よ い の だ が 、 の よ う に 事 実 と 逆 の こ と 、 ま た は あ り 得 な い こ と を 、 無 理 と 知 り つ つ 願 望 す る 場 合 に 用 い る 。 け に け る 玉 垂 の ー 玉 垂 は 、 穴 を 穿 っ た 数 多 く の 玉 に 緒 を 通 し て 垂 し た 豪 華 な す だ れ 。 雅 語 と し て 用 い ら れ 、 小 簾 を 修 飾 す る 。 〇 小 簾 ー ヲ は 接 頭 語 。 ス は 篠 や 葦 な ど を 編 ん で 作 っ た す だ れ 。 た だ し 、 こ の ま と 歌 を 引 く 『 古 今 六 帖 』 に は 「 こ す の 間 通 り 」 に つ と あ り 、 『 日 葡 辞 書 』 に も 、 「 cosu 詩 歌 語 。 da 希 」 と あ る 。 0 見 る 験 な き ー シ ル シ は 努 力 に 見 合 う だ け の 結 果 。 効 験 。 一 人 だ け で 見 て も つ ま ら な い 気 持 を 表 す 。 作 者 は 男 の 来 る の を 待 っ て い る 女 で あ ろ う 。 〇 タ 月 夜 ー タ 方 の 空 に か か っ て い る 月 。 十 五 日 よ り 前 の 月 を い う 。 、 力 も お こ い か た よ し る し を ゅ ふ づ く よ よ よ つ く よ 1072 1073

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


み ず か げ く さ 3 あ ま が わ 川 天 の 川 の 水 陰 草 が 秋 風 に な び く の を 見 る と そ の 時 は 来 た ぞ あ き は ぎ わ た し が 待 っ て い た 秋 萩 が 咲 い た 今 す ぐ に で も 色 に 染 ま り に 行 き た い 向 集 こ う 岸 の 人 の 所 へ 葉 川 あ の 方 を 恋 い 慕 っ て い る と 天 の 川 で 夜 舟 を 漕 い で い る ら し い 梶 の 音 が 聞 萬 え る 長 い 間 恋 し く 思 っ て い る 折 柄 秋 風 で 妻 の 気 配 が 聞 え て 来 る 紐 を 解 い て 行 こ う 恋 し い の は 長 い 間 だ の に 今 だ け で も じ ら さ な い で く だ さ い 逢 う べ き 今 夜 ぐ ら い は 川 天 の 川 の 去 年 の 渡 り 場 が 変 っ た の で 川 瀬 を 踏 み 求 め て い る う ち に 夜 が ふ け て し ま っ た 2016 2017 あ 3 水 陰 草 ー 水 辺 の 物 陰 に 生 え て い る 草 。 加 〇 な び か ふ ー ナ ビ ク ( 二 一 一 l) の 継 続 態 。 〇 時 ー 逢 う べ き 時 で あ る 七 月 七 日 を い う 。 秋 萩 咲 き ぬ ー ヌ ↓ 一 四 三 六 ( 咲 き ぬ ら む 2 か も ) 。 〇 今 だ に も ↓ 一 合 0 。 〇 に ほ ひ に 行 か な ー こ の ニ ホ フ は 、 他 物 に 触 れ て 同 じ 色 に な る 意 か ら 、 男 女 の 愛 し 合 う こ と を 暗 示 し た 。 こ の ナ は 意 志 を 表 す 。 〇 彼 方 人 ー 向 こ う に 居 る 人 。 天 の 川 の 対 岸 に 見 え る 織 女 星 を さ す 。 5 う ら 恋 ひ 居 れ ば ー ウ ラ 恋 フ は 心 の 中 で ひ そ か に 恋 い 慕 う こ と 。 〇 夜 舟 漕

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


あ 恋 し い の は 長 い 間 な の に 逢 う は ず の 夜 さ え も 君 は な ぜ い ら 0 し や ら な い の だ ろ う ひ こ な し 集 彦 星 と 織 女 星 と が 今 夜 逢 う 天 の 肝 の 渡 り 場 に 波 よ 荒 れ る な 決 し て ひ れ 葉 秋 風 の 吹 き 漂 わ す 白 雲 は 織 女 星 の 天 飛 ぶ 領 巾 で あ ろ う か 萬 た び た び も 逢 わ な い あ な た な の で す か ら 天 の 川 に 舟 を 早 く 出 し て く だ さ い 夜 が ふ け な い う ち に 秋 風 の 清 い タ ベ に 天 の 川 を 舟 で 漕 ぎ 渡 っ て い る 月 の 若 者 よ 天 の 川 に 霧 が 一 面 に 立 ち 彦 星 の 梶 の 音 が 聞 え る 夜 が ふ け て ゆ く と 9 恋 し け く 日 長 き も の を ↓ 一 枩 一 ( 恋 ひ 加 し く に ) 。 恋 シ ケ ク は 形 容 詞 恋 シ の ク 語 法 。 〇 逢 ふ べ か る ー ベ カ ル は べ ク ア ル の 約 。 べ ク 十 ア リ は 、 こ の 当 時 「 仕 へ 奉 り 報 ゅ べ く あ る ら し 」 ( 二 五 詔 ) の よ う な 未 融 合 形 ( べ ク ア リ ) と 、 「 怖 づ べ か ら ず や 」 ( 仏 足 石 歌 ) の よ う な 融 合 形 ( べ カ リ ) と が 並 行 し て 存 在 し た 。 『 万 葉 集 』 で も 「 あ る べ く あ り け る 」 ( 三 当 九 ) の 未 融 合 形 が あ る た め 、 こ こ も 原 文 「 可 合 有 」 は 逢 フ べ ク ア ル と 読 む べ き か と も 思 わ れ る 。 〇

