検索 - みる会図書館

全データから 211127件ヒットしました。

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


ミ エ ザ の 深 き 眠 り ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 圄

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


ミ エ ザ の 深 き 眠 り ア レ ク サ ン ド ロ ス イ 云 奇 榛 名 し お り white heart 講 談 社 X 文 庫

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


碧 き 工 1 ゲ の 恩 寵 ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 3

光と影のトラキア アレクサンドロス伝奇4


光 と 影 の ト ラ キ ア ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 団

闇色の魔導士 プラパ・ゼータ5⃣


「 シ ル ヴ ィ ン ! 」 青 く な っ て レ イ ム は 大 声 で 名 を 呼 ん だ 。 シ ル ヴ ィ ン は 反 応 し な い 。 生 き て い る こ と に 間 い は な い 。 外 傷 は な い 。 . だ が 。 ( ま さ か : : : ) 膝 を つ い た レ イ ム は = い 粉 を 散 ら し 、 念 を 凝 ら し て シ ル ヴ ィ ン の 胸 に 右 手 の ひ ら を か ざ し た 。 た し か に シ ル ヴ ィ ン が 生 き て い る こ と は 伝 わ っ て く る 。 問 題 は そ こ に あ る わ け で は な い 。 ひ ょ う が シ ル ヴ ィ ン は 気 を 失 っ た ま ま 、 墜 ち た 。 氷 河 と 万 年 雪 に 閉 ざ さ れ た 谷 底 深 く に 墜 ち た 。 聖 戦 士 と し て 存 在 す る シ ル ヴ ィ ン は 、 こ の 酷 か ら も 守 ら れ る べ き 存 在 で あ る 。 意 識 が な い と い う こ と は 、 眠 っ て い る こ と と 同 じ に な る 。 寒 さ に 耐 え る た め に 、 眠 っ て 過 ご す こ と を 選 ん ま ど う だ 生 き 物 と 、 同 じ 立 場 に あ る 。 眠 り の 魔 道 を 与 え ら れ た 者 と 同 じ よ う に 、 眠 っ て い る の だ 。 レ イ ム 盟 ん だ 。 多 く の 魔 道 士 が 施 し て ま わ 「 て い る 眠 り の 魔 道 、 王 都 で 承 認 を 受 け た 同 門 の 魔 道 士 た ち の 術 な ら ば 、 レ イ ム は 注 意 深 く そ の 奇 跡 を た ど り か え し て 術 を と く こ と が で き る 。 し か し 、 聖 選 に よ る 『 聖 戦 士 の 守 護 の カ 』 に も と づ く 『 眠 り 』 で あ る の な ら 、 レ イ ム に は と て も と く こ と は で き な い 。 圧 力 を 加 え て 目 覚 め さ せ る こ と は で き な い 。 シ ル ヴ ィ ン の 時 間 は 止 ま っ て し ま っ て い る 。 下 手 に こ こ か ら 連 れ 出 せ ば 、 が 絡 む の と 似 た 現 象 を 引 き 起 こ し か ね な い 。 丑 し て き た も の を 斥 す る た め に 、 の 態 勢 に は い 「 て し ま う と 、 今 よ り め ん ど う な こ と に な る 。

