検索 - みる会図書館

検索対象: 青嵐の夢

青嵐の夢から 251件ヒットしました。

青嵐の夢


目 次 せ い ら ん 青 嵐 の 夢 初 め の 日 立 ち 合 い き ん せ い 琴 聲 薬 草 長 い 夜 亠 め と か 医

青嵐の夢


182 し よ く そ ん さ く 燭 を か ざ し 、 目 を 凝 ら し て 手 の 中 の も の を 確 か め る 医 師 の 顔 を 、 孫 策 は 息 を 詰 め て 見 入 る 。 し つ 緊 張 は 彼 だ け の も の で は な く 、 室 の 内 に い る 誰 も が 不 安 と 期 待 と を 込 め た ま な ざ し を 、 白 髪 の 老 い た 医 師 に 向 け て い た 。 し よ う り よ う 奥 に し つ ら え ら れ た 牀 に 眠 る 、 綾 を の ぞ い て 。 医 師 は 葉 を す か し て 見 、 匂 い を か ぎ 、 葉 先 を 千 切 っ て 舌 先 で な め た 。 根 の 土 を 注 意 深 く 払 っ て 、 形 を 見 つ め る 。 ま ゆ 医 師 の 太 く 短 い 眉 が 寄 せ ら れ る と 、 蓮 の 大 き な 瞳 が 揺 ら い だ 。 医 師 の し わ の 多 い 顔 を 、 す が る よ う な 目 が 追 っ て い る 「 ふ : : : む 」 ひ げ う な 医 師 は 鼻 の 下 の 髭 を さ す り 、 唸 っ た 。 「 よ く こ ん な 南 で 、 見 つ か っ た も の で す な 」 長 い 夜 に お れ ん

青嵐の夢


て い た 。 腕 を 組 ん で 、 目 を き よ ろ き よ ろ さ せ て 。 が 、 ふ い に ほ っ れ て 落 ち て き た 前 髪 を か き 上 げ て 、 ロ を 切 っ た 「 ・ 「 あ の 、 な 。 や め な い か 、 そ れ 」 「 や め る ? な に を 」 「 だ か ら そ の 。 俺 が 、 お 前 に 琴 を 教 わ る っ て の だ よ 。 昨 日 は あ れ よ あ れ よ と 話 が 決 ま っ ち ゃ っ て 、 俺 が 口 を 挟 む 余 地 な ん て 全 然 な か っ た か ら 言 え な か っ た ん だ け ど さ 」 孫 策 は 早 ロ で 、 ま く し 立 て る よ う に 語 る 。 顎 で 、 扉 の 向 こ う を 一 小 し た 「 俺 が そ こ の 内 庭 ま で 入 り 込 ん だ の は 、 本 当 一 一 一 一 口 う と お 前 の 姉 上 が 見 れ る か と 思 っ た か ら な ん だ 。 美 人 だ っ て 評 判 聞 い た か ら 。 き っ と 琴 を 弾 い て い る の は 、 お 前 の 姉 上 だ ろ う っ て 思 い 込 ん で さ 。 一 目 見 て み た い っ て 。 だ か ら 、 俺 は た だ 単 に 琴 の 音 に 興 味 が あ っ て 、 奥 に 入 っ て き た っ て の と は : : : 」 そ こ ま で を 一 気 に し ゃ べ っ た が 、 周 瑜 の 切 れ 長 の 目 と 視 線 が ぶ つ か っ て 、 彼 は 一 瞬 言 葉 を 見 失 う 。 「 あ 、 で も さ 、 俺 が お 前 の 琴 の 音 色 に び つ く り し た の も 、 ふ ら っ と し た の も 嘘 し ゃ な い ぞ 。 水 夢 だ 、 な ん て 思 っ た ん だ 。 あ と 、 夜 の 風 。 感 し た ん だ 。 あ の と き は 本 当 に 汗 が ひ い て 、 鳥 肌 が 立 う た 青 っ た ん だ か ら 。 あ れ 、 な ん て 曲 だ ? 謳 は つ け て な か っ た け ど 、 『 詩 経 』 か な に か か ? そ れ み ん よ う と も こ の あ た り の 民 謡 と か 」 あ ご

