検索 - みる会図書館

検索対象: 光と影のトラキア アレクサンドロス伝奇4

光と影のトラキア アレクサンドロス伝奇4から 360件ヒットしました。

光と影のトラキア アレクサンドロス伝奇4


光 と 影 の ト ラ キ ア ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 団

光と影のトラキア アレクサンドロス伝奇4


N. D ℃ .913 366P 15cm 榛 名 し お り ( は る な ・ し お り ) 神 奈 川 県 平 塚 市 在 化 作 品 に 「 マ リ ア 』 ( 第 3 回 ホ ワ イ ト ハ ー ト 大 賞 佳 作 受 賞 ) 「 王 女 リ ー ズ 』 「 プ ロ ア 物 語 』 。 「 テ ュ ロ ス の 聖 母 』 「 ミ エ ザ の 深 き 眠 り 』 「 碧 き 工 ー ゲ の 恩 「 光 と 影 の ト ラ キ ア 』 と つ づ く 、 、 ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 〃 シ リ ー ズ カ 辭 色 好 調 で あ る 。 デ ザ イ ン 一 山 口 馨 講 談 社 X 文 庫 ロ マ ン ス wh i te heart ひ か り か げ 光 と 影 の ト ラ キ ア は る な 榛 名 し お り ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 固 円 99 年 2 月 5 日 第 一 刷 発 行 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 カ バ ー 印 刷 ー 双 美 印 刷 株 式 会 社 株 式 会 社 大 進 堂 本 文 印 刷 ー 豊 国 印 刷 株 式 会 社 製 作 部 03 ー 5395 ー 3615 販 売 部 03 ー 5395 ー 3626 電 話 編 集 部 03 ー 5395 ー 3507 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 12 ー 21 〒 112-8001 発 行 所 ー - 株 式 会 社 講 談 社 発 行 者 一 一 野 間 佐 和 子 製 本 合 わ せ は 文 芸 局 文 芸 図 書 第 四 出 版 部 あ て に お 願 い い た し ま す 。 小 社 負 担 に て お 取 り 替 え し ま す 。 な お , こ の 本 に つ い て の お 問 い 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は , 小 社 書 籍 製 作 部 あ て に お 送 り く だ さ い 。 送 科 禁 じ ら れ て い ま す 。 本 書 の 無 断 複 写 ( コ ピ ー ) は 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 、 ⑥ 榛 名 し お り 1999 Printed in Japan I S B N 4 -0 6 - 2 5 5 5 9 0 - 2 ( 文 4 )

光と影のトラキア アレクサンドロス伝奇4


閉 じ た 。 ( 小 さ な 泣 き 虫 フ ィ エ ー ラ が 、 不 思 議 な 女 性 に な っ た も の だ な ) ル デ ト の 体 が 、 少 し 休 ま せ て く れ と 言 っ て い る 。 い っ か ら そ ん な 泣 き 一 言 を 言 っ て い た の だ ろ う 。 「 フ ィ エ ー ラ 」 「 何 ? 」 「 ー ー ー フ ェ ニ キ ア の 神 話 を 知 っ て い る か 」 「 神 話 ? 「 あ あ ー ー タ ニ ト の 伝 説 だ 。 処 女 神 タ ニ ト は 、 フ ェ ニ キ ア 神 話 の 聖 母 ー ー ー 聖 な る 母 で 、 別 の 名 を ー ー ー 言 葉 が 途 切 れ た 。 「 別 の 名 を ? サ ラ は ル デ ト の 端 正 な 顔 立 ち を の ぞ き こ ん だ 。 ル デ ト は 、 泥 の よ う な 眠 り に 引 き ず り こ ま れ て い た 。 そ の 夜 お か し な も の で 、 普 段 夢 な ど 見 た こ と が な い ル デ ト が 、 サ ラ の ひ ざ の 上 で フ ェ ニ

