検索 - みる会図書館

全データから 211079件ヒットしました。

マンガ法律の抜け穴8


法 律 の 抜 け 穴 ' 日 常 に 潜 む 危 険 と 誘 惑 全 14 話 詐 欺 ・ 悪 質 商 法 篇 0 0 自 由 国 民 社

マンガ法律の抜け穴8


法 律 の 抜 け 穴 日 常 に 潜 む 危 険 と 誘 惑 全 14 話 監 修 峰 岸 と お る 沢 本 英 ニ 郎 祚 伶 0 0 篇 自 由 国 民 社

ジュリスト 2016年10月号


第 190 回 国 会 の 概 観 ( 衆 ) 2. 2 ( 衆 ) ( 衆 ) ( 参 ) 226 ( 参 ) 226 2 5 ( 衆 ) 2. 9 ( 衆 ) ( 参 ) 226 ( 衆 ) 2.26 3. 8 ( 衆 ) 2 5 ( 衆 ) ( 衆 ) ( 衆 ) 3. 8 ( 衆 ) ( 衆 ) 2.19 35 5.13 独 立 行 政 法 人 日 本 ス ポ ー ツ 振 興 セ ン タ ー 法 及 び ス ポ ー ツ 振 興 投 票 の 実 施 等 に 関 す る 法 律 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 流 通 業 務 の 総 合 化 及 び 効 率 化 の 促 進 に 関 す る 法 律 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 児 童 扶 養 手 当 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 国 立 大 学 法 人 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 漁 業 経 営 に 関 す る 補 償 制 度 の 改 善 の た め の 漁 船 損 害 等 補 償 法 及 び 漁 業 災 害 補 償 法 の 一 部 を 改 正 す る 等 の 法 律 原 子 力 発 電 に お け る 使 用 済 燃 料 の 再 処 理 等 の た め の 積 立 金 の 積 立 て 及 び 管 理 に 関 す る 法 律 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 海 上 交 通 安 全 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 特 定 国 立 研 究 開 発 法 人 に よ る 研 究 開 発 等 の 促 進 に 関 す る 特 別 措 置 法 森 林 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 港 湾 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 特 定 B 型 肝 炎 ウ イ ル ス 感 染 者 給 付 金 等 の 支 給 に 関 す る 特 別 措 置 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 め る た め の 改 革 の 推 進 を 図 る た め の 関 係 法 律 の 整 備 に 関 す る 法 律 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 す る 法 律 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 行 政 機 関 等 の 保 有 す る 個 人 情 報 の 適 正 か つ 効 果 的 な 活 用 に よ る 新 た な 産 業 の 創 出 並 び に 活 力 あ る 経 済 社 会 及 び 豊 か な 国 民 生 活 の 実 現 に 資 す る た め の 関 係 法 律 の 整 備 に 関 す る 法 律 裁 判 所 職 員 定 員 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 総 合 法 律 支 援 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 刑 事 訴 訟 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 宅 地 建 物 取 引 業 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 中 小 企 業 の 新 た な 事 業 活 動 の 促 進 に 関 す る 法 律 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 電 気 事 業 者 に よ る 再 生 可 能 エ ネ ル ギ ー 電 気 の 調 達 に 関 す る 特 別 措 置 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 特 定 商 取 引 に 関 す る 法 律 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 消 費 者 契 約 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 情 報 通 信 技 術 の 進 展 等 の 環 境 変 化 に 対 応 す る た め の 銀 行 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 児 童 福 祉 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 す る た め の 法 律 及 び 児 童 福 祉 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 確 定 拠 出 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 民 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 都 市 再 生 特 別 措 置 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ※ 提 出 年 月 日 の 先 議 院 の ( ) 内 の 数 字 は 第 190 回 国 会 以 外 の 提 出 国 会 を 表 す 。 っ 0 00 っ 0 っ 0 5.13 5.13 5.18 5.18 40 5.18 、 1 ワ 朝 -44 -4 ・ -44 5.18 5.18 5.18 520 520 520 44 45 46 47 520 3.11 50 51 527 527 2. 2 ( 衆 ) 52 ( 189 衆 ) 53 H27. 324 ( 189 衆 ) 3.13 ( 衆 ) H28. 3.11 ( 衆 ) 226 ( 参 ) ( 衆 ) ( 衆 ) 3. 4 ( 衆 ) 3. 4 ( 衆 ) ( 衆 ) 329 ( 衆 ) ( 189 衆 ) H27. 4 ・ 3 3. 8 ( 衆 ) H28. 2. 5 ( 衆 ) っ 0 っ 0 54 55 56 58 っ 0 00 っ 0 60 61 63 65 、 1 っ [ Jurist ] October 2016 / Number 1498 99

