検索 - みる会図書館

検索対象: 赤い悪夢 (5分後に意外な結末)

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)から 138件ヒットしました。

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


ロ ポ ッ ト の 恩 返 し そ の 日 以 来 、 弁 護 士 は ロ ポ ッ ト の 裁 判 か ら 手 を 引 い た 。 じ ん け ん よ う ど だ ん た い 一 方 、 そ の 日 、 ロ ポ ッ ト の 人 権 擁 護 団 体 の 銀 行 口 座 に は 、 差 出 人 不 明 の 多 額 の 寄 付 が 送 ら れ て き た と い う 。 さ し だ し に ん 原 案 【 欧 米 の 小 咄 翻 案 】 麻 希 一 樹 173

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


ら れ る こ と も あ る 。 し か し 、 ロ ポ ッ ト の 裁 判 を 得 意 と す る 弁 護 士 の 方 針 は 違 っ た 。 彼 は 、 そ の ほ う て い 日 、 法 廷 に い た 裁 判 官 た ち の な か に 、 ロ ポ ッ ト に 対 し て 好 意 的 と は = = ロ え な い 感 情 を 抱 い て い る け つ か ん 人 た ち が い る こ と を 見 抜 く と 、 ロ ポ ッ ト の 欠 陥 を 前 面 に 押 し 出 し て 弁 護 を 行 っ た 。 「 ロ ポ ッ ト の な か に は 、 人 間 と 同 じ よ う に 『 心 』 が 芽 生 え て き て い る 者 も い る が 、 な か に は ま ぜ ん あ く だ 善 悪 の 判 断 が で き な い 者 も い て 、 罪 に は 問 え な い 。 今 こ こ で 、 こ の ロ ポ ッ ト が 有 罪 に な る な ら 、 ロ ポ ッ ト 開 発 の 未 来 は 閉 ざ さ れ る だ ろ う 」 と 。 わ た 裁 判 の 結 果 、 裁 判 長 は そ の ロ ポ ッ ト に 無 罪 を 言 い 渡 し た 。 と は い え 、 一 度 は 人 間 を 襲 っ た ロ ポ ッ ト を 、 そ の ま ま 野 放 し に は で き な い 。 そ の ロ ポ ッ ト は ニ 度 と 同 じ 過 ち を 犯 さ な い よ う 、 こ き お く れ ま で の 記 憶 を 消 去 さ れ る こ と を 条 件 に 、 ス ク ラ ッ プ エ 場 行 き だ け は 免 れ た 。 判 決 が 下 さ れ た と き 、 ロ ポ ッ ト は 何 か 言 い た そ う な 目 で 弁 護 士 を 見 て い た が 、 そ ん な こ と は と 、 つ で も い い 裁 判 に 勝 っ た 弁 護 士 は 、 満 足 感 を か み し め な が ら 自 分 の 事 務 所 が 入 っ て い る ビ ル に 戻 っ て 行 っ た 。 ロ ポ ッ ト の 心 や 人 権 な ん て 、 自 分 に は 関 係 な い 。 要 は 、 儲 れ ば い い の だ 。 今 回 の 方 針 を 貫 け ば 、 ロ ポ ッ ト の 裁 判 で は 、 こ れ か ら も 勝 ち 続 け る こ と が で き る か も し れ な い 。 そ う す れ ば 、 噂 も ど む ざ い も う か あ や ま ま ぬ が ち が い だ お そ つ ら ぬ う わ さ 170

