検索 - みる会図書館

検索対象: ありさの「虐待日記」

ありさの「虐待日記」から 176件ヒットしました。

ありさの「虐待日記」


札 岩 秋 横 埼 幌 手 田 浜 玉 長 野 県 新 潟 県 金 沢 静 岡 県 名 古 屋 岐 阜 県 大 京 兵 広 阪 都 庫 島 子 ど も の 権 利 110 番 電 話 相 談 : 011-281-5110 木 曜 日 16 時 ~ 18 時 面 接 相 談 ( 予 約 ) : 01 ー 51 ー 5 四 5 水 ・ 金 曜 日 10 時 ~ 15 時 ( 受 付 8 時 分 ) 子 ど も の 人 権 無 料 法 律 相 談 面 接 相 談 : 018 ー 聞 2 ー 3770 月 ~ 金 曜 日 9 時 ~ 17 時 子 ど も の 人 権 相 談 窓 口 : 022 ー 223 ー 7811 月 ~ 金 曜 日 10 時 ~ 15 時 子 ど も の 人 権 相 談 窓 口 電 話 ・ 面 接 相 談 : 045 ー 211 ー 77N 火 曜 日 13 時 15 分 ~ 16 時 15 分 子 ど も の 人 権 相 談 面 接 相 談 : 048 ー 863 ー 5255 水 曜 日 13 時 ~ 15 時 子 ど も の 人 権 相 談 救 済 セ ン タ ー 面 接 相 談 : 026 ー 232 ー 2104 月 ~ 金 曜 日 9 時 ~ 17 時 子 ど も の 人 権 相 談 窓 口 : 025 ー 222 ー 3765 月 ~ 金 曜 日 9 時 ~ 17 時 子 ど も の 悩 み ご と 相 談 電 話 ・ 面 接 相 談 : 0762 ー 21 ー 0831 木 曜 日 12 時 30 分 ~ 16 時 分 子 ど も の 権 利 委 員 会 電 話 相 談 窓 口 : 0 引 ー 252 ー 刈 8 月 ~ 金 曜 日 9 時 ~ 17 時 子 ど も の 権 利 委 員 会 電 話 ・ 面 接 相 談 : 052 ー 204 ー 0115 土 曜 日 10 時 ~ 12 時 子 ど も の 人 権 相 談 電 話 ・ 面 接 相 談 : 058 ー 265 ー 28 月 ~ 金 曜 日 9 時 ~ 16 時 30 分 子 ど も の 人 権 テ レ ホ ン 相 談 電 話 相 談 : 開 ー 6364 ー 6251 水 曜 日 15 時 ~ 17 時 子 ど も の 権 利 110 番 電 話 相 談 : 075 ー 231 ー 2335 金 曜 日 15 時 ~ 17 時 少 年 問 題 無 料 相 談 面 接 相 談 : 078 ー 1 ー 7 1 金 曜 日 13 時 30 分 ~ 16 時 子 ど も の 悩 み ご と 相 談 電 話 相 談 : 2 ー 228 ー 0230 水 曜 日 17 時 ~ 19 時 238 ・ 電 話 相 談 の み 。 ・ 左 の 電 話 は 木 曜 の み か か る 。 ・ 事 案 に よ っ て は 担 当 者 の 面 接 相 談 。 ・ 月 毎 の 担 当 弁 護 士 を 決 め て 対 応 。 ・ 名 前 と 電 話 番 号 を 伝 え て 面 談 の 予 約 を す る 。 ・ 子 ど も の 人 権 に 関 す る こ と は す べ て 扱 う 。 ・ 窓 口 で 担 当 弁 護 士 を 順 次 紹 介 。 ・ 大 人 有 料 ( 面 接 ) 。 子 ど も 無 料 。 ・ 子 ど も の 人 権 に 関 す る こ と は す べ て 扱 う 。 ・ 窓 口 で 担 当 弁 護 士 を 順 次 紹 介 。 ・ い じ め 、 体 罰 、 非 行 、 少 年 事 件 な ど 子 ど も の 人 権 に 関 す る す べ て を 扱 う 。 ・ 面 接 を 優 先 す る 。 ・ 少 年 事 件 だ け で な く 、 子 ど も の 人 権 に 関 す る す べ て を 扱 う 。 ・ あ ら か じ め 電 話 予 約 の こ と 。 ・ 電 話 で 随 時 受 付 、 担 当 弁 護 士 が 原 則 と し て 面 接 相 談 を 行 う 。 な お 、 子 ど も の 人 権 救 済 活 動 も 無 料 。 ・ 弁 護 士 会 の 常 設 電 話 で 子 ど も の 人 権 に 関 す る 相 談 を 受 け 付 け る 。 「 子 ど も の 人 権 相 談 担 当 弁 護 士 名 簿 」 登 載 の 弁 護 士 を 順 次 紹 介 。 ・ 子 ど も の 人 権 に 関 す る こ と を す べ て 扱 う 。 ・ 法 律 相 談 に 限 定 せ ず 広 範 囲 に 行 う 。 ・ 電 話 で 随 時 受 付 、 担 当 弁 護 士 を 順 次 紹 介 。 ・ 子 ど も の 人 権 に 関 す る こ と を す べ て 扱 う 。 ・ 少 年 保 護 事 件 、 刑 事 事 件 全 般 。 ・ 子 ど も の 人 権 に 関 す る こ と を す べ て 扱 う 。 ・ 事 前 の 電 話 予 約 が 必 要 。 ・ 面 接 の 場 合 は 予 約 を 。 ・ 子 ど も の 人 権 に 関 す る こ と を 広 く 扱 う 。 ・ 面 接 相 談 の み 。