可視化法学LawVisualization へその緒


8 第 2 章 様 々 な 法 律 分 野 の 可 視 化 ま ず 参 照 さ れ る 法 律 の 順 に 主 要 な 法 律 を 列 挙 す る 。 刑 事 分 野 の 法 律 の 数 は 、 713 本 、 参 照 数 は 、 1083 個 で あ る 。 法 律 名 刑 法 刑 事 訴 訟 法 売 春 防 止 法 少 年 法 更 生 保 護 法 更 生 保 護 事 業 法 犯 罪 収 益 移 転 防 止 法 刑 事 収 容 施 設 法 組 織 犯 罪 処 罰 法 少 年 院 法 参 照 さ れ た 数 450 112 54 44 33 29 28 26 25 23 刑 事 分 野 の 法 律 で 中 心 に な る 法 律 は 刑 法 だ 。 450 個 の 法 律 か ら 参 照 さ れ て い る 。 そ の 他 、 刑 事 訴 訟 法 も 多 く 参 照 さ れ る 。 た だ 刑 法 、 刑 事 訴 訟 法 両 方 に 結 び つ い て い る 法 律 は そ こ ま で 多 く な い 。 刑 法 と 結 び つ い た 法 律 は 多 い が 、 刑 事 分 野 で そ れ 以 外 の 法 律 と 結 び つ い て い る 法 律 は そ こ ま で 多 い わ け で は な い 。 前 に も 書 い た が 、 売 春 防 止 法 や 少 年 法 、 更 生 保 護 法 な ど は 結 構 近 い 位 置 に あ り 、 刑 事 分 野 の 中 で も 更 生 や 福 祉 に 力 点 を お い た 法 律 で あ る よ う に 考 え ら れ る 。 ま た 組 織 犯 罪 処 罰 法 や 犯 罪 収 益 移 転 防 止 法 は 近 い 位 置 に あ り 、 要 は 暴 力 団 対 策 な の だ ろ う 。 春 防 止 法 図 2.1 刑 事 の 中 の 福 祉

ジュリスト 2016年10月号


衆 議 院 議 員 提 出 法 律 法 律 名 国 会 議 員 の 秘 書 の 給 与 等 に 関 す る 法 律 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 公 職 選 挙 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 国 会 議 事 堂 , 内 閣 総 理 大 臣 官 邸 そ の 他 の 国 の 重 要 な 施 設 等 , 外 国 公 館 等 及 び 原 子 力 事 業 所 の 周 辺 地 域 の 上 空 に お け る 小 型 無 人 機 等 の 飛 行 の 禁 止 に 関 す る 法 律 戦 没 者 の 遺 骨 収 集 の 推 進 に 関 す る 法 律 地 震 防 災 対 策 特 別 措 置 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 公 職 選 挙 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 成 年 後 見 の 事 務 の 円 滑 化 を 図 る た め の 民 法 及 び 家 事 事 件 手 続 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 成 年 後 見 制 度 の 利 用 の 促 進 に 関 す る 法 律 有 人 国 境 離 島 地 域 の 保 全 及 び 特 定 有 人 国 境 離 島 地 域 に 係 る 地 域 社 会 の 維 持 に 関 す る 特 別 措 置 法 合 法 伐 採 木 材 等 の 流 通 及 び 利 用 の 促 進 に 関 す る 法 律 衆 議 院 議 員 選 挙 区 画 定 審 議 会 設 置 法 及 び 公 職 選 挙 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 酒 税 法 及 び 酒 税 の 保 全 及 び 酒 類 業 組 合 等 に 関 す る 法 律 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 発 達 障 害 者 支 援 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 平 成 二 十 八 年 熊 本 地 震 ー 害 関 連 義 援 金 に 係 る 差 押 禁 止 等 に 関 す る 法 律 平 成 三 十 二 年 東 京 オ リ ン ピ ッ ク 競 技 大 会 ・ 東 京 パ ラ リ ン ピ ッ ク 競 技 大 会 特 別 措 置 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 国 外 犯 罪 被 害 弔 慰 金 等 の 支 給 に 関 す る 法 律 真 珠 の 振 興 に 関 す る 法 律 ※ 提 出 年 月 日 の ( ) 内 の 数 字 は 第 190 回 国 会 以 外 の 提 出 国 会 を 表 す 。 ( 法 律 番 号 順 ) 提 出 年 月 日 H28. 1.14 120 H27. 6.12 ( 189 ) 公 布 年 月 日 番 号 H28. 126 3 8 3.18 9 9.11 ( 189 ) H28. 3.18 3.30 323 3.30 3.31 4.13 4.13 27 323 3.18 29 33 4.15 427 426 4.15 48 520 5.27 49 5.10 57 5.11 5.18 5.18 64 っ 0 ワ 「 / 67 69 0 00 -4 5.18 5.18 5.19 参 議 院 議 員 提 出 法 律 法 律 名 自 殺 対 策 基 本 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 本 邦 外 出 身 者 に 対 す る 不 当 な 差 別 的 言 動 の 解 消 に 向 け た 取 組 の 推 進 に 関 す る 法 律 ( 法 律 番 号 順 ) 提 出 年 月 日 H28. 2.18 公 布 年 月 日 番 号 H28. 3.30 68 11 [ Jurist ] October 2016 / Number 1498 100

