検索 - みる会図書館

検索対象: ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣から 373件ヒットしました。

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


ミ エ ザ の 深 き 眠 り ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 圄

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


ミ エ ザ の 深 き 眠 り ア レ ク サ ン ド ロ ス イ 云 奇 榛 名 し お り white heart 講 談 社 X 文 庫

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


ミ エ ザ の 深 き 眠 り 369 攻 に は 巨 大 な 軍 船 が 不 可 欠 だ 。 そ の ト ラ キ ア の 地 を 、 サ ラ は 二 年 ぶ り に 踏 み し め て い た 。 だ が サ ラ に 別 れ を 告 げ た と き 、 ア レ ク サ ン ド ロ ス は サ ラ が こ れ か ら ど こ に 行 く の か 、 あ え て た ず ね よ う と は し な か っ た 。 彼 は サ ラ が ト ラ キ ア に い る こ と を ま っ た く 知 ら ず に い る 。 こ の こ と が 、 サ ラ と ア レ ク サ ン ド ロ ス 、 そ し て リ ュ シ ア ス の 間 に 、 新 た な 悲 劇 を 呼 ぶ こ と に な る 。 そ し て マ ケ ド ニ ア は 今 、 ギ リ シ ア 本 土 を 押 さ え る た め 、 い よ い よ ア テ ネ 、 テ ー べ を 相 手 に 最 後 の 決 戦 の と き を 迎 え よ う と し て い た 。 歴 史 に 名 高 い カ イ ロ ネ イ ア の 死 闘 が 、 若 き ア レ ク サ ン ド ロ ス を 待 っ て い た の で あ る 。 ロ マ ン ス 「 ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 」 に 続 く

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


ホ ワ イ ト ハ ー ト 最 新 刊 ミ エ ザ の 架 き 眠 り ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 2 榛 名 し お り ・ イ ラ ス ト / 池 上 沙 京 辺 境 マ ケ ド ニ ア の 王 子 ア レ ク ス 、 聖 母 に 出 会 う ! ノ ヾ ニ ー ・ ボ ー イ 終 わ ら な い 週 末 有 馬 さ つ き ・ イ ラ ス ト / 藤 崎 理 子 ニ 人 で い ら れ れ ば 、 ほ か に 何 も い ら な い ! ! 封 印 さ れ た 夢 霊 鬼 綺 談 小 早 川 恵 美 ・ イ ラ ス ト / 四 位 広 猫 夜 ご と 、 闇 の 底 に 恐 怖 が 目 覚 め る ! 高 雅 に し て 感 傷 的 な レ ッ 仙 道 は る か ・ イ ラ ス ト / 沢 路 き え あ ん た と 俺 は 、 住 む 世 界 が 違 う ん だ よ 。 ホ ワ イ ト ハ ー ト ・ 来 月 の 予 定 ※ 予 定 の 作 家 、 書 名 は 変 更 に な る 場 合 が あ り ま す 。 幻 月 奇 談 黄 昏 に 鬼 が 囁 ぐ 海 の 存 キ ス を も う 一 度 ・ ・ ・ ・ 椹 野 道 流 ・ 新 田 一 実 ・ ・ 岡 野 麻 里 安 ・ 和 泉 桂