光と影のトラキア アレクサンドロス伝奇4


318 思 え ば 、 マ テ ィ ア が 奇 跡 的 に 生 き 延 び て か ら 、 ほ ば 三 年 に な る 。 ふ か で ど れ い 放 置 し て お け ば 命 を お と す 深 傷 を 奴 隷 商 人 が 手 当 て し た と こ ろ 、 強 靱 な 体 力 も 助 け て 、 一 命 を と り と め た の だ 。 も っ と も 、 マ テ ィ ア の 意 識 が 完 全 に は っ き り し た の は 、 ト ラ キ ア の 戦 場 と な っ た 森 で 深 く さ り 傷 を 負 っ た 日 か ら 半 月 以 上 も た っ た あ と の こ と だ っ た 。 す で に 鎖 で つ な が れ 、 奴 隷 を 売 り さ ば き な が ら 航 海 を 続 け る 奴 隷 船 の 船 倉 深 く に 放 り 込 ま れ て い た 。 逃 げ る す べ は な か っ ち さ び 自 分 の 手 足 に は め ら れ た 血 錆 の つ い た 鎖 を じ っ と 見 つ め な が ら 、 マ テ ィ ア は し だ い に 残 酷 な 記 憶 を 思 い 起 こ し て い っ た 。 結 局 、 何 日 そ の 船 倉 に い た の か 見 当 も っ か な い 。 ハ リ カ ル ナ ッ ソ ス の 港 で お ろ さ れ た と き は 、 南 国 の 日 差 し に 目 が 眩 ん で ろ く に 歩 け な ゆ が ナ ー ザ ニ ン は 唇 を か ん で 悔 し げ に 炎 を 見 つ め て い る 。 突 然 、 「 つ つ 」 と 顔 を 歪 め た 。 唇 に 触 れ る と 、 細 い 指 先 に 血 が つ い た 。 「 く そ 」 見 て い た マ テ ィ ア に 、 遠 い 屈 辱 の 記 憶 を 思 い 起 こ さ せ た 。 き よ う じ ん く ら

光と影のトラキア アレクサンドロス伝奇4


ホ ワ イ ト ハ ー ト 最 新 刊 光 と 影 の ト ラ キ ア ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 団 榛 名 し お り ・ イ ラ ス ト / 池 上 沙 京 ア レ ク ス 、 ハ ミ ル と 出 会 う ー ー 戦 乱 の 予 感 。 裏 切 り の 聖 女 足 の な い 獅 子 駒 崎 イ 憂 ・ イ ラ ス ト / 岩 崎 美 奈 子 中 世 英 国 、 ニ 人 の 騎 士 見 習 い の 冒 険 譚 ! も っ と ず っ と そ ば に い て 新 堂 奈 槻 ・ イ ラ ス ト / 麻 々 原 絵 里 依 学 園 ー の 美 少 年 を 踏 み に じ る は ず が ・ ・ 魔 界 門 の 羅 刹 電 影 戦 流 星 香 ・ イ ラ ス ト / 片 山 愁 少 年 た ち の 電 脳 ア ド ベ ン チ ャ H 断 撃 の 最 終 巻 夢 幻 調 伏 斎 姫 異 聞 宮 乃 崎 桜 子 ・ イ ラ ス ト / 浅 見 侑 夢 魔 の 見 せ る 悪 夢 に 引 き 裂 か れ る 宮 と 義 明 。 ホ ワ イ ト 八 一 ト ・ 来 月 の 予 定 ベ ビ イ フ ェ イ ス ・ ・ こ の 貧 し き 地 上 に Ⅱ ・ ・ ・ 有 馬 さ つ き ・ ・ 篠 田 真 由 美 シ ー ク レ ッ ト ・ ダ ン ジ ョ ン ・ ・ ・ ・ ・ ・ 仙 道 は る か 堕 落 天 使 ・ ・ ・ 星 野 ケ イ ※ 予 定 の 作 家 、 書 名 は 変 更 に な る 場 合 が あ り ま す 。