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


し ん じ ん ぶ か ジ ャ ッ ク は と て も 信 心 深 い 男 だ 。 子 ど も の こ ろ か ら 朝 起 き た 時 と 夜 眠 る 前 の 祈 り を 欠 か し た こ と は な い 。 食 事 を す る 前 は 必 ず い の 神 に 感 謝 の 祈 り を さ さ げ た 。 フ ァ ス ト フ ー ド 店 で ハ ン バ ー ガ ー を 食 べ る 時 も 、 屋 台 の ホ ッ ト ド ッ グ を 食 べ る 時 も だ 。 せ い し ょ く だ ら な い 本 は 読 ま ず 、 聖 書 を 愛 読 し た 。 な か で も 、 神 が 起 こ し た と い う 奇 跡 の 物 語 に 、 幼 う ば し ジ ャ ッ ク は 心 を 奪 わ れ た 。 神 に 愛 さ れ た 人 間 が ピ ン チ に お ち い っ た 時 、 天 か ら 救 い の 手 が 差 し 伸 べ ら れ る 。 心 か ら 祈 れ き せ き ば 、 石 が パ ン に 変 わ っ た り 、 海 が 真 っ ニ つ に 割 れ て 道 が で き た り 、 そ ん な 奇 跡 が 起 こ る と 本 気 で 信 じ た 。 そ し て ジ ャ ッ ク は 神 さ ま に 愛 さ れ る た め 、 正 し い 生 き 方 を し よ う と 心 が け た 。 家 の 手 伝 い も 奇 跡 は 起 こ る き せ き い の き せ き い の お さ な 108

DIME (ダイム) 2016年 10月号 [雑誌]