青嵐の夢


周 4 ( は 瑾 ) 名 門 ・ 周 家 の 次 男 で の 腕 前 は 超 一 流 い 口 そ ん さ く あ な は く ふ 孫 ( 宇 は 伯 府 ) 武 将 ・ 孫 堅 の 長 男 で ) に 」 十 歳 の 少 年 。 活 発 で 向 こ う み す 。 剣 な ど 武 道 に 長 け て い る 。 イ ラ ス ト / 桑 原 祐 子

青嵐の夢


11 青 嵐 の 夢 陽 コ : う 涼 水 に 汗 廊 た さ 琴 え 足 の 先 ま に そ で 、 広 ば を し 、 な が さ に の 呂 ん い を が ん 横 や 、 や 飛 今 る 弟 吏 り 気 肌 る で 切 か 止 ぎ び を 日 い 勤 ま に 下 は ど 、 感 す た て っ 乗 り い ん フ め 包 じ 肌 中 ぎ オ こ っ た い な の て ま の 庭 。 て 場 か 奴 た て カ ゞ し ) れ の か 所 。 か 自 て る 月 が 側 聞 す か も な 分 き か ら 、 と 今 の た 夜 光 す で 取 に 木 も く 同 は の を フ る れ た ら じ 彼 0 リ 単 な つ と よ し い 十 の 日 と が じ だ 歳 母 て て 引 流 耳 : 登 い が と 親 い れ を ・ ど っ た い と 静 て る う 妹 ら か て の い 旋 か の 日 め こ 見 も 弟 流 の を 孫 れ が 少 策 か そ が ゆ わ し は の 館 つ 気 か は 孫 て と に 江 る き 残 を か は ま な び や し し ) で 守 足 深 、 ぇ ち を す れ の と 回 ま が ・ 音 : ね カ ゞ 廊 歩 番 進 の 階 は ん ら の 上 み と と あ き て ろ せ ん り つ く

青嵐の夢


と 、 雨 の 中 、 け ぶ る よ う に 奧 庭 が 見 え た 。 え ん じ ゅ 槐 は 花 を す べ て 散 ら し 、 池 の 花 蓮 は 鮮 や か な 色 の 花 を 閉 し て い る 。 孫 策 は 中 へ 飛 び 下 り た 。 そ し て 、 急 ぎ 足 で 内 庭 の 方 へ と 向 か っ た 。 館 全 体 が し ん と し て い る の は 、 雨 の せ い だ ろ う か 。 そ れ と も も う 夜 が 近 い か ら か 孫 策 が い つ も 通 さ れ て い た 場 所 に 、 周 瑜 は い な か っ た 。 明 か り も 点 さ れ て お ら す 、 人 が い た 暖 か み も な い 。 ど こ か に 出 か け た の か ? だ が 出 か け た の で あ れ ば 、 門 衛 は そ う 孫 策 に 言 っ た は す で あ る 。 孫 策 は 首 を か し げ た 。 か い ろ う そ の ま ま 回 廊 を 突 き 当 た っ て 左 に 折 れ 、 な お 西 側 、 周 瑜 の 母 と 蓮 の 居 室 の あ る 方 へ 向 か い か け て 、 彼 は 中 途 で 足 を 止 め た 。 さ す が に 先 に 進 ん で も い い の か ど う か 、 迷 う 。 ど 、 つ す ・ る : き び す 悩 ん で 、 や つ ば り そ ん な と こ ろ ま で 入 り 込 ん で は い け な い と 決 め て 、 踵 を 返 し か け た そ の と く う 奥 の 方 で ば う っ と 明 か り が 空 に 浮 か び 上 が る の を 、 孫 策 は 見 た 。 回 廊 ぞ い に 、 ゆ ら ゆ ら と 揺 れ な が ら こ ち ら に 近 づ い て く る 。 か れ ん れ ん