ありさの「虐待日記」


「 こ れ を 読 む と 、 《 誰 に も 迷 惑 を か け ず に ス ト レ ス が 発 散 で き る な ら ば 、 別 に 罪 悪 感 を 持 っ 必 要 は な い と 思 う 》 と あ り ま す 。 一 般 に も 、 ひ と に 迷 惑 を か け な け れ ば 何 を や っ て も い い と い う 考 え 方 が あ り ま す が 、 そ れ が 大 き な 間 違 い な ん で す 」 人 権 の 問 題 に 詳 し い 木 下 弁 護 士 は 、 銀 座 松 屋 裏 手 の ビ ル に あ る 事 務 所 で 眼 鏡 を 光 ら せ る よ 、 つ に し な が ら ロ を 開 い た 一 七 年 前 に 脱 サ ラ し て 弁 護 士 に な っ た 氏 が 、 最 初 に 担 当 し た の が 少 年 に よ る 殺 人 事 件 だ っ た 。 こ の 犯 人 の 少 年 が 、 殺 人 と い う 罪 に 全 く 無 感 動 、 無 表 情 だ っ た こ と を 疑 問 に 思 っ た 木 下 弁 護 士 は 、 生 育 歴 な ど の 背 景 を 調 べ て み た と い う 。 す る と 、 少 年 が 実 は 小 さ い こ ろ に 虐 待 を 受 け て 育 っ た こ と が 分 か っ た の だ 。 そ し て 、 ″ 正 義 〃 や ″ 反 省 ″ な ど と い う 言 葉 で は 割 り 切 れ な い 問 題 に 、 木 下 弁 護 士 は 直 面 す る 。 虐 待 問 題 と の 関 わ り 士 は 、 こ の 事 件 か ら 始 ま っ た 。 護 弁 木 下 弁 護 士 は 子 ど も の 虐 待 防 止 セ ン タ 1 発 行 の 『 親 権 に つ い て 』 『 児 童 の 虐 待 に つ い 五 て 我 々 は 何 を す べ き か 』 ( 児 玉 勇 二 、 泉 薫 氏 と 共 著 ) な ど の テ キ ス ト を 執 筆 し て い る 。 第 ス ラ リ と し た 体 型 に グ レ ー の ス ー ツ を ま と い 、 眼 鏡 の 奥 の 眼 差 し が 優 し い 木 下 弁 護 士 は 大 学 生 二 人 と 高 校 生 の 親 で も あ る 。

