検索 - みる会図書館

全データから 209410件ヒットしました。

マリー・アントワネットの嘘


プ ン ト ワ ネ ッ ト の 嘘

嘘だらけの日仏近現代史


嘘 だ ら け の 日 仏 近 現 代 史 倉 山 満 Mitsuru Kurayama

マリー・アントワネットの嘘


第 一 章 マ リ ー ~ ・ ア ン ト ワ ネ ッ ト の 七 つ の 嘘

嘘だらけの日仏近現代史


嘘 だ ら け の 日 仏 近 現 代 史 倉 山 満 Mitsuru Kurayama 扶 桑 社 新 書 235

マリー・アントワネットの嘘


第 一 章 マ リ ー ・ ア ン ト フ ネ ッ ト の 七 つ の 嘘 第 一 の 嘘 「 。 ハ ン が な け れ ば 、 お 菓 子 を 食 べ れ ば い い じ ゃ な い は 誰 の セ リ フ ? 第 二 の 嘘 べ ッ ド に 隠 さ れ た 謎 ル イ 十 六 世 は 不 能 だ っ た ? 第 三 の 嘘 マ リ ー ・ ア ン ト ワ ネ ッ ト は フ ラ ン ス に 嫁 い だ 時 、 フ ラ ン ス 語 が で き な か っ た ? プ ロ ロ ー グ ゴ シ ッ プ 記 事 の 誕 生 メ デ ィ ア が 描 い た マ リ ー ・ ア ン ト ワ ネ ッ ト 「 マ リ ー ・ ア ン ト ワ ネ ッ ト の 嘘 目 次 29 18 15

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


う そ 幸 せ に な り た く て 、 と き に 人 は 、 目 覚 め て い な が ら 、 嘘 と い う 名 の 夢 を 見 る 。 嘘 は 現 実 こ こ ち ょ か せ の が と 時 間 の 枷 を 逃 れ た 想 像 の 自 由 で あ り 、 嘘 を 楽 し む こ と は 心 地 好 い 心 弱 い 者 は 、 夢 を 現 実 に 持 ち こ ん で 、 嘘 の 世 界 の 住 人 に な ろ う と す る 。 嘘 が 他 人 に 対 し 存 在 す る 時 、 偽 る こ と に も 、 偽 ら れ る こ と に も 、 大 き な 意 味 が あ る 。 き ず 他 人 を 陥 れ た り 、 傷 つ け た り す る こ と の な い 嘘 は 、 そ れ が 嘘 で あ る と 知 ら れ な い 限 り 、 誰 も 不 幸 に す る こ と は な い 。 真 実 を 偽 っ て 得 ら れ る も の が 、 真 実 よ り も は る か に 重 い と 判 せ ん た く 断 さ れ る 時 、 多 く の 場 合 、 人 は 真 実 よ り も 嘘 を 選 択 す る 。 人 が 生 き て い く う え で 信 じ て い く 驤 楸 は 、 必 ず し も 真 実 で な く と も よ い 嘘 も 、 真 実 で あ る と 信 じ ら れ て い る あ い だ は 、 ま ぎ れ も な い 真 実 で あ り え る 。 嘘 し か 知 ら な い 者 に と っ て の 真 実 は 、 そ の 嘘 そ の も の で あ る 。 偽 ら れ て い る 者 に 真 実 を 告 げ る こ と は 、 正 し い 行 動 で あ る と は 限 ら な い 。 世 界 に と っ て の 真 実 か 。 個 人 に と っ て の 真 実 か 。 嘘 が 真 実 と し て 存 在 す る に は 、 強 い 意 志 と 力 が 必 要 で あ る 。 お う き ゅ う り ん り 〈 王 宮 倫 理 学 者 レ イ ズ リ お と し い い つ わ き ょ こ う ろ ん ・ ナ ー ド 著 「 虚 構 論 」 よ り 一 部 抜 粋 〉 ば っ す い

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


私 は き れ い ご と が 大 嫌 い で す 。 し た が っ て き れ い ご と を よ く 口 に す る 人 間 も 大 嫌 い で す 。 き れ い ご と は 立 派 な 嘘 で す 。 普 通 の 嘘 よ り も 酷 い の で す 。 普 通 の 嘘 な ら 見 破 る と す ぐ 反 論 で き ま す し 、 騙 さ れ な い よ う に 自 分 か ら 逃 げ る こ と も で き ま す 。 し か し 、 き れ い ご と は 国 家 、 天 下 、 倫 理 、 道 徳 な ど の 立 派 な 隠 れ 蓑 の 下 で 人 の 意 思 を レ イ プ す る 行 為 で す 。 嘘 が 泥 棒 で あ れ ば 、 き れ い ご と は 強 盗 な の で す 。 私 は な ぜ こ こ ま で き れ い ご と を 嫌 う か と い う と 、 中 国 の 文 化 大 革 命 を 経 験 し た か ら で す 。 数 億 人 が 十 年 間 に も わ た っ て き れ い ご と を 言 い 合 い 、 人 間 と し て の ま え が き

