検索 - みる会図書館

検索対象: マンガ人権弁護士

マンガ人権弁護士から 186件ヒットしました。

マンガ人権弁護士


を よ く あ る 左 翼 活 動 の 1 つ っ て と こ ろ だ な 。 国 家 権 力 が 憎 い , っ て な 。 ろ く に 刑 法 も 知 ら ん く せ に ま 、 で も 私 選 弁 護 で は 大 事 な ス ポ ン サ ー で も あ る Ä 」 - っ . い - っ こ と で す か 弁 護 士 報 酬 が 全 額 公 費 で 負 担 さ れ る 国 選 弁 護 と は 、 そ の 点 が 違 う だ ろ ? い い か 、 私 選 弁 護 っ て の は 、 報 酬 に 相 場 は あ る が 、 基 本 的 に は 依 頼 人 と 弁 護 人 と の 契 約 で 決 ま る そ ん な と き で も や る 気 の な い 弁 護 活 動 に 終 始 す る こ と が 多 い ん だ で 、 国 選 弁 護 は 報 酬 が 低 い か ら や り た が ら な い 弁 護 士 が 多 い ま あ 、 あ ん ま り 逃 げ 回 っ て も 評 判 を 落 と す か ら た ま に や ら ざ る を 得 な い ん だ が え え 、 そ う で す ね 一 ■ だ か ら 弁 護 人 は 一 所 懸 命 や る : 被 告 人 に と っ て こ の 違 い は 大 き い え え : ・ よ く 問 題 に な っ て ま す だ が 、 大 川 み た い な 貧 乏 人 は 私 選 弁 護 を 頼 ん だ と こ ろ で 払 え る ア テ が な い 一 方 で 私 選 弁 護 は 報 酬 も 高 い し 、 刑 が 軽 く な れ ば 金 額 が 増 え る 可 能 性 も あ る 70 2

マンガ人権弁護士


ま 、 ん か き 被 害 者 遺 族 が 積 極 的 に メ デ ィ ア に 登 場 し 注 目 を 浴 び て い た 光 市 母 子 殺 害 事 件 は 、 上 告 審 で 人 の 弁 護 人 が 就 任 し 、 一 審 , 控 訴 審 の 主 張 を 翻 し た こ と 、 死 刑 の 公 算 が 大 き く な っ た 差 し 戻 し 控 訴 審 で 弁 護 人 が 急 増 し た こ と な ど も あ っ て 、 つ じ よ 、 つ い ま っ て ( 前 代 未 聞 の 騒 擾 を 見 せ た 。 弁 護 人 の 多 く が 人 権 主 義 を 信 奉 し て い た こ と で 、 国 民 と メ デ ィ ア の 多 く は 、 「 法 廷 で 思 想 運 動 を す る な 」 「 被 害 者 を こ れ 以 上 傷 つ け る な 」 と い う 批 判 を 弁 護 人 に 浴 び せ 、 一 告 人 を 吊 る せ 」 と 叫 ん だ 。 一 方 で こ の 事 件 は 「 ( 図 ら ず も 国 民 に 「 刑 事 司 法 と は 何 か 」 「 刑 事 弁 護 人 の 職 責 は 何 か 」 と い う 基 底 的 な 問 題 を 提 示 し た 。 二 〇 〇 七 年 九 月 二 十 日 、 差 し 戻 し 控 訴 審 の 集 中 審 議 を 終 え た あ と の 弁 護 団 の 記 者 会 見 は 、 一 般 的 に は 、 今 枝 仁 弁 護 士 ( 少 し 丸 顔 の 眼 鏡 の 弁 護 士 ) が 「 私 は 、 こ の 裁 判 の 弁 護 ほ ど 、 胸 を 張 0 = 弁 護 で き た こ と は 、 今 ま で あ り ま せ ん で し た 」 と 号 泣 し た 場 面 と し て 認 識 さ れ て い る 。 し か し そ の 直 前 、 メ デ ィ ア が 報 じ な か っ た 場 面 に 、 こ の 事 件 と 裁 判 提 示 し た 問 題 を 象 徴 す る 一 言 が 付 加 さ れ て い た 。 「 よ く こ の 事 件 は 、 " 被 告 人 の 利 益 の た め に 、 真 実 を 忽 せ に し て い る 。 と 一 \ ゆ る が ひ る が え