ありさの「虐待日記」


110 あ る 。 そ れ が 、 亜 里 沙 さ ん と い う 大 学 出 の 人 間 に ど う し て 理 解 で き な い の か 。 な ん だ か 分 か ら な い け れ ど も 、 「 私 」 だ け は 大 切 に し て く れ と ″ 権 利 。 を 主 張 す る な ら 、 他 人 の / 権 利 〃 も 大 切 に す る と い う 〃 義 務 〃 を 同 時 に 引 き 受 け な け れ ば な ら な い 。 こ れ が 民 主 主 義 の 大 前 提 だ 。 い や 、 人 間 と し て 生 き る 最 低 限 の 礼 儀 で あ ろ う 。 親 権 は 親 の 義 務 再 び 木 下 弁 護 士 の 言 葉 に 耳 を 傾 け よ う 。 「 そ も そ も 、 子 ど も は 、 親 の 所 有 物 な ん か じ ゃ な い ん で す 」 人 権 の 考 え 方 か ら い っ て も 、 子 ど も は ひ と り の 人 間 で あ る 、 と 木 下 弁 護 士 は い う 。 だ か ら 、 当 然 、 人 間 と し て 尊 ば れ る 権 利 が あ る 。 権 利 と 義 務 の 考 え 方 か ら い っ て も 、 大 人 は 子 ど も の 人 権 を 守 る 義 務 が あ る 。 そ れ は 、 大 人 と 子 ど も を 選 ば な い 。 人 間 は 他 の 人 間 の 権 利 を 尊 重 し な け れ ば な ら な い の だ 。 「 『 人 権 』 と い う 言 葉 は 、 フ ラ ン ス 革 命 の と き に 、 プ ル ジ ョ ワ ジ ー の 権 利 を い う た め に 生 ま れ ま し た 。 そ れ か ら し ば ら く し て 、 ロ シ ア 革 命 の と き に 労 働 者 の 権 利 と し て 強 調

ありさの「虐待日記」


さ れ る よ う に な り ま し た 。 そ の 後 、 女 性 の 人 権 、 障 害 者 の 人 権 、 老 人 の 人 権 と い う 具 合 に 拡 大 さ れ て き た ん で す 。 一 九 八 九 年 に 『 子 ど も の 権 利 条 約 』 が 成 立 し て 、 よ う や 、 子 ど も の 人 権 が い わ れ る よ う に な っ て き た 。 日 本 も こ れ を 批 准 し ま し た 」 『 子 ど も の 権 利 条 約 』 に よ れ ば 、 「 子 ど も は 父 親 や 母 親 に 対 し て 、 自 分 を 育 て て く れ と い う 権 利 が あ る 」 と あ る 。 こ れ を 言 い 換 え れ ば 、 父 親 や 母 親 に は 、 子 ど も を 育 て る 義 務 が あ る こ と に な る 。 そ し て 、 こ の 義 務 を 奪 お う と す る 国 や 第 三 者 か ら 子 ど も を 守 り 、 育 て る た め に 、 だ れ に も 奪 わ れ な い 権 利 と し て 「 親 権 」 が 設 定 さ れ て い る 、 と 木 下 弁 護 士 は 考 え る 。 つ ま り 、 親 権 と は 、 親 が 子 ど も を 育 て る 権 利 と し て 第 三 者 に 対 抗 す る た め の も の で あ る は ず だ っ た 。 と こ ろ が 、 い つ の 間 に か " 親 が 子 ど も に 対 し て 振 る う 権 力 を 保 障 す る も の 〃 と い う 捉 え 方 を さ れ て し ま っ て い る 。 そ れ が 、 日 本 社 会 の 誤 り な の だ 。 護 亜 里 沙 さ ん の 誤 り は 、 親 と し て の 権 利 を 振 り 回 す な ら 、 ま す 親 と し て の 義 務 を 果 た 弁 さ な け れ ば な ら な い 、 と い う こ と を 理 解 し て い な い 点 に 生 じ て い る 。 多 く の 虐 待 事 件 五 に 携 わ っ た 経 験 か ら 、 木 下 弁 護 士 は こ う 言 い 切 る 第 「 実 際 に も 、 親 権 を 振 り 回 す 親 と い う の は 、 虐 待 さ れ て い る 子 ど も に と っ て 非 常 に 危 険 な ケ ー ス が 多 か っ た で す ね 。 生 活 保 護 を 受 け る た め に 子 ど も が 必 要 だ っ た り 、 児 童