論理学をつくる


44 第 I 部 論 理 学 を は じ め る 練 習 問 題 8 次 の 式 は み な ト ー ト ロ ジ ー で あ る 。 真 理 表 を 書 い て 確 認 せ よ 。 ( 2 ) (P → Q) → ()Q → P ) ( 3 ) ()P → Q) → P) → P ( P △ P ) ( 5 ) ((PVQ)A(P → R)) → ()Q → P) → R) ( 4 ) (P → Q) → ()Q → R) → (P → R)) 3.3.2 代 表 的 な ト ー ト ロ ジ ー ト ロ ジ ー は 無 数 に あ る が , そ の 中 の 代 表 的 な い く つ か の パ タ ー ン に は 名 前 が つ い て い る 。 以 下 の 表 は ト ー ト ロ ジ ー 界 の 名 士 た ち を 示 し た も の だ 。 た だ し 見 や す い よ う に カ ッ コ は 適 当 に 省 い て あ る 。 law Of identity 排 中 律 law of the excluded middle 矛 盾 律 law of contradiction 2 重 否 定 律 law of double negation 巾 等 律 idempotent law 交 換 律 ー ロ ー コ 分 配 律 吸 収 律 ド ・ モ ル ガ ン の 法 則 De Morgan's law 対 偶 律 law Of contraposition 選 言 的 三 段 論 法 disjunctive syllogism 推 移 律 transitive law 肯 定 式 modus ponens 否 定 式 modus tollens 拡 大 律 付 加 律 縮 小 律 移 入 律 law Of importation 移 出 律 law of exportation 構 成 的 両 刀 論 法 constructive dilemma 添 加 律 A → A, A€-*A 11 ワ 」 っ け 4 ・ A V ー ・ -- IA A △ ¯IA) (AAA)—A (AVA)—A (AAB)—(BAA) (AVB)+(BVA) (AA(BAC))—((AAB)AC) (AV(BVC))—((AVB)\/C) (AA(BVC))—((AAB)V(AAC)) (AV(BAC))—((AVB)A(AVC)) (AA(AVB))+ → A (AV(AAB))—A 5 commutative law 6 associative law 7 distributive law 8 -- - ー 1 ( AV B ) ← ( -nA △ ¯IB) (A → B)—(—nB → •A) (•AA(AVB)) → B ()A → B)A(B → C)) → (A → c) (AA(A → B)) → B ( ー ー 旧 △ ( A → B)) → ¯IA A → (AVB) B → (AVB) (AAB) → A (AAB) → B (A → (B → c)) → ((AAB) → C) ((AAB) → c) → (A → (B → c)) ()A → C)A(B → C)) → ((AVB) → C) A → (B → A) absorptive law 9 10 11 ワ 」 っ 0 -4 ・ 1 ー 亠 11 1 亠 11 1 ー 亠 law of addition 16 law Of simplification 17 一 8 ) -0 一 11 ワ 1 11 「 1 ワ 3 ワ 」 ワ 」 •A → (A → B)