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


を 聞 き つ け て も っ と 大 き な 仕 事 が 舞 い こ ん で く る だ ろ う 。 最 近 で は 、 ロ ポ ッ ト の な か に も 莫 大 な 富 を も つ 者 が 増 え て き て お り 、 彼 ら は 自 分 自 身 が ロ ポ ッ ト で あ る こ と か ら 生 じ る 問 題 を 解 決 た い ま い ど う う し た り 、 同 胞 の ロ ポ ッ ト た ち を 助 け た り す る た め に 、 大 枚 を は た く と 聞 い て い る 。 ま だ 見 ぬ 多 く の 依 頼 人 と 、 多 額 の 成 功 報 酬 を 想 像 し て 、 弁 護 士 は ニ ャ ニ ヤ と 笑 い な が ら エ レ べ ー タ ー に 乗 っ た 。 そ の と き だ っ た 。 カ チ ャ ッ と い う 乾 い た 音 と と も に 、 何 か 硬 い も の が 弁 護 士 の 背 中 に つ き つ け ら れ た 。 「 動 く な 、 手 を あ げ ろ 」 低 い 男 の 声 が 、 弁 護 士 の 耳 も と で さ さ や く よ う に 告 げ た 。 弁 護 士 は 自 分 の 耳 を 疑 っ た 。 「 こ の 声 は 、 ま さ か ! 」 少 し だ け 首 を 回 し て 、 後 ろ を う か が う 。 そ こ に い た の は 、 先 ほ ど ま で 自 分 が 法 廷 で 弁 護 し て き お く い た ロ ポ ッ ト だ っ た 。 記 憶 を 消 去 す る た め 、 ロ ポ ッ ト 研 究 所 に 送 ら れ た は ず な の に 、 ど う し て こ こ に い る の だ ろ う 。 そ れ 以 前 に 、 ど う し て 自 分 が 助 け て や っ た 相 手 に 、 自 分 は ホ ー ル ド ア ッ 9 プ を さ れ な け れ ば い け な い の だ ろ う 。 「 お い 、 君 ! 」 せ い こ う 嶽 う し ゅ う わ ら か た に う て い う た が ば く だ い

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


き よ う ふ 拳 銃 を つ き つ け ら れ て い る 恐 怖 よ り も 怒 り の ほ う が 勝 っ て 、 弁 護 士 は ロ ポ ッ ト を に ら み つ け お ん じ ん 「 私 は 君 の 恩 人 だ よ ? 君 が 殺 人 罪 で ス ク ラ ッ プ エ 場 に 送 ら れ る と こ ろ を 、 『 善 悪 の 判 断 が で き な い ロ ポ ッ ト も い る 』 と い う 理 由 で 、 無 罪 に し て や っ た じ ゃ な い か ー ロ ポ ッ ト の く せ に 忘 き お く れ た の か ね ? ま だ 記 憶 は 消 去 さ れ て い な い だ ろ リ 」 「 も ち ろ ん 、 よ く 覚 え て い る よ 。 裁 判 で あ ん た が 言 っ た こ と も 、 あ ん た が 俺 た ち ロ ポ ッ ト を ど ん な 目 で 見 て い る か っ て こ と も 全 部 覚 え て い る 。 だ か ら こ そ 、 俺 は ロ ポ ッ ト 研 究 所 に 向 か う 車 か ら 逃 げ 出 し て 、 わ ざ わ ざ あ ん た の と こ ろ に 来 た ん じ ゃ な い か 」 : ど う い う 意 味 だ ? 」 ま ゆ ね 弁 護 士 が 不 可 解 そ う に 眉 根 を 寄 せ る 。 そ の 顔 を 見 お ろ し て 、 ロ ポ ッ ト は ニ ャ リ と 笑 っ た 。 お ん じ ん ぜ ん あ く 「 恩 人 を ホ ー ル ド ア ッ プ す る の は 、 善 悪 の 判 断 が で き な い ロ ポ ッ ト で あ る こ と の 証 拠 だ ろ う ? つ み ち が そ ん な ロ ポ ッ ト は 、 罪 に は 問 え な い 。 あ ん た が 自 分 で 言 っ て い た じ ゃ な い か 。 違 う か い ? 」 ロ ポ ッ ト は そ う 一 言 う と 、 弁 護 士 に 事 務 所 の ド ア を 開 け さ せ 、 金 庫 に し ま わ れ て い た 現 金 を 奪 っ て 逃 げ 出 し た 。 う ば け ん じ ゅ う 172