ありさの「虐待日記」


次 目 - 第 九 章 セ ラ ピ ス ト 研 究 室 多 動 (<Q==) 『 あ り さ の 虐 待 日 記 』 2 亜 里 沙 さ ん の 仕 事 盟 あ と が き に か え て そ れ で も 人 生 に イ エ ス と 言 、 つ 解 説 巻 末 資 料 か ら 始 ま り ま す 『 あ り さ の 虐 待 日 記 』 よ り 虐 待 相 談 ホ ッ ト ラ イ ン 全 国 児 童 相 談 所 一 覧 日 本 各 地 の 虐 待 防 止 ネ ッ ト ワ 1 ク 子 ど も の 人 権 に 関 す る 弁 護 士 会 無 料 相 談 参 考 文 献 一 覧 デ ィ フ ィ カ ル ト ・ チ ャ イ ル ド お 育 て 直 し 三 つ の 出 し 力 い か さ ん

ありさの「虐待日記」


目 ざ ま し い 意 識 改 革 が な さ れ て い る と 感 じ て い る そ う だ 。 そ れ は 、 お 役 所 主 義 の 高 い 壁 に 阻 ま れ て 子 ど も を 救 う こ と が で き す 、 何 度 も 煮 え 湯 を 飲 ま さ れ た 経 験 か ら す れ ば 、 大 き な 変 化 に 見 え る の だ ろ う 。 虐 待 を 防 く た め に か っ て 、 木 下 弁 護 士 は こ う 書 い た こ と が あ る 「 虐 待 は 絶 対 に 外 に 出 な い 。 出 し た ら 、 自 分 は そ の 中 で 生 き て い け な く な り ま す 。 父 親 に や ら れ て い る 子 供 は 裁 判 所 や 警 察 で 『 君 は お 父 さ ん に や ら れ て い る の か 』 と 聞 か れ て も 、 絶 対 言 わ な い 」 ( 『 親 権 に つ い て 』 子 ど も の 虐 待 防 止 セ ン タ ー ) だ か ら 、 子 ど も た ち の 声 を 外 に 汲 み 上 げ る 機 関 が 必 要 だ 、 と い う 。 家 庭 や 学 校 や 養 護 施 設 の 外 で 子 ど も た ち の ほ ん と う の 声 を キ ャ ッ チ す る 機 関 が 必 要 に な る 。 た と え ば 、 弁 護 士 会 の 電 話 相 談 ( 巻 末 資 料 参 照 ) 、 警 察 の 一 一 〇 番 、 人 権 擁 護 局 、 子 ど も の 虐 待 防 止 セ ン タ ー な ど の 機 関 が 、 子 ど も の 声 を 汲 み 上 げ る 努 力 を 重 ね て い く 必 要 が あ る と 主 張 す る 。