光と影のトラキア アレクサンドロス伝奇4


228 た た 同 じ こ ろ 、 眠 り に つ き か け て い た ア レ ク ス は 、 側 近 に 叩 き 起 こ さ れ た 。 ル デ ト が 現 れ 、 フ ィ リ ッ ポ ス 二 世 に 至 急 の 話 が あ る と い う 。 ( 族 頭 の 集 ま り で 何 か あ っ た か な ) ま ず 自 分 が 会 っ て み た 。 「 反 応 は ど う だ 」 「 上 々 で す 。 が ー ー 先 ほ ど ま で 交 渉 の 席 に 着 い て い た ハ ト ウ ー 族 の 頭 で あ る 老 将 軍 が 今 タ 急 逝 し た と ル デ ト に 聞 い て 、 さ す が に ア レ ク ス は 顔 色 を 変 え た 。 「 そ う か ー ー 精 も 根 も 使 い 果 た さ れ た と い う 感 じ だ っ た が 、 そ れ に し て も う わ さ 「 安 ら か な ご 最 期 で し た 。 シ ャ ム ペ 1 ラ が 不 用 意 な 噂 を 耳 に さ れ る 前 に 、 ま ず 私 ど も の ロ か ら 伝 え て さ し あ げ た い 」 も っ と も な 話 だ と ア レ ク ス は 思 っ た 。 ト ラ キ ア の 誰 か の 一 一 一 一 口 葉 で な け れ ば 、 信 じ ら れ な い か も し れ な い 。 そ れ に 、 自 分 が 生 け 捕 っ た ば か り に 彼 女 を 政 治 的 な 道 具 に お と し め 、 父 王 の 寝 室 に 送 っ て し ま っ た こ と が ひ っ か か っ て い る 。 き ゅ う せ い

光と影のトラキア アレクサンドロス伝奇4


363 あ と が き ご ざ い ま す 。 あ な た あ っ て の ハ ル ナ で す 。 で は 九 九 年 初 夏 の こ ろ 、 『 ア レ ク サ ン ド ロ ス う れ ロ マ ン ス 伝 奇 』 で ま た お あ い で き れ ば 嬉 し い で す 。 も う 一 つ 、 ご 報 告 。 榛 名 し お り の 私 設 フ ァ ン ク ラ ブ ( と 略 し ま す ) を 設 立 し た い と 熱 心 に い っ て く れ た お 二 方 の 連 絡 先 を 、 紹 介 さ せ て も ら い ま す 。 、 樽 市 稲 穂 5 の 23 の 9 嶋 崎 様 方 「 」 係 一 ー ー ー ・ 00 っ ワ 朝 一 ~ 【 【 . ー ー 000 ワ 0 神 戸 市 垂 水 区 小 束 山 7 の 7 の 3 和 田 様 方 「 ßæ(-•) 」 係 し い 活 動 内 容 に 興 味 を も た れ た 方 は 、 ど ち ら の の 場 合 も 、 円 切 手 を は っ た 返 信 用 の 長 4 サ イ ズ 封 筒 同 封 で 、 案 内 書 を 請 求 し て く だ さ い 、 と の こ と で す 。 ハ ル ナ 自 身 も 会 報 を 読 ま せ て も ら っ た り 、 投 稿 さ せ て も ら う の を 楽 し み に し て い る 一 人 で す 。 お 互 い ル 1 ル を 守 り な が ら 、 わ い わ い 陽 気 に や り ま し よ う 。