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


は っ せ け な が ( 海 人 小 舟 ) 泊 瀬 の 山 に 降 る 雪 の 消 ー 日 長 く 恋 い 慕 っ て い た あ の 方 の 気 配 8 ワ 朝 が す る わ ざ み 集 和 射 美 の 峰 を 通 り 過 ぎ て 降 る 雪 の よ う に い や な ど と は 思 わ な い と 伝 え て 葉 お く れ あ の 娘 に 萬 花 に 寄 せ る 家 の 庭 に 咲 い て い る 梅 を 月 が 良 い の で 夜 ご と に お 見 せ し た い そ の あ な た だ け を 待 っ て い ま す 夜 に 寄 せ る ( あ し ひ き の ) 山 の あ ら し は 吹 い て い な い が あ な た の い ら っ し や ら な い 夜 は も う す で に 寒 い こ と で す 萬 葉 集 巻 第 十 海 人 小 舟 ー 地 名 泊 瀬 の ハ ッ ( 停 泊 す る 意 ) に か け た 枕 詞 。 〇 泊 瀬 の 山 ↓ 一 一 一 七 0 。 〇 降 る 雪 の ー 以 上 三 句 、 消 と 同 音 で あ る こ と を 利 し て 日 を 起 す 序 。 〇 君 が 音 そ す る ー オ ト ↓ 一 一 0 一 六 ( 妹 が 音 ) 。

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


を 思 お う 。 や 類 歌 四 四 七 五 。 咲 き 出 照 る ー 動 詞 テ ル は 、 橘 や 山 橘 四 な ど の 実 、 あ る い は 桜 や 椿 の 花 の 美 し い さ ま を 表 す の に も 用 い た 例 が あ る 。 こ こ は 梅 の 花 の 輝 く ば か り の 美 し さ を 賞 し て い う 。 〇 置 く 露 の ー 以 上 三 句 、 消 を 起 す 序 。 % は な は だ も 夜 ふ け て な 行 き ー ナ 行 キ 四 は 禁 止 の 語 法 。 夜 ふ け に 帰 っ て 行 こ う と す る 男 を 引 き 留 め よ う と し て 女 の 言 っ た 言 葉 。 〇 ゅ 笹 ー ユ は 笹 の 神 聖 性 を ほ め て 冠 し た 接 頭 語 か 。 笹 が 榊 と 共 に 神 楽 」 れ ′ も の の 際 に 持 っ 採 物 の 代 表 で あ る こ と は 神 楽 露 に 寄 す る 歌 か ら も 知 ら れ 、 ま た 『 古 事 記 』 や 『 古 語 こ け あ ま の い わ と ぞ て 咲 き 出 照 る 梅 の 下 枝 に 置 く 露 の 消 ぬ べ く 妹 に 恋 ふ る こ の 拾 遺 』 の 天 石 門 の 条 に も そ の 名 が 見 え る 。 〇 孀 の 降 る 夜 を ー 笹 と 霜 、 あ る い は 雪 ・ 霰 と を 結 び 付 け て 詠 ま れ た 歌 は 多 い 。 次 % こ ろ の 歌 一 一 三 三 七 も 笹 と ハ ダ レ と が 詠 み 込 ま れ て い る が 、 霜 を 合 せ 詠 ん だ も の が 特 に 多 く 、 「 笹 が 葉 の さ や ぐ 霜 夜 に 七 重 着 る 衣 に ま せ る 児 ろ が 肌 は も 」 ( 四 四 三 l) は そ の 一 例 霜 に 寄 す る 『 古 今 集 』 に も 「 笹 の 葉 に 置 く 霜 よ り も 」 ( 五 第 巻 し も よ ざ さ う へ 六 三 ) 、 「 笹 の 葉 に 置 く 初 霜 の 」 ( 六 六 三 ) 、 「 笹 は な は だ も 夜 ふ け て な 行 き 道 の 辺 の ゆ 笹 の 上 に 霜 の 降 る の 葉 の さ や ぐ 霜 夜 を わ が 独 り 寝 る 」 ( 一 七 ) な ど の 類 例 が あ る 。 こ の ヲ は 、 、 な る も の を 、 の 意 。 夜 を 2334 は 沫 毳 む 雪 は 千 ち 重 、 に 降 り し け 功 ぐ こ し く の 長 き 我 毳 は 見 ー っ 偲 と よ に け る か き の も と の あ そ み ひ と ま ろ 右 、 柿 本 朝 臣 人 麻 呂 の 歌 集 に 出 づ 。 し づ え い も

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


た な ば た 織 機 を い つ ば い 並 べ て 織 る 布 の 秋 の 衣 は 誰 が 世 話 を す る だ ろ う か 8 0 ス ) 一 年 ぶ り に 今 こ そ 枕 し て い る だ ろ う か ( ぬ ば た ま の ) 夜 霧 に 包 ま れ た 遠 妻 集 の 手 を 葉 わ た し が 待 っ た 秋 は や っ て 来 た 妻 と わ た し は 何 事 が あ ろ う と 紐 を 解 か ず 萬 に 置 こ う か 一 年 の 恋 を 今 夜 晴 し て 明 日 か ら は い つ も ど お り に わ た し は 恋 し 続 け る こ と だ ろ う な あ ま が わ 逢 わ な い の は 長 い 間 な の に 天 の 川 を 隔 て て ま た も わ た し は 恋 を す る の か 2037 2038 ま く ら 棚 機 の 五 百 機 ー こ の タ ナ ・ ハ タ は 織 機 。 加 タ ナ は そ の 構 造 に よ っ て 冠 し た も の 。