0 0 0 0 ③ ④ ⑤ 熱 帯 夜 で も グ ッ ス リ ス リ ー ブ マ ス タ ー が 教 え る 目 室 内 の 湿 度 を 下 げ る 室 内 や ふ と ん の 中 の 湿 度 を 調 整 す る の か 快 眠 へ の 第 一 歩 0 換 気 、 工 ア コ ン の 機 能 を 利 用 し て 吸 湿 性 、 通 気 性 の い い 寝 具 を 使 う 背 中 の 後 ろ に 熱 や 湿 気 が こ も り や す い 。 シ ー ツ や ヘ ッ ド バ ッ ド を 口 測 通 気 性 に 優 れ た も の や 涼 感 素 材 に 入 眠 時 を 涼 し く す る 冷 房 は 入 眠 前 後 の 2 時 間 程 度 に タ イ マ ー を セ ッ ト し て 品 を 下 げ て お く 。 冷 盟 ル ヾ ッ ド で 頭 部 を 冷 や す 工 夫 も 。 40 ℃ 程 度 の ぬ る め の 湯 に つ か る 就 寝 前 に 体 を 温 め る と 眠 り に つ き や す い 。 水 圧 に よ り む く み や す い 部 位 の 血 彳 デ 足 進 も で き て 一 石 ニ 鳥 。 酒 を 飲 み す ぎ な い 酒 類 を 飲 み す ぎ る と 睡 眠 中 も ア ル コ ー 丿 イ 弋 謝 に エ ネ ル ギ ー を 取 ら れ 眠 り の 質 が 低 下 す る 。 適 量 な ら OK 。 夏 の 快 眠 ポ イ ン ト 0 0 0 0 0 0 0 教 え て く れ た 人 / ん の 中 の 湿 度 が 高 い と 汗 を か い 0 て も 蒸 発 し に く い の で 体 の 熱 が け に く く こ も り や す い 肌 に 汗 が 残 っ て 不 快 に 感 じ ま す 」 ( 杉 原 さ ん ) ま た 、 暑 い か ら と タ ン ク ト ッ プ や 裸 で 寝 て い る 人 は 注 意 。 肌 の 露 出 が 多 い と 、 か い た 汗 が 吸 0 収 さ れ ず 、 寝 冷 え や 風 邪 の 原 因 に な る 。 袖 が あ り 、 ス ム ー ズ に 寝 返 り す る こ と が で き る ゆ っ た り サ イ ズ の パ ジ ャ マ を 着 る の が 眠 り の 質 を 上 げ る に は ゆ る 不 調 の 原 因 に な り か ね ま せ 好 ま し い 。 寝 る 前 の 行 動 が 重 要 ん 。 睡 眠 を し つ か り と れ ば 疲 労 「 入 浴 は シ ャ ワ ー だ け と い う 方 か 多 い の で は な い で し よ う か 。 回 復 、 細 胞 の 修 俣 、 脳 の 整 理 、 夏 の 夜 に ぐ っ す り と 眠 る こ と ス ト レ ス 解 消 な ど 多 く の こ と が 夏 場 で も O 前 後 の ぬ る め の 湯 に つ か り 、 体 を 温 め る と 睡 眠 時 の メ リ ッ ト は 大 き い 。 ス ト レ ス 期 待 で き ま す 」 に 加 え 日 中 の 暑 さ で も 体 に 疲 労 と 話 す の は 藜 泉 西 川 の ス リ ー の 体 温 の 放 出 が ス ム ー ズ に な り 、 が た ま り や す く 、 そ れ を 眠 っ て ブ マ ス タ ー 、 杉 原 桃 菜 さ ん 。 疲 れ も と れ ま す 。 寝 る 前 は 軽 い い る 間 に い か に リ セ ッ ト で き る 暑 く 寝 苦 し い 夜 が 続 い て も 、 ス ト レ ッ チ が 効 果 的 。 凝 り 固 ま か が 翌 日 の 体 調 を 左 右 す る 。 寝 る 前 の ち ょ っ と し た 工 夫 で ス っ た 肩 や 背 中 を ほ ぐ し 、 血 行 が 「 不 眠 状 態 だ と 集 中 力 が 低 下 し ム ー ズ に 入 眠 し 、 良 質 な 眠 り を 促 進 さ れ 寝 つ き が よ く な り ま す さ ら に 深 呼 吸 を す る と 、 副 交 感 て 十 分 に パ フ ォ ー マ ン ス が 発 揮 得 る こ と が で き る と い う 。 で き ず 、 ホ ル モ ン バ ラ ン ス が 乱 「 ま ず 、 室 内 の 温 度 だ け で な く 神 経 が 優 位 に な り リ ラ ッ ク ス 効 れ て 食 欲 が な く な る な ど 、 あ ら 湿 度 を 下 げ る こ と 。 寝 室 や ふ と 果 も 得 ら れ ま す 」 ( 杉 原 さ ん ) 0 0 0 6 東 京 西 川 日 本 睡 眠 科 学 研 究 所 認 定 ス リ ー ブ マ ス タ ー 杉 原 桃 菜 さ ん 眠 り の ア ト バ イ サ ー と し て 、 眠 り の メ カ ニ ス ム に 関 ず る セ ミ ナ ー な ど の 講 演 を 行 な う 。 寝 具 選 び や ↑ 丸 商 な 睡 眠 環 境 ・ づ く り の ア ド バ イ ・ ス も 好 評 。 連 日 の 熱 帯 夜 の せ い で 朝 起 き る と ぐ っ た り 。 そ ん な 悩 み を 解 消 す る 秘 訣 を 眠 り の プ ロ か ら 伝 授 い た だ い た 。 快 眠 に よ る カ ラ ダ マ ネ ジ メ ン ト で 翌 日 の パ フ ォ ー マ ン ス も ア ッ プ す る は ず ー 田 M い 66 OCTOBER 2016