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


N. D. C. 913 378P 15cm デ サ イ ン 一 山 口 馨 神 奈 川 県 平 塚 市 在 住 。 榛 名 し お り ( は る な ・ し お り ) 佳 作 受 賞 ) 『 王 女 リ ー ズ 』 「 プ ロ ア 物 語 」 「 テ ュ 作 品 に 「 マ リ ア 』 ( 第 3 回 ホ ワ イ ト ハ ー ト 大 賞 ロ ス の 聖 母 』 が あ る 。 講 談 社 X 文 庫 ロ マ ン ス ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 white heart ふ か ね む ミ エ ザ の 深 き 眠 り は る な 榛 名 し お り 円 98 年 6 月 5 日 第 一 刷 発 行 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 カ バ ー 印 刷 ー 双 美 印 刷 株 式 会 社 株 式 会 社 大 進 堂 本 文 印 刷 ー 豊 国 印 刷 株 式 会 社 製 作 部 03 ー 5395 ー 3615 販 売 部 03 ー 5395-3626 電 話 編 集 部 03-5395 ー 3507 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 12 ー 21 〒 112 ー 8001 発 行 所 ー ー 株 式 会 社 講 談 社 発 行 者 一 一 野 間 佐 和 子 製 本 合 わ せ は 文 芸 局 文 芸 図 書 第 四 出 版 部 あ て に お 願 い い た し ま す 。 小 社 負 担 に て お 取 り 替 え し ま す 。 な お , こ の 本 に つ い て の お 間 い 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は , 小 社 書 籍 製 作 部 あ て に お 送 り く だ さ い 。 送 料 禁 じ ら れ て い ま す 。 本 書 の 無 断 複 写 ( コ ピ ー ) は 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 、 ⑥ 榛 名 し お り 1998 Printed in Japan I S B N 4 - 0 6 - 2 5 5 3 5 7 ー O ( 文 4 )

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


297 き っ き た く な る 気 持 ち を 、 サ ラ は 懸 命 に こ ら え た 。 リ ュ シ ア ス の 温 か い 羽 の 下 に 潜 り こ ん で し ま え ば 、 ゝ し つ ま で た っ て も 答 え は 見 い だ せ な サ ラ は ル デ ト の 手 当 て を 自 分 か ら す す ん で 手 伝 っ た 。 「 か す り 傷 で す 」 か ま う な と 言 わ ん ば か り に 、 彼 は 自 分 で 手 当 て を ほ と ん ど す ま そ う と し て い た 。 だ が 、 し ろ う と サ ラ の 素 人 目 に も 、 傷 は か な り 深 い も の に 見 え る 。 ほ こ さ び 自 決 し た 男 と は 主 義 こ そ 違 っ て も 、 彼 も ま た 誇 り 高 く 寂 し い ト ラ キ ア の 男 だ っ た 。 自 分 じ ゅ ん ふ ち の 信 念 を 曲 げ る こ と が で き ず に 、 こ と あ ら ば 孤 高 の 淵 に 立 っ て 殉 じ る 覚 悟 だ ろ う か 。 ひ ざ サ ラ は 細 く 裂 い た 布 を ル デ ト の 手 か ら 取 り 上 げ る と 、 す ぐ そ ば に 膝 を つ き 、 薄 布 を 当 て た 傷 口 を 大 切 に 包 む よ う に 、 そ っ と 巻 き つ け て い っ た 。 す る と 、 ル デ ト が は っ と サ ラ を 見 た 。 眠 ひ と み サ ラ は 手 を 止 め 、 瞳 を 上 げ た 。 深 の 「 ご め ん 、 き っ か っ た ? 」 工 「 い や : : : そ の 巻 き 方 を さ れ る と は 思 わ な か っ た の で : : : 」 と 何 気 な く 話 し て い る が 、 こ れ ほ ど の 傷 を 受 け て 表 情 も 変 え ず に 話 が で き る ル デ ト の 精 神 力 は た い し た も の だ と サ ラ は 思 っ た 。

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


ミ エ ザ の 深 き 眠 り き る の か 。 と て も で き な い と 思 え ば こ そ 、 誰 も 何 が あ っ た か 、 す す ん で 自 分 に 話 そ う と し な い の で は な い か 。

