検索 - みる会図書館

検索対象: ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い

ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病いから 327件ヒットしました。

ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い


な に し ろ フ ラ ン ス 革 命 の 動 乱 期 で あ る 。 楽 ギ ハ し ロ リ み チ 市 な ン 民 ツ が の は 23

ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い


イ ギ リ ス に サ ン Ⅱ ド マ ン ク を 、 奪 わ れ た ら 、 革 命 の 行 方 も 左 右 さ れ る 。 、 ま た 、 以 前 か ら 批 判 の あ っ た 報 自 由 や 平 等 の 理 念 と 、 こ れ に 対 し て 黒 人 た ち は 両 立 し な い の は 自 明 で 、 一 一 = イ ギ リ ス の 支 援 を 受 け て 奴 隷 制 の 維 持 が = = = 一 = 一 革 命 そ の も の を 脅 か し フ ラ ン ス 人 を 駆 逐 し . , か ね な い と い う 危 惧 は 1804 年 に 独 立 を 宣 言 、 革 命 家 に 共 通 し て い た 。 一 ハ イ チ 革 矍 成 功 さ せ た 。 新 み 当 从 リ エ 革 命 の 波 及 を 恐 れ た イ ギ リ ス な ど ヨ ー ロ ッ パ 諸 国 は 、 フ ラ ン ス 革 命 に 対 す る 干 渉 戦 争 を 起 こ す 々 こ の 際 、 植 民 地 の 奴 隷 主 で あ る フ ラ ン ス 人 入 植 者 は 基 本 的 に 特 権 階 級 で 反 革 命 だ っ た た め 、 イ ギ リ ス と 結 ん だ / 1 当 一 ク 気 旦 7 」 ) そ の た め 植 民 地 と 革 命 を 守 る た め に は 、 - ' ・ ・ い , 奴 隷 を 解 放 」 て フ ラ ン ス の 側 に つ け る と い う 選 択 肢 し か な く 、 奴 隷 制 廃 止 が 宣 言 と れ る こ と と な る 。 だ が そ の 後 い ナ ポ レ オ ン が 、 奴 隷 制 第 復 活 さ せ る 「 ー 58

ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い


平 等 に 関 し て フ ラ ン ス 革 命 の 中 で 、 最 も 過 激 な サ ン 日 ジ ュ ス ト は こ う 言 っ た ん だ 。 国 家 の 中 に 一 人 で も 不 幸 な 人 や 貧 し い 人 が い る の を 放 置 し て お い て は な ら な い 。 そ う い う 人 が 一 人 も い な く な っ た と き に 、 初 め て 諸 君 は 革 命 を な し と げ 、 本 当 の 共 和 国 を 建 設 し な 」 と に な る だ ろ う 。 そ こ ま で 言 っ た ら 、 ち ょ っ と ね 、 あ り え へ ん や ろ 。 だ 純 ね 粋 ま す 君 大 失 敗 し て る け ど 。 だ っ て 「 平 等 」 の 理 念 が 「 人 権 宣 言 」 で も 、 革 命 の 成 果 な ら 、 フ ラ ン ス で 女 性 の 女 性 の 権 利 は 認 め て な い 社 会 進 出 が か ら ね 。 進 ん で な い っ て 」 一 フ い 一 フ こ し J ? ・ フ ラ ン ス 革 命 の 「 平 等 」 の 理 念 を 徹 底 的 に 押 し 進 め た の が 、 社 会 主 義 革 命 で 、 ソ 連 や 中 国 を 作 る ん だ よ ね 。

ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い


す ー を ー 、「睿[email protected]Ä 0 連 絡 を 受 け た マ リ ー ・ ア ン ト ワ ネ ッ ト の 卩 祖 国 オ ー ス ト リ ア と 、 革 命 が 怖 い プ ロ イ セ ン ( の ち の ド イ ツ ) が 「 ル イ 世 の 地 位 を 保 証 し な い と 、 戦 争 を し か け る 」 と 脅 迫 。 1792 年 4 月 日 、 こ う し て 外 国 の 千 渉 を 断 ち 切 る べ く 、 フ ラ ン ス 革 命 戦 争 ガ ′ 勃 発 し た 。 フ ラ ン ス 革 命 政 府 は 反 対 に オ ー ス ト リ ア に 宣 戦 布 告 を す る 。 こ れ を 受 け て プ ロ イ セ ン が フ ラ ン ス に 宣 戦 市 告 。 と こ ろ が 軍 隊 の 主 官 は 貴 族 た ち な の で 、 、 平 民 の た め に 戦 う 。 0 気 に も な ら す 、 負 け 戦 さ が 続 く 。 そ こ で 革 命 政 府 ガ 「 祖 国 の 危 機 で あ る ′ ・ 」 と 各 地 に 呼 び ガ け る と ヾ ま ・ 全 国 ガ ら 義 勇 兵 ガ ま そ く そ く と 集 ま っ て き た 。 、 こ の と き 、 義 勇 兵 が 歌 っ た - ラ ・ マ ル セ イ エ ー ズ ガ 国 歌 に な っ た の だ 。 、 ・ 一 = 。 ド 第 = す 第 、 を 0 → い ゞ を お 、 を . ド 当 、 1 ヾ 第 、 第 96

ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い


革 命 政 府 に 「 公 序 良 俗 に 反 す る 」 と し て 逮 捕 さ れ た そ し て Ⅱ 月 3 日 オ ラ ン フ ・ ド ・ グ ー ン ユ は キ ロ チ ン で 処 刑 さ れ た ん だ ね 。 革 命 政 府 は 1793 年 月 3 日 女 性 の 政 治 ク ラ ブ を 禁 止 し 、 女 性 を 革 命 の 表 舞 台 か ら 追 い 払 っ こ 。 な ん と い う 理 不 尽 / ハ ス テ ィ ー ユ の 襲 撃 に も 女 性 が 参 加 し て い た し 、 ヴ ェ ル サ イ ユ 行 進 は 完 全 に 女 性 が 主 体 だ し 、 、 、 〔 、 第 尸 ー っ / 暴 動 に お け る 女 性 の 活 躍 は す ご か っ た の に 1 な ん で も か ん で も ギ ロ チ ン に か け れ は い い っ て も ん じ ゃ な い で し ょ

ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い


ロ ベ ス ビ エ ー タ ン ト ン 、 マ ラ ー サ 冫 ジ ュ ス ト 、 ク ー ト ン ・ : こ の 時 代 の 多 革 命 家 た ち は の ル ' た ら ふ く 食 っ て ~ 、 目 5 モ 明 の と 消 え 乙 ロ っ た ′ ・ 0 / リ 亠 政 を 次 ガ ら 次 へ と ギ ロ チ ン に ガ け : ・

ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い


フ ラ ン ス は 革 命 で 民 主 主 義 を 達 成 し た っ て 言 わ れ る け ど 、 国 名 は 「 フ ラ ン ス 共 和 国 」 だ よ ね ヘ ル サ イ ユ の ば ら 』 で 読 ん だ わ 。 ル イ 世 や マ リ ー ・ ア ン ト ワ ネ ッ ト を キ ロ チ ン に か け て 、 王 政 を 廃 止 し て 、 国 民 が 主 権 を 奪 い 取 っ た の が フ ラ ン ス 革 命 よ ね 。 目 田 口 物 1 - 酌 一 一 宀 川 一 王 様 が い な く て 、 国 民 が 主 権 を 持 つ 国 が 「 「 共 和 国 な の か な ? を 0 フ ラ ン ス 革 命 ( 1789 ) よ り 先 に 、 ア メ リ カ の 独 立 革 命 ( ) か ャ , ) 」 あ っ た 。 イ キ リ ス の 植 民 地 だ っ た ア メ リ カ の 州 が 本 国 に 対 し て 独 立 戦 争 を 起 こ し た 。 フ ラ ン ス は そ の と き ア メ リ カ を 応 援 し て 財 政 が 傾 く ん だ が な 。 0 0 日 本 の 知 識 人 は 「 共 和 国 ・ 共 和 主 義 」 と 言 っ た ら 、 君 主 制 を 否 定 す る 国 と 思 っ て る よ う だ な 。 違 , フ よ 。 共 和 国 っ て 「 代 議 制 」 の 国 っ て と だ か ら 。 違 う の ? 0 7 7

ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い


、 イ 、 こ む ま ゞ ・ ゞ ツ を イ キ リ ス に 王 制 が あ る の を 見 れ ば 、 一 発 で わ か る だ ろ う に 。 し よ う か な い フ ラ ン ス 革 命 を 超 簡 単 に 説 明 し て お こ う 。 あ っ 、 知 り た い ′ ・ 日 本 に は 、 天 皇 制 を 廃 止 し な け れ ば 、 民 主 主 義 で は な い と 、 未 だ に 思 っ て る 強 烈 な 馬 鹿 か い る か ら な あ 。 6 い 力 に 革 命 か 狂 熱 的 で 、 暴 力 三 昧 で 、 残 酷 な も の か 、 教 え て お か ね ば な る ま い よ 一 フ す ・ る に 革 命 に 潼 れ て る ん だ な 。 王 権 神 授 説 に よ る 第 絶 対 王 政 の 時 弋 だ 。 」 要 弩 、 ー 第 ア メ リ カ は す で に 1776 年 イ ギ リ ス か ら の 独 立 宣 言 を し て い た の で 、 す で に 国 民 の 代 表 が 国 を 統 治 す る 連 邦 制 に な っ て い る 。 ヨ ー ロ ッ ハ で は 記 3 , 国 王 ガ 主 権 を 持 ち レ 統 治 し て い た 。 4 1 、 6 8

ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い


さ ら に ナ ホ レ オ ン は 近 代 国 家 に 必 要 な 彡 「 国 民 軍 」 の 威 力 を 証 明 し た 。 ナ ポ レ オ ン 率 い る フ ラ ン ス 軍 は 、 瞬 く ヨ ー ロ ッ パ 全 域 を 支 配 下 に お い た 。 な ぜ フ ラ ン ス 軍 は 圧 倒 的 に 強 か っ た の か 、 わ か る か ? ・ 最 大 の 理 由 は 、 こ れ が 世 界 史 上 初 の 「 国 民 軍 」 だ っ た か ら だ / の つ わ か ら 当 時 の ヨ ー ロ ッ ハ 各 国 王 政 の 兵 士 は カ ネ で 雇 わ れ た 無 理 矢 理 、 兵 隊 に ぎ れ た 当 然 、 士 気 は 低 か っ た 。 そ れ に 対 し て フ ラ ン ス は フ ラ ン ス 革 命 を 経 て 、 ノ 一 軍 は 王 政 の 支 配 か ら 脱 し た 「 国 民 革 命 軍 」 と な り 、 兵 主 は 徴 兵 制 と な っ た 。 9 5

ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い


ハ ス テ ィ ー ユ 監 獄 の 解 放 か ら 3 日 後 、 シ ャ ン テ ィ ー 城 主 コ ン テ 公 は 国 外 へ 逃 亡 し た が 、 コ ン テ 公 は 美 食 家 で 、 そ の 下 に は 一 流 の 料 理 人 や 菓 子 職 人 が 奉 公 し て い た 。 1789 年 7 月 日 に バ ス テ ィ ー ユ を 解 放 し て か ら 、 ナ ホ レ オ ン が セ ン ト ヘ レ ナ 島 に 放 さ れ る ま で の 約 年 間 は 第 フ ラ ン ス 革 命 の 動 乱 の 時 代 だ っ た 。 島 ゝ 0 そ の 料 理 人 た ち は 一 夜 に し て 職 を 失 っ た の だ 。 だ 々 彼 ら の っ ち . 厨 房 長 だ っ 窄 、 ロ べ ー ル 々 ま す リ シ ュ リ ュ ー 街 に レ ス ト ラ ン を 開 店 す る 。 こ の よ う に フ ラ ン ス 国 内 の 抱 え て い た 料 理 人 た ち は 、 革 命 後 に 続 々 と 市 街 で レ ス ト ラ ン を 開 き 、 市 民 に 美 食 の 腕 を 振 る う よ う に な っ た 。 1 美 食 の 一 般 化 が フ ラ ン ス 革 命 に よ っ て 、 、 成 さ れ た の だ 。 2