マンガ人権弁護士


実 際 、 「 安 田 弁 護 士 を 処 刑 す る 」 と 日 弁 連 に 銃 弾 入 り の 脅 迫 状 が 送 ら れ た り 、 新 聞 社 に 「 安 田 弁 護 士 を 抹 殺 す る 」 と い っ た 文 書 が 送 ら れ て る ら し い ね そ う な ん で す い く ら 弁 護 人 ら の 主 張 が オ レ 、 な ん か も う よ く わ か ん な く な っ ち ゃ っ た ・ : 刑 事 弁 護 っ て 何 な ん だ ろ : ・ 刑 事 弁 護 の 弁 護 人 に は 、 真 実 を 明 ら か に す る 1 川

マンガ人権弁護士


刑 事 事 件 に 携 わ る 弁 護 士 の 姿 ・ : 私 が 目 指 す べ き 道 は 下 倉 先 生 や 瀬 川 先 生 が 示 し て く れ ま し た 私 は 、 人 権 を 踏 み に じ る 人 権 派 に は 、 あ り . か 」 - っ 、 ご ざ い ま す . あ な た の 決 断 、 感 動 し た 微 力 な が ら 私 も 応 援 さ せ て い た だ き た い 美 樹 さ ん 217

マンガ人権弁護士


雄 介 く ん 私 は 、 い ま は こ - っ 思 - っ : 刑 罰 権 の 濫 用 は 確 か に 許 さ れ な い け れ ど 弁 護 権 ・ 防 御 権 の 濫 用 も ま た 、 同 様 に 許 さ れ な い ん だ と : D 人 権 派 に よ っ て 傷 つ け ら れ た 被 害 者 や 遺 族 を 、 そ し て 何 よ り 法 の 正 義 を 、 私 は 守 り た い と 思 う 私 の 持 っ す べ て の 研 究 成 果 を 、 君 に 伝 え よ う 先 生 0 さ て 、 私 も 自 分 に ケ リ を つ け な き や 上 司 の と こ ろ 氷 室 法 律 事 務 所 を 正 式 に 辞 め て き ま す 被 告 人 を 守 ろ う と す る あ ま り 、 事 実 を ね じ 曲 げ 、 正 義 を 捨 て 去 っ た 弁 護 士 の と こ ろ に は も う 戻 れ ま せ ん 大 川 事 件 の 弁 護 人 も 辞 任 し ま す 216

マンガ人権弁護士


日 本 の 弁 護 士 も ま だ ま だ 捨 て た も ん じ ゃ 不 当 な 権 力 の 千 渉 に は 断 固 と し て 闘 う ! そ う い う 意 思 が 強 く 見 え る そ し て ま た 、 こ の 事 件 で は 弁 護 人 が 殺 到 し た ! 12 0 0 名 以 上 の 弁 護 士 が 名 を 連 ね た ん だ 確 か に 、 そ う 感 じ て い る 人 も 多 い で し よ う け ど 0 熱 い 思 い で 結 集 し た : ( ~ 弁 護 人 た ち を ぐ ろ う 愚 弄 す る の か ? こ れ で は 、 数 の 論 理 で 裁 判 所 を 威 嚇 し た だ け 、 と も 取 れ ま す そ ん な こ と は そ う で し よ う か ? そ の う ち 190 名 以 上 は 、 名 前 を 出 し た だ け で な ん に も 弁 護 活 動 を し な か っ た た 具 名 的 前 な 思 む を 行 ま ろ す を は と 麻 原 裁 判 が 無 意 味 な 尋 問 を 繰 り 返 し て 長 期 化 し て い る 局 面 で す か ら 、 12 0 0 名 は そ っ ち に 協 力 す れ ば よ か っ た ん じ ゃ な い で し よ う か ? 0 140