新潮【第百十三巻第十一号】


第 に 無 気 力 と 被 害 妄 想 が は び こ る よ う に な っ た 。 元 々 、 安 眠 送 ら れ る こ と に よ っ て 、 眠 り な が ら 、 別 の 現 実 を 生 き る 仕 組 カ プ セ ル は 不 眠 症 対 策 と し て 、 シ ェ ル タ ー の 設 備 工 事 の 段 階 な ん だ 。 か ら 用 意 さ れ て い た ら し く 、 当 初 か ら シ ェ ル タ ー 収 容 者 を 冬 た だ 長 い 夢 を 見 て い た だ け じ ゃ な い ん で す か ? 眠 さ せ る 計 画 は あ っ た の だ 。 冬 眠 に 応 じ る 者 に は 様 々 な メ リ 人 生 は 一 炊 の 夢 と も い う 。 ひ ょ っ と す る と 、 自 分 の 人 生 ッ ト が 与 え ら れ た 。 第 一 に ワ ク チ ン 投 与 の 優 先 権 が 与 え ら れ も 誰 か が 見 て い る 夢 に 過 ぎ な い の か も し れ な い し 、 誰 か が プ る 。 多 く は そ れ に 誘 惑 さ れ た が 、 タ イ ム ト ラ ベ ル そ っ く り の レ イ し て い る ゲ ー ム に 過 ぎ な い の か も し れ な い 。 体 験 が で き る と も い わ れ 、 卯 木 は そ ち ら の 方 に 好 奇 心 を 駆 り 誰 が 見 て い る 夢 で す か ? 誰 が プ レ イ し て い る ゲ ー ム で 立 て ら れ た と い う 。 す か ? 人 は 過 去 を 回 想 す る 動 物 だ と い わ れ て い る 。 時 々 、 自 分 ー ー 神 。 あ る い は 神 的 な る 者 。 の 記 憶 の 引 き 出 し か ら 、 た お や か な 思 い 出 や 笑 い 話 を 引 っ 張 勘 弁 し て く だ さ い よ 。 り 出 し て き て は 、 時 間 を つ ぶ す 。 そ れ を 夢 の 中 で や る の に 似 君 も 同 じ 体 験 を し て み れ ば 、 私 の い っ て い る こ と が わ か る よ 。 て い る 。 眠 り は 深 く て 長 い が 、 時 々 、 レ ム 睡 眠 状 態 に な る 。 だ が 、 冬 眠 の 場 合 は 夢 か ら 覚 め る こ と が な く 、 し か も 、 そ の 卯 木 は そ う い う が 、 ほ か の 三 人 は ど う な の か ? 少 な く と 夢 は か な り リ ア ル な も の で 、 そ れ こ そ タ イ ム ト ラ ベ ル を し も 二 人 の 女 性 、 生 命 科 学 者 の 山 本 と 脳 神 経 外 科 医 の 清 水 は 卯 て 、 過 去 の 自 分 や 死 者 に 会 っ て く る よ う な 感 覚 な ん だ 。 幻 覚 木 の 立 場 と 似 て い た 。 剤 で ト リ ッ プ す る 感 覚 と も 似 て い る 。 自 分 の 脳 内 分 泌 物 で 自 た だ 夢 を 見 て い た だ け と い わ れ れ ば 、 そ の 通 り か も し れ 分 を 楽 し ま せ る シ ス テ ム と い っ て も い い 。 こ れ は 一 度 経 験 す な い け ど 、 そ の 夢 を 延 々 と 見 続 け て い れ ば 、 脳 は そ れ を 現 実 る と 、 病 み つ き に な る 。 と し て 受 け 容 れ る こ と に な る ん じ ゃ な い か し ら 。 ま た 冬 眠 状 態 に 戻 り た い ? 冬 眠 の メ リ ッ ト は ほ か に も あ る 。 脳 は そ の 潜 在 能 力 の 十 正 直 、 戻 り た い 気 持 ち が 六 十 。 ハ ー セ ン ト 、 目 覚 め て よ か 。 ハ ー セ ン ト し か 活 用 し て い な い と い う で し よ 。 つ ま り 、 覚 醒 っ た と い う 気 持 ち が 四 十 。 ハ ー セ ン ト だ な 。 状 態 で い て も 、 脳 の 九 十 。 ハ ー セ ン ト は 眠 っ て い る 状 態 な の ぼ く も 二 週 間 、 冬 眠 さ せ ら れ て い ま し た が 、 そ ん な 経 験 よ 。 と こ ろ が 、 冬 眠 す る と 、 普 段 は 使 わ れ て い な い 脳 の 領 域 は し ま せ ん で し た 。 が 働 き 出 す の で 、 覚 醒 し て い る 時 よ り も 脳 は 活 発 に 働 い て い 明 る こ と に な る 。 シ ス テ ム と 回 路 が つ な が っ て い な か っ た ん だ ろ う 。 頭 に 埋 め ら れ た マ イ ク ロ チ ッ プ を 通 じ て 、 脳 神 経 に 磁 気 。 ハ ル ス が そ う 、 目 覚 め て い れ ば 、 食 事 だ と か 、 身 だ し な み だ と