ジュリスト 2016年10月号


一 覧 人 第 190 回 国 会 制 定 法 律 ・ 承 認 条 約 内 閣 提 出 法 律 法 律 名 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 す る 法 律 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 特 別 職 の 職 員 の 給 与 に 関 す る 法 律 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 地 方 交 付 税 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 裁 判 官 の 報 酬 等 に 関 す る 法 律 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 検 察 官 の 俸 給 等 に 関 す る 法 律 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 防 衛 省 の 職 員 の 給 与 等 に 関 す る 法 律 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 在 外 公 館 の 名 称 及 び 位 置 並 び に 在 外 公 館 に 勤 務 す る 外 務 公 務 員 の 給 与 に 関 す る 法 律 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 等 の 法 律 地 方 交 付 税 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 関 税 定 率 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 国 立 研 究 開 発 法 人 新 エ ネ ル ギ ー ・ 産 業 技 術 総 合 開 発 機 構 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 踏 切 道 改 良 促 進 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 社 会 福 祉 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 子 ど も ・ 子 育 て 支 援 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 東 日 本 大 震 災 か ら の 復 興 の た め の 施 策 を 実 施 す る た め に 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 す る 特 別 措 置 法 及 び 財 政 運 営 に 必 要 な 財 源 の 確 保 を 図 る た め の 公 債 の 発 行 の 特 例 に 関 す る 法 律 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 国 会 議 員 の 選 挙 等 の 執 行 経 費 の 基 準 に 関 す る 法 律 及 び 公 職 選 挙 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 独 立 行 政 法 人 環 境 再 生 保 全 機 構 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 戦 傷 病 者 等 の 妻 に 対 す る 特 別 給 付 金 支 給 法 及 び 戦 没 者 等 の 妻 に 対 す る 特 別 給 付 金 支 給 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 地 域 再 生 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 サ イ バ ー セ キ ュ リ テ ィ 基 本 法 及 び 情 報 処 理 の 促 進 に 関 す る 法 律 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 法 及 び 特 定 通 信 ・ 放 送 開 発 事 業 実 施 円 滑 化 法 の 一 部 を 改 正 す る 等 の 法 律 ポ リ 塩 化 ビ フ ェ ニ ル 廃 棄 物 の 適 正 な 処 理 の 推 進 に 関 す る 特 別 措 置 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 法 律 番 号 順 ) 公 布 年 月 日 番 号 提 出 年 月 日 ( 先 議 院 ) 4 ( 衆 ) H28. 126 1 H28. 1. ( 衆 ) 126 2 ( 衆 ) 126 4 ( 衆 ) 126 5 1. 4 ( 衆 ) 126 6 1. 4 ( 衆 ) 126 7 1. 4 9 ( 衆 ) 3.30 10 2. ( 衆 ) ( 衆 ) 5 ( 衆 ) 2. ( 衆 ) 2. 9 ( 衆 ) 129 ( 衆 ) 126 2. 2 ( 衆 ) ( 189 衆 ) H27. 4 ・ 3 ( 衆 ) H28. 2. 9 ( 衆 ) 1.22 3.31 3.31 3.31 3.31 3.31 3.31 っ 0 4 一 0 《 0 / 8 1 ー 人 11 1 一 1 1 亠 1 人 3.31 3.31 3.31 3.31 11 ワ 3 1 ワ ワ 朝 ワ 3 ( 衆 ) 2. 9 ( 衆 ) ( 衆 ) 129 2. 5 ( 衆 ) 2. 2 ( 衆 ) ( 衆 ) 3. 1 ( 衆 ) 2.12 24 4.11 26 28 4.13 4.15 420 422 427 34 [ Jurist ] October 2016 / Number 1498 98

マンガ法律の抜け穴8


マ し ガ 法 律 の 抜 け 穴 ⑧ 2000 年 2 月 29 日 2002 年 2 月 20 日 発 行 所 初 版 第 1 刷 発 行 初 版 第 6 刷 発 行 監 修 原 作 絵 発 行 者 印 刷 所 製 本 所 自 由 国 民 社 小 野 寺 昭 夫 飯 野 た か ら 峰 岸 と お る 沢 本 英 二 郎 福 神 伶 横 井 秀 明 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 新 風 製 本 株 式 会 社 ⑥ 2000 〒 104-0 1 東 京 都 中 央 区 銀 座 4 ー 10 一 6 電 話 ( 販 売 ) 03 ー 3543 ー ー 5541 ( 編 集 ) 03 ー 3543 ー ー 5543 http: 〃 www.jiyu. CO. jP/ 振 替 1 開 - 6-189 開 9 本 書 の 無 断 転 載 を 禁 止 し ま す 。 落 丁 ・ 乱 丁 は あ 取 り 替 え い た し ま す 。