マンガ人権弁護士


ぶ ん り こ う は ん 分 離 公 判 2 人 以 上 の 者 で 1 つ の 事 件 を 起 こ し た 場 合 や 、 1 人 が 複 数 の 事 件 を 起 こ し た 場 合 、 原 則 と し て 1 つ の 法 廷 で 裁 か れ る し か し 共 謀 し て 訴 訟 妨 害 を 行 な う 場 合 や 、 責 任 の 所 在 を 争 う 場 合 な ど に 備 え 、 公 判 を 分 離 す る こ と も あ る ほ 、 っ て い ば 、 つ よ け ・ ん 法 廷 防 御 権 こ 対 し 、 被 告 人 ・ 弁 護 人 が 法 廷 で 自 ら の 権 利 検 察 側 の 立 証 : を 不 当 に 侵 害 さ れ る の を 防 ぐ 権 利 。 黙 秘 権 、 弁 護 人 選 任 権 、 弁 論 権 な ど が 代 表 的 し よ う に ん じ ん も ん 証 人 尋 問 刑 事 裁 判 で 、 証 人 ( 被 害 者 や 目 撃 者 な ど ) を 法 廷 に 呼 び 、 質 間 に 答 え さ せ る 形 で 証 人 に 供 述 さ せ る 証 拠 調 べ の 方 法 。 検 察 側 ・ 被 告 人 側 の 双 方 に 認 め ら れ て い る 。 検 察 側 の 証 人 に し ょ ち せ い き ゅ 、 つ 対 し て 被 告 人 側 ( 主 と し て 弁 護 人 ) が 尋 問 す る こ と を 「 反 対 処 置 求 尋 問 」 と 呼 ぶ 。 オ ウ ム 裁 判 で は 、 検 察 側 の 証 人 尋 問 が 分 弁 護 士 資 格 の 剥 奪 な ど 、 弁 護 士 を 処 分 で き る の は 、 裁 判 所 で 終 わ っ た が 弁 護 人 の 反 対 尋 問 が ( 事 件 と は 直 接 関 係 し な で は な く 弁 護 士 会 で あ る 。 刑 事 訴 訟 規 則 は 、 弁 護 人 が 違 法 い 事 柄 も 含 め ) 数 時 間 に 及 ん だ 、 な ど と い う 例 が 数 多 く あ に 裁 判 の 迅 速 な 進 行 を 妨 げ た 場 合 、 裁 判 所 は 日 弁 連 か 所 属 り 、 弁 護 人 の 訴 訟 遅 延 策 の 中 核 を 成 し た 。 弁 護 士 会 に 、 処 分 な ど の 適 切 な 処 置 を 請 求 で き る と 定 め て い る き 一 よ 、 っ せ い ー ) っ 一 」 、 つ ば 、 つ 】 か い 強 制 執 行 妨 害 債 務 者 が 強 制 執 行 を 免 れ る た め 、 資 産 を 隠 し た り 仮 装 譲 渡 す る 行 為 は 、 強 制 執 行 妨 害 罪 ( 刑 法 条 の 2 項 ) に 当 た る 。 安 田 好 弘 弁 護 士 は 、 自 ら が 顧 問 を 務 め て い た 不 動 産 会 社 に 指 示 し 、 強 制 執 行 を 妨 害 し た と し て 、 こ の 罪 に 問 わ れ た 。 こ 、 っ そ し ゆ い し ょ 控 訴 趣 意 書 控 訴 は 、 判 決 後 2 週 間 以 内 に な さ れ な け れ ば な ら な い 。 し か し こ の と き の 手 続 き は 、 控 訴 状 の 提 出 だ け で よ く 、 控 訴 理 由 を 綿 密 に 述 べ た 「 控 訴 趣 意 書 」 を 別 途 提 出 し な け れ ば な ら な い つ ま り 、 控 訴 状 は 控 訴 す る か ど う か の 意 思 表 示 を す る だ け の 役 割 で 、 趣 意 書 に よ っ て 控 訴 理 由 を 説 明 し な け れ ば な ら な い の で あ る 。 法 定 文 書 で あ り 、 期 限 ま で に 提 出 し な け れ ば 控 訴 は 自 動 的 に 棄 却 さ れ る 。 高 等 裁 判 所 を 宛 先 に し た う え で 、 一 審 の 裁 判 所 に 提 出 す る 153

マンガ人権弁護士


マ ン ガ 人 権 弁 護 士 2 開 8 年 4 月 1 日 第 1 刷 発 行 原 漫 作 画 編 集 発 行 人 発 行 所 印 刷 ・ 製 本 司 法 公 論 会 東 野 よ し ゆ き 井 手 邦 俊 株 式 会 社 英 和 出 版 社 〒 110 ー 0015 東 京 都 台 東 区 東 上 野 3--15-12 野 本 ビ ル 6 F 共 同 印 刷 株 式 会 社 0 EIWA 2008 printed ⅲ JAPAN