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


ら も 創 り 出 す よ う に な っ た 。 ロ ポ ッ ト た ち し か し 、 そ れ で も ロ ポ ッ ト に 対 す る 偏 見 が 、 完 全 に な く な っ た わ け で は な い 。 の 心 は 人 間 よ り も 感 じ 方 が 鈍 い と か 、 人 間 に 使 わ れ る こ と こ そ が ロ ポ ッ ト た ち の 幸 せ で あ る と か と 考 え る 者 た ち も 、 あ と を 絶 た な か っ た の だ 。 そ ん な あ る 日 の こ と だ っ た 。 と あ る 弁 護 士 が 、 ロ ポ ッ ト に よ る 殺 人 事 件 に つ い て の 裁 判 を 受 け も っ こ と に な っ た 。 こ の 弁 護 士 は 、 ロ ポ ッ ト 関 係 の 事 件 を も っ と も 得 意 と す る 人 物 で あ っ た 。 や し き 被 告 人 と な っ た ロ ポ ッ ト は 、 大 き な 屋 敷 で 執 事 と し て 働 い て い た 。 気 の 利 く 性 格 の お か げ で 、 ′ 」 う り よ ら . 人 間 の 同 僚 た ち か ら は た い そ う 好 か れ て い た と い う 。 だ が 、 雇 い 主 で あ る 屋 敷 の 主 人 は 、 彼 が 何 か 提 案 を す る た び に 「 ロ ポ ッ ト の く せ に 生 意 気 だ ! 」 と か 、 「 ロ ポ ッ ト な ん だ か ら 、 何 も 言 さ け わ ず に 俺 の 言 う こ と を 聞 い て い れ ば い い ん だ ! 」 と か 叫 ん で 、 そ の ロ ポ ッ ト に 数 々 の 暴 行 を 加 え た 。 が ま ん ロ ポ ッ ト も 最 初 は 我 慢 し て い た そ う だ が 、 あ る 日 、 つ い に 耐 え き れ な く な っ て 、 主 人 を 銃 で 撃 っ て し ま っ た 。 じ よ う じ よ う し や く り よ う ふ つ う は そ の 状 況 を か ん が み て 、 情 状 酌 量 が 認 め こ の よ う な 事 件 を 人 間 が 起 こ し た 場 合 、 に ぶ へ ん け ん な ま い き や と や し き じ ゅ う 169

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


今 よ り 少 し 未 来 の こ と 。 科 学 技 術 が 飛 躍 的 に 進 歩 し 、 人 類 は つ い に 人 型 ロ ポ ッ ト を 作 る こ と す が た か た ち に 成 功 し た 。 幻 世 紀 初 頭 の 人 型 ロ ポ ッ ト の よ う に 、 姿 形 が 人 間 に 似 て い て 、 人 間 の 言 う こ と を き く だ け の も の で は な い 。 そ れ は 、 人 間 と 同 じ よ う に 自 分 で 考 え 、 自 分 で 自 分 の 行 動 を 決 め ら れ る ロ ポ ッ ト の 誕 生 で あ っ た 。 か っ て は 、 「 ロ ポ ッ ト 三 原 則 」 と い う も の が あ り 、 ロ ポ ッ ト が 人 間 に 逆 ら う こ と は 許 さ れ な か っ た 。 し か し 、 そ の 原 則 か ら 自 由 に な る こ と で 、 ロ ポ ッ ト の 可 能 性 は さ ら に 広 が る こ と が わ か っ た 。 ま ゆ 当 初 は 、 「 人 間 と 同 じ よ う な 心 を も っ ロ ポ ッ ト な ん て : : : 」 と 眉 を ひ そ め る 人 た ち も い た が 、 か い ど 今 や ロ ポ ッ ト は 人 々 の 生 活 に 欠 か せ な い 存 在 と な っ た 。 介 護 や 家 事 に も 心 は 必 要 で あ る し 、 料 理 や 医 術 の よ う な 専 門 技 術 の な か に も 感 性 は 必 要 で あ る 。 心 を も っ た ロ ポ ッ ト た ち は 、 芸 術 す ロ ポ ッ ト の 恩 返 し た ん じ よ う お ん が え ひ や く て き さ か 168