青嵐の夢


「 な に を お っ し や る の で す 。 そ ん な 、 分 別 の な い ふ る 舞 い を 元 気 だ な ど と 。 お 恥 ず か し い か ぎ り で す ま ゆ ね 眉 根 を よ せ て 、 英 は か ぶ り を ふ る が 「 だ っ て 、 弟 君 の た め で す も の 。 大 目 に み て あ げ な く ち ゃ 蓮 は そ う 言 っ て 、 半 分 英 の 後 ろ に 隠 れ る み た い に し て 座 っ て い る 孫 権 を の ぞ き 込 ん だ 。 「 優 し い 兄 上 で 、 > い わ ね 」 う な ず 英 の 袍 に ぎ ゅ っ と し が み つ き 、 顔 を 真 っ 赤 に し て 孫 権 は こ く り と 頷 く 。 蓮 は 柔 ら か に ほ ほ 笑 む と 、 今 度 は 顔 を 伏 せ た ま ま の 孫 策 に 目 を 向 け た 。 き ん ね ひ 「 そ れ に 、 奥 に ま で 入 り 込 ん だ の だ っ て 、 琴 の 音 に 惹 か れ た か ら な ん で し よ う ? そ れ な の に う む 公 瑾 て ば 、 有 無 も 一 言 わ さ ず 打 ち か か っ て い っ た ん で す っ て ? ご め ん な さ い ね 、 乱 暴 な 弟 で 」 胸 が 高 く 音 を 立 て る の を 孫 策 は 知 る 。 「 姉 上 、 そ れ は 」 周 瑜 が 何 か 言 い か け る の を 、 蓮 は ち ら と 睨 む こ と で と め た 。 「 半 月 ほ ど 前 に 、 館 に 夜 盗 が 入 り 込 ん だ の 。 こ こ 一 年 く ら い は 、 こ の あ た り も ち ょ っ と 物 騒 に は や が て ん な っ て き て い て 。 公 瑾 は そ れ も あ っ て 早 合 点 し た の よ 。 許 し て や っ て 」 「 え 、 で も 。 や つ ば り 俺 が 、 悪 か っ た ん だ し 。 面 倒 く さ が ら ず に 、 ち ゃ ん と 頼 ま な く ち ゃ い け な か っ た ん だ 。 ご め ん な さ い ふ ん べ っ に ら

青嵐の夢


188 し つ し わ が れ た 医 師 の 声 が 、 重 く 室 に 響 い オ 「 お 願 い し ま す , こ 、 つ き ん 「 公 瑾 ! 」 蓮 の 悲 鳴 に も 似 た 声 に 、 少 し だ け 困 っ た よ う な ま な ざ し を 投 げ か け る が 「 薬 草 を 使 っ て く だ さ い き よ 、 つ し ゅ 周 瑜 は 蓮 の 手 を そ う っ と 外 し て 、 医 師 の 前 に 拱 手 し た 。 右 腕 の 動 き が 、 ぎ こ ち な か っ た 。 な ぜ 。 の ど も と 孫 策 は 沸 き 上 が る 疑 問 を 喉 元 で 抑 え 込 ん だ 。 ど う し て あ い つ は 平 然 と し て い ら れ る 。 こ ん な 、 母 君 の 大 事 に 。 あ お 透 明 な 、 蒼 い 横 顔 を 、 彼 は 知 ら な い 生 き 物 を 見 る よ う な 目 で 見 た 。 「 : : : わ か り ま し た 。 若 君 が そ う お っ し や る の で あ れ ば 、 や っ て み ま し よ う 」 医 師 は 手 の 中 の 薬 草 を 、 か る く 握 り 締 め る 。 「 そ れ で は 、 こ ち ら か ら 呼 ま で は 外 し て い た だ き ま す 。 若 君 は も ち ろ ん 、 姫 君 も 思 い 起 こ し た み た い に 、 彼 は 孫 策 に 目 を 向 け た 。 「 坊 は 、 も う 帰 っ た 方 が よ い の で は な い か ? 夜 も 遅 い 、 家 の 者 が 心 配 し て お ろ う 」 「 帰 ら な い で ! 孫 策 が 答 え よ う と す る よ り も 早 く 、 蓮 の 悲 痛 な 声 が 響 い た 。