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる


ど く ん 、 と 彼 女 の 三 つ の 心 臓 が 同 時 に 脈 打 っ た 。 大 き く : : : 苦 し く な る ほ ど に 、 決 定 的 に 。 ど く ん 、 ど く ん 、 ど く ん ー ー ー と 。 な に か が 、 目 覚 め よ う と し て い た 。 写 磨 の 意 識 を 押 し つ ぶ す ほ ど の 圧 倒 的 な 力 と 意 志 を 持 つ な に か 、 が 「 嘘 よ : : : 」 呆 然 と し て 、 写 磨 は つ ぶ や く 「 嘘 よ 、 嘘 よ 、 嘘 よ ・ ・ : : っ ! ど う し て : ・ ・ : な ぜ 、 こ ん な こ と が ・ 自 分 が 自 分 で な く な る ー ー ー 自 分 が 誰 か に む さ ぼ り 喰 わ れ て し ま う 。 外 側 か ら で は な い 。 内 側 か ら ー ー ー 『 消 化 』 し た と 信 じ て い た 命 と 意 志 と 力 に よ っ て ! 「 嘘 よ お お う つ つ ! 」 き ぬ 絹 を 引 き 裂 く 音 に も 似 た 悲 鳴 を 残 し て 。 聞 彼 女 ー ー 『 写 磨 』 と い う 名 の 妖 鬼 は 消 失 し た 。 そ う ぼ う ぶ 代 わ り に 現 れ た の は 、 漆 黒 の 髪 と 双 眸 を 持 っ ー ー 写 磨 に 『 喰 わ れ た 』 は ず の 存 在 だ っ た 。 妖 鬼 な ど で は な い 。 膝 ま で も 届 く 真 っ 直 ぐ な 黒 髪 、 濡 れ る か の ご と き 漆 黒 の 双 眸 ぼ う ぜ ん ひ ざ よ う き

マリー・アントワネットの嘘


第 二 章 マ ン ガ 家 と 美 術 館 の コ ラ ボ は ど う や っ て 誕 生 し た か ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 の 誘 い フ ラ ン ス か ら の 訪 問 者 ・ 逃 げ 道 は な い 。 歴 史 教 科 書 の よ う な マ ン ガ 制 作 ・ ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 の ッ ク ア ッ プ ・ 大 嫌 い だ っ た ロ コ コ の 時 代 ・ 国 境 を 超 え た 作 品 づ く り 第 四 の 嘘 マ リ ー ・ ア ン ト ワ ネ ッ ト は デ ュ ー 夫 人 を 無 視 し 続 け た ? 第 五 の 嘘 フ = ル セ ン は マ リ ー ・ ア ン ト ワ ネ ッ ト の 愛 人 だ っ た ? 第 六 の 嘘 ル イ 十 六 世 は 愚 鈍 な 男 だ っ た ? 第 七 の 嘘 プ チ ・ ト リ ア ノ ン 離 宮 は 王 妃 の 淫 ら な 社 交 場 だ っ た ? 65 62 61 56 52 46 42 37 31