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


5 分 後 に 意 外 黠 耒 ・ 赤 い 悪 夢 20 日 年 に 月 日 20 ワ 年 3 月 24 日 第 一 刷 発 行 第 ワ 刷 発 行 発 行 人 編 集 人 編 集 長 発 行 所 印 刷 所 DTP 装 丁 イ ラ ス ト 編 集 ・ 構 成 編 集 協 力 ・ お 客 様 へ 金 谷 敏 博 川 畑 勝 目 黒 哲 也 株 式 会 社 学 研 プ ラ ス 〒 ト 84 東 京 都 品 川 区 西 五 反 田 2 ー Ⅱ ー 8 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 株 式 会 社 新 後 閑 小 酒 井 祥 悟 (Siun) LISI 桃 戸 ハ ル 高 木 直 子 木 野 整 ー に の 本 に 関 す る 各 種 お 問 い 合 わ せ 先 】 く 電 話 の 場 合 〉 〇 編 集 内 容 に つ い て は 003 ー 643 同 580 ( 編 集 部 直 通 ) 〇 在 庫 ・ 不 良 品 ( 乱 丁 ・ 落 丁 な ど ) に つ い て は 003-643 ト Ⅱ 97 ( 販 売 部 直 通 ) く 文 書 の 場 合 〉 〒 図 ト 84 旧 東 京 都 品 川 区 西 五 反 田 2 ー Ⅱ ー 8 学 研 お 客 様 セ ン タ ー 「 5 分 後 に 意 外 な 結 末 ① ー 係 〇 こ の 本 以 外 の 学 研 商 品 に 関 す る お 問 い 合 わ せ は 下 記 ま で 003 ー 643 同 002 ( 学 研 お 客 様 セ ン タ ー ) ISBN 978 ー 4 ー 05-203895 ー 2 NDC913 円 8P 18.7cm 本 書 の 無 断 転 載 、 複 製 、 複 写 ( コ ビ ー ) 、 翻 訳 を 禁 じ ま す 。 本 書 を 代 行 業 者 等 の 第 三 者 に 依 頼 し て ス キ ャ ン や デ ジ タ ル 化 す る こ と は 、 た と え 個 人 や 家 庭 内 の 利 用 で あ っ て も 、 著 作 権 法 上 、 認 め ら れ て お り ま せ ん 。 複 写 ( コ ピ ー ) を ご 希 望 の 場 合 は 、 下 記 ま で ご 連 絡 く だ さ い 。 日 本 複 製 権 セ ン タ ー http:〃www.jrrc.0「.jp/ E-maiI:[email protected] 003 ー 340 ト 2382 囿 く 日 本 複 製 権 セ ン タ ー 委 託 出 版 物 〉 学 研 の 書 籍 ・ 雑 誌 に つ い て の 新 刊 情 報 ・ 詳 細 情 報 は 、 下 記 を ご 覧 く だ さ い 。 学 研 出 版 サ イ ト http:〃 hon. gakken.jp/

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


つ ま り 、 そ れ ま で の 男 の 人 生 は 、 一 言 で = え ば 、 ば っ と し な い も の で あ っ た 。 男 は 、 自 分 の 人 生 が ば っ と し な い 原 因 は 、 「 人 よ り す ぐ れ て い る 何 か 」 が 欠 け て い る こ と に あ る と 考 え て い た 。 「 部 下 の 一 人 も い な い 俺 は 、 権 力 な ん て も の は 手 に し た こ と も な い 。 人 間 的 な 魅 力 が な い か ら 、 恋 人 だ っ て で き な い 。 ち く し よ う ! 」 う ら は ら く や し さ か ら で た 、 そ の 言 葉 と は 裏 腹 に 、 男 か ら は 、 活 力 と い っ た も の が ま っ た く 感 じ ら れ そ れ も ど こ か 弱 々 し く 、 握 力 す ら な さ そ う だ 。 な か っ た 。 ぐ っ と こ ぶ し を に ぎ り し め て み た が 、 「 , 刀 が ほ し い な あ : 自 力 で 何 か を な し と げ よ う と い う 気 力 も 実 力 も な い た め 、 会 社 に と っ て 主 力 で は な く 、 む し ろ 戦 力 外 に 近 い 存 在 だ っ た 。 「 は あ 、 カ が ほ し い し か し 、 男 は 、 努 力 を 積 み 重 ね た こ と も な け れ ば 、 何 か に 実 力 が な け れ ば 、 頑 張 れ ば い い 。 全 力 で 取 り 組 ん だ こ と も な か っ た 。 。 突 然 、 神 様 が 現 れ な い 「 こ ん な と き 、 誰 か が 俺 の 望 み を か な え て く れ れ ば い い の に な あ : が ん ば - か り よ ′ 、