ありさの「虐待日記」


第 五 章 井 護 士

ありさの「虐待日記」


259 巻 末 資 料 香 川 県 児 童 相 談 所 愛 媛 県 中 央 児 童 相 談 所 〒 7 ー 0824 愛 媛 県 東 予 児 童 相 談 所 〒 792 ー 0825 愛 媛 県 南 予 児 童 相 談 所 高 知 県 中 央 児 童 相 談 所 〒 781 ー 5102 高 知 県 幡 多 児 童 相 談 所 〒 787 ー N19 〒 816 ー 0804 〒 830 ー 圓 47 〒 836 ー 開 27 〒 826 ー 開 41 〒 805- 59 〒 815 ー 開 82 〒 840 ー 0851 〒 852 ー 8114 〒 857 ー 34 〒 862 一 39 〒 8 聞 ー 0862 〒 870 ー 0 9 〒 8 ー 側 32 〒 圏 5 ー 開 37 〒 882 ー 0872 〒 891 ー 0175 〒 894 ー 開 12 〒 3-0 4 〒 4 ー 2143 第 二 東 京 く 九 州 地 方 の 児 童 相 談 所 > 沖 縄 県 コ ザ 児 童 相 談 所 沖 縄 県 中 央 児 童 相 談 所 鹿 児 島 県 大 島 児 童 相 談 所 鹿 児 島 県 児 童 総 合 相 談 セ ン タ ー 宮 崎 県 延 岡 児 童 相 談 所 宮 崎 県 都 城 児 童 相 談 所 宮 崎 県 中 央 児 童 相 談 所 大 分 県 中 津 児 童 相 談 所 大 分 県 中 央 児 童 相 談 所 熊 本 県 八 代 児 童 相 談 所 熊 本 県 福 祉 総 合 相 談 所 長 崎 県 佐 世 保 児 童 相 談 所 長 崎 県 中 央 児 童 相 談 所 佐 賀 県 総 合 福 祉 セ ン タ ー 福 岡 市 児 童 相 談 所 北 九 州 市 児 童 相 談 所 福 岡 県 田 川 児 童 相 談 所 福 岡 県 大 牟 田 児 童 相 談 所 福 岡 県 久 留 米 児 童 相 談 所 福 岡 県 中 央 児 童 相 談 所 TEL : 0878-62 ー 圏 61 TEL : 089 ー 922 ー 測 40 TEL : 0897-43-3 ( )0( ) TEL : 0895 ー 22 ー 1245 TEL : 0888 ー 聞 ー 6791 TEL : 0 0 ー 37 ー 3159 TEL : 8 ー 937 ー 0859 TEL : 8 ー 886 ー 2 )( ) TEL : 0997 ー 53 ー 聞 70 TEL : 89 ー 2 ー 3 側 3 TEL : 82 ー 35-17 TEL : -22 ー 4294 TEL : 0985 ー 26 ー 1551 TEL : 879 ー 22 ー 2025 TEL : 四 75 ー 44 ー 2016 TEL : 65 ー 32 ー 3111 TEL : 6 ー 1-4411 TEL : 四 浦 一 24 ー 測 TEL : 5 ー 制 4 ー 61 聞 TEL : 852-26 ー 1212 TEL : 2 ー 522-2737 TEL : 83-681 ー 8261 TEL : 0947 ー 42 ー 04 四 TEL : 四 44 ー 調 ー 2344 TEL : 42 ー 32 ー 4458 TEL : 2 ー 6 ー 開 23 〒 7 聞 〒 798 〒 871 - ) 4 ー 似 川 0 ー 開 24 高 松 市 西 宝 町 2 ー 6 ー 32 松 山 市 御 幸 2 ー 3 ー 45 新 居 浜 市 星 原 町 14 ー 咫 字 和 島 市 丸 之 内 3 ー 1 ー 19 高 知 市 大 津 甲 770-1 中 村 市 具 同 1283 春 日 市 原 町 3-1-7 久 留 米 市 津 福 本 町 281 大 牟 田 市 西 浜 田 町 4 ー 1 田 川 市 弓 削 田 1 圏 北 九 州 市 八 幡 東 区 尾 倉 3 ー 4 ー 36 福 岡 市 南 区 大 楠 ト 35 ー 17 佐 賀 市 天 祐 ト 8 ー 5 長 崎 市 橋 ロ 町 21 ー 2 佐 世 保 市 万 徳 町 10 ー 3 熊 本 市 長 嶺 町 2 ー 3-3 八 代 市 西 片 町 1 聞 0 大 分 市 荏 隈 5 中 津 市 中 央 町 1 -10 ー 22 宮 崎 市 霧 島 1 ー ト 2 都 城 市 花 繰 町 2-11 延 岡 市 愛 宕 町 2 ー 2321 鹿 児 島 市 桜 ヶ 丘 6-12 名 瀬 市 小 俣 町 20 ー 2 那 覇 市 首 里 石 嶺 町 4 ー 394 沖 縄 市 知 花 529 ー 1 ( 子 ど も の 虐 待 防 止 セ ン タ ー 資 料 ) 子 ど も の 人 権 救 済 に 関 す る 弁 護 士 会 無 料 相 談 ( 常 設 相 談 窓 口 ) 弁 護 士 会 問 い 合 わ せ 先 ・ 相 談 時 間 特 徴 東 子 ど も の 人 権 Ⅱ 0 番 電 話 相 談 : 03-3 測 3 ー 0110 月 ~ 金 曜 日 13 時 ~ 16 時 間 分 子 ど も の 人 権 救 済 セ ン タ ー 面 接 相 談 : 03 ー 3 1 -2205 月 ~ 金 曜 日 13 時 30 分 ~ 16 時 30 分 子 ど も の 悩 み ご と 相 談 電 話 相 談 : 03 ー 3581-1 圏 5 面 接 相 談 : ( 予 約 制 ) 03 ー 3 ト 2255 火 ・ 木 ・ 金 曜 日 15 時 ~ 17 時 京 ・ 子 ど も の 人 権 に 関 す る こ と は す べ て 扱 う 毎 回 弁 護 士 が 待 機 。 ・ 救 済 活 動 も 無 料 ( 但 し 受 任 事 件 に な る と 若 干 費 用 の か か る 場 合 も あ る ) 。 担 当 弁 護 士 は 弁 護 士 会 で 待 機 。 子 ど も の 人 権 に 関 す る こ と は す べ て 扱 う 。 ・ い じ め 、 体 罰 、 非 行 、 少 年 事 件 な ど 子 ど も の 人 権 、 子 ど も の 悩 み 事 な ら 何 で も 受 け 付 け る 。 ・ 少 年 事 件 な ど 緊 急 の 場 合 は い つ で も 受 け 付 け る 。