マンガ人権弁護士


オ ウ ム に よ っ て 、 人 権 派 の 弁 護 士 団 体 の 存 在 理 由 が 危 う く な っ た ん で す そ れ っ て レ 」 - つ い - っ : っ つ ま り 、 こ - つ い - っ こ と で 亠 9 オ ウ ム に 殺 害 さ れ た 坂 本 堤 弁 護 士 は 、 自 由 法 曹 団 と い う 任 意 団 体 に 所 属 し て い ま し た こ の 団 体 は 会 員 弁 護 士 数 1738 名 、 日 本 全 国 の 弁 護 士 の 8 % が 加 入 し て い ま す も と も と 労 働 争 議 を き っ か け に し て 誕 生 し 、 そ の 後 も 基 地 訴 訟 や 冤 罪 事 件 に 取 り 組 ん で い ま す 日 本 共 産 党 と 結 び つ き が 強 く 、 人 権 主 義 に 傾 い て い る と 言 わ れ ま す 一 方 で 坂 本 弁 護 士 は 、 オ ウ ム 被 害 者 の 会 を 設 立 し 、 オ ウ ム の 宗 教 法 人 認 可 取 り 消 し ま で を も 目 的 と し て い ま し た 彼 は オ ウ ム が 強 者 で 信 者 が 弱 者 だ と 位 置 付 け て い た よ う で す 。 そ の 点 、 人 権 派 の 面 目 を 保 っ た と い え ま す し か し オ ウ ム へ の 破 壊 防 止 法 ( 破 防 法 ) 適 用 が 問 題 と な っ た 際 、 自 由 法 曹 団 は 反 対 の 立 場 を 表 明 し ま し た こ れ に 若 手 の 弁 護 士 た ち が 猛 反 発 し ま す 「 オ レ た ち の 仲 間 を 殺 し た 団 体 を 保 護 す る の か 」 「 オ ウ ム の 宗 教 法 人 取 り 消 し を 狙 っ た 坂 本 の 遺 志 を 継 げ 」 と ね : 自 由 法 曹 団 は 大 き な 転 機 を 迎 え ま し た こ こ で 、 自 由 法 曹 団 の 考 え る 「 人 権 」 の 位 置 付 け が 大 き く 揺 ら ぎ ま し た 原 則 と し て 公 権 力 と 対 峙 す る 団 体 で あ る 以 上 、 オ ウ ム の 麻 原 で あ っ て も 守 ら ざ る を 得 な い け れ ど 彼 は 自 由 法 曹 団 の 仲 間 を 殺 し た 団 体 の ト ッ プ だ : ・ 173

マンガ人権弁護士


で も 、 ど う し て そ ん な に 高 い の ? そ れ こ そ 補 助 金 と か 出 る と 思 っ て た け ど : ・ ・ : 弁 護 士 自 治 と い う や つ で す よ 法 務 省 国 税 庁 軽 済 産 業 省 金 融 庁 公 認 会 計 士 司 法 書 士 第 税 理 士 弁 護 士 に は 、 監 督 官 庁 が あ り ま せ ん 他 の あ ら ゆ る 国 家 資 格 と 異 な り 、 す べ て 独 立 的 に 士 運 営 さ れ て い る ん 理 で す 行 政 書 士 し な 弁 護 士 け れ ど 弁 護 士 業 務 は 、 権 力 の 介 入 を 許 さ ず 、 自 由 独 立 の 保 障 が 必 要 と さ れ ま す ニ 00 四 年 か ら の 法 科 大 学 院 制 度 に よ り 、 弁 護 士 を 含 む 法 曹 に な る に は 、 原 則 と し て 法 科 大 学 院 ↓ 司 法 試 験 ↓ 司 法 修 習 、 と 三 段 階 に な り ま し た 。 こ の う ち 法 科 大 学 院 は 文 部 科 学 省 、 司 法 試 験 は 法 務 省 、 司 法 偐 習 は 最 高 裁 の 管 轄 で す え ? 法 務 省 が 監 督 官 庁 じ ゃ な い ん で す か ? 0 169