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


ミ エ ザ の 深 き 眠 り 369 攻 に は 巨 大 な 軍 船 が 不 可 欠 だ 。 そ の ト ラ キ ア の 地 を 、 サ ラ は 二 年 ぶ り に 踏 み し め て い た 。 だ が サ ラ に 別 れ を 告 げ た と き 、 ア レ ク サ ン ド ロ ス は サ ラ が こ れ か ら ど こ に 行 く の か 、 あ え て た ず ね よ う と は し な か っ た 。 彼 は サ ラ が ト ラ キ ア に い る こ と を ま っ た く 知 ら ず に い る 。 こ の こ と が 、 サ ラ と ア レ ク サ ン ド ロ ス 、 そ し て リ ュ シ ア ス の 間 に 、 新 た な 悲 劇 を 呼 ぶ こ と に な る 。 そ し て マ ケ ド ニ ア は 今 、 ギ リ シ ア 本 土 を 押 さ え る た め 、 い よ い よ ア テ ネ 、 テ ー べ を 相 手 に 最 後 の 決 戦 の と き を 迎 え よ う と し て い た 。 歴 史 に 名 高 い カ イ ロ ネ イ ア の 死 闘 が 、 若 き ア レ ク サ ン ド ロ ス を 待 っ て い た の で あ る 。 ロ マ ン ス 「 ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 」 に 続 く

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


榛 名 し お り ( は る な ・ し お り ) 神 奈 川 県 平 塚 市 在 化 作 品 に 「 マ リ ア 』 ( 第 3 回 ホ ワ イ ト ハ ー ト 大 賞 佳 作 受 賞 ) 『 王 女 リ ー ズ 』 「 プ ロ ア 物 語 』 。 『 テ ュ ロ ス の 聖 母 』 「 ミ エ ザ の 深 き 眠 り 』 「 碧 き ェ ー ゲ の 恩 む と つ つ ・ く 初 め て の シ リ ー ズ 連 作 、 、 ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 〃 か 絶 好 調 で あ る 。 N. D ℃ .913 378P 15cm デ サ イ ン 一 山 口 馨 講 談 社 X 文 庫 ロ マ ン ス ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 3 white heart あ お お ん ち ょ う 碧 き ェ ー ゲ の 恩 寵 榛 名 し お り 円 98 年 9 月 5 日 第 一 刷 発 行 は る な 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 カ バ ー 印 刷 ー 双 美 印 刷 株 式 会 社 加 藤 製 本 株 式 会 社 本 文 印 刷 ー 豊 国 印 刷 株 式 会 社 製 作 部 03 ー 5395 ー 3615 販 売 部 03 ー 5395 ー 3626 電 話 編 集 部 03 ー 5395 ー 3507 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 12 ー 21 〒 112 ー 8001 発 行 所 - ー ー 株 式 会 社 講 談 社 発 行 者 一 一 野 間 佐 和 子 製 本 合 わ せ は 文 芸 局 文 芸 図 書 第 四 出 版 部 あ て に お 願 い い た し ま す 。 小 社 負 担 に て お 取 り 替 え し ま す 。 な お , こ の 本 に つ い て の お 問 い 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は , 小 社 書 籍 製 作 部 あ て に お 送 り く だ さ い 。 送 料 禁 し ら れ て い ま す 。 本 書 の 無 断 複 写 ( コ ピ ー ) は 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 、 ◎ 榛 名 し お り 1998 Printed in Japan I S B N 4 - 0 6 - 2 5 5 3 71 - 6 ( 文 4 )