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


幸 せ グ ラ フ チ ャ ー リ ー は 自 分 が や る べ き 「 仕 事 」 を 探 し て い た 。 そ れ は 単 に 収 入 を 得 る た め の 職 業 と い う 意 味 で は な い 。 あ り っ た け の 情 熱 を 傾 け ら れ る 「 何 か 」 を 求 め て い た の だ 。 か ん べ き 彼 の こ れ ま で の 人 生 は 、 「 完 璧 」 と 言 っ て い い ほ ど 、 万 事 順 調 だ っ た 。 幼 い こ ろ か ら 勉 強 は う で ま え 得 意 だ っ た 。 運 動 や 音 楽 や 美 術 も プ ロ 顔 負 け の 腕 前 。 だ か ら 、 学 校 の 成 績 は 常 に ト ッ プ 。 一 流 は く し ど う の 大 学 で 機 械 工 学 を 学 び 、 博 士 号 も 取 得 し た 。 だ れ だ れ 能 力 だ け で は な い 。 , ( 彼 ま 人 気 も 人 望 も あ り 、 誰 か ら も 好 か れ た 。 し か し 、 誰 か に 憎 ま れ た り 、 う ら ま れ た り す る こ と も な か っ た 。 は た か ら 見 れ ば 申 し 分 の な い 人 生 。 し か し チ ャ ー リ ー は 今 、 言 い 知 れ ぬ 虚 し さ の よ う な も の を 感 じ て い た 。 ぶ ん に ん き じ ん う ば ん じ じ ゅ ん ち ょ う お さ な む な か た む 030

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


こ の 学 生 は 、 何 を 言 い 出 す の だ 。 教 授 は 面 食 ら う と 同 時 に 、 不 機 嫌 に な っ た 。 「 こ の ク ラ ス に 何 人 の 学 生 が い る と 思 っ て い る ん だ ね 。 君 の 名 前 な ど 知 ら ん よ 」 学 生 は 、 な お も 食 い 下 が っ た 。 「 と い う こ と は 、 先 生 は 、 こ の 私 の 父 親 が 、 誰 で あ る か も 知 ら な い っ て こ と で す か ? 」 な ん と い う 言 い ぐ さ だ ろ う 。 お そ ら く は 、 こ の 学 生 の 父 親 が 、 な ん ら か の 権 力 を も っ た 地 位 に あ る に 違 い な い 。 厳 格 な 教 授 は 、 そ う し た コ ネ を 使 お う と す る 人 間 が 大 嫌 い で あ っ た 。 か ん ち が あ ぜ ん と し て 言 葉 を 失 っ た 教 授 の 様 子 を 、 う ろ た え た と 勘 違 い し た の か 、 そ の 学 生 は た た み か け る よ 、 つ に = = ロ っ た 。 「 ま さ か 先 生 は 、 私 の 一 族 の こ と を 知 ら な い わ け で は な い で す よ ね 。 私 の 顔 を 見 て も 分 か り ま せ ん か ? 」 教 授 の 怒 り は 頂 点 に 達 し た 。 「 君 が 誰 で あ る か な ど 、 私 は 知 ら ん し 、 興 味 も な い ! 」 た ず 冷 た く 突 っ ぱ ね る 教 授 に 対 し 、 学 生 は 動 じ る こ と な く 、 さ ら に 尋 ね た の で あ っ た 。 「 本 当 に 、 私 が 誰 だ か 知 ら な い の で す ね ? 」 イ ん か く め ん く ふ き イ ん だ い き ら 100