完訳 日本の古典 第三十七巻 方丈記 徒然草


け に き ち る 白 い 粉 に 似 て い る の で 、 の 意 。 侍 が 日 記 に 書 き た り 。 一 四 「 た ん ま れ 」 と 読 ん だ の を 、 た ん ば 「 丹 波 の 」 と 、 な ま っ た も の か 。 あ き つ な 一 五 元 讃 岐 守 藤 原 顕 綱 の 娘 。 堀 川 第 一 八 二 段 天 皇 に 仕 え て 典 侍 と な り 、 後 に 鳥 ( 七 羽 天 皇 に も 仕 え た 。 そ の 『 日 記 』 の 、 し ぞ う の だ い な ご ん た か ち か の き ゃ う カ ら ざ け ま ゐ 天 元 元 年 正 月 一 日 の 条 に 、 「 降 れ 四 条 大 納 言 隆 親 卿 、 乾 鮭 と 言 ふ も の を 、 供 御 に 参 ら せ ら れ た り け る を 、 降 れ 、 こ 雪 と 、 い は け な き 御 け は ひ に て お ほ せ ら る る 聞 ゆ る 」 と あ 「 か く あ や し き 物 、 参 る や う あ ら じ 」 と 、 人 の 申 し け る を 聞 き て 、 大 納 言 、 る の に よ る 。 さ け う を な ん ぞ ふ こ と た か ち か 「 鮭 と い ふ 魚 、 参 ら ぬ 事 に て あ ら ん に こ そ あ れ 。 鮭 の し ら ぼ し 、 何 条 事 か あ ら 一 六 藤 原 隆 親 。 四 条 大 宮 に 邸 が あ っ た 。 暦 仁 元 年 ( 一 一 一 三 0 、 権 大 納 言 。 毛 は ら わ た を 取 っ て 干 し た 鮭 。 ん 、 鮎 の し ら ぼ し は 、 参 ら ぬ か は 」 と 申 さ れ け り 。 穴 塩 を つ け ず そ の ま ま 干 し た 物 。 一 九 何 の さ し つ か え が あ ろ う か 。 ニ 0 「 や ぶ る 」 は 、 傷 つ け る こ と 。 第 一 八 三 段 ニ 一 古 代 国 家 の 刑 罰 に 関 す る 基 本 法 、 『 養 老 律 』 。 さ ん い っ 段 人 突 く 牛 を ば 角 を 切 り 、 人 食 ふ 馬 を ば 耳 を 切 り て 、 そ の し る し と す 。 し る し ◆ 『 律 』 は 、 当 時 す で に 散 佚 し て い -4 8 た の で 、 兼 好 も そ の 逸 文 に 拠 っ た ニ 0 ぬ し と が 第 を つ け ず し て 人 を や ぶ ら せ ぬ る は 、 主 の 咎 な り 。 人 食 ふ 大 を ば 養 ひ 飼 ふ べ か ら も の で あ ろ う 。 『 養 老 律 』 逸 文 に は 、 き ゅ う こ り つ ひ ょ う し き き は ん 第 五 編 「 厩 庫 律 」 の 「 幟 羈 絆 」 の 条 段 り い ま し め 8 に 、 こ の 段 と 同 趣 旨 の 文 が 明 記 さ 。 ず 。 こ れ 皆 咎 あ り 。 律 の 禁 な り 。 第 れ て お り 、 兼 好 は お そ ら く 、 古 代 王 朝 の 正 統 的 な 基 本 法 に 基 づ い て 論 を 進 め た も の ら し い 。 第 一 八 四 段 あ ゆ つ の

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論


法 で 合 法 と な っ て し ま え ば , み . ー ど ん な 不 平 等 も ざ ん こ く 残 酷 な お こ な い も / 」 認 め な け れ ば な ら な い と い う こ と に な る そ れ に は も う ひ と つ の お そ ろ し い 面 も あ る わ よ ね : そ う 7 法 律 上 に 自 身 の 欲 求 を 通 す ぬ け 穴 を 作 ろ う と す る そ し て 法 の 使 い 道 を よ く 知 っ て る 人 間 ほ ど だ か ら 立 憲 主 義 と い う 現 実 に お い て 法 が 自 分 た ち の 生 活 に 関 係 し な い な ん て こ と は あ り え な い