文藝 2015年 summer


る 時 間 を 与 え る 。 佐 熊 は 褒 め ら れ る と 警 戒 す る 。 持 ち 上 げ る の は 次 の 瞬 間 に 落 と 「 あ ん た だ っ て 、 自 分 が ク ズ で あ る っ て こ と ぐ ら い 、 わ か っ て な す た め だ と 思 う か ら 。 い わ け じ ゃ な い 。 で も や め ら れ ず に 卑 劣 で 最 低 な こ と ば か り し て 「 だ か ら 、 ネ ッ ト 界 で ち ょ っ と 有 名 人 に な れ た よ ね 。 で も 、 こ ん る う ち に 、 自 分 が 惨 め に な っ て 、 自 分 の し て る こ と に は 立 派 な 意 な 動 画 の オ リ ジ ナ ル を 保 存 し と い て る 時 点 で 、 甘 い と 思 う ん だ よ 。 味 が あ っ て 正 し い 行 い な の だ と い う 理 屈 づ け を し ち ゃ う よ う に な こ れ は あ ん た が 作 製 し た 嘘 ム 1 ビ 1 に 対 し て 、 ほ ん と の 事 実 で し っ ち ゃ っ た ん だ な 。 そ れ で 自 分 で 自 分 に 言 い 訳 し て る う ち に 、 ほ よ 。 ま だ 、 ほ ん と の 事 実 が あ っ た こ と を 、 ど こ か で 大 切 に し て る ん と に 信 じ 始 め た 。 つ ま り ま わ り が 見 え な く な っ た 」 わ け だ 。 自 分 の 作 る 嘘 は 、 ほ ん と の 事 実 に 対 し て は ニ セ 物 で 価 値 噛 ん で 含 め る よ う な 穏 や か で ゆ っ た り し た 調 子 で 栗 木 田 は 話 す 。 が 低 く て 負 け て い る っ て 、 認 め ち ゃ っ て る わ け だ 」 そ こ で 栗 木 田 は 立 ち 上 が っ た 。 「 嘘 が バ レ な い よ う に す る 唯 一 の 手 段 っ て 、 何 だ か わ か る か ? ー 佐 熊 は 首 を 振 る 。 「 つ ま り あ ん た は 、 現 実 に は 何 も し て な い こ と に な る 。 現 実 を 押 「 嘘 で 嘘 を 塗 り 固 め る ん だ よ 。 そ し て 、 一 生 嘘 を つ き 続 け る 。 嘘 し 切 れ る 強 さ の 嘘 で 、 現 実 の ほ う を 揺 さ ぶ っ た り 変 え た り す る ぐ の 破 綻 っ て の は 、 ほ こ ろ び が 出 る か ど う か じ ゃ な く て 、 嘘 つ い て ら い だ っ た ら 、 見 上 げ た も の だ と 思 う 。 本 当 に 才 能 の あ る や つ は い る ほ う が ど こ ま で 押 し 切 れ る か に か か っ て る ん だ よ ね 。 そ う じ そ う い う こ と を す る 。 け ど あ ん た の し た こ と は 何 だ ? 自 分 で も ゃ な き や 、 詐 欺 に 引 っ か か る 人 が こ ん な に 大 量 に 出 て き っ こ な い 信 じ き れ な い 嘘 を 振 り か ざ し て 、 あ た か も 勝 利 し た か の よ う に ネ ッ ト の 上 で だ け 振 る 舞 っ て る だ け じ ゃ な い か 。 現 実 は 何 も 変 わ っ て い な い 。 思 い 込 み の 曇 り を 払 っ て み れ ば 、 悲 し い ぐ ら い 何 も で 確 力 に 、 と つ ぶ や い た の は 、 霧 生 だ っ た 。 「 た ま に い る ん だ よ 、 嘘 つ い て も 平 気 で い ら れ て 、 嘘 で 嘘 を 塗 り き て い な い 自 分 の 姿 が 見 え る だ ろ う よ 」 固 め て い く こ と が で き る 人 が 。 そ う い う 人 は 壊 れ て る 。 壊 れ て る 見 下 ろ す 格 好 で 言 わ れ る と や つ ば り 効 果 は 倍 増 す る な 、 と 佐 熊 は ば ん や り 思 っ た 。 け ど 、 一 種 の 才 能 だ ね 、 あ れ は 」 栗 木 田 が 同 意 を 求 め る よ う に 佐 熊 の 顔 を 見 た の で 、 う な ず い た 「 何 で 本 物 の 嘘 つ き の 才 能 が な い の に 、 こ ん な 中 途 半 端 な こ と を 「 で も 、 普 通 は も た な い 。 自 分 で つ い た 嘘 が 独 り 歩 き し て く の に し て 、 わ ざ わ ざ 自 分 を 惨 め に し て し ま う の か ? も と も と の 自 分 つ い て い け な く な っ て 、 嘘 の 世 界 か ら 脱 落 し て し ま う 。 普 通 の 人 を 惨 め だ と 思 っ て る か ら だ よ な 。 な ぜ 惨 め だ と 思 っ て る か と い う は 壊 れ て な い か ら 、 ほ ん と の こ と を 忘 れ る こ と は で き な く て 、 嘘 と 、 も っ と 重 要 な 人 物 に な ら な く て は 、 も っ と 役 に 立 っ て 使 え る 文 呪 し い か 、 ら 好 、 さ な 一 」 し 」 に と 矛 盾 し ち ゃ う 。 相 手 を 騙 し て る っ て い う や ま し い 気 持 ち が 消 え 人 材 で あ ら ね ば 、 趣 味 で も 仕 事 で も 何 で も 、 い く ら が ん ば っ て も 現 実 に は そ う な い か ら 、 ど こ か で 嘘 を 支 え ら れ な く な る 。 そ の 点 で は 、 デ ィ ス 打 ち 込 ま ね ば 、 っ て 焦 る の に 、 い う 人 間 に な れ な い で い る か ら だ よ な 」 ラ 1 は 少 し 壊 れ て る よ ね 。 少 し 才 能 が あ る っ て わ け だ 」