青嵐の夢


( 圖 ) お お お オ レ 点 っ 卩 マ ジ ? ( 鬪 ) は い 。 『 カ ッ 2 コ 良 く て 素 直 で 純 情 で 柔 軟 性 が あ っ て 』 ◎ な ん か 恥 す か し い な 、 そ れ ◎ あ ◎ ど 、 一 , う し た ? い え 、 そ の 。 、 興 覇 ど の と の ど っ き 漫 才 は サ イ コ ー 、 と り よ も う 総 合 思 い 入 れ 度 ( ) 私 が 四 位 で す か ? 圖 ) 学 級 委 員 長 的 で 、 影 で 淡 々 と 確 実 に 仕 事 を こ な す 姿 が い い そ う だ 。 一 目 ば れ と い う 乙 女 も い る し ⑩ は あ ) ~ @ま、 本 音 は 公 】 ト だ っ た ら し い 2 が ◎ : 3 陸 宿 言 ) 総 合 朝 。 を に 蝕 3 囀 思 い 入 れ 度 2 呂 範 ( 子 色 ( ) 意 外 と 来 た 点 子 衡 ど の の た め に 正 史 を 買 う 方 も お い で で す ◎ ほ お の 完 成 さ れ た 男 の 余 裕 と 魅 力 だ そ う で ⑩ は は の 絵 が 地 味 で ご め ん な さ い 、 っ て の が 多 い で す ね ◎ あ ー り よ は ん . し こ う 思 い 入 れ 度

青嵐の夢


気 に な っ て 、 ち ょ っ と 様 子 を 覗 き に 行 く く ら い な ら 構 わ な い だ ろ う と 決 め た 今 朝 、 彼 は 弟 の 容 体 が 上 向 き に な っ た こ と を 知 ら さ れ た の で あ っ た 。 は っ し ん 「 昨 日 い た だ い た 薬 が 、 効 い た よ う な の で す 。 昨 夜 か ら 熱 が 下 が っ て き ま し た 。 幸 い に も 発 疹 や た だ れ も 出 な い の で 、 や は り 疲 れ が 大 き な 原 因 だ っ た の で し よ う 。 熱 が 下 が っ た ら 食 欲 も 少 し 出 た よ う で す し 、 も う 大 丈 夫 で す よ あ さ げ 母 の そ の 言 葉 を 聞 い て 、 彼 は 朝 餉 も そ こ そ こ に 弟 に 会 い に い っ た の で あ っ た 。 け ん 「 権 」 が し つ 臥 室 の 手 前 で 、 孫 策 は 小 声 で 弟 の 名 を 呼 返 事 は な か っ た 。 眠 っ て い る の だ ろ う か 。 権 以 外 に は だ れ も い な い よ う だ け れ ど 。 じ じ よ 側 に 付 き 添 っ て い る は す の 侍 女 の 気 配 も な か っ た 。 薬 を 取 り に で も い っ た の だ ろ う か こ う し ま ど い ぶ か し み な が ら 、 孫 策 は 室 内 に 入 っ た 。 格 子 窓 か ら の 光 が 差 し 込 む 明 る い 室 、 そ の 一 番 奥 ほ レ J こ し よ う に 四 本 の 柱 と 彫 刻 を 施 し た 木 の 壁 に 囲 ま れ て 、 牀 が 置 か れ て い る 。 そ こ だ け 、 別 の 空 間 が 作 ら ふ ん い き れ て い る よ う な 雰 囲 気 が あ っ た 。 紗 の 幕 が 、 半 分 だ け 垂 れ た 状 態 に な っ て い る 。 ゆ っ く り と し た 足 取 り で 近 づ い て い く と 、 規 夢 嵐 則 正 し い 呼 吸 音 が 聞 こ え た 。 青 「 権 、 寝 て い る の か ? 」 彼 は 幕 を 軽 く の け て 中 を の ぞ き 込 ん だ 。 し ゃ の ぞ