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


「 そ う か 。 移 り 住 ん だ の か 。 じ ゃ あ 、 そ の 前 は ど こ に ? 」 し よ う こ 性 懲 り も な く た ず ね た の は 、 し つ こ い か ら で は な く 育 ち の よ さ が そ う さ せ る の だ ろ う 。 む じ や き ま っ た く 、 無 邪 気 な ま で の 好 奇 心 だ っ た 。 サ ラ は 思 わ ず 苦 笑 し な が ら さ ば さ ば と 言 っ 「 知 ら な い よ 。 売 ら れ て き た ん だ 」 ア レ ク ス は 驚 い た 。 ど れ い ( こ の 娘 、 や は り 奴 隷 だ っ た の か ) ひ と み だ が こ の ま っ す ぐ な 瞳 は ど う だ ろ う 。 ア レ ク ス は ま す ま す こ の 少 女 に 興 味 を ひ か れ て 問 い 続 け た 。 「 売 ら れ て き た っ て 、 自 分 の 生 ま れ た 国 の こ と く ら い 覚 え て い る だ ろ う 。 ど こ の 出 だ 」 サ ラ は 肩 を す く め た 。 い く さ 「 そ れ が 、 戦 で 記 憶 を な く し て : : : 」 眠 「 ん ? 生 ま れ 育 っ た 場 所 も 覚 え て い な い の か 。 家 族 の こ と も ? 」 深 の う ん 、 と サ ラ は 困 っ た よ う に う な ず い た 。 ェ ア レ ク ス が 思 わ ず 一 一 一 一 口 葉 を な く す と 、 す か さ ず 横 か ら ル デ ト が こ の 会 話 を 中 断 さ せ る た め に 口 を は さ ん で き た 。 「 殿 下 、 馬 の ご 用 意 が で き ま し た 」

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


だ が 、 当 の リ ュ シ ア ス に は 、 こ う し た 動 き の す べ て が わ ず ら わ し い マ ケ ド ニ ア に と っ て 、 ま っ た く 無 用 の 混 乱 だ っ た 。 王 妃 の こ と は さ て お き 、 リ ュ シ ア ス が 王 位 を 狙 う つ も り は な か っ た し 、 こ れ が 逆 の 立 場 で も 、 ま ず 自 分 の 娘 は 連 れ て こ な い 。 ( リ ュ シ ア ス 夫 人 が 以 前 ど ん な 目 に あ っ た か を 、 皆 、 た っ た 二 年 で き れ い に 忘 れ た と み え る そ ん な あ る 日 の こ と 。 サ ラ は 、 リ ュ シ ア ス が 王 宮 か ら の 使 者 と の 別 れ 際 、 陛 下 に よ ろ し く お 伝 え く だ さ い 、 と 言 う の を 聞 い て 、 ふ と 不 思 議 に 思 っ た 。 部 屋 に は 片 付 け 物 を し て い た 乳 母 や も い た が 、 リ ュ シ ア ス が 戻 っ て き て 、 ご ろ り と 長 椅 子 に 寝 転 ぶ な り サ ラ は た ず ね た 。 「 お 父 さ ん な ん で し よ う ? 「 ん ? 」 眠 「 な ん で お 父 さ ん っ て 呼 ば な い で 、 陛 下 っ て 呼 ぶ の ? 」 深 の こ の 素 朴 な 質 問 に は 、 リ ュ シ ア ス も ち ょ っ と 虚 を つ か れ た 。 エ サ ラ は ち ょ っ と た め ら い が ち に た ず ね て み た 。 し い ? リ ュ シ ア ス は マ ケ ド ニ ア 「 ね え 、 も う ひ と つ よ く わ か ら な い ん だ け ど 、 き い て も ゝ の 王 様 の 息 子 だ か ら 、 次 の 王 様 に な ろ う と 思 え ば な れ る ん で し よ う ? 」 ね ら

ミエザの深き眠り アレクサンドロス伝奇2⃣


231 ミ エ ザ の 深 き 眠 り で き な い リ ュ シ ア ス の 顔 に は 、 こ れ は 自 分 と オ リ ム ピ ア ス と の 問 題 で あ っ て 、 異 母 弟 の お 前 に は い っ さ い 関 係 が な い 、 と 書 か れ て い た 。 ( な ら ば 、 自 分 で 死 ぬ し か な い か : : : )