光と影のトラキア アレクサンドロス伝奇4


ア レ ク ス は 足 元 の 軟 ら か い 地 面 の 上 に こ の あ た り の 簡 単 な 地 形 図 を 描 い て み せ 、 こ の 名 ち ょ う ほ う 称 を 、 指 揮 官 た ち ゃ 諜 報 活 動 を し て い る 部 隊 に 徹 底 さ せ た 。 む ろ ん 、 彼 が 実 際 に 馬 を 走 ら せ 、 そ の 目 で 見 て と ら え た 正 確 な 地 勢 図 で あ る 。 そ の 名 称 に よ れ ば 、 マ ケ ド ニ ア 軍 が 布 陣 し た の は 三 の 沢 と 四 の 沢 の 間 に わ ず か に 開 け た 盆 地 で あ り 、 そ の 先 の 湿 地 帯 で 三 の 沢 と 四 の 沢 は 合 流 す る 。 ト ラ キ ア 軍 が 陣 取 っ て い た の は 、 二 の 沢 か ら 三 の 沢 に か け て の 一 番 小 高 い 丘 陵 地 帯 で あ り 、 少 し 奥 に 踏 み 入 る と 、 た ち ま ち 深 い 森 林 地 帯 に 変 わ る 場 所 だ 。 森 の 神 は 、 ト ラ キ ア の 勇 士 を 守 る と い う 伝 説 が ト ラ キ ア に あ る 。 ア ト ラ キ ア 軍 は こ の 森 林 地 帯 に マ ケ ド ニ ア 軍 を 引 き 込 ん で 散 開 戦 に も ち こ み た い し 、 マ ケ キ ド ニ ア 軍 は ト ラ キ ア 軍 を 平 地 に 引 き ず り だ し 、 得 意 の 密 集 戦 で い ど み た い 。 小 競 り 合 い は 三 の 沢 を 挟 ん で 、 し ば ら く 慎 重 に 一 進 一 退 し た 。 ( 勝 機 が 見 え て も 、 決 し て 深 追 い し て は な ら ぬ ) そ の こ と を 、 ど ち ら も 心 に 痛 い ほ ど 念 じ て い る 。 た ち ア レ ク ス は 当 然 の ご と く 軍 の 先 頭 に 立 っ て 太 刀 を ふ る っ た 。

光と影のトラキア アレクサンドロス伝奇4


う や く や っ て き た 。 目 も あ や な 錦 が か け ら れ て い て 、 行 列 の ち ょ う ど 中 ほ ど に あ た る 。 ハ ミ ル の 目 の 前 を し ず し ず と 通 り 過 ぎ て い く 。 そ の 時 ち ょ う ど 、 求 め て い た 答 え が 返 っ て き た 。 サ ト ラ ッ プ 「 亡 く な ら れ た の は 、 州 長 官 の 娘 の ナ ー ザ ニ ン さ ま だ そ う だ 」 ハ ミ ル は 息 を の ん だ 。 一 瞬 、 か ら か わ れ て い る の か と 思 っ た 。 が 、 男 は ご く 神 妙 な 顔 を し て い る 。 「 ま さ か ー ー 」 「 あ あ 、 ま だ や っ と 十 や そ こ ら だ 。 可 哀 相 な こ と だ な あ 」 美 し い と 評 判 の 姫 さ ま だ っ た の に 、 と か 、 病 気 だ っ た の か ね え 、 と 急 に ま わ り が し み じ み と し だ し た 。 小 さ な 棺 カ ノ ノ 、 ゝ 、 、 ミ レ の 目 の 前 を 通 り 過 ぎ て い く 。 ( ま さ か ー ー ー ま さ か ー ー ー ) あ の ナ 1 ザ ニ ン の こ と だ 。 き っ と な に か の 間 違 い に 違 い な い だ が 、 な ん と い う 胸 騒 ぎ の 仕 方 だ ろ う 。 人 の 波 を か き わ け か き わ け 、 ハ ミ ル は 棺 の あ と を 必 死 で 追 い は じ め た 。 ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 ⑤ に 続 く ロ マ ン ス

光と影のトラキア アレクサンドロス伝奇4


光 と 影 の ト ラ キ ア ア レ ク サ ン ド ロ ス イ 云 奇 固 榛 名 し お り white heart 講 談 社 文 庫