ありさの「虐待日記」


124 子 ど も へ の 虐 待 は 、 社 会 み ん な が 許 さ な い と い う 強 い 態 度 で 臨 む こ と が 必 要 に な る 、 と 木 下 弁 護 士 は 考 え る 。

ありさの「虐待日記」


次 目 あ り さ の 「 虐 待 掲 示 板 」 第 三 章 厚 生 省 児 童 福 祉 専 門 官 と ま ど い R ふ た つ の 報 告 書 っ 5 「 具 体 的 」 な 対 策 「 あ り さ の 虐 待 日 記 』 問 題 提 起 『 そ れ で い い よ だ い じ よ う ぶ 』 第 四 章 衆 議 院 議 員 衆 議 院 第 一 一 議 員 会 館 男 「 児 童 虐 待 の 防 止 に 関 す る 件 、 決 議 % 『 あ り さ の 虐 待 日 記 』 第 五 章 弁 護 士 権 利 と 義 務 「 ミ ー イ ズ ム 」 の 誤 謬 親 の 勝 手 で は な い 親 権 は 親 の 義 務 虐 待 の 連 鎖 ル (f) O 「 ト 1 同 じ 痛 み を 抱 え た ひ と び と 虐 待 対 策 の 変 化 虐 待 を 防 ぐ た め に 盟 二 カ 月 後